ライトブルーデニムならトレンドも姪のお世話もすべて受け止められる【2019/2/24コーデ】

Marisol ONLINE
週末は姪のバレエの発表会のお世話係に任命されたので、ストレッチ入り素材で動きやすいデニムコーデで黒子役に徹することに。今年のライトブルーデニムは加工が控えめだから、きれいめに着こなせて安心。チャンキーヒールで安定感もばっちりだから舞台裏で立ったり座ったり、走ったりするのも何のその。
デニムパンツ¥29,000/ボウルズ(ハイク) ジャケット¥36,000/ティッカ カットソー¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) バッグ¥31,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ヴァジック) 靴¥45,000/フラッパーズ(ネブローニ)
撮影/坂根綾子 スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼パンツコーデをもっと見る
関連記事
  • 新入社員と取引先へ。ほんのりスパイシーな白コーデで素敵先輩風に大人っぽさのある白タイトスカートに、Tシャツを合わせてすっきりと。旬なベージュのストールを巻けば、上品ムードがアップ。小物でパイソン柄やメタリックシルバーを加えれば、絶妙なアクセントに。緊張する後輩を連れクライアント先の会社に到着すると、担当の方から「お待ちしていましたよ! 今日も素敵なコーデですね~」と声をかけられて。和やかな雰囲気でスタートしたおかげか、後輩も緊張しすぎず、きちんとあいさつできて、ひと安心。Tシャツ¥8400/ティッカ タイトスカート¥24000/ビームスハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ストール¥13000/シック(ゴビ) バングル¥6500/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス)  バッグ¥66000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(エー ティー ピー) 靴¥9800/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)  ピアス¥13000/マルティニーク ルコントルミネ新宿店(フィリップ オーディベール)【今月のPROFILE】青山の広告会社勤務の広告プランナー・花 企画やコピーを手がけるプランナー。アクティブ派で都内なら自転車でどこへでも行けるのが特技。辛めの着こなしとは裏腹に、自他ともに認める生粋の甘党。彼氏なし。明日のコーデ写真一覧へ>> 明日のおすすめ着回しアイテム【白アイテム】白ゆるTシャツネックラインにゆるさを、身幅にゆとりをもたせた一着は着るだけでこなれ見え。肌になじむ、くたっとした素材も今どき感たっぷり。¥8400/ティッカ【白アイテム】白タイトスカートスイートな印象の白スカートもタイトシルエットなら辛口に。ベージュの裾トリミングがアクセント。¥24000/ビームスハウス 丸の内(エッフェ ビームス) 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>> 関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】FABRIQUE en planete terre 【玄長なおこさんコラボ】ボートネックTシャツ ¥5,900+税【関連商品】enchanted 本革ソフトレザーVカットバブーシュ ¥11,800+税撮影/魚地武大〈TENT〉(物) スタイリスト/川上さやか 取材/野崎久実子 WEB構成/衛藤理絵 
  • きれいめにもカジュアルにも万能なくるぶし丈パンツ。スニーカーやミュールなど、休日のコーディネートにおすすめの靴をご紹介。【1】ペリーコ サニーのパイソン柄スリッポンオフの日に重宝するスリッポン。ボリュームのある厚底スリッポンは細身のくるぶし丈パンツとの相性もいい。パイソン柄がアクセントなって大人の着こなしに。スリッポン( 3 ㎝)¥35,000/アマン(ペリーコ サニー)【2】マリ ジウディセリの型押しミュール太めのリネンパンツなど、エフォートレスなコーディネートの足元を引き締めたいときは、レザーミュールがおすすめ。型押しとチャンキーヒールでモードな味付けを。ミュール(4.5㎝)¥120,000/アパルトモン 青山店(マリ ジウディセリ)【3】デイトのスニーカー  きれいめなくるぶし丈パンツとあわせたいのがゴツさのあるダッドスニーカー。足首の細さを見せて女らしい抜け感を出して。服もスポーティになりすぎないようトラッドなものを選ぶのがポイント。パンツ¥22,000/ANAYI スニーカー( 5 ㎝)¥31,000/ウィム ガゼット青山店(デイト) 【4】ペリーコのサンダルトレンドのナイロンアウターなど、スポーツテイストの服を着るなら、くるぶし丈パンツと足元はきれいめを選んで。シルバーのヒールサンダルならクールに女っぷりをプラスできる。サンダル( 9㎝)¥50,000/アマン(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT)スタイリスト/松村純子  【Marisol5月号2019年掲載】
  • クローゼットの中のキャミソールやタンクトップ、くたびれていませんか? ファッションは常に流行や季節を追いかけていても、アンダーウェアに関してはずっと同じだったり、こだわりなく買っているという人も少なくないのでは。 あまり人目につくものではないし、長年着てくたくたになっているのも、まあ愛着のあらわれと言ってもいいけれど……。ただ、大人のおしゃれの達人たちを見ると、この”縁の下の力持ち”に対して、きちんと自分のスタンダードを持っている人が多いみたい。シンプルなキャミソールは、イギリスの伝統あるブランド「サンスペル」の定番。キャミソール¥6,000/サンスペル 表参道店(サンスペル))スタンダードとは、良質で、飽きがこなくて、ずっと身につけていられるもの。日々のキャミソールやタンクトップにこそ、自分の信頼するスタンダードがあるといい。毎日くりかえし定番のアンダーウェアを着ていると、ちょっとした自分の体型の変化に気づくバロメーターにもなってくれる。肌が直接触れるものだから、着心地のいいもの、つくりのいいものに包まれていると、やはり「心の持ちよう」が変わってくるはず。それはきっと、その人の魅力としてにじみ出てくる。素敵な大人は、見えないところで自分を高める術を知っている。30代、まずは”ちょっといいアンダーウェア”で、毎日を変えてみては? 【select point】 ・肌触りの良さを重視。上質なコットンやシルクの素材の”違い”を実感して。 ・着る服の邪魔をしないシンプルな形を見つけたら、色はさまざまなバリエで揃えて。 ・ワンシーズンで消えてしまわない、信頼あるブランドの定番を。上質な素材と美しくシンプルなデザイン、アンダーウェアの名品5【OSCALITO】冬暖かく夏涼しいシルクのアンダーウェアは、一度着たらやみつきになる心地の良さ。イタリアのトリノに拠点を置くオスカリートは、伸縮性の高い独自のリブ編みでシルクのタンクトップを展開している。美しく、リッチな質感は、まさに大人のためのスタンダード。 タンクトップ(右)¥16,000・(左)¥20,000/モノ・エディション(オスカリート) 問)モノ・エディション TEL 03-5729-1271【HANRO】 130年以上の歴史があるスイスのアンダーウェアブランド、ハンロ。定番のカップつきキャミソールは、肌触りの良さ、美しいカッティングで、スタイリストにも人気が高い。A-Cカップまでのブラジャーサイズで展開し、快適な着ごこちで着た時のシルエットもきれい。 ブラキャミソール¥18,000/ワコール(ハンロ) 問)ワコールお客様センター 0120-307–056【KAGURE】 アーバンリサーチが発信する、ナチュラルなライフスタイルに特化したブランド「かぐれ」。オリジナルのシルクキャミソールは優しい着心地とコストパフォーマンスのいい価格帯で、毎日にシルクを取り入れるのにぴったり。人の肌に近いたんぱく質構成を持つシルクならではの快適さを味わって。 タンクトップ¥5,500/かぐれ 表参道店 問)かぐれ 表参道店 TEL 03-5414-5737 【HYKE】 ハイクの隠れた人気定番が、こちらのリブタンクトップ。メンズライクなデザインながら、体にフィットするリブで、着るとギャップのある女性らしさが。見せるアンダーウェアとしても活躍してくれる。このブランドらしく素材のクオリティも高く、さらりと着心地よく、透けにくいコットン。 タンクトップ¥6,500/ハイク 問)ボウルズ(ハイク)TEL 03−3719–1239【SUNSPEL】 1860年創業、イギリスの伝統あるブランド「サンスペル」。良質なコットンを使用したタンクトップは、さらりとした着心地で、暑い時期にもぴったり。コンパクトな形で、袖ぐりをやや内側にとり、ほどよい空きのVネックで、すっきりと着られる。 タンクトップ¥6,000/サンスペル表参道店(サンスペル) 問)サンスペル 表参道店 TEL 03−3406−7377知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【サンスペル】>>「シンプルな日常着を美しい素材で作る」サンスペルの創業者トーマス・ヒルの言葉である。英国を代表するブランド、サンスペルは1860年創業、ノッティンガムにある繊維工場で、軽くソフトなコットン素材の衣類を作り、高級下着開発のパイオニアとなった。この頃に生まれた、男性用のチュニックシャツが、現在のTシャツの原型とされる。産業革命以降、早期から世界への輸出を展開し、第二次大戦を経て1980年代には「ボクサーショーツ」をヒットさせた。 1860年の創業当時に製作されたアンダーウェア。サンスペルは世界で初めてTシャツを作ったサンスペルは、150年以上の歴史の中で、常に良質の素材を開発しアーカイブしてきた。Quality 82 と名付けられたコットンジャージーの素材は、世界初のTシャツにも使われたライル・コットンを継承したもの。手摘みされた超長綿を使用し、丁寧な工程を経て、柔らかくさらさらとした肌触りを実現。このコットンジャージーが、現在もアンダーウェアに用いられている。英国の歴史あるブランドらしく、上質な素材にこだわり、デザインは簡潔でシンプル。時代を経て、ずっと愛せるベーシックな形が魅力となっている。薄手で響かず、吸水性の高いコットンを使用した、定番のキャミソール。¥6,000/サンスペル 表参道店(サンスペル)文・久保田梓美
  • シワにならず動きやすく、体型カバー◎  さっと羽織れて体温調整しやすい◎ 2パターンコーデが出来る◎とても暖かく過ごしやすかった週末、 春の恒例 社員旅行へ行ってきました♪ 今年はバスで群馬県の伊香保温泉街へ。 その行き帰りに パワースポットの神社や観光地散策などを巡り 食べる・歩く・バス・・・繰り返し ((´∀`)) 何を着ていこうか悩んだけれど すぐにロングニットカーデは候補に出てきました。 ロングニットカーデは2色持っていて・・・ ミラオーウェンの白(No.163tomomiyuちゃんとお揃でGet)と どちらを着ていくかでギリギリまで悩みましたが 食べ歩きや散策で汚しそうな私は 結局 MOUSSYの黒のロングニットカーデに決定!! 1日目コーデカーディガン:MOUSSY Tシャツ:DoCLASSE Gパン:OZOC スニーカー:オーダーメイドロングカーデに定番の組み合わせの白TとGパンコーデ2日目コーデワイドパンツ:COCA3日間の旅行なら 前のボタンを全部とめて、ワンピースコーデにしたかも。 白Tシャツは昨日のブログでも紹介したDoCLASSE 汚してもジャブジャブ洗えるので怖くない! OZOCのジーンズは何年も愛用している履きなれたもの。プチプラのCOCAのワイドパンツは くるくるとかなりコンパクトになるのに シワにならないので、旅行の着替えに重宝♡ ウエストゴムが食べ歩きや長時間のバス内でも苦しくならずに快適(^^♪ オーダーメイドのスニーカーは歩き回る旅行でも 足が痛くなることもなく、疲れにくいので必需品。 1足は持っておきたい。今年流行色のゴールドを ミニバックで斜め掛け♪ 両手もあくので歩きやすい。 バスから降りてトイレ休憩や散策、ちょっとした観光などは スマホと小銭入れが入れば十分!1泊2日 美味しいものをたっぷりいただき 疲れもなく 快適に楽しく過ごせました(*‘∀‘) いよいよ、もうすぐやってくるGW!! 皆さまにとっても すばらしい10日間になりますように☆MOUSSYカーディガンDoCLASSE TシャツオーダーメイドスニーカーのブログDoCLASSE白TシャツBlog美女組No.160 yukoのブログ
  • バタバタな毎日を素敵に見せてくれる、ママこそ役立つトレンドをご紹介。【マウンテンパーカ】コーデが見違える旬の春アウター 撥水性や保温性にも優れているマウンテンパーカは、普段着からアウトドアシーンまで幅広く活躍してくれる!外で過ごすことも多いママにはうれしいトレンド。汚れが気にならないのも◎。【ストール】ドライな質感で洒落たムードを演出! 寒暖差を調整できるストールは、トレンドを意識したベージュをセレクト。上質なリネン素材を用いた「アソース メレ」は、おしゃれプロも愛用している丁寧に編み上げた風合いが人気。【メッシュバッグ】ベビーカーにも掛けやすい軽量トート 子供の荷物もフレキシブルに持ち歩けて今っぽい、注目のマテリアル。「ラドロー」のトートはくたっとした落ち感と、ロゴが目にとまるデザインに人気集中!取り扱いしているセレクトショップごとに別注アイテムも展開。他の画像を見る毎日使える普段着は、ラクしておしゃれが大前提!
  • 親子で共有できる洋服、私のオススメする通販サイトのご紹介!前回doclasseさんを紹介しましたが、今回はもう一つのおススメサイトをご紹介したいと思います。 友人に教えてもらった通販サイト、STYLE DELI。 前回のdoclasseもそうですが、こちらも お店が表参道にあるので購入前に試着が出来ます。 明るい店内には洋服、靴、バッグ、アクセサリーなどサイトで見る商品が置いてあり、お店で商品を試着して納得できたら、ネットで申し込み。 リボンの付いたハンガーの商品はお店で購入可能で、店舗限定のカラーもあるのでお店に行ってみる価値あり!です 一番のお気に入りは、袖口斜めカットブラウス。ゆったりシルエットのドルマンタイプ。 STYLEDELIさんの大人気商品です。 軽い着心地でシワになりにくく、何より自宅でお洗濯が出来る!主婦には有難いポイントですよね 使い勝手の良さから、色違いで白、黒、ベージュの3枚購入。 今回お店に行って、限定カラーのモカを即買いしました。ライトグレーも気になるカラーです。 tops : STYLE DELI shose : kariAng bag : YSLSTYLE DELIさんのコンセプトは、良品質&低価格、No Target。 その通り、50代の私と20代の娘が共有できる洋服だと思います。50代の私はタイトなスカートに合わせて(ベージュ)20代の娘は通勤にも使えるよう、白いパンツに合わせて(モカ)今回、店舗で購入したノースリーブギャザーブラウスは、リボン付きパンツに合わせてワントーンコーデでシックに。パレスホテルでのカルティエイベントで着用しました。 デニムに合わせてワンランクUPしたカジュアルコーデもいいかも tops : STYLE DELI pants : ESTNATION shoes : KariAng bag : HERMES店舗は営業日が毎日ではありませんので、サイトでご確認してから行ってみて下さいね。 STYLE DELIさんのサイトはこちらから。InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみてください。Instagramはこちらから。華組 豊田真由美ブログ
  • まさにこの春が買い替え時!丸や三角のトゥにはない目新しさと、足指が縮こまらない快適さは、一度履いたらやみつきに!バレエ靴の本家というべきレペットからも、スクエアトゥが続々。爪先のパッドやゴムストラップなど、実用性もますます進化。(0.5)¥50,000/ルック ブティック事業部(レペット) 先端にスタッズをあしらったユニークなデザイン。トレンドの白なら、今っぽさも最強!( 0.5)¥31,000/FUN Inc.(チェンバー) ドットチュールから指先がさりげなく透けてセクシー。ひとクセあるので、色は王道の黒で。(0.5)¥30,000/ベイジュ(ピッピシック) スペルタ=甲深なラウンドトゥというイメージを一新する、これまでより浅めのスクエアトゥ。艶のあるブラウンも素敵。(0.5)¥27,000/フラッパーズ(スペルタ)※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol4月号2019年】撮影/魚地武大(TENT/物) スタイリスト/田澤美香 取材・文/伊藤真知
  • 動きやすさはもちろん、きちんと感も、女っぽさも、こなれ感も目指せる「きれいめベイカーパンツ」をオン・オフ着回し! 着回したのはコレ!きれいめベイカーパンツデニムほどカジュアルな印象にならず、こなれ感が漂うワーク系パンツ。通勤でもはけるきれいめが選びの条件。¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) ON STYLE終日デスクワークの日はワークパンツが楽ちん!きれいに見える着こなしで 長時間座りっぱなしの日にも頼れる、タフでカジュアルなワーク系パンツ。すっきり美シルエットのきれいめデザインなので、オフィススタイルにもなじんでくれる。運転しない日、たまには白のヒールパンプスで足もとから女っぷりを引き上げて。ベージュ×カーキの配色もなんだか新鮮。 パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) カーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) バッグ¥31,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック) 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ON STYLE今日から配属の新人君と待ち合わせ。服装からまずはかっこいい先輩風に 帰国子女のイケメンハーフと話題の新人君! 第一印象でかっこいい先輩像を狙って、選んだのはベイカーパンツ。男の子っぽいアイテムをさらっと着こなして、大人の余裕をまといたい。パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) トレンチコート¥93,000/ebure ニット¥25,000/スローン バッグ¥31,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック) スカーフ¥11,000/シップス 有楽町店(マニプリ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ) 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー)OFF STYLEトレンド意識のスタイルで女友達と週末ランチ。人気のパンを買えてゴキゲン! 通勤でもフル稼働しているワードローブを、カゴバッグ&頭巻きスカーフの遊び心で休日仕様にアレンジ。柔ブラウス×ワーク系パンツといった甘辛バランスは、簡単におしゃれに見える必勝技! パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) トレンチコート¥93,000/ebure ブラウス¥18,000/デ・プレ(デ・プレ) バッグ¥84,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(コーコー) バングル¥196,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) 靴¥45,000(ジルサンダー ネイビー)/ロンハーマン ブレスレット¥179,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) スカーフ¥15,000/フラッパーズ(マニプリ) 【Marisol 4月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 構成・文/東原妙子 
関連キーワード

RECOMMEND