無難なネイビーワンピースが袖まくりアレンジで一気に攻めのコーデに【2019/1/21コーデ】

Marisol ONLINE
アレンジしだいで仕事でも姪の幼稚園行事に行くときでも、いろいろなシーンに着回せるネイビーワンピースは、感度の高い女友達との集まりにでも実は重宝する一枚。例えば袖まくりをしてゆったりとコートを着こなせば、おしゃれ上級者の貫禄が漂って。足もとはショートブーツでエレガントを意識。
トレンチコート¥86,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) ワンピース¥46,000/ebure ピアス¥45,000/シジェーム ギンザ(グーセルス パリ) ファースヌード¥39,000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(エーピー ストゥディオ)  バッグ¥164,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) タイツ¥1,200/ブロンドール 新丸の内ビル店(ジュウナナドシー) 靴¥64,000/ザ・グランドインク(ロランス)
撮影/金谷章平 ヘア&メイク/平元敬一 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/高垣麗子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼ワンピースコーデをもっと見る
関連記事
  • 甲がラウンド型だとモードっぽく見えていつものコーデが新鮮に!週末は両親を車でお墓参りに送り届けることに。私もご先祖様に今後のご報告と今までの感謝をお伝えするため一緒に墓前で手を合わせる予定。足もとの悪い道を歩くので薄手でしなやかな革を使ったラウンドカットの柔らかフラットシューズが役にたちそう。いつもは甲浅のフラットシューズばかりだったけれど、春はあえて甲深にしてきれいめパンツの幅を楽しんでみよう。靴¥64,000/エイチ ビューティ&ユース(マルティニアーノ) トップス¥12,000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥129,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) パンツ¥24,000/ギャルリー・ヴィー  丸の内店(ギャルリー・ヴィー) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(グーセンス パリ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/田澤美香 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
  • きれいめパンツならミリタリーテイストのボレロジャケットとのミックスも品よく着こなせる明日はデスクまわりの整理をするためアクティブに動きやすいパンツコーデで。ただ上司から、次の人事で昇格させるからと慰留をすすめられ気持ちが揺らぐ。細身シルエットながら、ストレッチ素材ではき心地も快適なこのパンツのように、今の職場の環境は私にとって快適そのもの。仕事さえきちんとこなせていれば服装に関しても比較的自由で許容範囲が広くていいことづくめだし……どうしたものか……。パンツ¥32,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) Tシャツ¥5,990/プラステ ジャケット¥38,000/ボウルズ(ハイク) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥11,000/アルアバイル 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
  • 高めのウエスト位置や七分袖など、着た時のバランスが最高に可愛い春ワンピース※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます春分の日は、自然をたたえ、生物をいつくしむ国民の祝日。そんな日にデートするならやっぱり緑が豊かな公園がいちばん! ということでグリーンの中でも悪目立ちせず、それでいて華やかなのにまわりと馴染むマスタードイエローのマキシワンピースを主役にしてみる。さらりと軽い素材でふくらみを最小限に抑えたギャザーが縦のラインを強調して。足もとはシンプルなスニーカーで春気分を存分に踏みしめて。とろみマキシドレス¥23,000(エムセブンデイズ)・バッグ¥47,000(ペリーコ)・スニーカーオールスター 100 カラーズ OX¥7,000(コンバース)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物撮影/酒井貴生(aosora) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
  • 自宅で洗濯可能のツインニットなら、いつも清潔できれいに着られる♡※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます背中と二の腕のお肉が気になり急遽ジムの予約をとったので、明日は汗を大量にかいた後に着ても問題ない洗えるツインニットをチョイス。プルオーバーとしても着られるようボタンの大きさと位置にこだわったカーディガンと、気になる肩から二の腕をカバーするフレンチスリーブがキュートなインナーニット。どちらも単品使いできる万能で洗える優秀セットなのが嬉しい。ツインニット¥21,000(エムセブンデイズ)・マキシスカート¥16,000(マイカ&ディール)・パンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol バッグ・ピアス・バングル/スタイリスト私物撮影/酒井貴生(aosora) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼スカートコーデをもっと見る
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ5を発表!※集計期間:2019年2月4日(月)~2月17日(日)【5位】アラフォーの相棒、お仕事バッグの逸品。小ぶりなB5サイズのおすすめコレ!【4位】このトレンチコートを選ぶのはどんな女性?5人の女性像×トレンチコートの選びと着こなし 【3位】春にまず買いたい!おしゃれプロがひと目惚れしたアイテム 他の画像を見る
  • すそ広がりのカジュアルなワイドパンツに華ありブラウスを合わせてフェミニンに明日はクライアントを引き連れてイベント会場をご案内。みなさんの視線が私の背中に集中しそうな日なのでバックシャンなボリューミィブラウスで見返り美人を意識して。腰まわりがすっきりしたサイドボタンのフレアワイドと合わせると、ほんのりスイートなパンツスタイルの完成。ヒール靴で美脚効果もさらにアップさせて。パンツ¥33,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ブラウス¥29,000/ebure ピアス¥16,000/ショールーム セッション(マリアブラック) バッグ¥15,000/ツルバイ マリコ オイカワ 靴¥51,000/フラッパーズ(ネブローニ)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデをもっと見る
  • ふんわり&ぴったりバランスでジャケパンでも女性らしいスタイルアップがかなうオンとオフを意識しやすい月曜日は知的なベージュ系のノーカラージャケパンでうららかに通勤を楽しんで。ジャケパンを選ぶときには明るい色みときれいめな素材感を重要視すること! ドロップショルダーのゆるっと感と、パンツのきちんと感との絶妙バランス。ジャケパン以外はところどころに黒をきかせてよりシャープな表情に。ジャケット¥46,000・パンツ¥32,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) カットソー¥10,000/スローン サングラス¥32,000/ルックスオティカジャパン(ヴァレンティノ ガラヴァーニ) バッグ¥141,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ザンケッティ) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/石毛のりえ モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
  • マリソルで活躍中のスタイリストと人気ブランドとの、こだわりがつまったスペシャルコラボが実現!■徳原文子さん×BLUEBIRD BOULEVARD 「シャツドレス」「カジュアルだけどきちんと感もあるワンピースにこだわって、ビターな2色をセレクト。さし色を選ばないドライなブラウンとベースカラーを選ばないピーコックブルー、どちらもおすすめです(スタイリスト 徳原文子さん)」オンオフに活躍するきれいめシャツワンピース人気のシャツワンピースをベースにした、コラボだけのスペシャルカラー。共布のくるみボタンや高めのウエスト位置で結ぶリボンベルトが、さりげないアクセントに。ふんわりしつつ広がりすぎないスカートのバランスも絶妙。さらりとした肌ざわりのコットンで真夏まで快適。レザーメッシュバッグ「ソフィー」(ドラゴン)¥35,000・バレエシューズ(ポルセリ)¥29,000/SHOP Marisol  イヤリング/スタイリスト私物■ブルーバード ブルバード【徳原文子さん別注】シャツドレスカラー:ブラウン、ブルーサイズ:S、M¥39,000 ■スタイリスト 福田亜矢子さん×Le Minor 黒×白のボーダーシャツ「ほっこりせず都会的に着られる黒×白のボーダーを目ざしました。ほどよい背中あきで、シンプルだけれど着映えするのがポイント。生活感が出ないよう、しなやかな薄手の生地に変更しました(スタイリスト 福田亜矢子さん)」一枚で着てもサマになるこだわりのディテール背中のあきをほどよい角度に調整し、大人が会社に着ていけるバランスに。両A面仕様なので、Vあきをフロントにして着ることも可能。しなやかな素材感と、黒×白のメリハリで部屋着に見える心配なしパンツ¥34,000/カレンソロジー青山(バレナ) ピアス¥26,000(フェイ アンドラダ)・バッグ¥156,000(ザンケッティ)/カオス丸の内■ルミノア【福田亜矢子さん別注】MADEMOISELLE長袖カラー:ブラックサイズ:T1 ¥11,000 【Marisol 4月号2019年掲載】 撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/高垣麗子 取材・文/発田美穂
関連キーワード