旬のレイヤードコーデで買い物へ。ラフな印象のレディスタイルが気分【2019/2/23コーデ】

Marisol ONLINE
最近忙しくて通販でばかりショッピングしているけれど、やっぱり直接お店に足を運んで店員さんと情報交換することも必要だよね、ということで歩きやすいフラットシューズ&デニムパンツでリラックスモードのコーデに。とはいえ好きなお店には油断した格好では行きたくないので、レディなネイビーワンピースを重ねてみる。この判断が大正解、一気に旬なレイヤードスタイルの完成!
ワンピース¥29,000/インターリブ(サクラ) デニムパンツ¥19,800/ショールーム セッション(サージ) バッグ¥42,000/ショールーム セッション(OADNEW YORK) 靴¥40,000/ルック ブティック事業部(レペット) フープピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼ワンピースコーデをもっと見る
関連記事
  • アラフォーでもチェックがはきたい。「オバ見え」しない、最愛チェック!このたびの台風で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早く元の生活に戻ることができるようお祈り申し上げます。 ………………………………………………………………………………………………… 前々回、「黒のチュールスカート」をご紹介させていただきました。「tiptop(ティップトップ)」のお店に出向いて商品を確認しに行った際、実はもうひとつ、すごいスカートをみつけてしまったのです。欲しい衝動を抑えられなかったほど、ものすごく素敵なデザインを!▶前回の「tiptop/チュールスカート」の記事はこちら「わたしはここにいるぞ!!」と、まるで訴えかけているかのように、チュールの隣で存在感をアピールしていたのは、この大きなチェック柄のスカート。思わず手に取りました。 普通のチェックのスカートだったら、置いてあることにさえ気づかなかったかもしれません。でも、わたしが惹かれたのは「ボリューム」です!店頭に並んでいる他のスカートより、これだけ棚からあきらかにはみ出している、ふんわりとしたボリューム感。それにチェックの組み合わせが、「かわいさ」を隠しきれていませんでした↓ 「マズイ、どう考えてもかわいいぞ。」…2点買う予定はないので、できればこのスカートのマイナス点を探し出し、買わない理由をみつけたい。「デザインは素敵だけれど、このボリュームだから、きっと重いだろう」…自分を納得させるために手に取って見ると、「軽っ!!」。こんなにふんわりしているのに、意外に軽いっ。生地がポリエルテルとコットンのミックスなので、見ための重厚感に反して軽いのです! 冬のスカートでいつも思うのは、「重いと次第に使わなくなる」ということ。上質な生地を贅沢に使っているスカートはもちろん素敵なのですが、やはりロングスカートは、冬のコートの下では軽いほうが動きやすい。見ためにはかなりの高級感があるので、これはうれしいです。マイナス点を探すどころか、むしろプラスじゃんっ(泣)!!では、最後に試着をして「似合わない」と少しでも思ったらやめよう。そう思って試しに着たら、40代なのにけっこう似合う(笑)…もういいや、買う! 秋色のチェックもかなり素敵。赤系チェックと、このオレンジ系チェックの2種類があり、その場でかなり悩みましたが、今年はブラウン系の服が多いので、相性の良いオレンジにしました。 チェックに入っている色をトップスに合わせると、全体がまとまりやすくなるので、ネイビー、グリーン、ダークレッド、オレンジなどを合わせると素敵です。フェミニンを抑えるならネイビーのニット、大人かわいく着るならブラウン系を合わせるのが、40代の素敵な組み合わせかな、と思っています。 タックになったウエストもポイントが高いです。「ゴム」なので、穿きやすいということもありますが、トップスをインした時に、この太いタックのおかげで「切り替えワンピース」のようにサマになります↓ 丈が「くるぶし」まであるマキシスカートにトップスをインする時には、タートルなどの首の詰まったデザインのほうがバランスがとれます。右のニットのように、首まわりが大きく開いたものは、インしないで上からかぶせるのがいいですね!憧れのチェックのスカート。プチプラで試せるならば、こんなにうれしいことはありません!お出かけに1枚あると華やかさが増すので、秋の女子会にも最適です♪ 【Holiday1】チェック×トレンチコートでフレンチテイストに↑マキシ丈のボリュームスカートは、ロングアウターから見える感じがとても素敵。オレンジ系チェックと、ベージュのトレンチの組み合わせが、フレンチレトロな秋を感じさせます。【Holiday2】チェック×メンズニットで控えめなフェミニン ↑ざっくり編みのメンズニットなら、チェックのスカートもフェミニンが抑えられます。大きめのニットを上からかぶせると、抜けた感じのスカートコーデが完成。マキシ丈が、さらに垢抜けて見せてくれます。【Holiday3】チェック×パーカーでカジュアルスタイル↑パーカーも、気負いなくボリュームスカートが穿けるアイテムです。少し大きめだと今っぽい雰囲気ですね!GUのネイビーのメンズパーカーを、チェックに配色されているネイビーにリンクさせ、コンバースもデニムカラーで色を合わせました。 ↓折り重なるヒダが、とても上品に膨らみます。大柄なチェックでも色が深いので、派手さはなく、ほどよいフェミニンなんです♪これで5,000円台は、まさに「買い」! 「どうしてそんなにいいプチプラを掘り出せるの??」…時々聞かれることがありますが、きっとみなさんのまわりにも、素敵なプチプラはたくさんあるのだと思います。いつどこで、どんなものに巡り会うかわからないので、先入観は取っ払い、守備範囲をいつも広くしておきたいですね! ▶tiptop公式ショップ(zozotown)「大柄チェックフレアロングスカート」詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.66★ 「ニトリのクッションカバー」 最近急に寒くなったので、洋服も本格的に衣替えの季節ですが、そろそろお部屋も、あたたかい秋冬仕様に替えたくなる頃ですね。大がかりなことはしなくても、クッションカバーを替えるだけで雰囲気が少し変わります。「ニトリ」には、プチプラでも高見えする、素敵なカバーがたくさんあるんですよ! 今シーズン、ファーとベルベットの2点を選びました♪どちらも1,000円未満ですが、高級感に溢れたデザインなんです。大型店には種類がたくさんあり、カジュアルからハイセンスまで選択肢がいっぱい!ダークピンクのファーは、この価格なのに見ための安っぽさがなく、とにかく毛並みがフワフワでとってもなめらか。即決です!グレーのベルベットは、厚手の質感が高見えでビックリ。スベスベの手触りです。ベルベット素材がインテリアにあると、あたたかい雰囲気が出るので取り入れてみました。ファーは、動物を抱っこしているかのような心地よさ♪離せません! 家族が寝静まった頃、夜な夜な起きて、これを抱えながらゲームをやったり、韓国ドラマを見て、秋の夜長を楽しんでいるというワケです↓ウフフ♪ 寒いのは苦手ですが、あたたかいお布団で寝る時、お風呂に入る時…冬は寒い分だけ、しみじみとありがたい幸せを感じることが多くなりますね♪「二度寝」注意の時期が、いよいよやってきます! 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • ドレス感のある素材のブラウンパンツやファーつきジレでかっこいい女性を目指して仕事帰りに女友達とごはんに行くなら、トレンドのファーつきジレで華やいだ雰囲気がちょうどいい感じに。赤みのあるブラウンが今年らしいパンツは、ボディラインを拾いにくいほどよく厚みのあるとろみ素材だから、すっきりと着こなせる。全体的にロング&リーンですらりとした印象だけれど、パワフルさがにじみ出て元気がでそう。パンツ¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ファーつきジレ¥68,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥33,000/オーラリー ネックレス¥49,000/アパルトモン 神戸店(ガブリエラ アルティガス) バッグ¥39,000/フレームワーク 自由が丘店(レフィージェ) 靴¥85,000/レリタージュ マルティニーク(クレジュリー)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「ジレ」の関連記事もチェック
  • サンダルとバレエシューズの間みたいなZARAのバレリーナシューズ(2990円)がかなり使えて優秀です。2トーンの切り替えとバックストラップで、合わせやすいけど抜け感があるところも◎。夏に死にそうになりながら断捨離したおかげで↓【まるで修行】真夏にクローゼットを一旦空っぽにして断捨離してみた結果 だいぶ凝りたため、今は本当に「こういうのが合ったら便利だなあ~」と何度か思ったアイテムに狙いを絞るようにしています。 そんな中、ご紹介するのはZARAのバレリーナシューズです。 (この記事を書いたのが先週だったので、ちょっと涼しくなってしまったけど)汗をかくようなシーズンは基本的に「トップスは素材ふくめ着心地のよいもので快適に過ごしたい!」という希望があるため、ボトムスで遊ぶ?変化を付けることが多かったのですが、そうすると必要なのが 「どんなボトムスにも馴染む靴」ですよね。 先ほどの断捨離で、レザーの黒のバレエシューズを処分したのもあり、黒で、面積小さめの合わせやすいシューズがあったら合わせやすくて助かるなあ~と考えてたところ、 安定のZARAで発見しました。ZARA バレリーナシューズ 2990円(今なら!)良き!と思ったポイントは ①パイソンとスエード調との2トーン&かかとがスクエアで、シンプルながら黒でも地味じゃなく、モード感も ②トゥはあるけどかかとはないので、足が痛くなりにくそうだし、秋にも履ける ③バックストラップって運転する人にはありがたい ④確実に何にでも合うのであまり考えずに履ける ⑤ソックスを合わせてアレンジも楽しめそう この辺り。 ちょうどシルバーウイーク前のセールで2990円に値下げされていて、それの3倍ぐらいのレザーのフラットシューズとかいろいろ試しましたが、 もともとバックストラップが抜け感があって好きだし、 一周回ってもこれがいい!ということで落ち着きました^^例えば上のコーデの時なども、足元はシンプルなパンプスよりも、きめすぎず、らしくなるかなーと。あとは単純にフラットシューズなので楽なのも◎。 10/10現在の今はまだまだ在庫があるようなので、気になる方はぜひ^^ZARA バレリーナシューズ 2990円(今なら!)instagram → xomakoxo美女組No.166 machikoのブログ
  • 水色のリボンを巻いておめかししたサクラ。リボンがあると自然と姿勢やお行儀が良くなるみたいです♪ 水色、似合ってるよ!「かわいいわん。リボンも水色もだいすき」■名前 サクラちゃん■性別 女の子■犬種 ミニチュアシュナウザー■生年月日 2016年1月13日■性格 おてんば!■特技 高いところからジャーンプ!■好物 鳥の手羽先の生肉■マイブーム 毎晩私のお布団で一緒に寝ること■チャームポイント 長~いまつ毛→サクラちゃんの投稿はこちらから
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ10を発表!※集計期間:2019年10月1日(火)〜10月14日(月)【ファッション 1位】もっと素敵に見える 「ロングカーデ」の着方7つのアイデア ★記事はこちら【ファッション 2位】パンツに定評のある人気ブランドのお墨つき!アラフォーのための最新「進化系機能派パンツ 6」 ★記事はこちら【ファッション 3位】ぐっと長めに、おしゃれになった!進化系スカートセットアップ ★記事はこちら【ファッション 4位】この秋は、新バランスに挑戦!「レギンスパンツ」着こなし見本帳 ★記事はこちら【ファッション 5位】オンオフ着られるM7daysのキレイめ服【トップス編】 ★記事はこちら【ファッション 6位】オンもオフも頼れる相棒。3大デイリーブランドの最新バッグ ★記事はこちら【ファッション 7位】洗える、ストレッチ、保温効果があって美シルエット!ONもOFFも使える機能派パンツ3選 ★記事はこちら【ファッション 8位】人気スタイリスト村山佳世子さんが提案!大人の上品ブラウンスタイル5 ★記事はこちら【ファッション 9位】会社の飲み会がある日はおとなしめのネイビートーンで全体を統一して【2019/10/10コーデ】★記事はこちら【ファッション 10位】ブラウングラデで完成させる大人のほっそりすらりワンピース風コーデ【2019/10/2コーデ】 ★記事はこちら▶人気記事ランキングをもっと見る
  • 甘すぎたりドレッシーになりすぎたり、意外とさじかげんがむずかしい大人のスカートコーデ。ほどよい辛さとカジュアル感をもつ「ワークジャケット」が一枚あれば、大人の"こなれフェミニン"が簡単にかなう!【フィールドジャケットジャケットとは?】:米ワークジャケット、と聞いて真っ先に思い浮かぶ定番のフィールドタイプ。今季はメンズものを借りようなオーバーサイズが旬。■レーススカート×フィールドジャケット 華やかな黒レースもたちまちこなれたフェミニンカジュアルに古着やミリタリーアイテムに精通する「ハイク」が手がけるワークジャケットは、おしゃれプロにも愛用者が多い頼れる名品。アウトポケット、肩章などの本格派なディテールを備えつつどこか上品なたたずまいなので、レースやシフォンといったきれいめ素材とも相性抜群。ジャケット¥38,000/ボウルズ(ハイク) スカート¥83,000/ebure ピアス¥45,000・ブレスレット¥67,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥117,000/ジミーチュウ 靴¥124,000/ジャンヴィト  ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) マリソル公式通販サイトで”ワークジャケット”をさがす >  マリソル公式通販サイトで”女っぷりスカート”をさがす > ■ドットスカート×フィールドジャケットフードつきのワークジャケットでドットをスポーティにシフト丈が短めで、ロングスカートとのバランスもとりやすい。上半身を黒でまとめて上品に。ジャケット¥46,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) ニット¥29,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥29,000/インターリブ(サクラ) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥57,000(AGMES)・バングル¥400,000(マルコムベッツ)/バーニーズ ニューヨーク バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥86,000/マルティニーク丸ノ内(ジルサンダー)■黒タイトスカート×フィールドジャケット ベルトつきのネイビーなら、こんなきれいめコーデもかなう肩章がない細身の形で、すっきりと女らしく着られる上品なデザイン。ジャケット¥53,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥8,500/ボウルズ(ハイク) スカート¥24,000/カオス丸の内(カオス) 帽子¥14,000/エストネーション(ラ メゾン ド  リリス) バングル¥19,000/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) バッグ¥335,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) ロゴバッグ¥6,000/エスケーパーズ(OPEN EDITIONS) 靴¥100,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)■きれい色スカート×フィールドジャケットコンサバになりがちなコーデもワークジャケットでリフレッシュ!フェミニン派の定番、シャツ×きれい色スカートのコーデも、大きめのワークジャケットをバサッとはおるだけで今どきのムードに。ジャケット¥74,000/アマン(アンスクリア) シャツ¥35,000/エーピー ストゥディオ グランフロント  オオサカ(チノ) スカート¥30,000/アストラット 新宿店(アストラット) サングラス¥38,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥23,000/エスケーパーズ(モダン ウィーヴィング) バッグ¥140,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥39,000/バーニーズ ニューヨーク コーデのきれい色スカート 詳細・購入はマリソル公式通販へ > 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ブレンダ
  • スタイルがよく見えて、今どき感も手に入るハイウエストパンツ。4つのルールで、着こなしをブラッシュアップ!「ハイウエストパンツ」を上手にはきこなす4つのルール RULE #01 ウエストベルトを利用する  端正なグレンチェックのハイウエストパンツが、黒ベルトを通すだけで今どき顔に変化。ベルトはやや太めを選ぶとパンツのボリューム感と合い、コーディネートが締まって見える!無地感覚ではける細かいチェック柄パンツは、シンプルな白T&スニーカーと合わせてほどよく力の抜けたスタイルに。パンツ¥42,000/アングローバル(イレーヴ) ベルト¥23,000(B-LOW)・ネックレス( 2 本セット)¥31,000(コンチー)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 Tシャツ¥12,000/エイトン青山(エイトン) ニット¥28,000/ebure メガネ¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) バングル¥70,000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バッグ¥158,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ザンチェッティ) 靴¥20,000/ノヴェスタ ジャパン オフィス(ノヴェスタ)  マリソル公式通販サイトで”ウエストベルト”をさがす >  RULE #02 セットアップで着る  "セットアップで着られる"パンツにも注目。特に今季は、シャツとの組み合わせが新鮮!ウエストインで腰位置がグンと上がって見え、ワントーン効果でこなれ度も急上昇。ともするとのっぺり見えがちなワントーンも、シャツインした腰まわりがさりげないアクセントに。ジャケットよりかしこまりすぎず、きちんと見えする"パンツとシャツのセットアップ"はマリソル世代こそトライしたい着こなし。パンツ¥54,000・シャツ¥54,000/マディソンブルー サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥9,800・ブレスレット¥21,000(ともにタタボレロ)・スカーフ¥20,000(ピエール ルイ  マシア)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 バッグ¥35,000/ヒューマンウーマン(クレッグFORヒューマンウーマン) 靴¥87,000/ビームス ハウス 丸の内(ルパート・サンダーソン) RULE #03 ショートブーツを合わせる  足もとにボリュームをもたせるのも、ハイウエストパンツを攻略する簡単テクニック。この秋なら、例えばパイソン柄のショートブーツを。甘めのピンクパンツをシャープな印象にシフトさせて。大人に似合う、くすみピンクのハイウエストパンツ。フルレングスだから、"つなぎ目"を考えなくてもショートブーツとの合わせがすんなり決まり、自然にスタイルアップ。ブーツはパイソンだけでなく、レオパード柄とも相性がいい。太ヒールなどボリューム感のあるものを選んで。パンツ¥36,000/ebure ジャケット¥80,000/TOMORROWLAND(ローベリーテアンドコー) リブカットソー¥27,000/ロンハーマン(オーラリーフォー ロンハーマン) イヤーカフ¥12,000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) バッグ¥42,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥75,000/アマン(ペリーコ)  マリソル公式通販サイトで”ショートブーツ”をさがす >  RULE #04 甘ブラウスと合わせてメリハリを  カジュアル一辺倒になりがちなチノパンツもタック入りのハイウエストなら、どこか女っぽく。あえて正反対のテイストの甘めブラウスと合わせ、全身にメリハリをつくると洗練度がアップ。ほんのり光沢があり、腰から下にそのままストンと落ちるシルエットで、大人の体をきれいに見せてくれるハイウエストチノ。フリルたっぷりの華やかなブラウスをインして、シルエットにもテイストにも思いきったコントラストを。一見ボリュームのあるアイテム同士だけれど、高め位置に切り替えができることで、全身バランスがすっきり見える。パンツ¥32,000/アングローバル(イレーヴ) 白ブラウス¥70,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ピアス¥18,500(ラヒヤ)・バッグ¥138,000(ザンケッティ)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 靴¥76,000/ドゥロワー 心斎橋店(ロシャス)  マリソル公式通販サイトで”甘ブラウス”をさがす > 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO マリソル公式通販サイトで”アラフォーの信頼パンツ”をさがす > 
  • 冬の訪れの前に手に入れたい、今年らしいコートをご紹介。【1】ADOREのリバーシブルコートふくらみのある質感と柔らかな風合いが特徴のウール・カシミアのコート。短めの着丈でボリュームボトムともあわせやすい。今季の本命色、キャメルとベージュのリバーシブルで、コーディネートしやすい。「片方しか使わないことが多いリバーシブルだけどこれはどちらも今旬。ボリュームニットも重ねやすいゆったりフォルムが重宝!」と編集Y本。軽量でさっとはおりやすいのも嬉しい。取りはずしができる同素材のストールつき。コート¥67,000/ADORE【2】ウィム ガゼット×辻 直子さんコラボコート「こっくりとした色みとなめらかな手ざわりに惹きつけられました。レディライクなムードがあるので、冬のフェミニンコーデに取り入れたい」と編集Y本がひと目惚れしたのが、ウィム ガゼットとスタイリスト辻直子さんとのコラボコート。イタリアのBALLI社の肉厚で軽く柔らかなウールを使用した柔らかな質感とまろやかで深みのある色使いが大人にぴったり。繊細な袖のファーも魅力的。コート¥120,000・(左)アンゴラなどに比べ毛が抜けにくく、肌に優しいラクーンファーを100%を使用したニット。ニット¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) 【3】エストネーションのダッフルコート「大学生風にならないダッフルをずっと探していてようやく見つけた冬の本命。紫がかったモーブ系グレーの色みも絶妙!」と編集MDRが絶賛するコートは、Iラインシルエットとトグル不使用でスタイリッシュな仕上がり。裏地にはジャケットなどにも使用する上質な生地を採用。別注のカシミヤストールと合わせてモノトーンコーデを楽しんで。コート¥68,000(エストネーション)・ストール¥62,000(ジョンストンズ)/エストネーション 【4】ドゥロワーのシャギーコートAラインのビッグシルエットのシャギーコートは、サイドにのスリットが入ったデザインで、ボリュームがありつつも軽やかに着用できる。ノーカラーで首もともすっきり。存在感のあるリュクスな一枚は、あえてカジュアルに楽しみたい。「シャギーでリッチな雰囲気と、表生地の裏側がパープルなところに心惹かれました!ロングブーツと合わせて旬な着こなしに」とスタイリスト松村純子さん。コート¥240,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ【Marisol 11月号 2019年掲載】
関連キーワード

RECOMMEND