年の始めに必ずいただく祝菓子

Marisol ONLINE
1月も半ば近く過ぎようとしている三連休ですね。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

アラフォーに限らずですが、年々、一年ってあっという間に過ぎていくような…そんな気がしてしまいます。

皆さまは、もう今年の目標を立てられましたか?
私は…
毎年、こちらの祝菓子をいただいて、一年のスタートを切っています。

1/2

2/2

伊豆の銘菓 石舟庵様
コーヒーにも合うお味です


干支の姿の焼菓子で、この干支がとても可愛く、毎年の楽しみです。

中のお味は、白餡ベースにラムレーズンが入っており、こんなにも和の味にレーズンが合うことに驚く程、とても美味です。
なので、お茶はもちろんのことコーヒーにも合うお菓子です。

こちらのお菓子をいただくと今年もいいことがありそうな…何だかそんな気持ちにもなります。
なので、縁起のいいお菓子なのですね。


1月も半ば過ぎておりますが、お年賀としてもお勧めです。
こちらのお店は、他にも美味しい和菓子があり、上品なお味で、今の時期ですと苺大福もあります。

伊豆に行かれた際は、一息休憩も兼ねてどうぞ立ち寄ってみてくださいね(*^^*)


関連記事
  • 3/16(土)〜3/22(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!3月16日(土)3月の風に想いをのせた花柄が春へとつづく華やかデニムコーデに 3月17日(日)桜色の細リブニットで完成するカジュアルフェミニンな春デニムコーデ 3月18日(月)春のジャケパンはベージュを選べば仕事のできる旬のきれいめコーデに他の画像を見る
  •  3月23日から運行している「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」。2時間半の旅を終え、列車を降りて、駅の周りを歩いてみたり、レンタカーでちょっと遠出をしてみるのも楽しい。食堂列車で触れた内装や食材、工芸品のお店巡りも一考です!久しぶりに訪れた福岡博多でも話題のお店で舌鼓。清喜のステーキは感動レベル! 「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の終着駅、大牟田では、駅のすぐ近くにあるレンガの古い倉庫を改装したスペーシャスなカフェ、ROOTH2-3-3へ。レンガを生かした内装で趣があり落ち着きます。ミニサイズのドーナツとコーヒーで一お茶時間。大牟田駅に向かう途中にある柳川は、言わずと知れた川下りとうなぎで知られる観光スポット。藩主立花氏の柳川藩の城下町を、手漕ぎのどんこ船でゆるりと水上散歩できます。400年も前に築かれた掘割は、繋げると930メートルなのだとか!鳥の声をBGMに、静かに水面を進む川下りには、下手な観光地のイメージとは裏腹にかなり癒されました。  また、久留米からレンタカーをして、久留米、フルーツ天国のうきはと列車でも使われている小石原焼の窯元にも寄ってみました。まず、ちょうどこの日にリニューアルオープンした久留米の有名なカフェ、コーヒーカウンティへ。列車のオリジナルブレンドコーヒーもこちらが担当しています。自ら産地に足を運んでいるというコーヒーはもちろん、2階のマツノブ デリの惣菜も焼き菓子もすべて目から鱗のおいしさでした!久留米では、列車の天井に配された美しい網代編みを担当した、井上らんたい漆器にも立ち寄りました。真竹に漆をほどこした美しい漆器を伝えて来た店で、列車の網代は職人さんが二人で編んだと言います。  この後寄った久留米田主丸うきは市は、筑後川と耳納連山に寄り添う豊富な食材で知られるのどかな町。列車でサーブしているパンをシェサガラ、焼き菓子を担当しているcake.cafe.mielもある注目のエリアです。ぶどうのたねでランチをしてから、松野牧場の牛乳ソフトクリームを目当てに散歩。豊後街道の宿場町だった白壁の町並みも残り風情があります。また、小石原では、列車で使われている小石原焼の器好きの間では噂の翁明窯元にも立ち寄れ、大充実の旅でした。  博多に戻って、今話題のお店もチェック。近江八幡の木下牛を感動の焼き加減で出してくれる清喜、うきはの新鮮な食材を生かしたイタリアンのチェルニア、日替わりメニューも楽しいめしや コヤマパーキングなどへ。もちろん締めのラーメンも月やでつるり!久しぶりの博多でしたが、またすぐに行きたくなりました。Rooth 2-3-3のカラフルなドーナツレンガの倉庫を生かしたカフェ、Rooth 2-3-3柳川ののどかな景色他の画像を見るTHE RAIL KITCHEN CHIKUGO撮影・取材/桂まり
  • 先日の撮影の差し入れは、「パティスリー1904 ディズヌフソンキャトル」のしまなみレモンケーキ! キャンディの包み紙のような、黄色のレトロ可愛いパッケージで、テーブルが一気に春めきます。レモンケーキの中でも、果汁をたっぷり使っていて、レモンの風味をしっかり感じる一品。上品な甘酸っぱい味と爽やかな香りが口いっぱい広がって大満足。(編集S) #レモンケーキ #人気 #スイーツ #sweet #デザート #dessert #和菓子 #おやつ #パティスリー1904 ディズヌフソンキャトル #手土産
  • ネイビーのジャケットは永遠の名品 1枚は必ず持っておきたいこんにちは yasukoです 毎日 ワードローブからコーディネートを考えるとやっぱりベーシックが好き outfit ☆ ジャケット MADISONBLUE インナー BLISSPOINT デニム JET LOSANJELES バック PIERREHARDY シューズ adidas スキニーデニムで合わせました JETのSANTAMONICAのスキニーはおすすめです 程よい厚みがあり生地もしっかりとしているので美脚効果があります このリジットカラーは カジュアルに見えすぎず キレイめに着こなせるので重宝してます ★ JET クリックこの夏 ロゴTシャツも気になります JETもいいなと購入を考え中 yasuko美女組No.162 yasukoのブログ
  • 羽田空港から飛行機で約9時間30分――多彩な人種、思想、食文化が自由に入り交じる、オーストラリアの南東に位置する街、シドニー。3月から4月は心地よい秋の季節。独自のカルチャーが生まれ続ける都市で、現地に溶け込むように過ごしてみよう。 ※この特集内、$1(オーストラリア・ドル)=約79円(3月5日現在)、国際電話の国番号は61です。 THE BEST SPOTS 研ぎ澄まされたモダンなセンスと、リラックスしたムード。ふたつの魅力が融合する4軒がここに! Paramount House Hotel / Paramount Coffee Projectパラマウント ハウス ホテル / パラマウント コーヒー プロジェクト 「パラマウント・ピクチャーズ・スタジオ」の跡地を蘇らせたホテル。昨年開業し、瞬く間に人気を博している。バルコニーつきの洒落たゲストルーム、オーストラリア・メイドのインテリアやアメニティまで、シドニーの最新をトータルで体感できる。1階にあるカフェ「パラマウント コーヒ プロジェクト」は宿泊者以外の利用も可能。朝から多くの若者が集う。 1 ホテルのロビー。オーストラリア出身のアーティストの作品をあちこちに飾って 2 ここでしか購入できないオリジナルウェアや雑貨も販売している3 約5年もの歳月をかけてリノベーション。館内には歴史ある試写室の趣がそのまま残る映画館やバー、ジムなども4 ゲストルームは5タイプ、全29室。ほとんどの部屋にバルコニーがあり、ホテルがあるエリア、サリーヒルズの空気をじかに感じられる。リネンやローブ、アメニティなど細部にまで独自の美意識が宿る  5 「パラマウント コーヒー プロジェクト」は、ロースターカフェ「Seven Seeds」と「Reuben Hills」の共同経営6 鶏肉やケールを自家製ソースとあえた「crumbed eggs on toast」($17.50)と「filter coffee」($5)  DATA 80 Commonwealth St, Surry Hills(ホテル)02-9211-1222(カフェ)02-9211-1122営:(カフェ)7時〜16時 休:祝日https://paramounthousehotel.com/http://www.paramountcoffeeproject.com.au/ The Grounds of Alexandriaグラウンズ オブ アレクサンドリア 地元民のレジャースポットと言えばここ。絵本の中に描かれているかのような世界観の、緑あふれる複合施設。美しいガーデンや愛らしい建物内には、カフェやレストランを中心に、小さな市場、フラワーショップや野菜畑、コーヒーロースタリー、そして子豚やヤギと触れ合えるコーナーまで! 手作りの料理やパン、ケーキを味わいながらゆったり過ごすのもこのうえない贅沢。 7 "伝統的な日曜日の食卓"をイメージした内装。細部まですべてオリジナルのデザイン8 ケーキやパンのほか、ジャムやグラノーラなどもハンドメイド 9・11 週末は屋外で「The Grounds Market」を開催10 焼いた果物がたっぷりのった「freshly baked banana & date hotcake」($20)とビーツやにんじん入りジュース「veggie」($8.50) DATA Building 7A, 2 Huntley St, Alexandria02-9699-2225営:(カフェ)7時〜15時(LO)、7時30分〜(土・日) ※施設により異なる休:祝日https://thegrounds.com.au/ Hotel Palisadeホテル パリセイド 100年以上前に建てられたビルを約7年かけてリノベーションしたブティックホテル。1階は当時の名残を残したパブ、2 ・3 階は、オーストラリアのアーティストの作品を配したゲストルーム。最上階は360度パノラマビューのダイニングレストラン。歴史を顧みながら、フロアを上がるごとにモダンで旬なシドニーが感じられるロマンある空間だ。 12 4階はリビングのような空間。ゲストルームは全8室、アーティストの作品が随所に 13 5階は湾岸エリアを一望できるレストラン 14 シドニーハーバーの建設時、作業員の宿として造られた。戦争時、兵士はここで酒を酌み交わし戦地へ向かったという逸話も DATA 35 Bettington St, Millers Point02-9018-0123http://hotelpalisade.com.au/ Polyポリー 上の「パラマウント ハウス ホテル」と同じ建物内にある、現地の人にも愛されるワインバー。バイオダイナミック農法などできる限り自然の力をもとに造られたワインは、骨太な精神を持つ醸造家によるもの。そのうちオーストラリア産は30種ほど。料理は地元の食材を使った気軽につまめる前菜から薪焼きの逸品まで、多岐にわたる。 15 豪快な直火焼きが目の前で繰り広げられるオプンキッチン16 話題のスポットが密集するサリーヒルズにある  17 オーストラリア伝統のチョコレートスイーツをアレンジした「top deck」($15)18 シグネチャーであるチコリとプラムソース、チーズの「brillat savarin, blood plum, wtlof」($18)  DATA 74-76 Commonwealth St, Surry Hills02-8860-0808 営:17時〜深夜、15時〜深夜(土)、15時〜22時(日)休:祝日https://www.polysurryhills.com.au/ SOURCE:SPUR 2019年5月号「暮らすように、シドニー」photography: Nao Shimizu edit: Yukino Hirosawa coordination: Masanori Chiba, Natsumi Hamato〈 JAMS.TV〉
  • 3/22(本日) 18:00まで!こんにちは☻ 今日は表参道にあるベーカリーカフェ246で開催されている、資生堂の新作ファンデーションイベントに行ってきました❤️ ここでは3/21に新発売された新作のファンデーションをお試ししたりサンプルがもらえたりするんです! ラインナップはかの有名な美白美容液HAKUから生まれたリキッドファンデーションと、 d programから生まれた肌荒れまでケアしてくれるパウダリーファンデーション。 3つのスタンプを集めます☻イベントはスタンプラリー形式! まずはタッチパネルで肌診断。 自分に合っているファンデーションがHAKUとd programどちらかを選びます。次に資生堂研究員の方から直々にファンデーションの特徴を教えてもらえます! なんと1年間でファンデーションを塗っている時間は3500時間なんだとか・・! 衝撃です。 どうせそんなに長時間つけているなら、スキンケアもできるものの方が絶対良い気がしますよね! HAKUには下地と美白美容液が同じ配合で入っていて、塗っている間にしっかり美白ケアまでしてくれる優れもの! d programのパウダリーにはスキンケア効果があるので、そうではないパウダリーファンデーションとは粉質が全然違うことを実際にお粉を触って実感! スキンケア効果があるパウダーはとってもしっとり柔らかで、肌にやさしく密着してくれました♡最後は自分の肌で体験!最後のスタンプは実際にTUしてゲット❤️私は肌診断で選んだHAKUのファンデーションをお試しさせて頂きました! このファンデは下地いらずで直接塗れて、 SPFも30なので日焼け止めも必要なし! 時短にもなってこれからの季節も安心して過ごせます☻ こちらはHAKUを使用し続けた時の肌の質感の変化を触って体験できるもの。 左はシミも濃くゴワゴワした触り心地ですが、右にいくほど肌トーンが明るくなり触り心地もまるでマシュマロのように柔らかに!! 実際モニターさんが使用し続けたところ、1ヶ月ほどで肌トーンが明るくなったことを実感、3ヶ月ではパッとみて分かるほどに肌がトーンアップしたそうです✨ お土産も豪華❤️スタンプラリーのご褒美はお試ししたファンデの特製サイズと資生堂パーラーの金平糖❤️ さらにホットコーヒーと可愛いクッキーも頂けました❤️フォトブースもありましたよ❤️本日18時までですが、お時間のある方はぜひ❤️ Instagram*t_h_h_tコーデ・スイーツ・コスメなど毎日更新中❤️ ぜひこちらからお気軽にフォローしてくださいね✨モアハピ部 No.312 くくのブログ
  • 千葉に住んでいる高校同級生と古民家カフェでランチしてきました。SNSでは繋がっていて、しょっちゅうやり取りはしていても 「会おう会おう」といってなかなか会えずにいました。 みんなお仕事や子育てで忙しくも 色々な悩みを乗り越えて今がある。 SNSだけでは、良い面だけしか見えてこないけれど やはり、多少無理してでも予定合わせ 実際に会って話すのがいいですね。 逆光すぎて眩しいのか?私たちが輝いてるってことにしておきました((´∀`))高校時代の話が、ついこないだの感覚で話していても よくよく考えたら 卒業して26年!!! 子育てがひと段落した人 子育て真っ最中な人 念願のお子さんを授かった人 バリキャリ(古い?)で管理職の立場の人 起業した人 同級生たちの今はそれぞれだけれど こうやって会うと 高校時代なーんにも考えずに ゲラゲラ笑いっぱなしだったあの頃に 一瞬で戻れる ゲラゲラ笑いながらも アラフォーの今の私たちは 女性として、母として、妻として お互いの人生を尊重し、刺激しあい、 学びの多い時間でした。今回ランチした場所は 千葉県鎌ケ谷市にある 古民家カフェの「オーブンプラス」さん 駅から近くはないので車で行くのがいいですね 駐車場も14台もあってありがたい♪お友達のオススメで 牛筋煮込みとフレンチトーストのセットをいただきました♬ 絶品です!牛筋煮込みのライスバージョン牛筋煮込みのパンバージョンセットでフレンチトーストをセレクトyuko♡ameblo・・・♥オーブン料理カフェ「OVEN+」美女組No.160 yukoのブログ
  • 他の画像を見るライターさんからお年賀にいただいた千葉県産のピーナッツバターがある。そして私は今シーズン、カニの爪どころかスネすら食べていない……。 ならばせめて「かにぱん」で楽しもうかいということで、カニミソ風にあしらってみました。これまた千葉県産の落花生を砕いて混ぜておきますと歯ごたえが充実して、貧しさとか何やってんだろわたし感などがうまく紛れます。 さて、カニ旅パンフレットのほうの「カニパン」 といえば、みうらじゅんさん。マイブームの一環で、膨大にコレクションされています。取材の折には、関西発の「かにカニ日帰りエクスプレス」のパンフレットを手みやげにお持ちしました。4月号のマチのある付録BAGには、かにぱんもカニパン(こちらは関東版)もおしゃれに仲良く収まります。 そういえば、生け捕られた生簀の中のカニたちはいつも無口でおとなしく、どこか寂しげです。攻防一体の出で立ちは地球侵略にやってきたかのようで、メカっぽくて実にいい感じ。しかし惜しいかな、彼らは小さすぎたのでありました。「人間の前では俺たちなんて1/48スケールのプラモみたいに無力だった…」という絶望と悲哀が甲羅のしわにも読み取れるようです。 調理されゆくカニたちは、甲羅は分解されて、手脚はバラバラ、刺身はもちろん、焼かれ、茹でられ、煮られ…、内臓で我が身の味付けまでされてしまうという、地獄絵図さながら……。ゆうに1年の1/3以上がその状態なのですから、カニの運命は過酷です。想像すればするほど、人間サイドもそうウキウキしてはいられないなと思いました。都内某駅では、冬限定なのかこんな謎のあしらいまで(写真3枚目)。「定期券払い戻し」との関係性はまずないでしょう。 さてさて、エクラ4月号ではみうらさんに空海や東寺講堂の仏像について熱く語っていただきましたので、どうぞご覧ください。3/26より、東京国立博物館平成館で『東寺展』がスタートします。 (編集B)
関連キーワード