ブラウンからちら見えするフレッシュなグリーンに新しい出会いの予感【2019/2/2コーデ】

Marisol ONLINE
今季大活躍のブラウンコートには同系色を合わせてばかりだったけれど、春が待ち遠しい今日この頃だからこそインにきれい色をチョイスしてみる。スタンドカラーのシャツワンピースは絶妙な色出しのグリーンとシルクの艶が美しく、まるで枯れ木から芽吹く蕾のように春の訪れを感じさせてくれる。そんな春の息吹を感じさせるパワーを持ったコーデをまとえば、新しい出会いの予感が。
ワンピース¥53,000/モールド(チノ) コート¥200,000/カオス丸の内(セヤ) 帽子¥66,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) バッグ¥18,000/エレメントルールカスタマーサービス(マルコ ビアンチーニ) 靴¥78,000/シジェーム ギンザ(ジル サンダー)
撮影/坂根綾子 スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼ファッション記事まとめもチェック
関連記事
  • 可愛げのあるドット柄はシックな黒で、きれいめに仕上げるのが正解!湿度が高い日はなるべく身体に貼りつかないようなパンツが心地よいもの。ブラウンのノースリーブニットはすっきりきれい見えするから、たとえ打合せ中にジャケットを脱いだとしても、清潔感はそのままキープ。そして、下半身がじっとり汗をかいたとしてもウォッシャブルパンツなので、家でザブザブ洗えてすっきりできるのが嬉しい。パンツ¥18,000/ミラク(ソーノ) ニット¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ジャケット¥50,000/ウエスト(ブルーバード ブルバード) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥17,000/エンフォルド(エンフォルド) バッグ¥13,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥75,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ニナリッチ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデの関連記事もチェック
  • Marisol8月号に参加させていただきました♪現在発売中のMarisol8月号に、ありがたいことに参加させていただきました。 その名も「夏を全力で楽しむ美女組のイベントコーデ」! ホテル同窓会コーデ、水際コーデ、手元コーデで参加させて頂いております。 同窓会では、春に買ってヘビロテしているヴェルメイユ パー イエナの白ワンピ。 水際コーデはj.crewの水着を中心に載っております。 他の美女組さんのコーデも皆さん本当に素敵で、参考になります! 私もキャンプ場のおススメを載せていただきましたが、美女組さんのお夏のおススメおでかけスポットもたくさん載っていて、夏のおでかけが楽しみになる特集になっています♪ 今月号は「40歳からの夏カジュアルのすべて」「素敵な人は黒を着ている」、小田切ヒロさんによる美女組さんのメイク特集など、この夏必読の記事が盛りだくさんです♪ もうすぐやってくる夏に向け、よろしければぜひ店頭などでお手に取って頂けたら嬉しいです♪ 編集部の皆さま、撮影の際は本当にお世話になりありがとうございました^^ 美女組No.146 rinのブログ
  • ヨーロッパで買い付けたビンテージを使ったジュエリー、美女組Miwakoちゃんとご一緒に。先月のことになりますが、美女組Miwakoさんにお誘い頂き、ADER.bijouxのHoliday collectionの展示会へお邪魔してきました♪ ADER.bijouxはパリ在住の英里・リストリさんが手がけるジュエリーブランド。 ヨーロッパ各地で買い付けたビンテージやデッドストックのパーツを使って、素敵なジュエリーを作っていらっしゃいます。 会場に入った途端、素敵なジュエリーだらけで大興奮! とてもモダンなのに、ヨーロッパのアンティークならではのクラシックな雰囲気のジュエリーたち。 かなりなツボ!でした。 デザイナーの英里さんもとても素敵な方で、お話させていただきながらドキドキしてしまいました。 散々!悩んで、2つお買い上げ♪届くのが今から楽しみです。 会場のお花もとても素敵でした♪ Miwakoちゃん、連れて行ってくれてありがとう♪ ADER.bijoux はこちらお買い上げしたのはこちら。前と後ろで挟む形になっていて、前と後ろを重ねたりずらしたりすることで形を色々変えられてうれしい♪下でパールがゆらゆら揺れて、こちらもとっても可愛かった!シグネチャーの商品のこちら。パールと星がほんとに可愛かった!のですが、散々悩んだけど今回はお預け。。美女組No.146 rinのブログ
  • いつもとはちょっと雰囲気を変えて、週末だけでもリゾートの雰囲気を味わって3連休最終日はおしゃべり好きな女友達と夜通し女子会の予定。男性目線を意識することのない着やすくラクなシルエットだけれど、雰囲気のあるあしらいのおかげでラフすぎないのがお気に入り。リネンのサンドレスは黒ベースにシックな色使いの凝った刺繡入りで、安っぽくならずに大人っぽく着こなせる。ワンピース(共布ベルトつき)¥260,000/アパルトモン 青山店(ヴィタ キン) タンクトップ¥6,500/ボウルズ(ハイク) バングル¥56,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) バッグ¥17,000/ティアラ(ムーニュ) 靴¥86,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ジルサンダー)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ワンピースの関連記事もチェック
  • 甘くなりすぎない絶妙バランスが魅力のマキシワンピース。大人っぽく着るならカーキがベスト!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます普段、会社では忍耐を強いられることが多々あるし、それは仕事だから仕方ないとは思うけれど、休日くらいは自分の思うがままに好きなものを身に着けたいもの。なのでシックな色と洗練のディテールで、甘すぎることのない大人可愛いデザインを日々探し中。そんな雰囲気にぴったりのこのワンピースは高いウエスト位置の切り替えでスタイルアップも期待できる。かごバッグやぺたんこサンダルを合わせてカジュアルに開放的に着こなして。ワンピース¥19,000(エムセブンデイズ)・帽子¥28,000(ヘレンカミンスキー)・バッグ【ステアー】¥5,800(レクレーショナル ビークル)・親指ビジューサンダル¥28,000(イル サンダーロ オブ カプリ)/SHOP Marisol撮影/葛川栄蔵 ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/高垣麗子 取材/発田美穂 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ワンピースコーデの関連記事もチェック
  • セールでのわずかな割引20%オフ。買う?それともやめておく? なんだか毎日、どんよりしたお天気が続いていますね。でも週末は、5月の連休から久々の祝日。長かった~(泣)でも1年もここまで来ると、これから先はジェットコースターのようにあっという間に終わるというが毎年の感覚。こわいです~~! …ということで、今回は前2回の記事に続く「セール獲得品」の最終章になります。デパートの「本セール」開始前の下見でゲットした戦利品。「GAP」「グローバルワーク」に続く最後の戦利品は、ベーシックの宝庫「PLST(プラステ)」でワンピースをみつけてきました♪ この8,990円→7,192円という価格を見て「あまり下がってないような」と思った方!…確かに。率でいうと-20%オフでした。本セールはその時から3日後。セールになったら更に値下がりする可能性はありましたが、なんとなくこれまでの「勘」で「これは下がっても-30%くらいまでかな」と思ったので、売れてしまうことを考えたら20%オフでGOサイン。現にプラステは現在セール真っ最中ですが、勘は的中、この商品は-20%のままです(7/11時点)。 レーヨン&ナイロンブレンドのしっかりしたリブ編みのニットワンピース。色の名称は「ダークグレー」ですが、見ためは大好きな「ダークブラウン」。それに惹かれて決めました。「大幅な値下がりはないな」と思ったのは「素材」です。もっちりした重厚感ある素材は「涼しい」というよりは秋寄りの印象。「リブ編み」も秋冬感に一役買っています。 ここ最近のセール記事で書いていますが、秋に使えるものしかセールでは買いません。なので、ダークブラウンの深い色味とこの素材で「秋物」と勝手に判断。今から11月くらいまで5ヶ月は着られます。もしくは、使い方によっては冬もずっと。 シンプルなタンクワンピースは、例えば秋口にはこんなロングカーディガンやパンプスに合わせたりして↓寒くなったらタイツやブーツもきっとかわいいだろうな、なんて想像を巡らせています。これがサラサラした薄い夏素材だったら-50%くらいまでになったかもしれません。もし半額以上でもわたしは買わなかったでしょう。今回の場合は「たった-20%か」というよりはむしろ「秋物がー20%も安く買えた」と逆に考えます(本当は夏物ですが)。セールでは割引率に惑わされず「夏以降に使えるか使えないか」それのみ。 夏本番は1枚で十分おしゃれですし、まだ肌寒い日には、デニムやレギンスを重ねても使いやすくバリーエーション豊富に着回せます。【Saturday】真夏は1枚でワンピース。色物のカーディガンを合わせたフェミニンコーデ↑暑い日はこれ1枚で十分おしゃれ。「腕出し」に抵抗がある時には羽織ものがあると安心ですし、冷房対策にもなりますね。夏の間は、ブラウンが映えるきれい色との相性も抜群です!【Sunday】下にデニムを合わせたヘルシーな重ね着コーデ ↑ロングワンピースにデニムやパンツの重ね着は、ノースリーブをヘルシーに見せてくれるのでアラフォー世代にも使いやすいスタイルですね!こういう重ね着パターンは、半袖より絶対にノースリーブがかわいい☆ ↓秋はセーターを重ねたり、ブーツやタイツを合わせればそのままずっと秋冬に継続できます。↓イエローを合わせても夏らしいですね。ちなみにサイズはS/M展開の「M」にしました。ニットワンピースは、少し余裕があるほうが体型が出にくいので!3回にわたってご紹介したセールの戦利品も、いったんこれにて終了です。本番前に良い品を手に入れられて大満足…と言いたいところですが、これからもうひとつ月末に大きなセールが控えていますよね(ルミネ)!またウロウロしていそうで怖いです(笑)▶PLST「ハイツイストレーヨンナイロンノースリーブニットワンピース」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.38★ 「ダイソーのペン(108円)」 本気でダイソーのペンを使いまくっています。もう「100均」ということを完全に忘れてしまうくらいのかわいさ♡ボールペンもマーカー系もホレボレしちゃいますので、今日は愛用品をたくさんご紹介させていただきます! まずは「カラーペン」。1本で2色なんてもう当たり前ですが、ダイソーのペンは色味がかわいい!インクのニュアンスがキツい色ではなくとてもマイルド。星が付いた短いペンは、スタンプとマーカー兼のキュートなデザインです★ゲルインクやサインペンはこちら↓特にお気に入りは、大人っぽいニュアンスカラーのゲルイングのグリッターペンです。ブラック、ゴールド、シルバー3本のセットなのですが、キラキラのグリッターがとてもきれいな色味でおしゃれでカッコいい! オーソドックスな赤、青、黒の長短サインペンも細さがベストです。ボールペンはデザインが本当におしゃれ☆ネオン系は夏らしくてポップですし、見ためのデザインに惹かれて買った3色ボールペンは(右3本)、細くてとても書きやすくて感動しました。しかも3本セットです。手帳や予定表も、好きなペンや色で書いたほうがなんだかウキウキ♡グリッターで書くだけでなんかいいことがありそうな気がしてきます。宝くじを買う日はゴールドのキラキラのグリッターで書いたりして☆当たれ~~サマージャンボ(笑) 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • マニッシュになりがちなシンプルデニムコーデには女性らしさをひとさじ加えて夏の楽ちんコーデの定番であるTシャツ&デニムをアラフォーが着こなすなら、エレガント要素をとりいれるのがマスト。織姫の羽衣のようにしなやかに揺らめくロングガウンや、ビジューつきサンダルや金具使いが光るバッグを加えて、大人の余裕とほどよくリッチ感を意識して。サンダル¥28,000(イル・サンダロ・オブ・カプリ)・バッグ¥29,000(ウィウィー×デミルクスビームス)/ビームス ハウス 丸の内 ガウン¥52,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) カットソー¥5,800/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼Tシャツコーデの関連記事もチェック
  • グリーンのサンダルにミントグリーンスカート。色を同系色で揃えてカジュアルコーデを華やかに雑誌Marisol7月号の韓国特集「神崎恵・大人のためのキレイになるソウル」を読んだら無性に旅がしたくなり、弾丸日帰りでソウルへ。お泊りするわけではないから荷物も必要最低限におさえて。カジュアルな印象のトングサンダルも、ビジューつきならどこか大人の表情に。機内でもゆったりできるようにゆるやかなラインのマキシスカートをチョイスして。インスタ映えするミントのカフェに寄るつもりなので、サンダルのグリーンやスカートのミント色をリンクさせ、リラックス感がありつつ華やかなスタイルに仕上げて、ソウル一人旅を満喫してみる。サンダル¥34,000/アマン(イル サンダロ オブ カプリ) スカート¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) パーカ¥21,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) Tシャツ¥8,100/エイトン青山(エイトン) ネックレス( 2 本セット)¥34,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(コンチー) バッグ¥159,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼スカートコーデの関連記事もチェック
関連キーワード

RECOMMEND