福岡からひとっ飛び!表参道の美容室で、春の軽やかボブスタイル☆

Marisol ONLINE
今回は、福岡を飛び出して、どきどきわくわく☆初めての表参道の美容室へ行ってきました!

念願叶って、「#naveヘア」のNAVEさんに、カット&つや感溢れるカラー&トリートメントをお願いしました。

自分でできるヘアスタイリングも、丁寧にしっかり教えて頂きました♪
全体的にふんわり動きをつけて、えりあしは外はねにスタイリング♪
全体的にふんわり動きをつけて、えりあしは外はねにスタイリング♪
トップの分け目は「くの字」でふんわり♪
トップの分け目は「くの字」でふんわり♪
ドライヤーで髪を乾かす際は・・・
少し頭を下げて
「後ろから前♪後ろから前♪」

そして、ドライヤーを真下に向け
「上から下♪上から下♪」

この行程がとても大切で、後のスタイリングを左右するそうです。

私はいつも、ドライヤーを正面からあてていたので、髪の毛がわ~!と横に広がってしまっていました(*o*)

その後、ヘアクリームを軽くもみ込み、ストレートヘアアイロンでスタイリング♪

髪をざっくりすくって、丁寧にとかし、
「ス~っと滑らせて、毛先をくるんっ!」

えりあしだけは外はねにカール、トップの分け目は「くの字」でふんわり。

軽やかに、あか抜けた印象になりました♡
ピアスは吉田美紀さんプロデュース【Liala】オリエンタル リング ピアス☆
ピアスは吉田美紀さんプロデュース【Liala】オリエンタル リング ピアス☆
NAVEさんを知るきっかけとなったのは・・・
私のこよなく愛するブランド
「Liala」「Liala×PG」をプロデュースされている吉田美紀さん♡

商品撮影ブログや、2年前の原宿でのイベントで、素敵な吉田美紀さんのヘアスタイリングを、NAVEさんがご担当されていました!

念願の叶った☆NAVEさんのヘアデザイン!
春らしく軽やかに、そしていつもとは違う自分顔、スタイリングに出逢うことができ、とても新鮮で刺激になりました♪

どうもありがとうございました(*^_^*)
「#naveヘア」のNAVEさんと♪
「#naveヘア」のNAVEさんと♪
関連記事
  • かつて個人的なコラムでも語ったように、『凪のお暇』、大好きなんですよ。「現代の人はもれなく読むべき!!」と心から思っていて。生きていてモヤっとしたものを抱えている“私たち”の姿がそこにはあって、登場人物の言葉が刺さる刺さる……。 すっかりマイバイブルと化していた作品が、なんとドラマ化するという朗報が! しかも主演は黒木華さん。凪ちゃんという繊細な役どころをどう演じるのか、そしてあのヘアスタイルは再現されるのだろうかと気になることが多すぎる。さっそく前のめりに「企画にさせてください!」と強く(笑)打診。撮影スタートを目前に控えた某日、黒木華さん、慎二役の高橋一生さん、ゴン役の中村倫也さんを取材させていただけることに! さらに今回特別に、コナリミサトさんに「SPURのために描き下ろしをいただけませんか?」とお願いしたところ、こちらもなんとご快諾いただき夢のようなテーマに仕上がりました 取材当日はオフィシャルのビジュアルや宣伝用写真の撮影日。SPURの順番はそれらを終えた夕方からでした。キャスト3名揃っての初めての顔合わせ日(!)だったそうなのですが、まったくそうは見えないナチュラルなムード。3ショットの撮影では、フォトグラファーと編集からのリクエストに軽やかに応えて何ポーズもトライしてくださり、スムーズに進行。ちなみに、黒木華さんの髪型はウィッグなのかしら?と思っていたら地毛をくるんくるんに巻いている、ということも判明して心の中で悶絶しました。可愛すぎます……。 ぜひ注目してほしいのはファッション誌ならではの装い。“ちょっとおしゃれした凪&慎二&ゴン”をテーマに、スタイリング。凪ちゃんは普段パンツスタイルが多いので、大胆にモードにアレンジ。慎二はきっと私服でも愛用しているであろう爽やかなシャツ姿で。ゴンさんはあの「ゆるっ」とした着こなしをヴィンテージのロングコートで表現しています。本誌では見えませんが、中に着たTシャツの胸もとにはグレイトフル・デッドのデッドベアープリントが。その後の取材で黒木さんが中村さんに「ちょっと(デッドベアーに)似てますね」とおっしゃっていたやりとりにも癒やされました。 中村倫也さんの着用衣装を特別に! チラリと胸もとからのぞくデッドベアー そして今回の最注目ポイントはなんといってもコナリミサトさんによる描き下ろし。おしゃれした実写の3名とイラストレーションをミックスした、他では見られない構成でお披露目。完成品をみたとき、ひとり興奮&感動があふれてきてあわあわしました。 黒木さん、高橋さん、中村さんによる鼎談と、黒木さんとコナリさんの対談もぜひ本誌でお読みください。4ページにぎっしり凝縮しました!  今夏の毎週金曜日22:00~はこのドラマに浸かろう、と思っている皆さんと共有できましたら幸いです。
  • 初お披露目のヘアスタイルで撮影させていただきました! 私事ですが、先日97歳になる祖母が他界しました。20歳で鳥取の山奥の村に嫁いだものの、祖父はすぐに徴兵されて戦地へ。残った義妹弟5人を養うため、不慣れな農業に着手。まわりの男性陣に馬鹿にされながらも、牛をひきながら田んぼを耕し、「女だからってなめんじゃねー!」という反骨精神で一家を支えていたそうです。小学校の宿題で祖父母に戦時中の話を聞く機会があり、教えてもらったエピソードです。祖母はまさに#あちこちのすずさんでした。でももう、直接話を聞くことができません。 令和元年、初めて迎える8月を前に、改めて平和の大切さを伝えられる特集を!という思いで「れいわのへいわ」企画を立ち上げました。そこで、今一番話を聞きかせていただきたい!と熱望し、オファーさせていただいたのが黒柳徹子さんです。ユニセフ親善大使として平和活動に身を投じていらっしゃる黒柳さん。その背景には戦時中の体験がありました。子ども心に刻まれた、東京大空襲を目の当たりにした夜のこと、疎開先で借りたりんご農家の小屋の話など、貴重なお話がたくさん! 特に、黒柳さんの母、朝さん(当時30代)が3人の子どもを抱えながらも、ユーモアを忘れずに苦境を乗り切ったエピソードは胸を打ちます。平成は戦争のない時代でした。でも、世界をみればまだまだ平和とは程遠い地域もあります。日本だって、ぼーっとしていたら、平和じゃなくなっていた…なんてことが起こるかもしれません。黒柳さんのお話が、少しでも平和の大切さについて考えるきっかけになれば、うれしいです。
  • 2つに分けるから扱いやすい! 誰にでも似合う鉄板おだんご ゆかた¥33000/新装大橋(撫松庵) 髪飾り(2点セット)¥2300/荒川HOW TO ARRANGE髪全体を手ぐしでざっくりまとめ頭頂部に近い高めの位置でポニーテールに。落ちてくる毛はピンで留めて。しっかり結んだら、ポニーテールの毛束を左右2つに分けておく。 分けた毛束の片側をさらに2つに分け、各々ねじる。ねじった毛束を交差させ毛先を輪っか状に折ってゴムで留める。左右両方できたら、毛束を引き出し立体感を出す。 2本のねじり編みを作ったら、片方の毛束をもう片方の毛束の根元に巻きつけピンで固定、おだんごにする。もう1本もおだんごの回りに巻きつけて固定。 他の画像を見るモデル/鈴木ゆうか 撮影/田形千紘 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/立石和代 着付け/奥泉智恵 取材・原文/鈴木絵都子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ハチ上の部分にたっぷりとレイヤーを入れたパーマスタイル【FRONT】【SIDE】 【BACK】レイヤーを施すことで、トップがつぶれやすいロングでも頭の形を丸くきれいに見せたり、ふんわりボリュームを出しやすかったりとメリットは無数に。このレイヤーを生かすために、全体に2回転のパーマをプラス。強くかけなくても、Sカールの毛束がずれて重なることでふんわりとしたフォルムが生まれ、華やかさもサポート。流し前髪を合わせれば、小顔効果も期待できる。DATA量・少太さ・細硬さ・普クセ・無担当サロン「Cocoon」【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶☆マリソル 美女組さんも続々ヘアチェンジ!
  • マリソルオンラインで人気の月間ヘアスタイルランキングTOP10を発表!※集計期間:2019年6月18日(火)~7月15日(月)<ヘアスタイル1位>人気持続中の長めショートはアレンジの幅があるのが魅力【40代のショートヘア】トップや襟足を長めに設定することでアレンジの幅が出て、いろいろな女性像を楽しめるスタイルに。写真のように片側のサイドを耳がけし、前髪を深く取り斜めに流せば、アシメ風のカッコいい印象。逆に耳に髪をかけず、前髪をセンターパートなどに下ろすと丸みのあるフェミニンな雰囲気に。ON&OFFで雰囲気を変えたかったり、服に合わせて髪型をチェンジしたい女性にぜひトライしてほしい。【SIDE】【BACK】DATA 量・普太さ・普硬さ・普クセ・弱 担当サロン「marr」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル2位>サイドのみのアシメショートで直毛に動きをプラス【40代のショートヘア】直毛=パーマが必要、と思われがちだが、ショートヘア×アシメバランスだと、パーマなしでも動きのある印象に。耳後ろはベーシックなグラデーションショート。耳前は右側を短めに、左側を重めなアシンメトリーにカットを。さらに前髪は薄く作り、肌を見せる束感を演出。フォルムが動かしにくいぶん、フロントを軽くすることで"柔らか効果"が高まり、力の抜けた女性像を演出してくれる。【SIDE】【BACK】 DATA 量・普太さ・普硬さ・硬クセ・無 担当サロン「PearL」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル3位>余韻のある毛先を作れば短めショートも女っぷりをキープ【40代のショートヘア】このスタイルが短めショートでも女っぽさを感じられるのは、前髪、耳前や襟足に沿う毛束があるから。ショートレイヤーにカットしたら、毛先はレザーを使用し先細りに調整。すると毛束が肌に沿いながら余韻を残してフェイドアウトしていくため、スポーティにならずフェミニンに。襟足のみピンパーマでCカールのクセをつけると、さらに形が決まりやすく。【SIDE】【BACK】 DATA 量・普太さ・普硬さ・柔クセ・強 担当サロン「GARDEN Tokyo」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 メイク/サユリ(nude.) YUMBOU(ilumini.) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル4位>巻き髪派のセット時間を短縮するレイヤー×重めロング【40代のロングヘア】顔まわりとトップのみにレイヤーを入れているので、巻き髪スタイリングをする時に、俄然動かしやすくなっている。写真ヘアのスタイリングは、38㎜の太めのヘアアイロンで全体をリバース巻きにしたら、手グシで毛束をくずして空気感を出すだけ。実は立体感を演出するハイライトカラーが仕込まれているので、軽く巻いただけでもプロがセットしたようなラフな動きに見せてくれる。【SIDE】【BACK】 DATA量・多太さ・普硬さ・普クセ・無 担当サロン「kakimoto arms SHINJUKU」  【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代 <ヘアスタイル5位>ストレートアイロンで作るトレンドのまっすぐボブ【40代のボブヘア】 ワンレングスベースのボブに動きと抜け感を出しやすくするためのレイヤーを施している。前髪は子供っぽくなりすぎず、大人の可愛さを引き出す眉ギリギリラインに設定を。 ストレートタッチのボブも人気上昇中だが、大人がそのまま取り入れると逆にペッタリ……。そこでストレートアイロンで表面の髪のみまっすぐ伸ばし、内側は弱いクセをそのまま残してふんわりスタイルに。毛先は同じくストレートアイロンで外ハネ&内巻きにランダムに散らして。 【SIDE】【BACK】 DATA量・やや多太さ・普硬さ・普クセ・弱 担当サロン「LANVERY」 撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル6位>短めバング×王道ボブは今までと印象を変えたい女性に【40代のボブヘア】全体フォルムはあご下4㎝ほどの女性らしい王道ボブスタイル。そこにトレンド感のある短め前髪をプラスするだけで、フレッシュな印象と今っぽさを加味できる。ハードルが高そうな短めバングだが、作る幅を狭くすれば主張しすぎず、さりげなくトレンドを楽しめるので安心。スタイリングはうねるクセを生かして、毛先を外ハネに。顔まわりと表面はリバース巻きに。ベーシックな中に、モードっぽさも取り入れて、ヘアの鮮度を更新してみて。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・弱 担当サロン「BEAUTRIUM265」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル7位>ツヤミディアムはトレンドのくびれを作りラフな印象を演出して【40代のミディアムヘア】オフィスでもプライベートでもシーンを選ばず好感度を上げてくれるツヤミディアムも、トレンドのくびれを作りラフな印象を演出して。トップの髪には丸みのあるフォルムになるようレイヤーを。耳下の髪は重さを残してカット。上下の髪をつなげないようにカットすることで、昔のような"ペラペラ"さは皆無の重めくびれが出現。毛先に1 回転、トップは2回転で根元を立ち上げるように、メリハリフォルムを支えるパーマを仕込むのもポイント。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・無 担当サロン「PearL」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル8位>季節の変わり目に重宝する重→軽にシフトできる便利ヘア【40代のボブヘア】耳の高さにレイヤーを入れることで、自然なくびれフォルムが生まれ、小顔効果のあるボブスタイルに。またレイヤーが毛先に自然な動きをプラスし、春に向けての軽い印象も与えてくれる効果が。長め前髪は分ける位置を変えることで、すっきり見せたり重め印象を残したり、ファッションに合わせた質感コントロールが可能な長さ。【SIDE】 【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・硬クセ・弱 担当サロン「BEAUTRIUM265」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル9位> ストレートタッチが若見えの秘訣!好感度ヘルシーショート【40代のショートヘア】担当の野口さんいわく、マリソル世代のショートで一番多いリクエストが「オバサンぽくしたくない」というもの。それにはボリュームが欲しいからと大きく巻いたりせず、あえてストレートタッチでナチュラルな印象にすると失敗ナシ! マッシュベースで前髪はやや短めに。ワックスで髪の表面をラフに動かすだけで完成する手軽さも◎。【SIDE】【BACK】 担当サロン「ROI」   撮影/八木 淳(SIGNO) 岩谷優一(vale.)メイク/イワタユイナ 甲斐美穂(ROI) スタイリスト/池田めぐみ 取材・文/松井美千代<ヘアスタイル10位>動きがあるのに品もある絶妙くびれミディアム【40代のミディアムヘア】きれいめファッションが好きな女性が、品よく動きのあるミディアムを堪能できるのがこのツヤ×くびれヘア。全体は重めにカットしているけれど、動きを出すために毛先のみに少しレイヤーをON。さらに全体へ大きめのスパイラルパーマをかけることで、外ハネの毛流れが生まれるように計算。華やかで今っぽい動きはあるけれど、全体はツヤを残した重めベースに。【SIDE】 【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・柔クセ・弱 担当サロン「S. HAIR SALON」 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代
  • 簡単なのにどこから見ても可愛い! くるりんぱできれいなお姉さん ゆかた¥25000/和風館ICHI(そしてゆめ) 髪飾り(各)¥1200/きものやまとHOW TO ARRANGE耳上の髪を取り、写真のようにゴムで結び1回くるりんぱする。このあと何度もくるりんぱするので、使うゴムは目立ちにくい細めか、クリアタイプを選ぶのがおすすめ。 次に、左右の耳の位置の髪を取り一つに結んでくるりんぱ。写真のように1で作った結び目より、2の結び目が左にずれるようにする。さらに耳下の髪を取って一つに結ぶ。 2で結んだ毛束も同様に、3つ目のくるりんぱに。結び目は2より左に寄せて。結び目が上から順に左に向かって1列に並ぶようにすると仕上がりがきれい。 他の画像を見るモデル/鈴木ゆうか 撮影/田形千紘 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/立石和代 着付け/奥泉智恵 取材・原文/鈴木絵都子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 顔立ちを活かした前髪で、自分らしいこなれ感のあるカジュアルスタイルを手に入れて。元々前髪は短めが好みなのですが、短めバングがトレンドと聞いて改めて流行りの前髪をリサーチしてみたところ、主なトレンドは「シースルーバング」と「ショートバング」! 中でもショートバングは「ベビーバング」が注目されているようです。ナチュラルなショートボブにベビーバングがアクセントに♡アラフォーがベビーって、何歳サバを読むつもりなんだと言われそうですが、実はカジュアルでこなれた印象に仕上がるので大人にも取り入れやすいヘアスタイルなんです。 サイドの髪を耳にかけると、スッキリしてモードな印象にも◎。 ショートバングは幅を狭めに作るとよいと『40代のヘアスタイル図鑑』にもありましたね! ただ、この前髪が似合うのは… 顔タイプが『子供顔』の方限定。 『大人顔』の方には女っぷり溢れる「かきあげバング」などがおすすめです。 子供顔か大人顔かは、判断するのにちょっとコツがいるので、中には自称童顔の大人顔なんて方もいらっしゃるのですが、 一か八かのショートバングでケガをしないためにも、気になる方は一度チェックしてみてくださいね。美女組No.126 好美のブログ
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ6を発表!※集計期間:2019年7月2日(火)~7月15日(月)【6位】 美プロが厳選!3000円以下の2019年上半期・個人的“うぬ惚れ”コスメ ★記事はこちら【5位】 美白 スペシャルケア、美白 化粧水、美白 クリーム&乳液【2019年上半期“うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】 ★記事はこちら【4位】 湿気が多くなるシーズンに覚えておきたい。ぺたんとうねる髪のお悩み脱出テクニック ★記事はこちら【3位】 アラフォーの目力アップに欠かせないアイメイク、でも崩れさせたくないなら? ★記事はこちら【2位】 梅雨時のお悩み、アラフォーのうねり髪に美容師がファイナルアンサー!★記事はこちら【1位】 アラフォーからの目力UPのコツ「パーツの衰えをメイクで修正」 ★記事はこちら
関連キーワード

RECOMMEND