カーキトレンチは元気よく襟をたててデニムパンツをきれいに仕上げて【2019/2/11コーデ】

Marisol ONLINE
デニムパンツ×ニットの王道ゆったり休日コーデ。そこに女性らしさをどう効かせるのかがアラフォー女子の腕の見せどころ! 例えば色みの雰囲気がワイルドな印象のカーキトレンチコートの襟や、パンプスのポインテッドトゥの“鋭角”のシャープさを加えるだけで、洗練された印象に変わるはず。そして、やや光沢のあるナイロン素材がリッチな香りを漂わせてくれる。
トレンチコート¥40,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ニット¥23,000/FUN Inc.(フォンデル) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) バッグ¥42,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) パンプス¥54,000/アマン(ペリーコ) ピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
関連記事
  • “これでいい”じゃなく、“これがいい”から選ぶんです!私服スナップの常連・アラフォーエディターたちは「プチプラ」をどう選び、どう着こなしている? なんとなく、便利そう"だからプチプラ服を買っていませんか? マリソルきってのおしゃれ好きアラフォー6名の私服コーデから見えてきた、「プチプラ」との妥協なき向き合い方をご覧あれ。※この特集内に出てくるアイテムはすべて私物です■エディター 発田美穂さんのマイルール 華やかで心ときめく「とろみの柄ワンピ」を狙いうち 「プチプラの買い物は、楽しんでこそ。"このシーズン、3回も着られれば上出来!"という視点で探すと、選ぶのがすごく楽しくなります。このドット柄のワンピースは、ZARAのWebサイトで。ZARAはプレスディナーや出版パーティなど、パッと華やかに見える服が必要な時に頻繁にチェック。なかでもとろみ素材の柄ワンピースは、プチプラでも値段感が出にくく、簡単に今の気分を取り入れられるのがいいんです」「白ベースのドット柄ワンピースはZARAで¥8,000ほど。この時季はベージュの着流し風リネンガウンをはおって軽やかに」。ワンピース/ZARA リネンライトコート/カオス バッグ/J&M デヴィッドソン 靴/海外で購入 バングル/ハム 「こちらもZARAのサイトで。2 サイズ取り寄せ、自分の体型に合うものを。プチプラこそ、サイズ感で妥協しないことも大人のルール」■エディター 坪田あさみさんのマイルールプチプラは、おしゃれのカンフル剤。「次に着たいもの」を投入します 「春夏らしい色ものを求めてWebショッピングめぐりをしていた時に出会ったのがこのスカート。届いたら想像していたより丈が少し短かったのですが(笑)、それなら高いヒールの靴を合わせようとか、工夫しながら着こなすのもまた楽しいんですよね。高価な服だとどうしても"守り"に入りがちですが、プチプラ服は"遊び"に振り切れる。"次、これを着たい"という挑戦をすることで、おしゃれの幅が広がります」「きれいな発色のピンクスカートはSLOBE IÉNAで¥15,000ほど。激安ではないけれど、挑戦するにはいい価格」。スカート/SLOBE IÉNA Tシャツ/N.O.R.C バッグ/STAUD サンダル/ミッシェル・ヴィヴィアン ヘアスカーフ/フォンデル サングラス/BLANC「挑戦アイテム・ダッドスニーカーはZARAで購入。ベーシック服はいいものを、トレンド服はプチプラで、というバランスが私流」【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/須藤敬一(発田さん、磯部さん、坪田さん) イマキイレカオリ(東原さん、Akaneさん) 遠藤優貴(MOUSTACHE/伊藤さん) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/八角 恭(nude./発田さん) TOMIE(nude./磯部さん) 森野友香子(Perle Management/坪田さん) YUMBOU(ilumini./東原さん、Akaneさん) 神戸春美(伊藤さん)
  • もう一つの本命ワンピはコレ!淡いレモンイエロー、肌触りの良いリネンブレンド生地、ドリーミーなシルエットで(ムームーにならないよう気を付けつつ)着るとテンションの上がる一枚です!前々回のブログでもワンピースをご紹介しましたが、もう一つの本命ワンピはコレ! ZARAのリネンワンピースです✨ 私は好きな形ですが、写真で分かる通り、ちょっとドリーミーな感じというか…… 着回し万能なデザインではないですが、もう一つの候補だった、ごくベーシックなベージュのシャツワンピよりも惹かれてしまい、こちらが購入リストに入りました。あとはコペンハーゲンファッションウィークのスナップで、こんな感じのカラーリングを着こなしている方たちを見かけて、ビビっと来たのも後押しされた理由です。 (気になる方は、インスタを見てみて下さいね!) これさえあればどこにでも行ける!この夏の大本命ワンピはコレ!マリソルオンラインのこの記事↑にもあったように、 本命ワンピの条件で挙げられている ・はおりいらずの「袖あり」 ・どんな場にも浮かない「無地」 ・一枚でも着映えする「ちょい華デザイン」 ・上品に見える「膝が隠れる丈」 には近いものがありつつ、デザイン性が強めなので、正直着る場所は選びますが、 それでもリネンブレンド生地なので、肌触りは良いですし、 「これ着たい!」と思える、テンションが上がるワンピースが待機しているのはやっぱり嬉しい!あとは、一歩間違ってムームー?と思われないように、ヒールを合わせたり、小物を脱・黒合わせにしたり、ゴールドの華奢なアクセを効かせて着るようにしている率高めです。 これでアラジン見にいきたいなー!美女組No.166 machikoのブログ
  • アラフォーの夏のシンプルコーデには、小物のスパイスが必要。コーデの主役となるような、人気ブランドの最旬バッグがシンプルコーデを格上げしてくれます!【目次】 ①アラフォーの心を動かす美しハイブランドのバッグ ②ブランド バッグを自分らしくカスタマイズ! ③おしゃれプロ&セレクトショップのリコメンド・ブランド バッグ ①アラフォーの心を動かす美しハイブランドのバッグ■CHANELの軽やかなバケツ型バッグ2019春夏 プレコレクションより、パンチングでブランドロゴをかたどった、軽やかなバケツ型バッグが登場。内側のピンク、そして中にはツイードのポーチつきで心躍る。短めハンドルのほか、長めのチェーンストラップがついているので、アレンジも自在。 バッグ(19×21×13)¥359,000・カーディガン¥401,000・スカート¥170,000・バングル¥178,000/シャネル インナー/スタイリスト私物▶CHANELの軽やかなバケツ型バッグ 詳細はこちら■SAINT LAURENTのトートバッグ(右)カサンドラロゴがきいた正面のポケット部分は、取りはずすと薄型のクラッチバッグに早変わり。トートにはショルダーストラップつき。「アップタウン」バッグ(23×23×11) ¥239,000・ (左)中の巾着を取りはずせば、シンプルなトートバッグとして。ラムレザーの上質な風合いが生きる巾着は、それだけでもバッグとして活躍する。「ショッピング・テ ディ」バッグ(33×25.5×19.5)¥199,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)▶SAINT LAURENTのトートバッグ 詳細はこちら■BOTTEGA VENETAのビッグクラッチ若きダニエル・リーが手がけた初のバッグコレクション。柔らかなレザーで硬いフレームを包んだビッグクラッチは、丸みを帯びたフォルムが愛らしい。「THE POUCH」バッグ(20×39×19)¥260,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶BOTTEGA VENETAのビッグクラッチ 詳細はこちら■BALENCIAGAのロゴバッグ人気ラインの新作は、都会的で着こなしを選ばない絶妙なグレー。取りはずしのできるショルダーストラップは長さ調節が可能なので、肩がけも斜めがけもOK。「EVERYDAY LOGO」バッグ(22×19×9.5)¥128,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)▶BALENCIAGAのロゴバッグ 詳細はこちら■LOEWEのオープンバケット型バッグオープンバケット型の新作。アシンメトリーに配したハンドルは、カーブしたピンバックルで長さ調整が可能。カーフスキン&リネンは、軽さも耐久性も優秀。「BALLOON」バッグ(37.5×22×23)¥171,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶LOEWEのオープンバケット型バッグ 詳細はこちら■STELLA McCARTNEYのロゴバッグサンドブラスティングしていないエコデニム素材を使用。間口が大きく、中のポーチは小分け収納にも便利。ショルダーストラップつき。「ステラ ロゴ」バッグ(21×32×12)¥121,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)▶STELLA McCARTNEYのロゴバッグ 詳細はこちら■CHLOÉのチェーンバッグ新アイコン「Chloé C」は、大胆な"C"の金具とゴールドチェーンで華やぐデザイン。シャイニーレザーのボディに、フラップ部分はスエードを加えて表情豊かに。「Chloé C」バッグ(14.5×21.5× 5 )¥127,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)▶CHLOÉのチェーンバッグ 詳細はこちら■FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」トートバッグを二つ折りすればクラッチに、斜めがけしてメッセンジャーバッグにと、まさに“フリップ”する新型バッグ「フェンディ フリップ」。レザーと、キャンバス地の「FF」ロゴ柄、2種類のショルダーストラップがついているから、オケージョンに応じて使い分けて。 「フェンディ フリップ」バッグ(23.5×30×13)¥287,000・ジャケット¥390,000・ブラウス¥115,000・パンツ¥115,000・ピアス¥29,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)▶FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」 詳細はこちら■DIORの「サドル」バッグ2000年に初めて登場した伝説の「サドル」バッグが再解釈され、復活。乗馬の世界から着想を得たという馬鞍の形に、ゴールドの“D”を配したデザインは、時代を越えるエレガントさ。ヴィンテージ調のストラップで、今の遊び心を加えて。 「サドル」バッグ(20×5.5×6.5)¥360,000・太ストラッ¥180,000・コート¥460,000・シャツ¥140,000・パンツ¥145,000・ピアス(片耳)¥43,000・リング¥62,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIORの「サドル」バッグ 詳細はこちら②ブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!■FENDIのストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶FENDIのバッグ&ストラップ 詳細はこちら■DIORのキャンバス素材ストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIORのバッグ&キャンバス素材ストラップ 詳細はこちら■PRADAのロボットチャーム「それどこの?」と聞かれること間違いなし! 電子部品で工作したような、おとぼけ顔のロボットがキュートなチャームをシンプルなトートにつけて。チャームの一部にバッグと同じ上質な「サフィアーノ」レザーを使用。 バッグ(19.5×28×12)¥255,000・ピンクロボットチャーム¥51,000・ピンクロゴチャーム ¥36,000・グリーンロボットチャーム¥51,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)▶PRADAのバッグ&ロボットチャーム 詳細はこちら■グッチのイニシャルカスタマイズ大きめなGGパターンのトートバッグの両面、または片面に、好きなアルファベットを入れられる。イニシャルは4 種類の素材・16パターンから選べる。オンラインで仕上がりイメージを見ながらカスタマイズできるのも嬉しい。こちらのイニシャルはクリスタルつきのフェルト素材。 「『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグ」(43×41×5.5)¥259,000〜393,000/グッチ ジャパン(グッチ)▶グッチのバッグ&イニシャルカスタマイズ 詳細はこちら③おしゃれプロ&セレクトショップのリコメンド・ブランド バッグ■BALENCIAGAのロゴバッグ副編集長S田 リコメンド 「大人なベージュとキャッチ―なロゴにテンションアップ!きちんと感のあるフォルムだからオンオフともに活躍」と副編集長S田がひと目惚れした「ヴィル」の新色。レディなベージュとモードなロゴで旬のバランスが完成。「ヴィル トップ ハンドル S」バッグ(H22×W26×D11㎝)¥235,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) ▶BALENCIAGAのロゴバッグ 詳細はこちら■ZANELLATOのホワイトバッグマリソル 編集部MDR推薦 「清潔感のあるクリーンな白で、レザーだけで表現されたモチーフが贅沢。カジュアルに斜めがけしたい」。バッグ¥130,000/アマン(ザネラート)▶ZANELLATOのホワイトバッグ 詳細はこちら■Sergio Rossi & TOINO ABELのかっちりかごバッグマリソル 編集部Y本推薦 「先シーズンあたりからセレクトショップで見かけていたブランドが本格上陸。かっちりフォルムとステッチのゆるさのバランスが可愛い」。バッグ¥28,000/ショールーム セッション(TOINO ABEL)▶Sergio Rossi & TOINO ABELのかっちりかごバッグ 詳細はこちら■DELVAUXの「ブリヨン」バッグエディター湯澤実和子さん推薦 「オケージョンや冠婚葬祭を含め、この先ずっと使える超定番として本気のいいものが欲しくて購入。ブランドがわかりにくいのも好み」。バッグ¥642,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)▶DELVAUXの「ブリヨン」バッグ 詳細はこちら■フォンタナ ミラノ 1915のバッグBARNEYS NEWYORK リコメンド トップハンドルからの丸みのあるフォルムに縫製。隅々まで美しい職人技が光る。 バッグ(24× 28×11.5)¥320,000/バーニーズ ニューヨーク(フォンタナ ミラノ 1915)▶フォンタナ ミラノ 1915のバッグ 詳細はこちら■ラドローのかごバッグRon Herman リコメンド 上質感のあるレザーコンビのかごなら、大人でも持ちやすい。たっぷりとあしらったフリンジで、シンプル服も見違える! バッグ(34×22×22)¥62,000/ロンハーマン(ラドロー)▶ラドローのかごバッグ 詳細はこちら■エレメのコラボバッグChaos リコメンド 先シーズンヒットした形の新作。大きいのに軽く、ハンドルが二重で持ちやすい点も人気の秘密。 バッグ(37×45×19)¥57,000/カオス丸の内(ア バケーション)▶エレメのコラボバッグ 詳細はこちら■バルダンのスクエアショルダーバッグESTNATION リコメンド 型押しにゴールドの持ち手がエレガント。形がくずれず、荷物を入れてもきれいな形がキ ープできるのも人気の秘密。 バッグ(19×24.5× 8 )¥55,000/エストネーション(バルダン)▶バルダンのスクエアショルダーバッグ 詳細はこちら■J&M DAVIDSONのコラボバッグTOMORROWLAND リコメンド 「トゥモローランド」40周年を記念して別注した限定色。通常ゴールドのスタッズもシルバーに。 バッグ(26.5×17.5×17.5)¥154,000/TOMORROWLAND(J&&M デヴィッドソン TOMORROWLAND別注) ▶J&M DAVIDSONのコラボバッグ 詳細はこちら■Christian Louboutinのトートバッグ副編集長S田 リコメンド 「持つだけで気分が上がるカラフルで美しいトートを夏に向けて購入。まるでアートのような特別感!」と副編集長S田がひと目惚れしたのが、「CABA」コレクションの新作「ポルトガバ」。ポルトガルの伝統的な手法や技術を取り入れ、色鮮やかで存在感抜群。内側は伝統的なアズレージョタイルがモチーフになったプリントに。 バッグ(縦32×横55×マチ33㎝)¥239,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)▶Christian Louboutinのトートバッグ 詳細はこちら■J&M Davidsonの2WAYバッグスタイリスト松村純子さん リコメンド 誰もが持っている黒いバッグは、フォルムと質感で差をつけたい。J&M デヴィッドソンの「メド」バッグは、A4サイズが余裕で入り、クロスボディ、手持ちもできる2WAY仕様。「一見シンプルですが手にした時のくたっと感がなんとも言えず素敵。リネンジャケットとショーパンに合わせて持ちたいです!」とスタイリスト松村純子さん。「メド」バッグ(H40×W35×D9㎝)¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ▶J&M Davidsonの2WAYバッグ 詳細はこちら※( ) 内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です(編集部調べ)
  • スポンと着るだけできちんと見えがかなうワンピは、最強の「楽してきれい」アイテム。この夏、一枚は持っておくべし!What's どこにでも行けるワンピとは? ・はおりいらずの「袖あり」 ・どんな場にも浮かない「無地」 ・一枚でも着映えする「ちょい華デザイン」 ・上品に見える「膝が隠れる丈」着回ししたのはこのワンピース。ゴムをあしらった"甘袖"以外はいたってシンプルなデザイン。でも実は両サイドにポケットありと機能的な一面も。ワンピース¥39,000/ADORE\シーン別に3パターン着回し!/カラフルな柄ストールで万能なネイビーを夏仕様に 品のよさは折り紙つき。でもデイリーに着るには少々お堅くなりがちなネイビーこそ、楽ちんワンピで軽快に。夏色のストールをバッグに添えて、上品な明るさをもうひと盛り。ワンピース/上と同じ バッグ¥82,000/アパルトモン 青山店(ジウリア マレスカ) ストール¥11,000/アルアバイル(マニプリ) ピアス¥9,200/シップス 有楽町店(ソコ) リング¥18,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル 広がりすぎない膝下丈はスニーカーとも相性抜群! 膝が出ると、途端に子供っぽく見えるワンピ―ス。休日のスニーカーやサンダルが増える夏を考慮すれば、選ぶべきはやはり長め。上にボリュームのあるT字シルエットなら、ぺたんこでもすらっと脚長に。ワンピース/上と同じ バッグ¥24,000(アルテサーノ)・靴¥35,000(ペリーコ サニー)/アマン ピアス¥16,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ブレスレット¥91,000/CHERRY BROWN サングラス¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) とろみ素材ならではの艶感も〝ちょうどいい〞華やかさに そのままでも十分華やかなフレア袖。とはいえお祝いの席に一枚では寂しいので、華奢でも存在感のあるゴールドアクセをちりばめて。生地そのものにもほんのりと艶やハリが、またバストの後ろにはたっぷりとギャザーを配し、360度どこから見ても美しいのもフォーマル向き。ワンピース/上と同じ ピアス¥69,000・ネックレス¥59,000/ショールーム セッション(マリハ) バングル¥14,000/リエス(メゾン ボワネ)【Marisol7月号2019年掲載】撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/高垣麗子 取材・文/伊藤真知
  • シワになりにくく吸湿速乾のシャツワンピースは肌ざわりがさらっと心地いい※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます雨が降りそうで降らないパッとしないこの時期は、せめて服装で気持ちをリラックスさせて。エレガントな落ち感が魅力的なこのシャツワンピースは吸水速乾、接触冷感、シワになりにくい素材で余計な手間をかけなくてもいいから気持ちに余裕が。オフィスにずっといると身体が冷えてくるのでコットンニットで体温調節も忘れずに。見た目がトラッドなローファーなのに実はレインシューズ!という機能アイテムを履けば、雨が降っても快適な足もとを約束してくれる。シャツワンピース¥39,000/オンワード樫山(ベイジ,) ニット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ピアス¥10,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ) バッグ¥274,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥15,000/ハンタージャパン カスタマーサービス(ハンター)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 「Ombre Nomade(オンブレ・ノマド)」に続き、中東に息づく香水の伝統にオマージュを捧げたフレグランス・コレクション。「レ・パルファン ルイ・ ヴィトン(Les Parfum Louis Vuitton)」から、新作フレグランス「Les Sables Roses(レ・サーブル・ローズ)」が登場。 ルイ・ヴィトンのインハウス・マスター・パフューマーであるジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードが、ウードウッドが香り立ち、砂漠への旅へと誘うようなイメージで調合した「Ombre Nomade(オンブレ・ノマド)」に続き、中東に息づく香水の伝統にオマージュを捧げたという。 数千年の歴史を持つ中東の香水文化から生み出される香りや習わし、伝統に魅了され、今回、ローズやウードウッド、アンバーグリスを中心に調香してコントラストを際立たせている。レ・パルファン ルイ・ヴィトン オー ドゥ パルファン (レ・サーブル・ローズ) 100mL ¥41,000 レ・パルファン ルイ・ヴィトン オー ドゥ パルファン (レ・サーブル・ローズ) 200mL ¥63,000 レ・パルファン ルイ・ヴィトン トラベルスプレイ (レ・サーブル・ローズ) 7.5mL x 4 ¥41,000 トラベルスプレイ レフィル 7.5mL x 4 ¥23,000「Les Sables Roses」の インスピレーションとなったのは、中東の砂漠の昼と夜、光と影、暑さと寒さ、空と大地――といった相対するものが調和を奏でる瞬間。 砂漠のような「温」と「冷」を感じさせ、自然な香りの美しさが存在するような調香が完成。ローズとウードウッドの二重奏にアンバーグリスがアクセントを添え、原料の豊かさをさらに強調している。 ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、フランスのグラースで過ごした幼少時代から周囲を取り巻く自然の原料に魅了されてきた。現在は、世界中を巡り最も貴重な原料を探し出し、自身のクリエーションの中で高めていくことに力を注いでいるという。ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、単品で使用するのはもちろん、他の香りとの組み合わせもできるフレグランスとして作り上げたという。分量の比率を自由に変えて、「1+1=無限」の広がりが生まれる楽しみを味わえる逸品だ。 「Les Sables Roses」は、ルイ・ヴィトン松屋銀座店、ルイ・ヴィトン表参道店および公式サイトにて発売中。https://www.louisvuitton.com/
  • 絶賛発売中のエクラ7月号 いいことづくめの「涼感ボブ」に出させて頂きました。先を跳ねかせ涼しげにして頂きましたいいことづくめの涼感ボブの掲載ページはこちらからどうぞ撮影時はとても爽やかな日だったので、ブルー系が着たくなり、ガリャルダガランテのシャツにホワイトジーンズで行きました。久しぶりの植田さんとの撮影にテンションがあがり、記念撮影をして頂きました。女性誌、ヘアー雑誌で大人気のS.HAIR SALON 代表の植田さんとは、エクラ華組にならせて頂く前に、何度か撮影をご一緒させて頂きました。 植田さんが撮影時に入られると、あちらこちらからお声がかかり、一気に場が和みます。 いつも良い距離感を保って下さる方なので大好きな美容師さんです。 お店も表参道駅から徒歩5分ほどで、お洒落で落ち着きのあるお店です。S.HAIR SALON のHPはこちらです。ここ10年以上、ボブ、ショートボブばかりの私です。カットして頂く方で長さは同じでも色々な雰囲気が出せるボブやっぱり好きだな✨✨ tops:GALLARDAGALANTE pants:YANUK shoes:PRADA bag:J & M Davidson大垣佳世インスタはこちらをクリック♬華組 大垣佳世ブログ
  • 華組の皆様と、駒沢公園のMr.FARMERでランチ会。 緑に囲まれたレストランは、お洒落で気持ち良かったです。この日は、お天気も夏が来た様な快晴で、公園日和☀️ 華組の先輩 有村一美さんチョイスのお店、駒沢公園入り口にあるMr.FARMERで、ヘルシーランチをさせて頂きました アーモンドミルクとアボカドのPastaボリューミーな、パワーランチは、アメリカサイズ❗️インテリアもお洒落✨ メニューも野菜が豊富なサラダを中心に、体にも良くて美味しいランチでした。 ウォーターバーも、柑橘系やハーブ、キュウリ水までありました❗️そして、女子会トークは、つきません❗️ 人生&母親としての先輩方のお話は、学ぶ事ばかり。。。 色々なアドバイスも頂き得るものも多く、気取らない楽しい会話で、笑顔溢れる楽しいランチ会でした 夏ファッションも、皆さんお洒落✨ 私は、Spick and Spanの麻ジャケットと、paperdenim&clothのカットデニムに、倉敷の職人さんが作った籠バッグ。 籠バッグのコサージュは、知人のブランドとコラボして、私の母が制作したものです。 そして、茶色の皮のサンダルは、私が西アフリカのブルキナファソに行った時に購入したものでして、履き心地抜群です❗️ 楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまい、まだまだ時間が足りなかったので、また次回を楽しみにしながら、帰路に着きました。 宜しければ、instaこちらからどうぞ。華組 山口りえブログ
関連キーワード

RECOMMEND