春小物で気分もUP☆

Marisol ONLINE
皆さま

一雨ごとに暖かくもなり、春はもうそこまで近づいていますね。

暖かく、お天気もいいとマンネリ化した冬styleから春コーディネートを楽しみたくなります。

この時を待っていました~
年始のsaleで春を見越して買って、あたためておいたビタミンカラーのパンプス。
⏩写真に撮ると、朱赤っぽく見えますが、実際はオレンジです。


そして…
最近お気に入りのスクエア型のパイソンバッグ。
この色味と薄さがとても良く、コーディネートに抜け感を出してくれます。
⏩この写真はグレーですが、実際はブラウンのようなグレーのようなお色です。
Bag: LA ROCCA
Shoes: FABIO RUSCONI
ということで…
こちらの相性のいい小物を使って、大人カジュアルコーデときれいめコーデのtwo pattern。

大人カジュアルコーデは、Tシャツにジーンズ、トレンチコートと王道スタイルに。

大人きれいめコーデは、ジャケットスタイルときちんとした印象の中に抜け感を。

1/2

2/2

Coat・Pants: SHARE PARK
Tops: UNIQLO
Accessory: COS
Jacket: CIROI
Tops: BEAUTY&YOUTH
Pants: Theory luxe
今回、置き画のみで失礼致します(/o\)

また、コーディネート写真をインスタなどでもアップしたいと思います。

春♪春♪待ち遠しい春♪
日本の四季って本当にいいなとファッションを通じても感じますね。
関連記事
  • 7/13(土)〜7/19(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!7月13日(土)定番デニムコーデはカラーTシャツ投入で鮮度をあげてマンネリ打破を ★コーデの詳細はこちら >7月14日(日)蒸しっとしたお天気だからこそ、サラっとした素材にこっくりカラーで ★コーデの詳細はこちら >7月15日(月)海の日はピリ辛スパイシーなエスニック気分で夏の女子会を開催! ★コーデの詳細はこちら >7月16日(火)どんより雲が続く日も青空気分を味わえるブルー系で色味を揃えて ★コーデの詳細はこちら >7月17日(水)トラブル発生でも白×ピンクの幸せコーデなら解決策が思い浮かぶ! ★コーデの詳細はこちら >7月18日(木)入院した同期のお見舞い。ジャケットで体温調整、自己管理を徹底して ★コーデの詳細はこちら >7月19日(金)夏でも涼やかに見える黒パンツは大人かわいいドット柄で取り入れて ★コーデの詳細はこちら >☆明日のコーデ「1週間まとめ」はこちら
  • こんにちは!! 今年は7月の中旬に入っても まだまだ雨が続き、太陽と青空が恋しいですね! 朝起きて気分が上がらないことが多いですが、 そんな時こそ!!! 可愛いお洋服でテンションを上げちゃいましょう❤️ ということで、 今回は私のお気に入りの梅雨を乗り切る サマーコーデをご紹介します✨ 鮮やかカラーワンピで気分を上げよう!✳︎dress: rose bud ✳︎shoes: beauty&youth United Arrows ✳︎ bag: SLOBE IENA鮮やかなワンピースは気分が上がりますよね! このワンピースは本当に綺麗な紫で 一枚でオシャレに、そしてコーデの主役になる アイテムなのでとても気に入っています! (ちなみに夏のセールでgetしました❤️) この日は雨だったこともあり、 あえてトングサンダルを合わせてみましたが、 スニーカーで外したり、下にデニムを合わせても 素敵に着れちゃいます✨Bagは夏を意識してカゴバッグに! 見た目以上に物が入り フォルムも可愛いのでお気に入りです!涼しげなブルーコーデで爽やかに夏を先取り!✳︎T-shirt : ships ✳︎skirt: beams boy ✳︎shoes: converse ✳︎ bag: SLOBE IENAこの日は涼しげなブルーを基調にコーディネート! 雨の日こそ!涼しげな服を着て気分を上げましょう! ポイントはブルー×シルバー!! このconverse、なんとシルバーのグリッターなんです✨ キラキラ大好き代表としては、 こんなに気分が上がるスニーカー他にはありません❤️ 最高です❤️たまにはシックに!ブラックワンピで大人女子!✳︎dress: Mila Owen ✳︎shoes: beauty&youth United Arrows ✳︎ bag: SLOBE IENA普段はカジュアルが多いですが、 たまには!!大人っぽいニットワンピースも着ます! このワンピースはピタッと体のラインを 綺麗に見せてくれ、とにかく細見えします! ここでもヒールを合わせるとパーティー感、 しっかり感が出てしまうため、 普段使いならサンダルやスニーカーを合わせて、 小物類をカジュアルにまとめるのがポイントです✨ ウェストは細リボンでマークして、 スカート部分はプリーツになっているところも 可愛いですよね!やっぱり青空広がる夏が待ち遠しい!!今回梅雨を乗り切るコーデをご紹介しましたが、 私は本格的な夏が待ち遠しいです!! 梅雨が開けて夏になったら tシャツをたくさん着て外に出かけようと 今からワクワクしています✨ みなさんも夏を楽しみにあと一踏ん張り、 可愛い服を着て梅雨明けを待ちましょう!笑 またtシャツコーディネートもご紹介 出来ればと思っております! 最後までご覧いただきありがとうございました!モアハピ部 No.696 miyu のブログ
  • 「メイド・イン・ カナダ」の高級パフォーマンスアパレルメーカー、カナダグースが日本限定のカプセルコレクション「ロフテッドウール」をカナダグースストア2店舗とオンラインストアにて発売中だ。「ロフテッドウール」は、ウルトラファインメリノウールを使用した新素材をメインに、高機能なサーマルマッピングテクノロジー®︎を搭載したアウターのコレクション。着用時の体感温度環境と天候に応じて温度を自動調節する性質を持っているため、寒いときは暖かく、暑いときは涼しく快適に過ごせる。 アナポリス ベスト ¥34,000/カナダグースウィメンズでは、シンプルかつ洗練されたデザインのアナポリス ベスト、肌寒い日に羽織りたいサクエネイ ジャケット、カジュアルなシーンに最適なハンプトン フーディ、そして完全リバーシブル仕様のカピラノ リバーシブル ジャケットの4型をラインナップ。すべてカナダグースオリジナルのテクノロジーにより保温性、可動性、通気性に優れたアイテムとなっている。 サクエネイ ジャケット ¥44,000/カナダグースカナダグースといえば、北極圏の厳しい気候に耐え得るクラフトマンシップを基にした革新的なアイテムで知られるブランド。デザイン性と機能性をさらに高めた今回の日本限定アイテムもチェックをお忘れなく。 (左)メンズ:スティルウォーター ジャケット ¥44,000・(右)ウィメンズ:ハンプトン フーディ ¥45,000/カナダグース【取扱店舗概要】 カナダグース 千駄ヶ谷店住所:東京都渋谷区神宮前2-22-16 1階営業時間:11:00~19:30定休日:なし電話番号:03-5860-6518 カナダグース 阪急メンズ東京店住所:東京都千代田区有楽町2-1 阪急メンズ東京 6階営業時間:11:00~20:00定休日:なし電話番号: 03-6228-5167※ウィメンズアイテムの取り扱いもあり カナダグースhttps://www.canadagoose.jp03-6758-1789text: Fuyuko Tsuji
  • 暑い季節にシャツを着るなら、リラックスした気分で取り入れたい。たとえばボタンを外したり裾を結んだりしてラフに着崩したり、アロハシャツや開襟シャツをスマートに着こなしたり。世界のストリートスナップから、スタイリングテクニックを盗もう!バズカットでクールに着こなす、チェック・オン・チェックPhoto by Christian Vierig/Getty Images ビッグサイズのシャツをラフに着た女性。裾を結んでシルエットを調整し、細身のパンツとレイヤード。ピッチの異なる2種類のチェック柄を重ねた。足もとはサンダルやパンプスではなく、白いショートブーツを合わせてエッジを効かせて。モダンな大ぶりのイヤーアクセサリーが、バズカットにフェミニンな印象をプラス。胸下のボタンを開け、おなかをのぞかせてPhoto by Christian Vierig/Getty Images イエローの長袖シャツを着た、スタイリストのマリア。胸から下のボタンを全て外して、ワイドパンツへとつながるAラインのシルエットをつくった。ハイウエストパンツとシャツの隙間からさりげなくのぞく素肌に、抜け感が漂って。パンツとシャツ、どちらも光沢のある素材を選んでいるので、リラックスしつつも都会的なムードをキープ。グリーンのミニバッグやパイソン柄のシューズも効果的だ。開襟シャツをジャケット代わりに羽織ってPhoto by Vanni Bassetti/Getty Imagesプラダのシャツを羽織ってジャケットのように取り入れた、インフルエンサーのアリス。インは黒いブラのみで、リラックス感とともにセンシュアルなムードを演出した。シルバーのチェーンネックレスや細いストラップのハイヒールサンダルで、リラックスしすぎない都会的な雰囲気をキープして。夏らしいスタイリングに、あえてモコモコしたファーバッグを合わせているところにも注目を。柄シャツの裾をフロントで結んでコンパクトにPhoto by Claudio Lavenia/Getty Images オリエンタルな柄のシャツを着たモデル。フロントで裾を結んでおなかを見せるテクニックは、今シーズンのストリートで人気のスタイリング・ティップスだ。マスタードイエローのパンツは、シャツに描かれたトラのイラストと色みが揃っているのでまとまって見える。襟元のボタンはしっかり留めて、イージーになりすぎないように調整している。ロールアップ&ブラウジングで動きを出してPhoto by Vanni Bassetti/Getty Images ラフ シモンズのストライプ柄シャツを着崩した女性。シンプルに羽織るのではなく、袖をロールアップしたり、ディオールのベルトバッグでブラウジングしたりすることで、ニュアンスを出した。アシンメトリーなヘムラインのバンダナ柄スカートも含め、イレギュラーで動きのあるシルエットを生み出した。シャツのインに着た白いTシャツやスニーカーで、カジュアル&スポーティなムードをプラス。大人のムードで着こなすアロハ風シャツPhoto by Christian Vierig/Getty Images モーダ・オペランディのコーファウンダー、ローレン・サント・ドミンゴをキャッチ。シルエットや柄はアロハシャツ風だが、ビーズ刺繍がほどこされて輝きを放つシャツで、あくまでリュクスなムードをキープ。パンツやサンダル、クラッチバッグは黒で統一し、インパクトのあるシャツをシックに取り入れた。ゴールドのピアスやウォッチ、光沢のあるパンツの生地感に、大人のムードが漂って。裾を後ろで結んでヘルシーな「ヘソ出し」をPhoto by Edward Berthelot/Getty Images ビッグサイズのシャツの裾を結んで、クロップトトップスのようなシルエットで取り入れた女性。裾をフロントで結ぶのではなく、バックで結んでいるのがユニーク。デニムパンツとシャツの間から見えるウエストがヘルシーだ。パンツの超ワイドなシルエットやシャツのピンストライプ柄など、マニッシュなムードのアイテムが、ウエストを見せることでフェミニンに変身している。タイダイ染めシャツにハードなネックレスをオンPhoto by Vanni Bassetti/Getty Images注目のタイダイ染めを、シャツで取り入れたモデル。モノトーンのタイダイ染めは、夏はもちろん秋になっても使えそうなシックな雰囲気が漂う。フロントで裾を結んで、コンパクトに着た。可愛らしい印象のパフスリーブとハードなスタッズネックレスのギャップに、彼女の個性が感じられる。水色のバケットハットとミニスカートに、フレッシュなムードが漂って。柄シャツの裾を、片側だけパンツにインPhoto by Timur Emek/Getty Images 鮮やかなブルーのヘアカラーが目を引く、インフルエンサーのマーガレット。アースカラーの開襟シャツは、左側だけ裾をタックインして抜け感を演出。Vネックラインからのぞくネックレスやストラップパンプスなど、リュクスなムードのアイテムを合わせてスタイリングを引き締めた。パンツはチノやデニムではなくレザー調の素材を選んで、カジュアル感を抑制して。 text : Chiharu Itagaki
  • マットからシマーなきらめき、ギラっとした輝きまで、今シーズンのカラーメイクアップは質感がユニークなものが多数揃っています。そこで、SPUR9月号「秋新色『ビューティ・ディベート』開催」では、ヘア&メイクアップアーティストのRie Shiraishiさんが、オーロラに輝く目もとを提案してくれました。ファッションはジャケットなどのシックなものがトレンドですが、メイクアップでは唯一無二の輝きを取り入れてみてください。 SPUR9月号「秋新色「ビューティ・ディベート」開催」を試し読み(外部サイト)
  • アナ スイの最新ルックをまとったハローキティが手に入るのはここだけ! SPUR9月号の特別付録は「Hello Kitty×SPUR×ANNA SUI ステッカーセット」。ラップトップやノートなどに貼ってカスタマイズを楽しめます。 “胸きゅん”は、今号をつらぬくエモーション。少女漫画の金字塔「ときめきトゥナイト」でおなじみ、蘭世と真壁くんがモードにターンバック。『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD』に登場する志尊淳の艶めく姿には、ドキドキが止まらない! フモフモ編集長は、“羽生結弦氏”との奇跡の一瞬について語ります。そんなときめきを享受できるのは平和あってこそ。黒柳徹子のスペシャルインタビューを通じて、一番大事なことに気づかされるはず。どうぞお見逃しなく。ふと出合う言葉が、その時着ていた洋服との一生の思い出になることがあります。それは、服に込められたメッセージかもしれないし、これから生まれる詩や、デザイナーの名言かもしれません。今季のランウェイで愛を語ったヴァレンティノのように、モードはいま、ポエティックな引力で私たちをときめかせてくれます。ファッションと言葉の蜜月を、オムニバスなストーリーでご堪能ください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  かつてのりぼん読者であるアラフォーなら一度は通ったはずの『ときめきトゥナイト』。なんと作者の池野恋先生は今年、作家生活40周年。秋冬の筆頭トレンドが“ダークロマンス”だった勢いもかりて、SPURは夢のコラボを実現しちゃいました。池野先生の貴重な裏話も満載で、あの頃ときめいた“魔界”のロマンスを再現します! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  2019-'20秋冬シーズンが到来! まずは新しい靴とバッグから。日常を彩るロマンティックな主役級から、シックな精鋭まで88アイテムがずらりと揃います。メゾンのとっておきには、心がときめくこと間違いなし。トレンドのタフネスシューズやレディ・バッグにも注目を。来る季節に向けて、ショッピングプランをぜひ立ててみてください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  さんさんと陽光が降り注ぐまぶしい夏、照りつける日差しの中でこそ身に着けたいのが、この季節に似合うジュエリー。きらめくイエローゴールドに、ソリッドなシルバー、みずみずしいジェムストーン……夏の太陽と友達になれるプレイフルなジュエリーをご紹介します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  人生100年時代の現代では、ファッションを本当の意味で味わえるのは、歳を重ねてからです。自分の好みを熟知し、スタイルを確立した後だからこそ、色や柄をふんだんに掛け合わせながら冒険できるはず。自由におしゃれを満喫する粋なグラニーをぜひスタイリングのお手本にして。これは、未来の私たちへの賛歌なのです! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  休日のモードなスタイルとお仕事服とのギャップが埋められなくて悩んでいたりしませんか? そんな人に朗報です。今季のトレンドは、ブルジョワライクなクラシックスタイル。オフィスでもオフの日も活躍度の高い“コンサバ服”が豊作です! 特集では、モードな人におススメしたいアイテムを厳選の二者択一でご提案。毎日のモチベーションをあげるリアル服がいっぱいです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  メンズ、レディースを自由に選べる時代。ジェンダーレスのビッグウェーブがSLGにも訪れています。そんなムードをバックアップしてくれる力強いカラーである「黒」。性別を問わず身に着けたい、頼れるブラックのレザーアイテムがずらりとラインナップ。定番の財布やフラグメントケースからエッジを効かせたニュータイプまで一挙ご紹介! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎シーズン、星の数ほど発売になる新色。その中から、「これぞ!」という一色を見極めるのは至難の業です。そこで、今回はヘア&メイクアップアーティストのRie Shiraishiさん、ビューティエディターの森山和子さん、スタイリストの矢内麻友さんが、使える新作について徹底討論。ビューティプロたちが実際に試して、思わず唸った、指名買いアイテムを紹介しています。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  洋服では、ジェンダーレスという考え方が当たり前になりました。でも実は、それってネイルでも起きつつあるってご存知でしたか。あのハリー・スタイルズもマニキュアをいつも素敵にまとっていますよね。性別や年齢に関係なく、ネイルアートはみんなのためのもの。今回シュプールでは、1本のマニキュアを二人でシェアするビューティ・ストーリーを提案します。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)   年に一度の誕生日だからこそ、とっておきのケーキと花束でお祝いしたいもの。気鋭のフローリスト「duft」の若井ちえみさんによるマッチング指南から、ピンクやグリーン、イエローなどのカラーコーディネートまで、バースデーケーキと花束の最高の組み合わせを提案します。大切な人に捧げる、しあわせを運ぶコンビネーションをぜひお楽しみください。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • 少しダスティな”グリーン×オレンジ”で休日カジュアルを大人顔に♡自由気ままな休日は、グリーン×オレンジのフレッシュな色合わせで人と差がつくおしゃれを満喫♪ メンズライクなラガーシャツと美人なAラインスカートで絶妙なミックスコーデに。鮮やかだけどギラギラしない、ちょっぴりくすんだトーンのビタミンカラーを選ぶのが大人見えのポイント! 合わせる小物はシンプルな黒がおすすめ。出先で急なお誘いがあるかも知れないから、上質感のある靴&バッグでカジュアルベースの休日コーデを格上げしておこう!シャツ¥18000/モットハウス・トーキョー(マギル ロサンゼルス) スカート¥18000/ルーニィ 靴¥21000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ) バッグ¥18500/HUMAN WOMAN カチューシャ¥300・イヤリング¥1300/お世話や ネックレス¥12000/リフラティ シップス ルミネ横浜店 飯豊まりえの【今日のコーデ】をもっと見る>>♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/東 京祐  ヘア&メイク/林 由香里  モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石上美津江 原文/野崎久実子
  • リネン素材のカジュアルコーデまとめ♪着るだけで女性らしいおしゃれが叶うリネン素材の服は、夏コーデのマストアイテム! さらっと着て絵になるワンピースや、抜け感がちょうといいシャツ、パンツなどおすすめのアイテムはこちら♡ [目次] 【リネン服】ワンピース編 【リネン服】シャツ・ブラウス編 【リネン服】パンツ編 【リネン服】セットアップ編 ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。【リネン服】ワンピース編【リネンのワンピース】スローブ イエナ フィムのワンピースさらっと着るだけで絵になる!夏のお出かけに頼もしいリネンワンピしゃり感のあるワンピースはデコルテが映えるネックラインや後ろが少し長めになった裾など、女らしく見えるさりげないこだわりが。涼しげなサンドベージュも夏っぽくて素敵。ワンピース¥16000(スローブ イエナ フィム)・靴¥13800(レメ)・バッグ¥12000(バグマッティ)・ネックレス¥45500・リング¥20000(2点ともファリス)/スローブ イエナ 表参道店 →リネンのワンピースなどコーデを詳しく見る【リネンのワンピース】ランブルレッドのワンピースベルトで魅せる進化系カシュクールならきれいめに着られて平日にも。はりのあるリネン地で上質感があり、さりげなく広がるフレアが甘すぎず大人。広くあいた胸もとからはTシャツをのぞかせてカジュアルさをひとさじ。ワンピース¥38000/ランチフィールド(ランブルレッド) Tシャツ¥1600/ヘインズブランズ ジャパン 靴¥15000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥8500/ロードス(アドカラム) イヤリング¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) バングル¥18500/ガス ビジュー 青山 →リネンのワンピースなどコーデを詳しく見る【リネンのワンピース】アナカノワーのワンピース涼やかなリネン素材&カシュクールデザインで大人の女性らしさを独占♡ 着るだけで女性らしいおしゃれが叶うリネンのワンピースはこれからの季節にマスト! 上品な前合わせデザインに裾がふわりと広がるやわらかな生地感、シルエットを引き締める共布ベルトつきって理想の一着。せっかくならヘルシーな夏色でトレンドの”リゾート感”を日常にも♡ 全方位モテワンピでテンションを上げたら、週末でも仕事は頑張れるしアフター6もうんと楽しく過ごせる。小物は品よくまとめつつ、はおりはGジャンでカジュアルダウンするのが上級者! ワンピース¥39000/アンシェヌマン(アナカノワー) Gジャン¥26000/ブルーブルー 靴¥16000/オデット エ オディール 新宿店 バッグ¥9490/ロコンド(マンゴ) ピアス¥2900/サンポークリエイト(アネモネ)  →リネンのワンピースなどコーデを詳しく見る【リネンのワンピース】スライのワンピース肌に触れる感触も服のしわまで絵になるのも、リネンの素敵なところ。大人なカーキでほっこり見えを回避! バッグはパイソン柄、ボリュームたっぷりのゴールドピアス。「ちょっと辛口すぎ?」くらいがちょうどいい。ワンピース¥8990/バロックジャパンリミテッド(スライ) バッグ¥22000/リエス(マルコ マージ) 帽子¥9800/アンティット(GREVI) ピアス¥43000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) 太リング¥35000/UTS PR(ルフェール) 細リング¥12000/デミルクス ビームス 新宿(イリスフォーセブン) →リネンのワンピースなどコーデを詳しく見る【リネンのワンピース】グリーンレーベル リラクシングのワンピース[ほっこりしない]リネン素材のワンピース女性らしいシルエットやパキッと鮮やかな色。“どこかに洗練感”がおしゃれ見えのコツ。ドラマティックな赤を味方につけて女っぽく♡ この夏はエスニックな気分で着たい。ワンピース¥9900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 渋谷マークシティ店(グリーンレーベル リラクシング) レギンス¥1490/GU 靴¥3900/ラコレ バッグ¥3600/コーエン イヤリング¥2200/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥11000/フォーティーン ショールーム(ププティエ) →リネンのワンピースなどコーデを詳しく見る【リネンのワンピース】ラヴィソン ラヴィエールのワンピースほんのり透け感のあるエクリュのリネン混生地には、ピッチの異なるコーラルベージュ、白、ブルー、グレーのストライプが。優しい色合いだから気負わず着られるし、パキッとした濃色のワン・ツーに重ねたらなじませ役にもなってくれる。ワンピース¥32000/ノーリーズ&グッドマン銀座店(ラヴィソン ラヴィエール) タンクトップ¥1490/アメリカンホリック スカート¥22000/アンシェヌマン(アナカノワー) 靴¥1490/GU バッグ¥19500/ADINA MUSE SHIBUYA ピアス¥12000/HEMT PR(ノースワークス) →リネンのワンピースなどコーデを詳しく見る【リネンのワンピース】リエスのワンピースきれい色リネンワンピ×きれい色小物さらりとしたリネンの肌ざわりも、空に負けない鮮やかなブルーも。全部が気持ちいいと感じられる一着が、「今日の私、最強だ」って思わせてくれる。そんな自信をくれるワンピースなら、潔く一枚で着てもこんなにさまになる。ワンピースのブルー、バッグのホワイト、サンダルのオレンジ。全部の色が入ったスカーフで統一感を!ワンピース¥28000/リエス 靴¥65000(MARYAM NASSIR ZADEH)・バッグ¥45000(VASIC)・ネックレス¥11000(JENNY BIRD)/TOMORROWLAND ブレスレット¥9000/フリークス ストア渋谷(フィリップ オーディベール) スカーフ¥11000/メゾン イエナ(マニプリ) インナー/スタイリスト私物 →リネンのワンピースなどコーデを詳しく見る【リネンのワンピース】バルバのワンピースきれい色リネンワンピ×かごバッグ×黒バレエシューズハッとするようなブラッドオレンジのリネン素材ワンピースは、それだけでもう涼やかで華やか。足もとはブラックのレギンスとバレエシューズ、ベレー帽でクラシカルに。軽やかさはワンピとラウンドバッグだけでじゅうぶん!ワンピース¥30000/デミルクス ビームス 新宿(バルバ) ジャケット¥14000/CIMARRON プロジェクトオフィス(シマロン ジーンズ) パンツ¥2990/セブンデイズサンデイ マークイズみなとみらい 靴¥22000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ) バッグ¥6000/ルクールブラン 帽子¥5200/CA4LA ショールーム イヤリング¥2680/サンポークリエイト(アネモネ) →リネンのワンピースなどコーデを詳しく見る【リネンのワンピース】ノーク バイ ザ ラインのワンピース女性らしいシルエットとリネンの風合い。洗練感高まる服が似合う自分に♡大人の女性にふさわしいおしゃれを模索していた上半期。今ならワンピース一枚でもおしゃれを成立させられる、素敵に進化した自分をアピールできる♡ ボリュームのある七分袖とキュッと絞られたウエストの対比が美しいマキシ丈。パキっと鮮やかな色に季節感を意識したリネン混の風合い。洗練感高まる服が選べるようになって、下半期のおしゃれは格段にセンスアップできそう。マリーゴールド色と相性のいいグリーンのストラップ靴やビッグモチーフのロングネックレスでメリハリを足したのも、さすがでしょ?ワンピース¥19000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) バッグ¥2990/アメリカンホリック(アメリカンホリック) ネックレス¥3000/ジーナシス →リネンのワンピースなどコーデを詳しく見る【リネンのワンピース】シェアパークのワンピースクールなシルバーが引き立つ【きれい色リネン×イヤカフ】素朴なリネン地にはクールなシルバーを。イヤカフのミニマムさがロング丈と相性よし。リゾート気分なワンピースをイヤカフでシティ仕様にチェンジ!ワンピース¥12000/オンワード樫山(シェアパーク) 靴¥18000/フリークス ストア渋谷(ドクターマーチン) バッグ¥34000/MIDWEST イヤカフ(大)¥16000・(小)¥9000/UTS PR(ルフェール) ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン) →リネンのワンピースなどコーデを詳しく見る▲【2019夏のリネン服】特集トップに戻る 【リネン服】シャツ・ブラウス編【リネンのシャツ・ブラウス】GUのシャツ誰でもこなれるリネンの開衿シャツ初めてのリネンシャツなら、考えなくてもサマになる一枚を! インナーとの合わせを気にせず、着るだけでキマる、なんて最高じゃない?シャツ¥1490/GU スカート¥9000/ユー バイ スピック&スパン ルミネ新宿店 バッグ¥115000/TOMORROWLAND(WANDLER) ピアス¥1925/サードオフィス(ROOM) バングル¥21800/ガス ビジュー 青山 →リネンのシャツなどコーデを詳しく見る【リネンのシャツ・ブラウス】アース ミュージック&エコロジーのシャツトレンドカラーもリネンなら照れずに着られる媚びない強い色は、シャキッと着るよりリネンの抜け感くらいがちょうどいい。着こなせるか自信が持てなかった色も、リネンのやわらかさが自然となじませてくれる。シャツ¥2990/アース ミュージック&エコロジー 東京ソラマチ ピアス¥2900/AKTE →リネンのシャツなどコーデを詳しく見る【リネンのシャツ・ブラウス】メヤメのブラウス明るいオレンジの軽やかなリネン。女っぽいフォルムにカジュアルな素材が理想的! ポイントは、胸もとのあきと袖のふくらみ。透けるわけでもなく、揺れるわけでもなく、“フォルムが女っぽい”のがこの夏の気分。デニムに合わせるだけで、ほら♡ブラウス¥26000/ソークロニクル(メヤメ) パンツ¥29000/グッドスタンディング(リノ) バッグ¥34000/アルアバイル(アラナス) イヤリング¥7500/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店 バングル¥13000/グラストンベリーショールーム(スチュードベーカーメタルズ) タンクトップ/スタイリスト私物 →リネンのシャツなどコーデを詳しく見る【リネンのシャツ・ブラウス】ラコレのリネン混素材のシャツ◆今っぽいボクシーなシルエットで◆スキッパータイプなら脱コンサバ◆夏服を格上げするこなれたカーキ色パーカよりもきれいでカーデより今っぽく。UVカット加工が施してあるので、紫外線対策もバッチリ。こなれたカーキ色が夏服の高見えに効果的かつ、リネン混素材で涼やかに♡今回はこの万能シャツを、休日コーデに投入してみます!¥4900/ラコレ【リネンシャツのコーデ】お仕事コーデなら、テーパードパンツでキリッときれいめ印象が平日にもフィット。今日は紫外線を気にせず仕事に集中! テーパードパンツを合わせた王道お仕事スタイル。シンプルコーデだからこそ、シャツのカラーやディテールのしゃれ感が引き立ってくる。シャツ¥4900/ラコレ パンツ¥21000/アンシェヌマン(アナカ ノワー) 靴¥31000/ファビオ ルスコーニ 六本木店 バッグ¥19000/ロードス(トーヴ) イヤリング¥2600/ゴールディ スカーフ¥9500/メゾン イエナ(アルコラージュ) 時計¥21000/オ・ビジュー(ロゼモン)【リネンシャツの休日コーデ1】思い切ってショーパンと☆おひさまの下はしゃぐ日にシャツ。意外性と大人っぽさで差をつけて! きれいめシャツだから、ボトムは思いきってアクティブなショーパンも合わせられる。インに着たタンクトップも、カジュアル見えに一役。シャツ¥4900/ラコレ 中に着たタンクトップ¥1990/アース ミュージック&エコロジー トーキョー 東京ソラマチ パンツ¥2990/クラフト スタンダード ブティック プレスルーム 靴¥1990/GU バッグ¥6200/シップス 渋谷店(ノース フェイス) 帽子¥1900/ラコレ ネックレス¥14000/メゾンソワリー堀江店(ソワリー)【リネンシャツの休日コーデ2】レースの透け感で一目置かれるおしゃれを日焼けも気になるけどおしゃれも、をデザイン性の高さでクリア♡ レースのシアー感を生かしたレイヤードスタイルで、一目置かれる旬のコーデに。シャツ¥4900/ラコレ 中に着たワンピース¥23000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 パンツ¥18000/ボウルズ(ハイク) 靴¥44000/イエナ ラ ブークル(ネブローニ) バッグ¥15000/ロードス(トーヴ) イヤリング¥3800/サンポークリエイト(mimi33) ネックレス¥27000/サザビーリーグ(アルティーダ ウード) →リネンのシャツなどコーデを詳しく見る▲【2019夏のリネン服】特集トップに戻る 【リネン服】パンツ編【リネンのパンツ】カレンテージのパンツ白Tにリネンのパンツ、だけでとびきりのドレスアップを♡ タイトに結んだ髪やサスペンダー。マニッシュなコーデに赤リップをぽんときかせて。Tシャツ¥14000/デミルクス ビームス 新宿(エイトン) パンツ¥32000/ブランドニュース(カレンテージ) 靴¥10800/フリークス ストア渋谷(エマーソン パーク サンダル) バッグ¥18000/アルファ PR(アエタ) ピアス¥6000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ) サスペンダー¥3200/メイデン・カンパニー(サスペンダー ファクトリー) →リネンのパンツなどコーデを詳しく見る【リネンのパンツ】イネドのパンツ照れない、膨張見えしない。万能オールホワイトリネンが生み出す少しの抜け感のおかげで、白が“肌になじむ落ち着く白”に。オールホワイトでも主張が強すぎず、足首を見せればさらにスッキリ。トップス¥8900/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) パンツ¥18000/イネド 靴¥24000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥4990/AG バイ アクアガール スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) イヤリング¥1500・リング(右手)¥1300・(左手)¥1200/お世話や →リネンのパンツなどコーデを詳しく見る【リネンのパンツ】ザ シンゾーンのパンツセルフメイクなセットアップスーツ風にシャツ×テーパードのお堅く見えがちなコンビも、リネン合わせのネイビーで“きれいなカジュアル”へシフトチェンジが簡単。同色でウエスト位置を曖昧に&ショルダーストラップで縦ラインを強調!シャツ¥7500/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ナノ・ユニバース) パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥28000/グッドスタンディング(リノ) バッグ¥17000/アルファ PR(アエタ) 帽子¥11000/CA4LA ショールーム(カシラ) ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ) バングル¥8600/アンティット(フィリップ オーディベール) →リネンのパンツなどコーデを詳しく見る【リネンのパンツ】MACPHEEのパンツ【リネンのテーパードパンツ】シュッとしたライン、リネンの抜け感。軽やかさはこの夏の最大の味方ワイドシルエットで体のラインを“隠す”のではなく、シュッとしたラインで体のラインをきれいに“見せる”ことに注力したほうが、断然華奢に、そしてこなれて見える。軽やかさとクリーンさを両方くれるリネンに頼ればきちんと感と抜け感だって。¥16000/TOMORROWLAND(MACPHEE) →リネンのパンツなどコーデを詳しく見る▲【2019夏のリネン服】特集トップに戻る 【リネン服】セットアップ編【リネンのセットアップ】ナノ・ユニバースのセットアップ【リネンのセットアップコーデ】きれい色リネンワンピ見えセットアップカラーリネンの季節感あふれる華やかさは、まさに今手にしたい要素。絶妙なネックラインとスカートのデザイン性でほかと差をつけて。鎖骨がのぞくVネックにハイウエストスカート。体がきれいに見えるうえに、さりげないフェミニンが詰まってる♡ブラウス¥7000・スカート¥8500/ナノ・ユニバース カスタマーサービス 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥34000/ビショップ(ミミ) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) ピアス¥1833/サードオフィス(ROOM) 時計¥16000/エイチエムエスウォッチストア 表参道(マム) →リネンのセットアップなどコーデを詳しく見る【リネンのセットアップコーデ】ボトム:ラップスカートとベージュのポロでクリーンな女子を気取ってスカートのラップデザインが、コーデを無難にせず、さりげないおしゃれ感を演出。スカート¥8500/ナノ・ユニバース カスタマーサービス ニット¥29000/メイデン・カンパニー(アンデルセン-アンデルセン) ジャケット¥19000/UTS PR(ハチイチブランカ) 靴¥12945/プールサイド マロニエゲート銀座2店 バッグ¥5900/エフデ ピアス¥2056/サードオフィス(ROOM) スカーフ¥11000/フラッパーズ(マニプリ) →リネンのセットアップなどコーデを詳しく見る【リネンのセットアップコーデ】トップス:目を引くイエローカラーは、インナーとしてもカジュアルなオールインワンのインナーとして着てみる。Tシャツよりも品よく決まるのがうれしい。ブラウス¥7000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス オールインワン¥22000/ザ テント代官山店(マルシャル・テル) バッグ¥15000/ロードス(イコット) イヤリング¥2680/サンポークリエイト(アネモネ) 時計¥31000/シチズン(マーガレット・ハウエル アイデア) →リネンのセットアップなどコーデを詳しく見る▲【2019夏のリネン服】特集トップに戻る 夏のワンピースやパンツコーデ関連特集もチェック♪20代レディースの夏ファッション特集《2019年版》 - ワンピースやTシャツなどおすすめコーデは?ユニクロ・GUなど! プチプラワンピース特集《2019春夏》- 4ケタプライスで探すトレンドワンピ夏のきれいめワンピース特集《2019年版》- ティアードやカシュクールタイプなど20代におすすめのワンピースバミューダパンツ特集《2019年夏》- バミューダパンツのおすすめコーデや選び方まとめ夏のデニムコーデ特集《2019年版》 - 20代におすすめのブランドやコーディネートは?
関連キーワード

RECOMMEND