忙しい朝にもオススメ!5分で出来る簡単ヘアアレンジ

Marisol ONLINE
写真がブレていてすみません>_<
写真がブレていてすみません>_<
顔周りのおくれ毛を残して、上から編み込み
襟足まで編んだらゴムで留めます
この時、毛先まで髪を通さずに輪っかにしてシニヨン風にゴム留め…

ゴムの所を隠すようにバレッタを留めて完成

編み込んだ毛は所々引き出してルーズにすると
こなれ感が出ますね

後ろ姿の写真がブレていますが…

忙しい朝にもオススメの簡単ヘアアレンジでした(^-^)
前から見るとこんな感じです
前から見るとこんな感じです
関連記事
  • こんばんは 今週末は気温が上昇し、まさに夏ですね☀︎ アイスが進みます 笑 今日はヘアについて書かせてください✒︎ バイラのヘア企画で髪をバッサリ切り ショートを楽しんだので今はまた伸ばしています。 私は伸びるのが遅いのが悩みなのですが 毛先の痛んでる部分を切った方が 伸びが早いと昔、聞いたことがあり 毛先を少し切り✂︎カラーをしてきました! 仕上げにウェーブに巻いてもらいました! 普段自分でできないような髪型にしてもらえると 気分も上がりますよね* N.のスタイリング剤でまとめてもらったのですが、美容室のレセプションで働いている バイラーズのともみさんからも良いよと 教えてもらって普段私も使っています!ウエットにまとまる感じも香りもとてもいいです。 ポンプも一緒に購入して使っています ootdベージュ×デニム とろみのあるジャケットは 通気性もよく使いやすいです! jacket/D_HOLIC tops/UNIQLO denim/GAP pumps/ZARA bag/ZARAInstagramもよかったら♡スーパーバイラーズ 山田裕美子のブログ
  • 昼間はぐんと気温が高くなってきたけど、真夏のスタイルにはまだ早い。そろそろ紫外線も気になるし、もうすぐやってくる梅雨はジメジメ…。気温25℃前後の今って、一年でいちばん洋服選びに迷う季節かも! そこで、5月〜6月を爽やかかつ快適に乗り切るコーディネートを@BAILAの人気記事からピックアップ。明日の服選びにぜひ役立てて! ※記事発信時点での情報のため、アイテムの販売が終了している場合があります。<目次> 1.夏日も梅雨も! さらっと快適シャツ&ブラウスコーデ 2.一枚でおしゃれが完成!コーデに迷わない今どきワンピコーデ 3.オフィス対応、涼やかTシャツ&カットソーコーデ 4.好感度満点! 薄手ニット&淡色カーデコーデ1.夏日も梅雨も! さらっと快適シャツ&ブラウスコーデややゆるめシルエットのシャツは風通しも良くって、気温が高めのこの時期を爽やかに乗り切る最適アイテム。ストライプ柄やVネックで上半身がスッキリ見えるのも嬉しい! ミントグリーンのワイドパンツと合わせてとことん爽やかに。シャツ¥16000/イネド →元記事はこちらから>今季注目のサファリシャツなら今っぽさが簡単に。クール度高めのブラックならカーキより本気のサファリにならず、オフィスやお出かけ先にもすんなりなじむ。昼間気温が高くなったらロールアップして肌感を見せて。シャツ¥14000/エメル リファインズ ルミネ新宿店(エメル リファインズ) →元記事はこちらから>ほんのり透け感のあるブラウスは見た目も着心地も涼しく、気温25℃前後の今に最適なアイテム。肌になじむアイボリーが上品さをキープするのでオフィスにもぜひ。ブラウス(キャミソールつき)¥6900(アンデミュウ)/アダストリア →元記事はこちらから>シャリ感のあるリネン素材がとことん爽やかで仕事もお出かけもご機嫌に過ごせそう。さらっと感をキープできるから、午後から雨なんて予報の日にもおすすめ。Vラインのジャンスカでエッジの効いたモノトーンコーデに。シャツ¥9167/バナナ・リパブリック →元記事はこちらから>透け感や袖にボリュームを持たせたネイビーブラウスは即座に女らしさをプラスしてくれる るアイテム。素肌に張り付かない素材感は、今から夏まで長く愛用できる。ブラウス¥36000/ストラスブルゴ(アリクアム) →元記事はこちらから>とろみ素材も深みのあるレンガ色も今季らしさダントツ! 全体にゆったりとしたシルエットは体の華奢見せ効果もあって、30代女子の強い味方に。デニムやスニーカーを合わせたリラックスコーデも上品な仕上がり。ブラウス¥37000/ロンハーマン(エリン×ロンハーマン) →元記事はこちらから>細かいストライプが涼しげな印象。リラックス感のあるプルオーバータイプだから気温25℃の休日コーデに最適。ドット柄のスカーフやピンクのバッグを合わせてキャッチーな着こなしに。ブラウス¥19000/サード マガジン →元記事はこちらから>太めのストライプでメリハリがついて知的かつすっきりと。手首や足首を見せてこれ感と涼しげな印象をプラス。肩にかけたカーディガンは夕方気温が下がったら袖を通しても。シャツ¥16000/イネド →元記事はこちらから>ネイビーとイエローのチェック柄が目を引く一枚。ごく薄手の素材は、これからくるムシムシする季節も、気温が高めの日も汗をかかずに過ごせそう。ホワイトデニムでクリーンな印象をミックスして。ブラウス(インナーキャミソールつき)¥28000/アルアバイル (バウム・ウンド・ヘルガーデン) →元記事はこちらから>風通しのいいビッグシャツはまさにこの時季の味方。丈が長いから裾をアウトして着こなすのが正解。ボトムはもちろんスキニーデニムで好バランスに。シャツが腰回りをすっぽり隠してくれるので体型カバーもお手のもの。シャツ¥26000/エッセン.ロートレアモン →元記事はこちらから>シンプルな表情のなかに、スタンドカラーやボリュームのある袖で甘さも表現してくれるホワイトブラウス。オールホワイトで着こなせば梅雨の時期も気分が晴れやかに! ブラウス¥18000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) →元記事はこちらから>涼しげコーデの定番、ストライプシャツは丸首のバンドカラーを選んで新鮮に。トップスに個性がある分、ボトムはプレーンな白パンツを。シャツ¥13000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ) →元記事はこちらから>2.一枚でおしゃれが完成!コーデに迷わない今どきワンピコーデどこかレトロな雰囲気のVネックや小花柄がトレンド感高め。広めに開いた首元やふわっと広がる裾ラインで気温が高い日も涼しさをキープ。ワンピース¥29000/ドロシーズ →元記事はこちらから>大人の可愛げを引き出してくれるドット柄ワンピースはふんわり袖や自然に広がるAラインシルエットで気温が低めの日も高めの日も着心地満点。黒の面積が多い分、白のハットやシルバーのローファーで軽さを出して見た目も涼しく。ワンピース¥20000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) →元記事はこちらから>ヴィンテージライクなポルカドットワンピース。開襟デザインは今っぽさの決め手にも暑さ回避にもぴったり。赤のローファーを合わせたマリンな組み合わせで夏を先取り。ワンピース¥40000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) →元記事はこちらから>大人が自分に引き寄せやすいネイビーベースのシックな花柄なら、気負わずまとえるはず。さらっとした素材感の一枚は梅雨の時期にも心地よい。ワンピース¥27000/メゾンイエナ(ルージュ) →元記事はこちらから>心弾むチェック柄を体がきれいに見えるカシュクールで大人顔に。リラックスムード漂うワンピースは休日のお出かけに最適。ワンピース¥29000/スタイリング/ 新宿ルミネ1店(ケイ シラハタ) →元記事はこちらから>微光沢のこっくりキャメルにボリューム感が大人びたフレアワンピース。パンプスやストラップサンダルを合わせればオフィスにも対応。ウエストリボン付きでメリハリも出しやすい。ワンピース¥24000/メゾン スペシャル →元記事はこちらから>しゃれ感もトレンド感も盛れるブラウンでTシャツデザインも大人っぽく。肌ざわりのいいカットソー素材だから今すぐはもちろん、夏の汗をかく時季も楽しめる。ワンピース¥18000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ)→元記事はこちらから>サイドスリットワンピは最高に今っぽいアイテム。体につかず離れずのゆったりシルエットだから気温が上がっても快適な着心地。5月はまず、デニムを合わせてレイヤードを楽しんで。ワンピース(ベルトつき)¥27000/ebure →元記事はこちらから>3.オフィス対応、涼やかTシャツ&カットソーコーデ気温がぐんぐん上昇しそう。そんな日に頼れるのはやっぱりTシャツ。きちんと感のあるネイビーならオフィスにも対応。こっくりとしたイエローのボリュームスカートを合わせて華やぎも。Tシャツ¥7000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル  →元記事はこちらから>オフィスでも休日でもあれこれ着回しの効く淡色セットアップが人気。薄手のカットソー素材&長袖は、昼間は暑くても夕方以降気温が下がる5月〜6月に最適。カットソー¥14000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ウィム ガゼット) →元記事はこちらから>クリーンな白Tシャツは見た目も着心地も涼しげでアイテム選びに迷った日の強い味方。ミントグリーンやくすみピンクなど旬のさし色をして今っぽく着こなして。Tシャツ¥5900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) →元記事はこちらから>長めの袖丈は二の腕カバーに最適。透明感のあるきれいなラベンダースカートでときめきを。水色のスカーフやグレーのバッグ、小物も淡色でまとめて全身の印象を軽く。Tシャツ¥15000/マッキントッシュ 青山店(マッキントッシュ) →元記事はこちらから>マリンな風を運ぶボーダートップスは白の面積が多めのデザインで涼しげな印象に。手首が出る7分袖や、バックのVあきでヘルシーな肌見せができる! トップス¥13000/ジャーナル スタンダード  レリューム ルミネ新宿店(メゾン シャントワーズ) →元記事はこちらから>4.好感度満点! 薄手ニット&淡色カーデコーデカーディガンはボタンを留めてトップスづかいするのが今っぽい。ユニクロから登場のUVカットカーディガンは、なんと紫外線を90%カット。キャッチーでイエローは可愛げを出しつつUVケアできるなんてうれしすぎる! カーディガン¥1990/ユニクロ →元記事はこちらから>トップスと合わせずボタンを全部とめて一枚で着るカーディガンがトレンド。重ねていない分、暑さを感じないから気温25℃のこの時期に最適。カーディガン¥13000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) →元記事はこちらから>甘さも大人っぽさも透明感も出してくれるラベンダーは30代女子がぜひ取り入れるべき色。細かいリブ仕様で体にきれいにフィットするから、ボタンを留めてトップスづかいしてこそその実力を発揮! カーディガン¥15000/アルアバイル →元記事はこちらから>程よく薄手でさらっとした着心地の春ニットを一枚で着たら、暑すぎず寒すぎず、この時季にちょうどいい。襟つきニットも見逃せない流行だから、最旬のミントで楽しんで。ニット¥22000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク)→元記事はこちらから>広すぎないVネックだから一枚でも簡単に着こなせる。表情まで柔らかく見せるイエローベージュ。透けるレーススカート合わせも涼しげ見せに一役。カーディガン¥21000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) →元記事はこちらから>
  • 直行便が復活して行きやすくなったオーストリア。芸術の都、ウィーン。 ハイシーズンになる前をねらって行ってきました。ローマ帝国の皇帝として中欧を統治したハプスブルグ家の帝都ウィーン。 建築、音楽、絵画など豪華絢爛で、まさに芸術の都でした。 ハプスブルグ家が集めた名画を所蔵している美術史美術館。 名画のコレクションも圧巻ですが、こんな豪華絢爛な美術館は初めてです。 クリムトが描いた装飾壁画があり、建物自体が美術品。全方位、とこから観ても絵になります。世界一美しいカフェと言われている美術史美術館内のカフェで、チョコケーキのザッハトルテと紅茶をいただきました。 写真撮る前に食べてしまった。 ハプスブルグ家の栄華に、口をあんぐり空けてどこみてんだ私。 ルーベンスやブリューゲル作品の充実ぶりは世界随一だそう。 じっくり鑑賞したい方はたっぷり時間をとることをおすすめします。 変わりまして、一番行きたかったハプスブルグ家の夏の離宮、シェーンブルン宮殿。 雨降って、題名「シェーンブルンの雨傘」 写真が暗いですねー。 宮殿40部屋を内覧してきました。 これまた豪華絢爛だし、こだわりぬいた一部屋一部屋テーマがあり、全く違っていて、圧巻でした。 写真が撮れないのでご紹介出来なくて残念です。 庶民の私は、掃除が大変そうとか維持費がかかるよねぇーとか余計なことを考えてしまいます。 スケールが大きいものを観ると、自分の小ささを発見するのが楽しい変態です。 ウィーンといえは、音楽の都でもあるので、カジュアルファッションでOKなクラッシックコンサートにも行ってきました。 来てすぐだったので、移動の疲れと時差と音楽のアルファー波で、ほぼ意識がなかったです。 なので、写真なし。 だいたいいつも、2泊目から時差ボケが解消出来るかなー。 ウィーン王室御用達のお菓子のお店「gerstner」 1階がお菓子の販売。2階が軽食フロアー。3階がカフェになっています。 時間がなくて、お茶は出来ませんでしたが、とても優雅なティータイムになると思います。 ショッピングバックが可愛くて買ってしまいました。 早速、大きいほうを帰国の機内持ち込みバックに使用。 この季節、ホワイトアスパラが美味しかったです。 地元の人が通うお店だけあって、美味しさに大満足でした。 ウィーンっこも戸惑う5月とは思えない最高気温8℃。 とても寒いウィーンでしたが、行きたかったところに行け、体験出来て大満足です。 旅はまだまだ、次の国へと続きます。 インスタはこちらから華組 川﨑淳子ブログ
  • こんにちは小野アムスデン道子です。東京からさくっと行ける近場で、美&元気を回復できるリゾートとして施設の充実ぶりに改めて驚いた穴場のホテルをご紹介します。東京都心から約1時間で行ける「ヒルトン小田原リゾート&スパ」がそれ。小田原駅は、箱根登山鉄道への乗換え駅としても知られていますが、新幹線で行けば品川や東京から30分ほど、小田急線だとロマンスカーで70分ほど、快速でも約90〜100分と本当に手軽に行けます。ホテルへは、小田原駅と根府川駅から無料シャトルバスが運行しています。相模湾を眺めながら、箱根山を背にして高台に立つホテルへ。全室オーシャンビューの163室に5万3,000坪の敷地と何とも贅沢な造り。ロビーも吹き抜けでゆとりがあります。最近、都市型のホテルが多い中、これだけ広々したロビーのホテルは珍しい。元はバブルの終わり、1993年に着工したリゾート施設なので、贅沢な造りになっています。チェックインは15時なので、まずは評判のランチブッフェで先に腹ごしらえ。サラダ、メイン、デザートと品数も豊富ですが、何といっても昼から小田原自慢の魚介や目の前でカットしてくれるローストビーフが豪華です。自分で魚介丼やローストビーフ丼など作って楽しむことも。平日は大人3,500円、子供料金1,750円(税・サ別)、未就学児は無料とあって、ランチの場所としても人気(魚介の海鮮丼は5月末までのメニュー。季節によってテーマを変えたメニューを提供)。お腹を満たしたら、とにかく広くていろいろ施設があるので、まずは全体をチェック。大きく客室の入る本館棟とプールやバーデに温泉などがあるバーデ棟分かれます。バーデ棟は吹き抜けがこれまたバブルな造り。そして、屋内と屋外の2種類のテニスコート、屋内にはフィットネスセンターやゴルフ練習場。天然芝パターゴルフコース、ドッグランにチャペルと外にも様々な設備が揃います。さらに驚かされるのは、本館棟の地下1階にあるアミューズメントセンターで、広々したキッズルームやゲームコーナー、カラオケ、そしてなんと10レーンのボウリング場が!雨の日でもキッズ連れでも困りません。次ページに続きます。さて、チェックインをしてほっと一息。相模湾を一望する絶景に癒されます。平成は、バブルのまっただ中に始まったわけですが、その後に浮き沈みあったとはいえ、こんな眺めの施設が造れていい時代だったなあとしみじみ。スパの前にバーデと温泉でまずはリラックス。バーデゾーンには、ジャグジーのように泡が出ているプールや噴水プールなどのレジャープールに25mスイミングプール、サウナもあって、水着を着て楽しむ施設。そのまま外に繋がっているプールもあって、温水だから年中OK。海も見えて楽しい。ちょっとひと泳ぎしてから、温泉に。塩化物泉の天然温泉で湯冷めしにくく保湿にもいいので、スパ前が効果的。内風呂、露天風呂、サウナに水風呂が揃い、ここからも海が眺められて気持ちいい温泉です。身体が温まったところで「スパ清凪〜SEINA〜」へ。スパルームからも海が!つやぴかお肌のセラピスト鈴木さやかさんが、コンサルテーションを元にベースのホホバオイルに加えるエッセンシャルオイル選びをしてくれました。香りも試しながら、私はデトックスにジュニパーベリー、気分アップにグレープフルーツ、血行促進にローズマリーといずれも気分がすっきり、むくみにもよいエッセンシャルオイルです。私は、5・6月限定のリフレッシュアロマボディ&フェイシャル(100分、20,000万円税・サ)をチョイス。オイルを使って、ボディとフェイスをオールハンドでお手入れ。フェイスのタッピングやデコルテのマッサージの気持ちよさは格別でした。最後に、ネロリのエッセンシャルオイルを作る時にできるフローラルウォーターで軽く10分フェイスのマスクをした後、クリームを塗ってお仕上げしてくれます。ボディとフェイスをそれぞれ分けてや、スクラブ、ネイルまで、メニューも充実していて、リゾートでじっくり美を磨けそう。今回は、近場で温泉・バーデ・スパ三昧がテーマの旅だったのですが、また施設をいろいろ使いこなしに来たいと思いました。ヒルトン小田原リゾート&スパ  https://www.hiltonodawara.jp
  • せっかくヘアアレしたのに、雨で崩れてしまっては残念。サロンスタッフが実践している、崩れないまとめ髪や湿気で広がっても可愛いアレンジを紹介! ■アシスタント 平野優花さん発 梅雨のお悩み 太くて多くてクセが強い。広がりやすく、乾燥しがちな髪をラフなシニヨンで柔らかな印象にシフト。- HOW TO -毛先を中心にミルクをなじませハチ上を最後の1周はゴムを通しきらずにハーフアップ。下ろしている毛束をランダムに結び目に巻きつけて。毛先は適当に遊ばせるのがおしゃ。前髪の上側1/3をすくってセンターで分け、両サイドに持ってきてピンで留める。他の画像を見る撮影/嶌原祐矢(モデル) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/George スタイリスト/金山礼子 取材・原文/石橋里奈 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル
  • こんにちは、桃子です 最近髪の毛のキシキシが気になって気になって、、、 10cm切ってきました!! 小さい時からずーっとロング。 鎖骨より下に髪の毛がないのはあまり好きではないので、鎖骨あたりにしていただきました✂︎❤︎ まだ見慣れない(笑) どうですかね、似合ってるといいなぁ 私がいつも美容師さんに伝えることは、、、 ①表面をすかない ②後ろから見てV字になるように ③髪の毛を前に持ってきてぱっつんは✖︎ この3つは伝えているなぁ。 何か1つが違っていると、納得いかないんです(笑) 髪の毛は切ったら長くは出来ないからね! 伝えたいことは早く伝えるべき! まつ毛パーマが上出来 ヘアカラーはいつもブルーベースで暗めに。 外に出て少し色がわかるくらいが好きなんです◎ 内側しかブリーチしていないのでブラック寄りになりますが、出来る限りブルーにしてもらいました ありがとうございます! 皆さんも夏前にイメチェンしてみては?? ミディアムヘアのおすすめヘアアレンジとか教えていただけたら嬉しいです 最後まで読んでくださり、ありがとうございます✂︎✂︎✂︎InstagramTwitterカワイイ選抜 No.75 能城桃子のブログ
  • ボリュームが心配になるストレートタッチのボブも一技かければ大人仕様に!【FRONT】【SIDE】 【BACK】ワンレングスベースのボブに動きと抜け感を出しやすくするためのレイヤーを施している。前髪は子供っぽくなりすぎず、大人の可愛さを引き出す眉ギリギリラインに設定を。 ストレートタッチのボブも人気上昇中だが、大人がそのまま取り入れると逆にペッタリ……。そこでストレートアイロンで表面の髪のみまっすぐ伸ばし、内側は弱いクセをそのまま残してふんわりスタイルに。毛先は同じくストレートアイロンで外ハネ&内巻きにランダムに散らして。DATA量・やや多太さ・普硬さ・普クセ・弱担当サロン「LANVERY」撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田メグミ モデル/高垣麗子 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶
  • 5月22日に発売された『まいんち ゆずマン』で、子どもの頃からの夢、漫画家デビューを果たすことができた北川悠仁さん。もちろん本業のミュージシャンとしても、その活躍は絶好調だ。ステージで歌ったり、曲を作ったり、マンガのストーリーを考えたり、絵を描いたり。ただでさえ忙しい彼が、いったいどうやって体調管理しているのだろう?(コミックス『まいんち ゆずマン』について語った、インタビュー前編はコチラ)撮影/萩庭桂太 ヘア&メイク/藤尾明日香(kichi) スタイリスト/三島和也(Tatanca) 取材・文/岡本麻佑北川悠仁さんProfileきたがわ・ゆうじん●1977年1月14日、神奈川県生まれ。1996年、岩沢厚治と「ゆず」を結成。横浜・伊勢佐木町で路上ライブを行うと評判を呼び、1997年1stミニアルバム『ゆずの素』をリリース。98年6月に発表した1stシングル『夏色』で人気に火がつき、7月リリースのアルバム『ゆず一家』で全国区のアーティストに。以降、『栄光の架橋』『虹』『雨のち晴レルヤ』などヒット曲を多数世に送り出す。5月11日名古屋ドームから始まった「ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ~拍手喝祭~」は7月7日福岡ヤフオク!ドームまで計8本を予定している。http://yuzu-official.com/肥満児からアスリートへ?!デビュー22年目・42歳の今も、すっきり爽やか、カッコイイ北川悠仁さん。その北川さんが子どもの頃、ぽっちゃり太めの体型だったというのは、知る人ぞ知るゆず伝説。「めっちゃ肥満児でした、はい(笑)」いったいどうやってそのスリムな体型を維持しているんですか?「えっと、30歳のときにランニングを始めて、今も毎日、地方に行ったときも走っています。ふだんは30分から40分、長いと1時間とか2時間とか。フルマラソンもホノルルで何回か走っています。ヴィジュアルのため、というわけじゃなくて、パフォーマンスのためですね。ライブを観に来てくれた人たちに、以前と変わらないクオリティのものをお見せしたいので。何かしていかないと、悲しいかな体は変わっていくので、30代ずっと続けて来ました。40歳を超えた今、その効果を実感しています」コンサートの前には、特別なトレーニングを?「しますね、3時間走とか。あと、食事制限もします。カーボローディングといって、コンサート前にはご飯やパン、麺類など炭水化物の摂取を極力減らしておいて、直前にがーっと炭水化物を食べるんです。するとコンサートが始まって1時間半くらい経つ頃、ふつうだったら体力が落ちてキツくなるタイミングで、炭水化物がわーっとエネルギーに変わってくれるから、急にひとりだけ元気になる(笑)。マラソン選手とかクロスカントリーの選手がよくやっている方法です。30代くらいからトレーナーさんについてもらって始めました」ひょっとして、相棒の岩沢厚治さんも一緒に?「いえいえ、彼はしません! 何もしてないから、前よりも疲れやすいって言ってますよ。でも大丈夫、僕がついてますから(笑)」それにしても、まるでアスリートみたいな体調管理。それって曲を作ったりマンガを描いたり、デスクワークにも効きますか?「あ、それにはチョコレートです。打ち合わせのとき、みんなでしゃべってるとだんだん血糖値が下がってくるので、チョコレートをよく食べます。漫画を描いてるときにも、食べてました」理論に裏付けられた、緻密な身体作り。なかなかストイックな毎日、ですね?「でも、“一生、鶏のささみしか食べない” みたいな、そういうのはつまらない気がして。“コンサートが終わったらこれを食べよう”  とか、“海外旅行中はなんでもOKにしよう” とか。自分を甘やかすときはあります。ふだん、揚げ物は食べないようにしているので、そういうときは急に唐揚げとか食べたくなりますね(笑)」どんな質問にもにこやかに、誠実に、気さくに答えてくれる北川さん。調子に乗って、プライベートに関する質問も投げかけてみた。結婚したり父親になったり、家族を得たことで、人生はどんなふうに変わりましたか?「強さと弱さを、同時に手に入れた感じ、ですね。以前は僕 “ステージの上で死ねたら本望だ” なんて言っていたけれど、今もそういう気持ちはありつつ、“生きて帰らないとな” と思っています。以前聞いた話ですが、宇宙飛行士を選ぶときも、そうらしいですよ。同じ能力のある候補者がふたりいるとしたら、家族があるかないかが判断の基準になる。生き死にのギリギリのところで、家族がいる人は、命綱を放さない。なんとしても生きようと思うらしいです。だから、強さと弱さ、両方なんですね」上の娘さんは、ちょうどゆずマンと同じ5歳になったばかり。ゆずマンの同級生であるももちゃんやピーマンさんは、幼いながらも中身はきっちりと女子で、そこに思わず共感してしまうけど、それは日頃の観察があればこそ?「うちにはふたり女の子がいるんですけど、同じ家庭で同じ両親から生まれているのに、こうも違うのかと思うくらい、違いますね!人は環境によって生き方が変わると思うけど、それと同じくらい個性というものはそれぞれに与えられているんだな、と思います。だからこそ、その個性を尊重したい。子どもを通してそれがわかったので、今は出会う人みんなの個性が面白いなと思うし、尊重したいと思うようになりました」いつかゆずマンがアニメーションになって、そのテーマソングもゆずが歌ったら、とっても素敵なゆず祭。楽しみにしてます!↓おまけ。「ジャンプしてもらえますか?」と、これまた調子に乗ったカメラマンからの無茶ぶりにも快く応じてくれた北川さん。ステージでのパフォーマンス同様、見事な跳躍力でした。『まいんち ゆずマン』©Yujin/集英社ヒーローを目指す5歳児「ゆずマン」と、彼を取り巻く家族や友達とのほのぼのとした日常を描いた4コマ漫画。毎日、読み物が更新される集英社ノンフィクション編集部のWEBサイト『よみタイ』での連載に加え、描き下ろしの長編やインタビュー、尾田栄一郎先生や秋本治先生などレジェンド漫画家との対談も収録した充実の一冊。(1204円+税/集英社)
関連キーワード

RECOMMEND