オールインワンにはフェミニントレンチを着流して大人カジュアルに【2019/2/21コーデ】

Marisol ONLINE
カジュアルテイストの強いオールインワンアイテムも、お仕事で着るならダークカラーのネイビーをチョイスすべし。さらに羽織るものはさらりと着流すゆるフェミニントレンチコートなら、シックにまとまる。エレガントを加えるなら小物選びにも気を遣って。ポイントは黒のヒールパンプスやハット、フリンジつきクラッチなどの辛口小物で女性らしさを演出すること。
トレンチコート¥84,000/ebure ニット¥28,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) オールインワン¥69,000/エイトン青山(エイトン) 帽子¥22,900/カシラ ショールーム(CA4LA) バッグ¥23,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥30,000/ベイジュ(PIPPICHIC)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼トレンチコートのコーデをもっと見る
関連記事
  • 着映えするグレー×ピンク配色コーデなら同性の上司受けも好印象でばっちり※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます仕事もできて人間的にも尊敬できる女性上司と1年ぶりのランチ。10月16日はボスの日ということもあって、私おすすめのお店でランチを予定。いつも華やかな上司を見習って女性らしさときちんと感を両立した着こなしでスタンバイ。ジャケットのインにはボウタイブラウスで華やぎを、スタイルアップを意識したハイウエストパンツでキリッとシャープに、オフィスコーデを楽しんで。ジャケット¥78,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ブラウス¥29,000/サード マガジン パンツ¥36,000/ebure メガネ¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(イレスティーバ) バッグ¥46,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥48,000/エストネーション(ペリーコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「テーラードジャケット」の関連記事もチェック
  • 人気継続中のブラウンと、合わせて揃えたいベージュで秋スタイル思い返せばベージュもブラウンも地味で老けて見えそうで敬遠していたカラーだったのに、トレンドのおかげで抵抗なく取り入れられるようになりました。 身につけてしまえば慣れるものなのか、いつの間にかスタメンに昇格。ベージュのニットにブラウンのパンツを合わせたコーデ。 両方とも過去のブログでご紹介したアイテムです。 この日の気温は18℃/25℃ 朝晩も薄手のニット1枚でちょうどよかったです。 このブログでは、なるべくタイムラグなくリアルコーデを載せていますので、明日何を着よう?と思ったときに見ていただけたら嬉しいです。 私自身、そんなブログがあったらいいなと思ってきたので、隔日更新しているのもそれが理由。 さて、コーデの詳細に戻りまして、ニットはリブ素材。 袖のボタンがポイントです。パンツはセンタープレスできれいめに穿けるのにとっても楽ちん。 オンオフ問わず活躍しています。 キャメルのローファーもヘビロテ。 フラットなのになぜか足がすらっと見えるのは形の綺麗さにあるのだと思います。バッグはブラウンやベージュとの相性がいい、くすみブルー。 シンプルで甘さ控えめなコーディネートでした。knit GU pants UNIQLO bag VASIC shoes FABIO RUSCONI▶EZYアンクルパンツ(丈標準66~68cm)WINE XSサイズ この日のランチはハーブたっぷりガパオフォー。 ライムを搾ってスイートチリソースをかけて味変を楽しめる一杯。前回訪れたバインミーのお店なのですが、フォーもメニューに増えて嬉しい! リピ決定です。美女組No.161 愛のブログ
  • 「流行を弄ぶ」の精神で、新しい顔に挑戦!秋のメイク、アラフォーはどんな色、どんなアイテムを選べばキレイになれるの? そんな疑問に答えるべく、おなじみ美容家の神崎恵さんが登場! ■うるんだまなざしが色っぽいレッドシャドウで深みを出して 女性らしいレッドシャドウを核にしたメイク。「肌から浮くけど、浮きすぎずに魅力を引き出してくれるのがレッド。目もとをきわだたせるため、リップはヌーディにして、気配チークで目と唇のバランスをとって」カットレースブラウス¥18,000/パブリックトウキョウ ウィメンズ新宿店(パブリックトウキョウ) シングルピアス¥30,000・リング¥70,000/e.m.表参道店(e.m.)☆使用アイテム1)光を含んだベルベット質感がヌードカラーをシックに転ばせる。芳醇なブラウンベージュ。ザ ルージュ ベルベット BE801¥3,500/コスメデコルテ 2)ローズからベージュへのグラデーションが美しい。やや女っぽさ転びの"気配チーク"。ピュアカラー ブラッシュ  10¥5,500/SUQQU 3) どこかノスタルジックな偏光ピンクネイルは、愛らしさとトレンド感が入り混じる色。ルナソル ネイルカラー EX02¥1,500(限定発売)/カネボウ化粧品4)のばすとピタリとフィットして、ソフトなレッドの色みとつやめきがまぶたに広がる。インフィニトリーカラー 10¥3,200/セルヴォーク■シックな口紅×キラキラシャドウで大人の今を体現 女っぷりカラーのリップをつけた日は、目もとは控えめ。とはいえ、普通のヌード系ではつまらないからキラキラシャドウをプラス。「目はツヤのみ、唇はマットのバランスで」紺ブレ¥59,000/ebure トップス¥11,000/フローレント リング¥17,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ イヤリング¥32,000/エナソルーナ神宮前本店(エナソルーナ)☆使用アイテム1)水面のきらめきを思わせるまばゆさ。クリアベースなので、どんなシャドウとも組み合わせられる。トーン タッチ アイズ 12・2)こまやかなピンクパールでひそやかに女っぷりを上げて。毎日、活躍必至なブラウンシャドウ。同 05各¥3,700/SUQQU 3)まろやかなブラウンなら洗練の指先を約束。服の色を選ばずつけられる。ネイルホリック BR363¥300(編集部調べ)(限定発売)/コーセーコスメニエンス 4)光を吸い込む真性マット質感が優美。女の格を高めるバーガンディ。ルージュ アリュール ヴェルヴェット エクストレム 130¥4,200/シャネル 5)しっかり引ける太筆と細く引ける極短筆のコンビが秀逸。ツヤラインで目をイキイキさせて。キッカ リキッドアイライナー W 03¥4,500/カネボウ化粧品【Marisol 9月号2019年掲載】撮影/天日恵美子(人物) John Chan(物) ヘア/津村佳奈(Un ami) メイク&モデル/神崎 恵 スタイリスト/石関靖子 取材・文/入江信子 構成/原 千乃
  • 季節の変わり目のコーデのお悩みこんにちは やっちゃんです 季節の変わり目にフレンチスタイルが着たくなるやっちゃんですが 事実 季節の変わり目はどうコーディネートしていいのかわからない そんな時 私は カーディガン しかも秋冬は黒がしっくりきて カラー物をきても コーデが引き締まります outfit☆ カーディガン EPOCA インナー aquagirl デニム ZARA バッグ PIERREHARDY パンプス reppet こちらのEPOCAのカーディガン フォルムはドルマンなので 後ろ姿はストールを羽織っているよう 金ボタンで カジュアルな中に 品格を感じるカーディガン コーディネートは 3色でまとめるとバランスが取れます yasuko美女組No.162 やっちゃんのブログ
  • とりあえず「これさえはおっておけば今季はOK」と言えるほど、一気にトレンドアイテムに躍り出たテーラードジャケット。この秋買うべき3つのタイプとその着こなし例を披露!  無地シングルテーラード  まずは「テーラードジャケット」と言われて真っ先に浮かぶ定番の形から。今年はヒップまでかかるやや長めの丈が旬! BRAND:MADISONBLUE COLOR:Beige/Brown/Green SIZE:00/01/02 MATERIAL:Wool100% 柔らかなベージュを、華やかなスカートと合わせて女性らしく 英国羊毛ならではのスポンジ感とナチュラルな粗さのある素材で、シンプルなのにさりげなく"映える"一枚。ほどよく細身のシルエットのおかげで、着るとエレガントな雰囲気に。プリントスカートとの華やかなコーデに、ブランドイニシャルのエンブレムがほんのりトラッドなムードを添えて。ジャケット¥110,000/マディソンブルー カットソー¥7,900/RHCロンハーマン(フィルメランジェ フォー RHC) スカート¥28,000/エストネーション バッグ¥140,000/ヴェルメイユ  パー イエナ 日本橋店(ザンケッティ) 靴¥48,000/アマン(ペリーコ) BRAND:Theory COLOR:Black/Light Camel Melange/Light Navy Melange/Charcoal Melange/Navy SIZE:00/0/2/4 MATERIAL:Wool70% Triacetate25% Nylon3% Polyurethane2%やっぱり一枚は持っておきたいオンオフ使えるシャープな黒メンズライクな仕立てや細身のラペルがきりっとスマートな一枚。フェミニンな花柄ワンピースにはおるだけで、端正な上品さが備わる。ほどよくストレッチがきいており、動きやすいのもうれしい。ジャケット(10月展開予定)¥49,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ワンピース¥52,000/アルアバイル(バウム・ウンド・ヘルガーデン) ストール¥34,000(ファリエロ サルティ)・バッグ¥21,000(ザ ディレッタント)/ユナイテッドアローズ 銀座店 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)  マリソル公式通販サイトでさがす/THEORY (セオリー)> BRAND:ATON COLOR:Blue/Navy SIZE:02/04/06 MATERIAL:Wool100%上品なブルーで何げないシンプルスタイルに洗練を大きくあいた襟やサイドのポケットで、きれいめなのにどこか抜け感のある雰囲気。ほかにない上品なブルーがさりげないアクセントとなり、シンプルなパンツスタイルもどこか新鮮な表情に。ジャケット¥69,000・カットソー¥26,000/エイトン青山(エイトン) パンツ¥18,000/ビームス ハウス 丸の内(エーケー ワン) メガネ¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) バッグ¥92,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(バッグインプログレス) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ) マリソル公式通販サイトでさがす/ATON (エイトン)>  マリソル公式通販サイトで”テーラードジャケット”をさがす > 【Marisol10月号2019年掲載】撮影/三宮幹史(TRIVAL/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里
  • マニッシュすぎるのが苦手なら、柔らかなベージュの細かめなチェック柄をチョイス※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます気心知れているクライアントとの昼食会とは言え、打合せも兼ねているので、ちょっとオフィシャルな雰囲気を出すためにも上半身はジャケットでかっちり仕上げてみる。おじさん風味になりがちなチェック柄も、明るめのベージュを選べば柔らかくてロイヤル感のある女性らしい印象に。ジャケット¥39,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) ワンピース¥83,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) バッグ¥42,000/イアクッチ大丸東京店(イアクッチ) 靴¥100,000/デ・プレ(ルパート サンダーソン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「テーラードジャケット」の関連記事もチェック
  • 本誌編集部スタッフが注目する、はくだけでコーディネートがキマる“時短パンツ”をご紹介。エディター&ライターの宮崎さんは、ミュラー オブ ヨシオクボのハイウエストパンツをチョイス。全身のバランスを整えながら季節感を演出する素材感とカラーも魅力的な一本です。Brand:ミュラー オブ ヨシオクボ【muller of yoshiokubo】深まる季節に溶け込みやすい温かみのあるエクリュカラーで、少し厚みのあるコットンネップ素材のぽつぽつとした表面感に特徴が。微光沢でカジュアルになりすぎず、上品な印象に着こなせる一着。ハイウエストで少しテーパードぎみのシルエットが、全身のバランスを美しく整えてくれる。ハイウエストのベルテッドは、小柄な私もスタイルよく見えるデザイン。季節感を呼び込む素材、ニュートラルな色も小粋。おしゃれが自由自在にかなうから、今シーズン、早くも気がつくとこればっかり!(エディター&ライター/宮崎桃代さん)濃淡のあるベージュ系カラーをかけ合わせた洗練配色に、明度の高いエクリュカラーが品のよいアクセントに。軽やかさのあるフェミニンなムードのパンツスタイルは、秋のお出かけにもぴったり。 パンツ¥29,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ライダースジャケット¥150,000/スプラス インターナショナル(ロゥタス) ニット¥43,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) サングラス¥39,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ストール¥37,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) バングル¥23,000/ebure(キャッス) バッグ¥194,000/ジミー チュウ 靴¥90,000/リエート(サントーニ)アンダーバストまでくるハイウエスト。ウエストもヒップラインも美しくカバー >>時短パンツ 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/室井由美子 モデル/LIZA 取材・原文/松井陽子 ※エクラ11月号掲載
  • 今回は柄とブラウンベースのワントーンコーデ新ワントーン、今回は3つのキーワードの中の柄、ブラウンベースコーデを自分の好きなスタイルで考えてみました 1つ目はグレーを使ったコーデ。 パンツにストライプ柄を投入 トップスは、最近ヘビロテ中のZARAのもの。 暑かったり寒かったりで何を着ていいか迷うこの時期に、大活躍してくれた薄めニット。 袖の丈感も好きな長さ 暑がりな私にちょうどいいんです 日が暮れる頃にはグッと気温も下がるので、羽織りものもそろそろ必要な時期。この日はジャケットをチョイスしました。 バッグは先日のスタイリストさんのファミリセールで、購入したファーバッグ。 見た目以上に収納力があって、最近お気に入りです。 ブラウンワントーンは、濃い目ブラウンスカートに明るめブラウンカーディガンを合わせて。濃淡をつけたコーデにしてみました。服がシンプルなのでバッグと靴は柄があるものに。 普段あまりブラウンカラーを着ないので、手持ちの洋服をあれこれ合わせて決めたコーデ。 全体的に地味かな〜と思ったのですが、手元にバングルやデザイン性のあるイヤリングを持ってきて華やかさをプラスしました。この日は新宿をぶらり。 いつも行列が出来ていて、来店を諦めていたEGGSLUT。 奇跡的に空いていたので、撮影後に初ランチ なんてふわふわなの〜⁉️ バンズからこぼれ落ちそうな程のたっぷり卵が入ったバーガーを満喫しました。 あと2個はいけます InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみて下さい。Instagramはこちらをタップしてください⏹華組 豊田真由美ブログ
関連キーワード

RECOMMEND