まばゆいシルバーやゴールドがマイスタンダード。「キラキラにときめく派」のバッグの中の“ハデ小物”

Marisol ONLINE
アラフォーのワードローブはごくシンプル。でもバッグの中には、遊び心のあるカラーやモチーフにあふれた財布、ポーチ……をイン。毎日持ち歩くからこそ、自分の目を楽しませる好きなものだけ♡ という各人各様の個性豊かなスタイルをご覧あれ。

■キラキラにときめく派B子さんのバッグの中身

シルバーノート(A5サイズ)¥3,500・ゴールドノート(A6サイズ)¥2,500/銀座・伊東屋(ロイヒトトゥルム1917)

▼アイテムを詳しく!

1/7

2/7

3/7

4/7

5/7

6/7

7/7

1_ JIMMY CHOOのキーチャーム
キャッチーなスターモチーフが小さなチェーンでつながれたキーチャーム。きらめきを放つから、バッグの中で迷子にならないのもグッド。キーチャーム¥25,000/ジミー チュウ

2_ JIMMY CHOOのカードケース
目をひくルックスが会話を生んで。チョークカラーのレザーにシルバーとクリスタルのスタースタッズがあしらわれたデザイン。カードケース(7.5×11×2.5)¥43,000/ジミー チュウ

3_ MULBERRYのiPhoneケース
シンプルにロゴを配したシルバーの手帳型。フラップ部分の裏側には便利なカードポケットが。iPhoneケース(iPhone6、6s、7 、8 対応)¥24,000/マルベリージャパン(マルベリー)

4_ BALENCIAGAのポーチ
スタイリッシュなターコイズ。小ぶりなコスメポーチとしてはもちろん、USBなどのビジネスモバイルケースにも。ポーチ(10×16× 1 )¥63,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)

5_ MONTBLANCの万年筆
18金のシャンパンゴールドコーティングの万年筆は幾何学模様が彫り込まれて。バッグから取り出す様も書きとめる様も素敵。万年筆¥165,000/モンブラン コンタクトセンター(モンブラン)

6_ WAKOのアトマイザー
クリスタルガラスやガラスパールを全面に敷き詰めたキラキラアトマイザー。ちょうどいいミニボトルで携帯しやすく、バッグやポーチにインしても目立つ。アトマイザー¥18,000/和光

7_ GUCCIの二つ折り財布
マルチカラーのメタリックに心ときめいて。カードケースのようなコンパクトサイズながら、財布としての機能を完備。ウォレット(8.5×11× 3 )¥58,000/グッチ ジャパン(グッチ)

撮影/生田昌士(hannah) スタイリスト/古田千晶 取材・文/陶山真知子

※( )内の数値は縦×横×マチで、単位はcmです
アラフォーのワードローブはごくシンプル。でもバッグの中には、遊び心のあるカラーやモチーフにあふれた財布、ポーチ……をイン。毎日持ち歩くからこそ、自分の目を楽しませる好きなものだけ♡ という各人各様の個性豊かなスタイルをご覧あれ。
仕事運、恋愛運、ひいては全体運……すべての運気を上げるためには、まずは「金運」を上げてこそ!コンパクトなミニ財布から機能的な長財布まで、2019年におすすめのお財布をまとめてチェック。人気エディター、青木良文さんにうかがった財布にまつわるエトセトラもご参考に。
関連記事
  • 「Ombre Nomade(オンブレ・ノマド)」に続き、中東に息づく香水の伝統にオマージュを捧げたフレグランス・コレクション。「レ・パルファン ルイ・ ヴィトン(Les Parfum Louis Vuitton)」から、新作フレグランス「Les Sables Roses(レ・サーブル・ローズ)」が登場。 ルイ・ヴィトンのインハウス・マスター・パフューマーであるジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードが、ウードウッドが香り立ち、砂漠への旅へと誘うようなイメージで調合した「Ombre Nomade(オンブレ・ノマド)」に続き、中東に息づく香水の伝統にオマージュを捧げたという。 数千年の歴史を持つ中東の香水文化から生み出される香りや習わし、伝統に魅了され、今回、ローズやウードウッド、アンバーグリスを中心に調香してコントラストを際立たせている。レ・パルファン ルイ・ヴィトン オー ドゥ パルファン (レ・サーブル・ローズ) 100mL ¥41,000 レ・パルファン ルイ・ヴィトン オー ドゥ パルファン (レ・サーブル・ローズ) 200mL ¥63,000 レ・パルファン ルイ・ヴィトン トラベルスプレイ (レ・サーブル・ローズ) 7.5mL x 4 ¥41,000 トラベルスプレイ レフィル 7.5mL x 4 ¥23,000「Les Sables Roses」の インスピレーションとなったのは、中東の砂漠の昼と夜、光と影、暑さと寒さ、空と大地――といった相対するものが調和を奏でる瞬間。 砂漠のような「温」と「冷」を感じさせ、自然な香りの美しさが存在するような調香が完成。ローズとウードウッドの二重奏にアンバーグリスがアクセントを添え、原料の豊かさをさらに強調している。 ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、フランスのグラースで過ごした幼少時代から周囲を取り巻く自然の原料に魅了されてきた。現在は、世界中を巡り最も貴重な原料を探し出し、自身のクリエーションの中で高めていくことに力を注いでいるという。ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは、単品で使用するのはもちろん、他の香りとの組み合わせもできるフレグランスとして作り上げたという。分量の比率を自由に変えて、「1+1=無限」の広がりが生まれる楽しみを味わえる逸品だ。 「Les Sables Roses」は、ルイ・ヴィトン松屋銀座店、ルイ・ヴィトン表参道店および公式サイトにて発売中。https://www.louisvuitton.com/
  • 絶賛発売中のエクラ7月号 いいことづくめの「涼感ボブ」に出させて頂きました。先を跳ねかせ涼しげにして頂きましたいいことづくめの涼感ボブの掲載ページはこちらからどうぞ撮影時はとても爽やかな日だったので、ブルー系が着たくなり、ガリャルダガランテのシャツにホワイトジーンズで行きました。久しぶりの植田さんとの撮影にテンションがあがり、記念撮影をして頂きました。女性誌、ヘアー雑誌で大人気のS.HAIR SALON 代表の植田さんとは、エクラ華組にならせて頂く前に、何度か撮影をご一緒させて頂きました。 植田さんが撮影時に入られると、あちらこちらからお声がかかり、一気に場が和みます。 いつも良い距離感を保って下さる方なので大好きな美容師さんです。 お店も表参道駅から徒歩5分ほどで、お洒落で落ち着きのあるお店です。S.HAIR SALON のHPはこちらです。ここ10年以上、ボブ、ショートボブばかりの私です。カットして頂く方で長さは同じでも色々な雰囲気が出せるボブやっぱり好きだな✨✨ tops:GALLARDAGALANTE pants:YANUK shoes:PRADA bag:J & M Davidson大垣佳世インスタはこちらをクリック♬華組 大垣佳世ブログ
  • 家族関係の変化を痛感せざるを得ないアラフィー世代。悩みは人それぞれでも、“考えさせられながら読む”小説にはそのヒントが! 最近本の世界で勢いがある家族の現実をテンポよくつづった小説から、女性作家たちのユーモラスな視点で描かれた傑作をお披露目。女だからこそユーモラスに「家族の問題」家族のキャラが濃すぎるのも悩み『乙女の家』 朝倉かすみ 新潮文庫 ¥750 78歳の曾祖母は愛する人との内縁関係を貫いた。58歳の祖母は16歳で族のヘッドの子を産んで男に逃げられた。42歳の母は理想の家庭をつくるため、平日は別居中の夫が夕食を食べにくるという形を継続中。そんな強烈な女たちの中で育つ若葉は、自分のキャラの薄さに悩み、試行錯誤していたが……。女子高生の青春を描きながら、普通の家族とは、理想的な家庭とは?と考えさせられる。アラサー、アラフォーも大変『対岸の家事』 朱野帰子 講談社 ¥1,400 『わたし、定時で帰ります。』で人気上昇中の作者が描くのは主婦の現実。2歳の娘がいる専業主婦・詩穂は2児の母・礼子と知り合い、仕事とワンオペ育児をこなす彼女の限界に気づく。そのほかにも子供がいない医者の妻・晶子、育休中のエリート公務員・中谷など、知人たちには個々の現実と言い分が。困難な毎日でも、優しさを忘れず向き合いたいという気持ちにさせてくれる小説。節約は明るく賢くやらなくちゃ『三千円の使いかた』 原田ひ香 中央公論新社 ¥1,500 「人は三千円の使い方で人生が決まる」と祖母の琴子にいわれた美帆は、24歳で貯金に目覚める。姉で29歳の専業主婦・真帆は、証券会社員時代の知識を生かしてプチ稼ぎに熱心。姉妹の母で55歳の智子は体調不良で将来が心配。そして琴子は73歳でパートを始め、お金の意味を再び考えるのだった。御厨家の人々の節約術は、何に価値をおき、バランスよく生きるかを考える好材料。シニアの外見、そのままでいい?『すぐ死ぬんだから』 内館牧子 講談社 ¥1,550 酒店を長男に譲り、夫と麻布のマンションで暮らすハナ。78歳の彼女は60代までは外見に気を使わなかったが、実年齢より上に見られて開眼。「外見が若くなると精神が若くなる」と自覚し、プロに相談しつつ美を保っていた。ところが夫が倒れたことで予想外の展開に。高齢者の口癖「すぐ死ぬんだから」は免罪符ではなく、努力を放棄するセルフネグレクトという作者の見解に納得!『夫の墓には入りません』 垣谷美雨 中公文庫 ¥680 老後資金、遺品整理などリアルな問題をテーマにしている作者の人気作。結婚15年の夏葉子は夫を突然亡くしたが、実家には戻らないつもりだった。しかし義両親が彼女をあてにしていることがわかり、将来を再考することに。女性の仕事を理解できない、勝手に墓に嫁の名前を入れるなど、義両親の行動はいかにもありそうで苦笑。時に穏便に、時に過激に対抗する夏葉子に思わず拍手。人生後半戦は本音が丸出し!『肖像彫刻家』 垣谷美雨  篠田節子 新潮社 ¥1,700 53歳バツイチの銅像職人・正道はイタリアで芸術家になることをあきらめ、八ヶ岳山麓に移住。現金収入のためさまざまな仕事を引き受けるが、「正道が作った銅像には魂が宿る」と評判になったことで思いがけない事態が続出する。娘ひとりでの介護、地方の寺の経営の裏側といった厳しい現実を直視しつつ、人間喜劇として描かれた小説。的確な視点、皮肉の切れ味はさすがベテラン!子供の部活は親の犠牲が必須!?『我ら荒野の七重奏(セプテット)』 加納朋子 集英社 ¥1,500 PTA改革に挑んだキャリアウーマン陽子を描いた『七人の敵がいる』の続編。中学で陽子のひとり息子は吹奏楽部に入部。しかしそこは親のがんばりなくしては成立しない部活だった! 演奏会で使う会場のために昼夜を徹して並ぶ、親の会の主(ぬし)が権力をもつなど、陽子には納得できないことばかりで……。知る人ぞ知る“部活親の苦労”を問題提起した痛快な作品。撮影/古谷 勝 スタイリスト/洲脇佑美 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ
  • 夏をサキドリして沖縄へ!アラフォー目線で、心に響いたポイントをPick up☆皆さま、こんにちは! 週末の3日間 沖縄の八重山諸島にある 石垣島、小浜島に旅してきました。 6月半ばの 沖縄の気温は、29〜30℃ 暑すぎず、気持ち良い気候でした。 朝イチの便で 関空✈石垣空港(約2.5時間)Hat:ZARA4年ぶりの八重山諸島 西表島、竹富島、由布島などの観光スポットは 以前に行っていたので 今回は 『ゆっくりバカンス!』 をテーマに、スケジュールを詰め込まず 海を見て 何にもしない、ということをするために来ました(笑)1日目は チェックインの時間まで レンタカーを借りて、 石垣島・北エリアをドライブ探索。 お昼時だったので 腹が減っては旅はできぬ☆ ということで まずは、ご飯から。▷新垣食堂The 沖縄そば という感じの、肉そばと カレーが名物の 新垣食堂さんで腹ごしらえ。 お肉が柔らかくて 濃いめのスープが暑い日に美味しい。ご飯の後は、別腹デザート。 新垣食堂さんの前に 素敵なお店がありました。 気になっていたお店が向かい合わせとは♡ 石垣島北エリアは、ひたすら山と海で 飲食店は各店舗の距離が離れている中で 向かい合わせの場所で ご飯とデザートが楽しめるのは かなり嬉しいこと!▷ Natural design・ukA※店内写真は掲載の許可を得ています。私は、アサイースムージーを。 子どもたちは バナナスムージーと、マンゴーシェイク。アサイースムージーバナナスムージーマンゴーシェイクアジアンテイストな 自然派の雑貨もたくさんあり 落ち着く雰囲気。 中でも気になったのは 石垣島の「月桃」を使った 虫除けスプレー↓「月桃」虫よけスプレー※店内写真は掲載許可を得ています。石垣島のサンゴ礁を赤土の流出から守るグリーンベルトとして栽培されている 材料の「月桃」は •コラーゲン生成促進 •抗酸化でアンチエイジング •日焼け沈静&美白 •肌を柔らかく保湿 •日焼け後のダメージ回復 などの役割があり 気持ちを明るく、 リラックス効果もあるそう。 オイルなど種類がありましたが 私は、普段使いに虫よけスプレーをチョイス。 on-lineショップからも購入可能です。▷ 月桃シリーズお腹が満たされたあとは 少し車を走らせて サビチ鍾乳洞へパワースポット鍾乳洞入り口あいにく曇り空でしたが パワースポットらしく ひんやりと穏やかな空気でした。その後、 北端の平久保崎へ。 岬からは絶景が広がります。 海の色が青い!うつわ好きとしては見逃せない やちむん屋 太郎窯 さんも覗いた後 そろそろ港へ。石垣港から 小浜島まで船で移動です。 ちょっと荒れ模様のお天気で スリル満点の船旅でした…! 船に乗る前に、スーパーで ORIONビールを買い溜め♡ スーパーは地元の食材も豊富でお手軽。 石垣港の売店も なかなかのお気に入りポイント! ・もずく天ぷら ・島らっきょう ・サーターアンダギー ・ポーク(スパム)たまごおにぎり などの、地域ならではのおつまみも買い込み 小浜島のホテルに向かいました。宿泊先の 「はいむるぶし」に到着! 海の見えるテラス付きの部屋で最高です。 その様子はPart2で…^^ お読みいただきありがとうございました。美女組No.165 Marikoのブログ
  • パンダ目、怖くない!ポイントは少ないアイテムでいかに〝ちゃんと塗り〟感を出すか大人メイクの正解は〝きちんと塗って、崩さない〞!初夏のキレイが続く秘密を教えます!ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さんヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん女性のライフスタイルに溶け込みながらセンスのいい旬の顔を作るテクニックで、各メディアで引っぱりだこ。女優、タレント、モデルからの指名もひっきりなし■アイライン メタリックブラウンで崩れない目ヂカラをまつ毛の間の肌色が目立ち、 埋めなければならなくなってしまう黒のアイライン。この「間埋め」こそがにじみの原因。メタリックブラウンならまつ毛の間が目立たず、埋める必要ナシ!アイシャドウは、ライン1本分塗らずにあけておくメタリックブラウンでやや太めのアイラインを。アイシャドウはアイライン1 本分、塗らずにすき間をあけておく。アイシャドウとアイライナーが混ざり合うことなく、崩れ防止に。速乾性にすぐれ、にじまない優秀メタリックブラウン繊細なきらめきがディファイン効果で目ヂカラをもたらし、まつ毛の間のすき間感をカムフラージュ。インジーニアス リクイドアイライナー EX 02¥2,800/RMK Divisionフィット感抜群。一気に引けるライナー熊野×奈良の職人技で作られたペン先は、ピタリとまつ毛ぎわに寄り添い、まつ毛の間埋めを必要としない。ウズ アイオープニングライナー ブラウン¥1,500/フローフシ■マスカラ 根元にはつけすぎず、中間から毛先を集中塗り目ヂカラアップを狙うあまりの、根元へのたっぷり塗りはパンダ目のもと! 中間から毛先を放射状に広げれば、華やかさで目ヂカラもアップするし、根元崩れも防げる。ブラシはまつ毛の根元に食い込ませない!マスカラブラシを最初に当てるところは、まつ毛の根元からやや離れた位置。そこからスタートすると、まつ毛の中間から毛先にマスカラ液が集中。放射状にバラけさせて。的確な位置から塗り始められるコーム型マスカラとかすだけでカールアップも。コーム型でバラけさせるのも簡単。ウォータープルーフ。マジョリカ マジョルカ ラッシュエキスパンダー ロングロングロング¥1,200/資生堂涙、皮脂にも強いスーパープルーフ根元づけしなくても強力にカールロック。優しげなまなざしを作る赤みブラウン。ヒロインメイク ロング&カールマスカラ スーパーWP 02¥1,000/伊勢半(KISSME)自まつ毛並みに自然。だけど印象的!ぬれたようなツヤ黒まつ毛に仕上がり、根元攻めしなくても目ヂカラ大。すんなり長く、セパレートが簡単! お湯で落ちる処方。アイラッシュ マスカラ¥4,300/SUQQU崩れ知らずのメイクで縁取られた鉄壁パーツで、表情までイキイキ!【Marisol 6月号2018年掲載】撮影/天日恵美子(人物) 国府 泰(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE)スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/小田ユイコ 構成/原 千乃
  • 夏も乾燥対策。美容液成分を89%配合した保湿力抜群のカバーマーク「トリートメント クレンジング ミルク」と、ナビジョンの「HAフィルパッチ」。Marisolで大絶賛されていたカバーマークの「トリートメント クレンジング ミルク」を試してから、もう1年近く愛用しています。 クレンジングはもうこれじゃなくちゃ!というくらい大好きになりました。 肌にやさしくなじんで、乾燥知らず。 先日買いに行ったら、ビッグボトルが発売されていたので迷わず選びました。 2倍のサイズなのに、お値段が・・・お得! うれしい!200g \3,240(左)と400g \5,400(右)コスメは好きだけど、スキンケアはこれ、と決めたものを長く使っています。 それがアラフォーになり、2月の美容合宿の影響も大きくて、肌につけるもの、つけ方、タイミング、そして食べ物、運動・・・もっと変えて良くなる所は伸ばしていきたい!という気持ちが大きくなって、最近は服よりコスメをチェックする時間が長くなったかもしれません。 その中で、最近イベントでいただいて良かったのが、NAVISHION(ナビジョン)の「HAフィルパッチ」。右の写真で目元に貼っているのが分かるかと思いますが、透明なシート状美容液で、目元や口元に貼ります。 (「これ良い!!」と妹に送った写真です(笑)) 良いと思ったのは、これまで使ったことのある目元用クリームやパックと明らかにうるおい方がちがう!と感じられたこと。 「マイクロニードル処方」で、貼るとチクッとします。 ヒアルロン酸100%の針(1シートに1200本!)がじっくりと皮膚に密着するために少し刺激があります。これがなんとも新鮮で面白くて。 つけたまま寝るので、翌朝のしっとりぷるぷるが楽しみになるのです・・・♡ 美容医療機関でこれまで販売されていたようで、最近WEB販売が始まったとのこと。 しばらく使ってみようと思います。 攻めの美容を始めるのも楽しい。美女組No.167 hirokoのブログ
  • おしゃれプロがこの春夏に買ったお買い物をアイテム別に徹底調査!その買い物は、新しいおしゃれにトライする「攻め買い」? マイスタイルを支える「守り買い」? 【トップス編】最旬ジャケットや初夏まで使えるアウター、色違いでそろえたいインナーなど、スタメンアイテムばかり。▶︎守り買い スタイリスト福田亜矢子さん推薦AURALEEの半袖リブニット「ボートネックやUネックの長袖を色違いで愛用中。五分袖タイプが登場したのでさっそく購入。前後差のあるすそも使いやすさの理由です」。ニット各¥20,000/オーラリー▶︎守り買いスタイリスト田澤美香さん推薦GALERIE VIEのリブロングカーディガン「リブニットといえば、という安心感のあるブランド。細リブと軽やかな素材、しっかり長め丈がお気に入り」。カーディガン¥26,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)▶︎守り買いスタイリスト池田メグミさん推薦H/ståndardのノースリーブカットソー「少しつまった丸首や肩が丸出しにならない袖ぐりで、体がきれいに見えます。色違いで何枚も欲しい」。トップス各¥5,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード)▶︎守り買いエディター塚田有紀子さん推薦HYKEの変形ヘムTシャツ「ベーシックだけれどちょっとエッジがきいていて、これは使えるなと展示会で確信。スキニーデニムと合わせて、シンプルな中のポイントにしたい」。Tシャツ¥16,000/ボウルズ(ハイク)▶︎守り買いエディター坪田あさみさん推薦MADISONBLUEのリネンガウンコート「リネンの素材感がきわだつナチュラルベージュで、春先から真夏まで使える。ベルトを締めても着流し的にはおっても、簡単にサマになります」。ガウンコート¥91,000/マディソンブルー▶︎守り買いマリソル 編集部K松推薦RALPH LAURENのリネンシャツ「トラッド好きなら必ず通ったポロプレイヤーロゴつきシャツが、今また熱い! オーセンティックな形とリネンのバランスが新鮮」。シャツ¥15,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン)【Marisol6月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/発田美穂
  • マリソル編集部からのお知らせみなさまこんにちは。ただいまマリソル9月号「知花くららとトライ!『アラフォーこころの短歌』」テーマにて、読者のみなさんからの短歌を募集しています。 お題:仕事、家庭、恋愛、子育て、おしゃれetc…シーンやジャンルは問いません。 気になったこと、はっとしたこと、ときめいたこと、腹が立ったこと。 あなたが感じたこころのままを、五七五七七に込めて送ってください。 応募締め切り:2019年6月24日(水)23時まで 詳しい応募方法はMarisol ONLINEから、もしくは「アラフォーこころの短歌」で検索を! みなさまのご応募をお待ちしております❤️ ※応募にはHAPPY PLUSの「プラス会員」登録が必要です ※未発表のものに限らせていただきます ※お一人様何首でも応募可 ※いただいた短歌やコメントは編集部と知花くららさんが読んだうえで、マリソル 2019年9月号本誌および電子版にペンネームとともに掲載される場合があります。 ※いただいたコメントは、掲載時に編集部が改変する可能性があります。 ※ご提供いただいた個人情報は本企画以外で使用することはございません。
関連キーワード

RECOMMEND