お正月飾りと今年の予想

Marisol ONLINE
京都八阪神社のすぐそばに本店があるという刺繍雑貨のお店「京都都」。箒型、イノシシの刺繍のかわいさ、水引とのバランスに一目惚れして購入しました。
松の内が過ぎても「箒はお部屋のインテリアとして、そしてイノシシはストラップとしても使用可能ですよ。」とアドバイスされました。イノシシのストラップ、渋すぎる。そして箒のインテリア、うーん、どう設置しようか。しかしどんと焼きで燃やすにはもったいなすぎるので、とりあえず和室の床の間にポンと置いておきました。

そして邪気を払ってくれるという意味もあるという箒。「邪気払い」というキーワードにくすぐられる今日この頃。年々、邪気を払う行為ばかりしている気がする…。そんなにいろいろ払ってどうすんだ?と思いながらもまた一年があっという間に過ぎていくことになりそうです。
関連記事
  • 冬の京都は美食の宝庫! 海老いも、金時にんじん、冬大根。ほっこり温まる根菜が充実した京の野菜に、一度は食べたい冬の牛肉鍋と、いのしし肉を堪能する極上鍋。どれをとっても滋味深く、そのおいしさは格別のもの。旅行客の少ない冬こそ、美味を求めて、京都へ。1.地元農家の根菜で作るシンプルで滋味深い野菜料理『おが和』京都屈指の人気割烹『祇園さゝ木』で長年煮方を務め、’10年に独立した小川洋輔さん。師匠譲りの旬の魚を大胆に使う一方、必ずコースで野菜料理を1、2品出し、素材本来のおいしさでサプライズを誘う。「2年前に修学院の農家・音川さんが作る野菜に出会ってから野菜料理がぐんとシンプルになりました。根菜は身も皮も軟らかいので炊くか焼くだけ、葉野菜はおひたしにするだけでおいしいんです」と自身の料理の変化を語る。堀川ごぼうや百合根は生から焼き、丸大根や金時にんじんはだしで炊いて粕汁仕立てに。海老いもはから揚げをれんこんのすり流しと合わせるなど、どれも取り合わせの妙とひと手間がある。コースの野菜料理の一例。いろいろ味わいたい人は予約時のリクエストをおすすめ。半年寝かしてからじっくり焼き上げた百合根とごま豆腐の白味噌あんかけ。酒粕と白味噌を合わせて風呂吹き大根のように盛った丸大根の粕汁仕立て。独特のもっちり感と粘りが感じられる海老いもとれんこんのすり流し。他の画像を見る東山区祇園町北側347の51  ☎075・525・3327  12:00スタート、18:00~20:00(入店) ㊡日曜、不定休あり、12/31~1/5 カウンター7席 ※要予約  昼のコース¥6,000、¥9,000、夜のコース¥18,000~(ともに税・サ込)2.丹後から届く野菜の野趣味を、一棟を貸し切り、味わいつくす『丹』朝と昼は大テーブルを囲んでお客同士で料理を取り分け、夜は暖炉のある空間をひと組で貸し切り。いずれも野菜主体の料理が楽しめる。「食材そのものの持ち味や鮮度を生かしつつ、繊細で美しい仕立てにするのがテーマ。夜はお客さまおひと組だけなのでご要望に応じて肉を焼いたり鍋をご用意することもできます」と話すのは店を任されている北嶋靖憲さん。15年勤める『和久傳』の発祥の地・丹後の食材を厳選し、野菜は無肥料無農薬の自然農法で育てられたものを使っている。どれも見た目はシンプルだが、水分をほどよく残したり、だしを含ませるなど、絶妙の加減でおいしさを引き出している。夜の野菜料理の一例。ポロねぎ、"京かんざし"の名がつく極細のにんじん、慈姑、源助大根、原木しいたけなどの焼き野菜盛り合わせ。手前から、大浦ごぼうと黒にんじんの白かけ、海老いものから揚げのごまよごし。根菜独特の香りやコク、苦味があり、上にかかるなめらかな豆腐地や香ばしいごまを加減しながら味わう。限定ひと組で暖炉のある空間を貸し切ってゆったりできる夜は会席を基本とし、野菜料理が組み込まれる。東山区三条通白川橋下ル東側 五軒町106の13 ☎075・533・7744  8:00/9:00(二部制)、12:00~14:00(LO)、18:00~21:00(LO)  ㊡月曜(祝日の場合は火曜休)、1/1 1階テーブル10席~14席、2階カウンター6席、テーブル7席 ※予約がベター、夜は完全予約制 カード不可 朝の献立¥2,500、昼の定食¥3,000~、夜のコース(貸し切り5名~)¥10,000~(すべて税込)3.個々に仕込んだタネをひと鍋に。炊き合わせのような洗練のおでん『蛸長』「タネはおでん鍋に入れる前にそれぞれ調味して味を完成させています。鍋の中ではタネを温めるだけ。だしでできた共同浴場のようなもんです」とご主人の河合達也さん。美しい銅鍋に20~25種類のタネを並べ、冬になると大根や堀川ごぼう、海老いもなど、京都ならではの滋味豊かな根菜が登場する。仕込みはどれも工夫と手間があり、丸2日かけてだしを含ませた大根は食す直前に生の大根を乾燥させたパウダーをひとふり。堀川ごぼうは素揚げにしてから昆布を巻いて品のよい味に仕立てている。たっぷりと添えられる九条ねぎもうれしい。寒空の下、並んででも味わいたい逸品がそろう。蒸してアクをとってから、だしを含ませた大根。堀川ごぼうは独特の繊維質と食味があり、海老いもはむっちりホクホク!油揚げの中身が時季で替わる「宝袋」や、真鴨の身やレバーを練ってくさみ消しにコーヒーを加えている「鴨捏」、4種類の地鶏で作った「色鶏捏」など、肉系練り物もおすすめ。「鴨捏」に使うコーヒーは、コーヒー焙煎家・オオヤミノルさんによる特別ブレンド。東山区宮川筋1の237  ☎075・525・0170 10月~3月は17:30~21:30(LO)、4月~9月は18:00~21:30(LO) ㊡水曜、12/31~1/5 ※予約不可 カード不可 カウンター14席  予算1人¥7,000~4.かぶらの甘味をまとわせた絶品牛肉。5代目考案のヘルシー鍋『三嶋亭』誰もが知るすき焼きの名店『三嶋亭』の「みぞれ鍋」は、牛肉をヘルシーに味わえるように、と5代目・三嶋太郎さんが考案した鍋。「おろしたかぶらをたっぷり加えただしで味わっていただくしゃぶしゃぶです。肉のうま味とかぶらの独特の甘味を感じていただけ、煮るにつれてだしにコクが増し、野菜もおいしく召し上がっていただけます」。牛肉は主人自らが肉と脂の質、飼育環境を見ながら厳選した黒毛和牛を用い、通常のしゃぶしゃぶより厚い3㎜前後にスライス。まずはみぞれと、次に柚子こしょうや黒七味をかけて食すと味に変化が生まれ、肉のうま味が口いっぱいに広がる。月コース¥14,850〜。有次製の八角形の銅鍋で作るみぞれ鍋。赤身と脂のバランスがいいロース肉を厳選し、野菜はキャベツ、れんこんなど。コースにつく白まめと牛肉の大船煮(2月の突き出しの予定)中京区寺町通三条下ル桜之町405  ☎075・221・0003 11:30~20:00(入店) ㊡水曜、1/1 ※要予約 座敷11室、掘りごたつ座敷7室、広間1室、大広間1室  みぞれ鍋は¥14,850(11月~2月、2日前までに要予約)、通常のコースは昼¥7,722~、夜¥14,850~(すべて税・サ込)。 12/28~1/4は夜のコースのみ5.すっぽん、いのしし肉、冬野菜。おいしさと美しさの源を味わう『右源太』川床や紅葉の名所のイメージがある貴船で、冬だけ味わえる名物の「氣生根鍋」。「メニューにするつもりはなかったのですが、試行錯誤の末、料理人の集まりの席で出したら評判がよく、寒い冬の間だけお出しするようになりました」とは当代主人・鳥居宏行さん。特徴は、贅沢な食材使いと食べすすむうちに生まれる味の変化。すっぽん、いのしし肉、冬野菜、雑炊がひと鍋でコースのように楽しめる。まずはすっぽんのスープで身やエンペラを味わい、次にいのしし肉を投入。野菜、雑炊まで食材を加えるごとにスープのうま味が増し、体はポカポカ、おなかはいっぱいに。その名のとおりいい気が生まれそうだ。気を生ずる根っこという意味をもつ「氣生根鍋」。個性ある素材のかけ合わせだが、だしをまとったいのしし肉はくせがなく、おろししょうがを加えると肉もスープもおいしさが底上げされる。鴨肉や鶏肉、豚肉でも試みたそうだが、すっぽんといのしし肉の相性が抜群によく、うま味が増幅。いのしし肉はロース肉とカルビ肉、野菜は水菜、菊菜、白菜、ねぎ、えのきなど近郊の野菜を使用。フルコースのようにひと鍋を楽しむ。まずはすっぽん。すっぽんはひとり1匹を使用。ぶつ切りにして昆布としょうゆで6~8時間煮た身やエンペラをいただく。他の画像を見るeclat2月号掲載 撮影/福森クニヒロ 取材・文/西村晶子 ※お店はすべて京都市内です。
  • gentille(ジャンティーユ)目黒と中目黒の間にあるgentilleさん。 パリをイメージしたインテリアのパン・カフェのお店だそうです。 gentille(ジャンティーユ)はフランス語で「優しい」という意味だそうです。外観もとってもオシャレ♡ランチタイムランチタイムにお店に着くと7、8人の列ができていました。 人気のお店なんですね♪ 外観からもおしゃれな感じが伝わってきました♡ どれにしようかな〜♪ と私が選んだのは・・・この2つです♪あんバターフランスセサミ入りのセミハード系のパンにあんことバターが挟んでありました♪ あんこはこしあん♡ 食べ進めていくと・・・ん? 何か入ってる? くるみだー!! くるみ入りのあんバターフランスなんて珍しい♡ 美味しかった〜♪クレームカマンベールパン・オ・レ生地にカマンベールクリームがこれでもかというほど入っている♡ ん〜♪美味しい!!これも珍しい商品♪ カマンベールクリームがトローーーーンと美味しかったーー!! ごちそうさまでした♡ 2Fにはカフェもあるそうなのでゆっくりしたい場合はそちらもオススメです♪ ジャンティーユHPパン専用のInstagramはコチラです☆スーパーバイラーズ 遠山春菜のブログ
  • どちらかというと、甘いモノには疎い私ですが。。気付けば1月も半ば。 お正月気分はすっかり抜け、バレンタイン仕様のお店も増えてくる季節ですね。お正月ネイルに別れを告げる 普段、甘いモノにはさほど興味のない私ですが、年に1度、このバレンタインはお菓子業界の戦略(?)に自らどっぷりはまり、イベントを全力で楽しむ❗と、毎年心に決めています ・・・ だって、女の子だもん (笑) ・・・ そんなわけで、ネイルもバレンタイン仕様に チョッコレイト、な、カラーリング 今回は、デザインというより、バレンタインなカラーをチョイス No.142yoccoちゃんのネイルが素敵だったので、×ゴールドで大人っぽくする 予定が…… 結局のところ、大人に成りきれないネイルの出来上がり。(笑) 可愛いく成りすぎないよう、形はスクエアを継続してみました No.142 yoccoちゃんの大人バレンタインネイル❤️アップ 冬なネイルも今回が最後かなーと思い、薬指にはニットデザインをプラス マットな質感が何ともいえずお気に入りです。 最後までお読みいただき、ありがとうございます✨ 少しでも、参考にしていただけたら嬉しいです☺️ ☆インスタグラムもやってます☆美女組No.135 Lilyのブログ
  • インテリアを探すときに欠かせないお店といえば……? いつ行っても可愛いものが見つかる『フランフラン』ですよね♡ 1/25(金)から登場する新作の春夏アイテムを、ライター愛ちあんが展示会で一足お先にハンティングしてきました! 雑貨からソファまで、可愛いインテリアがずら~りでしたよ!!今季のテーマは【50’s(フィフティーズ)】。50年代からインスピレーションを得た、カラフルでガーリーなアイテムが目白押し!! アイテムの背景の可愛い壁も、「ROOM COSME」という貼ってはがせるシールタイプの壁紙なんですよ♪ ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥まずは、毎日のメイク時間がさらに楽しくなるミラー2種をチェック。女優さんになった気分でメイクができるライトつきのミラーは、卓上タイプで持ち運びが簡単にできる軽さも魅力です♡「フッツェ ハリウッドミラー L ラウンド ホワイト」(¥18000)「フッツェ ハリウッドミラー S スクエア ピンクゴールド」(¥8000)続いては、季節や気分で気軽にチェンジできるクッションカバー! 色、デザイン、肌触り、豊富にそろっているので、お気に入りに出合えること間違いなしです。「クッションカバー」(各種 ¥3500~)お部屋の主役ソファにも気になる新作が登場します! 「スムーク ソファ」は、クッションの形状や色の組み合わせが個性的でインパクト大。「ピソラ コンパクト ソファベッド」は、両端を折れば全長170cmのベッドへと早変わりするんです!「スムーク ソファ」(¥128000)「ピソラ コンパクト ソファベッド」(¥58000)そして、いまやお部屋に欠かせないのが、グリーンやフラワー! 空間に彩りと明るさをもたらしてくれますよね。今季は造花のアートフラワーに新作が続々登場。リアルな素材感のチューリップやカラーリリーに加え、ドットやストライプをデザインした遊び心溢れるアイテムも。上から吊るしてお部屋をアートスペースのように演出するのが上級者っぽい♡「アート フラワー」(各種 ¥600~)、「フェリシテ チェア」(各¥28000)ルームフレグランスには、LED内臓で間接照明としても使えるキラキラアイテムがお目見え♪ ギフトにするのもおすすめです!最後にチェックしたのは、おうち時間をより快適に過ごすためのルームウェア!  サテンを使った肌触りのよいアイテムや、上品な色や柄のアイテムが豊富でしたよ。ほかにも、貝殻の形をした背もたれつきのミニクッションや、もこもこで気持ちの良いラグ、素敵な食器類など、充実したラインナップでした♡『フランフラン』の新作雑貨で気分転換をするのもいいし、春からの新生活の相棒にするソファなどを探すのもいいですね。→『フランフラン』公式サイトはこちらから!
  • 愛知県犬山といえば、 インスタ映えスポット「ハートの絵馬」で知られていますが 犬山駅からバスで20分ほどいったところに 「明治村」があります。明治村とは 明治期の建物を中心に 「日本最古級の蒸気機関車」 「京都市電」の体験乗車をはじめ、 ハイカラ衣装体験、 グルメなど「明治」を 見て、触れて、味わう、 他に類を見ない体験型の野外博物館です。帝国ホテルが一番奥にあり、 お茶ができます。ハイカラ衣装体験は800円で 書生さんや袴姿に変身できちゃいます。 着替えたあとは、建物の前で文化遺産と写真を撮れたり、中の和洋折衷なインテリアと写真が撮れます。夜はイルミネーションやマッピングがやっていて とてもきれいでした。 夕方から行ってあまり見れていないので、 今度は朝から行って隅々まで、文化遺産や歴史を学んで みたいと思います。http://www.meijimura.com/index.htmlインスタはこちら。モアハピ部 No.620 みゆふぁーふぁ のブログ
  • 旅行の楽しみ、美味しいお店をご紹介。 旅行のお楽しみと言えばいろいろありますが、我が家では美味しい料理を食べる事。 今回のシンガポール旅行で見つけた、美味しいお店をご紹介したいと思います。 まずは現地の人に愛される麺料理のお店、大華。シンガポールミシュランで星1つを獲得した名店です。シンガポールミシュラン1つ星獲得!肉団子が美味しい!ひき肉とワンタン、モツが入った麺料理。 肉団子入りスープ。少し独特な味がしますが、どちらも美味しい!まさに見た目以上!お値段以上! 私達は夜遅い時間に行ったので、並ぶ事なく食べることが出来ましたが、日本のテレビで紹介されたこともあり、昼間は2時間くらい並ぶ事もあるそうです。そして、焼肉が食べたくなったらここ! いつも一週間くらいの滞在期間なので、肉食系の我が家は焼肉がマストなのです 去年、ホテルの方に教えて頂いたお店。 Amoy Stにあるwang Dae Bac BBQ。 本格コリアン焼肉です。 お肉はもちろん美味しいですが、オススメはチヂミ!運ばれてきたビッグサイズのチヂミにビックリ 食べ応えのある一品です。 最後のお店は、マリーナ地区マンダリンオリエンタルホテル内にある中華のお店、チェリーガーデン。シンガポールで最も美しいお店の1つと言われています。 店内はオリエンタルな邸宅を再現されていて、素敵な空間でした。 前菜からデザートまで全て美味しく、特にナマコとアワビ煮は絶品! もう一皿食べたい!と思わず言ってしまう一品でした。 チェリーガーデン店内。重厚感あるインテリアでオトナな雰囲気。今回は、シンガポール名物のチキンライスを食べに行く事が出来なかったので、自宅で手軽に作れるチキンライスの素を購入しました。お手軽に現地の味を再現できるのがいいですね^_^ お時間ありましたら、Instagramも覗いてみて下さい https://www.instagram.com/mayumi_2038 華組 豊田真由美ブログ
  • 「メンズ使い」をマスターしたら、毎日はもっとシンプルできれい! 定価で買ったものが、そのあと半額まで値下げされてしまうとちょっと撃沈( இдஇ)。お正月、ユニクロのチラシを見て衝撃を受けました。「えっ!?カシミヤニット半額になっちゃったの??((( °ω° ;)))」*3日間限定  昨秋、ユニクロのカシミヤが出たその週にすぐ買っていたわたしはちょっぴり動揺。でも、いつもの撃沈まではいきませんでした。数ヶ月でもこのニットを先に長く楽しめたことの満足感のほうが大きかったのです。  ユニクロのニットはよくご紹介しておりますが、ほとんどメンズを買うことが多く、カシミヤもやっぱりメンズでした。クローゼットをよく見たら、昨年買ったユニクロメンズは、ニットだけで6枚も↓ 並べるとイケメン集団、メンズ「S」さんたち もちろん女性も素敵なのでよく見ます。でも一度メンズニットを着てしまうと、わたしの体型には女性の「S」でも「M」でもない微妙なフィット感が心地よく、やめられなくなりました(≖ᴗ≖ )  今月号のマリソルに「シンプルコーディネートの作り方」という特集がありますが、「シンプル」と聞くと思い浮かぶのはユニクロのニットです。デザインにムダがなく、色も形も究極にシンプルで美しく、今ではわたしの中で立派なニットブランドに。  かつ、価格がご存知の通りですから色違いで揃えやすいのも魅力的。肌触りの良いコットンニットはネイビー&グレーで揃え、これにホワイトデニムを合わせればシンプル&クールがテクニックいらずで完成します。  これ1枚でカッコいい。春と秋に大活躍のコットン そしてユニクロといえば「ファインメリノ」。このニットを着れないのは夏だけです。ニットの中では1年で一番使える通年素材。  これはクルーネックと「V」の両方買いました。メンズの利点のひとつは、女性にない素敵なカラーが見つかること。さんざん女性コーナーを見て欲しい色がなく、最後にメンズを見て「なんだこっちにあったのか(´тωт`)」と、うれし泣きすることもしばしば。  特にVネックのダークブラウンは、女性になかった濃すぎるほどのブラウンが本当に素敵でした↓ファインメリノはツヤが高見えのポイント 女性より「きれい色」が少ない分、ベーシックカラーに幅があるので手持ちの服に合わせて選びやすいのもいいですね(^^)。  同じ「グレー」でも商品によってニュアンスの違いが楽しめます。わたしの知る限りメンズの「グレー」は上品な色味が多く、ホワイトグレーや淡グレーなど、まさに大人女子が素敵に見える高見えグレーが見つかります。 好みのグレーが見つからない時はユニクロメンズへ(^^) そして冬用のウールとカシミヤ↓メンズのカシミヤは毎年買い替えている冬のマイ定番アイテムです。定価9,900円(+税)はユニクロ内では一番高いけれど、普通に考えたらやっぱりお得(。•̀ω-) いつかは半額になってしまうとしても、発売したらすぐに買わずはいられないマストアイテムです。  ユニクロのカシミヤは毛量のボリュームがほど良いところが好きです。「着ぶくれ」せず、また安っぽくもなくサラりと軽く1枚で着られる究極の冬のシンプルニット。今年はクルーネックのネイビーを選びました。 着ないで眺めているだけでも好きな、惚れホレのニット(☆∀☆) メンズは首回りが女性より狭いのが好きです。特にVネックは一回りは狭いので、かがんでも胸元が気にならず1枚でも着やすい。かつ腕の長さは女性の「M」とほとんど一緒なので(個人調べ)、ダラっとなることもありません。首の開き具合だけでもまったく違う印象 メンズはそのデザインゆえ、パンプスやスカートに合わせるとそのアンバランスさが逆に女性らしくなります。フェミニンをほどよく崩してくれるので、「甘すぎ防止」にもお役立ち。気づいたら「今週メンズしか着てないじゃん( ° ω ° ; )」ということもしばしば。Day1:カシミヤ素材は、艶のあるスカートでさらに高見えDay2:首回りの狭いクルーネックはスカートに合わせてフェミニンにDay3:チョコレート色のVはきれい色と。狭い「V」はワイドパンツとの相性も◎他の画像を見る 流行のチェックやレオパード、きれい色・・・。色々楽しんでは結局戻る「シンプル」。  ユニクロのメンズは、移り気なわたしをいつも変わらず待ち続けてくれる、とてもやさしい「男性」です( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ ) 今日もユニクロ、行こっかな~~♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ニットがメンズでもバッグの中身はキラキラの「女子」。ピンクが多めです(⑅•ᴗ•⑅)仕事で文房具を使うことが多いので、テープ・ホチキス・穴あけパンチはギラっギラのローズゴールド(すべて「TED BAKER」)、クリップやポーチなども気付けばピンク系に(^^;) 最近仲間入りのピンクは「KINOKUNIYA」のジップポーチ。色がかわいく大きさもほどよいので「おやつ入れ」に 持ち物くらいは永遠に女子でいたいものですˆᴗˆ ↓Clickで移動します(すべてメンズ)★UNIQLO スーピマコットンクルーネックセーター(長袖)公式サイト★UNIQLO エクストラファインメリノクルーネックセーター★UNIQLO カシミヤクルーネックセーター美女組No.127 Akaneのブログ
  • 今もリスペクトされ続ける稀代の絵師、葛飾北斎の作品を集めた「新・北斎展 HOKUSAI UPDATED」が森アーツセンターギャラリーにて開催。北斎研究で有名な永田生慈氏が集めた膨大なコレクションを中心に、北斎が使ってきた画号や作風の変遷を、年代を追ってわかりやすく展示しています。30もの画号を使っていた北斎。その中でも「画狂老人卍」という名前のセンスが新しすぎる、と最近話題になっていましたが、こちらの晩年の名義の作品も展示されています。 まずは「春朗」名義の時代から。少年時代は貸本屋の小僧として働き、14歳頃から版木彫の仕事をしていたらしい叩き上げの北斎(本名は鉄蔵。また名前が増えました)。絵師になったのは19歳と言われています。肉筆画で人気の勝川派に入門しました。 撮影OKコーナー。飛び出す絵本のように絵を組み立てて立体感を出す、組上げ灯籠絵です。「葛飾北斎」期。 その初期の「春朗」期は江戸時代の街並や風俗を詳細に描き込んでいて、まじめな性格が伝わってきます。美人画もいいですが、気になったのは当時の子どもたちの遊び。「風流五節句子供遊」の、笛を吹きながら鼻の上に棒をのせてバランスを取る少年、「風流見立狂言 すゑ広」の下半身を露わに部屋で楽しそうに踊る少年など、フリーダムな空気が伝わってきます。 ゴッホの「ひまわり」以前に、北斎が「画狂老人卍」として「ひまわり」を描いていました。「向日葵図」を描くことで、死を前に生命力を感じたかったのかもしれません。 北斎は30代半ばになって勝川派を離脱、琳派の俵屋宗理を襲名しました。肉筆画で女性を描いた作品、風景画の版画など、絵師としても充実しているのが伝わってきて、線にも自信が漂っています。手前は「狂歌歳旦江戸紫」。人物が後ろ向きでシュールなタッチです。「宗理」期の作品。 風景画は亀戸や両国、日本堤、吾妻橋といった今もある地名が出てきて変化を比べるのも楽しいです。驚いたのは日本橋や吉原の絵に富士山が描かれていること。高い建物がなかったから江戸からも霊峰が望めたんですね。富士山があるだけでテンションが上がります。「画本狂歌山満多山」のシリーズの中に、江戸男子が股引をレギンスっぽくはきこなしている絵が。北斎の描く江戸時代の人々は、着こなしのこなれ感が半端ないです。 続いては「葛飾北斎」期。40代後半の時は肉筆画や本の挿絵、版画などで人気を誇っていました。「東海道五十三次」シリーズ、かるた、文字で構成された「文字絵」、軽いタッチの略画技法「鳥羽絵」、江戸の笑いが凝縮された「狂句入戯画」や「謎かけ戯画」、絵を切り抜いて組み立てる「組上げ灯籠絵」など、怒濤の勢いでたくさんのジャンルに挑戦しています。江戸の笑いのツボが理解できないのが残念ですが、知的な笑いのセンスを感じました。「戴斗」期には絵手本「北斎漫画」を生み出しました。「漫画」とは「漫然と描く」という意味だそうです。流れるようなタッチとシンプルな線であらゆるポーズを的確に表現していました。波の描きかたから櫛のデザイン集、何かの踊りの振り付け、洗濯する人、居眠りする人のポーズ集、etc.……。今でいう版権フリーイラスト集みたいなものでしょうか。天才絵師なのに何でもやっています。「為一」期には旅ブームに乗って風景画も多数描き、根付 やタバコ入れの図案集まで出し、「画狂老人卍」時代も新たな画法を追求したり、人生五十年と言われた時代に精力的すぎです。年だからといって、守りに入ったり、あきらめないで良いと北斎に教えられます。北斎を象徴する「為一」期の「冨嶽三十六景」シリーズ。普遍的なかっこよさです。 これだけの仕事量でお金がたまらなかったのは、管理がどんぶり勘定だったのと、引っ越し癖のせいのようです。絵を描くことだけに集中するため、料理も掃除もしないで汚れたら引っ越しするというスタンス。93回も引っ越ししたと伝えられています。画風にも家にも執着せず、何にもとらわれないで自由にスタイルを変えています。文字で出来ている文字絵。現代人には解読不可能でしたが……。左は小野小町で右は僧正遍昭。「葛飾北斎」期。 「葛飾北斎」期の作品に、「蛸図」があり、その隣に「酔余美人図」が展示されていました。これはもしや伏線? いたずらな瞳の蛸の隣に、酔いつぶれて寝ている美女の姿が。この次の展開は、もしかして……。北斎先生のもう一つの顔、「鉄棒ぬらぬら」名義による春画が連想されます。美女と蛸が絡み合う春画の名作「蛸と海女」を想起せずにはいられません。きっと展示会場のどこかに、カーテンで仕切られた禁断のコーナーがあるのでは?伏線では?と期待したのですが……春画は今回、ありませんでした。全体的にまっとうな展示でした。 でも、音声ガイドに流れた北斎の死ぬ間際のセリフ、「天があと十年、五年生かしてくれれば本当の絵師になれただろう」という言葉に静かに感動し、春画がなくても心が満たされました。「戴斗」期の絵手本の中に不思議な物体が。天文関係の計測器でしょうか。 「新・北斎展 HOKUSAI UPDATE」 期間:~2019年3月24日(日)時間:10:00~20:00(火曜は17:00まで。入場は閉館30分前まで)休館日:1月29日(火)、2月29日(火)、2月20日(水)、3月5日(火)は開館。場所:森アーツセンターギャラリー東京都港区六本木6-10-1https://hokusai2019.jp/ >>ローマから渋谷まで廃墟化する諸行無常な展示「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」展 #38 >>格調が高すぎる「皇室ゆかりの美術」展 #37 >>ムンクの北欧美的センス #36 #ムンク展 >>「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」展で邪気を浄化 #35 #醍醐寺 >>藤田嗣治と猫と女#34 #藤田展
関連キーワード

RECOMMEND