「+ワンテク」で魅せる最新ミディアムスタイル【40代のミディアムヘア】

Marisol ONLINE
ビッグシルエットの服のトレンド同様、ヘアスタイルもふんわり大きめのスタイルが旬に。そこでつぶれやすい髪質なら、大きめロッドで2 回転のパーマであえて大きめの動きをつけてみて! 外ハネ、内巻きがMIXされた華やかな動きを出しつつ、トップのボリュームまでキープ。いいことづくし!
量  少☆★☆多
太さ 細☆★☆太
硬さ 柔☆★☆硬
クセ 少☆★☆多
パーマ無☆★☆有
カラー:ホワイトブラウン
SIDE
SIDE
BACK
BACK
撮影/押尾健太郎 メイク/木下 優(Rossetto) 広瀬あつこ スタイリスト/松村純子 取材・文/松井美千代
関連記事
  • BAILAエディターズがリレー形式でお気に入りをご紹介するコラム、第234回は「アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノ」。スポーティでシックで、この春にぴったりの白スニーカーです!春トレンドを取り入れた着こなし&履いてみたレビューをお届け。 【アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノ着回し1】春トレンドのブルー&グリーンに白を効かせて この春はブルーがトレンド。淡いブルーのニット×ミントグリーンのパンツできれい色コーデを楽しもうと思っています。きれい色同士のコーデは、シンプルなデザインのアイテムで彩度を揃えると、うまくいきます。そこに白のスニーカーとバッグを合わせると軽やかさ、抜け感、統一感が出るので、きれいな色が好きな人ほど、白の靴は使えます。私の場合、コーディネイトにはちょっとしたひねりや遊びを加えたいので、スニーカーのミッドソールのレオパ柄がお気に入り。半透明に仕込んであるのがちょうどいい存在感です。白スニーカーは多くあれど、このデザインで購入を決めました。 【アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノ着回し2】引き続き人気のワントーンは足元まで白でつなぐのがポイント 白やエクリュのレイヤードスタイルはこの春もトレンド。ワントーンコーデは足元までつなげるとおしゃれ感が増すのと、スタイルアップして見えます。こちらはノースリーブのロングニットトップス、プリーツスカート、スニーカーを白で合わせて、ミリタリージャケットのカーキで引き締めました。テイストとしてはトップスとスカートが甘め&きれいめ、スニーカーとジャケットが辛め&カジュアルめというミックスコーディネイトです。コーディネイトの要素は、色だけではなく多面的に考えるとバランスがよくなると思います。 【アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノ着回し3】モノトーンも注目トレンド。プリントTとスニーカーで大人カジュアル この春夏はプリントTシャツが人気の予感。大人に似合うものもたくさん出ています。また、モノトーンも人気の兆しです。ジャケットとパンツのお仕事コーデを今季らしくTシャツで味つけしつつ、モノトーンの場合も足元は白のほうが軽やかな印象でおすすめです。 【アディダス バイ ステラ マッカートニー トレイノをレビュー!】 高機能でスポーティ、そしてスタイリッシュでタウンユースにぴったり。オールインのスニーカーの魅力をご紹介します! アッパーは上質なネオプレンファブリック。合わせやすく、歩きやすいサイズ感 「ネオプレンファブリック」とは、多用途に使える先進的な合成生地。クールな印象で汚れにくく、ちょっと近未来感も!今までスニーカーははキャンバスやレザーを愛用していましたが、なんといっても軽いのが魅力です。ナロースカート、フレアスカート、タイトなデニムからワイドパンツまで合わせやすいサイズ感で、とはいえ細すぎないので、履いてみると足指までぐっとのばせて快適です。私はNIKEなら確実に24.5cm、ニューバランス996なら24cmですが、こちらはは24.5cmをチョイス。アッパーは少し硬めにも感じるので、余裕をもってはけて、シューレースで調整するのがちょうどよかったです。 黒のレオパ柄のミッドソールはアディダスならではのBOOSTフォーム! 私は完全タウンユース用に買いましたが、ミッドソールには長距離のランやトレーニングに使っても性能が持続するというアディダスのBOOSTを搭載。クッション性と反発性を両立する機能とのことで、とても歩きやすいです。スニーカーの名品は、横顔が機能美の見せどころ。私のお気に入りのうっすらレオパもグッドデザインです。 かかとの内側にはクッションもついてます 内側にさりげなくクッションが。かかとのホールド感もあるし、靴擦れ知らずです(スニーカーでもたまに靴擦れしませんか…?) ベロの部分のロゴもスタイリッシュ! ロゴももちろんグッドデザイン。アディダス バイ ステラ マッカートニーはスタートした2004年から長年のファンで、ちょっとしたウォーキングやトレーニング用のウェアも持っています。SDG’sの先駆けのブランド、ステラ マッカートニーのコンセプトやデザインと、機能的で美しいスニーカーの代名詞であるアディダスとのコラボに、当時ハートをわしづかみにされました。今も、自分にとって大好きで特別なブランドです。 安定性の高いヒール部分。ラバーアウトソールの巻き上げはデザイン的にも可愛い! ヒールの半透明の部分は、高強度のワークアウトでも安定性を発揮するというTPU製(スマホのソフトタイプのカバーなどにも使われている材質)。ラバーアウトソールの巻き上げもあって、足に負担なく歩けます。ダイエットや健康維持の目的で通勤時には2駅歩いているのですが、歩きやすくておしゃれ心も叶えてくれるスニーカーに出会えてホクホク。これからまた春夏の着こなしを考えるのが楽しみです。(編集T)
  • 着膨れせず白ニットを着るには? ぱっと顔まわりを明るくし、冬にこそ着てみたい白ニット。ですが、気になるのはなんといっても着膨れ感!ここ数年のニットディテールは優秀なので、着膨れを恐れずに是非ともチャレンジしてほしいカラーです。今回は小顔と着痩せ効果も期待できる「Vネック」、旬のレイヤードな着こなしに一枚は欲しい「タートルネック」、飽きのこないベーシックな「クルーネック」を中心にハピプラおすすめの白ニットをご紹介します!着丈や素材の違いで印象もがらっと変わりますので、お好みの一着を見つけてください。 【パンツ編】白ニットの着こなしコーディネート 豊富なシルエットとカラーが揃う今シーズンのパンツとも白ニットは相性抜群。メリハリを効かせたり、パステルやくすみカラーに合わせるだけで一気に高感度がアップします。タックインしやすい着膨れしない白ニットが一枚あると便利です! UNITED ARROWS green label relaxing ▲ UNITED ARROWS green label relaxing/[ 手洗い可能 ] CB リブ Vネック プルオーバー ニット/¥7,200+税ベーシックさと、こなれ感を兼ね備えたニットプルオーバー。前後差のある着丈×サイドスリットが今年らしく、デコルテがきれいに見えるVネックは、全体をすっきりと見せてくれます。一枚着としてはもちろん、ジャケットや羽織りのインナーとしても重宝し、おうち洗いできるのも嬉しいところ。フィットし過ぎず、華奢に見えるようシルエットにもこだわった一押しニットです! 23区 ▲ 23区/【洗える】ビスコース ウール Vネック ニット/¥13,500+税コクーンシルエットで一枚でも立体的、リラックス感のあるVネックニット。密度と繊維の長さが均等なウールを使用することで、ふっくらと弾力性のあるきれいな表面感。ビスコースが入っているので滑らかで通気性も良く、発色も鮮やかです。幅広リブの重ね襟が女性らしく、今年らしくロンTなどとレイヤードしたスタイリングもおすすめ。 23区 ▲ 23区/【洗える】キャッシュフィールウール Vネック ニット/¥13,500+税たっぷりとした身頃と長めのレングスがリラックスムードを演出するVネックニット。計算されたVネックが程よくシャープで、すっきりな印象を与えてくれます。カジュアルデニムから、ロングスカートまで合わせるボトムスを問わないので、幅広い着こなしにマッチ。 23区 ▲ 23区/【洗える】ウールシルクスムース クルーネック ニット/¥19,000+税すとんとしなやかな落ち感が美しいクルーネックプルオーバー。程よい肉感とフォルムを意識した両面仕立てのスムース編みで仕上げ、23区らしい上品な大人スエットのような仕上がりになっています。シルクが入っている事により肌触りが良く着た時の体のラインを美しく見せ、全体の上品さを底上げ。一枚着でも素敵ですが、今シーズンはシャツなどとレイヤードしたリラックスムード漂う着こなしがおすすめです。 qualite ▲ qualite/クルーネックニットプルオーバー/¥12,000+税鮮度アップが狙える、淡カラーをのせたハイゲージニット。クルーネックがきちんと感と清潔感を与え、ゆとりのある肩まわりと身幅で今っぽいヌケも演出します。コートやダウンのインナーに入れれば、顔まわりも明るく肌のトーンアップも。ベーシックなのでどんな着こなしにもマッチし、通勤から休日まで大活躍します。 【スカート編】白ニットの着こなしコーディネート スカートとのバランスが取りにくく、どこかあか抜けない着こなしになってしまっていた方におすすめしたい白ニットとのコーデ。着膨れ感のないニットならタックインですっきり見えも叶い、脚長効果も期待できます。今年ならコンパクトな丈感を選んで、レイヤードもおすすめ。 GALLARDAGALANTE ▲ GALLARDAGALANTE/シアータートルニット/¥14,000+税デコルテとボディで異なる2パターンの編地が組み合わさったシアーニット。ボディにフィットするタイトシルエットですが、リブとデコルテ、袖の切り替えが細見え効果に。ワンピースやニットなどのインナーとしてはもちろん、表情があるニットなので1枚着でもサマになります。着丈は腰丈、袖は長めなので、くしゅくしゅと溜めて着るのが今っぽさを叶える秘訣です。 UNITED ARROWS ▲ UNITED ARROWS/UWSC サイドスリット クルーネック ニット†/¥15,000+税ゆったりとしたサイズ感とサイドスリットがポイントのクルーネックニット。軽くふっくらとした質感の糸を使用した、7ゲージの中肉の厚みでリラクシーな表情が魅力です。長めのシャツやロンTをインに合わせてレイヤードしたり、ディテールを活かしたスタイリングも楽しめます。 N. Natural Beauty Basic* ▲ N. Natural Beauty Basic*/リリーバスケットニット/¥9,400+税立体感のある編地が表情豊かなVネックニット。旬なニュアンスカラーとバスケット編みの凹凸感がアクセントになるデザインです。一枚着としてはもちろん、ジャケットや羽織りのインナーとしても重宝し、おうち洗いできるのも嬉しいところ。シンプルながらも着回し力も高く、今年は長めのシャツやロンTに重ねたレイヤードもおしゃれ。 HELIOPOLE ▲ HELIOPOLE/シアー クルーネックニット/¥15,000+税スタイリングを旬な表情に傾けてくれる透明感のあるシアーニット。繊細な18ゲージの編地とゆったりとしたシルエットでニュアンス感があり、スタイリングを旬な表情に引き締めてくれます。旬のレイヤードスタイルを楽しめ、オールシーズン着回せる秀逸アイテムです。 INED ▲ INED/ウールジャージタートルネックプルオーバー/¥21,000+税ウールを圧縮した布帛ライクなジャージ素材と毛100%のニットの異素材をドッキングさせた、一枚でサマになるタートルネックプルオーバー。後ろ身頃と袖口、タートル部分をニットで仕上げ、細かなディテールが目を引くデザインです。程よいAラインが女性らしく、裾は前上がりのヘムラインで360度美しいシルエットも魅力! おすすめの白のVネックニット アクセ映えも良く、小顔と着痩せ効果も期待できる「Vネック」は女らしさも高めてくれるデザイン。カシミヤなどの上質素材を選べば、シンプルさが逆にリュクス感を生み大人の品も格上げしてくれますよ。 UNITED ARROWS ▲ UNITED ARROWS/UBCS ラメノット Vネック ニット†/¥16,000+税柔らかなニットの風合いにキラキラと輝く淡いゴールド色のラメノットが華やかさを演出するVネックニット。タックイン、アウトもサマになる丈感で、ゆったりした袖も華奢見えを叶えてくれます。ネックラインも浅めなので小顔効果も期待でき、落ち着きのある印象と品の良さも加算。 ICB L ▲ ICB L/【洗える】Balmy Vネック ニット/¥10,000+税どんなスタイリングにも合わせやすい、程よい抜け感のあるややオーバーサイズのニット。クリーンなVネックカットが女らしいデコルテラインを演出し、さりげない袖口のラインがワンアクセント。HAPPYな気分になれるカラバリも多数揃い、一枚着はもちろんカットソーとのレイヤードもおすすめ。スリット入りの前後差のある着丈で、シンプルだけど旬な着こなしが叶います。 LAUTREAMONT ▲ LAUTREAMONT/【WEB別注】浅めVネックニット/¥12,000+税ウールの入っていないサラッとした素材を使っているVネックニット。特有のチクチク感が無く、しっかりと目を詰めることで程よい厚みを持たせています。裾の前後差やニュアンスのある浅めのVネックがデザインポイントに。INにカットソーなどを合わせたレイヤードはより今年らしい着こなしになります。 ICB ▲ ICB/【マガジン掲載】25th Vネックニット(番号CL27)/¥17,000+税「ICB生誕25周年」を記念したグラフィックデザイナー伊藤心さんデザインのアイコン入りVネックニット。特別アイコン×カラーがアクセントになり存在感があるので、シンプルなボトムと合わせたコーディネートがおすすめ。すっきり見えのVネックデザインで、カジュアルすぎずどことなくシャープさを感じるシルエットバランスもおしゃれ。今年しか手に入らない、特別なVネックニットです。 NOLLEY’S ▲ NOLLEY’S/片畦Vネックプルオーバーニット/¥11,000+税今年らしくゆったりとしたシルエットに仕立てたニットプルオーバー。コットンポリエステルの7G片畦編みで仕上げ、成型の編み柄がデザインポイントです。着膨れのない程よい厚みで、ロングスカートやゆったりパンツとあわせたスタイリングがおすすめ。春らしいカラバリが揃い、気分も引き上げてくれそう。 abahouse mavie ▲ abahouse mavie/ecru ふわストレッチVネックプルオーバー/¥6,500+税柔らかでもっちりとした質感が肌触り抜群のVネックニット。ふわっと軽くウール混なので暖かく、伸縮性もありストレスフリーな着心地です。デコルテが美しく見える、開きすぎないVネックで首回りもすっきり。一枚でヌケを生む、ドロップショルダーや前後差のある着丈で着回し力も抜群です。 おすすめの白のタートルニット 視線を上に引き上げ、ネックラインの高さで小顔効果も見込めるタートルネックニット。トレンドのレイヤードスタイルにもアクセントを効かせやすく、長めの袖デザインを選べばより華奢見えします。暖かさも女性らしさもアップするタートルネックは今年こそ欲しいシルエットです。 abahouse mavie ▲ abahouse mavie/ecru ふわストレッチタートルネックプルオーバー/¥7,000+税ウール混の暖かくもっちりとした肌触りのオフタートルニット。ふわっと軽く、伸縮性もあるのでストレスフリーな着心地です。ぴったりしないオフタートルと、ほどよいオーバーサイズ感でリラックスムードのある一枚。ヒップにかかる少し長めの着丈なのでタイトなボトムスにも、ボリュームボトムスにも合わせやすく着回し力抜群です! MACKINTOSH LONDON ▲ MACKINTOSH LONDON/ウールニットタートルネックセーター/¥31,000+税斜めの編み組織で、幾何学模様のタートルニット。襟の折り返しはネックラインに沿って、編地を詰め気味に仕上げています。19.5マイクロンSUPER80’Sの膨らみと弾力性が特徴の糸で商品のシルエットを保ちながらもエレガント。着膨れ感のないすっきり見えが実現し、ボトムスを選ばない対応力です。 AMACA ▲ AMACA/ウールリブタートルニット/¥18,000+税程よいストレッチ感のリブハイネックのプルオーバー。非常に柔らかいメリノウールを使用し、細い番手ながら非常に温かく滑らかな風合いです。袖口の小さな飾りボタンが上品で女らしいアクセント。薄手なので一枚着からジャケットや羽織りのインなどロングシーズン着回せます。 UNTITLED ▲ UNTITLED/ルミーナウールタートルネックプルオーバー/¥11,000+税カシミヤ混の軽さと風合いの柔らかさが特徴のタートルネックプルオーバー。身頃はゆったりしたサイズ感、着丈はヒップトップにかかる長さで、気になるヒップ周りもカバーしてくれます。裾のスリットは軽やかさを出し、ハーフインの着こなしにも便利。背中心には3本のリブ目が立ち、さりげないアクセントになっています。 NOLLEY’S ▲ NOLLEY’S/アイレット柄ハイネックプルオーバーニット/¥11,800+税ふっくらとした袖コンシャスなシルエットが今年らしいニットプルオーバー。ナチュラルなアイレットレースとフリルを飾ったハイネックが今年らしくレトロな表情。着こなしを引き立てる主役級のデザインで、シンプルなボトムと合わせるだけでも華やかなスタイリングが完成します。ワンピースやジャケットのインナーとしてもおすすめです。 Shinzone ▲ Shinzone/ハイネックリブ/¥8,800+税心地よいフィット感を生む、柔らかリブのスマートなタートルニット。細かなリブ編みがストレッチを効かせつつ、縦ラインも強調してくれるのですっきりとスマートな印象にキマります。着膨れ感もなく、薄手なのでジャケットなどのINにも最適。ヌケのある長めの袖はたくし上げてこなれ感もたっぷりに仕上がります。 おすすめの白のクルーネックニット 飽きのこないクルーネックニットは、今年流に仕上げるなら詰まり気味のネックライン、前後差のある着丈や前だけタックインもしやすい裾スリットデザインもおすすめ。コンパクトな着丈ならINに長めのブラウスやロンTをレイヤードしたり、お尻まで隠れる着丈なら小尻効果も発揮してくれますよ。 VICKY ▲ VICKY/《手洗い可能》袖パール×フリルリブニット/¥6,500+税パールとフリルの可愛さを、袖口にギュッと詰め込んだリブニット。程良く大きなパールとボリュームを抑えたフリルも絶妙な存在感を放ちます。配色使いもアクセントを効かせているので、ジャンパースカートなどのインナーにして袖口にポイントを持ってくるのもおすすめ。活躍の場の多い、シーズンレスな素材感でヘビロテ必至です。 MELROSE CLAIRE ▲ MELROSE CLAIRE/ウォッシャブルクルーネックニット/¥5,800+税ハイゲージの滑らかな肌触りが嬉しい心地よいシアーニット。クルーネックのプレーンなデザインがオンオフ使いやすく対応力抜群。今っぽさを取り入れつつ、プレーンで対応力ある1枚です。ウォッシャブル仕様なのでおうち洗いできるのも嬉しいポイントですね! Comptoir des cotonniers ▲ Comptoir des cotonniers/カシミヤ3Dクルーネックニット/¥24,000+税まるごと編み上げた縫い目のないデザインで、美しい立体的なシルエットを描く3Dニット。肌に馴染むようにフィットし、今までにない着心地の良さを実感できます。ふっくら袖からきゅっと締まった長めの袖リブも華やかさを生む着映えデザイン。なだらかなネックラインもヌケを生み、きちんと感と女性らしさのバランスも絶妙です。 LAUTREAMONT ▲ LAUTREAMONT/【WEB別注】後ろスリット入りクルーネックニット/¥12,000+税ウールの入っていないサラッとした素材を使用したクルーネックニット。ウール特有のチクチク感が無く、しっかりと目を詰めることで程よい厚みを持たせています。体のラインを拾いにくい上、風も通しにくいのでロングシーズン着回せ、そのシンプルさから様々なシーンで活躍。コンパクトな襟元やゆるめのサイズ感、後身頃のスリットなど今っぽさを詰め込んだ一枚です。 HELIOPOLE ▲ HELIOPOLE/ハイゲージクルーネックニット/¥14,000+税肌触りが良い綿100%素材を使用し、肌当たりの良さが自慢のクルーネックニット。長すぎず短すぎず、収まりのよい着丈が着こなしを選ばず、ジャケットや羽織りのINにも最適です。着膨れしない薄手のハイゲージなのでスウェット感覚で使え、ロングシーズン着回せます。飽きのこないデザインで長く愛用できるのも嬉しいですね。 INDIVI ▲ INDIVI/「L」クルーネックニットプルオーバー/¥14,500+税オーストラリア産スーパーファインウールとモンゴル産カシミヤをブレンドした良質でふんわりとしたタッチのプルオーバー。繊度が高く、繊維長が長い原料を使用しているので、ソフトでしっとりした風合いが心地よく、スポンディッシュな仕上がりです。一見ミニマルなリラックス感のあるアイテムでありながらも、前身に振れた脇ラインからのスリットなど、ディティールにこだわった一枚です。 HAPPY PLUS STOREトップへThe post 着膨れしない!今っぽい【白ニットコーディネート】のコツを伝授! first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • 男子の好みが意外とイケていた件について。「女子が着たい服と男子にほめられる服は違う」ってあなたも思ってない? でも本当のところ、男子は女子のデート服をどう思っているのか……モア世代男子に聞いてみました!Vネックニットとかミニスカートとか、頑張って着るけど寒い!暖かい格好のほうが好印象。マフラーにたまった髪の毛の感じとかぐっときます(Bさん)「風邪をひかないか心配になる」、「おしゃれは我慢なんてもう古い」といううれしい意見が! 全身が重くならないように、スカートは丈が長くても軽やかな素材を選べばOK。ニット¥6500/アパートバイローリーズ コート¥45000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブレッジ) スカート¥4990/クラフト スタンダード ブティック プレスルーム バッグ¥2900/ラコレ ストール¥9800/フレディ&グロスター二子玉川店(ツイードミル) デートの時、ヒール靴じゃないとやる気ないって思われそう疲れていないか気になってしまう。動きやすくて楽な服装で機嫌よくいてほしいです(Cさん)「むしろヒールの高い靴は歩く気なさそう」、「楽な靴のほうがデートを楽しめるからうれしい」と感じるそう。動きやすさも可愛げもあるワンピとセットにすればwin-win♪靴¥14500/アースマーケティング(プーペ) ジャケット¥32000/フリークス ストア渋谷(ファーストダウン×フリークス ストア) ワンピース¥5990/ロコンド(MANGO) バッグ¥16000/リムデザイン ピアス¥3000/フィービィー 靴下¥1600/ブロンドール 新丸の内店(17℃)ぴたっとしたニットで上半身を強調している女子はチヤホヤされてる 気にはなるかも……。でも、上はオーバーサイズで下がシュッとしてるほうがスタイルよく見えて好きです(Dさん)上半身をあからさまに強調する服装は、「ほかの女子から陰口を言われないかハラハラする」なんて心配性な声も。たとえばおうちデートなら、CPOジャケット×ボリュームニットで優しげな印象をつくり、Iラインのスカートで引き締めを。スカート¥4490/アメリカンホリック ジャケット¥24909/バナナ・リパブリック ニット¥7990/ロコンド(MANGO) イヤリング¥3000・バングル¥3300/フィービィー タイツ¥2000/タビオ(タビオ)女性誌でよく特集されてる“男子が好きなカジュアル”って都市伝説でしょ?彼のを借りちゃった風のスウェットとか可愛いです。どこかにギャップがあるとなおいい(Dさん)スウェットやスニーカーなど、カジュアルなアイテムを着こなせる女子は“おしゃれ”、と男子も認定するみたい。×デニムだと、まんまシンプルすぎるから、花柄スカートをひらひらさせてギャップを狙うのも忘れずに! パーカ¥3627/Gap新宿フラッグス店 コート¥19000/ノーク スカート¥8200(フレディ エミュ)・バッグ¥13000(オーレンティ)/フレディ&グロスター二子玉川店 靴¥5800/コンバース ピアス¥2700/フィービィー男子は白とか淡い色じゃないとぐっとこないんでしょ?淡い色は子供っぽい気が。カーキや黒のほうが素敵です(Aさん)モア世代男子は、体がすっきり見えて大人っぽい色を好む傾向が。淡い色だと「カレーとかラーメンとか食べにいけなくてガッカリ」という、なんとも男子らしいご意見も。ジャケット¥36000/ラヴァンチュール マルティニーク ニット¥8800/ノーリーズ&グッドマン 銀座店(ノーリーズ) パンツ¥16000/フォーティーン ショールーム(テクスチャーウィーメイド) バッグ¥9081/バナナ・リパブリック イヤリング¥2700/フィービィーワイドパンツのおしゃれさって男子には伝わらないですよね?トレンドをちゃんと取り入れている女子って素敵です。それだけで雰囲気があるのも好き(Bさん)「女子のワイドパンツ=男子のモックネックくらいの絶妙なおしゃれ加減で◎」とのこと。きれいな形を意識するのは忘れずに。女子のみなさん、男性陣はちゃんとわかってますよー!パンツ¥16000/ゲストリスト(リトラル) ニット¥28000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) カットソー¥2600/ラコレ メガネ¥33000/アイヴァン 7285 トウキョウ ピアス¥3300/フィービィー 靴下¥1300/タビオ(タビオ)答えてくれた男子メンバーはこの4人! 【関連記事】『ユニクロ』のパンツ、旬のローファー。お仕事服の悩みを解決するアイテム!【関連記事】暖かさを優先するとおしゃれができない? 冬コーデの“思い込み”解消します! 【関連記事】「フレンチシック」はボーダーとドットだけ? その“思い込み”、無くしてみない?鈴木友菜の記事はこちらもチェック!「誰かを想う時に聴きたいベストソング」【連載特別編!】ゆうなの“うちで”はなうたプレイリスト ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/峠 雄三 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/鈴木友菜 スタイリスト/高野麻子 企画・原文/福井小夜子 松本一葉(2人ともMORE) ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 大人な香り、トレンドNEWSおうち時間が増えて、自分の好きな香りに包まれる幸せや、香りのさまざまな楽しみ方を知った人も多いはず。いわゆるザ・香水だけでなく、TPOに合わせて生活の中で試したい香り全般の、今、はやっているもの全調査!おうち時間が増えた今、ホームフレグランス派が急増中!ほんのり長く香らせるならディフューザーで空間もおしゃれに演出天然の精油の香りを効果的に広げるのがディフューザー。電気式や超音波式など種類はいくつかあるけど、インテリアとしても楽しむなら、精油の入った瓶にリードをさすタイプを。火も電気も使わない点もエコでいい。(右)生花のような、香しいピオニーの香りが部屋全体にほのかに漂って。フレッシュピオニー フレグランスディフューザー110㎖¥8000/フローラノーティス ジルスチュアート (中)葉の青っぽさを溶け込ませ、みずみずしいバラの香りをリアルに再現。アンティーク調のデザインも素敵。アロマ グリーン・ローズ250㎖¥5100/SABON Japan (左)幸せな気持ちを呼び起こすふたつのホルモンの分泌を促すフランキンセンスとイランイランをブレンド。ザ パブリック オーガニック ホリスティック精油ディフューザー スーパーポジティブ180㎖¥15000/カラーズキャンドルの揺れる炎とよい香りに包まれてほっとリラックスたき火動画がブームになっているように、揺れる炎の動きはなぜか人の心を落ち着かせるもの。そこに香しい香りが加わるアロマキャンドルはおうち時間を充実させるのにもってこい。環境に配慮したソイキャンドルを選んで。(右)ウッディな樹脂の香りでおうちにいながらにして深い森の中にいる気分に。プレトミー アロマティック キャンドル300g¥12500/イソップ (左)洗いたての爽やかな石けんの香りとコットンのふんわりした肌ざわりをイメージした人気の香り。キャンドルは100%ソイベース、芯は100%綿素材のヴィーガン処方。クリーン スペース ウォームコットン ナチュラルソイブレンドキャンドル227g¥6000/ブルーベル・ジャパンベッドルームは安眠へ誘うラベンダーの香りをナイトルーティンに不安や不眠に効果があるとされているラベンダーの香りはコロナ禍にある今、生活の中で上手に取り入れたいもののひとつ。夜、眠る小一時間ほど前に空間やシーツ、枕などにシュッとひと噴き。安眠態勢を整えて。(右)『ロクシタン』発祥の地、南仏のラベンダー畑から届く癒しの香り。プロヴァンスアロマ ピローミスト(リラクシング)100㎖¥3600/ロクシタンジャポン (中)ラベンダーやカモミールが心と体の緊張を解き、深い眠りへの準備が整う。寝室にスプレーしたら、深呼吸を。翌朝、すっきり目覚められると評判。グッドナイト ピローミスト45㎖¥2800/ニールズヤード レメディーズ (左)うつうつとした気分を晴らすピンクペッパー、ラベンダー、ミモザなどをブレンド。イストロス アロマティック ルームスプレー100㎖¥5500/イソップ ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/恩田はるみ イラスト/田中麻里子 取材・原文/平 輝乃 構成・企画/芹澤美希(MORE) ※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 1週間の「30代今日のコーデ」をまとめてお届け【1月15日(金)〜1月21日(木)のコーデ】 1/7 2/7 3/7 4/7 5/7 6/7 7/7 1月15日(金)のコーデ 冬素材のトップス&コートに、つやめくパンツが印象的に映えて。今季らしいブラウンにベリーピンクを合わせ、女らしさをアップさせたのもポイント。コーデが淡色なぶん、足元にブラックを取り入れて印象を引き締めるとさらに好バランスに。 1月16日(土)のコーデ おしゃれなセレブも大注目している『ボッテガ・ヴェネタ』のカセットシリーズ。なかでも1970年代のラグジュアリーカーの内装からインスピレーションを得たという「パデッド カセット」は、革車の内装のような個性的なフォルム。斜めがけにするだけでサマになるこんなバッグがあれば、大好きなデニムスタイルも一気におしゃれに! ベーシュ系のバッグに合わせコートも柔らかいカラーにすると大人なムードになって◎。デニムは明るいめを選ぶとさわやかな雰囲気にまとまる。 1月17日(日)のコーデ 今年一番の流行色といえば、くすみブルー! 裾に動きが出るスカートなら、ドラマチックで気分も上がるはず。青みがかったブラックやニュアンスグリーンなど、落ち着きのある寒色アイテムを合わせてシックにまとめるとさらに今年らしく。足元は、適度にカジュアルさのあるホワイトのショートブーツで抜け感とこなれた印象を加えて。 1月18日(月)のコーデ リラックス感がありながらもセンタープレスがしっかり効いたツヤ感のある太めパンツは、端正なシルエットで脚がキレイに見えるのがポイント。大人顔のリバーコートにも無理なくフィットし、ニュアンスピンクが程よい甘さを加えてくれる。軽やかな雰囲気のボトムなので、ボリュームスニーカーともバランスよく仕上がるのが◎。バッグのメタリックカラーでピリッとスパイスを加えると、さらに今っぽい印象に。 1月19日(火)のコーデ ウエストをキュッとマークする女らしいコートに、量感たっぷりのプリーツがエレガントさをプラスして。ワッシャー加工が施されたランダムなプリーツスカートは、不規則な裾のラインでこなれ感も底上げしてくれる。コーデはホワイト~ブラウンのグラデーションにし、好感度が上がるよう白トップスで顔周りを明るくするのがポイント。差し色はグリーンで辛口に仕上げるのが気分。 1月20日(水)のコーデ パフスリーブや長めのカフスなど、袖にデザインのある甘ブラウスはこの春のトレンド。早めに手に入れるなら、ホワイトやエクリュなど使いやすいカラーを選ぶのがおすすめ。『カデュネ』のブラウスは、立体的なフォルムがつくりやすく、肉感を拾わないプルオーバー型で“ラクして女っぽい”を後押し。春らしいパステルカラーパンツと合わせれば、キレイめで動きやすい快適なトレンドスタイルが完成します。 1月21日(木)のコーデ リブ編みの黒タートルは、主役に脇役にと大活躍する便利アイテム。どんなアイテムとも合わせやすく、リブのIラインが縦感を強調しスタイルアップも可能! 甘い雰囲気のブルーのリバーコートを着る日は、タートル×ブラックデニムで仕上げてシャープな表情にするのが気分。リブ&締め色でほっそりIラインにつなげたインのコーデで、やせ見えが叶うのが◎。ブーツで足先までつなげれば、脚長効果も絶大に!
  • 憧れブランドの話題の新作や、いち早く知っておきたいトレンドアイテムをお届け!「ロエベ×となりのトトロ」のカプセルコレクションが誘う深く、優しい森の中 ロエベから、世界的に人気のスタジオジブリのアニメ映画、『となりのトトロ』とのコラボアイテムが登場。「クラフトや職人技に対して愛情を持ち、独自の方法でそれを表現している」という共通点がある両者がタッグを組み、自然との調和をイメージ。トトロ、中トトロ、小トトロ、マックロクロスケが大胆にデザインされ、持つだけで気分がハッピーに。特におすすめなのは、バッグに忍ばせたい財布やポーチ。革を正確にカットし、そこに違う革のピースをはめ込む、マルケトリーというモザイクのような手法で存在感のあるキャラクターがあしらわれている。クラフツマンシップに裏打ちされた、大人の遊び心を楽しんで。 1 シックなブラウン地に1匹のマックロクロスケ。カードホルダーがついた裏側は黒地で、煤の中にマックロクロスケが潜んでいるよう。 コインカードホルダー(7.5×13×1)¥54000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ) 2 ネックレス感覚で身につけたい。 ポーチ(7.5×8.5×1.5)¥53000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ) 3 使い勝手のいい二つ折り財布に、ぽつんとトトロが。 財布(11× 9 ×2.5)¥85000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ) 4 イエローに映える中トトロ。ポシェットのように斜め掛けして。 ポーチ(11.5×12.5×2)¥68000/ロエベ ジャパン クライアントサービス(ロエベ) ▶FASHION SCOOP!はコチラ撮影/赤尾昌則(whiteSTOUT) スタイリスト/鈴木美智恵 撮影協力/原田陽子(LE GRAND BLEU) web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル ※値段の前の数字はアイテムのサイズ(縦×横×マチ)を表し、単位はcmです。
  • ニューノーマルな時代とともに定着した“ラクして女っぽい”スタイルを、いっそう素敵にアップデートするには? 今こそ必要な「+1」を、BAILAでおなじみの二人が提案! 季節の変わり目に重宝するのが「セミフレアデニム」。太めシルエットが主流になりつつある今、薄い色を選んで鮮度高く! スタイリスト 吉村友希さん 身長158cm。“よっしー”の愛称でおなじみ、きれいめとカジュアルのMIXスタイルが得意な理論派スタイリスト。数々のクローゼット改革企画を経て読者のリアルなおしゃれ悩みに精通。 エディター 伊藤真知さん 本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーデやまねしたくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも人気。昨年、初のスタイル本を刊行。 今は“太め”が新潮流!《セミフレアデニム》 《吉村さんレコメンド》細身から太めへとトレンドが変わりつつあるデニム。特に脚長効果が高いことでも人気のフレアデニムは、面積も広いぶん重たく見えない薄い色を選ぶのもポイント。 《伊藤さんレコメンド》裾に向かって広がる十分丈はどんな靴とも相性バッチリ。ブーツやパンプス、サンダルと足もとのバリエ―ションが増える季節の変わり目に大活躍。 デニムにボリュームがあるぶん、上半身はコンパクトにしたほうがバランスアップ。「とはいえ分断すると下半身が目立ってしまうので、流し巻きのストールでなじませて。おなかまわりを立体的にカバーしつつ、縦長なラインがつくりやすいのですらっと細見えに」(吉村さん)。デニムパンツ¥27000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) ニット¥4000/バロックジャパンリミテッド(クリー コンフォルト) ストール¥53000/スロー メガネ¥33000/アイヴァン PR(アイヴァン) イヤカフ¥10500・リング¥12500/ソワリー バッグ¥67000/三喜商事(アフラ) 靴¥99000/ロンハーマン(マノロ ブラニク) DIESEL デニムパンツ¥27000/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • スカートはいつもワンパターンのスタイリングになってしまう、という人も多いはず。小物使いや全身バランスを工夫することで、実はこんなに印象をチェンジできる!女っぷりスタイルに欠かせないレースセミフレアスカート @ Date ニットとシャツのレイヤードで"奥行きのある"スタイリングにトップスに辛口なブラウンシャツを投入して、ピンクベージュのレーススカート×エクリュのコートの甘さを中和。大人のキレを感じさせる。スカート¥35,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) コート¥98,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) タートルネックニット¥25,000/スローン シャツ¥42,000/エブールギンザシックス(ebure) バッグ¥190,000/カオス表参道(ザンケッティ) パンプス¥31,000/ハイブリッジ インターナショナル(ファビオ ルスコーニ) ピアス¥23,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル@Work カジュアルになりがちなダッフルコートをレーススカートが大人仕様に格上げダッフルコートのもつトラッドな雰囲気と、レーススカートの女っぽさ。テイストミックスすることで、それぞれの魅力がぐっときわだつ。旬のロングブーツでボリューム感のある足もとに。スカートは上と同じ。スカート/上と同じ ダッフルコート¥96,000/アングローバル(イレーヴ) シャツ¥21,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクスビームス) バッグ¥11,500/ティースクエア プレスルーム(フィオレッリ) ロングブーツ¥30,000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) メガネ¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン)@ Shopping 直球のきれいめスタイリングを小物使いでカジュアルダウンほんのり広がるセミフレアと重ためレースアップブーツとの組み合わせが新鮮。フワフワのファーバッグで"可愛げ"をトッピング。スカートは上と同じ。スカート/上と同じ 共布ベルトつきコート¥76,000/デ・プレ(デ・プレ) ニット¥28,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) バッグ¥32,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(アニタ ビラルディ) ブーツ¥35,000/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ) ピアス¥26,000・ネックレス¥48,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)カジュアルにアレンジしやすいニットリブフレアスカート @Dinner 流れるように揺れる細めのフレアはショートコートともベストマッチ女らしいスタイリングに、ニット素材がひとさじのカジュアルさをプラス。友人とのディナーなど"ほどよくきれいめ"にしたい日にぴったり。スカートは上と同じ。スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) ショートコート¥85,000/ANAYI(アナイ) タートルネックニット¥34,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) チェーンバッグ¥64,000/ドレステリア 新宿店(メゾン ボワネ) ロングブーツ¥86,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥35,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ) ネックレス¥33,000/ココシュニック(ココシュニック)@Travel フーディとワントーンでまとめて旅カジュアルをモダンにアップグレードニットスカート+フーディはカラートーンをそろえてラフになりすぎない工夫を。ほんの少しのぞく白Tがアクセント。スカート/上と同じ コート¥110,000/オーラリー パーカ¥11,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) Tシャツ¥8,800/スローン バッグ¥38,000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) スニーカー¥31,000/ティースクエア プレスルーム(デイト) サングラス¥38,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥18,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(フィリップ オーディベール)@Lesson ゆるめ&少し長めのニットを合わせて今季らしいワンツーコーデが完成シンプルなスタイリングこそ、サイズ感とバランスでトレンド要素をプラス。広がりすぎないリブフレアシルエットだから、フラットシューズとも好相性。スカート/上と同じ ニット¥32,000/エッセン.ロートレアモン(エッセン.ロートレアモン) ストール¥57,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス) バッグ¥41,000/CPR トウキョウ(アニタ ビラルディ) ローファー¥34,000/エストネーション(エストネーション) メガネ¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)▼着回ししたスカートの詳細はこちら【Marisol1月号2021年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・文/発田美穂▼あわせて読みたい
関連キーワード

RECOMMEND