次くるデニムと言えばズバリこの一本!ヴィンテージウォッシュにあり【2019/2/16コーデ】

Marisol ONLINE
まだまだ手厳しい寒さが続くけれど色味だけでも少し次の季節を先取りしたいから、春の気分にぴったりな淡色デニムを主役にしてみる。マディソンブルーのロングセラー、ボーイズタイプは古着のような雰囲気をもつ、ゆったりとしたシルエットで、主張しすぎないムラ感が特徴的。ちょうど先日インテリアショップで見つけたエイジング加工された鉢カバーのようにかっこよいから、モダンに着こなせそう。
デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー ジャケット¥110,000/ビームス ハウス  丸の内(チンクワンタ) ニット¥21,000/スローン ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス) バッグ¥39,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)
撮影/坂根綾子 スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼デニムコーデをもっと見る
関連記事
  • 大好きなTシャツの季節。 いろんな合わせ方がありますが、私はシンプルが一番好きです。Tシャツが活躍する季節。 ロングスカートやワイドパンツ、いろいろなアイテムに合わせられる万能なトップス。 今月のeclatにも、真似したくなるTシャツコーデが掲載されています。私も早速、この夏用に何枚かTシャツを購入しました。バナリパの綺麗めTシャツは、使い勝手が良さそうだったので、紺と黒の2色買い。top : BANANA REPUBLIC bottoms : syncro crossingsTシャツがシンプルなので、少しデザイン性のあるワイドパンツを合わせました。 でも、やっぱり一番好きなコーデはTシャツ✖️デニム。 バングルやリング、小物使いで遊べるのが楽しい。 いつまでもこのシンプルさが似合う女性でありたいと思います。tops : tommy hilfiger denim : AG最近、バングルにハマってます❤️この日は、花器を探しにIKEA港北へ。 沢山のお花を生けられるように、大きめの花器をチョイス。 お花がある生活に日々癒されます。いろんな形があって、迷います大きめの花器をチョイスIKEAでランチInstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみてください。Instagramはこちらからどうぞ。華組 豊田真由美ブログ
  • たくさん歩けるフラットを前提に、着こなしを選ばず、ある程度きちんとした場所にも履いていける――。旅先もこれ一足で対応できる、きれいめデザインを厳選。上質レザーを生かしたモダンに映えるフラットよけいな装飾を省き、レザーの上質感とストラップのバランス感で魅せる高感度な一足。靴(1.5)¥42,000/ロンハーマン(ジル・サンダー ネイビー) ワンピース¥53,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) レギンス¥9,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) バッグ¥12,000/ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド) スカーフ¥16,000(トレ)・ピアス¥8,000(ソコ)/TOMORROWLANDスリッパ感覚の履きやすさをかかとのパール&ブルーのスエードでリッチに。靴( 1 )¥73,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ニコラス カークウッドエレガントな光沢サテンは夏のパーティにも。靴( 1 )¥15,000/アルアバイル(ラオコンテ)クリアな白に甲浅のバランスが新しい。靴(0.5)¥53,000/エイチ ビューティ&ユース(アルムナエ)定番の黒は、旬のPVC素材で更新。靴(1.5)¥25,000/essence of ANAYI(ファビオ・ルスコーニ)なめらかなオフ白レザーが高級感あり。靴( 1 )¥32,000/スタニングルアー 青山店(エーティーピー)※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol6月号2019年】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/浅見れいな 構成・文/東原妙子
  • カッコよくて軽くて持ち運びOK。レインコートだけではもったいない!梅雨を忘れるようなお天気の日もありますが、やはり時々ドカンとくる雨の日。大雨が降ろうと電車が止まろうと、外に出なければならないことは日々あります。特に子どもが保育園だったころの送迎は一番大変でした。大雨の中をママチャリで走ったり、バスは激込みだし、髪は崩れまくるし、服や荷物も濡れるし、もう散々(泣)。 その頃からレインコートは欠かせませんが、毎年おしゃれなものがたくさん出ているので、今年久々に更新してみました。レインコート選びは、価格に比例して機能性もそれなりに高くなっていくので、耐久性や防寒その他、最終的には個人のライフスタイルに合わせることになるかと思います。アウトドア系ブランドならやはりしっかりしたものが手に入るので、大雨の中を突っ走るには良いかもしれませんし、アパレル系のおしゃれなデザインなら、普段の通勤やお出かけに向いています。 送迎が終わった今は「豪雨仕様」が必要なくなったので、わたしが望むのはとにかく「軽量」で動きやすいこと。高価なものだと生地厚でかさばり、重量もそこそこあるものが多いですが、雨に濡れずそれなりにしっかりしていれば満足です。「おしゃれ」ということを大前提で選んだ結果、「ビーミング by ビームス」のレインコートに決めました。価格もお手頃でこんなにカッコいい! 名称は「モッズ レインコート」なので、ミリタリーの雰囲気があるカッコいいデザインです。まずは「カーキ」の色が今っぽくて目を引きました。アパレル系でもデザインだけではなく、それなりにわたしが求める機能は充実しています。雨に濡れないための仕組みがちゃんとあるんですよ! 丈は、163cmのわたしの身長だと膝上くらいまでの長さです(フリーサイズ)。あまり長すぎず、お尻がスッポリ隠れるこれくらいの丈が動きやすく、スタイリングもしやすいなと感じています。もともと「Aライン」のデザインですが、ウエストと裾の部分がゴムで絞れるようになっているので、調整して自分の好きな雰囲気が作れます。首回りやフード部分も、おしゃれなのにさりげなく雨対策になっています。首はボタンで立たせたデザイン、そしてフードもゴムで絞れるようになっています。もともと機能満載のミリタリー服は、レインコートにも適したデザインなのですね! とにかく軽量、そしてコンパクトにまとまるので、付属のポーチに収納すれば持ち運びにも便利です↓それにこのコートの一番「買い」な部分。それは、特別な「雨用」には見えないので普通にアウターとして着られること!肌寒い日の「羽織もの」として便利ですし、何よりデザインがおしゃれなので、雨でなくても着たいのです。春や秋口の「つなぎ」用アウターで活躍しそうなので、レインコート&アウターの「2way」と考えると、かなりお得な気がします。このコートひとつで、カッコいいレインスタイルは簡単にできます。「雨具」ということを忘れるくらいおしゃれなデザインなので、これで雨のお出かけも憂鬱にならず、むしろ楽しくなるかもしれません♪ ちなみにレインブーツにはフランスの「MEDUSE(メデュース)」を履いています。フランス製ですが10,000円以下で買え、デザインが「AIGLE」の乗馬ブーツのようにとてもおしゃれです。いかにも「長靴」という感じではなく、スッとした見た目の美しさと、ボトムスをインした時の抜群の美しいフォルムには文句なし!【Day1】レギンスをブーツインしたカジュアルコーデ↑このコートは、カジュアルが映えます。Tシャツとレギンスなど、シンプルなスタイルもカーキのモッズが格上げしてくれます。ロングブーツとの丈バランスも文句なしにキマり、雨の日の気分もアガりますよ!【Day2】タイトスカートを合わせた大人のブーツコーデ↑フリーサイズのレインコートが大きめなので、細身のタイトスカートでもバランスよく合います。タイトにロングブーツを合わせるとエレガントで大人っぽくなり、また違った印象に。【Day3】コンバースを合わせたデニムコーデ↑雨が強くない日は、厚底ゴムのハイカットも履きます。デニムとモッズコートって、メンズライクでカッコいい★バッグは濡れてもいいリュックも活躍しますね。【Day4】花柄ロングスカートを合わせたフェミニンコーデ↑サラサラ生地のロングスカートは、濡れてもすぐに乾くのが魅力的。イエローとカーキを合わせて可愛くなりすぎないようにしました。雨の日バッグは、革はやめてコットンも活躍。 【Day5】ホワイトをブーツインしたデニムコーデ↑ホワイト系は雨の日はNGだと思っていましたが、ロングブーツにインすることで汚れる心配もなく、雨の日も爽やかに履けるようになりました! ↓雨ならあきらめて「まとめ髪」。これだけで憂鬱気分も半減♪よし、今日もがんばるぞ!実際、どんなにおしゃれをしていても大雨の時には「楽しい」なんて思えないかもしれません。でも素敵なレインスタイルの自分をどこかの鏡で見た時は、濡れたって、髪がみだれたってなかなかカッコいい姿していますよ♪ わたしたち、いつもお疲れさまです!▶B:MING by BEAMS「モッズ レインコート 19SS」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.31★ 「サエラの傘(Evereon(エバーイオン/1,900円+税)」 今日ご紹介したコーデに合わせた傘は、今使ってる「エバーイオン」というビニール傘です。テレビで紹介されたみたいなので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。今は100均でもビニール傘は手に入るので、「ビニ傘に2,000円?」と思いますが、これはとてもエコな商品で、いわゆる「使い捨て」ではありません。 日本のビニール傘の年間消費量は約5,500万本だそうです(「サエラ」ホームページより)。わたしも以前は「雨が降ったら買えばいいし、壊れたら捨てよう」という気持ちでビニール傘を買っていたのですが、どんどん増えてきて処分するのもなかなか大変ですし、何より、金属むきだしで放置されている傘を見ては危険を感じていました。雑貨屋さんで見つけた時、まさに「これだ!」と。何がエコって、破れたらなんと自分で張替えができるのです。たくさんのカラーや柄物の中から、自分の好きなものをカスタマイズして着せ替えられるので、捨てることがないし飽きずに楽しめます。わたしは無地のブラックを選びましたが、ブラウンなども素敵ですし、スター柄などもかわいらしく、張替え生地も1000円ほどで気軽にできるんですよ! ビニールでも色のニュアンスが大人向きでとてもおしゃれ。毎回使うのが楽しみです★今、雨の日に街で見かけるおしゃれさんには、素敵な「ビニ傘派」が多くなっているな~という最近の印象です。骨に金属ではなく「樹脂」を使用しているので、サビにくい耐久性と、やわらかい伸縮性で「折れにくい」という利点もあります。指で引っ張ると「ボヨ~~ン」と伸びる感じです。子ども用もありケガの心配が少ないので、安心面から最近は親子でこれに替えました。 持ち手にも工夫があり、どんなところにも掛けやすいデザインです。これなら2,000円でもお得感。雨の日こそ、余裕を持てたら素敵です。でも雨だと薄暗いから、朝はさらに起きられなくて寝坊しそうになるんですよね(泣)!▶「サエラ」オンラインショップ/「Evereon 60cm 無地」はこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • きれい色のシャツワンピースやアクセントになるバッグなど、これから活躍するアイテムにひと目惚れ!【1】エキップモンのシャツワンピース「展示会でこのワンピースを見つけて ひと目惚れ。華やかなのに派手に 見えないのは上質シルクだからこそ。 ジャケット合わせでお仕事シーンにも」と編集長イシダが手に入れたのがエキップモンのシャツワンピース。コーラルオレンジの発色が柔 らかで美しく、オープンカラーの胸もとも 抜け感を演出しエレガント。 ワンピース ¥52,000/サザビーリーグ(エキップモン) 【2】 ベースレンジのビッグシルエットシャツコーディネートにほどよい抜けを演出してくれるビッグシルエットシャツ。肌が少し透ける軽い生地でありながら適度な張りもあり、袖をロールアップしてもさまになる。「アンダーウエアのイメージの あるブランドだけに、 着心地がすごくよくて感動。 髪をまとめてさわやかに 着こなしたいです!」とスタイリスト松村純子さん。 シ ャツ¥20,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィ エム クラス 丸の内店(ベースレンジ) 【3】エルメスのバッグ「シンプルになりがちな夏の装いに、 アクセントになるバッグが大活躍。 ゆるいコーデも大人らしい装いに」とスタイリスト福田亜矢子さんがひと目惚れしたのが、エルメスのシルク素材のバッグ。前面にはクラシカルな"ブ リッド・ドゥ・ガラ"を、背面にはグラフ ィカルなドット柄で二面性を楽しめる。 バッグ(縦33×横33cm) ¥228,000/エルメスジャポン(エルメス) 【4】フォクシー ニューヨークのレインコート「梅雨時にちゃんとした レインコートが欲しいと 思い、探し続けて ようやく見つけた一枚。 シャカシャカしない 素材がお気に入り!」と副編集長SGURが喜んでいるのがフォクシー ニューヨークのレインコート。2wayス トレッチ生地で着心地がよく、晴れた日にはスプリング コートとしても着てもいい。 レインコート¥86,000/FOXEY 銀座本店(フォクシー ニューヨーク) 撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol7月号2019年掲載】
  • 涼しげなリネン調素材のジャケットは、見た目だけではなく接触冷感という高機能が魅力!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます最近、行動をともにすることの多い後輩の京都女子が褒め上手で、さりげない言い回しが私の頭の中で心地よくリフレイン。蒸しっとした電車のホームでも涼しい顔で凛とした表情を保てていられるのは、おそらくこの接触冷感ジャケットと、京都女子からの褒め言葉のおかげなのかも。ちなみにこのジャケット、洗えてシワにもなりにくく、吸水速乾の優秀アイテムだから梅雨シーズンのオフィスでは何度も出番がありそう。そこにピンクのスカートでしなやかなムードも漂わせて。ジャケット¥43,000/オンワード樫山(ベイジ,) Tシャツ¥3,800/ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース) スカート¥24,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥11,000/シップス有楽町店(ソコ) 靴¥35,000/ビームス ハウス 丸の内(チェンバー) メガネ¥36,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥25,000/ウィム ガゼット青山店(マルコ マージ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • いつものおしゃれを邪魔しない上に、気分もアガる!repetto■バレエシューズ【CENDRILLON Baby】人気のバレエシューズ「サンドリオン」をラバー素材で仕上げた、クラシカルなムードが魅力の一足。ツヤツヤの質感が可愛く、通勤スタイルにもマッチ。夕方から雨、あるいは途中で雨が上がる予報の日にも、レインシューズらしくないデザインが重宝する。■レペット【CENDRILLON Baby】バレエシューズカラー:レッド、ブラックサイズ:サイズ:36~41¥23,000 beautiful people■バッグ【sail cloth logo tape shift bag S】ヨットの帆などに使われる防水性と耐久性に優れた素材を使用。ブランドロゴ入りのテープがさりげないアクセント。ロングストラップで斜めがけにするのもおすすめ。■ビューティフルピープルバッグ【sail cloth logo tape shift bag S】カラー:ブラック、ホワイトサイズ:縦36×横37.5×マチ12㎝¥14,000 ■ajewバッグ【PVC duo tote(large)】PVC素材とキャンバス地のトートバッグがドッキングしており、それぞれ単独でも持てる3way。インナーのトートバッグは、ハンドル部分にレザーをあしらった凝ったつくり。出先で荷物が増えたらバラして使うなど、必要に応じてアレンジできる!■エジューバッグ【PVC duo tote(large)】カラー:ホワイト、ブラックサイズ:縦31×横37×マチ14㎝¥18,000 ■ロベルタ ピエリTatami NDトートバッグ(2wayショルダーつき)メリハリのきいたジオメトリック柄が、地味になりがちな雨の日のおしゃれのポイントになってくれる。コンパクトでありながらマチがしっかりあるので、必要十分な収納力。取りはずし可能なロングストラップつきで、斜めがけすればハンズフリーになれるのも便利。■エジューバッグ【PVC duo tote(large)】カラー:ホワイト、ブラックサイズ:縦31×横37×マチ14㎝¥18,000 (右)■HUNTERオリジナルペニーローファー (左)■RAINFUBSレインショートブーツ リーン(右)ベーシックなローファーデザインだから、通勤から休日まで大活躍間違いなし。エナメルのツヤが美しく、雨の日の足もとをアップグレードしてくれる。■ハンターオリジナルペニーローファーカラー:ブラック、ネイビーサイズ:22~25㎝¥15,000 (左)まるでレザーのような風合いでありながら、実は完全防水のPVC素材! サイドゴアと本体の切り替え部分、履き口には靴ずれ防止ガードを施し、衝撃をやわらげるインナークッション入り。たくさん歩く日も疲れにくく、快適に過ごせる。■レインファブスレインショートブーツ リーンカラー:ブラック、ダークブラウンサイズ:S~L¥9,500 【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 取材・文/発田美穂
  • 6月……気分が沈みがちな梅雨シーズン。でも、今季は雨天に強いPVCのバッグやシャカシャカ系のアウターが充実しています。沈みそうな気分を吹き飛ばしてくれるおしゃれな6月・梅雨コーデとアイテムをお届けます!【目次】 ①通勤もOK!きれいめ6月・梅雨コーデ ②気温が下がる梅雨に重宝!おしゃれアウター7選 ③エムセブンデイズの洗える名品 ④梅雨コーデに欠かせない!PVCバッグ ⑤こだわりのおしゃれ傘※商品は販売を終了している場合があります①通勤もOK!きれいめ6月・梅雨コーデ■シャツ×パンツ×レインアイテムコーデベージュシャツ×防汚加工されている白パンツのきれいめ梅雨コーデ。歩きやすいフラット靴も一見正統派ペニーローファーなのに、実はゴム製の防水仕様。これなら通勤もOK。鮮やかなブルーのストールで梅雨も気分が上がる!シャツ¥16,000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) パンツ¥15,000/ストラ 靴¥15,000/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター) ストール¥27,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(アソース メレ) ネックレス¥54,000/デ・プレ(レジェ) バッグ¥139,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 傘¥3,500/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店(アーバンリサーチ)▶シャツ×パンツ×レインアイテムコーデ 詳細はこちら■コート×シャツ×パンツ×レインアイテムコーデ撥水加工のトレンチコートにレイン仕様のサイドゴアブーツとPVCバッグと、こだわりのレインアイテムを合わせた最強梅雨コーデ。さらっとして軽い素材のリネンシャツは袖をくしゅっとさせて大人の抜け感を演出。 コート¥38,000/トラディショナル ウェザーウェア青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) シャツ¥16,000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) パンツ¥16,000/エリオポール代官山(エリオポール) 靴¥22,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 傘¥9,000/サード マガジン(ホワイトローズ×サード マガジン) メガネ¥36,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ネックレス¥252,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン) バッグ¥139,000/エリオポール代官山(ザンケッティ)▶コート×シャツ×パンツ×レインアイテムコーデ 詳細はこちら②気温が下がる梅雨に重宝!おしゃれアウター7選■ベージュと白のフードなしブルゾンよりシャープでスタイリッシュな印象を狙うならフードなしを (右)スポーティな中に都会的な洗練ムードが漂うホワイト。ファスナーや紐の黒ラインがアクセントになり、カジュアルなボトムでもどこか上品な印象に決まる。ゆったりとしたAラインシルエットで、すそのドローストリングを調節すればシルエットチェンジも可能。ブルゾン¥29,000/マーコート デザインアイ 銀座店(ミディウミソリッド) (左)丈の長さの違う生地を重ねたような技ありのフロントデザインが、単なるスポーティとは一線を画すおしゃれ感を演出。合わせるアイテムの色を選ばない、上品なキャメルカラーも今年っぽく、大人向き。ブルゾン¥49,000/プレインピープル丸の内(プレインピープル)▶ベージュと白のフードなしブルゾン 詳細はこちら■ブラックとベージュのフードつきブルゾンほんのりトラッドな抜け感を楽しみたいならフードつきを (右)オンにもオフにも使いやすいベージュ。前の丈が短く後ろが長いデザインで、ロングスカートやワイドパンツとも合わせやすい。大きめのフードは着こなしのアクセントになるだけでなく、対比で顔を小さく見せ、全身バランスをアップさせてくれるうれしい効果も。ブルゾン¥55,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ザ リラクス) (左)ダブルボタンのフロントやウエストをシェイプした女性らしい形が、テーラードジャケットのようで着やすい一枚。ナイロンならではのほのかな光沢で、春は重く見えがちな黒アウターもほどよくモダン、かつ軽やかな印象に。ブルゾン¥48,000/エストネーション(エストネーション)▶ブラックとベージュのフードつきブルゾン 詳細はこちら■ベージュとグレーの透け素材トレンチコート今季一番の注目は、透け素材のトレンチコート。トレンチ特有のキリッとした雰囲気は残しながら、カーディガン感覚でふわりとはおることができ、旬度も抜群。(右)"透けるか透けないか"くらいのごく薄いナイロンを使用した「マッキントッシュ」のトレンチコート。撥水性も備え、タウンユースはもちろんレジャーにも。トレンチコート¥110,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)  (左)「アンスクリア」のトレンチは、優しく肌になじむオーガンジーを使用。透け感が仕立ての美しさを引き立てて。トレンチコート¥139,000/アマン(アンスクリア)▶ベージュとグレーの透け素材トレンチコート 詳細はこちら■オーラリーの撥水加工素材のトレンチコートチェック柄がモダンなBIGトレンチは超撥水加工で雨の日のおしゃれにも活躍しそう。ボリュームのあるアームホールや長めの丈感など、メンズライクなので、タイトスカートなど女っぽいアイテムとあわせてみたい。トレンチコート¥84,000/オーラリー▶オーラリーの撥水加工素材のトレンチコート 詳細はこちら③エムセブンデイズの洗える名品■エムセブンデイズの洗えるクロップドパンツセミワイドシルエット×センタープレスでほっそり見え。速乾性に優れ、雨にぬれてもしみにくく、サッと雫を払うことができる。自宅で手洗い可能だから、泥はねなどの汚れが気になっても安心。ホワイトは透け防止素材なので、下着のラインを心配せず着られる。パンツ\14,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ)▶エムセブンデイズの洗えるクロップドパンツ 詳細はこちら■エムセブンデイズの撥水素材ワンピース暑い日にもうれしいさらさらとした快適な着心地。コーディネートいらずのワンピースは、忙しい雨の朝の強い味方。少しだけ二の腕にかかるフレンチスリーブや、すっきり広がるスカートなど、こだわりのディテールもポイント。ストレッチ入りで着心地もよく、自宅で手洗い可能。ワンピース¥19,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ)▶エムセブンデイズの撥水素材ワンピース 詳細はこちら④梅雨コーデに欠かせない!PVCバッグ■ラドローのドット柄チュール素材のバッグ着こなしが年々地味になっていくアラフォーに、遊び心のあるバッグがマスト。ドット入りチュールとフレッシュなブルーが大人かわいい! バッグ¥28,000/ロンハーマン(ラドロー)▶ラドローのドット柄チュール素材のバッグ 詳細はこちら■ヴァジックのPVCバッグ透明なPVC素材で、梅雨はもちろん夏も涼しげに使えそう。ちょっとしたアウトドアや海にも使えるのでひとつあると絶対便利! バッグ(ポーチつき)¥24,000/コード(ヴァジック) ▶ヴァジックのPVCバッグ 詳細はこちら■ラヴァンチュール マルティニークのPVCバッグPVCバッグは抜け感が出てすごくいいのだけど、中身が見えるのが気になる……。でもこれなら中身が見えづらく、辛口パイソン柄も大人っぽいのでアラフォーにぴったり! バッグ(ポーチつき)¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク)  ▶ラヴァンチュール マルティニークのPVCバッグ 詳細はこちら■ヴァジックのPVCバッグレザーでもきれい色を多く展開しているヴァジックは、PVCもブラウンでひと工夫。中にはポーチつき。(21.5×19.5×12)/アダム エロペ(ヴァジック) ▶ヴァジックのPVCバッグ 詳細はこちら■メゾン  ボワネのPVCバッグ財布とスマホとetc.でほぼ満タン。どう隠すか迷う余地のないミニサイズは、むしろ"透明向き"なのかも。(16×13×7.5)/メゾン イエナ(メゾン  ボワネ)  ▶メゾン  ボワネのPVCバッグ 詳細はこちら■ルサックアダムのPVC 2wayバッグボックス型の2WAYバッグは定番人気。巾着がついていたりと、クリアになってもちゃんと実用的。(24×18×16)/クイーポ(ルサックアダム)▶ルサックアダムのPVC 2wayバッグ 詳細はこちら■スタウドのPVCバッグ型押しポーチは取りはずし可。きちんと感のある白レザーなので通勤バッグとしても使えそう。(28×34×12.5)/エストネーション(スタウド)▶スタウドのPVCバッグ 詳細はこちら■ヤーキのPVC 2wayバッグ外はレザーのフラップ、 中にはポケットを備え、品よく目隠し。ショルダーストラップつきの2wayタイプ。(20×28×13)/ショールーム セッシ ョン(ヤーキ) ▶ヤーキのPVC 2wayバッグ 詳細はこちら■オルセットのPVCバッグバケツ型×キャンバスのインバッグというカジュアルさが好評。肩掛けもできるのもうれしいポイント。(32×28×14.5)/オルサ(オルセット)▶オルセットのPVCバッグ 詳細はこちら■ヴィオラドーロのPVC 2wayバッグ曇りガラスのような半透明の素材で使いやすい。荷物全体をカバーできる大きな巾着つき。PVCとバンブーの合わせが新鮮! (24×35×15)/ピ ーチ(ヴィオラドーロ)▶ヴィオラドーロのPVC 2wayバッグ 詳細はこちら■マニプリのPVCバッグスカーフでおなじみのマニプリからも、柄の上にPVC 加工を施したユニークなバッグが登場。マニプリらしいヴィンテージ調の柄がシンプルコーデに映える。(25×30×16)/フラッパーズ(マニプリ)▶マニプリのPVCバッグ 詳細はこちら■ラウゴアのPVCトートバッグマチが広く収納力も抜群。控えめなロゴがアクセントに。プチプライスもうれいい!(28×30×16)/クー(ラウゴア) ▶ラウゴアのPVCトートバッグ 詳細はこちら■HAVEFUN×Lilascampbell×nano・universeのPVCトートバッグパープル×グリーン×ピンクと旬色を使ったストライプが華やか。梅雨時期も気分が上がります!(40.5×40.5)/ナノ・ユニバース(HAVEFUN×Lilascampbell×nano・universe) ▶HAVEFUN×Lilascampbell×nano・universeのPVCトートバッグ 詳細はこちら■マルシャル・テルのPVCトートバッグ茶、黒、グレーなど今年はダーク色のPVCも多数。クリア過ぎるのに抵抗がある人におすすめ。大き目なロゴがおしゃれ!(28×46×18)/ザ テント代官山店(マルシャル・テル)▶マルシャル・テルのPVCトートバッグ 詳細はこちら■テンベアのPVCトートバッグワンショルダーで肩にかけやすいのも人気。アラフォーにも使いやすいカラーリングが◎。(37×23×14)/テンベア▶テンベアのPVCトートバッグ 詳細はこちら⑤こだわりのおしゃれ傘■サード マガジンのビニール傘園遊会などで使用され宮内庁御用達としても知られるホワイトローズ社に別注したビニール傘。一般的なビニール傘とは一線を画す耐久性と品格をもつリュクスなつくりが特徴で、持ち手部分にはアカシアを使用、アクセントになるステッチ部分をベージュの布地でトリミングするというこだわりよう。「視野が広く実用的なビニール傘が元々好きなのですが、このしゃれた傘を展示会で発見した時は大興奮!欲しかった究極の理想!」とスタイリスト徳原文子さん。傘¥9,000/サード マガジン(ホワイトローズ×サード マガジン)▶サード マガジンのビニール傘 詳細はこちら■マニプリの晴雨兼用折りたたみ傘クラシックなマップ柄は、ストールで人気だったモチーフ。UVカット機能をもつ素材を使った晴雨兼用だから、これ1本あれば梅雨も真夏も乗り越えられる。共布のバッグつきで、可愛く収納できるのもうれしい。傘¥14,000/SHOP Marisol(マニプリ)▶マニプリの晴雨兼用折りたたみ傘※( ) 内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です(編集部調べ)
  • 主張し過ぎず洒落ている。デイリーからスマートカジュアルまで。そんなリクエストに答えてくれるJ&M DavidsonのBAG。新たに追加したのは「DAISY WITH STUDS」さりげないスタッズがポイントです!以前から欲しいものリストの上位。ジワジワ良さを感じていた「DAISY WITH STUDS」。夏旅へ持って行くのに丁度良く、ついにお迎えしました。レギュラーサイズを選択したので収納力抜群!長財布も余裕です。長財布だけでなく日傘もスッキリ入ります。嬉しい♡旅は昼間アクティブ(?)に観光、ディナーだけ少しドレスアップが必要なプラン。主張しすぎないスタッズがさりげなく華やかで、キレイめな装いにも溶け込むのが嬉しいです。ホントはディナー用バッグを別に用意すればいいのですが...旅の荷物は最小限に抑えたいのでバッグはひとつ!笑夏服にはもちろん、冬の装いにも溶け込むアイボリー寄りのホワイト。令和元年SALE戦利品第一号のトレンチコートに合わせるのが待ち遠しいです。まだ猛暑もやって来ていないのに気が早いですが、ファッションは少し先を考えるのが醍醐味ですね。トレンチコートはTOTEME。美女組No.93ゆっきーのブログ
関連キーワード

RECOMMEND