海のミネラルでエイジングケアも保湿も。使うだけで肌が整う「フィトメール」のボディソープ【マーヴェラス原田の40代本気美容 #66】

Marisol ONLINE

フィトメールの代表作といえば入浴剤「オリゴメール」。学生時代、めちゃめちゃ憧れた逸品です。


その正体は、ミネラル豊富なフランス・ブルターニュの海水をフリーズドライ化して、人体に近いミネラルバランスに整えた海水を超えた“海水パウダー”。汗がたくさん出るからダイエッターがこぞって愛用、ミネラルたっぷりで美肌効果てきめん! そんな評判を聞くたび、某デパートの化粧品コーナーに並んでいた2kg入りの巨大で真っ白な“バケツ”を何度手に取ったことか。でも、2kgバケツは¥30000(現在価格)。ちょっと勇気のいるプライスですよね。ちなみに1回分の小袋だと¥750……。 当時、クリスマスにジュエリーよりオリゴメールが欲しいと真剣に思ったものです。

――なんていう昔話をしたのは昨年、こんなサイズが発売されていたから。これで800g、価格は¥14500。約20回分とたっぷりだし、アラフォーの今こそ投資しちゃいますよ!

さらに今は、昨年11月に発売されたこのボディソープにゾッコンです。

「フィトメール ミネラル オール ボディ シャワー II」(200mL ¥4000)は、件の海水パウダー「オリゴメール」配合。もともとベストセラーだったクリームタイプのボディソープを保湿力の高いジェルタイプに変更して再リリースしたものですが、これがしみじみ名品なんです。

ジェルを手のひらにとり、円を描くように肌の上を滑らせるだけでちゃんと泡立つし、泡切れよし、肌にヌルつきも残さない。“使用感のいいボディソープだな”と何の気なしに使い続けていたのですが……数日経ってハッと気づきました。時は年末年始。締切やら飲み会やらでぐったり……で、ボディケアを手抜きしていたにも関わらず、粉をふかない! かゆみもない! ザラつきがちな二の腕もするっとスムース!!

その秘密がきっと、このミネラルたっぷりのボディソープだと思うんです。それ以来、ハリ・弾力のサポートも期待を込めて大事に大事に使用中。おかげさまで、乾燥続きの今冬を快適に過ごしています。

スペシャルなケアをしていないのに肌のコンディションが上向く。普通っぽいのに、実はすこぶる優等生。そんなギャップに夢中! 当分、お世話になりそうな予感がします。

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連記事
  • 乾燥する季節も、傷んでパサつく時も、生え代わり時期のアホ毛が気になるときも これ1本で大丈夫!!5年以上前に、美容師さんに勧められて使い始めた ミルボンシリーズ!! シャンプーやトリートメントも使っていますが このオイルは特にお気に入り♬ 洗い流さないトリートメント ミルボンのディーゼス エルジューダシリーズ! 6種類ある中から 髪質やなりたい質感によって 私が美容師さんに勧められたのは 「エルジューダMO」オイル 柔らかくて艶のある髪になりたくて まとまりやすい質感が希望 髪質は普通~硬め用 私は、夜のドライヤー後にもたっぷりなじませて寝ます。 オイルなのにすぐにさらっとするので すぐに寝たいときも、枕へのオイル移りが気になりません。 朝起きてもしっとりしてブローしやすく 仕上げに軽くなじませてお出かけします。 乾燥している日には多めにつけて ちょっとその時は見た目オイリーっぽいかな?と思っても 自転車で駅まで行くころには 「ヘアオイルつけました感」は無くなってます。 女性は、その日の髪型が決まるか決まらないかでも 一日のテンションが変わりますよね( ´∀` ) サロン専用商品ですが わたしはもう何年もネットで購入しています。 市販のヘアオイルではなかなか納得できるものに出会えない という方は、1度試してみては? 美女組No.160 yukoのブログ
  • ヴェールをかけたような薄膜ながら、上質なツヤをまとうという、大人の素肌にマッチした下地とファンデーションは、アラフォー世代必見!■ベースメイク部門 Best「パウダリー ファンデーション」★BEST 1 コスメデコルテ ザ パウダーファンデーション 「パウダリーを超えた、柔らかくきめ細かなテクスチャー。カバー力もちゃんとあるのに、自分の肌が透けるような素肌感があって、光を通過するような感じがお気に入り。コンパクトなサイズ感や、比較的お手ごろ価格なのも高得点」(ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子)。「周囲から肌を凝視されるほど、"ツヤがスゴイ"毛穴が見つからない"と、絶賛の嵐。スポンジでもブラシでも完璧にフィットし、メイクあとを残さないナチュラル感。軽量で使い勝手よく、欠点ナシ!」(美容エディター・ライター近藤須雅子)。SPF20・PA++ 全7 色各¥5,000★BEST 2 イヴ・サンローラン・ボーテ アンクル ド ポー オール アワーズ スティック 「消したい肌悩みのエリアにダイレクトに塗って、指先でトントンとなじませるだけ。まるで"ぼかしフィルター"をかけたかのようにふわっと均一な美肌に! コンパクトで持ち歩きしやすいサイズなのも最高」(美容エディター前野さちこ)。塗布した瞬間クリームがパウダーに変化し、肌と一体化。ライトなつけ心地でなじみは抜群。全5色各¥6,500★BEST 3 エスティ ローダー ダブル ウェア モイスチャー ステイ イン プレイスパウダー メークアップ N「乾燥している部分はしっとりうるおうし、皮脂や汗はさりげなく吸着してくれるから、つけている間中快適そのもの。乾式のパウダーは塗る時はしっとり心地よく、すぐにさらさら。なのにつけるほどに肌がうるおってどんどん一体化する感覚がたまらない」(美容ライター山崎敦子)。秋冬の肌にぴったり。SPF30・PA+++ 全6 色各¥7,000■ベースメイク部門 Best「リキッド・クリーム ファンデーション」★BEST 1 SUQQU エクストラ リッチ グロウ クリームファンデーション 「極薄の膜のみずみずしい艶やかさが◎。大人の肌のノイズを和らげつつ、肌にハリを与えてくれるので、いつまでも乾きを感じさせません。カジュアルで軽やかな肌に仕上がる、"肌見せ"ファンデーション」(ヘア&メイクアップアーティスト山本浩未)。「カバー力・ナチュラルさ・毛穴消去力にツヤもあり。さらにロングラスティングと、ファンデーションに求める欲張りな条件を網羅。それにツルンとしたハリ感も実現。素肌が向上した?とうぬ惚れさせる仕上がり。しかも長時間ツヤ感が続くのがうれしい」(ヘア&メイク/ライフスタイルアドバイザー藤原美智子)。美容エキス12種類に保湿成分も配合。全7 色各30g¥10,000★BEST 2 アンプリチュード ロングラスティング リキッドファンデーション「塗布したての肌は、気になっていたアラがするすると消えていくようで、もちろん感動。でも、なによりの感動は夕方訪れる。ファンデーションのツヤと自分自身の肌ツヤがどんどん溶け合って、むしろ、ナチュラルになっていく感じ。“夕方の肌”を好きでいられる幸せを実感中」(美容エディター松本千登世)。重ねても重くならない。SPF22・PA++ 全10色各30㎖¥9,000★BEST 3 ディオール ディオール バックステージ フェイス&ボディファンデーション 「サラッとしたかなり軽いつけ心地。フィット感があるのでカバー力もほどよく、とても使いやすい。くずれにくく、長時間持つのも大きな魅力」(ヘア&メイクアップアーティスト岡野瑞恵)。どんなスキントーンにもマッチするカラーバリエで、立体感や陰影も思いのまま。プロが仕上げたような肌を簡単に演出できる。全21色各50㎖¥5,100/パルファン・クリスチャン・ディオール■ベースメイク部門 Best「クッション・ エマルジョン ファンデーション」★BEST 1 シャネル ヴィタルミエール グロウ 「決して厚づきではないのに、肌のシワやキメの粗さが飛ばされて、美肌に見える。この偽装美肌感はアラフォーには貴重。ナチュラルだけどきちんとした雰囲気が醸し出されるから、時間のない朝にさっと塗るだけでちゃんと肌をつくったように仕上がるのもありがたい」(美容エディター入江信子)。「ヘルシーで今どきなツヤをたたえた肌に仕上がる実力は、間違いなく今季のNo.1 。乾燥した肌にものるし、水分&ツヤ不足も即効で解消。特に絶品なのはメイク直し。くすんで疲れきった肌もこれをのせれば、たちまちうるおい肌に」(美容ライター山崎敦子)。SPF15 全6 色各¥6,900★BEST 2 ランコム タン イドル ウルトラクッションコンパクト「薄づきすぎず、適度なカバー力とツヤ感も欲しい……となると意外にマイベストを探すのがむずかしいクッションの中で、今季大活躍したのがコレ。絶妙なカバー力ながら、くずれにくく乾きにくいのもうれしい実力!」(マリソル 副編集長マイリーヌ)。新導入されたテクノロジーのおかげで、高いカバー力とラスティング力を発揮し長時間キレイ。全5 色各¥6,500★BEST 3 ジョルジオ アルマーニ ビューティ マイ アルマーニ トゥ ゴー クッション トーンアップ 「美肌に見せるのは大前提で、絶対に色気をひそませるアルマーニ。これは、日中乾きたくない、シミと毛穴を隠したい、シワを刻みたくない、くすみを出したくない、むしろメイクオフした時にキレイでいたい、そして色気もにじませたい、という願望をすべてクリア。これ以上のものはないほど好き」(美容エディター鵜飼香子)。SPF15 全6 色各¥8,500【Marisol1月号2019年掲載】撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代 取材・文/山崎敦子 大木知佳 構成/原 千乃
  • 眉毛って、この歳になっても描き方に迷いませんか? トレンドもあるし、正解はないし……。そんなお悩みを一発解消してくれるサロンがあるんです。ビューティの仕事を始めたばかりのころ、とある「眉の描き方レッスン」に参加したことがあります。“眉頭から2/3の位置に眉山を”など公式チックな講習で、その時はうまく描けるようになったつもり……でした。が、時が経てばトレンドはもちろん自分の顔立ちだって変わるもの。常に“人の眉見て我が眉直せ”を胸に、迷走する日々を送ってきました。しかし先日、あるお方に「原田さんの顔立ちなら、もう少し眉山を内側に持ってきたほうが洗練されて、小顔効果もありますよ!」と言われて全身に電流が走った私。そう、アラフォーにもなると大切なのはトレンドより前に「自分の顔に合った眉」なのでは?  そこで訪れたのがこちら。美眉の総本山「アナスタシア」です。今回は表参道店へ。この「レッドカーペット階段」で扉を開けた瞬間から女優気分に浸れます。今回、アイブロウトリートメント(約60分 ¥7000)を受けたのはこちらの個室。広々としていて、リラックス満点です。ドレッサーの前にセットされていた「アナスタシア」のアイブロウアイテム一式。アイブロウパウダーだけで5色、アイブロウペンシルにジェル……眉メイクだけでこんなにあるんだ!!!というわけで、まずはトリートメントの前・自前メイクの眉を見てみましょう。アイブロウサロンに来ると分かっていながら、朝メイクしたまま化粧直しもしていないので、何だかまばらです。左右のアーチのバランスも、こうして見るとちぐはぐなのがよく分かる……。実は、私の眉についてご指摘くださったのも、こちら「アナスタシア」のアイブロウスペシャリスト・井村真弓さん。前回お会いした際に私の眉が気にかかったということで、スペシャルマッチ(?)のチャンスを頂いたのです。さぁ、がっつり直しちゃってください!! アイブロウトリートメントはまず、その人に合う眉の形を決めるための“型取り”から。独自の黄金比率をもとに、眉頭・眉山・眉尻の3つのポイントを見極めます。 照れちゃうほど正面から何度もフォルムを確認してくれる井村さん。その眼差しは、まさに「眉の匠」! 骨格や筋肉、笑った時などの筋肉の動き方まで瞬時に捉え、その人にとってベストな眉を導き出してくれるんです。私はおでこが狭いため、眉山の高さを今より下げて“縦のバランス”を調整。さらにその眉山を、顔の横幅が間延びして見えないよう内側へ移動。つまり“横のバランス”ですね。こんなふうに、一人ひとりの顔立ちに合わせて絶妙に縦横バランスを整えることで小顔効果が生まれ、顔立ちも洗練されるらしい。眉を変えるだけで小顔が叶うの?なんて素敵!「理想の眉」のガイドラインが定まったら不要な眉毛を処理していきます。まずは眉周りのワックス脱毛。合計9ヶ所ワックスがけを施されました! このこまめさも、パーフェクトな美眉が生まれる秘密なんでしょう。さらに余分な毛を丁寧に抜いていきます。ワックスも毛抜きも、不思議なほど痛くない!(ここは個人差あり、かと)ここまでのプロセスだけで眉の形がきれいに整っているの、お分かりいただけますか? 描き足す必要がないかも……と思っちゃうくらいの美バランス。実際、施術を受けた方は皆さん「素眉で出かけても大丈夫なくらい。眉が整うと、こんなにメイクが楽になるのか!」と一様に驚かれるそう。 実は、眉の周りをクールダウンしている間に、オプションの「鼻ケア」も(¥2500)お願いしちゃいました。 施術前、井村さんに 「パック前の鼻にも触れてみてくださいね〜。終わった後、びっくりしますよ!」 と言われワクワク。まずワックスで不要な角質や角栓、さらに目に見えないうぶ毛までオフ。これも全然痛くない。はがした後にワックスを見せてもらいましたが、うぶ毛に角栓、とにかく“いちご鼻”の要因となるモノがびっしりで戦慄! ワックスの後は海洋成分配合のパックでうるおいを。メントールの清涼感とともに肌をやさしくクールダウン!あっという間なのに、終わった後の鼻はツルッツル!!!触れた瞬間、思わず「気持ちいい!」と叫んでしまいました。本当にいつまでも触っていたいくらいツルスベ、ピッカピカの鼻に大満足。これはファンデーションのノリも絶対良くなる! ぜひおすすめしたいオプションです。施術の後はレッスンタイム。井村“先生”が書いてくれた眉をお手本に、まさに手取り足取りの真剣レッスン。 「パウダーはこの向きで、置くように……」 プロの技を見逃さないように、めっちゃ真剣ですね、私。 今までの眉の“描き方グセ”が出て、先生が添えてくれた手についつい逆らって動いてしまう。習慣って恐ろしい。 でも、トリートメントを受けると毎回レッスンが受けられるので、回を重ねるごとに皆さん、ぐんぐん腕が上がるそう。描きあがったら、アイブロウジェルで毛流れを整えてフィニッシュ!ジャーン、完成! 分かりやすいよう、施術前後の写真を並べてクローズアップしてみましょう。余分な毛をワックスで産毛もろとも取り去ることで、もやっと中途半端だった眉のフォルムがくっきり。日に当たっていない肌が眉の周囲に現れることで、眉ハイライトを入れたような効果もあるそう。 横から見ると、なお完璧。眉山の美しさ、そして眉尻を下げすぎないことで、たるんだ顔立ちもシャープに! 横顔にも自信が出ますね。アイブロウトリートメントを受けてから、手放せなくなっているのがこちらの「ハイライティング DUOペンシル」(全2色・各¥2800)。名前のとおりシマー&マット、デュアルタイプの眉用ハイライトです。マットを眉の上下にいれると、眉周りの肌がさりげなくワントーンアップし立体感ある美眉に。眉描きに慣れるまでのガイドラインとしても大活躍。とっても柔らかく、肌なじみが良いんです。自分の眉にお悩みの皆さん、ぜひ「アナスタシア」のアイブロウトリートメントへ。“今の自分”にぴったり合う、ベストオブベストな眉を見つけられますよ!●「アナスタシア」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 毎日使っているのに、意外と知らないメイクツールのお手入れ法を改めておさらい。メイクツールの正しいケアは、絶対必要です!肌荒れ、くすみ、色のりが悪い…その原因は「汚道具」のせいかも! では正しい洗い方は? 逆にやりすぎばダメ?メイクの仕上がりを左右する大切な“お道具”たちとの付き合い方を徹底的に調査!★お話をうかがったのは…ヘア&メイクアップアーティスト AYAさん資生堂 清水沙耶花さん白鳳堂 岩崎沙希子さんメイクの仕上がりも化粧品の持ちも、ツールの状態しだい! そもそもお道具のお手入れは、なぜ必要? 「ブラシがメイク道具として最高のパフォーマンスをするために、またそのいい状態を長持ちさせるために、お手入れは不可欠です」(岩崎さん)。お手入れが行き届いているか否かは、使うコスメにも影響。「清潔なメイクツールを使うことで、皮脂などによって粉体同士が結合してしまう『ケーキング』を防止できます」(清水さん)。また、プロから見ると私たちのメイク悩みがツールによるものということもよくあるそう。「チークの苦手意識の原因がブラシの粉含みの悪さにあったり、ふわふわのスポンジでパッティングしただけで肌に透明感が出たり……お道具を整えることでメイクスキルもアップします」(AYAさん)。いいことずくめなツールのお手入れ。無頓着だった人も正しいケアを学んで今すぐスタート!■ヘア&メイクさんのお手入れ徹底ルポ!化繊ブラシはクリーナーで洗うファンデーションブラシやリップブラシなどの化繊毛は専用クリーナーで。スポンジクリーナーN198 120㎖¥750/資生堂Step 1. 全体を洗うクリーナーを手のひらに10円玉大程度出し、まずはサワサワッと優しく予洗い。そこから数回、同じ要領で色が出なくなるまで洗う。Step 2. 中を洗う今度はぬるま湯の中でブラシの根元を固定。毛先をバラつかせながら、中に詰まったリキッドファンデーションや粉体を出しきる。他の画像を見る■その他のツールの お手入れ法ビューラー&コームもお手入れウォータープルーフマスカラなど汚れが落ちにくいビューラーやコームもこまめに。ウェットティッシュや綿棒が活躍。・ウェットティッシュでふき取る。・先端にクレンジングを浸した綿棒でオフ。【Marisol2月号2019年掲載】撮影/小坂茂雄 取材・文/前野さちこ
  • マットリップ人気も継続中ですが、ほんのりツヤがあって、ふっくら柔らかそうな唇はやっぱり魅力的。若見え効果もあると思うんです。それをさっとひと塗りでかなえるリキッドリップが、ボビイ ブラウンから登場します。今回お目見えするクラッシュド リキッド リップは、リキッドリップ・グロス・リップバームと3つの機能を備えたハイブリッドリップ。フルーツなどからインスパイアされた、フレッシュで豊かな全14色と充実のカラーバリエーションを誇ります。発表会のディスプレイが、とっても愛らしく分かりやすかったので、いくつかお目にかけますね!01は、つけこなしやすいブラウンローズ系の「スムージームーブ」。02 「ビッグアップル」はパワフルなレッドオレンジ。広告でも使われているインパクト満点のカラー。06の「ライチベイビー」は、無垢なペールピンクヌード。07「オートココア」は一転して大人っぽいリッチブラウン。09「インアジャム」は、肌の透明感を後押ししてくれそうなブルーローズ。10の「ビタースウィート」は思わせぶりなベリーピンク。11は春らしいソフトイエローピンクの「ピーチ&クワイエット」。ピンクからレッド、ローズなどなど目移りするラインナップでしたが、私は冬の空気に映えそうなバーガンディの14「クールビーツ」がお気に入り。今回は、キャップもリップの色とリンクしているのがまた便利。サイズもコンパクトで嬉しい。かなり日のあたる場所で撮ったので、ちょっと明るめに写ってます。見た目はちょっとダークですが、実に華やかで女っぽい発色。何よりも唇にのせた時のテクスチャーが極上! 軽くて、スーッと広がり乾かない。実はビタミンEのほか、アサイーやビルベリーといったスーパーフルーツ由来のオイルが配合されているんです。だから、唇で感じる感触は、まさにリップバーム。この乾燥厳しい季節でも、しっかり唇のうるおいを守り、ふっくらした“若見えリップ”をキープしてくれました。しかも、かなり長時間! そして塗り重ねればくっきり発色、唇の中央に置いて指でぼかしこんでも様になる使い方を選ばない自由さもいい。これは何色か揃えたい! というわけで、早くも春ポーチのレギュラー確定です。発表会のドリンクも可愛かったのでパチリ。ボビイ ブラウン「クラッシュド リキッド リップ」(全14色 各¥3500)は、2月8日(金)新発売です!●「ボビイ ブラウン」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 「優しくしちゃう!」美容ジャーナリストの永富さんがそんな風に言われたのは、このアイテムのおかげでした! アールエムエス ビューティー (上)マスターミクサー (下) アンカバーアップ 22女性って年齢を重ねるほど、男性からの"扱われ方"を微妙に肌で感じやすくなりますよね。私の統計上、商店街のおじさんから幼児まで、老若問わず優しく接してもらえるのは、イキイキとした肌がつくれた日。秘策はこのベースとハイライター。頰、額、あごに広げて重ねづけするだけで頰の高さが明確になって、ひと汗流したようなライブ感が出現するんです! それは乾燥した唇とラップ後の唇ほどの"日干し感"の差! クリーム感覚で使える点もおすすめです。ファンデーション兼コンシーラーを下地に、ローズゴールドのハイライターは頰や唇に「メイク感も出すぎずオフも簡単」(永富さん)。各5㎖(上)¥4,900・(下)¥4,800/アルファネット美容ジャーナリスト 永富千晴さん 【Marisol9月号掲載2018年】撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音
  • 【キレイになる活】人間関係や住環境も疲れの大きな原因。特に人間関係の問題は悩みの種になりがち。なので、適度な距離感を保つことが基本毎日ちゃんと寝ているはずなのに、最近、疲れがとれなくなってきた……と感じているマリソル世代の女性は多いはず。でも“年齢的にしょうがない”とあきらめるべからず。ちょっとしたコツさえ知っておけば、疲れは効率よく解消が可能。疲れないための簡単メソッドを実践して元気な心と体を取り戻して!☆私が答えます!医学博士 梶本修身先生医学博士 梶本修身先生大阪市立大学大学院医学研究科疲労医学講座特任教授。東京疲労・睡眠クリニック院長。『すべての疲労は脳が原因』(集英社新書)ほか著書多数■正しい脳疲労解消術【人間関係・住まい編】「疲れる人と接する時、相手の言動に強く反応すると脳が疲れてしまいます。多くの場合、相手は“ただ聞いてもらいたい”と思っているだけなのでうなずくだけにしましょう」「完璧を目ざして疲れてしまい、さらにできないことがストレスになっている人がいます。その場合は60%くらいのパワーで7〜8割こなすことを目標にするほうが疲れにくく、健康でいられます」「住まいはマンションより一戸建てのほうが疲れにくい。特にいいのは日本家屋で、外部の自然環境の変化を反映した“ゆらぎ”のある空間が副交感神経を優位にしやすいからです。また高層階より低層階のほうが外出回数が増え、ウツになりにくいというデータがあり、低層階のほうがおすすめです」他の画像を見る【Marisol 12月号2018年掲載】 取材・文/和田美穂
  • 1回受けたら虜になる!ともっぱらの噂。CPコスメティクスの化粧品を使ったCPサロンのフェイシャルエステが気持ちよすぎたので詳細レポートしちゃいます。たった60分で見違えるような肌に。これは体験しなきゃ損です!何度か誌面でもオンラインでもご紹介しているCPサロンのエステ。取材に立ち会って、トリートメントを受けている皆さんの気持ち良さそうな表情を見るたびに「いいなぁ~、めちゃくちゃ気持ち良さそうだな~」と、羨ましく思っていました。だって、そばで拝見していると肌が明るく、清らかになっていく様子が手に取るように分かるんです。こんなアリーナ席で“見るだけ”はツライ!ということで、実際に体験させて頂くチャンスを頂きました! 嬉しすぎて気持ち良すぎたメニューの一部始終、実況しちゃいます。まずはカウンセリングから。スタッフさんが今の肌悩みをじっくり聞いてくれます。実際に肌に触れ、現在の状態をチェック。一人ひとりにぴったりのトリートメントを導き出すとともに、頼もしいスキンケアアドバイスも。私、肌は丈夫なのですが、どうも皮膚が薄いらしい。それも即座に言い当てられました。日常的に使っている化粧品もカウンセリングシートに記入。美容液にオイルにマスクに……がっつり書いて、ありのままを告白。全てを把握してくださるからこそ、自分の肌を安心して委ねられるんです。さて、お待ちかねのエステがスタート。まずはデコルテや頭部をマッサージしてくれるプレトリートメントから。頭皮のプッシングだけでもう極楽気分! リラックスすることも、エステの効果を存分に引き出す秘訣ですからね。スチームをあてて、余分な角質を柔らかくしながらクレンジングがスタート。まずはハンドクレンジングでメイクアップや汚れを丁寧に浮かせてオフ。つまみ上げているような指先に注目してください! この技で、表面だけではなく内側の滞りも解消。これぞCPエステの醍醐味。自分では決してできないケアです。次は天然素材で肌当たりのいいブラシによるクレンジング。これで古い角質や、細かい汚れをとことんからめ取ってくれます。クレンジングの締めはガラス管による吸引。毛穴に詰まった汚れまで徹底的に取り除くことで、真からクリアな肌を目指せます。リズミカルに「キュッ・ポン♪」と響く音や軽快なタッチが心地いい。この振動も血行促進を促してくれるとか。CPエステは、この3段階の丁寧なクレンジングがキモなんです。エステ開始直後と比べて、肌がかなりトーンアップしているのにもご注目を。肌がまっさらクリーンになったら、マッサージに突入。指先を駆使して、優しいけれど心地よさがしっかり届く手わざに、もう夢心地。こんな風にぐーっと引き上げるマッサージも。この時点で、私はもう意識がどこかに行ってしまっています(笑)。クライマックスのフェイシャルマスクは、ぴったりひんやり。うるおいをぐーっと押し込んでくれるようなプレス感を楽しみながら、エステの余韻を噛み締めて。 マスクを外し、化粧水と乳液で“お仕上げ”すると、エステ前とは段違いの明るい肌に。その変貌っぷりに、エステの一部始終をカメラに収めてくれたプロデューサーTも驚愕していました。自分的な実感としては、やはり徹底的に汚れを取り去ったためか、手触りツルン&中身がみっちり詰まったモチモチ肌に!このエステ体験は昼下がりだったのでメイクをして仕事に戻ったのですが、その後はびっくりするほどメイク崩れも起こさず、快適に過ごせました。CPコスメティクスのメイクブランド「サティシェ」の春新色を使ったメイクアップアドバイスも受けられて大満足!  ちなみに2月1日(金)発売、フルリニューアルしてのお目見えです。 ここまででおよそ60分、エステで使う化粧品をボトルキープしておけば、会員価格は1回¥2000~3000! 肌をメンテナンスして、メイクも更新できる。こんな至れり尽くせりのサロンって、なかなかないと思います。で、ホームケアもカウンセリングでお勧めされた「ソワーニュ フィエルテ」をメインに、美白ライン「ソワーニュ ホワイトシフト」を挟み込む“重ね美白”を実践中。実はエステ後、プロデューサーTが仕上がりのすっぴん肌も撮ってくれていたのですが、肌全体が明るくなった分、シミ&ソバカスが激しく目立ってヒドイ有様だったので……ここに載せられませんでした。その衝撃を胸に、今年は美白に注力しようと誓った次第です。というわけで「ソワーニュ ホワイトシフト」の美白美容液、メラノクリスタルエッセンス a(30mL ¥13500)が目下のお気に入り。加齢による潜んだシミや、ハリ対策も見据えたアラフォーにぴったりの美白です。軽いテクスチャーで季節を問わず使え、全顔も重ねづけも自在。ケアをスタートして半月ほど経った今では、随分と肌のにごり感も払拭されたような。丁寧なカウンセリングとエステで、自分の肌をもっと知って愛せるようになるCPサロン。時間がないのに悩みは増える一方のアラフォーは、味方につけないと損ですよ!●「CPコスメティクス」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND