大人のスイートネスを思う存分。甘さをこよなく愛する派の「ハデ小物」

Marisol ONLINE
アラフォーのワードローブはごくシンプル。でもバッグの中には、遊び心のあるカラーやモチーフにあふれた財布、ポーチ……をイン。毎日持ち歩くからこそ、自分の目を楽しませる好きなものだけ♡ という各人各様の個性豊かなスタイルをご覧あれ。

■甘さをこよなく愛する派のC子さんのバッグの中身

ハンカチ¥2,000(刺繡代別途¥600)/クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ日本橋人形町店(クラシクス・ザ・スモールラグジュアリ)

▼アイテムを詳しく!

1/7

2/7

3/7

4/7

5/7

6/7

7/7

1_ CHANELの三つ折り財布
カーフスキンのキルティングは春のトレンドカラー、イエローを選択。小銭と札入れ、カードポケットをミニマムに内蔵した三つ折りタイプ。財布(9.3×10.6× 3 )¥85,000/シャネル

2_ EMILIO PUCCIのマルチケース
優しい色使いに惹かれて。マルチユースなエンベロープ型にはカードケースとポーチもセット。マルチケース(11×19×1.5)¥49,000/エミリオ・プッチ ジャパン(エミリオ・プッチ)

3_ MIU MIUのリップスティックケース
リップをしまえる気のきいたキーチャーム。ロゴ入りのハートはミラー。リップスティックケース(8.5× 3 × 3 )¥42,000(予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ)

4_ J&M DAVIDSONのポーチ
フリンジのポンポンがチャーミング。コインやキーケース、ジュエリーポーチにちょうどいい。ポーチ(13.5×14× 1 )¥48,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

5_ MOYNATの手帳カバー
車のイラストはレザーピースをパズルのように精巧に組み合わせたもの。職人技とウィットが光る。手帳カバー[レフィル別売り](16× 9 )¥50,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)

6_ DIORのカードホルダー
フランスの伝統的なテキスタイル「トワル ドゥ ジュイ」モチーフが遊び心とともにプリントされて。カードホルダー(7.5×10)¥37,000/クリスチャン ディオール(ディオール)

7_ LOEWEのバニーチャーム
愛しのシアリングバニー。大人のための贅沢な小物はキーチャームにもコインケースにも。チャーム(8.5×10.5× 6 )¥60,000
/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)

【Mariso1月号2019年】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/室井由美子 取材・文/伊藤真知
アラフォーのワードローブはごくシンプル。でもバッグの中には、遊び心のあるカラーやモチーフにあふれた財布、ポーチ……をイン。毎日持ち歩くからこそ、自分の目を楽しませる好きなものだけ♡ という各人各様の個性豊かなスタイルをご覧あれ。
仕事運、恋愛運、ひいては全体運……すべての運気を上げるためには、まずは「金運」を上げてこそ!コンパクトなミニ財布から機能的な長財布まで、2019年におすすめのお財布をまとめてチェック。人気エディター、青木良文さんにうかがった財布にまつわるエトセトラもご参考に。
関連記事
  • 春のお仕事コーデに上品さと落ち着きを添えてくれる、新色おすすめネイルを紹介のぼり坂OLコスメ委員会が絶対に使える春の新作コスメの中から、上品さも女性らしさもアップデートできるネイルをお届け♡OL向けコスメをリアルな声でお届け! 「のぼり坂OLコスメ委員会」発足♡ の記事はこちら>>指先は“パール感”で華やかさを!リッチなのに上品!手もとに磨きをかけて渡會さん オフィスネイルってベージュとか薄ピンクがマナーだと思うけど、そろそろマンネリを脱出したい気持ちもある……。松下さん 色はそのままに、質感だけちょっとシフトする程度なら主張しすぎなくてよさそうじゃない?遠藤さん パール感のあるなじみカラーとかね。松下さん ラメほど派手じゃないし、上質なつや感でアップグレードできそう!❶(小指)肌トーンが明るく見える。ヴェルニ ロング トゥニュ 695(2/15〜限定発売)¥3200/シャネル ❷(薬指)パーリーな輝きのピンクベージュ。エレガンス クルーズ フローリック ネイルラッカー BR02(3/18発売)¥1500/エレガンス コスメティックス ❸(中指)ヌーディピンクで品よく♪ ネイルエナメル PK847(限定色)¥2000/コスメデコルテ ❹(人さし指&親指)旬の青みパール入り。ネイル カラー ポリッシュ 113(限定色)¥2500/SUQQU ♡3月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・文/井上ハナエ 撮影/藤澤由加 ※服はすべて私服です
  • おしゃれ感ときちんと感のバランスを兼ね備えたジャケットコーデ&アイテムを集めました。ノーカラージャケットやダブルジャケット、テーラードジャケットに似合うトップスやパンツ、靴やバッグなどをチェックして、ジャケットコーデを女らしく格上げして。【目次】 ・おしゃれ感をプラスするジャケットコーデ ・女らしさを格上げするおすすめジャケット■おしゃれ感をプラスするジャケットコーデ【 1 】ノーカラージャケット×パンツコーデトレンドの太めパンツも長めの丈でグッドバランス。合わせるボトムを選ばない長め丈が毎日に重宝。ヒップにかかる着丈だから、少しボリューム感のあるボトムとも合わせやすい。 ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ブラウス¥20,000/ANAYI パンツ¥26,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥42,000・ストラップ¥35,000/A.D.M.J. ピアス¥18,000/アガット パンプス¥76,000/カオス丸の内(ニナ リッチ)【 2 】ノーカラージャケット×白ブラウス&スカートコーデインを白のワントーンでまとめてすっきり見え。淡い色のインナーは顔映りのよさも見逃せない。ジャケットがフレームの役割を果たし、全身がほっそり見えるのがうれしい。ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ブラウス¥8,900/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥55,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)【 3 】ノーカラージャケット×きれい色ニットコーデ上品カラーニットでオフィスにふさわしい華やかさ。シンプルなノーカラーだからきれい色ニットが映える。寒色系やスモーキートーンなど、上品なきれい色を積極的に取り入れて仕事服をアップデート。 ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ニット¥8,241/バナナ・リパブリック パンツ¥28,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥17,000/アルアバイル(ホルヘ・モラレス) ブレスレット¥320,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥48,000/A.D.M.J.【 4 】ノーカラージャケット×ワンピースコーデワンピースにはおれば長め×長めが旬のムード。細めのシルエットでふんわりワンピースをシャープに演出。会食やビジネスディナーがある日にもおすすめのスタイル。ノーカラーだから堅苦しくならない。 ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ワンピース¥55,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ピアス¥11,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュール) パンプス¥46,000/ゲストリスト(ルチェンティ)▶アラウンド管理職のメインアイテム「ジャケット」の選び方&最旬の着回し4days【 5 】ブラウンジャケット×シャツワンピースコーデ小さめ襟の端正なベージュシャツワンピならブラウンジャケットとグラデーションでなじみやすい。比翼仕立ての縦長ラインで細見え効果も期待できるベージュのシャツワンピースは、ブラウン系のジャケットとグラデ配色にしてなじませて。 ワンピース(ベルトつき)¥35,000/ストラスブルゴ(バルバ) ジャケット¥47,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) ピアス各¥181,000・バングル¥181,500/ハルミショールーム(オー) 時計¥91,000/ハミルトン/スウォッチグループ ジャパン(ハミルトン) バッグ¥160,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶仕事始めは旬のイノシシカラーの身軽なジャケットコーデで挨拶回りに【2019/1/7コーデ】【 6 】ビッグジャケット×スニーカーコーデスポーティとモードが絶妙に融合した高いデザイン性と、合わせやすいシックな配色にひと目惚れ! ビッグジャケットとフレアスカート、そしてストール。旬度の高いきれいめコーデは、スニーカーと同じ配色でまとめれば、着こなしの完成度が格段に上がる。 靴¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ジャケット¥64,000/オーラリー スカート¥32,000/アングローバル(イレーヴ) ストール¥27,000/プラージュ 代官山店(プラージュ) バングル¥88,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(アグメス) バッグ¥174,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶2019年冬のカジュアルコーデをもっとおしゃれにアップデートする方法【後編】【 7 】ジャケット×きれい色パンプスコーデどうしても真面目な印象に見えてしまう黒やベージュのパンプスではなく、ジャケットコーデにはあえてのきれい色を。それだけでコーデに鮮烈さと遊び心が生まれ、女らしくこなれた印象に!  ジャケット¥89,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) Tシャツ¥14,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) パンツ¥29,000/エージー ジャパン(エージー) ストール¥20,000/デ・プレ 丸の内店(ロバットアンドグリーン) ピアス¥13,000/アルアバイル(ラウラ・ロンバルディ) バングル¥6,500/ジューシーロック パンプス¥44,000/ユナイテッドアローズ  銀座店(ネブローニ) バッグ¥150,000/ゲストリスト(ザンチェッティ/ハウント代官山)【 8 】ジャケット×フェミニンブラウス&デニムパンツコーデボリューム袖とスタンドカラーが今年らしいフェミニンな一枚をチョイス。ジャケットを脱いだ時はもちろん、着た時も胸もとからブラウスの繊細な素材がのぞくだけで女っぷり効果は抜群。ボトムはきれいめなインディゴデニムを合わせ、さりげなくブラウスの甘さとフォーマル感をセーブして。 ジャケット¥69,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ブラウス¥16,000(ウィム ガゼット)・バッグ¥130,000(ウェンディ ニコル)/ウィム ガゼット青山店 デニムパンツ¥13,000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) ネックレス¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ)【 9 】ジャケット×ゴールド&シルバーアクセサリーコーデ一見マニッシュ。でもよく見ると女っぽい、が理想。大げさに見えない地金系のアクセサリーをレイヤード。華やかさを求めるならゴールドだけでもいいけれど、ちょっとコンサバにまとまりすぎる恐れが。シルバーアクセもミックスすると、リッチ感とこなれ感がちょうどいいバランスに決まる。 ジャケット¥58,000・パンツ¥32,000/アパルトモン 青山店(リジエール) ニット¥51,000/マディソンブルー バングル¥326,000・チェーンブレスレット¥141,200・10連リング¥127,000・右手リング¥212,000・ピアス¥412,000/ハム 神宮前 アトリエ&ショップ(ハム) バッグ¥45,000/アマン(ペリーコ) スニーカー¥12,000/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス)【 10 】ジャケット×ミニバッグコーデジャケット×パンツに大きなレザートートなどを合わせてしまうと、いかにもビジネスマン、といった堅い印象に。ジャケットコーデのおしゃれ感と女らしさはバッグに宿る、と心得て! トレンドのボックス型にレオパード柄とスタッズがあしらわれたミニバッグで、大人の遊び心をプラス。 ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥21,000/スローン パンツ¥19,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) ピアス¥15,000/ギャルリー・ヴィー  丸の内店(オロルアバヌ) バレエシューズ¥42,000/ルック ブティック事業部(レペット) バッグ¥187,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶地味になりがちな「ジャケット×パンツコーデ」を女らしく格上げする4つのテク【 11 】黒ジャケット×ドット柄ワンピースコーデドットワンピースのクラシカルな可愛さをジャケットで引き締めて。足もとしだいでフォーマル~カジュアルの調整がきくのもジャケット×ワンピースコーデの魅力。スニーカーでハズしてカジュアルさとこなれ感を出して。足もとをヒールにすればパーティにも行けるきれいめスタイルに。 ジャケット¥52,000/サード マガジン ワンピース¥28,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ア ピューピル) ピアス¥56,000/TOMORROWLAND(アグメス) ストール¥52,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ジョシュア エリス) バッグ¥145,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥56,000/ゴールデン グース デラックス ブランド 青山(ゴールデン グース デラックス ブランド)【 12 】ネイビージャケット×パープルワンピースコーデネイビー×パープルで好感度の高い通勤コーデに。品のよさと知性を感じさせるダークネイビーのダブルジャケットに、上品なパープルのワンピースを。シンプルなのに老若男女誰からも愛される、好感度の高いコーデが完成。ジャケットを黒ではなくあえてネイビーにしたのも、柔らかな女性らしさを出す秘けつ。 ジャケット¥68,000/ebure ワンピース¥42,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ピアス¥20,000/デ・プレ 丸の内店(エレナローナー) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥66,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ)【 13 】チェック柄ジャケット×ワンピースコーデヒップが隠れるくらいの丈があるメンズライクなチェックジャケットを、とろみワンピースと合わせてリラックス感たっぷりに。重くなりがちな長め丈×長め丈のバランスをアップさせる、首もとのストール使いにも注目。 ジャケット¥68,000/アパルトモン 青山店(コル ピエロ) ワンピース¥23,000(ジャーナル スタンダード レサージュ)・バッグ¥150,000(マウロ ゴヴェルナ)/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店 ピアス(片耳)¥26,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) ストール¥62,000/ジャーナル スタンダード 表参道店(ジョンストンズ) 靴¥37,000/TOMORROWLAND(マリサレイ)【 14 】キャメルジャケット×ニットワンピースコーデ黒のロングニットワンピースに旬度高めなキャメルのダブルジャケットを合わせた、シンプルだけど今年らしい着こなし。仕上げに男靴やレオパード柄のバッグなどひねりのある小物をきかせれば、さらに上級者っぽい雰囲気に。 ジャケット¥98,000/ebure ニットワンピース¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) サングラス¥47,000/ロンハーマン(ケイト ヤング フォー トゥーラ) バッグ¥92,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(バッグス イン プログレス) 靴¥62,000/ボウルズ(ハイク)▶「ジャケット×ワンピース」なら、手っ取り早く上品で女っぽいおしゃれがかなう!【 15 】ベージュジャケット×シルクワンピースコーデ引き継ぎのため同期と営業先へ。柔らかなトーンで統一し、きちんと感と女らしさを両立。しなやかなシルクワンピースにかっちりジャケットをプラス。 [麗子] ジャケット¥89,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ワンピース¥44,000/オーラリー バッグ¥36,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店(ネブローニ) [剛]スーツ¥78,000・バッグ¥37,000/シップス 渋谷店(シップス) シャツ¥35,000/ザ ソブリンハウス(アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ) タイ¥13,000/ビームス ハウス 丸の内(ジョンコンフォート) 靴¥70,000/パラブーツ青山店(パラブーツ) ポケットチーフ/スタイリスト私物【 16 】ベージュジャケット×グレータートルニットコーデ来春予定している、大幅なテナントの入れ替え。今日は新規に入るブランドとの打ち合わせに。秋一番に購入したジャケットを着て、気合十分! インにソフトな表情のグレータートルを配し、上品なキャメル小物を加えるニュアンスカラーの着こなし。敬意を表しつつ柔らかい印象の着こなしで、交渉の結果も上々。 ジャケット¥89,000・パンツ¥36,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ニット¥26,000/ジャンポールノット 青山店(ジャンポールノット) 靴¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店(ネブローニ) バッグ\140,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ザンケッティ)【 17 】ベージュジャケット×ハイネックブラウスコーデ「だんだん上司っぷりが板についてきたなー!」と、先輩上司の剛に冷やかされつつ、合同で担当する新規クライアントのもとへ挨拶に。こんな日は迷わずセットアップ一択。インに着たチョコブラウンのハイネックブラウスで、印象をきりっと引き締めて。 [麗子]ジャケット¥89,000・パンツ¥36,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) ピアス¥9,000/プラージュ 代官山店(フィリップ オーディベール) 靴¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 銀座店(ネブローニ) バッグ¥21,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(アンドレア カルドネ) メガネ¥38,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) [剛]スーツ¥130,000/ザ ソブリンハウス(ソブリン) シャツ¥23,000(ボリエッロ)・タイ¥13,000(ジョンコンフォート)/ビームス ハウス 丸の内 バッグ¥66,000/フェリージ 青山店(フェリージ) 靴¥55,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) ポケットチーフ/スタイリスト私物▶好感度の高い「ベージュのジャケット」を着回し! 秋の“きちんとキレイな通勤コーデ”【 18 】キャメルのテーラードジャケット×ワンピースコーデワンピースに黒ジャケットだとフォーマル感が強めになりがちですが、キャメルだとほどよく抜け感のある着こなしに。クラシカルな印象の強いキャメルとヴィンテージ風ワンピースは相性抜群。まんまレトロにならないよう、華奢なサンダルやリングハンドルのバッグで今っぽさを足して。 ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ) ワンピース¥32,000/フリークスストア 渋谷(クリスティー ダウン) バッグ¥49,000(メゾン ボネ)・サンダル¥72,000(ミッシェル ヴィヴィアン)/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 表参道店 ピアス¥47,000/エストネーション(アリギェーリ) バングル¥38,000・リング¥34,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)【 19 】キャメルのテーラードジャケット×タイトスカートコーデタイトスカートでコンサバに。お堅い印象になりすぎずほどよく女らしさが出せるのもキャメルのいいところ。スカート以外は同系色で品よくまとめ、優しげに。 ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥29,000/スローン スカート¥26,000/ebure ストール¥9,500/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(ムーン) イヤリング¥11,000/アルアバイル(ドミニク・ドゥネーヴ・パリス) バッグ¥154,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブレスレット¥13,500/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(フィリップ オーディベール) パンプス¥31,000/ハイブリッジ  インターナショナル(ファビオ ルスコーニ)【 20 】キャメルのテーラードジャケット×デニムパンツコーデデニムでカジュアルに。もちろんカジュアルの格上げにも。キャメルのレトロ感が今風のスパイスに。デニム&ジャケットの定番コーデも、色がキャメルになるだけでこんなに新鮮!デニムは濃い色できれいめを意識して。 ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥8,000/サンスペル 表参道店(サンスペル) デニムパンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バッグ¥56,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK)▶「キャメルのテーラードジャケット」が一枚あったら、どんなシーンも今っぽいムードに決まる【 21 】ジャケット×ハイゲージのVネックニットコーデベーシックなVニットで完成する今年らしいジャケットスタイル。ブレンダシンプルらしいトレンドのジャケットスタイルに、すっきり感と女らしさをプラスして。 ニット¥53,000/ドゥロワー 日本橋店(ドゥロワー) ジャケット¥89,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) スカート¥43,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥35,000/オリバーピープルズ東京ギャラリー(オリバーピープルズ) イヤリング¥14,800・バングル¥36,500/セシル・エ・ジャンヌ(セシル・エ・ジャンヌ) 時計¥160,000/シェルマン 青山店(オメガ) バッグ¥140,000/レリタージュ マルティニーク(ザンケッティ) 靴¥68,000/ロンハーマン(プラ ロペス)▶シンプル派のジャケットスタイルは「ハイゲージのVネックニット」で完成する!【 22 】Vカラージャケット×ボウタイ風ブラウスコーデ一日中ジャケットを着る必要のある日は、ストレスフリーな着心地がマスト!このノーカラージャケットは、ほどよく肉厚なストレッチ素材を使用し、きれいなシルエットをキープしつつ着心地はしなやか。シワにもなりにくいので、長時間座りっぱなしの日も夕方まで清潔な印象を保つことができる。インにはボウタイ風ブラウスを合わせ、女性らしい柔らかな華やかさをプラス。 ジャケット¥23,000/エムセブンデイズ ハイパーストレッチレギンスパンツ¥13,000/SHOP Marisol(エムセブンデイズ)▶プレゼンや会食、仕事帰りに予定がある日などさまざまなシチュエーションにフィット!M7daysのお仕事スタイル【 23 】ジャケット×リブタートルニットコーデ甘さを絶妙に抑えた、好感度の高いジャケットコーデ。フェミニン派らしいジャケットスタイルの決め手となるのが、好感度の高いリブのタートルニット。ネイビーがもつ端正な魅力で、甘すぎない仕上がりを手にして。 ニット¥16,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) スカート¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ネックレス¥135,000/ロンハーマン(サンメイア) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)▶冬のフェミニン派の味方は、甘さを引き締めてくれる「リブタートルネックニット」■女らしさを格上げするおすすめジャケット【 1 】セオリーのベーシックジャケットベーシックなネイビーのジャケットは、バスト下で少しシェイプされている。視線が上にくることでバランスアップして見える。 ジャケット¥42,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)【 2 】アルアバイルのノーカラージャケット「腰骨オーバーの長め丈」「深めVのノーカラー」「くびれすぎず、ストレートすぎないライン」という3大条件を満たしたジャケット。キャメルに近いベージュはどんな色とも好相性。 ジャケット¥32,000/アルアバイル【 3 】ザ・スーツ・カンパニーのジャケットただのVではなく、カットワークを施したネックラインでやわらかさが加わったジャケット。ライトグレーのカラーにひとつボタンがポイントになっている。 ジャケット¥16,000/ザ・スーツ・カンパニー 銀座本店(ザ・スーツ・カンパニー)【 4 】ジェーン スミスのストライプ柄ジャケット織り柄でストライプがモダンな雰囲気のジャケット。パネルラインの切り替えが体を立体的にすっきりと見せてくれる。 ジャケット¥52,000/プラージュ 代官山店(ジェーン スミス)▶キャリアを重ねたアラフォー世代のためのジャケット4選 【 5 】エムセブンデイズの正統派ジャケットシルエットの美しい正統派ジャケット。ストレッチが効いた素材で着心地抜群。同素材のパンツとあわせてスーツにしても、ワードローブのアイテムとの相性もいい。パステルカラーの配色裏地もおしゃれ。 ジャケット 各¥21,000/エムセブンデイズ▶春の仕事服は、エムセブンデイズの3アイテムがあればいい!【 6 】ホワイト ザ・スーツカンパニーのジャケットアラウンド管理職ジャケットの絶対条件「腰骨オーバーの長め丈」「深めVのノーカラー」「くびれすぎず、ストレートすぎないライン」を兼ね備えたジャケット。デザインはもちろんシックな色も絶妙。 ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト)▶アラウンド管理職のメインアイテム「ジャケット」の選び方&最旬の着回し4days【 7 】エムセブンデイズのストレッチ素材Vカラージャケットストレッチ素材Vカラージャケット。秋冬の注目トレンドであるブリティッシュチェックを、オフィスでも着やすいようにグレー系のシックなカラートーンで表現。カシュクールデザインだから一枚でも着映え力あり! ストレッチ素材Vカラージャケット¥23,000/エムセブンデイズ▶プレゼンや会食、仕事帰りに予定がある日などさまざまなシチュエーションにフィット!M7daysのお仕事スタイル【 8 】サイベーシックスのベージュジャケットピークドラペルとダブル仕立てという本格志向の形で、ジャケットスタイルを旬の気分に。きめ細かく端正なウール素材が上品リッチ。 ジャケット¥89,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス)▶好感度の高い「ベージュのジャケット」を着回し! 秋の“きちんとキレイな通勤コーデ”【 9 】イレーヴのテーラードジャケット薄手のウール素材。クラシカルなダブルも素敵ですが、一枚買うならシャープで着回しやすいシングルボタンがやっぱりおすすめ。ジャケット¥58,000/アングローバル(イレーヴ)▶「キャメルのテーラードジャケット」が一枚あったら、どんなシーンも今っぽいムードに決まる※商品は販売終了している場合があります▶ジャケット関連記事をもっと見る
  • 「やせにくくなった」「疲れやすくなった」などなど、(言いたくはないけれど)このところ、”寄る年波”の圧が強くなったような。だからこそ、「アラフォーから始めておいてよかった」と感じることも少なくないのでは? 隣のJマダムはあの時期、何にトライし始めていたのだろう。今回ご紹介するのは、ボティメンテ編。その効果のほどは……?「スポーツジム通い」という回答が多数。 「運動不足解消と、姿勢をよくして高齢になってもスタスタ歩けるように」と通い始めたTIさん(48歳)は、体の変化が楽しみでハマってしまったそうで、「ウエストがくびれ、背中のお肉がなくなり、へなへなだった足が引き締まり始めている。猫背も治った」とか。 エアロビクスを始めたというKYさん(54歳)は、「リズムに乗って楽しみながら有酸素運動ができる。肩や首のコリを感じにくくなり、筋肉がついて代謝がよくなったのか冷え性も改善」したという。 ついで多かったのが「ヨガスタジオ通い」で、こちらはメンタル面で大きなメリットを得ている様子。 「日本でヨガの指導をしてきたが、ハワイで、1ヶ月かけてライセンスを取得。自信がついた」(MM・50歳)、「9年間、同じ先生のもとでヨガを習っている。ヨガ自体の上達だけでなく、自分の気持ちとの向かい方や物事の捉え方が変化したような」(TT・45歳)。 何より「これからの生き方を前向きに考えられるようになった」という。これ、大事!ダンスやスポーツを始めた人も。 「テニスとフラダンス。子どもの中学受験でストレスまみれの時も、テニスで発散しフラで癒やされた」(SW・49歳) 「今年でフラ歴10年。色とりどりの衣装を身にまとったり、イベントなどで舞台に立つ時によい緊張感を味わえたり、フラ仲間とハワイ旅行をすることが楽しみに」(KU・47歳) ほかに「タップダンス」(NY・54歳)、「ズンバ」(YM・48歳)という人も。ほほう、ダンスにもいろいろあるのね。 スポーツでは「水泳」(EU・43歳)、「スキューバダイビング」(HI・50歳)、「マラソン大会出場」(JK・47歳)という人も。 「ゴルフ」を始めた人からはこんな声が届いた。「以前は週末に夫だけゴルフに出かけていたが、いまはゴルフが共通の趣味となり休日を一緒に楽しめるように」(KY・46歳) 「夫の不貞を機にゴルフデビュー。夫婦の会話が増え、夫の知人たちと一緒にラウンドするので、夫の”お遊び”も少し減ったような」(ET・53歳) そんな効用も! これからの人生を考えると、夫との関係改善も大事……よね。ビューティ面での心がけを始めていた人は、いま、周囲との差を大きく感じているようだ。 「万全の日焼け対策。同年代と比べるとシミが少ないと思う」(AU・50歳) 「雨の日も曇りの日もUVクリームを毎日。大して化粧もしないタイプなのに、40代半ばまでシミが浮き出てこなかった」(KA・52歳) うらやましい……いやいや、それはお二人ともちゃんと手を打っていたからこそ。 「定期的な断食デトックス」を続けているTTさん(50歳)は、「老廃物を出すことで体も頭もスッキリすることを実感」しているそうだ。 さらに、食生活を根本的に見直した人も。40代で第二子を出産後、いわゆる”おばちゃん体型”になってしまったIMさん(51歳)。 「このままではいけないと、まずは玄米を食べることに。マクロビオティックのクッキングスクールに入会。食を変えたことで体型は20代の頃に戻り、太りにくい、そして病気にもなりにくい体を手に入れることができた」そうだ。 私たちの体は(心も?)食べるものでできている。寄る年波対策としては、マクロビに限らず「食」を見直すのもアリかも。次回は、人生を大きく変えるきっかけとなった、スキルアップ編をご紹介。こちらもなかなか興味深い回答ぞろいなので、お楽しみに!取材・文/鈴木裕子
  • ノスタルジーを感じる色落ち具合はニュアンスのある淡色になじんで洗練度アップまだまだ手厳しい寒さが続くけれど色味だけでも少し次の季節を先取りしたいから、春の気分にぴったりな淡色デニムを主役にしてみる。マディソンブルーのロングセラー、ボーイズタイプは古着のような雰囲気をもつ、ゆったりとしたシルエットで、主張しすぎないムラ感が特徴的。ちょうど先日インテリアショップで見つけたエイジング加工された鉢カバーのようにかっこよいから、モダンに着こなせそう。デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー ジャケット¥110,000/ビームス ハウス  丸の内(チンクワンタ) ニット¥21,000/スローン ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス) バッグ¥39,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/坂根綾子 スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼デニムコーデをもっと見る
  • 甘さの代表色、ピンク。濃淡や配色次第で、お仕事にもカジュアルにも◎Marisol読者の素敵な皆さま こんにちは。 3月号は カバーモデルとして、エビちゃんこと蛯原友里さんが登場! まさに、エビちゃんOLに憧れた20代。 エビちゃん着用アイテムを求めて繰り出す週末が楽しかったなぁ。 今また、Marisolでの活躍を拝見して あの頃と同じ行動しちゃうかも。笑 そんなエビちゃんがアイコンのような 甘いテイストは大好物。 中でも、クローゼットのピンクの割合は高め。 春はオンもオフも沢山着たい! ということで コーディネート。 まずは、淡いピンクのワイドパンツ。 ZARAのシャツは袖にフリルがあって ちょうど良い甘さ。 内勤の日もオフもどちらにも着たいです。ちょっとカッコいいピンクの使い方。 ビビットなピンクが意志力高めに魅せる気がします。 この配色はずいぶんまえからお気に入りですが ひとつ前の記事に書いた スカーフをバッグに巻くだけで、今年顔にリニューアルして嬉しい! 春はコート代わりにジャケットを羽織るのもアリですね。ジャケットコーデで 違うパターン。 淡いピンクブラウスも タイ結びで甘さを抑えるくらいが ちょうど気分。 低身長には縦長効果も期待。 アシンメトリーなリボンが ちょうど良い大人の甘さに抑えてくれて、好きなブラウス。 ペールピンクもアリです。 ZARAのパンツは 裾のレースが、レースでありながら 水玉風で甘すぎないデザインで 使いやすい一本。カジュアルな休日には 白パーカー合わせ。 無印の白パーカーはSサイズを選んでコンパクトに着ています。 スニーカーは10年選手。これはまだ寒い日でもOK 先日の関西美女組新年会でも着ていたコーディネート。 ピンクの柄物もペイズリーや馴染む色を選ぶと着やすい!リップもグロスもピンク率高め! ↓今はまだ寒くて、冬のピンク…♡春が待ち遠しい、 甘さコーデで1weekでした! お読みいただきありがとうございました。美女組No.165 Mariko
  • 女友達と過ごすバレンタインの夜は、トレンドを意識しつつもリラックスできる、がんばりすぎないコーデがいい!バレンタインの夜だけど 女友達と美味しいものを食べに行きたい(^^♪ ということで 週末はまだ混んでいるけれど 仕事帰りの平日夜は比較的空いていてオススメな 日比谷ミッドタウンへ!! この日のコーデ 実はニットの下はワンピース(nana・universe) ツヤのあるサテン素材でこなれ感と 柔らかい印象のプリーツがフェミニンで 1枚できれいめコーデやオフィスコーデになりますが まだ1枚で着るには寒い・・・ ジャケットに合わせるのも堅苦しくなりそうな・・・ 寒いし、ここはやっぱりニットだよね しかもこの日はすごーく寒かったので タートルニットの出番です 流行りの「ゆるニット×プリーツスカート」コーデに挑戦 nano.universe:ヴィンテージサテンフレアスリーブワンピースオフホワイトのケーブルニットでまろやかコーデVネックニットで首回りすっきりきれい系コーデ20代、30代なら もっとオーバーサイズなニットをゆるっと合わせるんだろうけど 40代はもっさりしてしまいがち Σ( ̄ロ ̄lll) 私は身長もそんなに高くないので(160㎝) ニットの丈は短めを選びました。 プリーツスカートはもっと長いのが 今年っぽいのかも。 でも、保護者会などのきれいめコーデやオフィスでも使いやすい このくらいの丈の方が 私は使いまわせます(*^-^*) オフホワイトとグレーに近いカーキーの 同系色でなじませコーデにしたので 小物のバッグでぱっと目を引くきれいな色のブルーを選びました。 アラフォーに冷えは禁物 今日はあまりの寒さに、スカートの下は しっかり防寒のタイツやロングブーツにしましたが 暖かくなったらこのワンピースにヒールでお出かけしたいな♪ 早く春が来ないかなぁ・・・(*´ω`*) 美しすぎるママ友を独占したValentine's night♥抜群のスタイルからは想像できない肉女子にギャップ萌えです お腹ペコペコで食べる気満々の時に撮られた( ̄▽ ̄;) お行儀悪くてお恥ずかしい・・・この日のディナーは日比谷ミッドタウン内にある 「HIBIYA FOOD HALL」で♪ オシャレで美味しい8つの店舗が入っていて テイクアウトもできるけれど それぞれ違うお店で買った商品を持ち込んで 店内でも食べれるので フードホールならではの 家族や友達とそれぞれの店で買ったものを シェアして食べれるのでオススメ! 私たちは [BrooklynCityGrill]のお肉盛りと [Mr.Farmer]のサラダで お腹いっぱいになってしまったけれど 本当は [Bar&Tapas]のピンチョィスや [BostonOyster&Crab]で牡蠣を食べる気満々だったのですが・・・ また行きたくなる、制覇したくなる 「HIBIYA FOOD HOOL」でした♪ Beanthy yuko blog:♥♥♥美女組No.160 yukoのブログ
  • 300人以上のマリソル読者に、「甘めテイストのファッション」に関するアンケートを実施。好みの甘アイテムとともに、着こなしで気をつけていることや、この年齢ゆえの迷い、悩みなど、リアルな本音を徹底調査!辛口派も甘口派も。40歳は「甘さ見直し期」アンケートで「自分のファッションテイスト」について質問したところ、「辛口/どちからといえば辛口」と答えた人が58%、「甘口/どちらかといえば甘口」が 42 %という結果に。また、辛口派の8割の人が「甘めのファッションに苦手意識がある」と回答。  では、甘いアイテムに関心がないかというとそうではなく、「好辛口派も甘口派も。40歳は「甘さ見直し期」!きな甘アイテム」を尋ねると「特になし」はゼロ! 「ふだんは辛口派ですが、甘いアイテムにもチャレンジしたい。甘いだけより、甘いものをどうやってカッコよく着こなすかがテーマです」(42歳・モデル)という積極派がいる一方、「40歳を過ぎ、好きだった辛口シンプルなテイストが、逆に老けて見えるように……。最近ピンクのアイテムを探すようになりました」(43歳・会社員)と、辛口一辺倒から、甘さの必要性を感じ始めている読者が非常に多かった。  甘口派のほうを見てみると、「子供っぽい甘さはイタさにつながる気がします。スカートは膝が見えない丈を死守。また、甘めでもきちんと感が出るよう、質のよさにこだわって選びます」(41歳・大学教員)、「イタく見えないよう〝甘いアイテムは全身に 1点だけ〟がマイルール」(37歳・看護師)と、甘さと隣り合わせの「イタさ」をいかに回避するかが命題に。  辛口派は「甘さの魅力」を見直し、甘口派は「甘さの使い方」を見直す。まさにアラフォーは「甘さ見直し期」。そして甘さと上手に付き合うことができれば、40歳からのおしゃれの可能性は確実に広がるということ。   「ピンクには桜のようにまわりを華やかにする力があると思います。肌色との相性がむずかしいので、ボトムで取り入れるのが好き。(40歳・会社員)」 「2年前から愛用のピンクのフレア スカート。先日合わせてみたら、色も形もしっくりこない……。もしかしてピンクは卒業⁉ とあせってます。(42歳・通信)」「去年の夏、思いきって花柄のスカートに挑戦。はくだけでおしゃれになったような錯覚を受け(笑)、すごく新鮮な夏になりました。(42歳・会社員)」 「全然嫌いじゃないのですが、一歩間違えるとおばあちゃん風味になる危険が……。失敗しない選び方を知りたい!(39歳・自営業)」「この年齢になって、レースの魅力に気づきました。特にタイトスカートは大人にこそ似合うアイテムだと思います。(44歳・会社員)」 「レースは値段! いいものだとすごく上品に見えるし、安物だと全体が安っぽく見える。若い子なら可愛いけど。(41歳・主婦)」Marisol3月号(2019年)では、読者から最も支持を集めたピンク、花柄、レースという3つの甘アイテムにフォーカスし、アラフォーだからこその賢い選び方、洗練度を上げる着こなし方をご紹介。甘口派も辛口派も、甘さの魅力を再発見してみて!■課題がわかれば攻め方もわかる!「3大甘アイテム」の攻略ポイント3大甘アイテム①ピンクまずはボトムに絞り、顔映り問題を回避。また色には流行がある。旬の色みに更新するのも大切!(右)今年のピンクの大きな特徴は、トーンがぐっと淡くなっていること。それでいて、デザインは辛口という点が新しい! スカート¥49,000/エイトン青山(エイトン) 3大甘アイテム②花 柄小花か大花か、色みはどうする…?花柄はとにかく柄選びがすべて! 失敗しない選び方にフォーカス(中)プリントワンピースも春の注目アイテム。黒地×ブルー系の小花柄の一枚は、甘すぎず大人向け。ワンピース¥39,000/RHC ロンハーマン(RHC)  3大甘アイテム③レース大人のレースにはリッチ感が必要。長く愛用できる上質な一枚を、オンだけでなくデイリーに楽しもう(左)40歳からのレースは素材が命。スカラップつきのカットワークレース素材は黒を選んでほんのりモードな印象に。ブラウス(一部デザイン変更予定)¥78,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー)【Marisol3月号2019年掲載】撮影/西原秀岳(TENT/物)スタイリスト/徳原文子
  • 土肥温泉、富岳群青に泊ってきました。 お部屋のテラスから、富士山を眺めながらの露天風呂、最高でした。フェンディのリゾートコレクションから、ニットとパンツは、少し春を意識して。 夕陽は、富士山がオレンジ色に染まるのが本当に綺麗でした。 マリソルコンパクト版を持っていき、お部屋のくつろぎタイムに。美女組No.110あんまきのブログ
関連キーワード