ちいさいお財布コレクション

Marisol ONLINE
モノ選びでは「経年を楽しめる上質なもの」とか「職人さんの手仕事が分かるもの」とかストーリーがあるもの重視で、ハイブランドかどうか?は最優先じゃありません。

「genten」は日本のメーカーで、革が上質なこと、経年の色合いやツヤを楽しめること、模様などのカッティングが美しいこと、作りが丁寧でお直しがきくこと…などなど、私のタイプが詰まっているので大好きなブランドです。

少しずつ増えて…バッグは10種類近く持っているかも(笑)
お財布はこちらが初めてですが、もうすごく使いやすくて、すでに色違いが欲しい!
実は先代のボッデガも、あまりに使いやすいので3色買ったのでした。
気にいると全色制覇したくなる自分が悩ましい。

またミニ財布の特集、組んでくださらないかしら…^^
関連記事
  • もう一つの本命ワンピはコレ!淡いレモンイエロー、肌触りの良いリネンブレンド生地、ドリーミーなシルエットで(ムームーにならないよう気を付けつつ)着るとテンションの上がる一枚です!前々回のブログでもワンピースをご紹介しましたが、もう一つの本命ワンピはコレ! ZARAのリネンワンピースです✨ 私は好きな形ですが、写真で分かる通り、ちょっとドリーミーな感じというか…… 着回し万能なデザインではないですが、もう一つの候補だった、ごくベーシックなベージュのシャツワンピよりも惹かれてしまい、こちらが購入リストに入りました。あとはコペンハーゲンファッションウィークのスナップで、こんな感じのカラーリングを着こなしている方たちを見かけて、ビビっと来たのも後押しされた理由です。 (気になる方は、インスタを見てみて下さいね!) これさえあればどこにでも行ける!この夏の大本命ワンピはコレ!マリソルオンラインのこの記事↑にもあったように、 本命ワンピの条件で挙げられている ・はおりいらずの「袖あり」 ・どんな場にも浮かない「無地」 ・一枚でも着映えする「ちょい華デザイン」 ・上品に見える「膝が隠れる丈」 には近いものがありつつ、デザイン性が強めなので、正直着る場所は選びますが、 それでもリネンブレンド生地なので、肌触りは良いですし、 「これ着たい!」と思える、テンションが上がるワンピースが待機しているのはやっぱり嬉しい!あとは、一歩間違ってムームー?と思われないように、ヒールを合わせたり、小物を脱・黒合わせにしたり、ゴールドの華奢なアクセを効かせて着るようにしている率高めです。 美女組No.166 machikoのブログ
  • アラフォーの夏のシンプルコーデには、小物のスパイスが必要。コーデの主役となるような、人気ブランドの最旬バッグがシンプルコーデを格上げしてくれます!【目次】 ①アラフォーの心を動かす美しハイブランドのバッグ ②ブランド バッグを自分らしくカスタマイズ! ③おしゃれプロ&セレクトショップのリコメンド・ブランド バッグ ①アラフォーの心を動かす美しハイブランドのバッグ■CHANELの軽やかなバケツ型バッグ2019春夏 プレコレクションより、パンチングでブランドロゴをかたどった、軽やかなバケツ型バッグが登場。内側のピンク、そして中にはツイードのポーチつきで心躍る。短めハンドルのほか、長めのチェーンストラップがついているので、アレンジも自在。 バッグ(19×21×13)¥359,000・カーディガン¥401,000・スカート¥170,000・バングル¥178,000/シャネル インナー/スタイリスト私物▶CHANELの軽やかなバケツ型バッグ 詳細はこちら■SAINT LAURENTのトートバッグ(右)カサンドラロゴがきいた正面のポケット部分は、取りはずすと薄型のクラッチバッグに早変わり。トートにはショルダーストラップつき。「アップタウン」バッグ(23×23×11) ¥239,000・ (左)中の巾着を取りはずせば、シンプルなトートバッグとして。ラムレザーの上質な風合いが生きる巾着は、それだけでもバッグとして活躍する。「ショッピング・テ ディ」バッグ(33×25.5×19.5)¥199,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)▶SAINT LAURENTのトートバッグ 詳細はこちら■BOTTEGA VENETAのビッグクラッチ若きダニエル・リーが手がけた初のバッグコレクション。柔らかなレザーで硬いフレームを包んだビッグクラッチは、丸みを帯びたフォルムが愛らしい。「THE POUCH」バッグ(20×39×19)¥260,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶BOTTEGA VENETAのビッグクラッチ 詳細はこちら■BALENCIAGAのロゴバッグ人気ラインの新作は、都会的で着こなしを選ばない絶妙なグレー。取りはずしのできるショルダーストラップは長さ調節が可能なので、肩がけも斜めがけもOK。「EVERYDAY LOGO」バッグ(22×19×9.5)¥128,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)▶BALENCIAGAのロゴバッグ 詳細はこちら■LOEWEのオープンバケット型バッグオープンバケット型の新作。アシンメトリーに配したハンドルは、カーブしたピンバックルで長さ調整が可能。カーフスキン&リネンは、軽さも耐久性も優秀。「BALLOON」バッグ(37.5×22×23)¥171,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶LOEWEのオープンバケット型バッグ 詳細はこちら■STELLA McCARTNEYのロゴバッグサンドブラスティングしていないエコデニム素材を使用。間口が大きく、中のポーチは小分け収納にも便利。ショルダーストラップつき。「ステラ ロゴ」バッグ(21×32×12)¥121,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)▶STELLA McCARTNEYのロゴバッグ 詳細はこちら■CHLOÉのチェーンバッグ新アイコン「Chloé C」は、大胆な"C"の金具とゴールドチェーンで華やぐデザイン。シャイニーレザーのボディに、フラップ部分はスエードを加えて表情豊かに。「Chloé C」バッグ(14.5×21.5× 5 )¥127,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)▶CHLOÉのチェーンバッグ 詳細はこちら■FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」トートバッグを二つ折りすればクラッチに、斜めがけしてメッセンジャーバッグにと、まさに“フリップ”する新型バッグ「フェンディ フリップ」。レザーと、キャンバス地の「FF」ロゴ柄、2種類のショルダーストラップがついているから、オケージョンに応じて使い分けて。 「フェンディ フリップ」バッグ(23.5×30×13)¥287,000・ジャケット¥390,000・ブラウス¥115,000・パンツ¥115,000・ピアス¥29,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)▶FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」 詳細はこちら■DIORの「サドル」バッグ2000年に初めて登場した伝説の「サドル」バッグが再解釈され、復活。乗馬の世界から着想を得たという馬鞍の形に、ゴールドの“D”を配したデザインは、時代を越えるエレガントさ。ヴィンテージ調のストラップで、今の遊び心を加えて。 「サドル」バッグ(20×5.5×6.5)¥360,000・太ストラッ¥180,000・コート¥460,000・シャツ¥140,000・パンツ¥145,000・ピアス(片耳)¥43,000・リング¥62,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIORの「サドル」バッグ 詳細はこちら②ブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!■FENDIのストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶FENDIのバッグ&ストラップ 詳細はこちら■DIORのキャンバス素材ストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIORのバッグ&キャンバス素材ストラップ 詳細はこちら■PRADAのロボットチャーム「それどこの?」と聞かれること間違いなし! 電子部品で工作したような、おとぼけ顔のロボットがキュートなチャームをシンプルなトートにつけて。チャームの一部にバッグと同じ上質な「サフィアーノ」レザーを使用。 バッグ(19.5×28×12)¥255,000・ピンクロボットチャーム¥51,000・ピンクロゴチャーム ¥36,000・グリーンロボットチャーム¥51,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)▶PRADAのバッグ&ロボットチャーム 詳細はこちら■グッチのイニシャルカスタマイズ大きめなGGパターンのトートバッグの両面、または片面に、好きなアルファベットを入れられる。イニシャルは4 種類の素材・16パターンから選べる。オンラインで仕上がりイメージを見ながらカスタマイズできるのも嬉しい。こちらのイニシャルはクリスタルつきのフェルト素材。 「『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグ」(43×41×5.5)¥259,000〜393,000/グッチ ジャパン(グッチ)▶グッチのバッグ&イニシャルカスタマイズ 詳細はこちら③おしゃれプロ&セレクトショップのリコメンド・ブランド バッグ■BALENCIAGAのロゴバッグ副編集長S田 リコメンド 「大人なベージュとキャッチ―なロゴにテンションアップ!きちんと感のあるフォルムだからオンオフともに活躍」と副編集長S田がひと目惚れした「ヴィル」の新色。レディなベージュとモードなロゴで旬のバランスが完成。「ヴィル トップ ハンドル S」バッグ(H22×W26×D11㎝)¥235,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) ▶BALENCIAGAのロゴバッグ 詳細はこちら■ZANELLATOのホワイトバッグマリソル 編集部MDR推薦 「清潔感のあるクリーンな白で、レザーだけで表現されたモチーフが贅沢。カジュアルに斜めがけしたい」。バッグ¥130,000/アマン(ザネラート)▶ZANELLATOのホワイトバッグ 詳細はこちら■Sergio Rossi & TOINO ABELのかっちりかごバッグマリソル 編集部Y本推薦 「先シーズンあたりからセレクトショップで見かけていたブランドが本格上陸。かっちりフォルムとステッチのゆるさのバランスが可愛い」。バッグ¥28,000/ショールーム セッション(TOINO ABEL)▶Sergio Rossi & TOINO ABELのかっちりかごバッグ 詳細はこちら■DELVAUXの「ブリヨン」バッグエディター湯澤実和子さん推薦 「オケージョンや冠婚葬祭を含め、この先ずっと使える超定番として本気のいいものが欲しくて購入。ブランドがわかりにくいのも好み」。バッグ¥642,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー)▶DELVAUXの「ブリヨン」バッグ 詳細はこちら■フォンタナ ミラノ 1915のバッグBARNEYS NEWYORK リコメンド トップハンドルからの丸みのあるフォルムに縫製。隅々まで美しい職人技が光る。 バッグ(24× 28×11.5)¥320,000/バーニーズ ニューヨーク(フォンタナ ミラノ 1915)▶フォンタナ ミラノ 1915のバッグ 詳細はこちら■ラドローのかごバッグRon Herman リコメンド 上質感のあるレザーコンビのかごなら、大人でも持ちやすい。たっぷりとあしらったフリンジで、シンプル服も見違える! バッグ(34×22×22)¥62,000/ロンハーマン(ラドロー)▶ラドローのかごバッグ 詳細はこちら■エレメのコラボバッグChaos リコメンド 先シーズンヒットした形の新作。大きいのに軽く、ハンドルが二重で持ちやすい点も人気の秘密。 バッグ(37×45×19)¥57,000/カオス丸の内(ア バケーション)▶エレメのコラボバッグ 詳細はこちら■バルダンのスクエアショルダーバッグESTNATION リコメンド 型押しにゴールドの持ち手がエレガント。形がくずれず、荷物を入れてもきれいな形がキ ープできるのも人気の秘密。 バッグ(19×24.5× 8 )¥55,000/エストネーション(バルダン)▶バルダンのスクエアショルダーバッグ 詳細はこちら■J&M DAVIDSONのコラボバッグTOMORROWLAND リコメンド 「トゥモローランド」40周年を記念して別注した限定色。通常ゴールドのスタッズもシルバーに。 バッグ(26.5×17.5×17.5)¥154,000/TOMORROWLAND(J&&M デヴィッドソン TOMORROWLAND別注) ▶J&M DAVIDSONのコラボバッグ 詳細はこちら■Christian Louboutinのトートバッグ副編集長S田 リコメンド 「持つだけで気分が上がるカラフルで美しいトートを夏に向けて購入。まるでアートのような特別感!」と副編集長S田がひと目惚れしたのが、「CABA」コレクションの新作「ポルトガバ」。ポルトガルの伝統的な手法や技術を取り入れ、色鮮やかで存在感抜群。内側は伝統的なアズレージョタイルがモチーフになったプリントに。 バッグ(縦32×横55×マチ33㎝)¥239,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)▶Christian Louboutinのトートバッグ 詳細はこちら■J&M Davidsonの2WAYバッグスタイリスト松村純子さん リコメンド 誰もが持っている黒いバッグは、フォルムと質感で差をつけたい。J&M デヴィッドソンの「メド」バッグは、A4サイズが余裕で入り、クロスボディ、手持ちもできる2WAY仕様。「一見シンプルですが手にした時のくたっと感がなんとも言えず素敵。リネンジャケットとショーパンに合わせて持ちたいです!」とスタイリスト松村純子さん。「メド」バッグ(H40×W35×D9㎝)¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ▶J&M Davidsonの2WAYバッグ 詳細はこちら※( ) 内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です(編集部調べ)
  • スポンと着るだけできちんと見えがかなうワンピは、最強の「楽してきれい」アイテム。この夏、一枚は持っておくべし!What's どこにでも行けるワンピとは? ・はおりいらずの「袖あり」 ・どんな場にも浮かない「無地」 ・一枚でも着映えする「ちょい華デザイン」 ・上品に見える「膝が隠れる丈」着回ししたのはこのワンピース。ゴムをあしらった"甘袖"以外はいたってシンプルなデザイン。でも実は両サイドにポケットありと機能的な一面も。ワンピース¥39,000/ADORE\シーン別に3パターン着回し!/カラフルな柄ストールで万能なネイビーを夏仕様に 品のよさは折り紙つき。でもデイリーに着るには少々お堅くなりがちなネイビーこそ、楽ちんワンピで軽快に。夏色のストールをバッグに添えて、上品な明るさをもうひと盛り。ワンピース/上と同じ バッグ¥82,000/アパルトモン 青山店(ジウリア マレスカ) ストール¥11,000/アルアバイル(マニプリ) ピアス¥9,200/シップス 有楽町店(ソコ) リング¥18,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル 広がりすぎない膝下丈はスニーカーとも相性抜群! 膝が出ると、途端に子供っぽく見えるワンピ―ス。休日のスニーカーやサンダルが増える夏を考慮すれば、選ぶべきはやはり長め。上にボリュームのあるT字シルエットなら、ぺたんこでもすらっと脚長に。ワンピース/上と同じ バッグ¥24,000(アルテサーノ)・靴¥35,000(ペリーコ サニー)/アマン ピアス¥16,000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) ブレスレット¥91,000/CHERRY BROWN サングラス¥42,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) とろみ素材ならではの艶感も〝ちょうどいい〞華やかさに そのままでも十分華やかなフレア袖。とはいえお祝いの席に一枚では寂しいので、華奢でも存在感のあるゴールドアクセをちりばめて。生地そのものにもほんのりと艶やハリが、またバストの後ろにはたっぷりとギャザーを配し、360度どこから見ても美しいのもフォーマル向き。ワンピース/上と同じ ピアス¥69,000・ネックレス¥59,000/ショールーム セッション(マリハ) バングル¥14,000/リエス(メゾン ボワネ)【Marisol7月号2019年掲載】撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/高垣麗子 取材・文/伊藤真知
  • パンダ目、怖くない!ポイントは少ないアイテムでいかに〝ちゃんと塗り〟感を出すか大人メイクの正解は〝きちんと塗って、崩さない〞!初夏のキレイが続く秘密を教えます!ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さんヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん女性のライフスタイルに溶け込みながらセンスのいい旬の顔を作るテクニックで、各メディアで引っぱりだこ。女優、タレント、モデルからの指名もひっきりなし■アイライン メタリックブラウンで崩れない目ヂカラをまつ毛の間の肌色が目立ち、 埋めなければならなくなってしまう黒のアイライン。この「間埋め」こそがにじみの原因。メタリックブラウンならまつ毛の間が目立たず、埋める必要ナシ!アイシャドウは、ライン1本分塗らずにあけておくメタリックブラウンでやや太めのアイラインを。アイシャドウはアイライン1 本分、塗らずにすき間をあけておく。アイシャドウとアイライナーが混ざり合うことなく、崩れ防止に。速乾性にすぐれ、にじまない優秀メタリックブラウン繊細なきらめきがディファイン効果で目ヂカラをもたらし、まつ毛の間のすき間感をカムフラージュ。インジーニアス リクイドアイライナー EX 02¥2,800/RMK Divisionフィット感抜群。一気に引けるライナー熊野×奈良の職人技で作られたペン先は、ピタリとまつ毛ぎわに寄り添い、まつ毛の間埋めを必要としない。ウズ アイオープニングライナー ブラウン¥1,500/フローフシ■マスカラ 根元にはつけすぎず、中間から毛先を集中塗り目ヂカラアップを狙うあまりの、根元へのたっぷり塗りはパンダ目のもと! 中間から毛先を放射状に広げれば、華やかさで目ヂカラもアップするし、根元崩れも防げる。ブラシはまつ毛の根元に食い込ませない!マスカラブラシを最初に当てるところは、まつ毛の根元からやや離れた位置。そこからスタートすると、まつ毛の中間から毛先にマスカラ液が集中。放射状にバラけさせて。的確な位置から塗り始められるコーム型マスカラとかすだけでカールアップも。コーム型でバラけさせるのも簡単。ウォータープルーフ。マジョリカ マジョルカ ラッシュエキスパンダー ロングロングロング¥1,200/資生堂涙、皮脂にも強いスーパープルーフ根元づけしなくても強力にカールロック。優しげなまなざしを作る赤みブラウン。ヒロインメイク ロング&カールマスカラ スーパーWP 02¥1,000/伊勢半(KISSME)自まつ毛並みに自然。だけど印象的!ぬれたようなツヤ黒まつ毛に仕上がり、根元攻めしなくても目ヂカラ大。すんなり長く、セパレートが簡単! お湯で落ちる処方。アイラッシュ マスカラ¥4,300/SUQQU崩れ知らずのメイクで縁取られた鉄壁パーツで、表情までイキイキ!【Marisol 6月号2018年掲載】撮影/天日恵美子(人物) 国府 泰(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE)スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/小田ユイコ 構成/原 千乃
  • おしゃれ女子こそ必読!王道の3大モテ服・女性らしいふんわりスカート、親近感のあるデニム、媚びないワークパンツを使った男性ウケファッションの実例集。 1.女性らしいふんわりスカート2.親近感のあるデニム3.媚びないワークパンツ【ふんわりスカート編】お手本はやっぱり女子アナやお天気お姉さん⁈男性ウケに欠かせない、女らしさを演出してくれるふんわりスカートがモテ服の大本命。@BAILAよりクールよりも可愛い、優しいイメージを目指して清潔感のある白Tに柔和な印象のベージュを。平日のきちんとオフィスコーデと、休日の普段着のギャップで惑わすのもまた良し。Marisol ONLINEより会社帰りのデートに最適な華やかコーデもし彼がスーツで来るなら、さりげなく装いのバランスを合わせるのも手。あたかも一緒にいて落ち着くふたりを演出。Marisol ONLINEより男目線に偏りすぎずに自分も心地良いおしゃれを旬のプリーツスカートも白でちょっぴり特別感を。ベーシックカラーでまとめたら、図らずも男性ウケ◎。Marisol ONLINEよりクリーンな白T合わせの気張らないオールホワイトコーデ高嶺の花っぽさもありつつ、親近感もあるTシャツでちょうど良い「きれいなお姉さん」に。@BAILAより快活なイエローもきれいめカジュアル仕上げダークグレーのTシャツでほんのりニュアンスを。夏のお嬢さん小物で上品さもピックアップ。Marisol ONLINEより可愛いと年相応の狭間。アラサーのピンクは甘さ控えめを意識知的なネイビーと組み合わせ、清楚な雰囲気も拾って。休日デートならリラックス素材の小物をトッピング。Marisol ONLINEより嫌いな男性はいないシャツ×ふんわりスカート女らしさに凛とした表情を迎えればモテっぷりも倍増します。着ているこちらも楽しくなるカラーバランス。@BAILAより旬のブラウンは男性ウケも上々シャープな黒よりも優しげなブラウンが好み、どうしたって癒されたい男性が大多数の模様。トレンドですから喜んで!@BAILAよりエアリーな素材感もモテ服の大事な要素です見た目にも、触り心地的にもやわらかいことが重要。素材感でメリハリをつければ、装いの完成度もUPするので一石二鳥!@BAILAよりわかりやすく女っぽいコーディネートには辛口要素を加味一枚のドレスのようにアレンジしたオールホワイトコーデは、いつもより女っぽい印象に。男性は女性の多面性に惹かれるそうなので、TPOに合わせた装いの変化は効果的に働きそう。Marisol ONLINEより王道のアンサンブルニットはやっぱり裏切らない!コンサバなアンサンブルの安定感。きれいで可愛げもある、理想的なコーディネート。@BAILAよりきれい色で遊ぶニットカーデ×フレアスカートモテ要素を網羅した鉄板すぎる組み合わせ。イエローとラベンダーの配色でトレンドを意識、明るいイメージ戦略にもつながります。@BAILAより肌寒い日は思わず触れたくなるニットと合わせて冷たいものよりも温かみのあるものが好きだからニットは大歓迎だそう。動きのあるプリーツスカートで軽やかに。@BAILAより【デニム編】ふんわりスカートから一転、親しみやすいデニムでモテる!男性もデニムを履くからこそ、女性が着ることで色っぽさが引き立ち魅力を感じるんだとか。@BAILAより体のラインがきれいに見えるデニムを味方にきれいめカジュアルが信条の、ゆるすぎないシルエットを選ぶべし。ロゴT合わせのシンプルコーデも足元はヒールで。@BAILAよりカジュアルとコンサバの良いとこ取り白Tとデニムのシンプルな組み合わせ。可愛げはラベンダーのサンダルで、ジャケットを羽織ればオフィスカジュアルとしても良い感じ。@BAILAよりスタイル美人を印象付けるハイライズスキニーを有効活用トラッドなストライプシャツもぐっと女っぽいムードに。@BAILAより好印象しかない♡ブルーのワントーンコーデ親しみやすくて知的。さわやかなデニムの着こなしは男性のみならず同性ウケも◎。@BAILAより過度な露出よりもさりげなく華奢なパーツをアピール3首と言われる首、手首、足首と鎖骨をさりげなく見せつつ、デニムで隠すところは隠す!Marisol ONLINEより女っぽブラウスと黒スキニーの甘×辛ベストバランスウエストからふんわり広がるペプラムシルエットで、女性らしい曲線美を手に入れて。@BAILAよりネイビー〜インディゴに抜け感をもたらすシースルーブラウス1枚あると着こなしの幅が広がるブラウスは、ネイビーだからこそ上品。@BAILAより清潔感のある肌見せで男ゴコロを鷲掴み!デニムをぶつけることでヘルシーにまとめて。ぺたんこサンダルでキメすぎないのも重要。@BAILAより癒し効果のあるベージュブラウンのアンサンブルをスキニーでカジュアルダウンふんわりスカートにもマッチするアンサンブルを、黒スキニーでキャラ変。いつもとイメージを変えることで、もっと知りたい!と思わせるきっかけに。@BAILAより【ワークパンツ編】ミリタリーアイテムを女らしく着こなす姿にキュンとするみたい甘辛MIXのギャップがわかりやすく効果を発揮。ピンクのとろみブラウスで可愛げを。@BAILAより実は今季のトレンドでもあるんです実用的な普段着が揃うユニクロ ユーの新作からピックアップ。しっかりとした厚手のコットンキャンバスなので、ON↔︎OFFと着回しもできそう。@BAILAよりカジュアルコーデがキリッと引き締まるミリタリーカラー白のロゴTでさわやかに、スカーフ投入でコンサバ要素も。ワークパンツはモテる以上にMIXコーデが楽しい!@BAILAより親近感たっぷりのボーダーカットソーを迎えて腰高バランスや足元に差した赤のヒールなど、女らしく着こなすコツを参考に。Marisol ONLINEより吸引力のあるレモンイエローをベージュでなじませて体が泳ぐニットとシンプルなワークパンツのワンツーコーデで、クリーンな装いが完成。@BAILAよりハンサムな彼女になれるブラウス×ワークパンツゴージャスすぎない小物合わせで親近感を後押し。足元はヒール合わせで女度をキープ♡Marisol ONLINEよりモテるに越したことはありません、それが服で叶うなら尚更のこと。彼の好みをリサーチしつつ、3大モテ服から参考になりそうなコーデを選んで!
  • 夏も乾燥対策。美容液成分を89%配合した保湿力抜群のカバーマーク「トリートメント クレンジング ミルク」と、ナビジョンの「HAフィルパッチ」。Marisolで大絶賛されていたカバーマークの「トリートメント クレンジング ミルク」を試してから、もう1年近く愛用しています。 クレンジングはもうこれじゃなくちゃ!というくらい大好きになりました。 肌にやさしくなじんで、乾燥知らず。 先日買いに行ったら、ビッグボトルが発売されていたので迷わず選びました。 2倍のサイズなのに、お値段が・・・お得! うれしい!200g \3,240(左)と400g \5,400(右)コスメは好きだけど、スキンケアはこれ、と決めたものを長く使っています。 それがアラフォーになり、2月の美容合宿の影響も大きくて、肌につけるもの、つけ方、タイミング、そして食べ物、運動・・・もっと変えて良くなる所は伸ばしていきたい!という気持ちが大きくなって、最近は服よりコスメをチェックする時間が長くなったかもしれません。 その中で、最近イベントでいただいて良かったのが、NAVISHION(ナビジョン)の「HAフィルパッチ」。右の写真で目元に貼っているのが分かるかと思いますが、透明なシート状美容液で、目元や口元に貼ります。 (「これ良い!!」と妹に送った写真です(笑)) 良いと思ったのは、これまで使ったことのある目元用クリームやパックと明らかにうるおい方がちがう!と感じられたこと。 「マイクロニードル処方」で、貼るとチクッとします。 ヒアルロン酸100%の針(1シートに1200本!)がじっくりと皮膚に密着するために少し刺激があります。これがなんとも新鮮で面白くて。 つけたまま寝るので、翌朝のしっとりぷるぷるが楽しみになるのです・・・♡ 美容医療機関でこれまで販売されていたようで、最近WEB販売が始まったとのこと。 しばらく使ってみようと思います。 攻めの美容を始めるのも楽しい。美女組No.167 hirokoのブログ
  • おしゃれプロがこの春夏に買ったお買い物をアイテム別に徹底調査!その買い物は、新しいおしゃれにトライする「攻め買い」? マイスタイルを支える「守り買い」? 【トップス編】最旬ジャケットや初夏まで使えるアウター、色違いでそろえたいインナーなど、スタメンアイテムばかり。▶︎守り買い スタイリスト福田亜矢子さん推薦AURALEEの半袖リブニット「ボートネックやUネックの長袖を色違いで愛用中。五分袖タイプが登場したのでさっそく購入。前後差のあるすそも使いやすさの理由です」。ニット各¥20,000/オーラリー▶︎守り買いスタイリスト田澤美香さん推薦GALERIE VIEのリブロングカーディガン「リブニットといえば、という安心感のあるブランド。細リブと軽やかな素材、しっかり長め丈がお気に入り」。カーディガン¥26,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)▶︎守り買いスタイリスト池田メグミさん推薦H/ståndardのノースリーブカットソー「少しつまった丸首や肩が丸出しにならない袖ぐりで、体がきれいに見えます。色違いで何枚も欲しい」。トップス各¥5,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード)▶︎守り買いエディター塚田有紀子さん推薦HYKEの変形ヘムTシャツ「ベーシックだけれどちょっとエッジがきいていて、これは使えるなと展示会で確信。スキニーデニムと合わせて、シンプルな中のポイントにしたい」。Tシャツ¥16,000/ボウルズ(ハイク)▶︎守り買いエディター坪田あさみさん推薦MADISONBLUEのリネンガウンコート「リネンの素材感がきわだつナチュラルベージュで、春先から真夏まで使える。ベルトを締めても着流し的にはおっても、簡単にサマになります」。ガウンコート¥91,000/マディソンブルー▶︎守り買いマリソル 編集部K松推薦RALPH LAURENのリネンシャツ「トラッド好きなら必ず通ったポロプレイヤーロゴつきシャツが、今また熱い! オーセンティックな形とリネンのバランスが新鮮」。シャツ¥15,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン)【Marisol6月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/発田美穂
  • こんにちは。今回から連載をさせていただくことになりましたYUKIです。韓流や韓国ビューティをメインにライター、取材コーディネートをしている私が、韓国・ソウルからHOTなコスメ情報をお届けしていきます!皆さんはメイクのなかでどのパートが好きですか? 私はアイメイクの仕上げに、きらきらのグリッターアイシャドウを塗る瞬間が特に楽しいです。一気に顔が明るくなって、気合が入ります! 韓国ブランドのアイシャドウだと『CLIO』(クリオ)や『innisfree』(イニスフリー)が有名ですが、実はクッションファンデで知られる『MISSHA』(ミシャ)からとってもかわいいアイシャドウが出ているんです!「モダンシャドウ グリッタープリズム」グリッターを選ぶ時、私はベースになっている色味だけでなく、ラメの光り方を見るようにしています。シルバー系なのか、ゴールド系なのかだけでも印象が変わってくるからです。『MISSHA』のシャドウはマーブル状に色々なラメが混ざっているので、立体感がアップ。いつものアイメイクにプラスするだけで上品な濡れツヤ目もとになれちゃいます。一番人気は「フリーダムプリズム」『MISSHA』のBAさんによると、韓国女子から一番人気のカラーは「フリーダムプリズム」だそう。肌なじみのいいライトブランのベースカラーに白の偏光ラメと紫のラメが神秘的です♡ ほかの色を邪魔しないのでデイリー使いにぴったり。グリッター初心者の方にもおすすめです。「レッドビームプリズム」で夏感UPイチオシの旬カラーは、2019年夏の新作で発売されたばかりの「レッドビームプリズム」。コーラル寄りのレッドベースにゴールドラメ、さらにミントカラーが潜んでいるとは……天才です。あまりのかわいさにお財布の紐が一瞬で切れました。こちらはベースカラーの発色が強いので、アイホールの中央や、涙袋にポイントとして使っています。単色で塗っても透け感がかわいいカラーです。(※日本未発売)肌にのせた発色です。上が「レッドビームプリズム」、下が「フリーダムプリズム」。ラメがざくざくに入っているのに、テクスチャーはしっとりしていて、しっかり密着。これまで粉飛びしたことは一度もありません!「フリーダムプリズム」は『MISSHA』の日本公式サイトでも取り扱っていましたよ。 YUKI 20代の韓国系ライター。K-POPアイドル、俳優にインタビューを行い、現在はソウルと東京を行き来して活動中。美容/コスメ好きで、美容雑誌やWEBマガジンでは韓国美容のコラムを担当。私生活でも3日に1度はポーチに新入りコスメが増える。韓国人ビューティユーチューバーのメイク動画を見るのが癒し。Instagram: https://www.instagram.com/__y.92/
関連キーワード

RECOMMEND