アラフォー女性の7割以上がプロによる脱毛経験者!脱毛をはじめたきっかけや費用は?

Marisol ONLINE
版権:Maksim Shmeljov/Shutterstock.com
版権:Maksim Shmeljov/Shutterstock.com

働くアラフォー女性320人にアンケート調査。
以前「デリケートゾーンのお手入れ」について調査し、アラフォー女性たちの間でデリケートゾーンのお手入れはスタンダードになりつつあることがわかりました。今回は「サロンやクリニックでの脱毛」について聞きました。


関連記事:アラフォーのデリケートゾーンのお手入れは、スタンダードになりつつある!

「サロンやクリニックで脱毛をしたことがありますか?」という質問に「YES」と回答したのは73%。4人に3人は脱毛を経験していることが判明。かなり多い!

脱毛をしている人の中で「全身脱毛をしている」と回答したのは28%でした。全身脱毛をしているのは3人に1人くらいの割合なんですね。

脱毛の方法について聞いてみると、光脱毛と医療レーザー脱毛が人気でほぼ同じ割合でした。「ニードル脱毛を経験したことがありますが、痛すぎて続けられなかった」(Chibimameさん)というコメントも。ニードル脱毛は永久脱毛ができるそうですが、かなりの痛みを伴うと聞きますよね。

脱毛をはじめた理由について聞いてみると

「子供の頃から毛深いのがコンプレックスだったので」(カオリンさん)

カミソリ負けで肌がボロボロになってしまったので」(Ondianaさん)

「自分でする処理が面倒なのと、毎回カミソリを使うのが肌によくないと思ったので」(コネコキドリさん)

高額なので結婚する前に済ませてしまいたかったので」(こはちさん)

「結婚式にそなえて」(うしゃさん)

子供が生まれて手入れをする時間がなくなったので思い切ってしました」(とんさん)

「サーフィンをしていて肌が黒く、昔はレーザー脱毛ができなかったのですが、最近は多少肌が日焼けしていても脱毛できるようになったので全身脱毛をはじめました」(さーふさん)

介護のことを見据えて。また、ムダ毛を気にせずに夏服が着られるように」(minaさん)

毛が白くなってしまうと脱毛できないと聞いたので、今のうちにしようと思って」(匿名さん)

「海外を飛び回る夢を持っていて、いつでも水着になれるように! 長時間のフライトの間にムダ毛が伸びてしまうなんてことがないようにしておきたかった」(ふらんじぱにさん)

脱毛をして肌トラブルのリスクから解放されるのはありがたい!  結婚前に脱毛をしておけば、子供が生まれて時間がなくなった時に助かりますね。“介護を見据えて”という声も気になります。そして白髪問題。ムダ毛も白髪になっていきますが、白髪を脱毛できるサロンやクリニックは少ないそうです。脱毛をするなら白髪になる前に!

「脱毛にかかった費用」について聞いてみると、10万円未満が33%、10~20万円が18%、20~30万円が28%でした。結構な出費ですよね、「結婚する前に済ませてしまいたかった」というコメントもうなずけます。

脱毛をして「お手入れが楽になった」「夏服を堂々と着られるようになった」など喜びのコメントもありましたが、こんな失敗談も。

「光脱毛が完了してもう生えてこないと思い込みチェックしていなかったら、脇に1本長~い毛が生えていた」(とんさん)
「医療レーザーで脱毛しましたが、ムダ毛が生えてしまうところが一部分あってシェーバーで処理をしています。気が付いたら結構伸びていてギョッとすることがあります(苦笑)」(えっちゃんさん)

脱毛が完了すると安心してしまい、特に自分から見えにくい部分に毛が生えていたってことは結構ありそう。気をつけないといけませんね!


あなたにオススメの記事:

文/Yuko Aoki
関連記事
  • 「嫌いなのにずっと考えてしまってつらい」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答! 【今月のお悩み】<職場の「苦手な人」のことばかりを考えてしまいます>仕事で、あまり相性のよくない人がいます。仕事なので大人の対応をし、波風立てないように努めていますが、仕事を離れた時にもその人のことばかり考えてしまいます。嫌いなはずなのに……つらいです。何か解決策、ありませんか? (東京都・もん・39歳・会社員 ※既婚)☆辛酸なめ子さんの回答誰かを苦手と思うのは環境が影響していることもあります。職場で苦手な人も、職場以外の場所で会った時は話しやすくていい人に思えたり。嫌いという感情はもしかしたら幻なのかもしれません。 ☆みうらじゅんさんの回答「解決策を考えない」というのも解決策のひとつかもしれませんもんさんは、その人のことが本当に嫌いなのでしょうか?  その人を、仮にXさんとしましょう。このお悩みの文面から判断するに、もんさんはXさんのことを好きなんじゃないか、と僕は思ってしまうんです。仕事を離れた時でもその人のことばかり考えてしまうのって、普通に考えればそれは「好き」ということではないでしょうか。  嫌いなはずなのに好きになってしまったというのは、恋愛においてはよくあることのようです。なので、もんさんも一度、「私はXさんのことが好きなのかも?」と考えてみると、案外早く解決策が見つかるかもしれません。  もんさんは、仕事の人間関係の中にいる(上司か先輩か同僚か、はたまた取引先の人?)Xさんと「あまり」相性がよくない。もし嫌いなら「相性が悪い」という表現になるような気がします。仕事を離れた時にも考えてしまうというのも、少なくとも〝気になる存在〟なわけですよね。「目の上のたんこぶ」なんて言うように、いやな相手が視界の中にちらつくことはあるでしょう。でも、考えることが「その人のことばかり」にはならないと思うんです。  そしてその状況が「つらい」と、もんさんはおっしゃる。これまで、多くのかたから相談が寄せられ、その中には高圧的な上司や失礼な後輩にイラついているという声が少なくありません。そういう人たちは「ぎゃふんと言わせたい」「痛い目にあわせるにはどうしたらいいか」と悩んでらっしゃる。でも、もんさんは違って、「つらいです」。特に僕が気になるのは、その前の「……」です。もんさんは、Xさんを好きだという自分の気持ちに気づいているのかもしれませんね。勝手に推測して、すみませんが。  さらに推測するところ、Xさんは男性では? もんさんが、プロフィールにあえて「※既婚」と書いてくださっているのは、「このままでは不倫をしてしまう……つらい」という気持ちの表れのような気がするのですが、どうでしょう?  図星、だとして話を続けますね。まずは、既婚者でも誰かを好きになることって、あると思うんです。そこですぐに「これはいけない」、「相手のことを考えてはいけない」と思えば思うほど考えてしまうもの。なので、今のところはXさんのことばかり考えていても、いいのかもしれません。そしてその思いをとりあえず胸の内にしまい、しばらく解決策を考えないでおく、というのもひとつの方法かもしれません。  そうこうするうちに時が解決してくれるというか、もんさんの心の中のもやもやも少しずつ整理されてきて、ご自身にとってよりよい答えを見つけられるような気がします。  ところで、ここまでの僕の推測が全部はずれている可能性もありますよね。その場合は……すみません、もう一度、お便りください。考え直してみます!●JUN MIURA: イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など●NAMEKO SHINSAN: 漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある【お悩み募集!】ご応募はこちら>> ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。※採用時は匿名にて掲載します。※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。 撮影/露木聡子 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto/辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子
  • 「老けて見える」「手入れをしていないように感じる」などマイナスなイメージが強い白髪。アラフォー女性たちはどんな白髪対策をしている?版権:Alliance/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人に「白髪対策について」アンケート調査。「白髪がありますか?」という質問に「YES」と回答したのは72%。アラフォー女性の7割に白髪があることが判明!「白髪に悩んでいますか?」という質問に59%が「YES」と回答しました。白髪に悩んでいる理由を聞いてみると 「白髪があるとそれだけで老けて見えてしまう!」 「白髪が一部に集中しているので、まとめ髪をするとかなり目立つ」(kanaeさん) 「白髪をそのままにしていると、手入れをしてないように見えてしまう」(ゆっきーさん) 「3週間おきにサロンに行かないと白髪が目立つので、時間とお金がかかる」(naokoさん) 「白髪を隠すために毎日いろいろな努力をしないといけないのが面倒」(SHIRAKABAさん) 「白髪染めを毎月しているので髪が傷まないか心配」(まりこさん) 「急に白髪がちらほら出てきたので、これから増えていかないか心配」(りくママさん)白髪は「老けて見える」とマイナスなイメージを持っている人が多数いました。どんなにメイクや服装に気を使っていても、白髪があると一気に老けて見えてしまいますよね。でも、頻繁に白髪染めをすると髪が傷むし、時間もお金もかかるし……トホホ……。 「白髪染めもしくは白髪対策のカラーリングをしていますか?」聞いてみると「YES」と回答したのは47%でした。「どのくらいの頻度で白髪染めもしくは白髪対策のカラーリングをしているか?」聞いてみるとこんな結果に(上の図)。2週間~1ヵ月に1回、白髪染めもしくは白髪対策のカラーリングをしている人が約50%。忙しいアラフォー女性たちですが、まめに白髪染めをしているようです。白髪染め以外にしている白髪対策を教えていただきました。 【手軽に!】 「白髪隠しのパウダーを使っています。お手軽で便利です!」(yuuさん) 「顔まわりの白髪はマスカラタイプの白髪隠しを使っています」(カプチーノさん) 【頭皮ケア】 「毎日リファを使って頭皮マッサージをしています」(やまちさん) 「頭皮ケア用のシャンプーを使ってマッサージしながらシャンプーしています」(かえにんさん) 「アヴェダのパドルブラシで頭皮マッサージをしています」(niroさん) 「定期的に頭皮に美容鍼を打っています」(pupillaさん) 【生活習慣】 「しっかり睡眠を摂って、白髪予防にいいと聞いた海藻や乳製品を積極的に食べるようにしています」(ゆうさん) 「白髪に効果があるサプリメントとビタミン剤を飲んでいます」(みわさん) 「ストレスをためないようにしています」(さくらさん)みなさん、いろいろな努力をしていますね。白髪が増えないように“予防”をしている人が目立ちました。「白髪を見つけたら抜く」という人も結構いましたが、毛根にダメージを与えてしまうので注意が必要です。「はじめて白髪を発見した時はショックでしたが、大好きな坂本龍一さんのように『白髪を染めない、抜かない!』が私のモットーです」(スモラクレさん)と、ありのままの自分を受け入れている人もいました。グレーヘアも注目されていますよね!  でもやっぱり白髪があると「老けて見られる」「周囲の視線が気になる」「気分が落ち込む」といったネガティブな声が大半。自分自身が快適に気持ちよく過ごすためにも、自分に合った白髪対策をしていけるといいですね。あなたにオススメの記事:8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!「パートナーの年収を知らない」アラフォーが57%!夫婦(カップル)のお金事情アラフォー女性の7割以上がプロによる脱毛経験者!脱毛をはじめたきっかけや費用は?文/Yuko Aoki
  • 最近、職場の上司や部下、家族、友人に言われて「嬉しかった言葉」と「ショックだった言葉」を調査。思わず笑顔になるようなエピソードも!版権:Cookie Studio/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人にアンケート調査。 「最近、言われて嬉しかった言葉がありますか?」という質問に「YES」と回答したのは76%。仕事&プライベートで言われて嬉しかった言葉のエピソードを教えていただきました!【仕事編】 「会社を辞める時に上司から『あなたは素直だからどこに行っても大丈夫よ』と言われ嬉しかったです」(だるまさん) 「上司から『君ならどんな組織でもやっていけると思う』」(おにぎりさん) 「部下に『ずっと上司でいてほしい!』と言われました」(まりこさん) 「部下から『先輩のチームでよかったです!』」(かすみんさん) 「後輩の女性社員から『みゆゆさんみたいになりたいです!かっこいいですもん!』と言われ嬉しかった」(みゆゆさん) 「セミナー講師をしているカルチャースクールで受講生さんから『先生の講座はいつも楽しくて分かりやすいです』と言っていただきました」(ゆっきーさん) 「お客様とプロジェクトの打ち上げの時に『あなたがいてくれたからプロジェクトが成功した』と言われました」(ちあさん) 「みんなが嫌がる組合委員をくじ引きで決める際に、揉めるのが面倒なので引き受けたら『カッコいい~』と言われました」(たかじゅんさん) 「職場の違う部署の知らない人から『○○課のおしゃれでキレイな人!』と密かに言われていたのを聞いて嬉しくなりました」(ぶーぶーさん) 「よく言われるのですが、仕事でお会いした初対面の方から『パンツスーツがすごく似合っていて宝塚の男役みたいですね』と言われ嬉しかったです」(HAPPY 39 LIFEさん)【プライベート編】 「誕生日に主人から『いつもありがとう。感謝しているよ』」(らんさん) 「主人から『キレイだよ』と言われました」(marikoro730さん) 「娘の授業参観に行った時に、娘の友達から『お母さん?めっちゃキレイだね。びっくりしちゃった!』と言われ嬉しかったです」(かょのこさん) 「子供たちから『ママの子供に生まれてよかった!』」(サニーサニーさん) 「何でもない時にふと子供から『お母さん大好き!』」(あきさん) 「数年ぶりに会った年下の男性に『相変わらずお綺麗ですね』と言われお世辞と分かっていても嬉しかったです」(naokoさん) 「男友達と食事をしていた時に『色気があるよね』」(みさえさん) 「友人から『いつも育児と仕事で忙しくしているのに、キレイにしていてすごい!子供がいるようには見えない!』と言われすごく嬉しかったです」(じゅりさん) 「久々に会った友人と後輩から『いつ会っても笑顔で、幸せオーラが溢れている』と言われました」(くぷさん) 「親友の結婚式で友人代表のスピーチを頼まれた時に『どんな時も一緒にいて、どんな事も言い合える一番の存在。だからスピーチをお願いしたい』と言われたことが嬉しくて」(じゅんさん)逆に最近言われてショックだった言葉のエピソードも少しだけピックアップ! 「風邪がなかなか治らない時に『もう若くないんだから』と言われショックでした」(かにりんごさん) 「ノーメイクの時に『具合悪いの?』と心配され……」(stdoさん) 「息子から『白髪抜きのアルバイトさせて』」(Appleさん) 「子供に『ママとプール行くの恥ずかしいからもう少し痩せて』と言われました」(SHIRAKABAさん) 「テレビを見ていた時に主人から『後姿がくまモンみたいになってきた』と言われました」(みづきさん) 「夫が『昔はかわいかったんだけどね……』と他人に言っているのを聞きました」(じゃりんこさん) 「上司に『仕事人間だよね。結婚する気ないよね』」(つる子さん)なかなかキツい言葉も出てきました……ショックだった言葉はさておき、みなさん素敵な言葉をかけてもらっていますね! 女性としては「キレイ」と外見的なほめ言葉をかけてもらうとやっぱり嬉しいですね。上司や部下から嬉しい言葉をかけてもらっている人がたくさんいましたが、日ごろからいい関係を築いているからでしょう。日頃の頑張りをしっかり見てくれていると思うと、さらにモチベーションが上がりますね!もし周りに一生懸命頑張っている人や結果を出した人がいたら、積極的に言葉をかけてあげるといいかもしれませんね。 あなたにオススメの記事:8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!アラフォー女性の7割以上がプロによる脱毛経験者!脱毛をはじめたきっかけや費用は?「パートナーの年収を知らない」アラフォーが57%!夫婦(カップル)のお金事情アラフォー女性の美意識は高い? ヘアサロンに行く頻度や費用を調査!文/Yuko Aoki
  • 身内よりも仕事関係の人からの視線が気になるアラフォー女性たち。自分をよく見せるためにどんな努力をしている? 版権:Antonio Guillem/Shutterstock.com働くアラフォー女性320人にアンケート調査。 自分がどう思われているか気になる人は多いと思います。今回は、同性と異性それぞれからどのように見られたいか? また、自分をよく見せるために努力していることについて聞きました。「自分がどう思われているか気になりますか?」と質問したところ、「気になる」と回答したのが32%、「やや気になる」が50%、「気にならない」が18%でした。80%以上のアラフォー女性が他人の目が気になっていることが判明しました。「やや気になる」「気になる」と回答した人に、「誰から自分がどう思われているか気になるのか?」聞いてみると同性の友人が1位! 続いて同僚や上司といった仕事関係の人が多い結果に。パートナーや家族といった身内の目は気にならない人が多いようです。同性と異性から「内面についてどう見られたいか?」聞いてみました。同性からは「親しみやすい」が1位、「頼りになる」が2位でした。頼れる女性への憧れの気持ちがあるのかもしれませんね。 異性の方も「親しみやすい」という回答が最も多く、続いて「気がきく」「優しい」という結果でした。性別で大きな差が出たのは「頼りになる」という項目。異性の前では頼りになるよりも、優しく気がきく女性でありたいという気持ちの人が多いようです。「外見についてどう思われたいか?」聞いてみると同性は1位「センスがいい」、2位「オシャレ」、3位「幸せそう」という結果に。異性は1位「幸せそう」、2位「センスがいい」3位「キレイ」となりました。「センスがいい」「オシャレ」という項目が異性よりも同性において20%以上多い結果に。デートよりも女子会の服装に気を使うアラフォーが多いのも納得ですね。「自分をよく見せるために努力していますか?」と聞いてみると 「YES」が83%「NO」が17%でした。8割以上のアラフォー女性が何らかの努力をしていることがわかりました!では、意識面でどのような努力をしているのでしょう? 「言葉遣いに気をつける。感情的にならない」(SaltY0923さん) 「小綺麗なファッションを心がける。自分の意見を持つ。考え方に柔軟性を持つ」(リエさん) 「笑顔を意識する。感謝と謙虚な気持ちを持つ」(ユキさん) 「姿勢に気をつけ、『ありがとう、嬉しい』とポジティブな言葉をたくさん使うよう心掛けている」(ユキさん) 「何事も笑顔で受け止める。気配り、目配り、心配りを絶やさない」(キッカさん) 「『この歳になると』と自虐したり、おばさん的な言動をしたりしないように気をつける」(pupillaさん) 「いつも笑顔。感謝の心を持つ。人の悪口を言わない」(くぷさん) 「人の目を見て話し、『ありがとう、ごめんなさい』を誰に対しても素直に伝えるよう心掛けている」(くりぽんさん) 「初心を忘れずおごらない。人の良いところを見つけるよう意識している」(ふらんじぱこさん) 行動面ではどのような努力をしているのでしょう? 「身なりに気を配る。起床後のストレッチ、月に2回ピラティスに取り組む」(うしゃさん) 「どんな時でもメイクと服装に手を抜かない」(ayu8715さん) 「メイクの勉強をしたり講座に参加したりしている」(まあまあさん) 「服にしっかりアイロンをかけ、爪を磨き、清潔感のある格好をする。きつい印象にならないメイクをする」(Ondinaさん) 「エステに通う」(らんさん) 「食事や運動などに気をつけて体型と体重を維持している」(りくママさん) 「正しい言葉遣いを学び、美しい日本語で会話をする。自宅で体を鍛えるトレーニングをする」(ゆり~さん) 「新しいスポットや興味があるイベントに足を運び、常に新しい情報を入手している。週に1回プールで泳ぐ」(おにちゃんさん) 「周りが喜ぶことを先回りしてやる」(Seiさん) 「ヘアサロンに頻繁に通う」(あきさん) 「語学やITの勉強をする」(クロエさん) 「新しいことに興味を持って行動範囲を広げる」(マキティさん)みなさん、さまざまな努力をしていますね。外見や内面に磨きをかけることで、充実した毎日を過ごせるようにもなるでしょう。他人の視線を意識することは、自分を磨くためのいいきっかけになっているようです!  あなたにオススメの記事:アラフォー女性の美意識は高い? ヘアサロンに行く頻度や費用を調査!「パートナーの年収を知らない」アラフォーが57%!夫婦(カップル)のお金事情アラフォー女性の2人に1人がセックスレス。セックスレスになってしまった理由は?文/Yuko Aoki
  • ファッション&美容のプロと美女組が「実際に使ってよかった」と太鼓判を押す、今すぐ買えるアイテムをご紹介!▶︎口コミ名品:コンパクトなステーショナリースタイリスト古田千晶さんおすすめ! ■ASOKOのスナップつきミニケース「お財布がミニサイズなので、領収書など紙類 を入れるのに便利! 半透明のネオンカラーなので中身が見えて、使い勝手も抜群」。11×15㎝の封筒サイズ。クリアファイル各¥50/ASOKO 原宿店エディター坪田あさみさんおすすめ! ■A4書類を折りたためるキングジムのコンパック「A4サイズの書類を半分に折ってファイルできる、優れもの! 折り目がつかない仕様なのも、ポイント高し」。24.1×16.8㎝で10と15ポケットも展開。5 ポケット(24.1×16.8㎝)各¥500/キングジム▶︎口コミ名品:軽~い折りたたみ傘マリソル 編集部 Y本おすすめ! ■わずか86g! さらに世界最高レベルの撥水性のモンベル「アウトドアブランドは、軽量グッズの宝庫!」7 デニールの軽量なバリスティックⓇナイロン糸を採用。¥5,200/モンベル・カスタマー・サービス(モンベル)エディター坪田あさみさんおすすめ! ■〝ぬれにくい傘〞を実感した90gのエアライトミニ「軽い折りたたみ傘だと薄すぎて扱い にくかったけれど、これは水弾きやたたみやすさも完璧です」。エアライトミニ¥2,500/ワールドパーティー(アンヌレラ)美女組No.82加持智子さん ■スマホ半分の85gのマッキントッシュ「50㎝のミニなので感動的に軽い!」バーブレラ¥7,000/MP STORE ルクア店(マッキントッシュ フィロソフィー)▶︎口コミ名品:スマホホルダーマリソル編集部 SGURおすすめ! ■使ってみたら便利だったステッカー型「スマホの背面にシールのように貼れるカードホルダー。ICカードを入れてみたらぐっと便利!」全米トップシェアのCase-Mate社のカードホルダー¥2,380/がうがうインターナショナルジャパン【Marisol3月号2019年】撮影/草間智博(TENT)取材・文/中村麻美
  • 「幸せになりたいのに自己中なタイプばかりに惹かれる」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答! 【今月のお悩み】「どうしても〝自己中〞な男性を 好きになってしまいます」幸せな結婚をしている友人たちのご主人は皆さん、ほんわかタイプ。私もそういう人をと思うのですが、男性を見る目がないようで、どうしても自己中心的な人に惹かれます。別れたダンナもそのタイプだったのに。これじゃあいつまでも、幸せには近づけませんよね? (東京都・さち・36歳・会社員)☆辛酸なめ子さんの回答ほんわか系金持ちといえば、先日慈善パーティにうかがったのですが、社長は、可愛いおじさんタイプが多い印象でした。見た感じ社長っぽくないので、誰が大金持ちかわかりません。腰が低い人にほど、愛想よくしたほうがよさそうです。 ☆みうらじゅんさんの回答あなたに合うのは、やはり、 自己中な男性だと思うのですが…… 毎回、自己中心的な男性を好きになってしまうのは、そういう遺伝子を持っているということじゃないでしょうか。さちさんのお母さんは、どうでしょう。お父さんは自己中な人だったりしませんか? だとすると、好みのタイプを変えるのは、ちょっとむずかしいかもしれません。  事実、さちさんは「同じ過ちを繰り返している」と思いながらも、同じタイプを好きになっちゃうんですよね。おそらく多くの人は懲りて、反省して、違うタイプの人を好きになろうとすると思うんです。でも、さちさんはどうしてもタイプを変えられないんですよね。  いいじゃないですか、自己中の男性に惹かれ続けていても。ほんわかタイプの男性と一緒にいて幸せを感じるのはさちさんのご友人たちであって、何も、さちさんも同じタイプの人を好きにならなくてもいいと思うんです。  ほんわかタイプの男性と結婚することが幸せだと、誰が決めたんでしょう。さちさんは、「これじゃあいつまでも、幸せには近づけませんよね?」とおっしゃいますけど、それってご友人たち、もっと言うと世間一般の人たちにとっての幸せであって、さちさんの幸せとは違うような気がします。事実、ほんわかタイプの人をどうしても好きになれないわけですから。  だいたい、ご友人たちのダンナさんも、もしかすると家の中では、とんでもない暴君だったりするかもしれませんよ。だとしたら、そのかたたちのほうがよほど「男性を見る目がない」んじゃないでしょうか。  なので、必要以上にまわりの人の意見を気にしたり、他人の価値観に振り回されないほうがいいのでは? 自己中な男性が不幸をもたらすとは限らない、と思いますし。  振り返るのはおつらいかもしれませんが、前のダンナさんとの結婚生活がなぜ続かなかったのか、改めて検証する必要があるかもしれません。  これは僕の勝手な想像ですけど、元ダンナさん、付き合っている時はおもしろかったのに、結婚したとたん、つまらなくなったのでは? 例えば、彼は思いのほか協調性があって、「私が好きだったあなたじゃない!」と思って、うまくいかなくなった……とか。  いえね、自己中の人だって毎日24時間、自己中でいられるわけじゃないと思うんです。なんでも自分だけで決めるって、誰にも文句は言えないし、けっこうつらいんじゃないでしょうか。だから元ダンナさんも、わりとマメに洗いものとか手伝ってくれたりして、意外とほんわかタイプだったのかも?  ホント、勝手な空想でものを言ってすみません。でも、離婚の原因は相手の「自己中なところ」ではなく、ほかのところにあるかもしれない。そこのところを解明すれば、今度こそ、自己中心的な男性との幸せな結婚ライフが送れるような気がします。●JUN MIURA: イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など●NAMEKO SHINSAN: 漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある【お悩み募集!】ご応募はこちら>> ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。※採用時は匿名にて掲載します。※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。 撮影/露木聡子 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto/辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子
  • パリでは本当にオシャレってこういうことなんだ、と何度実感したパリジェンヌたちのファッション観をどうぞ。常々、他の美女組の皆様とは違ってライフスタイルばかりをブログに書いているのですがw 今日は久々にファッションについて。 ファッションに関して、日本人がパリジェンヌに憧れるのにはいつもちょっと不思議に思っています。なんだか、日本の方がよっぽど流行に敏感で、情報もたくさんあって、全体的に流行的な服装をしているから。。。 そんな日本に対してフランスは本当に個人主義。それが私にはとてもしっくりきます。私も自分が好きだと思ったものしか買わないので、服にかける金額も美女組の皆様に比べてダントツに低そうなのですが。。。 自分の好きな、自分の似合うと思う服を着て、そんな風にファッションと向き合うパリジェンヌを見て色々考えてしまいました。 食べたいものをゆっくりと。大好きな友達と一緒にカフェで過ごす週末の朝。パリでは、皆さんが本当に自分に似合う服をよくわかっていて、うまく着まわして着こなしています。それがとってもカッコいいのです。手持ちの服は10着とはいわなくても、1シーズン同じニットを着る女性もいるくらい数は少ないかと。(意外とそういう無頓着っぽい方が多い)そして持ち物をとっても大事にする気持ち。 フランス人とたくさん接することによってこういう価値観がとってもいいなと思えてきました。(1シーズン1ニットは絶対に嫌だけど) 節約ともいえると思うのですが、買い物において、自分と向き合う時間がとっても大事だと思うのです。すぐ流行が変わってしまって、着られなくなる服や捨ててしまうもの、なんだかそういう消費文化に慣れてしまっていて、自分でもハッとすることが多いです。 週末は仲良しとカフェで朝ごはん店員さんも気さくな方ばかりたとえば心地よさ。 サイズ感だったり、手触りだったり、着心地や着てみた時の見え方。 一番自分がしっくりくるものを選んでみたり。私も某有名ブランドにすっごく憧れてショップに何度も立ち寄ってみたものの、手触りが絶対に心地よくなくて買わないことに決めているブランドもあり。。。 パリではかなり高齢の方までが同僚なのですが、(定年って何歳なんだろう。。。)素敵な着こなしの60代近い方もたくさん。 年齢を重ねるとともに鮮やかな色をまとう方が多いんです。 パリでは眼鏡やコートにそういった鮮やかな色を持ってくることが多いような。 それも、ブランドではなく、自分が見つけたとても面白いデザインだったり、心から素敵、と思えるものです。 手持ちの服をもう一度眺めて、大好きなものと向き合ってみては? 新しい着こなしが産まれるのかもしれませんね!雨ばっかりでマイナス気温でしたが、やっぱり美しいパリ。写真はこちらの SEASON というカフェ。クリックでHPに移動します。インスタでも海外の働く女っぷりをお届けしています。美女組No.123Mariのブログ
  • 歯のホワイトニング経験者は3人に1人の割合。ホワイトニングをした理由や方法、かかった費用は? 版権:REDPIXEL.PL/Shutterstock.com働くアラフォー女性320人にアンケート調査。 一度ついてしまうとなかなか落ちにくい歯の黄ばみ。歯が黄ばんでいると老けて見えたり、基本的な生活習慣ができていない人という印象を与えてしまったりすることも。歯の黄ばみ、恐ろし~!   アラフォー女性たちに「歯の黄ばみが気になりますか?」と聞いたところ、94%が「YES」と回答。ほとんどのアラフォー女性が気になっていることが判明。歯のホワイトニングに「興味がある」と回答したのは89%でした。   では実際に歯のホワイトニングをしている人はどれくらいいるのか?? 「歯のホワイトニングをしたことがある」と回答したのはグッと減って36%。興味はあるけど実際にやったことがあるのは3人に1人くらいの割合なんですね。始められない理由として「費用が高いのでなかなかはじめられない」「痛みがあると聞いたのでなかなか踏み切れない」という声があがりました。   歯のホワイトニングをしたことがある人に、ホワイトニングをした理由を聞いてみると   「自分が写っている写真を見て、歯の着色汚れが気になったので」(Shokoさん) 「白い歯に憧れて」(さきさん) 「歯が白いと清潔感がアップするので」(マロンさん) 「歯が白いほうが若くてきれいに見えるから」(ユキさん) 「歯が白いと笑顔に自信が持てるから」(びいbさん) 鏡で自分の歯だけを見ていると感じなくても、写真に写った自分と周りの人を比べて歯の黄ばみに気が付くってことはありそうですね。清潔感や若さ、自信を手に入れるためにしている人が多数いました。白い歯が与える印象って大きい!   中にはこんな興味深いコメントも。 「アメリカに出張していた時、現地の人たちが当然のように歯のホワイトニングをしていたので自分もやるようになりました」(Ondinaさん) 欧米ではホワイトニングの意識が高いですよね。歯並びの悪さや歯の汚れは貧困の象徴ともいわれ、就職やビジネスに不利に働くこともあるそうです。欧米人と接する機会が多い人は気をつけた方がいいですね。   ホワイトニングをしている人たちに方法を聞いてみるとこのような結果に。   オフィスホワイトニング(歯科医が光を当てる) 29% ホームホワイトニング(自宅でマウスピースを使う) 15% デュアルホワイトニング(歯科医による施術とホームクリーニングを組み合わせる) 12% ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使う 45%   やはり手軽にホワイトニングができる歯磨き粉が人気でした。そして気になる費用。歯のホワイトニングにかけた費用はどれくらい?   10,000円以下 48% 10,001~30,000円 22% 30,001~50,000円 13% 50,001~100,000円 17% 本格的にするとなると50,000円前後かかるようですね。決して安くはありませんが、若さや清潔感が手に入るなら惜しくはないような。 歯のホワイトニング経験者のこんな喜びの声も。  「歯のホワイトニングをしてから『歯がキレイ』だと、とにかくよくほめてもらえます!」(くぷさん) 「歯が白くなってパートナーに喜ばれました。口には出さなかったけど黄ばみが気になっていたらしいです」(みかんさん) さわやかで清潔な印象を与える白い歯、手に入れたくなってきます! これからアンチエイジングとして、アラフォー女性たちにも浸透していきそうです。あなたにオススメの記事:アラフォー女性たちは「キャッシュレス化」の波に乗れている? 本音と実態を調査アラフォー女性の浮気のボーダーラインは「手をつなぐ」が1位! 浮気をされたらどうする?アラフォー女性の2人に1人がセックスレス。セックスレスになってしまった理由は?アラフォー女性の美意識は高い? ヘアサロンに行く頻度や費用を調査!文/Yuko Aoki
関連キーワード