老舗からニューカマーまで、バラエティに富んだBestファンデーションはこちら!【マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】

Marisol ONLINE

■ベースメイク部門 Best「パウダリー ファンデーション」

★BEST 1
コスメデコルテ ザ パウダーファンデーション

「パウダリーを超えた、柔らかくきめ細かなテクスチャー。カバー力もちゃんとあるのに、自分の肌が透けるような素肌感があって、光を通過するような感じがお気に入り。コンパクトなサイズ感や、比較的お手ごろ価格なのも高得点」(ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子)。「周囲から肌を凝視されるほど、"ツヤがスゴイ"毛穴が見つからない"と、絶賛の嵐。スポンジでもブラシでも完璧にフィットし、メイクあとを残さないナチュラル感。軽量で使い勝手よく、欠点ナシ!」(美容エディター・ライター近藤須雅子)。SPF20・PA++ 全7 色各¥5,000

★BEST 2
イヴ・サンローラン・ボーテ アンクル ド ポー オール アワーズ スティック
「消したい肌悩みのエリアにダイレクトに塗って、指先でトントンとなじませるだけ。まるで"ぼかしフィルター"をかけたかのようにふわっと均一な美肌に! コンパクトで持ち歩きしやすいサイズなのも最高」(美容エディター前野さちこ)。塗布した瞬間クリームがパウダーに変化し、肌と一体化。ライトなつけ心地でなじみは抜群。全5色各¥6,500

★BEST 3
エスティ ローダー ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイスパウダー メークアップ N
「乾燥している部分はしっとりうるおうし、皮脂や汗はさりげなく吸着してくれるから、つけている間中快適そのもの。乾式のパウダーは塗る時はしっとり心地よく、すぐにさらさら。なのにつけるほどに肌がうるおってどんどん一体化する感覚がたまらない」(美容ライター山崎敦子)。秋冬の肌にぴったり。SPF30・PA+++ 全6 色各¥7,000

■ベースメイク部門 Best「リキッド・クリーム ファンデーション」

★BEST 1
SUQQU エクストラ リッチ グロウ クリームファンデーション
「極薄の膜のみずみずしい艶やかさが◎。大人の肌のノイズを和らげつつ、肌にハリを与えてくれるので、いつまでも乾きを感じさせません。カジュアルで軽やかな肌に仕上がる、"肌見せ"ファンデーション」(ヘア&メイクアップアーティスト山本浩未)。「カバー力・ナチュラルさ・毛穴消去力にツヤもあり。さらにロングラスティングと、ファンデーションに求める欲張りな条件を網羅。それにツルンとしたハリ感も実現。素肌が向上した?とうぬ惚れさせる仕上がり。しかも長時間ツヤ感が続くのがうれしい」(ヘア&メイク/ライフスタイルアドバイザー藤原美智子)。美容エキス12種類に保湿成分も配合。全7 色各30g¥10,000

★BEST 2
アンプリチュード ロングラスティング リキッドファンデーション
「塗布したての肌は、気になっていたアラがするすると消えていくようで、もちろん感動。でも、なによりの感動は夕方訪れる。ファンデーションのツヤと自分自身の肌ツヤがどんどん溶け合って、むしろ、ナチュラルになっていく感じ。“夕方の肌”を好きでいられる幸せを実感中」(美容エディター松本千登世)。重ねても重くならない。SPF22・PA++ 全10色各30㎖¥9,000

★BEST 3
ディオール ディオール バックステージ フェイス&ボディファンデーション
「サラッとしたかなり軽いつけ心地。フィット感があるのでカバー力もほどよく、とても使いやすい。くずれにくく、長時間持つのも大きな魅力」(ヘア&メイクアップアーティスト岡野瑞恵)。どんなスキントーンにもマッチするカラーバリエで、立体感や陰影も思いのまま。プロが仕上げたような肌を簡単に演出できる。全21色各50㎖¥5,100/パルファン・クリスチャン・ディオール

■ベースメイク部門 Best「クッション・ エマルジョン ファンデーション」

★BEST 1
シャネル ヴィタルミエール グロウ

「決して厚づきではないのに、肌のシワやキメの粗さが飛ばされて、美肌に見える。この偽装美肌感はアラフォーには貴重。ナチュラルだけどきちんとした雰囲気が醸し出されるから、時間のない朝にさっと塗るだけでちゃんと肌をつくったように仕上がるのもありがたい」(美容エディター入江信子)。「ヘルシーで今どきなツヤをたたえた肌に仕上がる実力は、間違いなく今季のNo.1 。乾燥した肌にものるし、水分&ツヤ不足も即効で解消。特に絶品なのはメイク直し。くすんで疲れきった肌もこれをのせれば、たちまちうるおい肌に」(美容ライター山崎敦子)。SPF15 全6 色各¥6,900

★BEST 2
ランコム タン イドル ウルトラクッションコンパクト
「薄づきすぎず、適度なカバー力とツヤ感も欲しい……となると意外にマイベストを探すのがむずかしいクッションの中で、今季大活躍したのがコレ。絶妙なカバー力ながら、くずれにくく乾きにくいのもうれしい実力!」(マリソル 副編集長マイリーヌ)。新導入されたテクノロジーのおかげで、高いカバー力とラスティング力を発揮し長時間キレイ。全5 色各¥6,500

★BEST 3
ジョルジオ アルマーニ ビューティ マイ アルマーニ トゥ ゴー クッション トーンアップ
「美肌に見せるのは大前提で、絶対に色気をひそませるアルマーニ。これは、日中乾きたくない、シミと毛穴を隠したい、シワを刻みたくない、くすみを出したくない、むしろメイクオフした時にキレイでいたい、そして色気もにじませたい、という願望をすべてクリア。これ以上のものはないほど好き」(美容エディター鵜飼香子)。SPF15 全6 色各¥8,500

【Marisol1月号2019年掲載】撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代 取材・文/山崎敦子 大木知佳 構成/原 千乃
関連記事
  • この夏の美白、何を選んだらいいか迷っているあなた! ポーラの最先端美白に肌を委ねてみませんか? 10年ぶりの新美白成分は、肌細胞の美白エネルギーを爆発的に高めて、美白だけではなく肌レベルもアップしてくれると話題です!毎年、目覚ましい進化を続ける美白ケア。ですが、実はこの10年ほど、新たに医薬部外品として認められた美白有効成分は出現していなかったんです。その10年の壁を打ち破ったのがポーラ。おなじみホワイト ショットから新美白有効成分PCE-DPを配合したローションとミルクがデビューしました。気になるのは新規美白医薬部外成分PCE-DP。美白成分って、ターンオーバーを促進しますよ〜から始まって、細胞がメラニンをつくるのを防ぐとか、細胞間の受け渡しをブロック!とか、いろいろ小難しいですよね。そして、なんだかもう方法が出尽くした感があるのですが、ポーラは目のつけどころがやっぱり違いました。それは、今できちゃったメラニンをどうしよう? ではなくもっと基本に立ち戻った考え方。そもそもメラニンは、表皮細胞の核を守るためにつくられるもの。じゃあ、メラニンで守ってもらわなくても大丈夫なくらいタフ、すなわちエネルギーに満ちた表皮細胞を作ればいいじゃん!という大胆な発想なんです。では、エネルギーに満ちた細胞づくりの方法は?ということになりますが、細胞には“瞬時に少量”と“効率的に多量”という2種類のエネルギー産生回路があって、表皮細胞は主に“瞬時に少量”回路を使っているそうです(ちなみに後者は、筋肉や脳の細胞が行うエネルギー産生方法なんだとか)。その、眠っているパワフルなエネルギー産生回路を目覚めさせてくれるのが、PCE-DPなんです。エネルギーが充満すれば、細胞は自分で自分のメンテナンスができるように。核は守れるし、抗酸化や抗炎症も……ってことは、美白だけじゃなく肌がまるごと元気になるってことでは?この安定感ある化粧水のボトルも好きです。ということで、PCE-DPの配合は基本の化粧水&ミルクからスタート。日々のケアでしっかりとエネルギーに満ちた細胞を育てていく感じですね。ポーラですから安心の保湿力、抗糖化とエイジングケアも万全です。ここに、ひとつひとつが独自のアプローチを持つ既存のエッセンスやインナーケアなどを自分の肌悩みやライフスタイルに合わせて組み込めば、この夏の美白はパーフェクト(以前ご紹介した“暑さヤケ”対策のジェルクリームも、ぜひおさらいを!)。やっぱりPOLAって、頼りになります。本格的な夏が来る前に、ぜひチェックしてみてください。ホワイトショット LX 150mL ¥11000、ホワイトショット MX 78g ¥11000[ともに医薬部外品]/ポーラ●「POLA」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • マリソル編集部のおすすめビューティ情報をお届けスティック日焼け止めにはまっています。 ささっと塗れて、手が汚れないのでお出かけ前のストレスが激減しました。バッグのポケットにおさまるくらいのコンパクトさもいい! 左の資生堂に加え、さらに小さい右の白クマもパケ買いしてしまったのですが、ビューティーライターさんによると「コレ、日焼けしやすい頰や鼻など顔の高い位置に塗るのによさそうですね〜」とのこと。たしかに! これから夏にかけてガンガン活躍しそうです!
  • ヘアメイクは、各誌で大活躍の広瀬あつこさん!『ハリ、つや、今日も咲かせましょう』のコピーで 白石美帆さんが出演されているCMでおなじみ ちふれグループの大人肌向けラインの綾花。 マリソル編集部よりお声掛け頂き 撮影に参加させて頂きました。 4月号では、美女組No.149kumikoさんが 誌面で体験されていました!美女組kumikoさんのブログ→★BeautifulFreeImages&Pictures撮影の前に、実際に綾花の 化粧水・バイタルアップローションモイスチャー 乳液・バイタルアップミルクモイスチャー 美容液・バイタルアップエッセンス クリーム・バイタルアップディープモイスチャー とラインでお試しさせて頂きました。マリソル 綾花タイアップ記事→★お試しさせて頂きました!中でも化粧水が良かった!7日間トライアルセットも!他の画像を見る化粧水ですが、つけ心地はとっても軽いのに 使用後はしっとり、肌が吸い付く感じで 季節の変わり目で乾燥している肌には とても馴染みが良かったです。 乳液も美容液もクリームも 全て贅沢に使わせて頂きました。 簡単なアンケートで自分の肌の状態を確認できる webカウンセリングのページもありますので 是非トライしてみて下さい!綾花 webカウンセリング→★撮影当日に担当者の方からも お話を伺ったのですが、 「上質なエイジングケアを もっと身近なものとして使ってほしい。」 高品質・適正価格をつらぬき、 ひとりひとりの美しさを育んできた ちふれグループの基本理念があり 毎日しっかり使ってもらえて 手に届く値段設定がされている。 けして高くないのに、ちゃんと 年齢肌のハリとうるおいにアプローチする 成分を配合。 目指したのは、みて、ふれて、充実感あふれる化粧品。 だそうです。そして、この日はご挨拶をして びっくり! 著書である『スマイルメイク -5歳で引き寄せ力UP!』や ヘアメイクが各誌で大人気の広瀬あつこさんが 担当してくださいました。 広瀬あつこさんと。メイクをして頂いてる間は もう夢のようで。 色々な質問にも、気さくに答えて下さり 撮影で緊張している私の耳元で おまじないをしてくださったりと。 本当に素敵な方で、お会いできて 嬉しかったです。 ちふれグループのご担当者の皆様 マリソル編集部の皆様 貴重な体験をありがとうございました。 綾花→★美女組NO.107ウマキのブログ
  • スリミングは楽して続けられるのがベスト。塗るだけで引き締まった肌が手に入る通称“ピンクのオイル”に新しいファミリーが仲間入り。これで、失ったくびれも取り戻せるかも!大人気のロルロゼ ブリリアント ボディオイル(100mL ¥5000)。キー成分は、カフェインの8倍もの脂肪分解効果があると言われるピンクペッパー。さらに、ボディの若返りにもひと役買うローズヒップオイルや、同じく引き締めや血行促進に定評あるブラックペッパーエキスも配合。肌にハリを与えながらすっきりと引き締まった肌へと導いてくれるスリミング効果だけではなく、エイジングケアとしても頼もしい成分がギュッと詰まっています。 塗るだけで簡単に続けられることもあり、すっかり不動のロングセラーとなったこの“ピンクのオイル”に6月12日(水)、効果をさらにボトムアップする新たなファミリーが加わります。それが写真の左側、ロルロゼ オイルイン アイスジェル(100mL ¥4400)。こちらももちろん、ボディオイルと同じくピンクペッパー&ブラックペッパーのエキス配合。これからの季節にうれしい涼感たっぷりのボディケアです。パッケージがまた賢いんです。なんとこんな冷却ローラーつき。気になる部分に適量をダイレクトに、しかもマッサージ効果を与えつつ塗布できます。このローラーのひんやり感だけでも気持ちいいんですが、メントールやミントウォーターが配合されているので、肌に滑らせるだけでスッキリしゃっきり! 冷蔵庫で冷やして使うと一気にマイナス6度ほど肌の表面温度を下げてくれるというデータもあるので、夏のお風呂あがりのボディケアにもぴったり(いったん冷やした反動で代謝も上がるし!)。このシリーズは香りも甘すぎないので、ムシムシするこれからのシーズンも楽しく使えると思います。というわけで、ますます強力な布陣となった“ロルロゼ”シリーズ。手前右の赤いチューブは既存品のウォッシュスクラブなのですが、こちらも6月12日(水)にピンクペッパー配合量2倍のロルロゼ エンリッチ オイルイン ウォッシュスクラブ(150mL ¥2900)へと進化します。これもまた、スクラブがきめ細やかでアラフォーの肌にも優しい逸品。しかもジェル状から泡へと変化する2WAYなので週2〜3回、いつものボディウォッシュと置き換えるだけでOK。 例えば、このスクラブを使って下準備、お風呂上りにアイスジェルでひんやり引き締め、とどめにボディオイルでもう一度あたためて……と、3ステップケアで仕上げれば温→冷→温の刺激で代謝もみるみるアップ。ますますピンクペッパーが効果を発揮してセルライト撲滅、もたついたウエストにくびれが戻るのも夢じゃないかも。この他にも、ロルロゼシリーズにはむくみケアにぴったりのレッグケアなどもラインアップしているので、ぜひ自分の悩みに合ったアイテムから手にとってみてくださいね。●「メルヴィータ」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 女性もこっそり悩んでいるニオイ対策は今すぐ始めて!☆教えてくれたのは・・・コロンブス 武田哲緒さん老舗の靴用品メーカーで広報を担当。靴から足のトラブルまでに精通uka代表・ネイリスト 渡邉季穂さん人気の美容サロン『uka』を主宰。その美意識も共感をあつめている足のクリニック 表参道 桑原 靖先生形成外科医。足のトラブルを専門治療する『足のクリニック 表参道』院長汗、角質、靴……ニオイのもとは3方向から断つ足のニオイの原因は、さまざまな要因が絡んでいるから複雑だ。「足のニオイの大きな原因は、汗とストッキングの組み合わせ。女性の場合は汗をかいて、その湿度がこもるストッキングを履いているために、足のニオイ菌が発生しやすくなります。靴の中も油断できません」(桑原先生) 「靴のお手入れは毎日行ってほしいですね。靴の中は汗で湿ったり、古い角質や皮脂汚れがこびりつきやすいもの。これらもニオイの原因になります」(武田さん) 「実は足の古い角質はニオイ菌のエサになります。ガサガサかかとのままでいると、ニオイ菌が育ちやすい環境に。ニオイ予防には角質ケアも必要!」(渡邉さん) ■朝のケア 殺菌、防臭効果のある制汗剤を取り入れる「朝の制汗&ニオイケアで一日ニオイを予防。朝は靴下やストッキングを履く前にデオドラントを」(桑原先生)(右)デオコ 薬用デオドラントロールオン [医薬部外品] 30㎖(オープン価格)/ロート製薬 (中)エージーデオ24 フットスプレー h [医薬部外品] 40g(オープン価格)/資生堂 (左)Ban 汗ブロック 足用ジェル 40㎖(オープン価格)/ライオン■夜のケア 夜は足の指の間、爪の間まで汚れをしっかり落とすこと!(渡邉さん) 指の間を洗うお風呂の中で、ニオイ菌がたまりやすい足の指の間まで洗浄料でしっかりと洗うこと。その後、水気をしっかりふき取るのも大事! 爪のすき間を綿棒でオフ伸びている足の爪と皮膚の間に、ニオイの素はたまりやすい。綿棒などでお風呂あがりに汚れをぬぐい取り、清潔をキープして。 ■靴のケアを徹底!「靴の内側はニオイの原因のたまり場。夜、外出から戻ったら丸めた新聞紙などで湿気を取ること。その後、消臭スプレーを。サンダルの中敷きは汚れをふき取りましょう」(武田さん)(右から)オドクリーン プラチナミスト サンシャインシトラス 100㎖¥1,200・アウター&インナーローション 100㏄¥500/コロンブス【Marisol 6月号2019年掲載】撮影/藤澤由加(モデル) ケビン・チャン(物) モデル/水嶋はるな イラストレーション/本田佳世  取材・文/松井美千代
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ6を発表!※集計期間:2019年5月7日(火)~5月20日(月)【6位】 「左右非対称で不自然」悩める美女組が運命の眉に出会った! ★記事はこちら【5位】 目ざすのは肌全体の透明感!美白美容液で積極的に「育てる」ケアを ★記事はこちら【4位】 ただつけるだけで、たちまちにして旬の顔。3つの質感の旬リップカタログ ★記事はこちら【3位】 今すぐ、始めたい!毎日、清潔感を育てるための8のアイデア【前編】 ★記事はこちら【2位】 今すぐ、始めたい!毎日、清潔感を育てるための8のアイデア【後編】★記事はこちら【1位】 齋藤薫「40過ぎたら、“清潔感”がすべて。 その理由」 ★記事はこちら
  • 大人メイクの正解は"きちんと塗って、崩さない"!初夏メイクが続く秘密を教えます。ポイントを押さえた的確な「仕込み」で崩れ知らず美人どうせ崩れるから、とメイクに消 極的になりがちな初夏。どんどんメイクをマイナスしていった結果、お疲れ顔をカバーできず、「あの先輩、最近ちょっと劣化した?」なんて、オフィスで噂される羽目にも? 「本来、きちんと塗ったメイクは、清潔感があってすがすがしいもの。特に、この夏はシンプルなTシャツコーデや、ベージュなどのベーシックカラーが来ているので、メイクがすっぴんぽいと寂しい印象になってしまいます」と中山友恵さん。きちんと塗って、崩さないためには、少しだけ時間をかけてステップを踏むことが肝心。 「雑に塗り重ねてしまったら、汗をかいたとたん、崩れ顔へと直行。ポイントを押さえて、ていねいに仕込めば仕込むほど、汗・皮脂に強くなり、メイクは崩れにくくなります」  蒸し暑くなると、ついついメイクを手抜きしたくなる朝。10分早起きして、きちんと仕込んでおけば、午後も、夜の会食でも美人を貫けます!☆教えてくれたのは・・・ヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さんヘア&メイクアップアーティスト 中山友恵さん女性のライフスタイルに溶け込みながらセンスのいい旬の顔を作るテクニックで、各メディアで引っぱりだこ。女優、タレント、モデルからの指名もひっきりなし戦略的に「足して↓引く」のが、“なだれ”防止のカギ 暑い季節、女優やタレントのメイクでも、事前のスキンケアに手をかけると中山さん。 「まずは水分と油分を与えてしっかり潤し、毛穴の凹凸をなめらかにし、めぐりのいい肌に。肌状態そのものを高めることで、ファンデーションが吸いつき、格段に崩れなくなります」  また十分に潤いを足した後は賢く〝引く〟ことも忘れずに。「眉や目もとのメイクが崩れるのは、油分の〝浮き〟が原因。部分的にオフするひと手間で、アイメイク、リップメイクの持ちも驚くほど長くなります」■崩さないために足す【水分を足す】「送風パッティング」で潤しながら毛穴を消すコットンにたっぷりと化粧水を取り、風を肌に送るように軽くパッティング。頰や鼻の毛穴が締まりなめらかな肌に。隅々まで潤った肌は安定感があり、汗 ・皮脂をむやみに出さない。個々の細胞を潤いで満たし、乾かない肌にとろみのあるテクスチャーがスッとなじむ化粧水。高持続ケラチン保水処方で、角層細胞ひとつひとつがふっくら。エアコン乾燥に負けない肌に。エスト ザ ローション 140㎖¥6,000/花王【油分を足す】初夏~夏も乳液orクリームを。マッサージでめぐりをアップ肌から水分が逃げると、補おうと皮脂が大量発生。化粧崩れの原因に。乳液かクリームで油分を足し、潤いをとどめて。適度な油分はファンデーションを引き寄せ、フィットさせる効果も。乳液やクリームを顔全体に行き渡らせた後、指の腹でゆるく圧をかけながら、下の矢印ラインをなぞって。血流とリンパの流れがよくなり、内側からも潤いがアップ。メイクがピタッと吸いつく肌に!【Point!】ここでリップケアまで 口紅を塗る直前にリップケアをすると、口紅が上滑りし、崩れる原因に。スキンケアの段階で潤しておけば、しっかり浸透する時間を稼げる。■崩さないために引く【油分をおさえる】 油分の「浮き」がじゃまな部分だけピンポイントでティッシュオフTゾーン、眉、目の化粧崩れを防ぐ最大の秘けつはココ!乳液、クリームで足した油分の「浮き」だけをオフ。ふき取ろうとせず、ティッシュを押し当てるだけが正解。Tゾーン&眉たたんだティッシュをTゾーン、眉に押し当てる。眉は、毛と地肌、両方に油分の「浮き」があるので、しっかりと押し当てて吸い取らせて。上まぶた&下まぶた上まぶた、下まぶたも、たたんだティッシュを押し当てて。まつ毛やキワ、目じりのくぼみに付着した油分の「浮き」をていねいに吸い取る。皮膚が薄い部分なので、こすってふき取るのは厳禁!【Marisol 6月号2018年掲載】撮影/天日恵美子(人物) 国府 泰(物) ヘア&メイク/中山友恵(Three PEACE)スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/小田ユイコ 構成/原 千乃
  • 銀座にオープンしたばかりの「Face Lift Lesson」スタジオは、着替えも準備も不要。ヤーマンの美容機器を使って、自分で自分のきれいをつくる“ジム感覚”のレッスンが受けられる!と話題なんです。さっそく実際に行ってきました。美容機器、大好きです。 超音波にEMS、気になるキーワードだらけでどれも欲しくなるけれど、安くないお買い物だから、自分の肌でちゃんと試してから購入したい。さらに言えば、説明書通りだけではなく自分に合った使い方を知って、とことん使い倒したい! そんな美容機器ラバーの皆さま、お待たせしました。ぜひ銀座一丁目、キラリト銀座3Fのヤーマン直営店へ行ってみてください。 こちらの店舗には、ハイスペックなサロン専売ブランド「ヤーマンプロフェッショナル」をはじめ、家電量販店では販売していない製品までズラリ。大ブレイク中のウェアラブル美顔器、メディリフト(こちらは防滴仕様でお風呂でも使える新モデル、メディリフト アクアですね)ももちろんラインアップ。マネキンがおめかししていて可愛い(笑)。もちろんオンリーミネラルや、“浴びるだけ”のファンデーション・ミネラルエアーなど、ヤーマンのコスメも購入できます。そして!直営店の隣に併設というかたちでオープンしたのが「Face Lift Lesson」スタジオ。「美人をつくるのは自分自身」をコンセプトに、ヤーマン独自の「美人づくり」メソッドを専門のトレーナーが徹底伝授してくれます。こちらは、レッスンの際に使うドレッサー。引き出しの中には、ヤーマンのスターアイテムがこれでもか! と並んでいます。メディリフトにRF美顔器、ヘッドスパ機器まで……まるで夢のような光景。レッスンメニューは「グループレッスン」と「パーソナルレッスン」の2種類。友人を誘ってみんなでワイワイ学ぶのもよし、トレーナーと1対1で自分だけのお手入れ方法を探るのもよし。いずれもメイクオフ&レッスン後のメイクアップアイテムが完備されているので、手ぶらでOKです。  今回はグループレッスンのダイジェスト体験をさせていただいたのですが、教えて下さる方も、ご覧の通りジムのトレーナーのようないでたち。タブレット画面を使い、美容と筋肉の関係などをわかりやすく説明してくれるのでどのパーツにどんなケアが必要なのか、納得して美容機器を正しく賢く使うことができるようになります。最初に試させていただいたのはヴェーダリフトBS  for Salon(サロン専売品)。強すぎず弱すぎず、絶妙なチカラで頭皮を緩めてくれます。これだけで気分も顔もすっきり! ちなみに、音波洗浄機能もあるのでシャンプー時に使えば、毛穴もきれいさっぱり。これからの季節、ぜったいイイ!フェイスラインケア用のアタッチメントもついているので、バスタイムにのんびり湯船に浸かりながらじっくり使いたい逸品です。使ってみてびっくりしたのは、こちらのWAVY mini(ウェイビー ミニ)。ローラーでのもみ流し+EMSの筋肉トレーニングをかなえるドレナージュ美容器です。コンパクトサイズで小回りがきくので、ピンポイントのお悩みケアに最適。マイクロカレントモードを搭載しているので、なんと目周りにもOKなんです。 いちばん驚いたのが、このように鼻の脇に使うと……むくみがとれるのか、鼻筋がシュッとして、鼻が小さく高く見えるんです。その即効性たるや!これは買いです。 ちなみにパーソナルレッスンの場合、この専用測定器でレッスン前後の顔がチェックできる、ちょっとドキドキのサービスも。これも、1回で実感を得られるという自信があってこそかと。 ヤーマンのスターアイテムを存分に試せる「Face Lift Lesson」スタジオ。Webからも予約ができるので、気になる方はぜひ。着替えはないし、メイクアップアイテムも準備されているので、銀座の女子会前に駆け込み美容、なんて使い方もありです。ぜひチェックしてみてくださいね!「Face Lift Lesson」スタジオの詳細はこちら >>>●「ヤーマン」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND