人間関係のストレスを減らして脳疲労を解消!【人間関係・住まい編】

Marisol ONLINE
毎日ちゃんと寝ているはずなのに、最近、疲れがとれなくなってきた……と感じているマリソル世代の女性は多いはず。でも“年齢的にしょうがない”とあきらめるべからず。ちょっとしたコツさえ知っておけば、疲れは効率よく解消が可能。疲れないための簡単メソッドを実践して元気な心と体を取り戻して!

☆私が答えます!

医学博士 梶本修身先生

医学博士 梶本修身先生

大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座特任教授。東京疲労・睡眠クリニック院長。『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)ほか著書多数

■正しい脳疲労解消術【人間関係・住まい編】

1/8

2/8

3/8

4/8

5/8

6/8

7/8

8/8

「疲れる人と接する時、相手の言動に強く反応すると脳が疲れてしまいます。多くの場合、相手は“ただ聞いてもらいたい”と思っているだけなのでうなずくだけにしましょう」
「完璧を目ざして疲れてしまい、さらにできないことがストレスになっている人がいます。その場合は60%くらいのパワーで7〜8割こなすことを目標にするほうが疲れにくく、健康でいられます」
「住まいはマンションより一戸建てのほうが疲れにくい。特にいいのは日本家屋で、外部の自然環境の変化を反映した“ゆらぎ”のある空間が副交感神経を優位にしやすいからです。また高層階より低層階のほうが外出回数が増え、ウツになりにくいというデータがあり、低層階のほうがおすすめです」
「人に対して“こうすべき”“こうあってほしい”という期待をもつと、相手が期待に応えてくれなかった時にストレスになり、疲れもたまります。過度な期待はしないことが人間関係のストレスや不満を減らすコツです」
「誰とでも深く付き合うと、依存してくる人や感情のブレーキがきかない人などもいて振り回され、疲れの原因に。いつも同じ人と行動するのでなく、TPOに合わせて相手を変えるなど、ほどよい距離感を保つほうが疲れを防げます」
「風や光、川のせせらぎなどの自然環境の“ゆらぎ”は脳疲労を軽減することが証明されています。疲れを感じた時は、近所の公園や緑道、川辺などで十分なので、自然のゆらぎを感じなが
ら散歩する時間をとることを心がけましょう」
「自分でも投稿し、他人の投稿にも反応しなければならないSNSは義務感やストレスからSNS疲れを起こしますが、これも脳疲労の一種。SNSを介した膨大なつながりは脳に負担をかけるので疲れたらしばらく休止を」
「腰が沈み込む柔らかいソファは腰や首に負担がかかりますが、高反発の硬めのソファなら腰に負担がかからずおすすめ。立ち上がりやすく、脚が自由に動かせるとさらに◎」
【Marisol 12月号2018年掲載】 取材・文/和田美穂
【キレイになる活】疲労回復のための重要な時間が睡眠と入浴。寝方や入浴法のちょっとした違いで疲れのとれ方が変わるので要注意
【キレイになる活】体力をつけるため運動している人も多いと思うけれど、種類ややり方によっては逆に疲れを招いている場合も。疲れをためない運動とは?
【キレイになる活】食事のとり方や食べるものによっても疲れ方が変わってくるもの。疲労対策のための食べ方、食べ物を覚えておこう
【キレイになる活】長時間の座り仕事やパソコン作業、会議と、ストレスフルな状況が山積みの仕事の場面は疲れが最もたまる時間。よい対策とは?
毎日ちゃんと寝ているはずなのに、最近、疲れがとれなくなってきた……と感じているマリソル世代の女性は多いはず。でも“年齢的にしょうがない”とあきらめるべからず
関連記事
  • この夏の美白、何を選んだらいいか迷っているあなた! ポーラの最先端美白に肌を委ねてみませんか? 10年ぶりの新美白成分は、肌細胞の美白エネルギーを爆発的に高めて、美白だけではなく肌レベルもアップしてくれると話題です!毎年、目覚ましい進化を続ける美白ケア。ですが、実はこの10年ほど、新たに医薬部外品として認められた美白有効成分は出現していなかったんです。その10年の壁を打ち破ったのがポーラ。おなじみホワイト ショットから新美白有効成分PCE-DPを配合したローションとミルクがデビューしました。気になるのは新規美白医薬部外成分PCE-DP。美白成分って、ターンオーバーを促進しますよ〜から始まって、細胞がメラニンをつくるのを防ぐとか、細胞間の受け渡しをブロック!とか、いろいろ小難しいですよね。そして、なんだかもう方法が出尽くした感があるのですが、ポーラは目のつけどころがやっぱり違いました。それは、今できちゃったメラニンをどうしよう? ではなくもっと基本に立ち戻った考え方。そもそもメラニンは、表皮細胞の核を守るためにつくられるもの。じゃあ、メラニンで守ってもらわなくても大丈夫なくらいタフ、すなわちエネルギーに満ちた表皮細胞を作ればいいじゃん!という大胆な発想なんです。では、エネルギーに満ちた細胞づくりの方法は?ということになりますが、細胞には“瞬時に少量”と“効率的に多量”という2種類のエネルギー産生回路があって、表皮細胞は主に“瞬時に少量”回路を使っているそうです(ちなみに後者は、筋肉や脳の細胞が行うエネルギー産生方法なんだとか)。その、眠っているパワフルなエネルギー産生回路を目覚めさせてくれるのが、PCE-DPなんです。エネルギーが充満すれば、細胞は自分で自分のメンテナンスができるように。核は守れるし、抗酸化や抗炎症も……ってことは、美白だけじゃなく肌がまるごと元気になるってことでは?この安定感ある化粧水のボトルも好きです。ということで、PCE-DPの配合は基本の化粧水&ミルクからスタート。日々のケアでしっかりとエネルギーに満ちた細胞を育てていく感じですね。ポーラですから安心の保湿力、抗糖化とエイジングケアも万全です。ここに、ひとつひとつが独自のアプローチを持つ既存のエッセンスやインナーケアなどを自分の肌悩みやライフスタイルに合わせて組み込めば、この夏の美白はパーフェクト(以前ご紹介した“暑さヤケ”対策のジェルクリームも、ぜひおさらいを!)。やっぱりPOLAって、頼りになります。本格的な夏が来る前に、ぜひチェックしてみてください。ホワイトショット LX 150mL ¥11000、ホワイトショット MX 78g ¥11000[ともに医薬部外品]/ポーラ●「POLA」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • ちまたで評判の化粧品の背景には、必ず研究開発者による苦難の物語がある。なぜすごいのか、どうすごいのか? それをいちばんよく知る開発者に迫るインタビュー連載。第3弾は、心と身体に“効く香り”を追求した「uka オーガニックボディケアシリーズ」  7:15、13:00など、時間ごとに違う香りとテクスチャーが楽しめるネイルオイルとともに、トータルビューティサロンの「uka」がスタートして今年で10年。ネイルケアやヘアケアなど、つねに私たち女性が“こんなの欲しかった!”と思うようなプロダクトとサービスを提案し続けてきた。  そして、この3月に発売された最新作は、オーガニックのボディケアシリーズ。ボディウォッシュ、全身に使えるミスト状のローション、そしてボディオイルが、それぞれ3種の香りでそろった贅沢なラインナップだ。代表の渡邉季穂さんに、その誕生までの物語を聞いた。 渡邉季穂さん ウカ 代表取締役会長。ネイリストとしてサロンワークやファッション誌で活躍するとともに、講師として後進の育成にも貢献。ケアを重視し、素材のよさを引き出す技術に定評がある。容姿や年齢を超えた美人論を提案する近刊『雰囲気からして美人』(ダイヤモンド社)も好評 「きっかけは3年前、ジルからの“いいオイルができた”という知らせでした」。ジルことジル・バートゥミュウ氏は、世界中のエッセンシャルオイルを扱うフランスのシリウス社の代表で、ukaのネイルオイルもシリウス社が手がけている。「近年、オーガニック市場が飛躍的に拡大する中で、高品質のオイルをいつまで安定供給できるか、ジルは大きな危機感を持っていました。実際にアルガンオイルは、ここ10年で価格が高騰しています。だからこそ彼は、アルガンに代わる新たなオイルを探すことにしたのです」  長い年月をかけて彼が発見したそのオイルとは、ピレネー地方に自生する西洋アザミの古代種、カルドンの種子から採れるシナラオイルだ。「不飽和脂肪酸を豊富に含み、美容に有効と言われるリノール酸はアルガンオイルの約2倍という、エイジングケアにぴったりのオイルです。原料となるカルドンは、ジルが所有する南フランスの15世紀からあるお城周辺の畑で栽培され、自社工場でコールドプレス製法によって抽出されています。きちんと愛情をかけてつくられているところも、私たちにとって魅力的でした」 フランス「シリウス」社の代表、ジル・バートゥミュウ氏がピレネー一帯の在来種を研究するなかで、カルドン(西洋アザミ)の種子からとれるシナラオイルの有用性を発見。8ヘクタールもの畑で収穫した種を、自社工場で過熱をしないコールドプレス製法で抽出しているCOURTESY OF SIRIUS  そこで渡邉さんはシナラオイルをベースに、エッセンシャルオイルを配合したボディケア製品を作ることを決めた。現在、ジルの畑からとれるシナラオイルを供給されているのは世界でもukaだけだという。「ストレスや不規則な生活で、私たちの体内時計は乱れがちです。やる気が出なかったり、眠れなかったり――そういった悩みに香りでアプローチすることで、よりすこやかに、心地よく日々を過ごすお手伝いができるのではと考えました」(ボディケアのコンセプトとは?)SOURCE:「The Developer Talks ー uka organic body care series」By T JAPAN New York Times Style Magazine BY MIYUKI NAGATA, PHOTOGRAPHS BY SHINSUKE SATO APRIL 08, 2019 その他の記事もチェック あの化粧品がすごい理由をつくったひとに聞いてみた。Vol.1「オバジC25セラム ネオ」 あの化粧品がすごい理由をつくったひとに聞いてみた。Vol.2「オルビス ディフェンセラ」 フランス「シリウス」社の代表、ジル・バートゥミュウ氏がピレネー一帯の在来種を研究するなかで、カルドン(西洋アザミ)の種子からとれるシナラオイルの有用性を発見。8ヘクタールもの畑で収穫した種を、自社工場で過熱をしないコールドプレス製法で抽出している COURTESY OF SIRIUSボディウォッシュ バランス〈250mL〉¥3,000、エッセンシャルミスト バランス〈100mL〉¥3600、ボディオイル バランス〈100mL〉¥6,500 PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATOボディウォッシュ ドリーム〈250mL〉¥3,000、エッセンシャルミスト ドリーム〈100mL〉¥3600、ボディオイル ドリーム〈100mL〉¥6,500 PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATOボディウォッシュ ハグ〈250mL〉¥3,000、エッセンシャルミスト ハグ〈100mL〉¥3600、ボディオイル ハグ〈100mL〉¥6,500 PHOTOGRAPH BY SHINSUKE SATO
  • ここ数日、急に暑くなってきました。とてつもなく暑かった昨年を思い出し、今年の夏はどう過ごせばいいのかと、今からおののいている人も多いはず……。私もそんな一人なのですが、少しでも快適に過ごすために今から購入しておきたいのが、パーフェクトポーションのクールミント ボディミスト。 首すじや胸もと、脇などにシュッとひと吹きすると、ひんやり、すーーっ。ミントの香りで気分もクリアにリフレッシュできます。何より嬉しいのが、天然成分100パーセントでできていること。肌にも安心ですし、裏ワザとしてキッチンスプレーにも応用可能。例えば布に吹きかけて冷蔵庫内を拭いたり、シンクやゴミ箱の匂いが気になる時にシュッとしたり。そのほか、寝苦しい夜には、枕にシュッとするのも心地いい。とにかく1本あるだけで、蒸し暑い季節のストレスがちょっぴり解消できるんです。以前から発売されているものですが、今年の5月には天然メントール成分が2倍になり、ますますクールに進化したものが登場。日本の夏に、一家に一本がおすすめですよ。
  • マリソル編集部のおすすめビューティ情報をお届けスティック日焼け止めにはまっています。 ささっと塗れて、手が汚れないのでお出かけ前のストレスが激減しました。バッグのポケットにおさまるくらいのコンパクトさもいい! 左の資生堂に加え、さらに小さい右の白クマもパケ買いしてしまったのですが、ビューティーライターさんによると「コレ、日焼けしやすい頰や鼻など顔の高い位置に塗るのによさそうですね〜」とのこと。たしかに! これから夏にかけてガンガン活躍しそうです!
  • 2週間のアメリカへの旅に持って行った服を振り返ってみました。 今年のゴールデンウィークの旅は夫の赴任先アメリカ、ヒューストンとニューヨークへ行って来ました。 持って行った服は、今着たい服のみ。 そして、服も靴も、黒、白、ベージュに色を絞って持って行きました。 色を絞ったお陰で着回しが出来てとても便利でした。 靴も、白、黒、ベージュ、そして蛇。 バナリパのベージュのバレエシューズは途中で買ったもの。H&Mのベージュのバレエシューズは、軽いので足が痛くなった時用にバッグに入れておきました。 ハイヒールは一足のみ。 スーパーへの買い出しには、ロングワンピースにスリットレギンスで。 ヒューストンのスーパーは笑ってしまうほど巨大! Whole Foods Market、Trader Joe's があちこちにあり、スーパー巡りも楽しみの一つでした。 BBQパーティーに行った時は、COS のブラウスにZARAのグレーデニムで。 ヒューストンは5月でも晴れると日本の真夏なような気温と湿度。 すっかり日焼けをしてしまいました。 現地在住のお友達とランチに行った時。 currentageのデニムのオールインワン。これ、通りすがりの人に褒められた! その服好き!そのスカート素敵!髪型かわいい! 日本では考えられないけど、知らない人に言われて、ほっこりと嬉しくならシーンが何度か。 日本もそうなるといいのに。 色物が着たくなってラルフローレンのリネンシャツ。ここは、ゴルフ場で母の日のビッフェをしに行きました。 シンゾーンのリネンの黒のスカートは本当に重宝しました。 これはブラックタイのドレスコードだったパーティーに行った時。 COSのロングドレスにパールのアクセサリーを合わせました。 アメリカはパーティー大国!みなさんとても華やかで心から楽しんでいる様子。そういう雰囲気に慣れていかないとなぁと思ったのでした。 これはニューヨークのホテルのロビーで。 子どもたちのお土産を買いに行ったり美術館に行った日。 COS のブラウスを着回し。下はレギンスにしたので、大屋政子(敬称略)になっていないか、夫に何度も確認しました笑 シャネルのバレエシューズは歩き回ったニューヨークで足が痛くなったりせず本当に優秀でした。 ニューヨークではドラマや映画の舞台になったところに遭遇しては興奮していました。 ここは、SATCでキャリーが結婚式をドタキャンされたニューヨーク公共図書館の階段。かなりマニアックでしょ笑。 日本へ帰る日のコーディネート。 ZARAのデニムはストレッチが効いているので機内で楽チン。トップスは行きの機内でも着たプチバトーの長袖Tシャツ。 行きはトランク1つでしたが帰りは2つに! 思い出とお土産をたくさん詰めて帰ってきました。 旅先で、あれを持って来ればよかったー、など後悔するのが嫌だったので持って行った服は少し多めだったかも。でも、ストレスなく過ごすことが出来たので良しとします! そして持って行った服の中でMVPは、ユニクロの黒いカーディガン。コットンなので洗えるし、出掛ける時は常にバッグに入れてもかさばらず、肌寒かったニューヨークでは毎日着ていました。 旅行中は楽しむのみ!でストレスフリーが鉄則。 きちんと計画を立てて準備するのがとても大切だと思いました。今回はいくつかスケジュールが決まっていたのでそれらに合わせて準備が出来て楽だったかも。 次回の旅行を楽しみに通常生活へ。 Instagramでも詳しく載せています。 華組 近藤和子ブログ
  • なにげなくやっている生活習慣で「疲れにくい」選択をするだけで、毎日の疲れの回復具合が変わります。今回も「どっち?」と迷いがちな疑問を紹介します。QUESTION仕事中おやつを食べる、食べない、どっち?「仕事中は、交感神経ばかりが優位になっているので疲れがたまっていきます。そんなときはおやつを食べるのがおすすめ。緊張がほぐれてリラックスできるうえ、お腹に食べ物が入ると消化吸収のために胃腸が働き出して副交感感神経が優位になり、仕事で活性化していた交感神経が抑えられます。また、おやつによる糖分補給で一時的に血糖値が上がり、脳にエネルギーが供給され、疲れが取れやすくなるのです。意識的におやつタイムを設けましょう」ANSWERおやつを食べるQUESTION3時間集中して15分休む、1時間集中して5分休む、どっち?「休息はこまめにとるほうが疲れません。長く活動をしたあとに、長い休息をとっても、元の活動状態に戻るのに時間がかかってしまいます。ですから3時間集中して仕事をしてから15分の休憩をとるよりも、1時間仕事をして5分休むほうが断然疲れが少なくなります。特に長時間の座り仕事は、股関節の血管とリンパ管が圧迫されて老廃物の排出が進まず、疲労がたまります。1時間ごとに立ち上がってトイレに行くなどして歩き回るのが理想的」ANSWER1時間集中して5分休むQUESTION毎日運動、たまに運動、疲れないのはどっち?「運動は、筋肉維持と体重コントロールのためにしたほうがいいのですが、疲れの観点からいえば毎日する必要はありません。大半の人は週に何回か疲れている日があるはずで、その状態で運動をしたら疲れがさらにひどくなるだけ。特に働いている人は通勤や仕事などでかなり歩くと思うので、それだけで十分に運動になっています。ですからまったく動いていない日や特に疲れていない日に週に1、2回、簡単なウォーキングをする程度がおすすめ」ANSWERたまに運動次回も気になる「この生活習慣、どっちが疲れない?」が登場!東京疲労・睡眠クリニック院長 梶本修身さんOsami Kajimoto1962年生まれ。大阪市立大学大学院 疲労医学講座特任教授。医学博士。 世界に先駆けて疲労の研究に着目。 『すべての疲労は脳が原因』(集英社) など疲労に関する著書も多数イラスト/いいあい 取材・原文/和田美穂
  • スリミングは楽して続けられるのがベスト。塗るだけで引き締まった肌が手に入る通称“ピンクのオイル”に新しいファミリーが仲間入り。これで、失ったくびれも取り戻せるかも!大人気のロルロゼ ブリリアント ボディオイル(100mL ¥5000)。キー成分は、カフェインの8倍もの脂肪分解効果があると言われるピンクペッパー。さらに、ボディの若返りにもひと役買うローズヒップオイルや、同じく引き締めや血行促進に定評あるブラックペッパーエキスも配合。肌にハリを与えながらすっきりと引き締まった肌へと導いてくれるスリミング効果だけではなく、エイジングケアとしても頼もしい成分がギュッと詰まっています。 塗るだけで簡単に続けられることもあり、すっかり不動のロングセラーとなったこの“ピンクのオイル”に6月12日(水)、効果をさらにボトムアップする新たなファミリーが加わります。それが写真の左側、ロルロゼ オイルイン アイスジェル(100mL ¥4400)。こちらももちろん、ボディオイルと同じくピンクペッパー&ブラックペッパーのエキス配合。これからの季節にうれしい涼感たっぷりのボディケアです。パッケージがまた賢いんです。なんとこんな冷却ローラーつき。気になる部分に適量をダイレクトに、しかもマッサージ効果を与えつつ塗布できます。このローラーのひんやり感だけでも気持ちいいんですが、メントールやミントウォーターが配合されているので、肌に滑らせるだけでスッキリしゃっきり! 冷蔵庫で冷やして使うと一気にマイナス6度ほど肌の表面温度を下げてくれるというデータもあるので、夏のお風呂あがりのボディケアにもぴったり(いったん冷やした反動で代謝も上がるし!)。このシリーズは香りも甘すぎないので、ムシムシするこれからのシーズンも楽しく使えると思います。というわけで、ますます強力な布陣となった“ロルロゼ”シリーズ。手前右の赤いチューブは既存品のウォッシュスクラブなのですが、こちらも6月12日(水)にピンクペッパー配合量2倍のロルロゼ エンリッチ オイルイン ウォッシュスクラブ(150mL ¥2900)へと進化します。これもまた、スクラブがきめ細やかでアラフォーの肌にも優しい逸品。しかもジェル状から泡へと変化する2WAYなので週2〜3回、いつものボディウォッシュと置き換えるだけでOK。 例えば、このスクラブを使って下準備、お風呂上りにアイスジェルでひんやり引き締め、とどめにボディオイルでもう一度あたためて……と、3ステップケアで仕上げれば温→冷→温の刺激で代謝もみるみるアップ。ますますピンクペッパーが効果を発揮してセルライト撲滅、もたついたウエストにくびれが戻るのも夢じゃないかも。この他にも、ロルロゼシリーズにはむくみケアにぴったりのレッグケアなどもラインアップしているので、ぜひ自分の悩みに合ったアイテムから手にとってみてくださいね。●「メルヴィータ」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 「MAQUIA」7月号では、美容賢者45名が選んだプチプラコスメグランプリを発表! 今回は、UVケア部門、美白部門のTOP3をお届けします。第6回美容賢者45名が選ぶ、大人のための逸品が続々プチプラコスメグランプリ 2019発表!今や大人のビューティにマストとなりつつあるプチプラコスメ。拡大を続けるプチプラ市場の海から美容賢者が見つけた宝とは!? 欲しいアイテムが必ず見つかる、大人気グランプリの発表です。UVケア部門1位/157点ビオレUV アスリズムスキンプロテクトエッセンスSPF50+・PA++++ 70g/花王隙間焼けを防ぐ、世界初の“ミクロディフェンス処方”を採用。汗をかいてもこすれても落ちにくいのに、普通の石けんでオフできる。ヒアルロン酸やローヤルゼリーエキスで、肌ケア効果も期待できる。「キメの溝もしっかりガードするし、汗を押さえても取れにくいし、頼もしい限り」(弓気田さん)\ ここがすごい! / □ミクロレベルの隙間まで、くまなくプロテクト □汗にもこすれにも強い「“うっかり焼け”のリスクを最小限に」― 弓気田みずほさん2位/75点アネッサパーフェクトUV スキンケアジェルSPF50+・PA++++ 90g/資生堂汗や水に触れると、紫外線を防ぐ膜が強化されるミラクル処方。スキンケア成分を約50%配合し、日焼けによる乾燥ダメージから肌を守る。「白浮きせず、塗ったあとの肌はサラサラ気持ちがイイ」(中山さん)「白肌キープ力に、絶対の信頼感を持っています」― 中山友恵さん  3位/66点米肌澄肌日焼け止めジェルSPF50+・PA++++ 80g/コーセープロビジョン米発酵液や米ヌカ酵素分解エキスなど、米由来の美容成分がたっぷり。石けんでオフできる。「みずみずしく、クリアでよくのびる大容量。ほどよくうるおってベタつかず、透明感が増します」(長田さん)「ストレスゼロの保護力で、日々少しずつ、いい肌に」― 長田杏奈さん美白部門1位/155点アクアレーベルシミ対策美容液[医薬部外品] 45ml/資生堂美白有効成分m-トラネキサム酸に加え、保湿成分アクアシナジーやヒアルロン酸、リピジュアなど、美容成分を贅沢に配合。肌の生まれ変わりを助けて、UVダメージを溜めない肌に。「本気美白は強すぎて使えないかも、なんて敏感肌の私の肌を優しく包んでくれたありがたいアイテム」(高見沢さん)\ ここがすごい! / □角層の奥まで成分を届けるダイレクト浸透 □紫外線ダメージ排出を目指す「うるおい満タン、透明感フルスロットル!」― 高見沢里子さん2位/59点雪肌粋美白乳液[医薬部外品] 60ml/コーセー和漢植物とビタミンC誘導体で、雪のような肌を目指す。紫外線の影響で固くなりがちな肌をほぐす効果も。「あと肌のサラリ感、保湿と美白を一度にできる機能、夏美容に求めるすべてがここに」(轟木さん)「大人の肌悩みに、ストレスフリーで対峙してくれる」― 轟木あずささん 3位/46点ファンケルホワイトニング 乳液 Ⅱしっとり[医薬部外品] 30ml持続型ビタミンC誘導体と、その働きを助けるオリーブ葉やグレープフルーツ、ムラサキシキブ果実のエキスを配合。「何回もなじませたくなるみずみずしさ。明るさだけでなく、ツヤ感も出ます」(風間さん)「美白力はもちろん、夏も冬も使いたくなる保湿力」― 風間裕美子さん もっと見る >MAQUIA7月号撮影/ヤノコージ〈STIJL〉(物) 荒川雅之〈近藤スタジオ〉(物) 取材・文/関本陽子 風間裕美子 構成/髙橋美智子(MAQUIA)【MAQUIA7月号☆好評発売中】
関連キーワード

RECOMMEND