年の始めに必ずいただく祝菓子

Marisol ONLINE
1月も半ば近く過ぎようとしている三連休ですね。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

アラフォーに限らずですが、年々、一年ってあっという間に過ぎていくような…そんな気がしてしまいます。

皆さまは、もう今年の目標を立てられましたか?
私は…
毎年、こちらの祝菓子をいただいて、一年のスタートを切っています。

1/2

2/2

伊豆の銘菓 石舟庵様
コーヒーにも合うお味です


干支の姿の焼菓子で、この干支がとても可愛く、毎年の楽しみです。

中のお味は、白餡ベースにラムレーズンが入っており、こんなにも和の味にレーズンが合うことに驚く程、とても美味です。
なので、お茶はもちろんのことコーヒーにも合うお菓子です。

こちらのお菓子をいただくと今年もいいことがありそうな…何だかそんな気持ちにもなります。
なので、縁起のいいお菓子なのですね。


1月も半ば過ぎておりますが、お年賀としてもお勧めです。
こちらのお店は、他にも美味しい和菓子があり、上品なお味で、今の時期ですと苺大福もあります。

伊豆に行かれた際は、一息休憩も兼ねてどうぞ立ち寄ってみてくださいね(*^^*)


関連記事
  • 恋にもおしゃれにも無頓着なダメ女子高生の唯。足が速いことだけが取り柄の彼女が、タイムマシンで戦国時代へ。恋した若君を守るため、足軽になって走る走る!!「昔はよくマンガを読んだけど、最近、遠ざかってるわ~」というアラフォー、結構多いと思います。一度、読まなくなると、なんだか億劫になりますよね。でも、今回紹介する森本梢子先生のラブコメディ『アシガール』は、そんな人にこそ、読んでほしい作品。ファンタジックな要素満載のタイムマシンものです。主人公は、高校1年生の速川唯(はやかわ ゆい)。恋におしゃれにも無頓着で、取り柄といえば、足が速いことだけ。授業中も寝てばかりで、全然のやる気のない彼女が、天才頭脳を持つ弟の作ったタイムマシンをうっかり作動させてしまい、過去にタイムスリップしてしまいます。着いたところは、永禄2年、戦国時代。そこで偶然、黒羽城城主の嫡男・羽木九八郎忠清(はぎくはちろうただきよ)と出会います。超イケメンの若君に一目惚れしてしまった唯は、現代に戻ったのも束の間、若君にもう一度会いたい一心で、再び、過去へ。過酷な戦国時代の状況をものともせず、足軽・唯之助と名乗り、俊足を生かして、若君のために奮闘するのでした。普通、女子高生が戦国時代にタイムスリップしたら、「キャア、怖い!」「服が汚れる!」「お風呂に入りたい!!」とかなるじゃないですか。でも、唯のオヤジのような性格が、戦国時代では生きる生きる。すっぴんでも大丈夫だし、雑魚寝もオーケー。足軽として、すっかり部隊に溶け込んでしまうところがおもしろいんですよね。そしてなんといっても目を見張るのが、若君のカッコ良さ!! イケメンなのは顔だけじゃなくて、性格も超男前なんです。勇敢で家臣思い。さらに武芸にも戦術にも秀でた男気あふれる武将。こりゃ唯じなくても「惚れてまうやろー!」という感じ。アラフォー女子の心にもきっと響くキャラだと思います!!そんな若君にお仕えしたいという執念で、距離を縮め、やがて特別な関係になっていく唯。二人の恋の行方も見逃せません。森本先生といえば、『研修医なな子』『ごくせん』『デカワンコ』と、ドラマ化された作品がたくさんあるヒットメーカーだけに、読んでいるとグイグイ引き込まれます。本作もテンポが早くて、13ページくらいでタイムトリップしてますからね。あっという間に、作品の世界へ連れて行ってくれるはず。そういえばパクチー先輩が、最初に「タイムトラベル」というものの存在を知ったのは、小学生のときに読んだSF小説『時をかける少女』でした。いや~、夢中になって読みましたね。ラベンダーの香りをきっかけにタイムスリップするヒロインを真似て、ラベンダーの香りの芳香剤を嗅ぎすぎて、気分が悪くなったりして……。バカな子でした。そしてバカな大人になりました(笑)。それでは、試し読み、どうぞ~!!他の画像を見るパクチー先輩漫画大好きライター。女性誌や男性誌でインタビューやカルチャー企画を担当。手塚治虫の「W3」でマンガ愛に目覚める。「パクチーが持つ効能のように、みなさんの体内の毒素を排出してくれるような漫画を紹介していきたいと思います」
  • この夏の美白、何を選んだらいいか迷っているあなた! ポーラの最先端美白に肌を委ねてみませんか? 10年ぶりの新美白成分は、肌細胞の美白エネルギーを爆発的に高めて、美白だけではなく肌レベルもアップしてくれると話題です!毎年、目覚ましい進化を続ける美白ケア。ですが、実はこの10年ほど、新たに医薬部外品として認められた美白有効成分は出現していなかったんです。その10年の壁を打ち破ったのがポーラ。おなじみホワイト ショットから新美白有効成分PCE-DPを配合したローションとミルクがデビューしました。気になるのは新規美白医薬部外成分PCE-DP。美白成分って、ターンオーバーを促進しますよ〜から始まって、細胞がメラニンをつくるのを防ぐとか、細胞間の受け渡しをブロック!とか、いろいろ小難しいですよね。そして、なんだかもう方法が出尽くした感があるのですが、ポーラは目のつけどころがやっぱり違いました。それは、今できちゃったメラニンをどうしよう? ではなくもっと基本に立ち戻った考え方。そもそもメラニンは、表皮細胞の核を守るためにつくられるもの。じゃあ、メラニンで守ってもらわなくても大丈夫なくらいタフ、すなわちエネルギーに満ちた表皮細胞を作ればいいじゃん!という大胆な発想なんです。では、エネルギーに満ちた細胞づくりの方法は?ということになりますが、細胞には“瞬時に少量”と“効率的に多量”という2種類のエネルギー産生回路があって、表皮細胞は主に“瞬時に少量”回路を使っているそうです(ちなみに後者は、筋肉や脳の細胞が行うエネルギー産生方法なんだとか)。その、眠っているパワフルなエネルギー産生回路を目覚めさせてくれるのが、PCE-DPなんです。エネルギーが充満すれば、細胞は自分で自分のメンテナンスができるように。核は守れるし、抗酸化や抗炎症も……ってことは、美白だけじゃなく肌がまるごと元気になるってことでは?この安定感ある化粧水のボトルも好きです。ということで、PCE-DPの配合は基本の化粧水&ミルクからスタート。日々のケアでしっかりとエネルギーに満ちた細胞を育てていく感じですね。ポーラですから安心の保湿力、抗糖化とエイジングケアも万全です。ここに、ひとつひとつが独自のアプローチを持つ既存のエッセンスやインナーケアなどを自分の肌悩みやライフスタイルに合わせて組み込めば、この夏の美白はパーフェクト(以前ご紹介した“暑さヤケ”対策のジェルクリームも、ぜひおさらいを!)。やっぱりPOLAって、頼りになります。本格的な夏が来る前に、ぜひチェックしてみてください。ホワイトショット LX 150mL ¥11000、ホワイトショット MX 78g ¥11000[ともに医薬部外品]/ポーラ●「POLA」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 5月は、新緑が芽吹く季節。淡い色から深めの色まで、その色合いはイロイロ。おや? 街中をぐるっと見回したら、スイーツ界もどうやらたくさん芽吹いているもよう。癒しのグリーンスイーツの世界へようこそ。五感を揺さぶられまくるシグネチャー!「Rin」本場パリで研鑽を積み、パティシエの世界大会での受賞経験もある森大祐シェフが営む。抹茶のショコラムースとガナッシュの甘い余韻のあとに、柚子のジュレがふわりはじけて。革新的でありながら緻密で絶妙なペアリング。 1個¥450アンヴデット東京都江東区三好2の1の3 ☎03(5809)9402 営10時〜19時30分(日〜 19時) ㊡水和洋をミックス「抹茶胡麻ケーキ」(右) 「抹茶ジヴァラタルト」(左)フランス人シェフによるレシピは和と洋の魅力が見事に調和。(右)白胡麻ビスケットとレモン香る胡麻ムース、抹茶クリーム。¥700・(左)抹茶ガナッシュとミルクチョコ&ウイスキーガナッシュの2層構造のタルトに抹茶クリームが。¥680ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ東京都千代田区有楽町1の8の1 ザ・ペニンシュラ東京 B1 ☎03(6270)2888営 (ブティック) 11時〜18時 無休 ※7月14日までの販売多彩なパーツがギュッ☆「あんパフェ抹茶」テイクアウトカップで気軽に楽しめるのになんと約10種のパーツがイン。ミルク葛ゼリーやレモン風味の豆乳アイス、あんペースト、黒糖寒天ゼリーに、抹茶羊羹、抹茶ゼリー、抹茶と白あんのケーキ、抹茶ソースなどをからめて。¥690トラヤカフェ あんスタンド 北青山店東京都港区北青山3の12の16 ☎03(6450)6720営11時〜19時 ㊡水  ※6月20日までの販売進化した抹茶に会える!「抹茶ラテ」と「抹茶ぷりん」コンセプトは"コーヒーのように日本茶を気軽に楽しむ”。京都府宇治市にある製茶辻喜の抹茶を使ったメニューが並ぶ。(右)ぜひ無糖で味わいたい! ¥560(左)プリンは 抹茶、ミルク、クリームの3層構造。¥500(ともに税込)Satén japanese tea東京都杉並区松庵3の25の9 ☎03(6754)8866営10時〜21時(金〜 23時) ㊡月 (祝日の場合は営業、翌日休み)抹茶ペーストが濃い、濃い!「抹茶のモンブラン」「バナナブレッド」など伝統スイーツが有名な一方で、実は新作も豊富なパティスリー。白あんに抹茶ペーストを練り込んだ生地の中には大納言、フランボワーズジュレ、いちごのメレンゲが。抹茶の意外な一面を見せてくれる。¥650ペストリーブティック「ORIGAMI」東京都千代田区永田町2の10の3 ザ・キャピトルホテル 東急 B2 ☎03(3503)0208 営11時〜20時(土・日・祝〜 18時)無休 ※5月31日までの販売ふわ&もち、なんて魅惑的な食感「抹茶どらやき」の虜ほどよいサイズ感と半月形の端正なフォルムが魅力の「黒船」のどらやき。期間限定の味は、しっとりもっちりの生地にも、北海道産手亡豆を使った抹茶あん。あんこにも抹茶をたっぷり使い、香りも豊かに。求肥もIN。1個¥270(税込) 黒船(自由が丘本店) 東京都目黒区自由が丘1の24の11 ☎03(3725)0038営10時〜19時 ㊡第1・3月(祝日の場合は営業、 翌日休み) ※ 5月下旬までの販売撮影/山下みどり 取材・文/広沢幸乃  ※BAILA2019年6月号掲載
  • こんにちは♫トップブロガーpinkmimi です♡発売中MAQUIA7月号夏の抜け感メイクが色っぽい深田恭子さんが目印です♫オトナ女性に見応えたっぷりな7月号!エイジングの悩みからプチプラコスメまで、アラフォー世代も思いっきり楽しめる内容になってますよ♫では毎月恒例の付録紹介から…(付録なし版もあるからお気をつけくたさいね)今月の特別付録はこちらMAQUIA×Velnica .コラボ4弾花びら巾着ビッグサイズポーチターコイズブルー×サーモンピンク とか…可愛いすぎますね♡今までのコラボ付録も可愛く便利だったけど、さらに実用的にパワーアップしています。キュッと縛ればコンパクトですが、広げた際の直径は45㎝で中身が見やすいかなりの大容量です。ベストコスメの常連トランシーノ美白4点セット●トランシーノ薬用クリアクレンジング(マキア2019年美白・UVグランプリ 洗顔・クレンジング部門2位 )●薬用クリアウォッシュ●薬用ホワイトニングフェイシャルマスEX(マキア2019年美白・UVグランプリ 美白マスク部門1位)●薬用ホワイトニングCCクリーム(2018年 プチプラ&コスパコスメグランプリBB ・CCクリーム部門1位)そのまま1泊旅行に持っていけちゃいますね。実感高いと人気のトランシーノの美白をラインでお試しできるのが嬉しい♡もっと見る >立体大特集はさあ、きれいの宝探しへ 大人のプチプラ!私もドラックストアで気軽に購入できるプチプラアイテムは大好き♡今、プチプラといえどもあなどれないですよね。パッケージも可愛く、中身も驚くくらい進化しています。大人買いにももってこい!!私のオススメアイテムもあるのでまたご紹介します♫ALLプチプラでつくれます!見たまま簡単アイレシピBOOK プチプラならお試ししやすいので普段使わないカラーにもチャレンジしやすいですよね。オール2,000円以下のアイレシピが購入の参考になります。第6回 プチプラコスメグランプリ2019発表!美容賢者45名スキンケア、メイク、ヘアケアアイテムまで 大人のためのプチプラコスメを選出!あれと、これと、これも欲しい…笑じっくり吟味しよー♡そしてそして保存版にしておきたいのが立体大特集2『あれ、老けた? 気づくより前に先回り エイジングケア悩み解決辞典』顔の老け方診断&ボディ老け危険度マップで上半顔老け、下半顔老け、髪、ボディの老いをチェック。様々な老けに対する予防と先回り方法がわかります♫美しき50歳水谷雅子さんも登場!今週末はマキア7月号を読んで美を磨こーっと♫Instagram (画像をタップ♡)ほぼ毎日upしていますのでフォローいただけるとうれしいです♫
  • 5/18(土)〜5/24(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!5月18日(土)太ももの余裕は心のゆとり。華ブラウスと合わせてゆるデニムコーデに 5月19日(日)ビッグシルエットのゆるシャツワンピースなら腕もデコルテも華奢見え 5月20日(月)カジュアル以上コンサバ未満。ふわピタシルエットで仕事後もデートへ他の画像を見る
  • 独特の魅力を持つ「白アイテム」。ワードローブに投入すれば、オンオフ問わず毎日のコーディネートがもっと素敵に! 40代を輝かせる夏の白コーデをお届けします。 【目次】 40代・夏の白コーデ:ジャケット編 40代・夏の白コーデ:トップス編 40代・夏の白コーデ:パンツ編 40代・夏の白コーデ:スカート&ワンピース編40代・夏の白コーデ:ジャケット編■白のサファリジャケット×スカートコーデふんわり広がるマキシフレアのボリュームを、ショート丈が軽やかに受け止める。サファリジャケットの辛さと、女らしい甘さのあるスカートの相性は折り紙つき。なかでもコンパクトな上半身を作るノーカラーのショート丈なら、夏の華やかボトムの代表格、マキシ丈のフレアスカートもバランスよく決まる。インナーも白でつなげて上半身にまとまりを。リネン×レーヨン混のシャリッとした素材感で、真夏のはおりものとしても重宝しそう。ジャケット¥34,000/デ・プレ(デ・プレ) ニット¥16,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥33,000(ハウント)・バングル¥22,000(アニー)/ゲストリスト(ハウント代官山) バッグ¥36,000/コード(ヴァジック) 靴¥22,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)▶白のサファリジャケットとスカートの詳細はこちら■白のサファリジャケット×ワイドパンツコーデマニッシュなアイテム同士の組み合わせはグラデーション配色で女らしさを演出。アイボリー寄りのニュアンスのある色みを出発点に、パンツからインナー、小物までベージュ系で統一。旬度満点のロング&ビッグながら、ウエストを絞って着るとぐっと女らしい雰囲気に。ジャケット¥34,000・タンクトップ¥6,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥34,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥34,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥18,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥8,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶白のサファリジャケットワイドパンツの詳細はこちら■白のサファリジャケット×デニムパンツコーデフレンチマリンなデニムコーデに大人の余裕を漂わせて。大人のカジュアルスタイルを牽引するブランドの一着は、すっきりとしたシルエットとどこかクラシカルなディテールのバランスが絶妙。ともするとボーイッシュになりがちなブルー×白のボーダーやロールアップデニムも、白サファリの大人っぽさ、今っぽさがあれば、ぐっと洗練された仕上がりに。ジャケット¥76,000/マディソンブルー カットソー¥9,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン  7285) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(グーセンス パリ) バッグ¥55,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ヘリュー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ▶白のサファリジャケットとデニムパンツの詳細はこちら■白のデニムジャケット×ワンピースコーデブラウン×白の合わせはアラフォーを美人に見せてくれる配色。背中がVあきのブラウンのロングワンピースに白デニムジャケットを羽織ることで上品さをプラスして。かごバッグとサンダルで抜け感と夏らしさを演出。 ワンピース¥19,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) デニムジャケット¥42,000/マディソンブルー バングル¥24,000/ビームスハウス 丸の内(キャッツ) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン)▶白のデニムジャケットとワンピースの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:トップス編■白シャツ×レギパンコーデレギパンにビッグシャツの逆三角形シルエットで、バランスよく! 伸縮性があり、ストレスフリーなのもレギパンの魅力。丈に前後差があるビッグシャツをふわっと重ね、気になるおなかやおしりまわりをさりげなくカバー。逆に膝から下のラインや手首など、細い部分はあえて見せて。隠すところは隠す、見せるところは見せる作戦で、メリハリのあるすっきりシルエットに。 パンツ¥37,000/REYC シャツ¥9,900/ノーク ピアス¥12,000・バングル¥15,000/ドレステリア 銀座店(フィリップ オーディベール) バッグ¥62,000/essence of ANAY(I メゾン ボワネ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶白のシャツとレギパンの詳細はこちら■白のシルクブラウス×リネンパンツコーデ動くたびにドラマティックに揺れる、たっぷりとしたボリューム袖や、シルクならではのなめらかなテクスチャーが女らしさを生むスモックブラウス。リヨセル、ポリウレタンを混紡することでハリ感を高めたリネンベースのグルカパンツと合わせ、異素材&甘辛のダブルMIXコーデに。シルクブラウスのもつコンサバさがほどよく抑えられ、大人のための上質なカジュアルコーデに仕上がって。ブラウス¥29,000/サード マガジン パンツ¥24,000(スタニングルアー)・靴¥65,000(アレクサンドル バーマン)/スタニングルアー 青山店 バッグ¥134,000/ジミー チュウ▶白のシルクブラウスとリネンパンツの詳細はこちら■白のブラウス×ワイドのデニムパンツコーデおしゃれな見た目はもちろん体型カバーも叶うワイドのデニムパンツに、女性らしいサンダルやふんわりブラウスで華やかさをプラスして。ブラウスはボトムインにして清潔感を。ワイドパンツはずっと座っていても太ももまわりに余裕があってきつさを全く感じないストレスフリーな休日コーデ。ブラウス¥25,000/サード マガジン デニムパンツ¥32,000/サザビーリーグ(マザー) イヤリング¥9,500/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥98,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ヤング&オルセン) 靴¥28,000/アマン(イルサンダロ オブ カプリ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(ヴィクター&ロルフ)▶白のブラウスとデニムパンツの詳細はこちら■白のカットソー×グレーのタイトスカートコーデ白×グレーで涼しげにまとめてきれいめな着こなしに。体のラインを拾わないビッグシルエットのスウェットをオフィス仕立てにするには、カットソーの裾を少しだけウエストインして、ふわっとおなかにかぶせるようにするだけの垢抜けテクニック。さらに色のトーンを白&グレーでシンプルにまとめ、パールとポインテッドトゥのパンプスを合わせることで、カジュアルになりがちな着こなしがほんのりコンサバに寄せて。カットソー¥18,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) スカート¥33,000/ebure ストール¥27,000/リンク・セオリー・ジャパン(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス) ネックレス¥19,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) バッグ¥43,000/アオイ(ティラ マーチ) 靴¥38,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶白のカットソーとタイトスカートの詳細はこちら■白Tシャツ×ワイドデニムパンツコーデ白Tシャツとデニム、王道アイテムこそアップデートが必要。今年らしいワイドのデニムパンツに大きめの白Tシャツをイン。カジュアルになり過ぎないように小物で大人っぽくシフト。このままディナーにも行かれるようにベージュのジャケットを持って。Tシャツ¥9,900/エイトン青山(エイトン) 手に持ったジャケット¥57,000/ebure デニムパンツ¥27,000/アマン(アンスクリア) 靴¥22,000/essence of ANAYI(ファビオ ルスコーニ) ネックレス¥46,000/ココシュニック バッグ¥128,000/ウィム ガゼット青山店(ザンケッティ)▶白Tシャツとデニムパンツの詳細はこちら■白ブラウス×美脚パンツコーデほどよく地厚な素材なので脚のラインを拾いにくく、美脚に見せてくれる優秀パンツに、トップスはきちんと感とふんわり感を兼ね備えた白ブラウスでシンプルにバランスよく着こなしたオフィスコーデ。バッグと靴はベージュで統一しきちんと感を。ブラウス¥15,000・パンツ¥13,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつきレザーバッグ¥31,000(ジャンニ キアリーニ)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物▶白ブラウスとパンツの詳細はこちら■白Tシャツ×ジャケット×ワイドパンツコーデすっきり見えがむずかしい白系のワントーンも、バランスよく! Tシャツをコンパクトにしてインのコーデをピタふわシルエットにすれば、大きめジャケットをバサッとはおってもグッドバランスに決まる。仕上げに小さめバッグやパールでさりげなく旬のアクセントを加えれば、さらにメリハリとしゃれ感がアップ。パンツ¥28,000/オーラリー ジャケット¥39,000/カオス丸の内(カオス) Tシャツ¥14,000/エイトン青山(エイトン) ネックレス¥18,000/バーニーズ ニューヨーク(ベン アムン) バッグ¥73,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶白Tシャツとジャケットの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:パンツ編■ネイビーのブラウス×白デニムパンツコーデ大人のホームパーティはきれいめ感はキープしつつ動きやすい服装がマスト。切りっぱなしでほどよくカジュアルな白デニムは、そんなシーンの強い味方に。トップスは清潔感のあるネイビーブラウスをチョイスしてきちんと感も演出。デニムパンツ¥17,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ブラウス¥29,000/ebure ピアス¥20,000/ココシュニック バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック)▶ブラウスと白デニムパンツの詳細はこちら■ブラウンのカットソー×白のワイドパンツコーデメンズライクなボリュームシルエットのワイドパンツに女性らしいラインを加えて。独特のハリのある生地で着映え効果満点。かなり太めのワイドだけど、ハの字形に入ったフロントタックで腰まわりすっきり。パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ベルト¥8,000/コントワー・デ・コトニエ  ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥34,000/オルサ(オルセット) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン) ▶カットソーと白ワイドパンツの詳細はこちら■グリーンニット×白デニムパンツコーデ白デニムパンツ×グリーンニットのさわやか配色で。ボートネックで鎖骨がきれいに見えるリブニットは着痩せ効果も抜群。クリアなピアスとバッグが夏ムードを盛り上げる!デニムパンツ¥17,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) ニット¥14,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) バングル¥15,000/ゲストリスト(ソコ/ハウント代官山) バッグ¥24,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック) 靴¥32,000/アマン(ペリーコ サニー) イヤリング¥13,000/マルティニークルコント梅田(ルーカス ジャック)▶グリーンニットと白デニムパンツの詳細はこちら■マスタードカラーのブラウス×白ワイドパンツコーデ清潔感たっぷりのクロップドワイド。ストレッチ入りではき心地も抜群!女っぷりを上げる足首の抜け感と、脚のラインを拾わない安心感。働く女性から絶大な支持を得るブランドならではの、一挙両得な一本。ほどよく肉厚なストレッチ素材で、下着の透けも気になりにくい。ベルトループのないミニマムなウエストデザインは、ボリュームトップスをゆるっとインする着こなしもきれいに決まる。パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ブラウス¥17,000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(アプレスキー) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)▶ブラウスと白ワイドパンツの詳細はこちら■ボーダーTシャツ×ジャケット×白ワイドパンツコーデシワになりにくいとろみ素材の一本は、オフィスシーンにもぴったり。細身ではなくやや太めのテーパードシルエットで、今どきの女らしさを表現。ピシッときいたセンタープレスも、美脚見えに効果大!パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) ジャケット¥69,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥22,000/ マディソンブルー サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥13,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥120,000/グローブ・トロッター  銀座(グローブ・トロッター) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶ジャケットと白ワイドパンツの詳細はこちら■ボーダーニット×白ワイドパンツコーデ定番ボーダーとは一味違うマルチカラーボーダーなら、しゃれ感と清潔感が一挙両得! 洗練された大人マリンに挑戦するなら鮮やかなブルーにブラックをトリミングした進化系ボーダーをチョイス。まずアラフォーがボーダーを着るなら上質なものを選ぶべし。18ゲージという超繊細なコットンニット素材はカシミアに匹敵する上質な光沢を持っているので、ボーダーのカジュアル感を大人仕様に。しかもこの進化系ボーダーニットは後ろすそが長いロング丈なので、すそをアウトで着てもどちらもキマるのが嬉しい。ニット¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) バッグ¥56,000/ロンハーマン(OAD) ストール¥14,000(エンリカ)・バングル¥56,000(シンパシーオブ ソウル スタイル)・靴¥25,000(スペルタ)/フラッパーズ▶ボーダーニットと白ワイドパンツの詳細はこちら■白Tシャツ×ジャケット×白ショートパンツコーデきれいめに着られる珠玉の白Tシャツを味方に、トレンドを満喫。上品な光沢とほどよい厚み、大人のためのきれいめTシャツの決定版。再びトレンドに戻ってきたショートパンツ合わせも、品よく決まる。メガネ、ベルト、バッグは黒でコーデを引き締めて。Tシャツ¥7,800/スローン ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店 パンツ¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) メガネ¥27,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(GLCO) ネックレス¥14,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ベルト¥16,000/サード マガジン(プントヴィータ) バングル¥45,000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) ストール¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)▶白Tシャツと白ショートパンツの詳細はこちら■黒のシャツワンピース×白のテーパードパンツコーデ配色とシルエットの美しさで、凛としたたたずまいに。黒と白のコントラストと、ピシッとプレスのきいたクリアホワイトの細身テーパードパンツ。夏素材ならではのパキッとしたクリーンさが、着こなしにさわやかな清涼感をもたらしてくれる。ルーズになりがちな夏の装いに、切れ味のいい女らしさを生んで。パンツ¥42,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) シャツワンピース¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(マドモアゼル) カットソー¥16,000/ロンハーマン 頭に巻いたスカーフ¥19,000/ウィム ガゼット青山店(アルテア) イヤリング¥11,000/ビームス ハウス 丸の内(べべ) バングル¥18,000/プラージュ 代官山店(ドミニク ドゥネーヴ) バッグ¥39,000/ミュラー オブ ヨシオクボ 靴¥75,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) ▶シャツワンピースと白のテーパードパンツの詳細はこちら■黒の7分袖ニット×白のマリンパンツコーデマリンパンツのフロントディテールがおなかまわりカバーにも威力を発揮! ゴールドボタンがシンプルな着こなしにアクセントを生む、ストレッチデニム素材のマリンパンツ。脚につかず離れずの絶妙な太さと着映えデザインで、リッチ感漂う大人のカジュアルスタイルに。パンツ¥21,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥21,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ヘッドアクセ¥3,400/ティアラ(ラ ピエス) イヤリング¥13,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バッグ¥59,000/ANAYI スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥32,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶ニットと白のマリンパンツの詳細はこちら40代・夏の白コーデ:スカート&ワンピース編■ネイビーのブラウス×白プリーツスカートコーデ好感度たっぷりのネイビーとのコンビで、きれいめ白スカートの本領を発揮して。清潔感があって信頼感も増すネイビーブラウスと白スカートの王道通勤コーデも、今年は少し辛口を意識して。例えばシャツの延長線上で着やすいバンドカラーのブラウスと長め丈のプリーツスカートで2019年仕様にアップデート。腰まわりをすっきり見せるための切り替えプリーツやウエストインが決まるテープ使いなど、ひと手間考えられたディテールがたまらない。スカート¥24,000/アルアバイル ブラウス¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥79,000・ストラップ¥44,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶ブラウスと白プリーツスカートの詳細はこちら■白ニット×白プリーツスカートコーデ日常をドラマティックに変える、ピュアホワイトのロングプリーツスカート。ほんのりモードなマキシ丈のプリーツスカートは、フレアほど甘くなく、合わせ方しだいではドレスアップもかなう便利な一枚。ゆったりとしたドルマンスリーブのリブニットとコンビスニーカーというリラクシーな着こなしも、白のもつきちんと感と華やかさのおかげで、ルーズさとは無縁の女っぷりのいいMIXスタイルに。¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥59,000/ebure ピアス¥16,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュールズ) サングラス¥16,000/TOMORROWLAND バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ドゥロワー 六本木(ノヴェスタ)▶ニットと白プリーツスカートの詳細はこちら■レースの白ワンピース×レギンスコーデアラフォー的エスニックの正解! やや甘めのエスニックテイストが流行の今シーズン、目白押しなのがサックドレス。繊細な総レース、それも明度の高い白を選べば、ぐっと都会的かつフェミニンな印象に。シルバージュエリーやかごバッグでさらにエスニック気分を重ねて、一歩先行く大人の休日スタイルを満喫して。ワンピース(インナーキャミワンピースつき)¥79,000/ミュラー オブ ヨシオクボ レギンス¥12,000/サード マガジン ペンダント¥91,000/プラージュ 代官山店(ソフィー ブハイ) 太ボールショートネックレス¥71,000/エスケーパーズ(ハルポ) 細ボールロングネックレス¥37,000/ロンハーマン(アル ズニ) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店(ラバー) かごバッグ¥21,000/シティショップ(カテリナ ベルティーニ)▶レースの白ワンピースの詳細はこちら■白シャツワンピース×イエローストールコーデ少し高めの位置でシェイプされたウエストコンシャスなデザインの白のシャツワンピースは、メリハリボディと脚長感を演出。さらに清潔感があってクリーンな印象。ストンとしたシルエットのものだとパジャマ感が否めないけれど、こんな感じの落ち感のあるしなやかな素材や、ウエストコンシャスなデザインでメリハリ体型を意識すると、オフィスでもふさわしい雰囲気に。ワンピース¥43,000/クルーズ(ELIN) ブレスレット¥11,000/アルアバイル(フィリップ オーディベール) ストール¥27,000/ebure(ファリエロ サルティ) バッグ¥142,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥26,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶白シャツワンピースの詳細はこちら■肩掛けカーディガン×白シャツワンピースコーデクリーンな白の魅力がきわだつシャツワンピースならではの清潔感を全面的におしだして。パープルのカーディガンを肩にかけて、さりげないさし色に。バッグとビットスリッパサンダルは黒でコーデを引き締めて、大人のカジュアルコーデの完成。ワンピース¥23,000(エムセブンデイズ)・カーディガン¥24,000(スローン)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ショルダーバッグ【レヴューリザード】¥26,000(トフ&ロードストーン)・ビットスリッパサンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol▶カーディガンと白シャツワンピースの詳細はこちら
  • この連載のきっかけになった婚活ノート。私による私のための、そのノートは私によってデジタル化され、書き込みは増え続けています…。voyata/Shutterstock.com自分がどういう結婚をしたいのか、どういう相手を探しているのか、何をすればいいのか。それをしっかり考えるために、婚活ノートをつけています。昨年から。当時、あまりにも婚活が迷走していることに困っていた私は、藁にもすがる思いで婚活本や婚活ブログ、婚活特集を読み漁っていました。そのときに見つけたんです。「ノートにすべて書き出すと自分の気持ちが見えてくる」というアドバイスを。それを信じて、婚活ノートをスタート。そのノートには結婚に関係することで思いついたことをどんなことでも全て書き、自分の考えをまとめるために、折に触れて読み返していました。BAILA編集(現連載担当)にそのノートの存在について話したところ、「面白い!!」という反応をいただき、せっかくなのでそのノートをもとに婚活連載をやろうという話になったのでした。そうやってつけていたノートですが、最近デジタルに移行したんですよね。というのも、その婚活ノート、リングがばかになってバラッバラになったの!!縁起わるっ!!!!「分かれる」「破れる」「離れる」は忌み言葉でしょうよ!高3のときに、受験合格のお守りを落としたときと同じくらい縁起が悪い!ということで、Evernoteに移行しました。「同期」って言葉、なんか縁起良さそうだしね、結婚的にも。といってもやっていることは変わらないです。主に書いてあることは以下。Demiantseva Olha/Shutterstock.com①どういう相手と結婚したいのかこれが1ページ目。一番上にでっかく「好きな人と結婚したい!!」と書いてあり、その下には「そもそも好きな人ってどんな人?」という項目。そこには「気が合う」「謎のコンプレックスがない」「知識の出しどころが的確(タイミングのおかしい知ってるぞドヤをしない)」など30個近い条件がありました。その後ろに、歴代彼氏のページがひとり1ページずつ。好きだったところ、あまり好きじゃなかったところ、別れた理由を書き出して、「自分の好きな人とはどういう人なのか」をより深く探っています。ただ、好きだったところの中の、アンダーラインを引いている箇所が「テトリスが強い!! 捨てがたい!!」なのは我ながらどうかと思う。どんなテンションで書いたんだよ。しっかりしろよ。そのあとに、「好き」から「結婚」に至る上で必要または満たしていると嬉しいこと、例えば「共働き希望」「産休が取れる」のような現実的な条件が書いてあります。…と思ったけど「水族館やペットショップででミドリフグを10分20分見続けていても怒らない」みたいな謎の走り書きもあるな。いや、まぁ、とにかく思いついたことは逃さず全部書いているってことで…。②何で結婚したいのかひとりでもじゅうぶん毎日楽しいけれど結婚したい。その理由を思いついたときに思いついただけ。「家に帰って好きな人がいたら最高」「子どもが好きだから育てたい」「制度として私にとっては便利そう」「自由は楽しみつくしたので縛りプレイがやりたい」など、無限に出てくるので無限に書いています。③どういう結婚生活がしたいのかこちらも「家事育児折半」「犬が飼いたい」などスタンダードなものから、「片方が幸せだと片方も嬉しくなるような」という私って天使かな?的なものまでこちらも様々。そして、自分の両親についてもまとめています。やはり、自分がずっと見てきた「結婚」や「家庭」は実家なわけで、きっと私の結婚観の大部分は両親の関係性から形成されているはず。なので、父と母のいいなと思うところ、よくないなと思うところについても書き出してあります。ちなみに両親の関係性でいちばんいいなと思うところは「父親が仕事に行くときに玄関まで見送り→ベランダに出て月極駐車場に向かう父親に手を振るという流れが毎朝あったところ」です。父親も手を振り返してくれます。家族総出で毎朝やってました。結婚したらこれやりたーい!④会った人メモ会った人1人につき1ページ使って、会ったときに感じたことや自分の振る舞いの反省点などを蓄積。いちばん反省しているのは「デート先ではぐれて20分くらい迷子になったこと」です。子どもか。⑤自分の欠点や婚活する上での改善点いろいろな人に会ってみて「あぁ、私のこれがよくないな!」とわかった点やそれを直す方法を書いています。「飽きっぽい→飽きる前に進展させる」「連絡を返すのを忘れる→返すまで既読をつけない」など。結婚相手として私のここがダメだろうなと思われる点も書き出してます。「将来設計が苦手すぎる→とりあえず保険には入るべき」とか。⑥定義「友達と恋人の違い」とか、「どこからが”好き”なのか」とか、思春期みたいなテーマを真剣に考えてみるところ。一生思春期。ただ、ここの項目を突き詰めると「気づくと考えちゃう人が、本当の好きな人…♡」という感じのテンションになり、ポエム婚活に陥ってしまいそうなので、あんまりやりすぎないようにはしています。現実大事。savitskaya iryna/Shutterstock.com 順調とは言えないない私の婚活だけど、このノートの中で、ブレないところ、いや、ブレても絶対戻ってくるところがひとつだけあります。それは「好きな人と結婚する!」ということ。「結婚はそんな甘いものではない」とか「現実を見ろ」とかいう意見が巷には溢れていて、その意見を見るたびにビビって「好きな人にこだわらないほうがいいかもしれない…」と弱気になったメモをいちいち残しているけど、結局しばらく経って「やっぱり好きな人と結婚する!」と改めて決意のメモをしている。ここだけは譲れないみたいです。いいのか悪いのかは不明。あと、中学生〜去年までの実に20年近く、ずっと「冷たい人が好き」「ちょっと意地悪なくらいが面白い」「優しさは全く重視していない」と思っていて、人にもそう伝えていた。だけど、婚活ノートをつけたおかげで「私は空気が平和な優しい人が好きなんだな」ということがわかった。これは本当に知らなかった。驚きの新事実。というか、この記事を書くために今ノートを見返していて気づいたことです。「”優しい人に出会った!”、”優しい対応をしてもらった!”と思ったときにテンションが上がって、メモを書きまくってるな」ということには、今たまたまノートを見なければ、一生気づかないままだったかも。書いた分量を目視できるのはいいですね。もうちょっとノートを書き進めたら、譲れないものや驚きの新事実がさらに2〜3個くらい見つかって、婚活がもっとやりやすくなるんじゃないかな〜。ノートを書いていると、婚活や結婚に関係ないところでも新しい発見があったりして楽しいです。自分の失敗や欠点を見つめ、いろいろ考えてみる良い素材。自分に対しての理解が深まる! ていうか、結局、婚活する上で大事なことって、自分を知ることなのかなぁ、と思ってきた。目標が「好きな人と結婚したい!」なのに、好きになれるタイプを勘違いしていたら、死ぬ気で全力疾走したところで、ゴールにはたどり着けない。ぼんやりした「なんか違うな」でスタートに戻って、また走り直し。そして、疲労だけが蓄積されていく。「自分が本当に大切にしたいことは何か」がわからない限り、このループなんだよな。そんなのダルい〜!悲しい〜!イヤだ〜!無理〜!!!!!……なので、自分のことをもっともっと知ろうと思います。いやぁ、婚活って深いわ。こんなに自己と向き合うはめになるなんて思ってなかった。●今回のまとめ●・婚活ノートをつけると、知らなかった自分の恋愛観・結婚観に出会える。他にまた何か発見があったら報告します!(ライター・ジーコ) ライター・ジーコ 32歳 趣味は? サッカー観戦(日本代表・プレミアリーグ)、マンガ、読書、ゲーム、お酒を飲む、YouTube(人狼実況、フリースタイルラップ) 好みのタイプは? 面白い人、仕事が好きな人、メンタルがそこそこ強い人 ジーコの外見は? 犬系アイドル顔(担当編集談) いつまでに結婚したい? 東京オリンピックまで。夫婦で開会式を見ます。できればサッカーを見ます なんで婚活してるの? 最後に彼氏がいたのは半年前。1年つきあうもうまくいかず婚活開始 twitter始めました!⇒https://twitter.com/zicoboost .bai_wedding_jiko{ overflow: hidden; padding: 20px 0 10px; border-top: 2px solid #fbeaed; border-bottom: 2px solid #fbeaed; } .bai_wedding_jiko_name { width: 233px; border: 1px solid #ccc; padding: 5px 0 3px; margin-bottom: 15px; margin-left: 200px; font-size: 20px; font-weight: bold; } .bai_wedding_jiko_name span { font-size: 14px; } .bai_wedding_jiko_img{ width: 200px; float: left; margin: 0 10px 10px 0; } .bai_wedding_jiko_txt li { margin-bottom: 5px; } .bai_wedding_jiko_txt li span { color: #e6207f; font-weight: bold; } @media screen and (max-width:480px) { .bai_wedding_jiko_img{ float: none; text-align: center; margin: 0 auto 14px; } .bai_wedding_jiko_name { width: 99%; margin-left: 0; text-align: center; } } ▶30代ジーコの、 本気で婚活!ブログはこちらから【Vol.1】好きな人と結婚したい!【Vol.2】私が32歳まで結婚できなかった理由【Vol.3】126人とマッチングしてダメなら一生ダメ!?【Vol.4】早々に結婚相手の条件にツッコミが!?【Vol.5】婚活パーティーを探せ!【Vol.6】ハイスペ婚活パーティーレポート【Vol.7】ハイスペ婚活パーティーのその後前の記事★プライバシーに配慮し、登場人物の年齢・職業・年収などを一部変更しております。 取材・文/ジーコ イラスト/平松昭子
  • 5月も終盤に差しかかり、6月に入ると、あの嫌なジメジメ湿気やじとっとした梅雨がやってきます。 そんな季節に入ると気になるのが、カビや繊維の生乾きですよね。 今回は、日本の雨季に負けない!カラッと、できるだけストレスフリーに過ごすために選ぶ、心地の良い“リネン”のお話です。 ▲洋服や服飾小物など幅広く使われていますが、今回は生活雑貨に注目 毎日使うハンドタオルやバスマット、パジャマやスリッパをリネンに変えると「なんて気持ちいいの!」と驚くほど、とにかく乾きが早く、表面がさらっと心地よい素材なのです。 産地やブランドによって素材感が少しづつ異なるので、バイヤー目線のレビューと一緒にご紹介いたします。   ▼お先にリネンのコンテンツを見たい方はこちらから!   \汚れやすいエプロンこそリネン素材/ Lino e Lina/マノン リネンフルエプロン/¥5,800+税 きれいな発色、豊富なカラーバリエーションが人気のリネンフルエプロン。 一度洗いをかけたウォッシュドリネンを使用しており、肌に当たってもチクチクしません。 薄すぎずしなやかで若干コシがある、身体に合わせやすい生地です。 梅雨でも4~5時間あれば乾き、家事をするのに頼もしいエプロンです。   \リネン初心者はキッチンクロスから/ fog/リネンキッチンタオル/¥1,150+税 「fogといえばリネンキッチンタオル」と呼ばれるほど、fogの代表作であるキッチンタオル。 使い始めはのりが付いていてパリッとしているので、3回ほど洗うと風合いが出てきます。 このパリッとしている感じが、逆にギフトや記念品に使いやすいです。   長さが65cmあるので、半分に折りたたむとランチョンマットにちょうど良い大きさに。 コーヒーをこぼしても、油染みがついても、直ぐにさっと洗ってパッパと手で伸ばして干せば、半日でまた直ぐ使えます。   Lino e Lina/キッチンクロス プレザンス/¥1,300+税 fogとは対照的に、一度洗いをかけたウォッシュドリネンを使用しているLino e Lina。 初めから使い込んだような柔らかさを得られるリネン生地です。 水周りの布ものには、リネン素材が最適です。 なぜかというと、リネンは繊維の奥まで水分が入り込まないうえ、汚れがつきにくい素材なのです。 カビや雑菌の温床になる水気をすばやく発散させるので、表面もカラッとしています。   ▲私はこんな感じで台所のハンドタオルにしています   ▲こっちは、水切りかご代わりに。食洗機に入らないものを洗浄後に置いています。   cushion/【Vaxbo Lin】ディッシュクロス/¥2,000+税 さらにもう1つ、スウェーデンにあるVaxbo Lin社のキッチン&ディッシュクロスです。 織機でざっくりと織ったクロスは、洗うたびに撚っていた糸がふっくらと変化し、使用年月を重ねるごとにふわふわの肌触りに育っていきます。   ▲光沢感のある丈夫で美しいリネンと織り目が特徴です   \バスマットもすぐ乾くリネン推し!/ cushion/【Vaxbo Lin】バスマット/¥3,800+税 さきほどご紹介したVaxbo Linから、今度はバスマットの紹介です。 こちらも織り目や素材はディッシュクロスと同じですが、たっぷりのリネン糸が吸湿速乾するため、お風呂上りが2~3番目でも足裏が気持ちの良いマットです。   \一旦ここでティーブレイク?!/ ━ リネンの洗い方のコツ ━ リネン生地は、自宅でお洗濯ができる素材です。上手に扱えば、洗濯機でも洗うことができます。洗濯機で洗うときは「弱水流」「脱水時間」がポイントです。 先ほどのバスマットを洗濯機で洗って干したものがこちら↓ (畳んでいたので折り目ありますが…)ノーアイロンでも大丈夫そうな仕上がりです! 「弱水流」は、弱コースやおしゃれ着洗いコースなど、洗濯機の機種に合わせて水流の弱いコースを選んでください。 「脱水時間」は、私がいろいろ試した結果、2分を目安に脱水するとシワシワになりません。   《 脱水2分 》がこちら 触ると全体的に水分がまだ残っているような感じで重みもありますが、この重力で生地が伸び、素早く水分が発散されシワシワになる暇もない、といった感じです。   《 脱水7分 》がこちら 水分がだいぶ抜けて干したそばから乾き始めているような状況。 脱水のシワが付いたまま乾燥されるため、仕上がりもシワシワに。これではアイロンが必要です。   ということで、リネン素材を洗濯機で洗うときは「弱水流」「脱水時間」に気をつけてお洗濯を意識してみてください。 これを守れば、リネン生地のお洋服もノーアイロンで着用できますよ!   では、本題に戻ります   \素足快適なリネンスリッパ/ FRANKEN WORKS/ベルギーリネン ルームシューズ/¥4,800+税 みなさんはLIBECOのリネンはご存知でしょうか。ベルギーリネンのリーディングカンパニーかつ、限られたメーカーにしか称号が与えられない「マスター・オブ・リネン」を保有する、リベコ・ラガエ社のリネンブランドです。 そのLIBECOのリネン生地を使って、スリッパの産地・山形県河北町で作られたのがこちらのスリッパ。   ▲手前は太めの糸で織られたナチュラルな風合い、奥は細めの糸で織られた光沢感のある生地 さらっとした履き心地なので、夏は素足にこのスリッパを履くだけで、足を健やかに保てられそうです。 手洗いも一応可能なので、清潔にお使いいただけます。(手洗い後はすぐに乾燥させてください)   \一生モノのリネンパジャマ/ FRANKEN WORKS/ベルギーリネン パジャマジャケット&パンツ/¥28,000+税 先ほどのLIBECOのリネンを使ったパジャマセット。 リネンは扱いを間違わなければ、状態の良い100年超えのアンティーク生地が見つかるほど、とにかく長持ちがする素材です。 お値段は綿のパジャマがいくつも買えるくらいですが、このセットが1つあれば何年も着まわせるかと思うと、高い買い物ではないです。   ▲ゆったりと、さらっと着こなせるシンプルなデザイン 今は女性用しかありませんが、男性用のご要望がありましたら是非コメントをお寄せください。   今回は、日本の雨季に負けない!カラッと、できるだけストレスフリーに過ごすために選ぶ、心地の良い“リネン”のお話でした。 リネンの、さらっと、カラッとした感じが伝わりましたでしょうか。   ▼ご紹介した商品はこちらでも見れます   ▼5月27日(月)13:59まで開催中! みんな急げ~♪   ★FLAG SHOP内の雑貨専門ページ【zakka market】   ★【zakka market】 インスタグラム もやってるよ!
関連キーワード

RECOMMEND