漂白より着色除去で根本ケア! オーガニックで白い歯へ

Marisol ONLINE

オラルゲン

ニューパール アドバンスト ティースケアシステム

真っ白な歯は今や、美肌に勝るとも劣らない重要なビューティチップス。ただ、ホワイトニングの薬剤や光刺激に耐えられず断念した諸姉も多いはず。でも、時代は進化しています! この「ニューパール」は敏感な大人の歯のためのホームケア。90%以上がオーガニックの独自のナチュラル成分処方で、朝晩10分マウスピースを装着するだけで、着色汚れを浮かせて除去。7 日間で最大8 段階まで白く明るい歯に戻せます。お得なスターティングキットは¥7,900。お値段も輝いてます
(問)エム・アール・アイ:0120-295-731
【Marisol 2月号2019年掲載】取材・文/田中あか音
自覚症状のないまま、ジワジワ進行していく歯周病。気づいたら歯茎が下がって歯がグラグラ、なんてことにならないよう、アラフォーの今こそ、歯周病についてきちんと理解しておこう!
アラフォーはリスクの高まる年代だから。年齢を重ねても美しい歯でいるための歯周病講座、本日開講!
ふとした時に気になる、お口の臭い。製薬会社が10年かけて開発した、口臭予防特化型の新ブランドがとっても頼れるんです!
コスメを知りつくす美容のプロたちが、2018年上半期に最も愛したヘアケアやボディケア、口臭ケア、デリケートゾーンのケアなど、顔以外のうぬ惚れコスメを一挙公開!
口内、耳の穴、鼻の穴、そしてデリケートゾーン。正しい洗い方って分かってる?
関連記事
  • 女優やモデルからの指名が絶えない大人気ヘアメイクアップアーティスト、河北裕介さんがレクチャー!ベージュ流行りの今季も、いつもと同じメイクをしていない? コーディネートとは、服とメイクのトータルバランスのこと。ベージュが映える今どき美人メイクは、色や質感に抑えるべきポイントがあるみたい。ヘルシーな第一印象を与える日焼け色のワントーンメイク 肌に近い色だからこそ、質感や色が重いと顔の印象が強くなりアンバランスに。肌なじみも良い軽やかなワントーンメイクなら、ぐっと美人度が増すというわけ。カッパーブラウンの目元とさりげなく仕込んだ立体感が決め手 まずは、繊細なパールが目元を印象的に仕上げるジェルタイプのアイシャドウをチェック。血色感を与えるクリームチークや、スキンケア仕立てのツヤ感を演出するハイライトを駆使して。他の画像を見る服と一緒にメイクも日々アップデートすれば、自分プロデュースも思いのままに。
  • どんな肌悩みにも寄り添ってくれるビタミンCは、ベースのスキンケアにこそ取り入れるが吉! 毎日コツコツ使ってビタC貯金をすれば、きっと肌悩みともサヨナラして、自信を持てる肌への道が開かれる♪スキンケアの必須アイテム・化粧水から、ビタミンCを取り入れてみよう基本的な肌ケアに欠かせない化粧水だからこそ、ビタミンC入りを選ぶべし。いつものスキンケアをするだけでくすみにニキビ……、悩み知らずの肌が手に入る!❶12種類のビタミン類が肌の内部に働きかけ、はりのあるきめ細かな肌へ。ケイカクテルVローション150㎖¥7000/ドクターケイ❷美肌ビタミンとも呼ばれる「100倍浸透ビタミンC(APPS)」と、20年間の研究の末に発見した「浸透発酵コラーゲン」を配合。エイジングサインのケアに。VC100エッセンスローションEX 150㎖¥4700/ドクターシーラボビタミンC×パウダー洗顔で肌のワントーンアップを叶える!日中紫外線をよく浴びる人、過剰な皮脂分泌に悩む人は、パウダー洗顔でビタミンCを取り入れるのが◎! パウダーにギュッと詰め込まれたフレッシュなビタミンCが、透明感のある肌へと誘う!❶新鮮なビタミンCを使った7日間集中ケアセット。朝専用のパウダー洗顔料×美容液のダブルケアで、日中の肌を紫外線などのダメージから守って。フレッシュ プレスト C セブンデイ システム(パウダークレンザー0.5g×7包、デイリーブースター8.5㎖×1本)¥4000/クリニーク❷粒が毛穴をほぐし、頑固な角栓を除去。さらには、フレッシュビタミンCが肌トーンを上げ、「うるおいオイル」が肌の潤いを保ってくれる。ツルリナウォッシュ45g¥3200/マナラ化粧品❸ビタミンC×酵素の力で、毛穴の汚れをごっそり落としてくれる。オバジC 酵素洗顔パウダー(0.4g×30個)¥1800/ロート製薬 ♡6月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/海渡理恵 撮影/岩城裕哉 イラスト/村田エリー
  • Tシャツ、パンツ、シャツ、小物。“ザ・定番色”のネイビーも、スタイリスト村山佳世子の手にかかると、驚くほど新しい! スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子25年以上、集英社の雑誌を中心に第一線で活躍するトップスタイリスト。高い審美眼とスタイリング力で、ファッション業界からの支持はもとより、多くのモデルからも絶大な信頼を得ている。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が6刷・5万部の大ヒットに!「どんなに新しい着こなしに挑戦したって、必ず上品に着地させてくれるのがネイビーの長所。ここではネイビーの定番アイテムを使って、今年らしい遊びにトライしてみました」■ネイビーのTシャツ <実はネイビーのTシャツって、意外に主張が強い。だからインナーとして使うよりも、主役トップスとして着たほうがしっくりくるのです。今シーズンは、モードなボトムとの着こなしに挑戦。>旬のタック入りカラーパンツに、少しとろみ感があるきれいめのネイビーTシャツをインしただけ。着映えがかなうワンツーコーデの完成。Tシャツ¥11,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) パンツ¥22,000/エイチ ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース) カーディガン¥31,000/スローン ベルト¥32,000・バッグ¥168,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) 靴¥69,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ)ほどよい厚みとツヤ感があるコットン素材のネイビーTシャツを、ストライプ柄をリズミカルに配置したアシンメトリースカートにさらりと合わせて。コーディネートにきちんと感とモード感があるから、スポーティなスニーカー合わせがきれいめに着地。Tシャツ¥7,800/スローン スカート¥27,000/アストラット 新宿店(アストラット) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥106,000/ドゥロワー 丸の内店(ワンドラー) 靴¥8,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)■ネイビーのパンツ<ネイビーパンツで陥りがちな、「コンサバ見え」を避けるために、サマーウールのストレートパンツをチョイスしました。かなり男前ですが、女性がはいた時のムードが好き。サファリアウターやレオパード小物など、テイストの強いアイテム合わせで遊べる一本です>夏場も涼しくはけるドライタッチなウール100%パンツは、黒に近い色みが今年顔。スニーカーはもちろん、サンダルやヒールなどの女靴とも相性のいいシルエット。パンツ¥29,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥59,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) Tシャツ¥9,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) ピアス¥68,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグネス) バッグ¥240,000/アパルトモン 青山店(ビーネン デイヴィス) 靴¥9,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)■ネイビーのシャツ <素材とシルエットによって、ガラリと表情が変わるのがネイビーのシャツ。コットンのボタンダウンとリネンのオーバーサイズで、まったく違う女性像を提案しました。そして着こなしは遊び心たっぷりに。あえてウエストアウトするスタイルと、ハーフパンツ合わせ。どちらも新鮮です>ここ最近の主流であるウエストインするスタイルを封印し、あえてアウトで着たボタンダウンシャツ。着慣れたバランスをくずしただけで、ぐっと新しいイメージに。ネイビー×ブラウンの旬配色が、着こなしの鮮度を後押しして。シャツ¥15,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) イヤリング¥12,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥87,000/ジミー チュウオーバーサイズのリネンシャツをツイード素材のハーフパンツにイン。決して子供っぽくならない、大人の女性らしさを演出。シャツ¥34,000/アパルトモン 青山店(リジェール) パンツ¥52,000・ジャケット¥72,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(セヤ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥102,000/ロンハーマン(ハルポ) ベルト¥16,000/マスターピースショールーム(サイ) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)■ネイビーの小物 <小さくキュッときかせるのが、ネイビーの小物使いのポイントです。オールネイビーの着こなしに白小物をきかせるいつものテクニックと真逆の感覚で、オールホワイトコーデに2点使いしてみました>大判のストールは厚みのあるリネン、ローファーは上質なスエード。素材自体にニュアンスがある、異なる質感の小物同士の組み合わせが、今年らしさの決め手に。ストール¥26,500/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ) シャツ¥24,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) パンツ¥39,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥31,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥138,000/ゲストリスト(ザンケッティ/ハウント代官山)【Marisol6月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 白川青史(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/竹内友梨 取材・文/磯部安伽
  • マリソルオンラインで人気のミディアムヘアスタイルランキング月間TOP10を発表※集計期間:2019年4月23日(火)~5月20日(月)【ミディアムヘアスタイル1位】動きがあるのに品もある絶妙くびれミディアム【40代のミディアムヘア】★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル2位】いろんな表情を生み出す長めニュアンス前髪をポイントに【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル3位】おしゃれな空気感をまとえる切りっぱなし風ミディアム【40代のミディアムヘア】★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル4位】ウルフの女っぷりを上げているのはアンニュイな前髪と柔らかな毛流れ【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル5位】パーマスタイルが教えてくれた、今の自分にしっくりくる髪と服【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル6位】大人っぽさとカジュアルさを融合するパーマを取り入れた弾力スタイル【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル7位】ソフトウルフ×外ハネ、短め前髪、 3トレンドを大人っぽく取り入れて【40代のミディアムヘア】 ★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル8位】パーマなし派でも華やか度UPのアクティブミディアム【40代のミディアムヘア】★記事はこちら【ミディアムヘアスタイル9位】抜け感のあるゆるやかな動きがミディアムにこなれ感をプラス【40代のミディアムヘア】★記事はこちら【ヘアスタイル10位】広がる髪をボリュームダウンできる重×ふわミディアム【40代のミディアムヘア】★記事はこちら
  • マリソル編集部のおすすめビューティ情報をお届け「アスリートのためのアロマケア」コスメが5/24にデビューします。 名前は「フィナリテ」。写真左のボトルは、1日に何度もシャワーを浴びるアスリートのためのシャワーオイルだそうで、オーガニックのオイルでマッサージしながら体をほぐし、そのままお湯で流せば乳化して肌を洗浄しつつ、しっとり肌をキープしてくれるというもの。アスリートのための、と謳っていますが、フランスの植物学者が厳選されたオーガニック原料を調合して作っただけあり、どの製品も心から癒される上質な香り。 運動嫌いな私ですが、あまりのうっとり感触にボディコスメのスタメン入り決定です。肩などのコリをほぐしてくれるバームやローションも気になります!
  • 日光のせいで肌がヒリヒリしてしまうという、美容ジャーナリスト鵜飼香子さん。UVに求めるものは、「スムースさ」と「フィット感」と「トーンアップ効果」なんだそう。そんな三拍子揃ったスペシャルな名品UVを教えてくれました。美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん水分を蒸発しやすく、日光でヒリヒリしやすい薄肌。日当たりのいい部屋に住んでいるので、室内でもUV対策がマスト。「SFB( スムース、フィッティング、ブライトネス)は絶対!」よくのびてムラにならないスムースさ、肌と一体化して塗っていることを忘れるフィット感、明るさと血色感が出るトーンアップ効果は絶対条件。その点、エピステームの新作は、塗ったそばから肌に磁石のように吸いついてリフトアップ&小顔になれ、さりげなパールでトーンアップする唯一無二の一本。色もにおいもないコーセーコスメポートのUVスプレーは、何本使ったかわからない名脇役。顔やボディ、髪などどこでもふりかけます。(左)コーセーコスメポート サンカットⓇ日やけ止め透明スプレー 無香料汗・水・皮脂に強く、逆さにしても使える携帯に便利なUVスプレー。速乾性に優れ、サラサラパウダー配合で重ねてもベタつかず、白くならない透明タイプ。SPF50+・PA++++ 60g ¥665(右)ロート製薬 エピステームホワイトUVショット紫外線を肌の上で緑色の光に変えるダメージブロック、美白美容液と共通の成分を配合。パールの演出効果でつやや立体感をアップするブライトニングUV。SPF50+・PA++++ 40g ¥6500撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代〈STASH〉 取材・原文/長田杏奈 ※BAILA2019年6月号掲載
  • インしなくてもバランスよく、すっきり細見えがかなう「短めすそリブニット」を、パンツ&スカートで着回し!短めすそリブニット\これを着回し!/一枚でメリハリが生まれる太めのすそリブ。ニット¥26,000/essence of ANAYI(ジョン スメドレー フォー アナイ)PANTS で着回し! 太めのリブがウエストをマークして自然とメリハリシルエットにすその太いリブがウエストをきゅっとマークするので、ウエストインしなくても自然とメリハリが。胸まわりはゆとりがあり、全体的にタイトすぎないのもまた合わせやすい。シンプルなパンツでもしゃれた印象に決まる便利な一枚。コットン100%。ニット¥26,000/essence of ANAYI(ジョン スメドレー フォー アナイ) パンツ¥36,000/ルック(フィラージュ) バッグ¥44,000/フラッパーズ(ウェルデン) ネックレス¥26,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(クレッシオーニ) メガネ¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)SKIRTで着回し! 短め丈なので、ボリュームのあるスカートでもすっきり腰骨より上でとまる短め丈なので、ボリューミーなフレアスカートでアウトして着ても、重心が下がらずバランスよく着こなせる。袖口もリブなので二の腕部分に余裕が生まれ、さりげなく細見えがかなうのもうれしいポイント。ニット¥26,000/essence of ANAYI(ジョン スメドレー フォー アナイ) スカート¥34,000/フラッパーズ(エンリカ) バッグ¥57,000/アルアバイル(ア・バケーション) サンダル¥55,000/ウィム ガゼット青山店(ペリーコ) ピアス¥82,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) リング¥3,400/ティアラ(ランドシヌール) 【Marisol6月号2019年】撮影/菊地 哲(MUM/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 撮影協力/東京造形大学
  • スリミングは楽して続けられるのがベスト。塗るだけで引き締まった肌が手に入る通称“ピンクのオイル”に新しいファミリーが仲間入り。これで、失ったくびれも取り戻せるかも!大人気のロルロゼ ブリリアント ボディオイル(100mL ¥5000)。キー成分は、カフェインの8倍もの脂肪分解効果があると言われるピンクペッパー。さらに、ボディの若返りにもひと役買うローズヒップオイルや、同じく引き締めや血行促進に定評あるブラックペッパーエキスも配合。肌にハリを与えながらすっきりと引き締まった肌へと導いてくれるスリミング効果だけではなく、エイジングケアとしても頼もしい成分がギュッと詰まっています。 塗るだけで簡単に続けられることもあり、すっかり不動のロングセラーとなったこの“ピンクのオイル”に6月12日(水)、効果をさらにボトムアップする新たなファミリーが加わります。それが写真の左側、ロルロゼ オイルイン アイスジェル(100mL ¥4400)。こちらももちろん、ボディオイルと同じくピンクペッパー&ブラックペッパーのエキス配合。これからの季節にうれしい涼感たっぷりのボディケアです。パッケージがまた賢いんです。なんとこんな冷却ローラーつき。気になる部分に適量をダイレクトに、しかもマッサージ効果を与えつつ塗布できます。このローラーのひんやり感だけでも気持ちいいんですが、メントールやミントウォーターが配合されているので、肌に滑らせるだけでスッキリしゃっきり! 冷蔵庫で冷やして使うと一気にマイナス6度ほど肌の表面温度を下げてくれるというデータもあるので、夏のお風呂あがりのボディケアにもぴったり(いったん冷やした反動で代謝も上がるし!)。このシリーズは香りも甘すぎないので、ムシムシするこれからのシーズンも楽しく使えると思います。というわけで、ますます強力な布陣となった“ロルロゼ”シリーズ。手前右の赤いチューブは既存品のウォッシュスクラブなのですが、こちらも6月12日(水)にピンクペッパー配合量2倍のロルロゼ エンリッチ オイルイン ウォッシュスクラブ(150mL ¥2900)へと進化します。これもまた、スクラブがきめ細やかでアラフォーの肌にも優しい逸品。しかもジェル状から泡へと変化する2WAYなので週2〜3回、いつものボディウォッシュと置き換えるだけでOK。 例えば、このスクラブを使って下準備、お風呂上りにアイスジェルでひんやり引き締め、とどめにボディオイルでもう一度あたためて……と、3ステップケアで仕上げれば温→冷→温の刺激で代謝もみるみるアップ。ますますピンクペッパーが効果を発揮してセルライト撲滅、もたついたウエストにくびれが戻るのも夢じゃないかも。この他にも、ロルロゼシリーズにはむくみケアにぴったりのレッグケアなどもラインアップしているので、ぜひ自分の悩みに合ったアイテムから手にとってみてくださいね。●「メルヴィータ」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND