襟元ボレ!すぐ使える。春も使える。ユニクロのmen'sパーカー

Marisol ONLINE
先日紹介したTOTEMEのライトブルーデニムにはオフホワイトのパーカーを合わせたい。サイズ感はゆったりだけど、フードはピリッと小さめが良し。漠然とイメージしていた理想のパーカー論。探すのに難航するかと思いきやユニクロにございました!
メンズのM・L、レディースのオーバーサイズタイプXLを試着。メンズLサイズのゆったり感。丈感。とにかくシルエットが素晴らしく迷う事なく決定!巷ではメンズのXLを着るのが流行っているようですが、私は上半身にボリュームが無いのでLぐらいのゆとりがベスト。ちなみにメンズでジャストサイズなモノを買う時ははSサイズです。
ヒップがすっぽり隠れるけど長すぎない丈。good!
ヒップがすっぽり隠れるけど長すぎない丈。good!
特筆すべきはフードの立ち上がり。立体的でダラリとなりません。
まだ一枚で着られないのでコートのインナーに。ガウンコートと相性良し。
オフホワイトはどうしても汚れが目立ってしまうので、気兼ねなく着られるお値段も魅力的。イロチ買いしたいぐらいお気に入りです♫
関連記事
  • 雑誌掲載品&エクラプレミアムで人気ブランドがタイムーセール多数参加! 全品が対象なのでセール品×送料無料でうれしいプライスに♪ 人気商品は早い者勝ちです! お得すぎるこの機会をぜひご利用下さい! タイムセール対象ブランド【BLUEBIRD BOULEVARD】【PELLICO】【SACRA】【ELIN】【ne Quittez pas 】【Shinzone 】【FABIO RUSCONI】その他人気ブランド多数参加中\大好評発売中“初夏に着たい 信頼のヒットアイテム”企画ももちろん送料無料/ \今週末だけ!/送料無料&タイムセールのダブルキャンペーンをお見逃しなく!!
  • Tシャツ、パンツ、シャツ、小物。“ザ・定番色”のネイビーも、スタイリスト村山佳世子の手にかかると、驚くほど新しい! スタイリスト 村山佳世子スタイリスト 村山佳世子25年以上、集英社の雑誌を中心に第一線で活躍するトップスタイリスト。高い審美眼とスタイリング力で、ファッション業界からの支持はもとより、多くのモデルからも絶大な信頼を得ている。初の著書『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が6刷・5万部の大ヒットに!「どんなに新しい着こなしに挑戦したって、必ず上品に着地させてくれるのがネイビーの長所。ここではネイビーの定番アイテムを使って、今年らしい遊びにトライしてみました」■ネイビーのTシャツ <実はネイビーのTシャツって、意外に主張が強い。だからインナーとして使うよりも、主役トップスとして着たほうがしっくりくるのです。今シーズンは、モードなボトムとの着こなしに挑戦。>旬のタック入りカラーパンツに、少しとろみ感があるきれいめのネイビーTシャツをインしただけ。着映えがかなうワンツーコーデの完成。Tシャツ¥11,000/サザビーリーグ(ラッド バイ デミリー) パンツ¥22,000/エイチ ビューティ&ユース(エイチ ビューティ&ユース) カーディガン¥31,000/スローン ベルト¥32,000・バッグ¥168,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) 靴¥69,000/ウィム ガゼット青山店(ニナ リッチ)ほどよい厚みとツヤ感があるコットン素材のネイビーTシャツを、ストライプ柄をリズミカルに配置したアシンメトリースカートにさらりと合わせて。コーディネートにきちんと感とモード感があるから、スポーティなスニーカー合わせがきれいめに着地。Tシャツ¥7,800/スローン スカート¥27,000/アストラット 新宿店(アストラット) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥106,000/ドゥロワー 丸の内店(ワンドラー) 靴¥8,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)■ネイビーのパンツ<ネイビーパンツで陥りがちな、「コンサバ見え」を避けるために、サマーウールのストレートパンツをチョイスしました。かなり男前ですが、女性がはいた時のムードが好き。サファリアウターやレオパード小物など、テイストの強いアイテム合わせで遊べる一本です>夏場も涼しくはけるドライタッチなウール100%パンツは、黒に近い色みが今年顔。スニーカーはもちろん、サンダルやヒールなどの女靴とも相性のいいシルエット。パンツ¥29,000/エイトン青山(エイトン) ジャケット¥59,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) Tシャツ¥9,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) ピアス¥68,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アグネス) バッグ¥240,000/アパルトモン 青山店(ビーネン デイヴィス) 靴¥9,000/ナイキ カスタマーサービス(ナイキ スポーツウェア)■ネイビーのシャツ <素材とシルエットによって、ガラリと表情が変わるのがネイビーのシャツ。コットンのボタンダウンとリネンのオーバーサイズで、まったく違う女性像を提案しました。そして着こなしは遊び心たっぷりに。あえてウエストアウトするスタイルと、ハーフパンツ合わせ。どちらも新鮮です>ここ最近の主流であるウエストインするスタイルを封印し、あえてアウトで着たボタンダウンシャツ。着慣れたバランスをくずしただけで、ぐっと新しいイメージに。ネイビー×ブラウンの旬配色が、着こなしの鮮度を後押しして。シャツ¥15,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) スカート¥39,000/エイトン青山(エイトン) イヤリング¥12,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥87,000/ジミー チュウオーバーサイズのリネンシャツをツイード素材のハーフパンツにイン。決して子供っぽくならない、大人の女性らしさを演出。シャツ¥34,000/アパルトモン 青山店(リジェール) パンツ¥52,000・ジャケット¥72,000/ユナイテッドアローズ 新宿店(セヤ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥102,000/ロンハーマン(ハルポ) ベルト¥16,000/マスターピースショールーム(サイ) バッグ¥29,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)■ネイビーの小物 <小さくキュッときかせるのが、ネイビーの小物使いのポイントです。オールネイビーの着こなしに白小物をきかせるいつものテクニックと真逆の感覚で、オールホワイトコーデに2点使いしてみました>大判のストールは厚みのあるリネン、ローファーは上質なスエード。素材自体にニュアンスがある、異なる質感の小物同士の組み合わせが、今年らしさの決め手に。ストール¥26,500/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン) 靴¥81,000/トッズ・ジャパン(トッズ) シャツ¥24,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) パンツ¥39,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥31,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥138,000/ゲストリスト(ザンケッティ/ハウント代官山)【Marisol6月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) 白川青史(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/竹内友梨 取材・文/磯部安伽
  • しかもかぶりにくい。でもちゃんとおしゃれな安心のプチプラ。悩んだらここへGO!今年のカンヌ映画祭。思わず見てしまうのは、ニース空港に続々と到着した女優さんたちの私服です。いち早く伝えてくれる現地フランスのファッションサイトを見ていたら、「ジャケパン」が多いなと思いました。特に目を引いたのは21歳の「エル・ファニング」。ナチュラルカラーのメンズライクなジャケパンスタイルに合わせたフレンチ配色がかわいすぎて、ちょっとホレました♡ (参照サイト「GRAZIA(Cannes 2019)」) で、すぐ真似をする。今持っているアイテムでも色さえ合わせればそれらしい雰囲気は作れます。プチプラ多めでも!彼女はシャツだったけれど、わたしは合わせやすいTシャツで応用。スタイルのポイント「赤いウエストポーチ」は持っていないので、探したらありました!普通のポーチですが100均に(笑)このコーデだったら、ついついベーシックカラーのバッグを合わせるところですが、赤いポーチを入れるところがさすが。インナーのブルーと合わせると「トリコロール」感が出てフレンチテイストに変身。100均でもじゅうぶんかわいいぞ!前置きが長くなりましたが、今日ご紹介するアイテムもカンヌに合わせてちょっとリゾートっぽくなる、とても素敵なデザインなんですよ。わたしの秘蔵のプチプラ「SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)」をご紹介します★このブランドの基本は「ベーシック」。お仕事服からプライベートまで、オンオフまとめて欲しいものがワンサカ見つかります。なぜなら、ここは「URBAN RESEARCH(アーバンリサーチ)」系のプチプラなので、色もデザインもシンプル。アラフォーが着やすいものがゴロゴロと見つかります。 それに、大手プチプラより断然かぶりにくいのも魅力的。デザイナーさんとのコラボ商品や、デザインにエッジが効いたものが多いので、かぶりやすいベーシックなものはここで選ぶことも多いです。 最近「これは!!」と飛びついたのはこの3点。トップスとサンダルの色違い2点です。見た時にも「かわいい!」と思いましたが、買ったあとに更に「大当たり」と思いました。サラサラした薄い透け感のあるリブニットのチュニックです。最初は「何を合わせればいいんだろ?」とホワイトデニムくらいしか思い浮かばなかったのですが、買ってみたら意外に何でも合わせやすく、今大活躍している1枚です。「チュニック」と聞くと反射的に「老け見え」の不安がよぎります(涙)。でも、濃いダークブラウンとリブ編みの組み合わせが大人っぽいリゾートの雰囲気でまったくそんなことはありません。前は太もも半分までカバーし、後ろはより長くお尻までスッポリ。完全なる体型カバーにも関わらず重たく見えないのは、サイドにスリットが長く入っているおかげです(着画をご参照下さい)。ノースリーブに見えますが、着てみると半袖のように袖が下がってくるので露出もほどほどで安心。ダークブラウンは、大人が選ぶ色としてハズレが少ないのでよく買う色のひとつ。特に夏はスタイルに深みがプラスされて高見えになります。これに合わせるボトムスは、意外にもロングスカートやパンツにデニムなど、バランス的に何でも合ってしまうのでとても便利! そして一緒に買ったペタンコのサンダル↓抜け感を出すために、夏は絶対に欲しいシンプルなクロスベルトデザインです。色がたくさんあって選べず、ベーシックの黒とメタリックのシルバーを2点買いました(ゴールドもかわいかった)。まぁ、この価格ですからね!シルバーのサンダルにはシルバーのポシェットを合わせて楽しんでいます。メタリックが1点でも入ると、スタイルが涼しげで一気に夏らしくなりますよね。ダークカラーの長めのトップスなので重たく見えないように、足元はペタンコシンプルなサンダルでバランスを取れば大丈夫!【土曜日】スカートに重ねたダークカラーコーデ↑夏は重くなりがちな「こげ茶×ブラック」の組み合わせですが、トップスの透け感ある生地と、スカートは小花柄のサラサラ素材で回避。足元のシンプルなサンダルでさらに軽い雰囲気を出します。小物もストロー素材で夏らしく。 【日曜日】ダークブラウン×ピンクのフェミニンパンツコーデ↑ピンクにも相性抜群のブラウン。ペールピンクでパンツでも少しフェミニンな雰囲気になります。サンダルとバッグをシルバーで合わせて夏らしさをプラス。このパンツは「VIS」のプチプラですが5年くらい履いているロングランです! ↓フレアデニムにもバランスがよく合います。サンダルは黒でもシルバーでもどちらも確実にキマる!サイドのなが~いスリットがチュニックの重苦しさをなくしてスッキリ!足長効果もありそうです♪このサンダル、シンプルで横から見てもかわいい♡いいな~カンヌ♡…なんてニヤニヤしていたら、長い連休が終わったばかりだった(泣)。次は夏休みか。 服だけでもカンヌっぽくして、気分をアゲでいきたいと思ってます♪▶SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)「リブニットチュニック」の詳細はこちらをチェック▶SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)「クロスベルトトングフラットサンダル」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.24★ 「PLST(プラステ)イヤリング(1,990円)」 夏になるとお店にたくさん並ぶマーブルデザインのアクセサリー。今年もかわいいものがたくさん目に入ります。以前はピアスのほうが種類が多かったのですが、最近はイヤリングもがんばってくれていて、選べる幅がとても増えたのがうれしいです♪ 夏のシーズンアクセサリーなので、価格も毎年プチプラが希望。そのほうが迷わず大胆なデザインを思い切り楽しめます!今年はプラステで素敵なものを見つけました☆縦は5.5cmほどの大ぶりなデザイン。夏にはこれくらいのほうがパンチが効いていてアクセントになります。同じマーブルでも色味によって似合う服も変わってくるので、ニュアンス違いでいくつか持っています↓ 300円ショップの「クゥクゥ」でもとてもかわいいものを見つけました。300円で信じられない素敵なものがみつかるので、大好きなプチプラです♡耳元にマーブルがあるだけで、シンプルなTシャツでも夏らしさがググっとUP。この夏も元気に耳出して、女っぷりを上げていきましょう♪▶PLST(プラステ)「マーブルイヤリング」の詳細はこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • インしなくてもバランスよく、すっきり細見えがかなう「短めすそリブニット」を、パンツ&スカートで着回し!短めすそリブニット\これを着回し!/一枚でメリハリが生まれる太めのすそリブ。ニット¥26,000/essence of ANAYI(ジョン スメドレー フォー アナイ)PANTS で着回し! 太めのリブがウエストをマークして自然とメリハリシルエットにすその太いリブがウエストをきゅっとマークするので、ウエストインしなくても自然とメリハリが。胸まわりはゆとりがあり、全体的にタイトすぎないのもまた合わせやすい。シンプルなパンツでもしゃれた印象に決まる便利な一枚。コットン100%。ニット¥26,000/essence of ANAYI(ジョン スメドレー フォー アナイ) パンツ¥36,000/ルック(フィラージュ) バッグ¥44,000/フラッパーズ(ウェルデン) ネックレス¥26,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(クレッシオーニ) メガネ¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)SKIRTで着回し! 短め丈なので、ボリュームのあるスカートでもすっきり腰骨より上でとまる短め丈なので、ボリューミーなフレアスカートでアウトして着ても、重心が下がらずバランスよく着こなせる。袖口もリブなので二の腕部分に余裕が生まれ、さりげなく細見えがかなうのもうれしいポイント。ニット¥26,000/essence of ANAYI(ジョン スメドレー フォー アナイ) スカート¥34,000/フラッパーズ(エンリカ) バッグ¥57,000/アルアバイル(ア・バケーション) サンダル¥55,000/ウィム ガゼット青山店(ペリーコ) ピアス¥82,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) リング¥3,400/ティアラ(ランドシヌール) 【Marisol6月号2019年】撮影/菊地 哲(MUM/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/五明祐子 撮影協力/東京造形大学
  • ドレスを選ばずともアコーディオンプリーツスカートでさらなる華やかを狙って※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますクライアントから誘われたレセプションに出席。主催者側のイベント時にはいつも黒に徹しているけれど、ドレスコードが平服で白というしばりがあるので、オール白に挑戦。歩くたびにドラマティックに広がるミディ丈の極細プリーツを、ちょっと大胆に同系色のノースリーブニットで合わせて、まるで一枚のドレスのようにアレンジ。着こなしが十分エレガントだからアクセサリーはモダン系をチョイスして、辛口要素を加味して。スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥17,000/デ・プレ(デ・プレ) コート¥42,000/アストラット  新宿店(アストラット) ピアス¥18,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(レイチェル コーミー) バングル¥4,800/ティアラ(ランド シヌール) バッグ¥24,000/ANAYI 靴¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • ミラベラがおすすめする初夏のコーディネート。色で遊ぶ、柄で遊ぶ、スポーツミックススタイル、ラフスタイル、エアリーや透け感、“夏が楽しくなる”スタイルを提案します。 着たい色をひとつ残らず詰め込んで 春色ニットに合わせるのは、リュクスな花柄ワイドパンツ。ロングスリットが動きのあるシルエットを描き出す。 トップス/TOGA PULLA_ ¥39,000 パンツ/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥49,000 サンダル/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥58,000 透け感で魅せる、エアリーなスタイル スカーフ柄×異素材コンビの華やぎワンピースを、シアー素材のカーディガンで大人キュートにカジュアルダウン。 カーディガン/TOGA PULLA_ ¥27,000 ドレス/TOGA PULLA_ ¥39,000 ミュール/TOGA PULLA_ ¥53,000 キュートなドレスとスニーカーで街歩き フリル&リボンディテールで魅せるシルク混のミニドレスは、これ一着でシーンの主役になれる華やかさ。 ドレス/ N°21_ ¥129,000 ミュール/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥73,000 総レースの旬ブラウスをカジュアルに ボタンフライのタイトなデニムを引き立て役に、フリンジ×フラワーレースの個性派ブラウスで今年らしく。 トップス/N°21_ ¥96,000 パンツ/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥49,000 サンダル/MM6 MAISON MARGIELA_ ¥58,000 コートをゆるく羽織ってニュアンシーに シックなドレスに端正なトレンチを合わせて、大人顔にシフト。ボンディテールのサンダルで足元までレディに。 コート/THE ROW_ ¥299,000 ドレス/THE ROW_ ¥122,000 サンダル/THE ROW_ ¥103,000 mirabella shopping guide ●ご注文はパソコン、スマートフォンから24時間可能!https://flagshop.jp/mirabella/ ※商品が売り切れ次第、販売を終了することがあります。 ●お支払い方法:Amazonペイメント、クレジットカード(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)、代金引換(商品到着時に現金でお支払いください。手数料は一律300円〈税抜き〉です)、NP後払い(コンビニ、銀行、郵便局にて後払いでお支払いください。手数料は一律300円〈税抜き〉です)、dケータイ払いプラス、LINE Pay、コンビニ前払い、銀行前払い(ATM、ネットバンキング)、auかんたん決済※AmazonはAmazon.com,Incまたはその関連会社の商標です。 ●配送料:一律送料¥500(税抜き)※会員登録をしなくてもお買い物をお楽しみいただけます。※取引の詳細につきましては https://flagshop.jp/mirabella/guide/ でご覧いただけます。※弊社個人情報の取り扱いについては https://flagshop.jp/mirabella/privacy/ をご覧ください。 ●お問い合わせ先:集英社FLAG SHOP 0570-008-010 受付時間 9:00〜20:00(年末年始を除く)※メールでのお問い合わせサイト内の専用フォームからお問い合わせいただけます。サイトトップ下方の「ショッピングガイド」をクリックし、右下の「お問い合わせ」より、必要情報をご入力のうえ、送信してください。
  • 今夏手に入れたものは、ロゴTと肌馴染みのよいサンダル。前記事でアニマル柄をご紹介しましたが、シンプルなのも好き♡ 『JOURNAL STANDARD L'ESSAGE』で、ベージュ色のスウェードサンダルをゲット。 肌と同系色なので、一体化して脚長効果抜群!ロゴTって、私の中では苦手な分野。 去年は着れていたのに、今年はちょっと違和感ある…なんだか幼くないかしら? なーんて失敗も。 『Plage』で、大人でも着れそうなTシャツに出会いました。 フレンチスリーブなので、気になる二の腕をカバーしてくれる。 長めの裾が、ぽってりお尻をカバーしてくれる。 今季流行りのジャケットを羽織っても、きっと素敵!と確信のTシャツです。美女組No.66risaのブログ
  • 池尻大橋にある THE GLOBE ANTIQUES & CAFEへ☕︎ 店内はアンティークな家具が置いてある ヨーロピアンな雰囲気のカフェです!チーズケーキをいただきました♡この日はジャケットにパンツスタイル! 中には重宝している UNIQLO UのTシャツを合わせました。 バイラーズ れなさん*ももちゃん*まりんちゃん*ともみさん足元は白のスニーカーで外しました バイラーズの方に会うと 皆さん色んな分野で活躍されていて素敵だなと 毎度毎度、良い刺激をもらっています。 楽しかった〜〜 また更新します(^ ^) スーパーバイラーズ 山田裕美子のブログ
関連キーワード

RECOMMEND