明るめカラー&動きつけて、春ヘアに

Marisol ONLINE
10年以上ショートですが、珍しく伸ばしたい気分です。
とは言え、切りたい!と衝動的に思う事も
そんな衝動に負けないように、カラーとパーマで気分を紛らわしています。

今回はさらに明るめカラー(いつもアッシュ系)&パーマを
毎回メイクさんに驚かれる程、毛量が多いので、パーマは要注意
そして、主張が激しい顔なので、軽く過ぎるのも落ち着かない

あれやこれや注文の多い私のベストバランスをいつも作ってくれる美容師さん、
本当に感謝です。
なんもしないとこんな感じです。
耳にかけると、まだまだショート(涙)
頑張って伸ばします!
関連記事
  • LEE読者の間で、ボブと2大人気を誇るショートヘア。 凛とした潔い雰囲気と、女性らしさが同居するこのレングスは、おしゃれも暮らしも、好きなものを厳選するLEE世代にこそ似合うスタイルなのかもしれません。 本日は、自分のスタイルを確立するLEE100人隊のメンバー7人の新ショートヘアをまとめました。 ボブ寄りの長さから、ハンサムショートまで……さまざまなショートをご覧あれ! No. 008 なもさん「久しぶりに美容室で髪の毛をカット。今回も、やっぱりショートにしました。カットをお願いするときは、おこがましいですが、いつも菊池亜希子さんのインスタグラムをアレコレ見て、こんな感じがいいなぁ~とイメージを伝えています。菊池亜希子さんは永遠の憧れ……今回は(も?)耳元、前髪、バッサリ切りました。夫がすごく褒めてくれたので、しばらくはこの髪型でいこうと思います(笑)」 No. 015 リヨン さん「昨年夏にショートボブにしていただいたアトリエマキタさん、以来ちょこちょこお世話になっています♪ 今回はこれ! というのが思い浮かばないままサロンに行きました。そのような中でのオーダーポイントは……」 No. 015 リヨン さん「1・アシンメトリーな襟元や肩出しの服も着られるようなもの。2・とにかくさっぱりしたい。3・カラーはベージュ、サーモンピンク、淡いライトブルーに合うナチュラルなトーンの色。 といったざっくり感。マキタさんからの質問もありながら出来上がったのがおでこ出しのスッキリショートスタイル。さっぱり気持ちいい~♪」 No. 015 リヨン さん「ちょっとアレンジ。アレンジとまではいきませんが、その日の気分やファッションで軽くスタイルを変えたりします。ショートヘアは毛先を遊ばせるとまた印象が変わり、ほんの少しの変化でも自分自身が新鮮に感じて楽しいです。最近時々するのが軽くハネているスタイル」 No. 015 リヨン さん「使用するのはこちらのヘアアイロンです」 No. 015 リヨン さん「細かくハネたい、前髪を少し下ろして巻きたいときにはTESCOMの小さなアイロンがおすすめです。1500円くらいでとってもリーズナブル!」 No. 015 リヨン さん「ざっくりしたいときには普通サイズのストレートアイロンを使用し、外側にスッーとかけるだけ。簡単!」 No. 015 リヨン さん「本当に簡単!」 No. 015 リヨン さん「不器用なわたしでもなんとなしにできる5分アレンジです」 No. 015 リヨン さん「毎回マイナーチェンジをし、その時その時の気分でショートを楽しめているのもマキタさんのおかげだと思います(謎のポーズ、ありがとうございます!)」 No. 096 ちーさん さん「最近 前髪短めなショートが気になってました。似合うかはさて置き、切ってみよう。前髪短めはかなり久しぶり! 昔、オン・ザ 眉毛なんて言ったりして……」 No. 096 ちーさん さん「side。写真を撮った日はスタイリストさんにスタイリングしていただいたので、いい感じなんですが、やはり 翌日はかなり浮きました!」 No. 096 ちーさん さん「完全なるオン・ザ眉毛……。でも久しぶりにそんな自分に会えてちょっと面白い」 No. 072 明日香さん「しばらくパーマをかけていたらちょっと傷んでいる気がしてボブショートにしました。サイドをピッタリ耳にかけたらハンサムショート。でも髪の量が多いので横から見るとボブ。このくらいの長さが一番しっくりします」 No. 072 明日香さん「私の髪質は柔らかくて、細くて、多いため、乾燥すると広がるし油断すると痛むのも早い。なので、洗ったあとはコレを使ってケアしています。ELSEVE エクストラオーディナリーオイル。20代の頃、40代の職場のお姉さまに『(将来)コシがなくなるよ』とアドバイスされたのが、なんだか印象に残っていて……髪の衰えを感じる前に美髪をキープすべく、高校生以来のエルセーヴにお世話になっています。髪を洗ったあとに、(ボブショートにしてからは)2プッシュ! ベタつかず、保湿しながらドライヤーで乾かせます」 No. 072 明日香さん「私は保湿重視で、うるおいシリーズの“リッチフィニッシュ”を使用。グリーンのボタニカルは夫用です。他にも、補修に特化したタイプや、ツヤシリーズのラインナップもありました。香りもほんのりで、おすすめです」 No. 087 ゆめいさん「Rougyでヘアカット。担当はRougyの薫森さん。LEEのヘア特集でも活躍されていますよね♪ かれこれ4~5年ほどのお付き合いになります。そんな私のいつものオーダーは『2~3ヵ月ほっといてもサマになるヘアスタイル』。なんとざっくりな(笑)。そんな無謀なオーダーに対して今回提案してくださったのは 『ボブスタイル』→多少伸びても襟足などのもたつき感が最小限で済む。まだ短いので正しくはショートボブスタイル。 『パーマで全体に動きを』→トップが潰れやすい私の髪質。ふんわりさせておけばヘアスタイルも長持ち。且つ毛先にも動きが出るので伸びて結んだ時にもアレンジが効く」 No. 087 ゆめいさん「SIDE」 No. 087 ゆめいさん「BACK」 No. 087 ゆめいさん「スタイリング方法も至って簡単。ムースを揉みこむ! のみ。あぁ、本当にラク。薫森さんにカットしていただくとその後のヘアが抜群に扱いやすくなるので、ついつい足繁く通ってしまいます」 No. 007 まいたけさん「なんだかさっぱりすっきりとした気分になりたくなり、髪型をがらっと変えました。信頼している美容師さんにおまかせをして、お洒落な感じで! とお伝えしたところ、私の中ではかなり奇抜な髪型になりました(笑)。リップラインの位置で、切りっぱなしボブ、だそうです」 No. 007 まいたけさん「30歳をすぎて、今まで史上一番明るい色です……大丈夫なのか……でも、最近急激に増えてきた白髪が目立たなくなったのが良し(笑)。耳にかけても良しとのこと。今の流行りは、両側に濡れ髪っぽくトリートメントワックスをつけて、ぴたっと耳かけにするそうです。あと、まゆマスカラを購入して黒い眉毛が浮かないようにするのも必須でした! ビックリされるかなー? と恐る恐る帰宅したところ、意外や意外、お洒落な人にみえる! あか抜けたね! など、家族やお友だちに好評です。浮き足だった私(笑)。明るい髪型とともに新たな気持ちをもって色んなことに挑戦、そして好きなこたをとことん追及していけたら……とワクワクしています♪ 明るめカラー、おすすめですっ!!」 No. 043ミキティさん「前回 ゆるふわショートにしてもらったミキティです。今回はパーマの後ということもあり、オーガニックヘアカラーを選んでみました。髪と環境に配慮したヴィラロドラ。 特徴1 くさくない→ヘアカラーと言えばあの刺激的な香り……それが気になりません。好きな香りのアロマオイルを入れて染められます。単なる香りづけでなく適度な油分を補給する効果もあるそう。 特徴2 仕上がりツヤツヤ→ダメージが気になる方には特におすすめで、髪が元気になってすごく艶が出るそうです! ちなみにイタリアのオーガニック基準って、すごく厳しいみたいですよ」 No. 043ミキティさん「BEFORE(※照明の真下なので実際より明るく写っています)。風が強い日、お店に入ってきたままの状態。(カールが飛ぶー・泣) カット+パーマから1週間あけました。カラー自体は4ヶ月ぶり、ハイライトが残ってます」 No. 043ミキティさん「AFTER。天使の輪〜︎ 色はモカ(赤系)とベージュのミックスです。明るくなっていくのを見越して最初はやや暗め」 No. 043ミキティさん「2 weeks later。いい感じに明るくなってきました。艶もあります。この時点で最初のカット+パーマから3週間経過、伸びるのが早い私は手を入れなきゃで……パーマも残っているし動きが出やすくなるようにカット。 オーガニックとか髪に優しいのは良いけど、色の持ちはどうなの?と気になるところ。持ちはケミカルとほぼ変らないそうで、他のオーガニック製品や髪に優しい系よりは格段にロングラスティングとのことです。髪が丈夫なのが取り柄で、その健康さに胡座をかいていたけどそろそろ髪を労るカラーも選択肢に入れないとです」
  • 大人のミディアムに毛先の軽さ&動きはマスト。さらに今年はくびれヘアがトレンドに台頭中!【FRONT】【スタイリング前】 長めヘアでトレンド感を演出するなら、こんな切りっぱなし感のあるミディアムを。毛先はワンレングスにカットしているけれど、表面の髪にはふんわりとボリュームを出すためのレイヤーを入れて。大人のヘアはトレンドを取り入れるだけでなく、ちょっとした仕込みが大切。毛先1 カールのパーマをかけることで肩についた毛先がハネやすくなり、今どきの外ハネスタイリングがしやすく。ラベンダーアッシュの髪色でツヤとボリューム印象をプラス。DATA量・普太さ・細硬さ・柔クセ・無担当サロン「GARDEN Tokyo」【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代ショートヘア一覧はこちら▶ボブヘア一覧はこちら▶ミディアムヘア一覧はこちら▶ロングヘア一覧はこちら▶
  • マリソルオンラインで人気のヘアスタイルランキング月間TOP10を発表。若々しいヘアスタイルにチャンジして、上品で女らしい雰囲気をかなえて。※集計期間:2019年4月16日(火)~5月13日(月)【ヘアスタイル1位】余韻のある毛先を作れば短めショートも女っぷりをキープ【40代のショートヘア】 ★記事はこちら【ヘアスタイル2位】動きがあるのに品もある絶妙くびれミディアム【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ヘアスタイル3位】髪質カバーとトレンドを両立するお得なパーマテクを発見!【40代のボブヘア】★記事はこちら【ヘアスタイル4位】ファッション、顔立ち、髪質。すべてを調和するのがボブスタイル【40代のボブヘア】★記事はこちら【ヘアスタイル5位】いろんな表情を生み出す長めニュアンス前髪をポイントに【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ヘアスタイル6位】ストレートタッチが若見えの秘訣!好感度ヘルシーショート【40代のショートヘア】★記事はこちら【ヘアスタイル7位】パーマスタイルが教えてくれた、今の自分にしっくりくる髪と服【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ヘアスタイル8位】ウルフの女っぷりを上げているのはアンニュイな前髪と柔らかな毛流れ【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ヘアスタイル9位】洗いざらし風のスタイルはレイヤーでくせ毛を絶妙に動かして【40代のロングヘア】★記事はこちら【ヘアスタイル10位】応用のきく長めボブが今の自分にしっくりくる【40代のボブヘア】★記事はこちら
  • ハネやすいレングスを生かし、ニュアンスカールで軽やかに仕上げたロブスタイル。ウェーブをしっかりと引き出しつつ、シアバターで素髪っぽく仕上げるのが今季風。前髪はあえて長めに設定し、女っぽさも添えています。パーマの動きを引き立てるため、表面と内側の毛先にハイライトをプラス。するとスタイルに立体感が加わり、こなれ感が急上昇! ナチュラルでこだわりがある、素敵ヘアを手に入れて。肩につくレングスの長めボブベースで、動きが出やすいように表面にレイヤーをプラス。前髪は眉下でカットし、ほんのり隙間を入れて柔らかい印象に仕上げます。パーマは16〜20㎜ロッドを使い、ベースは2回転平巻きに。表面の髪は斜めに毛束を取って毛先巻きにし、低温デジタルパーマをオン。カラーは7トーンのグレージュをメインに使い、表面にハイライトを細かく加えます。さらに内側の毛先にハイライトを入れ、グラデーション状になるようにデザイン。明るさを2トーン差にすることで、自然な陰影を演出しています。根元にしっかり温風を当てながらラフドライし、毛先が少し湿った状態でストップ。ハーフウェットからスタイリング剤を使うことで、ウェーブをしっかりと引き出します。油分の多いアイテムを使うと重くなるから、デイリーは軽めのシアバターがおすすめ。爪1つ分くらいの量を手のひらでよくのばし、毛先から全体に向かってなじませて。さらにウェーブを出したい時は、ムースを使うとgood。サラリと仕上げたい時は、毛束を少し引っ張りながら乾かすとワンカール風の仕上がりが楽しめます。肩につくレングスだから、忙しい日はサッと結べるのもうれしい! スタイリングで簡単に表情が変わるヘアで、着こなしの幅を広げてみて。スタイリスト/田中麻由(GARDEN Tokyo) モデル/安西優香 文/永田未来(ichigo)GARDEN Tokyo    http://www.garden-hair.jp/garden_tokyo/
  • あえてハネやすい長さでカットしたミディアムに、レイヤーを加えて自然なくびれをオン。首元でスッと引き締まるシルエットと外ハネカールのタッグで、媚びのない色っぽさを放ってみて。さらにラベンダー系のカラーリングで、艶やかな美髪と白肌をアピール。セミウェットなスタイリングでほどよい束感を与えたら、誰もが気になる美女スタイルが完成します。ベースは鎖骨レングスのミディアムヘア。重さを残しながら表面と顔まわりにレイヤーを入れて、スタイルに動きを与えます。パーマは太めのロッドで毛先を1回転巻き、低温デジタルパーマをオン。低温で施術することでダメージを最小限に抑え、柔らかな手触りのカールに仕上がります。カラーは9トーンのラベンダーベージュをメインに使い、さらにラベンダーグレーのローライトをプラス。ラベンダーの効果で髪の黄みをしっかりとオフし、ツヤ感が倍増! 肌の白さも引き立てて、より女性らしい印象が楽しめます。根元中心に温風を当ててラフドライし、毛先が自然にハネるように仕上げます。乾いたら32㎜アイロンを使い、表面の髪を薄く取って内巻きにして。巻いたらサッと手ぐしを通し、外ハネと内巻きをなじませます。スタイリング剤はオイルまたはヘアミルクを選び、手によくのばしてから内側メインになじませて。ペタンとするとやぼったいから、髪表面にはほんの少しだけつけるのがコツ。最後に前髪に軽く束感をつけてできあがり。セミウェットな質感と外ハネカールのコラボはトレンド感も上々♡ 上質なムードの女っぽヘアで、おしゃれ指数を引き上げて。スタイリスト/Momo(GARDEN omotesando) モデル/花柳のぞみ 文/永田未来(ichigo)GARDEN omotesando   http://garden-hair.jp/garden_omotesando/
  • 毎日のバスタイムでOK! 進化型カラートリートメントの実力セルフケアで美髪をキープしている人の対策とは?自宅でのヘナ染めやカラートリートメント、そしてウィッグまで。セルフケアで上手に白髪カバーを実践している人に、そのやり方を教えてもらいました。今回は、毎日のバスタイムのトリートメントで白髪ケアをしている木村優子さんです。木村優子さん(加圧トレーニング・インストラクター、サキュレ銀座スタジオ主宰・ 1963年生まれ)sideもともと地毛がほんのり茶色。そこに白髪に明るい茶色が入ったことで、髪にいい感じの表情が生まれました。ツヤもアップして、滑らかな指通りに仕上がりますカルテ● 白髪率/5% ● 多発地帯/フェイスライン ● その他の悩み/少しクセ毛 「今まで、パーマもヘアカラーも一切しないで過ごしてきたので、白髪もそのままにしようかとも思ったのですが、娘に指摘され、カラートリートメントを使いはじめました」シャンプー後に白髪のあるところを中心に塗布し、全体に馴染ませます。そのまま湯船につかってしばらくおき、洗い流すだけ。「日々のバスタイムでできる手軽さが何よりの魅力。使いはじめて約半年になりますが、白髪が気にならなくなりました」また、これ以上白髪を増やさないために、抗糖化のサプリを飲み、発酵オイルで首や頭皮のマッサージをして血行促進を心がけています。ストレスゼロで納得の効果に大満足日々使うことで、白髪に少しずつ色がつくカラートリートメント。木村さんは資生堂の「プリオール カラーコンディショナーN」を愛用サプリやマッサージで白髪を増やさないケアも右は血流や炎症に働きかける発酵オイル、美・ファイン研究所の「ルルドビオ」。左は抗糖化のサプリ、アンチエイジングコミュニケーションの クラージュ440」次回は、部分ウィッグ使いでの白髪カバーをご紹介します。撮影/フルフォード海 ヘア&メイク田代ゆか り(HAPP’s) 取材・原文/山村浩子
  • 毎日のバスタイムでOK! 進化型カラートリートメントの実力セルフケアで美髪をキープしている人の対策とは?自宅でのヘナ染めやカラートリートメント、そしてウィッグまで。セルフケアで上手に白髪カバーを実践している人に、そのやり方を教えてもらいました。今回は、毎日のバスタイムのトリートメントで白髪ケアをしている木村優子さんです。木村優子さん(加圧トレーニング・インストラクター、サキュレ銀座スタジオ主宰・ 1963年生まれ)sideもともと地毛がほんのり茶色。そこに白髪に明るい茶色が入ったことで、髪にいい感じの表情が生まれました。ツヤもアップして、滑らかな指通りに仕上がりますカルテ● 白髪率/5% ● 多発地帯/フェイスライン ● その他の悩み/少しクセ毛 「今まで、パーマもヘアカラーも一切しないで過ごしてきたので、白髪もそのままにしようかとも思ったのですが、娘に指摘され、カラートリートメントを使いはじめました」シャンプー後に白髪のあるところを中心に塗布し、全体に馴染ませます。そのまま湯船につかってしばらくおき、洗い流すだけ。「日々のバスタイムでできる手軽さが何よりの魅力。使いはじめて約半年になりますが、白髪が気にならなくなりました」また、これ以上白髪を増やさないために、抗糖化のサプリを飲み、発酵オイルで首や頭皮のマッサージをして血行促進を心がけています。ストレスゼロで納得の効果に大満足日々使うことで、白髪に少しずつ色がつくカラートリートメント。木村さんは資生堂の「プリオール カラーコンディショナーN」を愛用サプリやマッサージで白髪を増やさないケアも右は血流や炎症に働きかける発酵オイル、美・ファイン研究所の「ルルドビオ」。左は抗糖化のサプリ、アンチエイジングコミュニケーションの クラージュ440」次回は、部分ウィッグ使いでの白髪カバーをご紹介します。撮影/フルフォード海 ヘア&メイク田代ゆか り(HAPP’s) 取材・原文/山村浩子
  • 古いものと新しいもの、世界各国の趣向と英国らしさを情熱的に組み合わせ、部屋にありったけの色と模様を詰め込む――。英国を代表するインテリア・デザイナーたちは今、この国ならではの奇抜さを前人未踏のレベルまで極めようとしている  ミニマリストたちが抱える衝動というのは、じつは人間の頭脳の知的で複雑な働きと密接に結びついている。建築家は整然とした住空間のパラダイスをつくり出すために寸分違わぬ片持ち梁(註:梁の一端だけを固定して空間を大きくとる構造)の建物をいくつも設計し、室内装飾家は一脚のモダニズムの椅子の存在感が薄れるのを恐れて、リビングルームにサイドテーブルを置かない決断を下す。 「サー・ジョン・ソーン博物館」(19世紀の建築家ソーンの自宅だった建物)に、ロンドンを拠点とし、マキシマリストの美意識を体現するデザイナーたちが集まった(左から)フラン・ヒックマン、マーティン・ブルドゥニズキ、ベアタ・ホイマン、リタ・コーニグ、ルーク・エドワード・ホール、そしてリファット・オズベック PORTRAIT SHOT ON LOCATION AT SIR JOHN SOANE’S MUSEUM. PHOTO ASSISTANTS: JOSHUA PAYNE AND JUAN PATINO  徹底して無駄を排除するそうした厳密さは、メイフェアにあるロンドン会員制クラブ「ファイブ・ハートフォード・ストリート」ではお目にかかることはない。ここでは、工業用のペンダント型の照明や、外を眺められるようカーテンをつけない巨大な窓の下、メープル材のディナーテーブルでアルコール抜きのきまじめな晩餐会が催されたりはしない。 代わりに、ピエール・フレイのファブリックで彩られた壁や天井に囲まれた屋根裏部屋に潜り込んで、羽毛がいっぱい詰まったソファの上に置かれた青緑色や深紅のクッションに身を沈めよう。周囲の情景は、鮮やかな赤色をしたアンティークのムラーノ・ガラスのランプから漏れる光でかすかに照らされている。そうしてジンフィズをひとくち飲み、刺繡が施されたシューマッハ社製のリネンのカバーがかけられた、ベッドほどもある大きなオットマンの上にグラスを置くのだ。 リファット・オズベック リファット・オズベックが手がけた、メイフェアにある会員制クラブ「ファイブ・ハートフォード・ストリート」の屋根裏部屋。ピエール・フレイのファブリックで飾られた壁と天井、刺繡が施されたシューマッハ社製のリネンで覆われたオットマン。ロビン・バーリーのプライベート・コレクションの羽毛のカーペットを模した敷物 RICARDO LABOUGLE, COURTESY OF RIFAT OZBEK.  かつてファッションデザイナーだったリファット・オズベックが、過剰なまでに歓喜に満ちたバロック式の寺院をイメージしてつくりあげたこの「ファイブ・ハートフォード・ストリート」は、ロンドンを拠点とする新進気鋭のデザイナーたちの美意識を体現している。デザイナーたちの多くは英国生まれではない(65歳のオズベックはトルコ出身だ。とはいえ、彼は1969年からずっとロンドンに住んでいるのだが)。規律正しく、時には厳格で冷たい感じさえするミニマリズム思想の影響は、現代のインテリアのあちこちに見てとれる。そうしたミニマリズムに抗って、彼らは英国のマキシマリストの伝統─華麗さや移り気、自信に満ちたエキセントリックさを自分たちなりに表現している。 そんな彼らのデザインは、頭脳で思考するという段階をはるかに飛び越えてしまっているように見える。中世の英国の栄華の香りが残るコッツウォルズの平野と、プラティーハーラ王朝が栄え贅を極めたラージプート時代のインドと、20世紀の奇抜なデザイナーでありアーティストのトニー・デュケットが所有していた、ユーカリの木が生い茂るビバリーヒルズの敷地と――。これら時代も空間も飛び越えたさまざまな場所を、心の赴くままゆったりと列車に乗って走り抜けるような、そんな感覚なのだ。 6人のデザイナーの着想源となったインテリアから。19世紀に建てられたルートヴィッヒ2世のリンダーホフ城のステンドグラス NICHOLAS BRUANT / THE INTERIOR ARCHIVE  彼らは時に東方趣味のファンタジーや植民地主義に正面から向き合い、時にはそれを回避しながら果敢に模様や色を混ぜ合わせ、幾重にも重ね、過去の記憶に浸って快感を味わい尽くそうとする。それゆえに、この秘密めいたデザイナーの一派が手がけるいかにも英国らしい作品には、一風変わった楽観主義が宿っている。一方、彼らが次々に手がける邸宅やホテル、ロンドンに続々と増えつつある会員制クラブは、その意図に反して、むしろモダンに見える。たとえば、ベアタ・ホイマンがケーキショップをイメージしてデザインした天井の装飾は、今やロンドンじゅうの住宅で使われている。  あるいは、メイフェアにある会員制チェスクラブのゲームルームのシルク張りの壁板に、フラン・ヒックマンが特注で描いた熱帯の夜の風景や、ジャン・コクトーの絵皿のおちゃめなオマージュを思わせるルーク・エドワード・ホールの食器。最近マーティン・ブルドゥニズキがロココ風に改装した、かつて60年代を象徴するディスコ兼サパークラブだったメイフェアの「アナベルズ」も必見だ。その奇抜で幸福感を強調したインテリアは、退屈な時代への強烈な批判となっている。 フラン・ヒックマン フラン・ヒックマンがデザインしたチェスクラブの会員制バー。ソファには英国の高級服地ブランド「ホーランド&シェリー」のベルベットの布地が貼られている。日本の伝統的な屛風からヒントを得て、手描きの絵をシルクの上にデジタルプリントしたパネルを壁にあしらった PHOTO BY ANNABEL ELSTON, COURTESY OF FRAN HICKMAN 彼らの手がける部屋の中には、帝国時代の面影がいまだに根強く残っている。そのように歴史のすべてを包括した桃源郷を表現しようとするあまり、植民地主義の弊害は吟味されないままだ。ウェスト・ロンドンにあるアパートで、インド更紗を現代風にアレンジした装飾のワークショップを開いている45歳のリタ・コーニグは言う。「私たち英国人って、人からちょっとおかしいと思われようとまったく気にしないんですよ」(その他の作品もチェック)SOURCE:「The Bonkers Aesthetic」By T JAPAN New York Times Style Magazine BY NANCY HASS, PORTRAIT BY DANIEL STIER, TRANSLATED BY MIHO NAGANO APRIL 02, 2019 その他おすすめ記事はこちら 注目のインテリア・デザイナー ルーク・エドワード=ホールのアトリエ 懐かしいパリの面影を求めて。ミュージシャン、ニコラス・ゴダンの家 リファット・オズベックが手がけた、メイフェアにある会員制クラブ「ファイブ・ハートフォード・ストリート」の屋根裏部屋。 RICARDO LABOUGLE, COURTESY OF RIFAT OZBEK.19世紀に建てられたルートヴィッヒ2世のリンダーホフ城のステンドグラス NICHOLAS BRUANT / THE INTERIOR ARCHIVEフラン・ヒックマンがデザインしたチェスクラブの会員制バー。 PHOTO BY ANNABEL ELSTON, COURTESY OF FRAN HICKMAN建築家のロバート・アダムが18世紀末エトルリアのモチーフを描いたオスターレイ・ハウスの壁 FRITZ VON DER SCHULENBERG / THE INTERIOR ARCHIVEベアタ・ホイマンがデザインした寝室。 PHOTO BY SIMON BROWN, COURTESY OF BEATA HEUMAN1940年代末にドロシー・ドレーパーが手がけた「グリーンブリア・ホテル」の客室の花模様と鮮やかな色彩 COURTESY OF THE GREENBRIERリタ・コーニグがデザインしたカリフォルニア州ミル・ヴァレーの家。フェミニンな色彩と、壁に下げた画調がバラバラな絵画でサロン・スタイルを演出 ERIC PIASECKI/OTTO/AFLO.ピーター・ヒンウッドのロンドンの自宅。 MIGUEL FLORES-VIANNA, “HAUTE BOHEMIANS,” VENDOME PRESSルーク・エドワード・ホールの寝室。 OWEN GALE / HOUSE & GARDEN © THE CONDÉ NAST PUBLICATIONS LTD.ブルドゥニズキがデザインした「アナベルズ」のフラワー・ルーム。 JAMES McDONALD, COURTESY OF MARTIN BRUDNIZKI1950年にナンシー・ランカスターが自ら壁を黄色に塗った居間 SIMON UPTON/THE INTERIOR ARCHIVEトルコのブルサにある14世紀末のグランド・モスク LAURA DI BIASE / ALAMY STOCK PHOTOアーティストのピエール・ル=タンが集めた日本の絹織物とルネサンス期のイタリアの布 MIGUEL FLORES-VIANNA, “HAUTE BOHEMIANS,” VENDOME PRESSダンカン・グラントが絵を描き、ヴァネッサ・ベルがタイルをデザインした「チャールストン」の暖炉 GAVIN KINGCOME
関連キーワード

RECOMMEND