通勤バッグにオススメ!CELINEビッグバッグスモール

Marisol ONLINE
いつもご覧くださりありがとうございます(^^)

今回ご紹介するのはCELINEのバッグ。

昨年9月に40歳の誕生日を迎え、その際に「何か記念になるものを買おう!」と考えて購入したのがこちら。

CELINE ビッグバッグスモール ウィズ ロングストラップ グレインドカーフスキン

シボ感のある上質はカーフスキンで傷が目立ちにくそうなのも選んだポイント!
身長が157cmと小柄なこともあり、小さめなバッグしか所有していませんでした。

でも一つは容量のある大きめバッグがないと不便だと思い私の合いそうなものをチョイス。

その中でも選ぶポイントだったのが
◎手首に通して持ちやすいこと

◎バックそのものの重量が重すぎないこと

◎ショルダーストラップが付いていること
見事に条件をクリアしたのがこちらのバッグでした。


ちなみに欲しいものは自分で買う派!

夫におねだりしても却下されるのは目に見えていたので(笑)

かなり前から自分で働いたお金をコツコツ貯めていました。

持ってみるとこんな感じ。

スモールサイズですが私には十分な大きさ。

手首に通す時、コートなどアウターを着ていてもスムーズに持てるくらい余裕のある持ち手です。

内側はスエード張りで上品。
よく聞かれるのがベルト部分をいちいち開閉するのが面倒ではないか?ということ。

ベルト部分はフラップに通さず、ベルト穴だけに通す。
内側のフックをかける。
フラップはその上に被せるようにして使う。

物が出し入れしやすいので私はいつもこのような使い方をしています。
背面にショルダーになるストラップがついています。
バッグの中身はいつもこんな感じ。

他にもカーディガンやストールなども余裕で入ります。

ただし調子に乗って入れすぎると重くなるので要注意です!

いつもミニサイズのバッグばかりで大きいお財布が入らなかったので

同じタイミングで長財布も新調。

グレージュとイエローのコンビがお気に入りです。
もともと持っていたミニタイプのお財布と並べたところ。

ミニタイプは小さいバッグ用、長財布は大きいバッグ用と使い分けています。


それでは本日も最後までお読みくださりありがとうございました(^^)
関連記事
  • 年々暑さが厳しくなる夏に向け、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブワンピース。なかでも、肉厚カットソー&とろみ素材のワンピースなら、体のラインを拾わずに抜け感あるスタイルがつくれます! 素材と細部のディティールにまでこだわった一枚を、厳選してご紹介。体のラインを拾わない肉厚カットソーや、ドレープを効かせたとろみ素材をセレクトほどよく抜けのあるモダンさが魅力の「CINOH」 フロントのワンタックで胸もとに立体感を、また異素材であしらったポケットがちょうどいいしゃれ感アクセントに。明るめのネイビーで初夏気分に。 ワンピース¥25,000/モールド(チノ) 帽子¥23,000/エストネーション(センシ スタジオ) ブレスレット¥125,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥154,000/アパルトモン 青山店(ジュゼッペ ザノッティ)1.オケージョンもOKな華やかさなら「VERMEIL par iena」 しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。 ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)2.トラッドを今どきに再構築する「Scye」 きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。 ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する「HYALINES」 ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。 ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらから撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
  • トーガが、高品質なシューズ作りで知られるスイコックとのコラボレーションサンダルを2019年5月24日(金)より復刻発売する。このコラボレーションサンダルは2016年に発表され、反響を呼んだ人気モデル。スイコックの定番である、軽さと耐久性があるヴィブラムソールを搭載した“DEPA-V2”をベースに、トーガオリジナルのウェスタンメタルとビビッドカラーのベルトを組み合わせたデザインとなっている。 サンダル(ソール 3cm)¥32,000 ※ホワイト/TOGA 原宿店(トーガ × スイコック)柔軟な踏み心地に、反発性も兼ね備えた仕上がりは、最高の履き心地を追求するスイコックならでは。また、スポーティなナイロンのベルトにあえてレザーを組み合わせた、独特のコントラストも魅力だ。同アイテムはトーガ各直営店、伊勢丹新宿店本館3階=リ・スタイルおよびRay BEAMS(レイ ビームス)各取扱い店舗にて限定発売。ユニセックスでの展開となるので、カップルで愛用するのもおすすめだ。 サンダル(ソール 3cm)¥32,000 ※ブラック/TOGA 原宿店(トーガ × スイコック)TOGA 原宿店 http://www.toga.jp03-6419-8136 text: Fuyuko Tsuji
  • 雑誌掲載品&エクラプレミアムで人気ブランドがタイムーセール多数参加! 全品が対象なのでセール品×送料無料でうれしいプライスに♪ 人気商品は早い者勝ちです! お得すぎるこの機会をぜひご利用下さい! タイムセール対象ブランド【BLUEBIRD BOULEVARD】【PELLICO】【SACRA】【ELIN】【ne Quittez pas 】【Shinzone 】【FABIO RUSCONI】その他人気ブランド多数参加中\大好評発売中“初夏に着たい 信頼のヒットアイテム”企画ももちろん送料無料/ \今週末だけ!/送料無料&タイムセールのダブルキャンペーンをお見逃しなく!!
  • Tシャツ、パンツ、シャツ、小物。“ザ・定番色”のネイビーも、スタイリスト村山佳世子の手にかかると、驚くほど新しい! スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子25年以上、集英社の雑誌を中心に第一線で活躍するトップスタイリスト。高い審美眼とスタイリング力で、ファッション業界からの支持はもとより、多くのモデルからも絶大な信頼を得ている。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が6刷・5万部の大ヒットに!「どんなに新しい着こなしに挑戦したって、必ず上品に着地させてくれるのがネイビーの長所。ここではネイビーの定番アイテムを使って、今年らしい遊びにトライしてみました」■ネイビーのTシャツ <実はネイビーのTシャツって、意外に主張が強い。だからインナーとして使うよりも、主役トップスとして着たほうがしっくりくるのです。今シーズンは、モードなボトムとの着こなしに挑戦。>旬のタック入りカラーパンツに、少しとろみ感があるきれいめのネイビーTシャツをインしただけ。着映えがかなうワンツーコーデの完成。Tシャツ¥11,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) パンツ¥22,000/エイチ ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース) カーディガン¥31,000/スローン ベルト¥32,000・バッグ¥168,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) 靴¥69,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ)ほどよい厚みとツヤ感があるコットン素材のネイビーTシャツを、ストライプ柄をリズミカルに配置したアシンメトリースカートにさらりと合わせて。コーディネートにきちんと感とモード感があるから、スポーティなスニーカー合わせがきれいめに着地。Tシャツ¥7,800/スローン スカート¥27,000/アストラット 新宿店(アストラット) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥106,000/ドゥロワー 丸の内店(ワンドラー) 靴¥8,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)■ネイビーのパンツ<ネイビーパンツで陥りがちな、「コンサバ見え」を避けるために、サマーウールのストレートパンツをチョイスしました。かなり男前ですが、女性がはいた時のムードが好き。サファリアウターやレオパード小物など、テイストの強いアイテム合わせで遊べる一本です>夏場も涼しくはけるドライタッチなウール100%パンツは、黒に近い色みが今年顔。スニーカーはもちろん、サンダルやヒールなどの女靴とも相性のいいシルエット。パンツ¥29,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥59,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) Tシャツ¥9,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) ピアス¥68,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグネス) バッグ¥240,000/アパルトモン 青山店(ビーネン デイヴィス) 靴¥9,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)■ネイビーのシャツ <素材とシルエットによって、ガラリと表情が変わるのがネイビーのシャツ。コットンのボタンダウンとリネンのオーバーサイズで、まったく違う女性像を提案しました。そして着こなしは遊び心たっぷりに。あえてウエストアウトするスタイルと、ハーフパンツ合わせ。どちらも新鮮です>ここ最近の主流であるウエストインするスタイルを封印し、あえてアウトで着たボタンダウンシャツ。着慣れたバランスをくずしただけで、ぐっと新しいイメージに。ネイビー×ブラウンの旬配色が、着こなしの鮮度を後押しして。シャツ¥15,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) イヤリング¥12,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥87,000/ジミー チュウオーバーサイズのリネンシャツをツイード素材のハーフパンツにイン。決して子供っぽくならない、大人の女性らしさを演出。シャツ¥34,000/アパルトモン 青山店(リジェール) パンツ¥52,000・ジャケット¥72,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(セヤ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥102,000/ロンハーマン(ハルポ) ベルト¥16,000/マスターピースショールーム(サイ) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)■ネイビーの小物 <小さくキュッときかせるのが、ネイビーの小物使いのポイントです。オールネイビーの着こなしに白小物をきかせるいつものテクニックと真逆の感覚で、オールホワイトコーデに2点使いしてみました>大判のストールは厚みのあるリネン、ローファーは上質なスエード。素材自体にニュアンスがある、異なる質感の小物同士の組み合わせが、今年らしさの決め手に。ストール¥26,500/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ) シャツ¥24,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) パンツ¥39,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥31,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥138,000/ゲストリスト(ザンケッティ/ハウント代官山)【Marisol6月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 白川青史(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/竹内友梨 取材・文/磯部安伽
  • 着るだけでサマ見え!オンにもオフにも着られる上質ワンピースはここにありますこんにちは(^-^) ともみゆです! いつもご覧いただきありがとうございます。 夏を思わせるような暑い日が続きますね。 湿度も同時に上がってくるのでサラッとした着心地の服が着たくなります。 そこでオンにもオフにも着られてコーディネートに迷わない大人のリネンワンピースを探してきました。 ワンピースなのでコーディネートに迷うこともなく時短。1枚でサマになります。 今回ご紹介するのはこちら。 ナノ・ユニバース  フレンチリネンフロントボタンワンピース ブラウン 11,000円+税 フレンチリネン100%。 さらっとした着心地がこれからの季節にぴったり。 透け感のある生地なのでブラウンでも重く見えません。バストまわりのにタックと高いウエスト位置の切り替えでスタイルアップ。 背中側にもタックがはいっていてオシャレ。生地はほどよい厚みがあります。汗をかく季節だから家で手洗いできるのも嬉しい。透け防止の裏地もちゃんとついています。着用写真、正面から。 バスト部分に入ったタックのおかげで私の小さな胸も少しだけボリュームアップして見える!? ウエスト位置の切り替えが高いので脚が長く、ウエストもキュッと細く見えます。 身長157センチで36サイズを着用しています。 流行りのロング丈です。 足首が見えるくらいの丈なのでフラットシューズでも大丈夫。背中側に入ったダーツのおかげで後ろから見てもオシャレ見え!朝晩は冷えるのでこのうえに白やベージュのカーディガンやジャケットを羽織るのがオススメです。 暑くなってくると毎日のコーディネートを考えるのも面倒。 そんな時サッと着られるワンピースがあると便利ですよ! それでは本日も最後までご覧いただきありがとうございました(^-^) 美女組No.163 tomomiyuのブログ
  • 年々暑さが厳しくなる夏に向け、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブワンピース。膨張して見えないダークカラー×柄で、視線をひとり占めできる“ほぼノースリーブのプリントワンピース”を大公開。柄の印象で視線を操るプリントワンピース。膨張して見えないダークカラーが豊富キャッチーさと上品さを兼ね備えた「VONDEL」 フレンチシックの流行で再び人気が高まるドット柄。さりげないフレンチスリーブが二の腕の存在感を薄めてくれる。アシンメトリーなすそが歩くたびに美しい残像を残す。 ワンピース¥46,000/FUN Inc.(フォンデル) ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) ピアス¥49,500・ボーンカフ¥152,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥120,000/ドゥロワー 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥156,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)大人に似合うかわいげデザインが見つかる「SACRA」 かわいげな小花柄は黒ベースの配色で大人っぽく。共布ベルトと内側に配したドローストリングでウエストをシェイプさせれば、メリハリのあるフェミニンなシルエットに。花柄一枚だと甘すぎるという人は辛口なジャケットを肩はおりして、露出した二の腕も自然にカバーしたい。 ワンピース(ベルトつき)¥36,000/インターリブ(サクラ)すっきりとミニマムなデザインが得意な「AURALEE」 コントラストが控えめなグレンチェックのワンピースは、きちんと感と女らしさが見事に融合。ボディラインを拾わない余裕のあるシルエットと、アームホールが大きくあいたデザインは、黒いベアトップなどダークカラーのインナーを仕込むことでわきが見えてもすっきりと締まって見える。 ワンピース(ベルトつき)¥46,000/オーラリーハンサムで女らしい二面性が評判「LE PHIL」 前身頃に使用したストライプ柄の縦長の視覚効果によって全体をスレンダーに、また後ろ身頃にあしらった異素材の落ち感プリーツが、背中からヒップまわりの肉感をふんわりカバー。襟ぐり浅めのフロントデザインはきちんと感を演出しつつ、後ろはきれいめフェミニンといった二面性を楽しめるのもいい。 ワンピース¥29,000/ル フィル>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらから撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京 ※エクラ6月号掲載
  • どんなボトムとの合わせやすい汎用性の高さに加え、着こなしをリッチに見せてくれる色。そんなブラウン系サンダルがこの夏きっと頼れる存在に。履き心地も美脚見えも大満足の3足をピックアップ。dansko サシャ歩きやすくデザイン性も高い、コンフォートシューズの決定版上質レザーを使った高級感のあるデザイン。足にフィットして衝撃を吸収する快適な履き心地も備える。マジックテープつきで簡単に着脱できるのも魅力。防菌消臭加工の素材を使用し、軽量で安定性もある。歩きやすく、ストレスフリーの一足。 dansko サシャ ¥23,000+税>>FABIO RUSCONI×éclat スカーフ柄リボンつきフラットサンダルトレンド上手になれるスカーフ柄を足もとで投入スカーフ柄テキスタイルは、レトロムードな今季のトレンド。フラットで歩きやすいのはもちろん、横幅広めなトゥのフォルムや、足なじみのいいスエード素材のアッパーも毎日履きたくなる理由。 FABIO RUSCONI×éclat スカーフ柄リボンつきフラットサンダル ¥26,000+税>>PELLICO SUNNY×éclat アンクルベルトサンダルPELLICO SUNNY×éclat アンクルベルトサンダル ¥27,500+税>>おしゃれと安定感を兼ね備えた大人サンダルストラップをワンタッチで着脱できる仕様はエクラだけ! おしゃれ&安定感あるスクエアヒールにも注目。深みのあるスエード素材で着こなしをリッチな印象に変えてくれる。
  • ドレスを選ばずともアコーディオンプリーツスカートでさらなる華やかを狙って※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますクライアントから誘われたレセプションに出席。主催者側のイベント時にはいつも黒に徹しているけれど、ドレスコードが平服で白というしばりがあるので、オール白に挑戦。歩くたびにドラマティックに広がるミディ丈の極細プリーツを、ちょっと大胆に同系色のノースリーブニットで合わせて、まるで一枚のドレスのようにアレンジ。着こなしが十分エレガントだからアクセサリーはモダン系をチョイスして、辛口要素を加味して。スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥17,000/デ・プレ(デ・プレ) コート¥42,000/アストラット  新宿店(アストラット) ピアス¥18,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(レイチェル コーミー) バングル¥4,800/ティアラ(ランド シヌール) バッグ¥24,000/ANAYI 靴¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND