スタイリングも簡単。かき上げ前髪でおしゃれ度上昇!

Marisol ONLINE
出産後の髪質変化で、のびた中間部分と前髪が強くうねる状態に。
前髪は毛束を前に引き出しながらレイヤーを入れて、かき上げ風前髪を作りやすいフォルムに。
後ろの髪はうねりを抑えるために、毛先を厚めにカットして、重さでうねりとふくらみをボリュームダウン。ねじりながらドライして、うねりをゆるい動きに変えて。
SIDE
SIDE
BACK
BACK


うねる長い前髪は、ストレートに伸ばすよりも、かき上げ風の流し前髪にしやすいように段を入れる方が簡単でおしゃれ度上昇!
POINT
POINT
撮影/鈴木希代江 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/松井美千代
関連記事
  • かつて個人的なコラムでも語ったように、『凪のお暇』、大好きなんですよ。「現代の人はもれなく読むべき!!」と心から思っていて。生きていてモヤっとしたものを抱えている“私たち”の姿がそこにはあって、登場人物の言葉が刺さる刺さる……。 すっかりマイバイブルと化していた作品が、なんとドラマ化するという朗報が! しかも主演は黒木華さん。凪ちゃんという繊細な役どころをどう演じるのか、そしてあのヘアスタイルは再現されるのだろうかと気になることが多すぎる。さっそく前のめりに「企画にさせてください!」と強く(笑)打診。撮影スタートを目前に控えた某日、黒木華さん、慎二役の高橋一生さん、ゴン役の中村倫也さんを取材させていただけることに! さらに今回特別に、コナリミサトさんに「SPURのために描き下ろしをいただけませんか?」とお願いしたところ、こちらもなんとご快諾いただき夢のようなテーマに仕上がりました 取材当日はオフィシャルのビジュアルや宣伝用写真の撮影日。SPURの順番はそれらを終えた夕方からでした。キャスト3名揃っての初めての顔合わせ日(!)だったそうなのですが、まったくそうは見えないナチュラルなムード。3ショットの撮影では、フォトグラファーと編集からのリクエストに軽やかに応えて何ポーズもトライしてくださり、スムーズに進行。ちなみに、黒木華さんの髪型はウィッグなのかしら?と思っていたら地毛をくるんくるんに巻いている、ということも判明して心の中で悶絶しました。可愛すぎます……。 ぜひ注目してほしいのはファッション誌ならではの装い。“ちょっとおしゃれした凪&慎二&ゴン”をテーマに、スタイリング。凪ちゃんは普段パンツスタイルが多いので、大胆にモードにアレンジ。慎二はきっと私服でも愛用しているであろう爽やかなシャツ姿で。ゴンさんはあの「ゆるっ」とした着こなしをヴィンテージのロングコートで表現しています。本誌では見えませんが、中に着たTシャツの胸もとにはグレイトフル・デッドのデッドベアープリントが。その後の取材で黒木さんが中村さんに「ちょっと(デッドベアーに)似てますね」とおっしゃっていたやりとりにも癒やされました。 中村倫也さんの着用衣装を特別に! チラリと胸もとからのぞくデッドベアー そして今回の最注目ポイントはなんといってもコナリミサトさんによる描き下ろし。おしゃれした実写の3名とイラストレーションをミックスした、他では見られない構成でお披露目。完成品をみたとき、ひとり興奮&感動があふれてきてあわあわしました。 黒木さん、高橋さん、中村さんによる鼎談と、黒木さんとコナリさんの対談もぜひ本誌でお読みください。4ページにぎっしり凝縮しました!  今夏の毎週金曜日22:00~はこのドラマに浸かろう、と思っている皆さんと共有できましたら幸いです。
  • 「今はこれさえ着ればOK、という強力なトレンドアイテムがない時代。2019-’20年秋冬は、簡単にカテゴライズできないようなスタイルが多く見られます。そこでものをいうのがスタイリング力。何をどう重ねるか、が重要なんです」。そう分析するスタイリストの浜田さん。1点10万円以下のアイテムで、次シーズンのムードを先取りするモードなレイヤード術を完全講義! FUSAE HAMADA/STYLISTSPURをはじめ、多くのモード誌で活躍。徹底的なリサーチに基づきアイテムを厳選。実際に手に取り、体にまとってスタイリングを吟味する。その実践から生まれる的確で説得力のある言葉に、ひれ伏すモード信者も多数。クラシックなチェックと色・柄・ボリュームのぶつかり合いVネックのノースリーブドレス¥76,000・パンツ¥68,000/エムエム6 メゾン マルジェラ オモテサンドウ(エムエム6 メゾン マルジェラ) ペザントスリーブブラウス¥54,000/アマン(アンスクリア) タイダイニット¥48,000/スーパー エー マーケット(ジウジウ) サンダル¥56,000/sacai ソックス/スタイリスト私物秋冬の大きな流れのひとつとなっているクラシックなスタイル。その中でチェック柄にも注目が集まっている。浜田さんは異なるチェックを組み合わせたドレスとパンツを重ね、カラフルなタイダイやレオパードを大胆にミックスした。「正統派すぎるよりは、少し毒があるくらいがちょうどいい。頭を柔軟にして、気になったものを自由に取り入れてみるんです」。また、シルエットにもメリハリがマスト。「ボリュームのある袖のブラウスでスタイルにパンチをきかせました」スクールボーイ風スタイルにシアー素材を合わせて中性的にVネックニット¥28,000・シャツ¥36,000・中に着たハイネックニット¥28,000/TOGA 原宿店(TOGA) ショートパンツ¥38,000/THE WALL SHOWROOM(ウォーク オブ シェイム) リング¥72,000・チェーンネックレス¥70,000/ステディ スタディ(トム ウッド) ソックス¥1,400/タビオ(靴下屋) 靴¥58,000/エドストローム オフィス(アデュー)今、ミニ丈のボトムが気になるという浜田さん。グレーのショートパンツをピックアップし、ワントーンでまとめた。「ショートパンツにハイソックスを合わせているのでぱっと見ボーイッシュ。けれどデコラティブな袖のシャツをシルバーのシアーなタートルニットとVネックニットで挟めば素材感に裏切りのあるレイヤリングに。センシュアルでありながら、性別を超えたスタイルです」。ルールは度外視。既存の枠にとらわれない想像力が求められる。ヴィンテージライクなムードにケミカルな要素を加えるドレス¥46,000/UNIT&GUEST(バウム・ウンド・ヘルガーデン) チュールのベアトップ¥43,000/THE WALL SHOWROOM(ウォーク オブ シェイム) ドレスの下に着たニット¥41,000/ラグ & ボーン 表参道(ラグ & ボーン) イヤリング¥18,000/TOGA 原宿店(TOGA) タイツ¥1,200/タビオ(Tabio) サンダル¥68,000(参考価格)/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム) 手仕事感のあるフリルつきのレース編みニットに、レトロな柄と色みのパフスリーブのロングドレス。ブラウン&カーキ系でまとめた着こなしに、浜田さんは相反するレモンイエローのベアトップをオン。「完成されたスタイルに、あえて何か余計なものを一点プラスしたい。酸味のある果物を思わせるアシッドカラーは今気になる色。温かみのある素材感にケミカルなチュールを差し込んで意外性を楽しむスタイルに」。足もとは抜け感の出るサンダルがイチ押し。ダークでロマンティックなロンドンのテディ・ガールカーディガン¥79,000・レースのシャツ¥79,000・下に着たシャツ¥58,000・スカート¥79,000/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) 帽子¥25,500/カシラ ショールーム(カシラ) ソックス¥1,400・フィッシュネットタイツ¥700/タビオ(靴下屋) ショートブーツ¥86,000/エドストローム オフィス(アデュー)「断トツ今の気分」だという「ダークロマンス」のエッセンスを取り入れて。パンキッシュなモヘアカーディガンと前後の裾の長さが違う英国調ツィードのペンシルスカートに、ロマンティックなレースシャツを合わせた。「レースが際立つよう、下に白シャツを重ねました50年代ロンドンの不良少年たちの傍らにいた、"テディ・ガール"もイメージ。秋冬の注目アイテム、ハットと、コンバットブーツも加えて」。網タイツにソックスを重ね、足もとレイヤードにもひと技あり。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年8月号「浜田英枝の先取りレイヤリング講座」styling: Fusae Hamada photography: Bungo Tsuchiya〈TRON〉 hair: Moe Mukai make-up: Masayo Tsuda〈mod’s hair〉 model: Lou edit: Itoi Kuriyama
  • 暑い季節にシャツを着るなら、リラックスした気分で取り入れたい。たとえばボタンを外したり裾を結んだりしてラフに着崩したり、アロハシャツや開襟シャツをスマートに着こなしたり。世界のストリートスナップから、スタイリングテクニックを盗もう!バズカットでクールに着こなす、チェック・オン・チェックPhoto by Christian Vierig/Getty Images ビッグサイズのシャツをラフに着た女性。裾を結んでシルエットを調整し、細身のパンツとレイヤード。ピッチの異なる2種類のチェック柄を重ねた。足もとはサンダルやパンプスではなく、白いショートブーツを合わせてエッジを効かせて。モダンな大ぶりのイヤーアクセサリーが、バズカットにフェミニンな印象をプラス。胸下のボタンを開け、おなかをのぞかせてPhoto by Christian Vierig/Getty Images イエローの長袖シャツを着た、スタイリストのマリア。胸から下のボタンを全て外して、ワイドパンツへとつながるAラインのシルエットをつくった。ハイウエストパンツとシャツの隙間からさりげなくのぞく素肌に、抜け感が漂って。パンツとシャツ、どちらも光沢のある素材を選んでいるので、リラックスしつつも都会的なムードをキープ。グリーンのミニバッグやパイソン柄のシューズも効果的だ。開襟シャツをジャケット代わりに羽織ってPhoto by Vanni Bassetti/Getty Imagesプラダのシャツを羽織ってジャケットのように取り入れた、インフルエンサーのアリス。インは黒いブラのみで、リラックス感とともにセンシュアルなムードを演出した。シルバーのチェーンネックレスや細いストラップのハイヒールサンダルで、リラックスしすぎない都会的な雰囲気をキープして。夏らしいスタイリングに、あえてモコモコしたファーバッグを合わせているところにも注目を。柄シャツの裾をフロントで結んでコンパクトにPhoto by Claudio Lavenia/Getty Images オリエンタルな柄のシャツを着たモデル。フロントで裾を結んでおなかを見せるテクニックは、今シーズンのストリートで人気のスタイリング・ティップスだ。マスタードイエローのパンツは、シャツに描かれたトラのイラストと色みが揃っているのでまとまって見える。襟元のボタンはしっかり留めて、イージーになりすぎないように調整している。ロールアップ&ブラウジングで動きを出してPhoto by Vanni Bassetti/Getty Images ラフ シモンズのストライプ柄シャツを着崩した女性。シンプルに羽織るのではなく、袖をロールアップしたり、ディオールのベルトバッグでブラウジングしたりすることで、ニュアンスを出した。アシンメトリーなヘムラインのバンダナ柄スカートも含め、イレギュラーで動きのあるシルエットを生み出した。シャツのインに着た白いTシャツやスニーカーで、カジュアル&スポーティなムードをプラス。大人のムードで着こなすアロハ風シャツPhoto by Christian Vierig/Getty Images モーダ・オペランディのコーファウンダー、ローレン・サント・ドミンゴをキャッチ。シルエットや柄はアロハシャツ風だが、ビーズ刺繍がほどこされて輝きを放つシャツで、あくまでリュクスなムードをキープ。パンツやサンダル、クラッチバッグは黒で統一し、インパクトのあるシャツをシックに取り入れた。ゴールドのピアスやウォッチ、光沢のあるパンツの生地感に、大人のムードが漂って。裾を後ろで結んでヘルシーな「ヘソ出し」をPhoto by Edward Berthelot/Getty Images ビッグサイズのシャツの裾を結んで、クロップトトップスのようなシルエットで取り入れた女性。裾をフロントで結ぶのではなく、バックで結んでいるのがユニーク。デニムパンツとシャツの間から見えるウエストがヘルシーだ。パンツの超ワイドなシルエットやシャツのピンストライプ柄など、マニッシュなムードのアイテムが、ウエストを見せることでフェミニンに変身している。タイダイ染めシャツにハードなネックレスをオンPhoto by Vanni Bassetti/Getty Images注目のタイダイ染めを、シャツで取り入れたモデル。モノトーンのタイダイ染めは、夏はもちろん秋になっても使えそうなシックな雰囲気が漂う。フロントで裾を結んで、コンパクトに着た。可愛らしい印象のパフスリーブとハードなスタッズネックレスのギャップに、彼女の個性が感じられる。水色のバケットハットとミニスカートに、フレッシュなムードが漂って。柄シャツの裾を、片側だけパンツにインPhoto by Timur Emek/Getty Images 鮮やかなブルーのヘアカラーが目を引く、インフルエンサーのマーガレット。アースカラーの開襟シャツは、左側だけ裾をタックインして抜け感を演出。Vネックラインからのぞくネックレスやストラップパンプスなど、リュクスなムードのアイテムを合わせてスタイリングを引き締めた。パンツはチノやデニムではなくレザー調の素材を選んで、カジュアル感を抑制して。 text : Chiharu Itagaki
  • アナ スイの最新ルックをまとったハローキティが手に入るのはここだけ! SPUR9月号の特別付録は「Hello Kitty×SPUR×ANNA SUI ステッカーセット」。ラップトップやノートなどに貼ってカスタマイズを楽しめます。 “胸きゅん”は、今号をつらぬくエモーション。少女漫画の金字塔「ときめきトゥナイト」でおなじみ、蘭世と真壁くんがモードにターンバック。『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD』に登場する志尊淳の艶めく姿には、ドキドキが止まらない! フモフモ編集長は、“羽生結弦氏”との奇跡の一瞬について語ります。そんなときめきを享受できるのは平和あってこそ。黒柳徹子のスペシャルインタビューを通じて、一番大事なことに気づかされるはず。どうぞお見逃しなく。ふと出合う言葉が、その時着ていた洋服との一生の思い出になることがあります。それは、服に込められたメッセージかもしれないし、これから生まれる詩や、デザイナーの名言かもしれません。今季のランウェイで愛を語ったヴァレンティノのように、モードはいま、ポエティックな引力で私たちをときめかせてくれます。ファッションと言葉の蜜月を、オムニバスなストーリーでご堪能ください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  かつてのりぼん読者であるアラフォーなら一度は通ったはずの『ときめきトゥナイト』。なんと作者の池野恋先生は今年、作家生活40周年。秋冬の筆頭トレンドが“ダークロマンス”だった勢いもかりて、SPURは夢のコラボを実現しちゃいました。池野先生の貴重な裏話も満載で、あの頃ときめいた“魔界”のロマンスを再現します! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019-'20秋冬シーズンが到来! まずは新しい靴とバッグから。日常を彩るロマンティックな主役級から、シックな精鋭まで88アイテムがずらりと揃います。メゾンのとっておきには、心がときめくこと間違いなし。トレンドのタフネスシューズやレディ・バッグにも注目を。来る季節に向けて、ショッピングプランをぜひ立ててみてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  さんさんと陽光が降り注ぐまぶしい夏、照りつける日差しの中でこそ身に着けたいのが、この季節に似合うジュエリー。きらめくイエローゴールドに、ソリッドなシルバー、みずみずしいジェムストーン……夏の太陽と友達になれるプレイフルなジュエリーをご紹介します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  人生100年時代の現代では、ファッションを本当の意味で味わえるのは、歳を重ねてからです。自分の好みを熟知し、スタイルを確立した後だからこそ、色や柄をふんだんに掛け合わせながら冒険できるはず。自由におしゃれを満喫する粋なグラニーをぜひスタイリングのお手本にして。これは、未来の私たちへの賛歌なのです! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  休日のモードなスタイルとお仕事服とのギャップが埋められなくて悩んでいたりしませんか? そんな人に朗報です。今季のトレンドは、ブルジョワライクなクラシックスタイル。オフィスでもオフの日も活躍度の高い“コンサバ服”が豊作です! 特集では、モードな人におススメしたいアイテムを厳選の二者択一でご提案。毎日のモチベーションをあげるリアル服がいっぱいです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  メンズ、レディースを自由に選べる時代。ジェンダーレスのビッグウェーブがSLGにも訪れています。そんなムードをバックアップしてくれる力強いカラーである「黒」。性別を問わず身に着けたい、頼れるブラックのレザーアイテムがずらりとラインナップ。定番の財布やフラグメントケースからエッジを効かせたニュータイプまで一挙ご紹介! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎シーズン、星の数ほど発売になる新色。その中から、「これぞ!」という一色を見極めるのは至難の業です。そこで、今回はヘア&メイクアップアーティストのRie Shiraishiさん、ビューティエディターの森山和子さん、スタイリストの矢内麻友さんが、使える新作について徹底討論。ビューティプロたちが実際に試して、思わず唸った、指名買いアイテムを紹介しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  洋服では、ジェンダーレスという考え方が当たり前になりました。でも実は、それってネイルでも起きつつあるってご存知でしたか。あのハリー・スタイルズもマニキュアをいつも素敵にまとっていますよね。性別や年齢に関係なく、ネイルアートはみんなのためのもの。今回シュプールでは、1本のマニキュアを二人でシェアするビューティ・ストーリーを提案します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)   年に一度の誕生日だからこそ、とっておきのケーキと花束でお祝いしたいもの。気鋭のフローリスト「duft」の若井ちえみさんによるマッチング指南から、ピンクやグリーン、イエローなどのカラーコーディネートまで、バースデーケーキと花束の最高の組み合わせを提案します。大切な人に捧げる、しあわせを運ぶコンビネーションをぜひお楽しみください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • SPUR9月号の「ハイパーモードおばあちゃん」、ぜひお読みいただきたい渾身の企画です。「私はもう歳だから、こんな派手な格好できない」。こんな言葉を聞くことが、モードファッション業界でさえもよくあります。まぁ確かにユースに価値があるカルチャーもありますよ。でも、ハイファッションに関しては声を大にして言いたい。「モードが楽しいのは、むしろ歳をとってから」。今回モデルを務めてくださった内藤律子さんをご覧ください。 Photography:Annie Laiこちらは本誌に収録できなかったアザーカットです。ミュウミュウのカーディガンに、4 MONCLER SIMONE ROCHAのシャツ、マーク ジェイコブスのパンツを合わせた山本マナさんによるスタイリング、めちゃくちゃ似合ってますよね。これが着こなせるのは、人生経験に裏打ちされた自信とオーラと、見事なグレイヘアがあるからこそ。洋服をチェンジするたびに、頬がみるみる薔薇色に染まり、撮影後には「今日はとても楽しかったです。一生の思い出になりました」と語ってくれた内藤さん。その様子を見て、しみじみ歳を重ねるのが楽しみになったのでした。 SPUR9月号「ハイパーモードおばあちゃん」を試し読み(外部サイト)
  • インスタグラムで作品を発表している詩人とコラボレーションしたヴァレンティノや、Tシャツに力強いメッセージを込めたディオール。今季のランウェイにおいて、SPURが注目したのは、言葉とモードの甘美な関係でした。そこで、7つのオムニバスでいろんな言葉とファッションの出合いを「ポエトリー・スタイリング」と題して描きました。そのひとつに漢詩をセレクト。書家の今子青佳さんによる書を立体にして天井からつるしたセットはまるでインスタレーション! 渾身の写真はぜひ誌面でご覧いただきたいです。 SPUR9月号「ことばが私を追いかける」を試し読み(外部サイト)
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day19は一枚でさらりと着るだけでしゃれ見えするストライプ柄のシャツワンピース。今っぽさあふれるスタイリングでいつものヘアサロンへ。day 19襟抜きもテクなしで決まるワンピースで、いつものヘアサロンへプルオーバータイプのシャツワンピースは、一枚でさらりと着るだけで今っぽいシルエットになる構築的なフォルム。グレー×ネイビーの細かなストライプ柄とすそに入ったスリットがしゃれた印象に見せてくれる。 ワンピース¥32,000/サードマガジン バッグ¥23,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニキアリーニ) 靴¥30,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • 今年50歳の節目を迎えた、エクラカバーモデル・富岡佳子さんの夏の私服スタイルを大公開! 白T×デニムに、スタイリッシュに着られるショールカラーのリネンジャケットを羽織った、富岡さんの夏の羽織りスタイルをお披露目。SUMMER STYLE2カジュアルな白T×デニムを、 ショールカラーのジャケットと一緒にきれいめに着こなす「このジャケットを手にしたとき、最初に思いついたのが白T×デニムとの着こなし。カーディガンが苦手な私にとって、リネンの薄手ジャケットは夏のはおりものとしてとても便利。ナチュラルなリネン素材でも、ショールカラーだからスタイリッシュに着地します」。白Tシャツはトレンドのノースリーブ、デニムはハイウエスト&カットオフの、今っぽい一本をチョイス。【ITEM LIST】 JACKET:FABIANA FILIPPI TOPS:CINOH DENIM:RE/DONE EARRINGS/BANGLE:TIFFANY&Co. BRACELET/RING:HERMÈS BAG:FENDI SHOES:CHANEL“リラックス&モード”をつくるこの夏の主役アイテムFABIANA FILIPPIのリネンジャケット大好きなショールカラーと同時に、富岡さんが気に入ったのがスモーキーな色み。「グレートーンのミントグリーンなら、きれい色でも着こなしになじんでくれると思って、このジャケットを手に入れました」。撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリング協力/村山佳世子 モデル・コーディネート/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 ※エクラ8月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND