「2019年にはじめたいこと」があるアラフォーは8割以上! その内容と理由は? 

Marisol ONLINE
版権:Jacob Lund/Shutterstock.com
版権:Jacob Lund/Shutterstock.com

働くアラフォー女性320人にアンケート調査。

年のはじまりに新しい目標を立てた人も多いと思いますが、セキララ白書では「2019年に新たにはじめたいこと」について聞きました。アラフォー女性たちが密かに熱き思いを抱いていることは?

「2019年に新たにはじめたいことがありますか?」という質問に「YES」と回答したのは82%。意欲的なアラフォー女性が多いですね! はじめたいことの分野をランキングにすると

1位 学び・習い事系・・・46%

2位 ヘルスケア系・・・31%

3位 ライフスタイル系・・・23%

4位 美容系・・・20%

5位 仕事系・・・13%

6位 趣味系・・・10%

「学び・習い事」が一番多い結果に。自分磨きに向かうアラフォー女性が多いことが判明。自力を高めたいという願望がうかがえます。では具体的にどんなことを学びたいと思っているのでしょう?

※「始めたいこと/理由」

<学び・習い事系>

「英語の勉強を再開したい/仕事で必要になりそうだから」(りくママさん)

「韓国語を勉強したい/東方神起にハマり韓国語を理解したくなった」(リエさん)

「中国語を勉強したい/旅先でもっと現地の人たちに交ざって楽しみたいから」(おにちゃん)

「着付け教室に通いたい/和装を学びたい、自分で着物を着られるようになりたい」(カオリンさん)

「日本史と世界史を学びたい/学生時代は苦手でしたが、神社仏閣や美術展などに訪れる機会が多くなり時代背景などを知りたいと思うようになった」(Salt0923さん)

「趣味でしているヨガを本格的に学びたい/体を動かすことが楽しいと思えるようになったから」(mikiさん)

「アロマを勉強したい/日常のストレスをアロマの香りで癒したい」(さっちんさん)

趣味や好きなことをより楽しむために学びたい人が多数。中でも語学を学びたい人が目立ちました。学ぶことで自分の世界がどんどん広がっていきますね。

「学び・習い事」以外の回答は?

<ヘルスケア系>

「ウォーキング/健康維持のため」(びいさん)

「ランニング/ホノルルマラソンに出たいのとダイエットのため」(くぷさん)

「体力づくり/筋力の衰えを実感したので」(minaさん)

「ダイエット/かなり体型が変わってしまい、おしゃれができなくなったから」(ぶーたんさん)

<ライフスタイル系>

「婚活/独身になって5年が経ち、そろそろパートナーが欲しい」(akiraさん)

「身の回りの整理整頓をしたい/物があふれかえっていて探し物が見つからないのがストレスになるから」(まりょさん)

「人脈づくり/一人行動が増えてしまったから」(UNIKAさん)

<美容系>

「歯の再治療(銀歯を白い歯に変える)/銀歯が気になるので」(マロンさん)

「クラシックを聴きながらバレエで体を整えたい/体が歪んできているので」(Madoさん)

「シミ取り/シミが気になってきたので」(とんさん)

「ヘアスタイルをガラッと変えてイメチェン/二人目が生まれて自分の見た目に気を遣う時間がないからこそ、イメチェンして美容への意欲に喝を入れたい」(Ondinaさん)

さまざまな「はじめたいこと」が出てきました!  最近の研究で新しいことをはじめたり、新しいことにチャレンジすることが、脳を若く保つために効果的だと分かってきたそうです。みなさんも何か新しいことをはじめてみては?


あなたにオススメの記事:

文/Yuko Aoki
関連記事
  • 佐藤悦子さんのオススメ手土産をご紹介します■パティスリー1984(ディズヌフソンキャトル)の「しまなみレモンケーキ」レトロでモダンな黄色いキャンディ型のパッケージに包まれているのは「しまなみレモンケーキ」。瀬戸内産のしまなみレモンの果汁感溢れるしっとりしたレモンケーキが、レモンチョコレートでコーティングされたレモン型のケーキです。 スタイリッシュな黒いボックスを開けた時の、思わず笑顔になるようなレモン色の包装紙といい、レモンの甘酸っぱさが香る、さわやかでやさしい味わいといい初夏にぴったりのギフトとして愛用しています。★パティスリー1984 ディズヌフソンキャトル 佐藤悦子さんさとう・えつこ●「SAMURAI」クリエイティブマネージャー。広告代理店勤務、外資系コスメブランドAD/PRマネージャーとして勤務したのち、アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」(誠文堂新光社)など。
  • 佐藤悦子さんのオススメ手土産をご紹介します■ぎんざ空也 空いろの「たいよう」と「つき」銀座の老舗名店・空也が展開する「空いろ」では、「空也」の持つ餡へのこだわりをモダンに表現した魅力的なお菓子が揃います。 つぶあんをサンドしたクッキー「つき」は、お互いを引き立てあう洋菓子と和菓子の素敵なハーモニーが味わえます。そして一口サイズの小さなどら焼き「たいよう」では、「○あん」と呼ばれるこしあん、定番のつぶあんという2種類の食べ比べも楽しめます。 個別包装されており、日持ちも3日間なので、和菓子の差し入れをしたい時、でも当日賞味期限はちょっと、、、という時にとても重宝するギフトです。★ぎんざ空也 空色 佐藤悦子さんさとう・えつこ●「SAMURAI」クリエイティブマネージャー。広告代理店勤務、外資系コスメブランドAD/PRマネージャーとして勤務したのち、アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」(誠文堂新光社)など。
  • アラフォー女性の観察力は高め!初対面の人の顔や服装を見て、性格や考え方、仕事への取り組み方まで読み取っている!?版権:Antonio Guillem/Shutterstock.com初対面の人に会った時に、まず相手のどこを見ますか? 様々な人に出会い、経験を積んできたアラフォー女性たちが、初対面の人のどこを見るのか気になるところ。ということで、働くアラフォー女性480人にアンケート調査。「初対面の人に会った時、最初にどこを見ますか?」という質問に、同性の場合も異性の場合も断トツ1位は「顔」、2位が「服装」でした。同性でも異性でも、最初に目がいくのはやはり「顔」なんですね!では、なぜ「顔・服装」を最初に見るのか? 理由を聞いてみると<同性の場合> 「顔つき、表情、シワの出かたは内面を物語るので」(アイコさん) 「顔には性格と考え方がでると思うので」(さゆりさん) 「メイクの特徴でトレンドに敏感かどうかがある程度分かるので」(まゆみさん) 「お化粧の仕方で、めんどくさがりなのか几帳面なのかつかめるので」(happyturnさん) 「表情で心が見えるから」(たろちゃんさん) 「服のセンスに生き方や考え方が表れると思うので」(のりさん) 「服装や持ち物にその人の人格が表れるので」(おにぎらずさん) 「服装で好みや性格、雰囲気などがわかるから」(ようこさん)一方でこんな声も! 「どんなにいい服を着ていても歯が汚いと健康に関する意識レベルの低さを感じてしまいます」(かにりんごさん) 「顔は化粧でなんとでもなるけど、歯並びは意識しないとメンテナンスできない箇所だから目が向きます」(はにわさん)<異性の場合> 「40歳以上の男性は、仕事にどのように取り組んできたか、顔に表われると思うので」(yuuさん) 「顔つきでその人の仕事のやり方、人との関係の取り方など、ある程度想像つくため」(akikoさん) 「お肌の状態や歯並び、目の輝きなど、顔全てがその人を表すと思うから」(ヒロコさん) 「男性は顔よりも姿勢に性格やセンスが出ると思う」(ちびたさん) 「服装に気を遣える人は大人として常識があると思うので」(水玉さん) 「服装にその人の好みや性格、キャラクター、価値観がでるから」(ゆうさん) 「優しさや強さ、仕事ができるか、すべてが顔にでると思うから」(はちこさん) アラフォー女性たちは、顔と服装から様々な情報を読み取っているのですね! 続いて「初対面の人に会う時に気をつけていることがありますか?」と聞いてみると、「YES」と回答したのは91%でした。9割のアラフォー女性が何かしらに気をつけていることが判明! “初対面の印象が重要”だと考えているのでしょう。具体的に、アラフォー女性たちは初対面の人に会う時にどんなことに気をつけているの? アンケート結果で多かったキーワードをまとめました!<仕事の場合>  ・服装(清潔感、年相応で品がいい、万人受けする、派手すぎない、きちんと感、ヒールの高さ) ・話し方(言葉遣い、話すスピード、話すトーン、目を見て) ・メイク(清潔感、派手すぎない、きちんと感) ・表情(笑顔、親しみやすさ、落ち着き、さわやか) ・ニオイ ・姿勢 ・爪 ・ムダ毛<プライベートの場合> ・服装(清潔感、トップスは黒など暗い色を避ける、ワンピース、カジュアル過ぎない、自分らしい、小物で個性をアピール、トレンドを少し取り入れる、顔映りがいい色) ・表情(笑顔、親しみやすい) ・メイク(清潔感、きつくない、親しみやすい) ・手元(派手すぎないネイル、ハンドクリームでケア、フレンチネイル) ・話し方(声のトーン、言葉遣い、ゆっくり話す) ・ヘア(ツヤ髪、ハーフアップスタイル、アイロンできちんとセット) ・姿勢 ・所作 ・香り(控えめな香り) 初対面の印象は5秒で決まるとも言われています。第一印象がいいと、その後も好意的に話ができて、良好な人間関係につながっていくはず(もちろん外見ばかりにとらわれてはいけませんが!)。 初めましての人に会う日は、意識してメイクをしたり服装を選ぶといいかもしれませんね。 あなたにオススメの記事:8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!アラフォー女性の7割以上がプロによる脱毛経験者!脱毛をはじめたきっかけや費用は?「パートナーの年収を知らない」アラフォーが57%!夫婦(カップル)のお金事情アラフォー女性が足りていない&大切にしている時間は?時間の使い方の工夫についてアンケート調査文/Yuko Aoki
  • 「嫌いなのにずっと考えてしまってつらい」という相談者さんに、みうらじゅんさんと辛酸なめ子さんが独自の視点で回答! 【今月のお悩み】「姑との同居が未知すぎて不安です」姑との同居が確実なものとなりました。今まで、夫婦2人の気ままな暮らしが心地よく、例えば、夕飯を作りたくない日は近所の居酒屋に行ったり……経済的にも余裕があります。姑との同居なんて、未知の世界。不安だらけです。 (長崎県・たら・42歳・自営業)☆辛酸なめ子さんの回答お互い不安オーラを発していると不穏な空気になりがち。インテリアやBGMなど平和な気持ちになる演出をするといいかもしれません。曲はヒーリング系など……。部屋にいると気づまりなら、快適なカフェに行くのもおすすめです。 ☆みうらじゅんさんの回答お姑さんを居酒屋にお連れし、後は大将にまかせるのも手、かと 年齢的に、そろそろ「親との同居」の問題が持ち上がってくる時期ですよね。お姑さんとの同居について「未知の世界」とのことですが、たらさんの知人・友人の中に、すでに親御さんと同居なさっている人がいるのではないでしょうか。もちろん、家庭の事情や個々人の性格によって状況はさまざまだと思いますが、参考にはなると思うんです。また、嫁姑問題をテーマにしたテレビドラマも多いですよね。しかも、どれも視聴率が高いということは、 あの手のドラマには「あるある」なエピソードが満載なのでしょう。  と考えると、お姑さんとの同居生活、たらさんもちょっとは想像できているのでは? いや、想像がつくからこそ「不安だらけ」なのではないでしょうか。  なので、すでにたらさんもお気づきかもしれませんが、同居生活が始まれば、これまでのような気ままな暮らしはできないと考えたほうがいいんじゃないでしょうか。夕食を作りたくないから居酒屋へ、ということもむずかしくなるような気がします。  たらさんの場合、どのような経緯でお姑さんと暮らすことが確実になったのか、お悩みの文面には書かれていないので、めったなことは言えませんが……本当は別々に暮らしたほうがいいような気がします。たらさん夫婦がダンナさんの実家近くに引っ越したり、あるいはお姑さんのために素敵なマンションを借りてあげたり。「経済的にも余裕がある」なら、それが一番いいんじゃないでしょうか。お互いのために。   でもまあ、「確実なものとなった」のなら、同居するしか道はないのかもしれませんね。どうしたものか……。  そうだ! 同居してわりと早いうちに、たらさんご夫婦行きつけの、その居酒屋にお姑さんをお連れする、というのはどうですか? 「おいしいお店があるんです」と言って。あらかじめ居酒屋の大将にはお姑さんを連れていくことを伝えておけば、大将もはりきって、ご高齢の女性の好みに合いそうな料理を作って待っていてくれる。そこでお姑さんが喜んでくれた ら大成功。これまでどおり、夕食を作りたくない時は3人でそこへ行けるでしょうし、うまくいけばお姑さんひとりでも行くようになるかもしれません。そうすればしめたもの。大将がお姑さんの愚痴の聞き役になってガス抜きをしてくれるんじゃないでしょうか。  なんてったって、たらさん夫婦が来なくなれば常連さんを2人失うことになって、店としては痛い。でも、お姑さんに気に入ってもらえれば、顧客2人を失わなくてすむどころか、もう1人増えるわけじゃないですか。大将はきっと、はりきってお姑さんの好きな料理を作ってくれ、ご機嫌も取ってくれるような気がします。もちろん、たらさんにも助言や、時には厳しいひと言を呈してくれるのではないかと。これ、我ながら名案だと思うのですが……いかがでしょうか?●JUN MIURA: イラストレーターなどなど。「マイブーム」「ゆるキャラ」ほか多くのブームを生み出す。近著に『男気の作法』(マガジンハウス)、『人生エロエロだもの』(文藝春秋)など●NAMEKO SHINSAN: 漫画家、コラムニスト。巫女的な感性でアイドル観察からスピリチュアルまで、あらゆる事象を取材。近著に『魂活道場』(学研)、『おしゃ修行』(双葉社)などがある【お悩み募集!】ご応募はこちら>> ※ご応募にはハピプラ会員のプラス会員登録が必要です。※採用時は匿名にて掲載します。※承諾を得た場合を除き、応募されたかたの個人情報を目的以外に利用することはありません。 撮影/露木聡子 ヘア&メイク/木下 優(Rossetto/辛酸さん) 取材・文/鈴木裕子
  • 学びや健康維持のため、アラフォー女性たちの約3割が朝活中。朝活の内容とメリットについて教えていただきました!版権:Jacob Lund/Shutterstock.com働くアラフォー女性480人にアンケート調査。朝の時間を有効活用している人は仕事で成功している人が多いそうです。また、夜にするよりも朝にする方が3倍の能力を発揮するともいわれています。ということは「朝活」の威力ってすごい! そんな朝活について、働くアラフォー女性たちに調査しました。「朝活をしていますか?」という質問に「YES」と回答したのは28%でした。約3割の人が朝活をしていることが判明。具体的にどんな朝活をしているのでしょう? 朝活の内容とメリットについて教えてもらいました!「毎朝、起きたら玄関とトイレ掃除を。週のはじめと毎月1日は氏神様にお参りをしています。<メリット>運気がよくなったように感じます」(ヒロコさん) 「4時半に起きて洗濯と掃除、前日のふり返りと当日の予定を手帳に記入します。また、15分英会話の勉強をしています。<メリット>ダラダラと1日を過ごすことがなくなりました。苦手な英会話を勉強できることがうれしいです!」(ひこねさん) 「5時半に起きてラジオ体操をしてから、コーヒーを飲みながら学会誌を読みます。<メリット>人に教える立場なので最新情報をインプットするための時間を確保できていることと、常にインプットをしているという事実が余裕をくれる気がします」(かにりんごさん) 「毎朝、瞑想とヨガをしています。<メリット>心が落ち着き、体がスッキリ、引き締まってきました」(まみさん) 「早朝にカフェに行き読書をしています。<メリット>朝から頭がよく働くようになり、インプットしたことをその日に活かせます」(やまちゃんさん)  「早起きをして夫とランニングをしています。<メリット>夫と話す時間が増え、体重が減りました」(makoさん)  「5時に起きて、子供が起きてくるまでにゆっくりメイクをして、パンを焼いたり焼き菓子を作ったりしています。<メリット>メイクがきちんとできていると、自信をもって会社に行けます。職場の人たちからおしゃれな人だと褒められます。それから人前で話す仕事の依頼があって引き受けたら、高評価をいただき昇格しました!」(あきこさん)  「通勤前にイタリア語教室に通っています。<メリット>残業でレッスンを休むことがなくなりました」(yumikoさん)  「5時起きで資格取得の勉強をしています。<メリット>資格が取得できました!」(みゆゆさん)  「15分ほどウォーキングをしてから、しっかり朝食を摂ります。<メリット>朝食を食べたほうがよく動けます」(てふてふさん)  「不定期ですが、興味がある分野の朝活セミナーに参加しています。<メリット>興味がある分野の人たちと出会いがあります」(totoさん)   みなさん4時起き、5時起きで朝活! でもその分、とてもいいことが起こっていますね。ちなみに朝活で多かったのがヨガ、勉強、読書、ウォーキングでした。今回の調査で、朝活をしている人は前向きで充実した日々を送っている人が多いと強く感じました。やはり「朝活」おすすめです!今までトライしたけど続かなかった人もいると思います。張り切りすぎてはじめから目標を高くしてしまうと、できなかった時にモチベーションが下がってしまうでしょう。まずは30分早寝早起きをするとか、15分だけ勉強をするとか、無理のない目標にしてみるといいかもしれません。あなたにオススメの記事:8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!アラフォー女性の7割以上がプロによる脱毛経験者!脱毛をはじめたきっかけや費用は?「パートナーの年収を知らない」アラフォーが57%!夫婦(カップル)のお金事情アラフォー女性の美意識は高い? ヘアサロンに行く頻度や費用を調査!文/Yuko Aoki
  • アラフォー女性たちのバスト悩みとは? 2人に1人が実践しているバストケアや美乳に見せる工夫について調査!版権:Roman Samborskyi/Shutterstock.com 働くアラフォー女性480人にアンケート調査。 女性たるもの、いくつになっても美乳を手に入れたい願望、ありますよね。でもアラフォーになってバストの老化に悩まされている人も多いのでは!? そこで今回はバストの悩みと、実践している美乳ケアや美乳に見せる工夫について、働くアラフォー女性たちに調査しました。「バストに自信がありますか?」と聞いたところ「YES」と回答したのはたった14%でした。9割近いアラフォー女性がバストに自信がないことがわかりました。アラフォー女性のバストで一番多かったのは「Cカップ」で26%、次に多かったのが「Bカップ」で23%でした。「バストにまつわる悩みがありますか?」と質問したところ「バストに自信がない」と回答した人数と同率の86%が「YES」と回答しました。 具体的に「バストの悩み」について聞いてみると、「垂れ」41%、「小さい」39%、「ハリ・弾力」が32%でした。垂れたバストは老けて見えてしまいますよね。 バスト悩みを解消もしくは少しでも美乳に見せるためにアラフォー女性たちは何か工夫をしているのでしょうか? 「美乳に見せる工夫をしていますか?」という質問に「YES」と回答したのは「NO」同率で50%でした。アラフォー女性たちが実践しているバストケアや美乳に見せる工夫を教えていただきました!「バストケアクリームを塗り、バストに効くストレッチをしています。また、姿勢に気をつけて、1、2ヵ月に一度サロンでバストケアを受けています」(Yumikoさん)<ナイトブラや補正下着を活用> 「就寝時はナイトブラをつけています」(のりさん) 「バストがきちんときれいに見える下着を半年ごとに見直しています」(とんさん) 「バストのサイズや形を維持するために、ランニングなどバストを刺激することは一切しないようにしています。補正下着を着用していて、普通のブラジャーでもカップがアップしました」(ゆりさん) 「20代から補正下着を着用していたのでバストは垂れていません!」(あいきよさん) 「セミオーダーのブラジャーを使用。毎年サイズを細かく測ってもらっています」(azuleさん)<エクササイズ> 「腕立て伏せなどバストアップする筋トレをしています」(にゃんずさん) 「ヨガで教わった美乳のエクササイズをしています」(yukaさん)<マッサージ> 「就寝前にバストケア用クリームを塗って美乳マッサージをし、ナイトブラを着用しています」(じゅんさん) 「定期的にスクラブをして、デコルテからバストにかけての肌感がしっとりツルツルに見えるようケアしています」(まゆみさん) 「お風呂上りにあせも対策スプレーをして胸の谷間をキレイに。そのあとに美顔器を使って胸にビタミンC誘導体を入れ込んでいます」(グラッチさん) 「顔のスキンケアをするときに、バストも一緒に顔と同じアイテムでケアしています」(あずきさん) 寝ている間も美乳をキープするナイトブラや補正下着を活用している人がたくさんいました。多忙なアラフォーにおすすめです!補正機能のあるブラジャーをつければバストアップ、マッサージやエクササイズをすればハリのあるバストを維持できる可能性があるそうです。バストに自信がない方、お試しあれ。あなたにオススメの記事:8割以上が周りの人からの視線が気になり、自分をよく見せるために努力をしている!「パートナーの年収を知らない」アラフォーが57%!夫婦(カップル)のお金事情アラフォー女性たちが仕事&プライベートで言われて嬉しかった言葉。エピソード20白髪あると老けて見える!白髪に悩むアラフォー女性は59%。アラフォー女性たちの白髪対策アラフォー女性の7割以上がプロによる脱毛経験者!脱毛をはじめたきっかけや費用は?
  • 佐藤悦子さんのオススメ手土産をご紹介します■BABBI バリジェッタクリームサンド・ウエハースをチョコレートでコーティングした定番のヴィエネッズィ、一口サイズのバッビーノ、キューブチョコレートのクレミニ、ロールしたチョコレートウエハースのバベッティやシンプルなグランワッフェリー二など、BABBIの人気のアイテムがかわいいゴールドのポーチに詰まったコフレ「バリジェッタ」。美味しい中身を食べた後の楽しみも一緒に贈れるようで、ちょっとウキウキするギフトです。 ★BABBI(編集部注)ゴールドのポーチの入りのバリジェッタは松屋銀座もしくは阪急うめだ本店での取り扱いとなっています。数に限りもあるようですので、詳細は各店舗にお問い合わせを! 佐藤悦子さんさとう・えつこ●「SAMURAI」クリエイティブマネージャー。広告代理店勤務、外資系コスメブランドAD/PRマネージャーとして勤務したのち、アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」(誠文堂新光社)など。
  • 佐藤悦子さんのオススメ手土産をご紹介します■GENDYの「プレミアムビターキャラメルバー」3月の銀座店オープンで話題の「GENDY」。銀座店で入手可能なプレミアムキャラメルブランデーケーキも魅力的ですが、ビジネスの手土産として差し上げやすいのは、やはり青山店のプレミアムビターキャラメルバー。 1日50箱限定という希少性に加え、ほろ苦く、ほろ甘く、香ばしい美味しさ、そして食べやすくてある程度の日持ちもし、絵になるパッケージという、手土産に求めるすべてのことが叶えられている一品です!★GENDY 佐藤悦子さんさとう・えつこ●「SAMURAI」クリエイティブマネージャー。広告代理店勤務、外資系コスメブランドAD/PRマネージャーとして勤務したのち、アートディレクター佐藤可士和のマネージャーとしてSAMURAIに参加。著書に「SAMURAI 佐藤可士和のつくり方 改訂新版」(誠文堂新光社)など。
関連キーワード

RECOMMEND