洋服を選ぶように器を選ぶ楽しみ

Marisol ONLINE
皆さんこんにちは。
いつもお読み頂きありがとうございます。


私の実家は岐阜県東濃地方、陶器(美濃焼)が有名な町にあります。

数年前から器にはまり出した私は、せっかくなら地元の食器をという思いで、帰省した際にお店を覗いては少しずつ集めています。


特にお気に入りなのは、岐阜県土岐市に工房を構えるsakuzanさんの器。

シンプルなデザイン、マット感、絶妙なくすみカラー、さらっとした質感が好みです。
カップの口当たりもとても滑らかです。


大好きなコーヒーを飲むとき、料理を盛り付けるとき、その日の気分で洋服を選ぶように器を選んでいますが、
それがちょっとした日常の楽しみになっています♪

日本最大級の陶磁器生産地である土岐市には、「織部ヒルズ」という卸問屋直営のお店が並んだ倉庫街があり、お値打ちに購入できたりします。

伝統的な織部・志野・黄瀬戸を始め個性あふれる商品を取り揃えています。



写真の食器はsakuzanさんのもの↓

そして今回は土岐市の隣町、多治見市にあるモザイクタイルミュージアムにも足を運んでみました。


昭和を彩った懐かしいタイルの8割はこの町で作られていたそうです。

全面タイルの世界がなんとも美しかったです。

大人になって地元の魅力を感じる今日この頃です。
大人も子どもも楽しめるワンコインで体験工作。私はフォトフレーム作りました♪センスが問われる...父も楽しんで作ってました。3世代でタイル工作に夢中になりました。
大人も子どもも楽しめるワンコインで体験工作。私はフォトフレーム作りました♪センスが問われる...父も楽しんで作ってました。3世代でタイル工作に夢中になりました。
吹き抜けになっていて、お天気が良いと太陽の光が入りもっと綺麗だそうです。
吹き抜けになっていて、お天気が良いと太陽の光が入りもっと綺麗だそうです。
東濃地方は恵那の栗きんとん「川上屋」が有名だったり、お洒落カフェもたくさんあります。


行く機会があったらぜひ寄ってみてくださいね。

関連記事
  • オフィスではすっかりデジタル化&ペーパーレス化が定着したとはいえ、まだまだ私たちのお仕事に欠かせないのがペンやノート、メモ、マスキングテープなどの文房具。読者のみなさまもそれぞれ“愛用の逸品“をお持ちだと思いますが、BAILAエディターズに意外と人気なのが【無印良品】のステーショナリーです。今回は、元無印スタッフで現編集部員の編集バタコが実際に愛用している名品7アイテムをお届けします。元スタッフが溺愛する【無印良品】本当にコスパのいい文房具7選植林木ペーパーチェックリスト付箋紙(45枚) ¥250 「四角いチェックボックス&罫線が12列ある縦長のポストイット式メモパッド。サイズ(横45×縦98mm)、粘着力ともに手帳やデスクにちょい貼りするのにちょうどいい大きさで、ToDoリスト管理に愛用しています」(バタコ)ダブルリングノート無地(B6・80枚)¥190 「A4、A5、A6、A7、B5、B6と幅広いサイズ展開を誇る【無印良品】のノート。私が愛用しているのはB6サイズで、360°折り返せて、上下左右どちらからでも使えるダブルリングタイプ。カバー台紙がしっかりしているので、立ちながらの取材やメモ時にもとても便利です」(バタコ)ハンドシュレッダー ¥990 「ストレートカットの手回し式ハンディサイズのシュレッダーで、ハガキサイズくらいまでの紙をさくっと分解できます。コンパクトサイズ(約幅182×奥行50×高さ30mm)なので会社のデスクでも収納場所を取らず、しかも立てて置いておける自立型」(バタコ)ポリプロピレン小物ボックス ¥60 「クリップや画びょう、安全ピンなど、細かい文房具を入れておく用途のものですが、ピアスやリング、ネックレスなど小さなアクセサリー&ジュエリーのポータブル収納ケースとして活用する方法も! 使い道いろいろの万能ケースです」(バタコ)こすって消せるボールペン 各¥150 「キャップ部の専用ラバーでこするとインクが消えるボールペン。シンプルなデザインと書きやすさに加え、0.5mmという細すぎず太すぎない芯、インクの減り具合が一目瞭然なクリアケース、替え芯(¥120)があってエコフレンドリーなところもお気に入り」(バタコ)ポリカーボネイト シャープペン(ラバーグリップつき)¥80 「驚くほどプチプラなのに、とても丈夫な素材のポリカーボネイトを軸に使用し、指が滑りにくいラバーグリップで仕上げています。芯は0.5mm。個人的には“人生史上最も書きやすい”と思っています」(バタコ)マスキングテープ 3本組 各¥390 「華やかで可愛らしい柄と、貼りやすさ&はがしやすさ、テープの上から文字が書けるなど、文房具女子に根強い人気を誇るマステ。白い無地のもありますが、人気は3色パック(上)と伝統柄パック(下)。自分用はもちろんですが、海外の方へのお土産としても喜ばれます」(バタコ)以上、編集バタコ渾身の【無印良品】文房具プレゼンでした! どれもプチプラなので、みなさまも一度買ってお試しいただくことをおすすめします。ネットでも買える!【無印良品】公式オンラインストアはこちら【合わせて読みたい】生活まるごと頼っちゃう! 編集部が溺愛する無印良品の名品取材・文/沖島麻美 ※コメントには個人の感想が含まれます。価格や在庫状況を含む商品情報は5月初旬時点での情報で、予告なく変更になる場合があります。
  • 5月も終盤に差しかかり、6月に入ると、あの嫌なジメジメ湿気やじとっとした梅雨がやってきます。 そんな季節に入ると気になるのが、カビや繊維の生乾きですよね。 今回は、日本の雨季に負けない!カラッと、できるだけストレスフリーに過ごすために選ぶ、心地の良い“リネン”のお話です。 ▲洋服や服飾小物など幅広く使われていますが、今回は生活雑貨に注目 毎日使うハンドタオルやバスマット、パジャマやスリッパをリネンに変えると「なんて気持ちいいの!」と驚くほど、とにかく乾きが早く、表面がさらっと心地よい素材なのです。 産地やブランドによって素材感が少しづつ異なるので、バイヤー目線のレビューと一緒にご紹介いたします。   ▼お先にリネンのコンテンツを見たい方はこちらから!   \汚れやすいエプロンこそリネン素材/ Lino e Lina/マノン リネンフルエプロン/¥5,800+税 きれいな発色、豊富なカラーバリエーションが人気のリネンフルエプロン。 一度洗いをかけたウォッシュドリネンを使用しており、肌に当たってもチクチクしません。 薄すぎずしなやかで若干コシがある、身体に合わせやすい生地です。 梅雨でも4~5時間あれば乾き、家事をするのに頼もしいエプロンです。   \リネン初心者はキッチンクロスから/ fog/リネンキッチンタオル/¥1,150+税 「fogといえばリネンキッチンタオル」と呼ばれるほど、fogの代表作であるキッチンタオル。 使い始めはのりが付いていてパリッとしているので、3回ほど洗うと風合いが出てきます。 このパリッとしている感じが、逆にギフトや記念品に使いやすいです。   長さが65cmあるので、半分に折りたたむとランチョンマットにちょうど良い大きさに。 コーヒーをこぼしても、油染みがついても、直ぐにさっと洗ってパッパと手で伸ばして干せば、半日でまた直ぐ使えます。   Lino e Lina/キッチンクロス プレザンス/¥1,300+税 fogとは対照的に、一度洗いをかけたウォッシュドリネンを使用しているLino e Lina。 初めから使い込んだような柔らかさを得られるリネン生地です。 水周りの布ものには、リネン素材が最適です。 なぜかというと、リネンは繊維の奥まで水分が入り込まないうえ、汚れがつきにくい素材なのです。 カビや雑菌の温床になる水気をすばやく発散させるので、表面もカラッとしています。   ▲私はこんな感じで台所のハンドタオルにしています   ▲こっちは、水切りかご代わりに。食洗機に入らないものを洗浄後に置いています。   cushion/【Vaxbo Lin】ディッシュクロス/¥2,000+税 さらにもう1つ、スウェーデンにあるVaxbo Lin社のキッチン&ディッシュクロスです。 織機でざっくりと織ったクロスは、洗うたびに撚っていた糸がふっくらと変化し、使用年月を重ねるごとにふわふわの肌触りに育っていきます。   ▲光沢感のある丈夫で美しいリネンと織り目が特徴です   \バスマットもすぐ乾くリネン推し!/ cushion/【Vaxbo Lin】バスマット/¥3,800+税 さきほどご紹介したVaxbo Linから、今度はバスマットの紹介です。 こちらも織り目や素材はディッシュクロスと同じですが、たっぷりのリネン糸が吸湿速乾するため、お風呂上りが2~3番目でも足裏が気持ちの良いマットです。   \一旦ここでティーブレイク?!/ ━ リネンの洗い方のコツ ━ リネン生地は、自宅でお洗濯ができる素材です。上手に扱えば、洗濯機でも洗うことができます。洗濯機で洗うときは「弱水流」「脱水時間」がポイントです。 先ほどのバスマットを洗濯機で洗って干したものがこちら↓ (畳んでいたので折り目ありますが…)ノーアイロンでも大丈夫そうな仕上がりです! 「弱水流」は、弱コースやおしゃれ着洗いコースなど、洗濯機の機種に合わせて水流の弱いコースを選んでください。 「脱水時間」は、私がいろいろ試した結果、2分を目安に脱水するとシワシワになりません。   《 脱水2分 》がこちら 触ると全体的に水分がまだ残っているような感じで重みもありますが、この重力で生地が伸び、素早く水分が発散されシワシワになる暇もない、といった感じです。   《 脱水7分 》がこちら 水分がだいぶ抜けて干したそばから乾き始めているような状況。 脱水のシワが付いたまま乾燥されるため、仕上がりもシワシワに。これではアイロンが必要です。   ということで、リネン素材を洗濯機で洗うときは「弱水流」「脱水時間」に気をつけてお洗濯を意識してみてください。 これを守れば、リネン生地のお洋服もノーアイロンで着用できますよ!   では、本題に戻ります   \素足快適なリネンスリッパ/ FRANKEN WORKS/ベルギーリネン ルームシューズ/¥4,800+税 みなさんはLIBECOのリネンはご存知でしょうか。ベルギーリネンのリーディングカンパニーかつ、限られたメーカーにしか称号が与えられない「マスター・オブ・リネン」を保有する、リベコ・ラガエ社のリネンブランドです。 そのLIBECOのリネン生地を使って、スリッパの産地・山形県河北町で作られたのがこちらのスリッパ。   ▲手前は太めの糸で織られたナチュラルな風合い、奥は細めの糸で織られた光沢感のある生地 さらっとした履き心地なので、夏は素足にこのスリッパを履くだけで、足を健やかに保てられそうです。 手洗いも一応可能なので、清潔にお使いいただけます。(手洗い後はすぐに乾燥させてください)   \一生モノのリネンパジャマ/ FRANKEN WORKS/ベルギーリネン パジャマジャケット&パンツ/¥28,000+税 先ほどのLIBECOのリネンを使ったパジャマセット。 リネンは扱いを間違わなければ、状態の良い100年超えのアンティーク生地が見つかるほど、とにかく長持ちがする素材です。 お値段は綿のパジャマがいくつも買えるくらいですが、このセットが1つあれば何年も着まわせるかと思うと、高い買い物ではないです。   ▲ゆったりと、さらっと着こなせるシンプルなデザイン 今は女性用しかありませんが、男性用のご要望がありましたら是非コメントをお寄せください。   今回は、日本の雨季に負けない!カラッと、できるだけストレスフリーに過ごすために選ぶ、心地の良い“リネン”のお話でした。 リネンの、さらっと、カラッとした感じが伝わりましたでしょうか。   ▼ご紹介した商品はこちらでも見れます   ▼5月27日(月)13:59まで開催中! みんな急げ~♪   ★FLAG SHOP内の雑貨専門ページ【zakka market】   ★【zakka market】 インスタグラム もやってるよ!
  • 今回はハワイでオススメの最新人気スポットをご紹介! わたしも大好きな、フォトジェニックでスイートなアイスクリーマリーです♡Lucy's Lab Creameryホームメイドのアイスクリームやシャーベットが食べられるお店です♡ 私はスイカとバースデーケーキをチョイス\( ´ω` )/ 赤い方がスイカで、白い方がバースデーケーキです。 トップには大好きなシリアル"フルーツループ"をオン!カラフルでとってもフォトジェニックー!♡ お味ももちろん◎ 甘くておいしいー♡ 一緒に行っていた父母は、カップでコーヒー&ドーナツとキャラメルアズキをシェア♩ ここでしか味わえないフレーバーばかりなので、チョイスするのにとっても悩みますが、テイスティングもさせてもらえるので、お気に入りのフレーバーを見つけてみてください!ウォールアートが有名なカカアコエリアやアラモアナセンターにも近い、ワードビレッジ サウス・ショア・マーケット内にあるお店なので、ハワイに遊びに行く時にはぜひチェックしてみてくださいね♩*モアハピ部 No.510 MIYU のブログ
  • みなさん、こんにちは!カワイイ選抜のわかです。 今日は、羽田空港にあるおすすめカフェをご紹介しますLDH kitchen THE TOKYO HANEDAこちらは、羽田空港第1ターミナルにあるカフェです。空港内のThe Tokyo Hanedaという、カフェ、ジム、マッサージ屋さんなどが揃う、複合施設にあります。飛行機に乗らない人でも入れます。 このカフェの魅力は、何と言っても 目の前に滑走路があること! なのですが行った日はあいにくの雨で、写真が残念です。 でも、ちょうど離陸する飛行機を間近でみられることはなかなかないので、とっても幸せな時間でした♡食事は、私はハンバーガーを頼みましたが、うどんや丼などもありました!おしゃれな店内注文はタブレットでするそうです!テクノロジー!そして、お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、このカフェは、エグザイルなどのアーティストが所属しているLDHが経営するカフェなんです! 店内のテレビ画面では、三代目などのLDHのアーティストのミュージックビデオが流れています。ライブステージもあり、夜には生バンドによるライブが行われるそうです。 いかがでしたか?LDHファンも、飛行機ファンも、カフェ好きな方も、楽しめるカフェです! よかったら、行ってみてください WakaおしゃれなコーヒーもLDH kitchenカワイイ選抜 No.71 中野倭佳のブログ
  • 日本文化の発信地「銀座」には、アラフィー世代になったからこそ一層魅力を感じられる、粋なお店がたくさん。現代作家の工芸品やユニークな展示が魅力の個性派書店、質の高い更紗小物を取り揃えた老舗呉服店まで、秀逸なセレクトがキラリと光るお店を、黒田千永子さんのコメントとともにご案内。毎日の食卓に映える、現代作家の工芸品がそろう日々(にちにち)「以前のギャラリーで佃眞吾さんや森本仁さんの個展にうかがっていたので、’18年の移転オープンを楽しみにしていました」と、黒田さん。すでにこちらにも何度か足を運んでいる。日々気軽に使えて飽きがこない、料理映えする器や花器が多く、おなじみの作家だけでなく、新しい作り手の発掘にも力を入れている。個展は年間約35本。陶器だけでなく、ガラス、木、金工の作品も。最近は料理好きな男性客や外国人客も増え、ますます活気が。型吹きガラスの器は、谷口嘉さんの作(6/21〜26に作品展開催)。クリアな質感と金彩の縁のラインが美しい。 グラス¥12,000・オーバル鉢¥13,000柔らかな自然光の入る店内は器の色合いがわかりやすい。力強い染付の器は加藤委さんの作品ディスプレイとしても魅力的な引き出しの中には、安斎新さん・厚子さん夫妻の作「てふてふの豆皿」¥1,800などが(以上、すべて常設展示の作品)【Data】 中央区銀座3の8の15 APA銀座中央ビル3F ☎03・3564・1221 12:00~19:00(作品展最終日は〜17:00) ㊡木曜、年末年始 Instagram @ginzanichinichi「一冊の本」から着想を得た展示が魅力の、個性派の書店森岡書店一冊の本と、それにまつわる世界を5坪ほどの空間に展示し、著者と読者をつなぐユニークな書店。取材時には多肉植物を扱うユニット『TOKIIRO』の洋書と、シックな器を使った寄せ植えの販売も。「実際に著者のかたとお話ができ、かわいい植物の生態や世話の方法も教わりました。本をアートのように扱う発想、素敵ですね」と黒田さん。著者目当てに来る人もいれば、最近はミニマルな日本文化に触れたいという海外からのお客も多いそう。取材時には『Stylish SUCCULENTS』を取り上げ、著者であるTOKIIROの近藤義展さん・友美さん夫妻が在店。5月以降のスケジュールはTwitterやInstagramなどで発信「4年がたって、最近は企画をいただくことも増えました」と話す店主の森岡督行さん実際に多肉植物に触れることで、著書の世界をリアルに感じられる【Data】 中央区銀座1の28の15鈴木ビル1F ☎03・3535・5020 13:00〜20:00 ㊡月曜、お盆、年末年始 Twitter @morioka_ginza古きも新しきもそろう。質の高い更紗小物にうっとり銀座むら田趣味のよいきものや帯はもちろん、インド更紗(さらさ)やバティックを使った小物、綿の風呂敷なども見応えがある。更紗好きの黒田さんは帯に目をとめ、「インドの古布を使った更紗帯、紬に合わせたいなあ」と目を輝かせた。聞けば150年以上たった布だとか。このような貴重な布は小さな端切れもむだにせず、古帛紗(こぶくさ)や名刺入れ、楊枝入れなどに仕立てられる。代々、手技を大事にしてきた老舗呉服店ならではのセレクトにため息。更紗布の世界は奥が深い。時代を経た風合いもまた魅力。名刺入れ(¥1,400~)や茶扇子入れ(¥5,000~)で取り入れて古いインド更紗で作られた数寄屋袋¥25,000、巾着袋¥26,000。かわいい色柄に見とれてシケ引き紬に和更紗帯を着こなす店主、村田あき子さんは6代目。「伝統的な手技による織りのものに惹かれますね」【Data】 中央区銀座6の7の7 ☎03・3571・2077 10:30~18:00 ㊡日曜、祝日、夏季(8月中旬)、年末年始 www.ginzamurata.co.jp撮影/荒木大甫 スタイリスト/池田奈加子 取材・文/山崎陽子 ※エクラ6月号掲載
  • ファッションに合わせてバッグを使い分ける方も少なくないのではないでしょうか。 今回は”大人可愛い”を作れるバッグのブランドを、アイテムとともに4つご紹介します。 SEE BY CHLOE(シーバイクロエ) フランスの人気ブランド・CHLOEのカジュアルラインとして誕生した、SEE BY CHLOE。CHLOEらしいフェミニンなデザインはそのままに、普段使いしやすい素材やリーズナブルな価格帯が魅力です。 SEE BY CHLOE/M TOTE W/S/¥35,000+税 トレンドのパイソン柄ミニケースが付いた、今季の新作トートバッグ。くしゅっとしたフォルムや、口を絞ってふわっとさせることもできるデザインが可愛らしい一品です。両端にはゴールドリングのジップポケットが配置されて、使い勝手も抜群。 Mimi(ミミ) MimiはデザイナーMimi Berryによってイギリスでスタートした、バッグ・アクセサリーブランド。上質な素材で作られた実用的なデザインが、大人女子の間で人気を集めています。 Mimi/フランシス イン ブラック/¥36,000+税 コロンとしたシルエットが可愛いショルダーバッグは、カジュアルにもフォーマルにも合う万能アイテム。フラップを開けると手前にはフラップポケット、奥にメインコンパートメントと、シンプルながら機能性もばっちりです。 beautiful people(ビューティフルピープル) 2007年に日本で誕生したbeautiful people。時代の雰囲気を落とし込んだ、こだわりのデザインが魅力的。2017年にはパリコレデビューを果たしました。 beautiful people/ビニールショルダーバッグ/¥12,000+税 今季のトレンドであるビニールバッグは、発売以来爆発的にヒットした人気アイテム。持ち手に使われたロゴ入りジャカードテープがアクセントになっています。表面はフッ素加工が施された格子柄のテント素材が使われ、光に当たっても黄ばまないところがポイント。半透明なので、中が丸見えにならないのも嬉しいですね。 Marimekko(マリメッコ) ケシの花をイメージした「Unikko」を代表とする、インパクトある柄でお馴染みのMarimekko。1950年代にフィンランドで設立され、アパレルや食器、インテリアなど幅広く展開。日本でも多くの人に愛されています。 marimekko/Buddy バックパック/¥23,000+税 Marimekkoの創設者であるArmi Ratiaの実の息子、Ristomatti Ratiaがデザインした人気のBuddyバックパック。軽くてフィット感があり、ポケットの数も多くて実用的。開口部は大きく開閉し、中身を出し入れしやすい機能性の高いバックパックです。
  • インテリアや生活雑貨など、ライフスタイルグッズが大人気の【無印良品】ですが、実はメイクアップアイテムや基礎化粧品など、コスメ&ビューティグッズにも、リーズナブルで使いやすい高コスパなアイテムが多いんです! 今回は、編集者という仕事柄、日々たくさんのメイクアップ&スキンケアアイテムと向き合うエディター沖島が「本当にコスパがいい!」と感動し、リピ買いしている【無印良品】ヘルス&ビューティアイテムをご紹介します。エディター絶賛リピ買い中【無印良品】ヘルス&ビューティ名品10選リップエッセンス 各¥790 乾燥を防ぎ、うるおいとツヤを与える唇専用の美容液です。ほんの少量つけるだけでツヤッつや&プルッぷるの唇になります。植物性うるおい成分としてカミツレ花エキスやホホバ種子油などが、保湿成分としてヒアルロン酸Naが配合されています。元スタッフの編集バタコも愛用する超売れ筋コスメです。UVベースコントロールカラー 各¥950 SPF50+・PA+++のUVカット機能つき化粧下地です。とくに肌のくすみやクマをカバーし、血色をアップする効果に優れているもよう。自分の肌色に合わせて5色から選べますが、個人的なおすすめはパール。顔だけでなく、首やデコルテ、腕、脚などにも使えて、肌に自然なツヤを出しながら紫外線対策をしています。アイカラー4色タイプ 各¥790 ブラウンベースでピンク、オレンジ、プラムなど全5色展開ですが、最も売れ筋なのがブラウンとゴールドブラウンだそう。パールのきらめきがほどよくきいたごくナチュラルなグラデーションのアイメイクができます。別売りのメイクパレットやスポンジ、カラーチップなどと組み合わせて、自分専用にカスタムできるのも楽しい!導入化粧液 ¥1290 本格的にスキンケアする前に、洗顔したてのすっぴん顔や肌に最初につけるプレ化粧水。肌をやわらかくし、その後につけるスキンケア用品の美肌成分をより浸透させやすくする効果があるそうです。ないのとあるのとでは潤いがぜんぜん違う気がします。岩手県釜石の天然水を使用。マイルドクリームクレンジング ¥990 薄メイク派、クレンジング後の乾燥が気になる派におすすめのしっとり感重視クレンジングです。ちなみに濡れた肌にも使えますが、よりしっかり落としたいときは、別売りですでに愛用中のホホバオイルを混ぜて、顔を濡らさずよくなじませてから落としています。エイジングケア オールインワンボディジェル ¥1990 化粧水・乳液・クリームの役割がひとつになった、ボディ用のオールインワンジェルです。ごく軽めのテクスチャですが、ほどよくしっかり潤うので、春・夏・秋3シーズンのボディケアにぴったり。こちらも岩手県釜石の天然水を使用しているそう。メイクアップスポンジ ¥499 三角や四角などさまざまな形のカットスポンジが40個入っています。目元や小鼻まわりなど、細かいパーツのメイク仕上げに便利。使い捨てできるので清潔です。プロのメイクアップアーティストにも愛用者を多く見かけます。ローションシート(全体用)圧縮タイプ 5個入り¥100・20個入り¥350 コロコロの錠剤型に圧縮されたシートに化粧水をひたすとアラ不思議、ムクムク膨らんであっという間にフェイスパックのできあがり! 普段づかいの化粧水でより時間をかけたスキンケアがしたいときにぴったり。目の部分まできちんとあるのがうれしい◎。スプレーヘッド・トリガータイプ ¥250 ボトルから直接そのままプシュッとミストできるので、いちいちコットンに化粧水をとりたくないズボラさんにぴったりのギアかと。チューブは、ボトルのサイズに合わせてハサミで適当にカットします。沖島は、たっぷりつけたい導入化粧液のボトルにつけて使っています。スチールセーフティはさみ ¥990 産毛、鼻毛などのムダ毛をお手入れするはさみ。眉用はさみは別にありますが、沖島は眉用にも使っています。刃の先端が丸くなっているので、肌を傷つけにくい仕様なんです。「刃物の町」として有名な岐阜県関市で、伝統的な鍛造製法を用いて作られているそう。【合わせて読みたい】編集部員おすすめ! 無印良品愛用アイテム記事一覧取材・文/沖島麻美 ※掲載アイテムはすべて私物で、使用感には個人的な感想が含まれています。また、価格や在庫状況などは2019年5月中旬時点での情報で、店舗やネットストアでは予告なく変更になる場合があります。
  • こんにちは、バイラーズの泉です。 今週末は暑くなりそうですね! 暑いのは苦手だけど、ワンピースが可愛く着れる夏は好き(゚ω゚) 発売中のBAILA6月号は付録と創刊記念の読者プレゼントが豪華なだけでなく、ファッション大特集も読み応えたっぷり。 かわいいワンピース×フラット靴コーデが徹底特集されています。 プチプラアイテムを使いつつ、私も早速真似っこ(^^)付録とジュエリープレゼント企画の詳細はこちら◾︎ワンピース フレイアイディー ◾︎ライトVネックカーディガン ユニクロ ◾︎アンクルストラップフラットサンダル GU ◾︎スマホケース バンドリヤー ◾︎イヤリング マーキュリーデュオ フレイアイディーのワンピースを主役に、プチプラアイテムで今年らしいコーデに格上げ。 特にGUのフラットサンダルは形も色も素晴らしくて高見えします! 歩きやすいし、一つ持っていて損は無いと思います。 ユニクロの白カーデも、顔映りが良くて羽織るとコーデがパッと明るくなるのでオススメですよ。ちなみにバンドリヤーのスマホケースもBAILA6月号で紹介されていたよ! 春先に買ったのだけれど、可愛すぎて便利すぎて本当に買ってよかった。 スイカなどのカードも入るので、これだけで出かけられるのが良いです。この日は山梨の南アルプス市までドライブ。 SILVER LAKE CLUBというカフェでお茶をしました。センス抜群のインテリアに、ふわっふわ〜のシフォンケーキ! 甘党でまったり族の私にとって最高な居心地のカフェなんです。 実はこちらのカフェではバッグなどこだわりの皮製品が販売されています。 主にメンズものなのですが、とても上質な素材を使用していて仕立てもしっかりしています。 釣りや皮製品が好きな彼へのプレゼントにオススメですよ!自家製のジャムや食器なども販売されています。 こちらにある物は全てオーナーさんのこだわりが詰まっているので、山梨にドライブに来たときは、ぜひ立ち寄ってみてください♪スーパーバイラーズ 泉マリコのブログ
関連キーワード

RECOMMEND