冬のインナー問題 

Marisol ONLINE
Tops:tomorrowland/denim:upperhigts/bag:ludlow/shoes:jcrew/coat:max&co
Tops:tomorrowland/denim:upperhigts/bag:ludlow/shoes:jcrew/coat:max&co
昨年末、体調を崩して副鼻腔炎に2回なったりするなか、
師走の慌ただしい行事はこなしていかなくてはいけず、
さくっと買い出しにでかけた時の写真です。

しれっとトップ画面にもってきましたが、
みなさんお気づきでしょうか?

首元の黒いインナー・・・
冬にはかかせないあったかインナーなんですが、
写真を撮って気がつきました。
がっつり見えてます・・・(涙)

写真だとわざと見せてる風にもみえるでしょうか?勝手に良い解釈(笑)

でもあったかインナーは下着感があるものなので、やはり見えてはいけないアイテムですよね。

この事があり、前々から気になっていたこちらのインナーすぐにポチりました!
ベルメゾン 
綿混あったかインナー・前後Vネック九分袖レディース  グレー&ネイビー
ベルメゾン  綿混あったかインナー・前後Vネック九分袖レディース  グレー&ネイビー
しかもこちらのあったかインナー なんと!綿率95%!!!

乾燥肌の事もあり、肌に直接ふれるインナーは綿率高い物が、
着心地が良くて好きなので綿率高いほど個人的には嬉しい♪

数年前から存在は知っていたものの、あったかインナーはすでに数枚もっているしと
購入までにはいたらなかったのですが、早く購入すれば良かったと大後悔・・・

・綿って着心地が最高!
・ちゃんとあったかい!
・前後Vでちら見え防止!(V以外の形もあります)
・色のバリエーションも豊富!
・肌あたりを考慮し、「洗濯タグなし」というこだわり!
・レディース、メンズ、子供まで展開している!
・お値段も940円(税込)~!

良い事づくしです♪

1/3

2/3

3/3

トップ画面と同じモヘヤセーターもチラ見えしてません!
生地にサイズ表示や洗濯表示をすることで、洗濯タグなし
良い事づくし(パッケージです)




チラ見えしてはいけないインナーとは別にわざと見せて、抜け感を作るインナーも愛用中です♪

ここからは愛用中の見せるインナーのご紹介です。
   161㎝普段Mサイズですが、小さめの作りだったのでLサイズにしました
   161㎝普段Mサイズですが、小さめの作りだったのでLサイズにしました
見せても良いインナーで愛用中なのが
↑こちらの
無印良品のオーガニックコットンのシンプルな白Tシャツ

首周りの仕様を工夫している商品です。
なので見えてもOK!

もちろん綿100%!
お値段990円(税込)!


首元からちょっと見える白がポイントです
以前、ご紹介したことがある、私のワンツーコーデ

首元・袖元・ウエスト部分も白Tをみせることで抜け感がでる気がします。

セーターがシンプルはハイゲージなので、このようなセーターの時はあったかインナーではなく
見せてもよいこちらのインナーが大活躍中です。

関連記事
  • Marisol掲載中の「3大甘アイテム」の「ピンク」。辛口コーデ好きの私の着方は。エビちゃん表紙のMarisolの今月号の特集「3大甘アイテム」 エビちゃんとは程遠い、私。 どちらかと言えば辛め好きな私。 ピンクなら濃いめ、なんだったら赤の方が好きだったりします。 でも、春だしなー まさに、「甘いものをどうやってかっこよく着こなすか」 辛口コーデの定番ブランドの1つ「セオリー」 今回は昨年購入したセオリーのピンクパンツで着まわしてみました。 まず、今すぐならこんな感じ左 tops: GALERIE VIE bag: ZANELLATO shoes: PELLICO 右 tops: GALERIE VIE bag: ZANELLATO shoes: Tomorrowland scarf: Tomorrowlandtops: Deuxieme Classe bag: GUCCI shoes: PELLICO暖かくなったら、Tシャツでシンプルに左 tops: ATON bag: CELINE shoes: COLE HAAN 右 tops: three dots bag: Tomorrowland shoes: COLE HAAN甘辛のバランスって難しい! 色々作ったものの、性格的に、結局は白Tに大きめアクセつけて、着まわしているかと思います(笑)美女組No.155 ritsukoのブログ
  • 数年前に購入したデ プレの赤ニットは春が近づくと着たくなります。 まだまだ寒い日が続いていますが、春はすぐそこまで来ています。 エクラ3月号も、春ファッションにシフトしていましたね。 暖かくなるのが待ち遠しい今日この頃です。 数年前に購入したのですが、春が近づいてくると手にするのがこのデ プレのニット。 ハイゲージでとても軽いこのニットは、サイドに深いスリットが入っていて、春風にふわっと揺れるようなデザインです。 朱色に近い赤色もなんだかウキウキさせてくれます。 赤色ニットは不思議とどんなボトムスでも合ってしまいます。 今回は、これもエクラ3月号で提案されている、グレーのデニムを合わせました。 アッパーハイツのデニムで、THE ROOTというモデルです。カラーはシルバーに近いグレー。 太めのストリートでゆったりなのでストレスフリー。 他に、ドレステリアのジップアップパーカーと合わせてワントーンコーデにしてみました。ドレステリアのジップアップパーカは、ホワイト、ネイビーも持っていて大ファンです。 数量限定のブラックももちろんゲットしました! (それについてはまた。) ローヒールパンプスはファビオルスコーニ。 Instagramもアップしています。 ⇩華組 近藤和子ブログ
  • バカンスのお供に指名したい! 元ユナイテッドアローズのアクセサリーバイヤーが手がけ、2018年秋冬にスタートした【A VACATION(ア ヴァケーション)】。いま勢いのあるバッグブランドの、指名買いバッグをお届けします。A VACATION(ア ヴァケーション)の旬バッグ3選前シーズンで大好評だった「TANK」はインテリアファブリックを使用した生地感が特徴。新作はビーチに連れていきたくなる夏らしいデザイン。シーンに合わせてアレンジで華やかさをひと盛りしても。バッグ(37×45×19)¥57000/アマン(ア ヴァケーション) ブラウス¥18000/ガリャルダガランテ表参道店(ガリャルダガランテ ネイビー) パンツ¥24000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) スカーフ¥24000/エッセンス オブ アナイ(マンテロ) ピアス¥12000・バングル(太)¥25000・(細)¥32000/HEMT PR(ノースワークス) 靴¥56000/ウィム ガゼット ルミネ新宿店(ジョセフ) ボストン型の「HAPPY」新作はライラックカラーが映えるミニサイズ。ストラップつき。(14×15×10)¥49000/アマン(ア ヴァケーション)ぶどうの房がモチーフの「WINE」。(23×15×15)¥39000/アマン(ア ヴァケーション) 撮影/鈴木 新〈go relax E more〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/美舟〈SIGNO〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/桐谷美玲 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※BAILA2019年3月号掲載
  • 3.5センチならガンガン歩けて足もきれい‼オンもオフも大活躍なペリーコをイロチ買い‼ こんにちは、らんです。  2月に入り、東京も何度か積雪予想がありましたが、結局積もらず。  今年はスノーブーツの出番はなさそうです。  各ショップでは春物の新作靴がズラッと並んでいて、思わずきれい色パンプスに目がいきます。  皆さまはどんな春靴を選びましたか??  「きれいな春物の靴がないかな~」と色々探していたところ、 Marisol本誌3月号に 「春、ヒールパンプスに恋して」 という、素敵な特集がありました! Marisol3月号、春色の表紙が目をひきます   その特集の中でも、特に気になったのはこちら。 おススメヒールのひとつ、キトゥンヒール   フラットシューズは歩きやすいけれど、ちょっとヒールが欲しいとき、ありますよね?  でも、歩き回る日は高いヒールは履きたくない。  そんな我儘を叶えてくれるのが「キトゥンヒール」です。 ペリーコ2019SSのキトゥンヒール  毎シーズンペリーコの新作をチェックしますが、今期はスタッズではなくこちらを選びました。  キトゥンヒールは実はフラットシューズより歩きやすいと個人的に思います。こちらは3.5センチのヒールですが、このちょっとのヒールが足をきれいにみせてくれます。 白、ネイビー。シルバーの3色展開で、私は白とネイビーを購入。どちらも捨てがたく大人買いしてしましました…。   横から見てもラインがきれい!後ろからみるとシンプルな美しさヒールが細すぎず歩きやすいです  白、ネイビーとも、このヒールの高さなら、カジュアルにもエレガントにも使えます。  今年はスウェットやフーディーなどのカジュアルトップスが流行りですが、高すぎるヒールだとアンバランスになりがちで、フラットシューズだと物足りない感じがします。そんなときにちょこっとヒールの「キトゥン」だと、エレガントさを残しつつ、バランスが取れると思います。  ちなみに、今期のペリーコ、なぜかどの型もサイズ感が大きめに感じます。  私は通常36サイズ(たまに36ハーフ)をペリーコでは選びますが、今期は35ハーフを選びました。  東京ミッドタウンのペリーコのスタッフの方もおっしゃっていましたが、 今期の型は少し大きめだということです。  ペリーコの公式オンラインでも買えますが、一度試し履きをしてからの購入をおすすめします。  また、白はすでに品薄になってきているようですので、検討されている方はお早目に…。   ペリーコ公式オンラインはこちら⇒美女組No.151 らんのブログ
  • 春の気配が感じられたら、新しいおしゃれがしたくなる!「本当に欲しいものだけ」を集めたアラフォーのための通販サイトで春アイテムをさっそくチェック!■Vカラーライトコート今すぐから初夏まで着られる注目素材の軽やかコートしなやかなハリがありつつ、スポンジのように柔らかく軽い旬の素材を使用。一重仕立てで軽やかにはおるのにぴったり。ドロップショルダーでゆったりとしたつくりなので、ふんわりとしたブラウスなどにも合わせやすく使いやすい。ベイカーパンツ¥19,000(ザ シンゾーン)・バックリボンブラウス¥19,000(ザ シンゾーン)・ミニショルダーバッグ【GRAZ】¥28,000(ベルメール)/SHOP Marisol■エムセブンデイズスポンジVカラーコートカラー:オフホワイト、ネイビーサイズ:1、2¥23,500 ■華やかブラウスフェミニンカジュアルに合う袖ボリュームデザインさらりと着るだけでシルエットが決まるブラウスは、なにかと重宝するもの。胸もとのギャザーや袖のボリューム感、クラシカルなくるみボタンなど、華やかなポイントが随所に。しっとり光沢感のある素材だから、通勤にも着回し可能。ワイドベルトパンツ¥26,000(クラネ)・ミニショルダーバッグ【GRAZ】¥30,000(ベルメール)/SHOP Marisol■エムセブンデイズ袖ボリュームブラウスカラー:(ホワイト、サックスサイズ:1、2 ¥13,000 ■シルク混ニット長く着られるコットンシルク素材は使いやすくてヘビロテ確実ほのかな光沢感が上品だから、さまざまなスタイリングに対応可能。ベーシックなクルーネックで、アームと身幅にややゆとりがあり着やせして見える。 ■エムセブンデイズシルク混クルーネックカラー:ライトグレー、ミントグリーンサイズ:F ¥14,000 ■リネン素材オックスフォードコート大人の可愛らしさにふさわしい上品スモーキーピンクほどよくハリのあるリネン素材を使った軽やかなコート。長めの丈感で、はおるだけで今年らしいバランスに。シックなピンクがさし色にぴったり。■サクラ リネンオックスフォードコートカラー:アッシュピンクサイズ:38 ¥55,000 ベイカーパンツ¥19,000(ザシンゾーン)・ショルダーつきレザーバッグ¥31,000(ジャンニ キアリーニ)・チュールフラットシューズ¥30,000(チェンバー)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物【Marisol 3月号2019年掲載】 撮影/前田 晃(MAETTICO/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/高垣麗子 取材・文/発田美穂
  • 靴やバッグ、ストールなどに赤を取り入れて華やかさをプラスしたり、赤いコートやトップス、ボトムでダークトーンになりがちな冬の着こなしを鮮明にブラッシュアップしたり……。赤を上手に取り入れて、コーディネートの幅を広げよう。【目次】 ・アウター&トップスに赤を取り入れたファッションコーデ ・ボトムスに赤を取り入れたファッションコーデ ・靴やバッグ、ストールなどの小物で赤をきかせて ・セットアップで大胆に赤を投入■アウター&トップスに赤を取り入れたファッションコーデ【 1 】真っ赤なビッグコート×デニムパンツコーデベーシックカラーとのコントラストがドラマティックに映える赤のパワーを活用。冴えた赤はネイビーと好相性。ビッグシルエットをたおやかにはおって。生地をたっぷりと贅沢に使った、真っ赤なビッグコート。ダークカラーをすでに着倒したこの時期、パワーのある色の力を存分に借りて、ネイビーとともにフレッシュに着こなそう。 コート¥145,000・デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー カットソー¥21,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥122,000・ボーンカフ¥152,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥178,000/J&M デヴィッドソン  青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)【 2 】赤ニット×サーキュラースカートコーデアウターの中の気分を変えたいと思うなら、ニットを主役に赤をさして。シンプルなハイゲージのタートルニットは汎用性が高く、使いやすいから、買い足す価値アリ。ボトムは淡ベージュで明度を変えると、より新鮮に。分量感のあるサーキュラースカートとともに、温かみも女らしさもアップデート。 ニット¥25,000/スローン スカート¥72,000/マディソンブルー ピアス¥156,000・バングル¥326,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) バッグ¥32,000/コード(ヴァジック)▶冬のダークトーンに飽きてきたら、ハッと目をひく「赤&ピンク」をデイリーコーデに投入!【 3 】赤ニット×ロングコートコーデ胸もとの赤が目線を引き上げ、ロングコート×ワイドパンツもスタイルアップ。▶きかせ色は「レッドかイエロー」の二択【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】【 4 】トレンチコート×赤ニットコーデトレンチのベージュとなにより相性がいいのはベリーレッド。アラフォーにとって、もう何度目かのトレンドとして迎えるレッドは彩度の高いものの中から、レンジを広く取り入れられるのがいい。さし色を楽しむなら、形はベーシックなタイプを選ぶのも、年齢を重ねた私たちのルール。 ニット¥20,000/ロンハーマン トレンチコート¥135,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) ピアス¥19,000/アルアバイル(ラウラ・ロンバルディ) バッグ¥52,000/リエス(メゾン ボワネ)▶「レッド~ピンク」のさし色ニットで冬の大人のきれいと華やかさを引き寄せて【 5 】赤ニット×ブラックデニムコーデグレーがかったブラックなら発色のいい赤ともなじみよし!「腰から膝下にかけて、徐々に絞ったゆるめのテーパード。やや短めのレングスはヒール靴とも好バランスです」(染谷さん)。グレーに近い色落ちブラックは、鮮やかなきれい色ニットとも上品に決まる。 デニム¥19,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) カーディガン¥31,000/スローン サングラス¥36,000/プロポデザイン(プロポ) バッグ¥49,000/アマン(エレメ) ストール¥13,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥22,000/ANAYI▶上品見えも細見えもかなう! 3大人気ブランドのブラックデニム×秋の最旬コーデ【 6 】赤カーディガン×トレンチコートコーデトレンチのベージュと赤は好相性。女っぽいのに甘すぎず、着こなしがドラマティックな表情に。トレンチの凛としたムードを引き立てつつ、さりげなく女っぽさを演出してくれる赤。あえてストールできかせるのではなく、肩がけしたニットで無造作に投入し、こなれ感を出して。 トレンチコート¥79,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥19,000・カットソー¥10,000/RHC ロンハーマン(RHC) ピアス¥9,200/ビームス ハウス 丸の内(べべ)▶「トレンチコーデ」をもっと今年らしく素敵にアップデートする7つのアイデア【前編】【 7 】赤ニット×グレンチェック柄コートコーデ大きめが旬のグレンチェック柄コートはバサッと羽織っていい女風に着こなして。トップスにほんの少し効かせるレッドとパンツは落ち感のある細身を選び女っぽく。 コート¥73,000・ニット¥27,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥16,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) パンツ¥29,000(セオリーリュクス)・ストール¥39,000(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス)/リンク・セオリー・ジャパン ピアス¥23,000/デ・プレ 丸の内店(エレナローナー) ローファー¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) トートバッグ¥6,900/L.L.Bean     ▶秋冬も大活躍の黒パンツにはグレンチェック柄コートが相性ぴったり【2018/12/3コーデ】 ■ボトムスに赤を取り入れたファッションコーデ【 1 】赤のコーデュロイパンツ×ブラウンニットコーデコーデュロイ素材の縦畝うねが生む独特の光沢は、マットになりがちな冬の着こなしにこそ効果的。特に今季は、やや細めの畝やきれいめシルエットなど、野暮ったさとは無縁の、女っぷりのいいボトムが豊作!感度の高い旬顔カジュアルにトライして。美脚をかなえるセミフレアシルエットが、コーデュロイパンツにおいては新しいスタンダードに。ブリックレッドの今どき感も手伝って、流行のブラウントーンもひときわ新鮮な表情に。 パンツ¥32,000・ニット¥32,000/オーラリー 帽子¥38,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジェームス ロックアンドコー) ピアス¥19,000/フレームワーク ルミネ新宿店(サスキア ディッツ) ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア エリス) バングル¥4,000(アンジェラ カプチ ジュジュ)・靴¥114,000(ミッシェル ヴィヴィアン)/プラージュ 代官山店 バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)▶2019年冬のカジュアルコーデをもっとおしゃれにアップデートする方法【前編】 【 2 】赤のチェック柄スカート×ネイビーコートコーデ今季復活のネイビーコートは断然長め丈。トレンチコート風が新鮮。清潔感と上品さならネイビーに勝るものなし!だからオフィスでもプライベートでも大活躍。 コート¥120,000/ebure ニット¥6,990/プラステ スカート¥30,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) 時計¥100,000/ハミルトン/スウォッチ グループ ジャパン(ハミルトン) バングル¥9,000/NOJESS バッグ¥39,000/オルサ(オルセット) 靴¥30,000/ベイジュ(ピッピシック)  ■靴やバッグ、ストールなどの小物で赤をきかせて【 1 】赤バッグ×パンツコーデセリーヌの鮮やかな色のバッグをアクセントに。▶きかせ色は「レッドかイエロー」の二択【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】 【 2 】赤のショートブーツ×デニムパンツコーデ「秋冬は黒ブーツを履くことが多いのですが、今季はカラーブーツをあちこちで見かけて気になっていました。トライしたのは、『ファビオ ルスコーニ』の赤のショートブーツ。ちょっとダークな色みに加えてスエード素材ならではの柔らかいニュアンスのおかげで悪目立ちせず、意外といろんな着こなしになじみます。いつものデニムの日こそ、足もとのアクセントで今っぽさを楽しみます」。 カーディガン¥49,000/カオス丸の内(カオス) ファーバッグ¥42,000/ゲストリスト(アロン/ハウント代官山) SHOES:FABIO RUSCONI CARDIGAN:Chaos T-SHIRT:TANGTANG DENIM:upper hights STOLE:Johnstons BAG:arron▶モデル五明祐子「“きれい色”の華やかさが気分!」【My Life,My Fashion!】 【 3 】赤バッグ×白のゆったりニットコーデ大人の白ニットは「甘く」ではなく「かっこよく」着たい。たっぷりとした首もとや長めの袖など、ルーズなシルエットが目をひく一枚を、センタープレスがきいたきれいめパンツとヒールで女っぷり高く着こなして。白に映える赤いバッグとリップもアクセントに。 ニット¥43,000/クルーズ(エリン) パンツ¥53,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ピアス¥5,463/バナナ・リパブリック バッグ¥25,000/ティースクエア プレスルーム(MODALU) パンプス¥44,000/プラージュ 代官山店(ネブローニ) ▶春を感じさせる「白」を大きく取り入れてシャレ見え!【トップス編】【 4 】赤バッグ×柄スカートコーデベーシックカラーにプリントされた赤と白で奏でる華やかな柄のスカート。ジャケットをONしてもフェミニン度が高く、どこか人をほっとさせてくれるような優しさをプラスしてくれる。 ジャケット¥21,000・とろみハイネックブラウス¥12,000(ともにエムセブンデイズ)・ギャザースカート¥26,000(シンゾーン)・トートバッグ¥59,000(ペリーコ)・靴¥25,000(カルツァイウォーリフィオレンティーニ)/SHOP Marisol     ▶ストレスフリーな笑顔の秘密はギャザーづかいの楽ちんスカートにあり【2019/1/22コーデ】 【 5 】赤パンプス×黒ニット&デニムパンツコーデ大好きな黒ニット×デニムの黄金コーデにチェックのストールで旬のトラッド要素をプラス。ケーブル編みが華やかなざっくりとしたローゲージニット&デニムを、上質な小物で大人っぽく仕上げて。チェックのストールや赤いパンプスなど、主張のある小物も落ち着いたムードにまとめてくれるのは、「黒」がもつ上品さのなせるワザ。 ニット¥19,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) デニムパンツ¥36,000/サザビーリーグ(マザー) ストール¥27,000/ビームス ハウス 丸の内(ベグアンドコー) バングル¥56,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)・靴¥48,000(ネブローニ)/フラッパーズ バッグ¥64,000/アマン(エレメ)▶冬の「黒」は“どこかに抜け感”で「強すぎない女」を目ざす【 6 】赤パンプス×シャツワンピースコーデ片側のフロントに大きめのポケットをあしらったハンサムな雰囲気のグレーのシャツワンピースは黒ベルトでシルエットを引き締めて女っぷり度高めに。足もとは仕事運をあげてくれる勝利の赤をポイントに。ワンピース¥30,000/プルミエ アロンディスモン ジャケット¥48,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ベルト¥18,000/デ・プレ 丸の内店(メゾンボワネ) メガネ¥34,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(サンズサンズ) バッグ¥225,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)      ▶きちんと見えて女性らしさもあるシャツワンピースで最終プレゼンへ【2018/12/27コーデ】【 7 】赤バッグ×ネイビーニットワンピースコーデボートネックでゆるやかなAラインを描くシンプルなネイビーニットワンピース。オフィスでは一枚で着てタイツを合わせたり、週末にはパンツをインしたりと着回しやすそうなので、アラフォーのワードローブにおさえておきたい定番に。そこに、ハッとする赤小物を投入してみる。ワンピース¥36,000(スローン)・カシミアストール¥62,000(ジョンストンズ)・バッグ¥41,000(ペリーコ)・サイドジップショートブーツ¥46,000(ペリーコ サニー)/SHOP Marisol     ▶ネイビーワンピースにはクリスマス気分を先取りする赤小物が似合う【2018/11/20コーデ】 【 8 】赤パンプス×ネイビーブラウスコーデネイビーブルー、ホワイト、レッドの3色でフレンチを意識したオフィスコーデで品よく。とろみのあるボウタイ風ブラウスは、仕事服としてのきちんと感をキープしつつ女性らしさをきわだたせてくれるから、会食のようなちょっと改まった席におすすめ。パンツのフロントデザインを生かして、ブラウスはインしてすっきりと着こなして。ブラウス¥9,900・コスミカルウォームテーパードパンツ¥16,500(エムセブンデイズ)・バッグ¥42,000(ペリーコ)・バレエシューズ¥22,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol        ▶ネイビーの華ありブラウスで上品な大人トリコロールコーデの完成!【2018/10/16コーデ】 【 9 】赤のチェック柄ストール×ムートンコートコーデ淡く優しいグレーは、ダークカラーのスタイリングが増える秋冬にひときわ目立つ存在。フェイクムートンだからとにかく軽くて暖かい! 袖口を折り返して、あえて裏側のファーを見せてアクセントに。大きめのポケットが、ポイントでありつつ実用面もクリア。 フェイクムートンコート¥28,000(エムセブンデイズ) シルクウールリブニット¥12,000(エムセブンデイズ) カシミアストール¥62,000(ジョンストンズ) ショルダーバッグ¥47,000(ペリーコ)/SHOP Marisol▶今シーズンの相棒はどれ? 秋冬のおしゃれを託す新作コート【 10 】赤のクラッチバッグコーデヴィンテージの流れに乗って、ポシェットがブーム再来の予感。着こなしに今っぽいレトロテイストが欲しい日に。クラッチタイプはリストストラップつきをマーク。 ▶90年代風ポシェットやクラッチブームが到来?【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】 ■セットアップで大胆に赤を投入ほどよくインパクトのある赤がダークになりがちな冬の装いをブラッシュアップしてくれる!  ほかを黒で統一してセットアップの小粋さを引き立てて。▶きかせ色は「レッドかイエロー」の二択【ファッションSNAP パリ・ミラノ編】
  • こなれカジュアル派は、【アースカラーのワードローブ】をいち早くベージュ、カーキ、ネイビー。こなれカジュアルを目指すならアースカラーで統一を! 実は何をどう合わせても絵になるから、誰でもできるおしゃれの近道なんです♡アースカラーコーデ見本帳! 例えば……お仕事編&デート編KHAKI & NAVY ▷▷▷可愛いよりカッコいい。〝たたかう〟お仕事コーデ!カーキは一見メンズライクだけど、女性が着ると女性らしさが際立つ色でもある。それがシャツならなおさら。“カッコいい女”っぽく装うことでモチベーションを上げたい日は、それにネイビーのラップスカート!ネイビーのラップスカート¥36000/ティースクエア プレスルーム(テラ) カーキのシャツ¥1990/アース ミュージック&エコロジー 東京ソラマチ 巾着ショルダー¥18500/HUMAN WOMAN 花柄スカーフ¥1490/アメリカンホリック 丸メガネ¥32000/モスコット トウキョウ パールイヤリング¥1400/お世話や シルバー腕時計¥20000/ピークス(ロゼモン)BEIGE & BROWN▷▷▷品はあるけど、お堅くない。〝好かれる〟絶妙バランスデートコーデニットとスカートを選んだのは、シャツやパンツでは堅すぎて距離が遠い気がして。こんな時のベージュトーンの絶妙さとありがたさよ。ベージュのダッフルコート¥82000/ゲストリスト(グローバーオール) ブラウンベージュのモヘアニット¥28000/バトナー ベージュのAラインスカート¥16000/デサント ブラン 代官山(デサント ポーズ) カーキパンプス¥14500/ダイアナ 銀座本店 スクエアポシェット¥24000/アルファ PR(アエタ) 色石イヤリング¥7500/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アレクサンドリン) 黒リブソックス¥600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)アースカラーのワードローブ、全部見せます♡A.ベージュのダッフルコート B.ブラウンベージュのモヘアニット C.ベージュのAラインスカート A.何枚も買えないコートはいつでも一枚で素敵に仕上がるものがいい。だから“この冬いちばん旬のベージュ”。¥82000/ゲストリスト(グローバーオール) B.オレンジブラウンに近い絶妙な“老けないベージュ”。¥28000/バトナー C.ほっこりしすぎない“賢いベージュ”は、すとんと直線的でむだのないデザインのスカートで。¥16000/デサント ブラン 代官山(デサント ポーズ)D.ネイビーのスウェット風ニット E.ネイビーのラップスカート F.ネイビーのニットワンピース D.しっかり編まれた厚手のニットはスウェットみたいなタフさが魅力。少しスポーティなムードもあり“さりげなく今っぽいネイビー”。¥27000/スローン E.“女っぽいネイビー”も必須。¥36000/ティースクエア プレスルーム(テラ) F.パンツだけでなくスカートとも重ねたいサイドスリット入り。“カジュアルときちんとを自在に行き来するネイビー”。¥19000/アナディス(アナカノワー)G.カーキのシャツ H.カーキのベイカーパンツ G.男の子っぽくなりすぎないように“きれいなカーキ”。やわらかな素材感と色味のシャツで。¥1990/アース ミュージック&エコロジー 東京ソラマチ H.“安心安定のカーキ”があればコーデに迷わない。¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン)I.白のリブタートルニット J.パープルのプリーツスカート I.アースカラー派にとって白は“定番のさし色”。少しきかせるだけで渋くなりすぎないための抜け感や、まったりしないためのメリハリに。¥13000/Stola. J.“トレンドのさし色”は今なら絶対パープル。この女っぽさが絶妙に似合う。¥22000/ミミ&ロジャー上級合わせ、単色・多色使いもマスターしよう!NAVY & PURPLE ▷▷ニットワンピとプリーツスカートの上級レイヤードこの2色の合わせなら、一枚のワンピに見えるくらいさりげない。私なりの"スペシャルバージョン"!ネイビーのニットワンピース¥19000/アナディス(アナカノワー) パープルのプリーツスカート¥22000/ミミ&ロジャー 巾着ショルダー¥18500/HUMAN WOMAN シルバー腕時計¥20000/ピークス(ロゼモン) 黒リブソックス¥600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃)KHAKI▷▷ほかにはないカーキのワントーン、「私はデキる女!」って思える魔法大事な日、勝負の日。ほかにはないカーキのワントーン。シャツとパンツをセットアップみたいに凜と着ると、不思議と自信も湧いてくる。でもいかつくはならないように、首もとにスカーフ、耳には揺れるピアスを。カーキのシャツ¥1990/アース ミュージック&エコロジー 東京ソラマチ カーキのベイカーパンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 花柄スカーフ¥1490/アメリカンホリック プレートピアス¥12000/HEMT PR(ノース ワークス) シルバー腕時計¥20000/ピークス(ロゼモン)BEIGE & BROWN & NAVY & WHITE▷▷白タートルを重ねる、そのたったひと手間で重ねるだけでニット&スカートもマンネリ化せずにすんで、毎日着るコートにも新鮮さをくれる。やっぱり白タートルってすごい!ベージュのダッフルコート¥82000/ゲストリスト(グローバーオール) ブラウンベージュのモヘアニット¥28000/バトナー ネイビーのラップスカート¥36000/ティースクエア プレスルーム(テラ) プレートピアス¥12000/HEMT PR(ノース ワークス) 巾着ショルダー¥18500/HUMAN WOMAN パールイヤリング¥1400/お世話や 黒タイツ¥900/タビオ(靴下屋) ♡3月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/峠 雄三(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/中村未幸(Lila) モデル/内田理央(モア専属) スタイリスト/石上美津江 撮影協力/GLITCH COFFEE & ROASTERS マリアージュ フレール 銀座本店 アワビーズ EASE UTUWA TITLES プロップス ナウ
  • ボーイズ風味のアイテムだからこそ、女性らしさや甘さをほどよく受け止めてくれる程よいハリとやわらかな生地感でメンズライクなゆったりシルエットのカーゴパンツ。股上が深めなので履いているだけで安心感があり、ウエスト後ろがゴムになっているリラックス仕様というのも嬉しい限り。長めのレングスなので、好みに合わせてロールアップして着こなしたりできるので、着こなしの幅も広がって。何よりもシーズンレスで楽しめる肉厚な素材感が、どんなトップスと合わせても旬なコーデにしてくれそう。まずは手始めに相性のよいネイビー×カーキを選んでみるのもよさそう。パンツ¥26,000/ティッカ ニット¥39,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス) ソックス¥2,700/ビームス ハウス 丸の内(ブレシアーニ) バッグ¥55,000/ゲストリスト(アロン/ハウント代官山) 靴¥24,000/F.E.N.(プリティ・バレリーナ)撮影/坂根綾子 スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデをもっと見る
関連キーワード