デニムは今どこで買えばいい?4ケタで似合うもの、ここにあります

Marisol ONLINE
 新年になると、「今年はどんなおしゃれに挑戦したいか」をちょっと考えてみたりします。昨年最も衝撃を受けたスタイルは、イギリス王室の結婚式に出席した「カーラ・デルヴィーニュ」。年の差はかなりあれど、カッコ良すぎて驚愕でした(´・ω・|||)

 まわりが当たり前のようにカラフルで華やかなドレスの中、ひとりブラックのシルクハットにタキシードという紳士なハンサムスタイル。それがむしろ誰よりも女性らしく際立っていました。つまり目指したい今年のテーマは「ハンサムなレディ」。・・・難しいけれど究極に素敵です!

 それで最近は真似をして、マナー違反にならない程度に華やかな場所でひそかに「ハンサム」チャレンジ開始٩( 'ω' )و たとえば先日のクラシックコンサートへは黒ジャケットを羽織り、パンツにハットで参戦してみました。
とろみパンツ&メンズのビッグTシャツにジャケット合わせのモノトーン
とろみパンツ&メンズのビッグTシャツにジャケット合わせのモノトーン
 
 帽子とパンツがあれば、基本的にどんな姿もカッコいいですよね。そしてフォーマルな場所でなければ、デニムは取り入れやすくて手軽に女性らしい「ハンサム」を目指せます(^^)/

 デニムの色は「ブラック」が抜群にクールで女っぽいです。先月号のマリソルに「白上手・黒上手」の特集がありましたが、黒を上手に使えると女性らしさは格段にUPしますよね!
ブラックデニムとヒール・ハットの組み合わせは即席簡単な「ハンサムレディ」
ブラックデニムとヒール・ハットの組み合わせは即席簡単な「ハンサムレディ」
 
 最近の黒デニムは、ほとんどこの1本「ミラ・オーウェン」です。色の落とし具合もデザインも何もかもが、デニムなのに女性らしく簡単に普段着をカッコよく仕上げてくれます。
太めでもなぜか女性らしく見えるデザイン
太めでもなぜか女性らしく見えるデザイン
 
 ミラのデニムは毎シーズン種類がたくさんあり、同じように見えてもそれぞれがトレンドをちゃんと押さえているので「乗り遅れ」の失敗がない信頼のブランド。スリム、ストレート、ハイライズ、カットオフ・・・似合うものが見つけやすく、ラインがきれいで女性っぽい!
「今、何履けばいいの(T_T)?」というデニム難民になった時は、ここで選べばほぼ間違いないのではないでしょうか?

 今月号のマリソルでも編集部のSGURさんが「ミラ」のデニムを紹介されていますね!
↑履き心地に定評がありファンの多い「ミラデニム」。新作も気になります
↑履き心地に定評がありファンの多い「ミラデニム」。新作も気になります
 
 「黒」やデニムを取り入れた最近の「ちょいハンサム」はこんな感じでしょうか?基本的には「黒+帽子」だけでそれなりの雰囲気に。
「帽子は持ってない」という方も多いかもしれませんが、「ヘレンカミンスキー」や「CA4LA(カシラ) 」など、帽子専門店なら自分に似合うものが探しやすくアドバイスも頂けるので、ぜひチャレンジしてみると世界が広がるかもしれません(^^)

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

Day1:スカートのハンサムならオール「ブラック」。質感もレザー調にすればよりクールな印象
Day2:メンズニットでよりハンサムに。この場合はスニーカーよりは断然パンプス派。
Day3:きれいなカラーコートは黒デニムを女性らしくハンサムに見せる
Day4:ホットピンクもデニムの女っぽさを上げます
Day5:冒頭のコーデをスニーカーに替えて応用。普段着ならこちらでOK
 ドレスコードが許されれば、フォーマルな場所でもカーラのようにネクタイを締めて、タキシードに挑戦してみたい2019年です٩( 'ω' )و
今年はもっと自由におしゃれを楽しみたい!
今年はもっと自由におしゃれを楽しみたい!
「着てみたい服」は、「なりたい自分」なのかもしれません。わたしの理想は、まわりにホイホイ合わせない、いつも「自分」という軸があるハンサムでクールな女性かな。 

新時代が幕を開ける今年、これからどんなおしゃれを目指しますか?

↓Clickで移動します
関連記事
  • 今アジアで最もモード魂がさく裂中とウワサの上海へ。そこはモードからリアルな制服まで、個性豊かな着こなしの宝庫だった!Lynn【リン】中国のファストファッションブランドURBAN REVIVOの別珍シャツに、ヴィンテージの羽織をミックス。オリエンタルなムードをドクターマーチンでストリートに転化。Lu【ルー】スタイリストのルーは、MissguidedのトップスにZARAのドレスとバッグというチープ&ガーリールックを、ヴィンテージの帽子でファンタジックにアレンジ。Sky【スカイ】fleamadonnaのパッチワークドレスを主役に据えた、スタイリストのスカイ。薄手のリブニットとロンシャンのバッグをオレンジで統一し、夏の日差しに映えるスタイルに。Shawn【ショーン】モデルのショーンはポロシャツにKADOLIのパイソンプリントシャツをレイヤード。ボーイッシュなデニムにレースアップブーツを合わせ、ジェンダーレスな雰囲気にまとめた。Carol【キャロル】PORTS 1961のドレスをネクタイでアレンジしたファッションエディターのキャロル。中国の若手デザイナーの筆頭、エンジェル チェンのブーツがエッジィさを際立たせている。Luu【リュウ】スタイリングアドバイザーのリュウ。ソウル発のLOW CLASSICのジャケットに上海発のLUCENCYのシャツを合わせた。足もとはNIKEとA-COLD-WALLのコラボスニーカー。Amanda【アマンダ】大学生のアマンダは、SELF MADEのシースルードレスからMONKIの水着を透けさせるテクニックを披露。クリアなブーティの特性を生かし、ソックスでも遊び心をプラスして。Army【アーミー】フェンディのコンバットブーツに合わせたのは、なんと警察官の兄に借りたというポリスジャケット! モデルのアーミーがまとえば、即座にモードなアウターに変身。Rox【ロックス】ファセッタズムの白シャツをバイクショーツとスニーカーでスポーティに着こなしたのは、広告ディレクターのロックス。ジル サンダーのバッグがモダンなムードを後押しする。 >>「モード愛はアジアが熱い! クレイジー・ファッショナブル・アジアンズ」TOPへ  
  • 先日、鎌倉へ行ってきました その時のコーデを紹介します one shoulder knit:redyazel skirt:redyazel sandal:RANDA scarf:redyazel sunglasses:SAINT LAURENTベーシックなワンショルニットは 五分袖で長いシーズン使えます◎ 二の腕まであるので、スッキリとした シルエットで着こなせます デニムスカートのポイントは ワンショルダーのサスペンダーがついて 変わった形なとこです◎ アシメスカートになっているところも とてもかわいいです 中をTシャツにしてカジュアルに着こなしたり 色々な着回しができるので万能アイテムです✌️ hat:lily brownこの日はとても暑かったので サングラスと帽子は必需品でした 首に流行りのスカーフを巻いてアクセントを⭐️ また、スカーフをサスペンダーに つけてもかわいいです✨今回は、ホワイトコーデで夏らしくしてみました☀️まりんちゃんからハワイのお土産もらった 最後に… この前同じ読モのまりんちゃんと ご飯に行った時の写メです 久々会えて嬉しかったです♡ 最後まで読んでいただきありがとうございました カワイイ選抜 No.81 宮原公子のブログ
  • すっきりと縦ラインをアピールする、ロングボトムにワンピやガウンを重ねる着こなしがブーム。ウエストを締めるのが細見えの秘訣。 優子テクなしで印象が締まる黒ワンピには涼感カラー投入 爽やかな水色をちら見せすることで、清涼感まで加わる仕組み。キャップとスニーカーでカジュアルに転ばせたら、サークルバッグで個性もプラス。 ワンピース¥5980/EMODA ルミネエスト新宿店 プリーツスカート¥5000/アダストリア(ローリーズファーム) ベルト¥790/GU キャップ¥4600/Kangol Headwear バッグ¥4900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター ふみかスカートと小物の色統一で着こなしにリズムを注入♡ プリーツスカートとガチャベルトがセットになっているから、これだけで今っぽさもスタイルUPも簡単。小物は白とベージュでまとめて大人っぽく。 ベルトつきニットワンピース&プリーツスカート¥9500/MERCURYDUO イヤリング¥2130/CHIPPI&CUU バッグ¥5400/アンビリオン(カシュ カシュ) サンダル¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ■太めベルトを締めれば 膨張する危険を防止♡ 広がって見えやすい白もベルトの威力で着ぶくれとは無縁。小物の色を合わせることで、おしゃれ感も倍増。 カーディガン¥15000/Noela ワンピース¥8900/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) ベルト¥1900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 バッグ¥12000/COO(LAUGOA) サンダル¥6900/RANDA ■リブパンツのIラインが 脚の長さをプラス補正 +リブパンツでシンプルなカットソーワンピも途端に今っぽく。 ワンピース¥2490/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 リブフレアパンツ¥5900/SPIRALGIRL ベルト¥990/GU イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥5900/UNRELISH サンダル¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) ■腰位置高めですらっと。 +切りっぱデニムで旬顔に 華やぎワンピはデニムでカジュアルに転換。ワンピはバックレースアップでウエストの締め具合が調整可能。 ワンピース¥8900/SPIRALGIRL デニムパンツ¥11000/ココ ディール イヤリング¥2900/ヒロタ(31 Sons de mode) バッグ¥9990/エヴリス 新宿ルミネエスト店 サンダル¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) モデル/新木優子 馬場ふみか 撮影/柴田フミコ ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • まだまだ雨の日が多く、どうにもこうにも湿気に負けてぺちゃんこになってしまう細くて柔らかいネコっ毛。。やっぱりショートヘアが楽チン♡弟の結婚式が終わってから切ったので、ちょっと前のヘアカット&ヘアカラーですみませんが記録用に(^-^;) いつもマリソルのヘアカタログの特集ページ等を参考にしてます。初めてピンク系のヘアカラーにしてみました。美容師さんに「本当にピンクで大丈夫でしょうか?」と心配になるくらい聞いちゃいましたが、ほんのりな色味なので、心配なしでした。ただし、ピンク系は色が退色しやすいので、しっかりヘアカラー用のケア用品が必要みたいです。地肌も弱く、カラー後のケアが心配だったので、美容院でオススメされたシャンプーを買ってみました。ショートヘアなのと、地肌が弱いので、コンディショナーは必要ないと言われ、シャンプーのみ。またリピートしようと思うくらい、私の髪質にはピッタリ♪Amatora QUO hair bath美女組No.67★アニスのブログ
  • トレンドのワークスタイルを取り入れるなら作業服・安全靴専門のコンセプトショップが穴場。今シーズンの気分に合う掘り出し物が驚きの価格で手に入る! WORKMAN ワークマン 全国に約840店舗を構えるワークマン。最近はカジュアルウェアやスポーツウェアも豊富にラインナップしており、デイリーに取り入れたくなるアイテムも多数揃う。 ベルト 各¥258/ワークマン鮮やかな色のベルトは、スタイリングのフックに。財布にやさしい価格なため、カラーバリエーションを揃えて購入するのもおすすめ。ガーデンブーツ¥1,389/ワークマン超軽量がうれしい。ライムグリーンで雨でも楽しい気分に。ベスト¥3,612/ワークマンモードの表舞台に登場したフィッシングベストは、ワンピースなどのフェミニンなウェアとも好相性。多数のポケットは手ぶらでの外出を可能に。つなぎ¥5,371/ワークマンブリーチ加工でヴィンテージの風合いをプラスしたデニムのジャンプスーツ。生地はしなやかで、着心地も配慮されている。MANNENYA 萬年屋 イエローの外観が西新宿でひときわ異彩を放っている萬年屋。動きやすくデザイン性も高い作業用の商品の数々が、今ファッション界から熱視線を浴びている。 つなぎ¥2,898/萬年屋モード界を席巻している作業用のジャンプスーツ。フロントはジップ、袖口は面ファスナーと、着脱しやすい。カラーバリエーションも豊富。レインコート¥5,167/萬年屋ニュアンスのあるパープルカラー。ウエストにドローストリングが備わっていたり、フードが取りはずしできたりと機能性も申し分ない。靴下 各¥796/萬年屋ソックス専門店でもなかなか見つけられない、足袋状のソックスがここにはある! 発色もよく多彩な色が揃っているのもうれしい。サロペット¥10,713/萬年屋ストラップのプラスチックバックルがスポーティ。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら >>05|まだまだある! 萬年屋のアフォーダブルなモードアイテム
  • 良心価格でトレンド感満載のワークウェアやグッズが手に入る、作業服・安全靴専門のコンセプトショップ萬年屋。SPUR8月号の企画「アンダー5万円の『幸せモード』」で掲載したアイテム以外にも、探せば探すほど掘り出し物がどんどん見つかる! ということで、本誌に載り切らなかった“買って損なし”の逸品を、ここで一挙ご紹介。Tシャツ 各¥777/萬年屋胸ポケット付きのベーシックなTシャツは、着まわしのきく優れもの。ワードローブにカラーバリエーションで揃えたい。ジャンプスーツ¥2,898/萬年屋ロマンティックなピンクがフェミニンなムードをプラス。腰に動きやすいアコーディオンプリーツが施されていたり、吸汗性が抜群だったりと機能面も充実している。ブルゾン¥2,759/萬年屋スタイリングにスポーツのムードを加えてくれる。フードはジップ付きの襟に収納することも可能。ライニングのネオンカラーがアクセントに。靴下〈3足セット〉¥463/萬年屋スタイリングの差し色にも使える靴下が、3足セットで¥500以下という驚きの価格。それでいてしっかりとした肉厚な生地感なのが嬉しい。サコッシュ¥1,111/萬年屋薄手で軽いサコッシュは、レジャーやフェスにもうってつけ。ストラップは取り外し可能なため、ポーチやインナーバックとして活用しても。スニーカー¥9,713/萬年屋ボリュームのあるフォルムはスタイリングのアクセントに。しっかりと足を包み込むハイカットタイプで、歩きやすさも兼ね備える。バックパック¥1,204/萬年屋マチがしっかりあり、A4ファイルなども入るサイズが便利。フロントのジップを開けるとペンポケットや鍵などをつけられるフックが設置されている。Tシャツ¥3,000/萬年屋グラフィックが大胆に配された萬年屋のロゴTシャツ。店舗のビルに描かれている亀とうさぎのプリントが目をひくインパクトのある1枚。サロペット¥3,407/萬年屋これ1枚でトレンドのワークスタイルが叶うサロペット。手ぶらで出掛けられるほど、様々な大きさのポケットが多数あしらわれている。キャップ¥1,389/萬年屋デニム生地にウォッシュ加工が施されており、程よいヴィンテージ感が漂う。しなやかな肌触りで、頭にフィットする。 【問い合わせ先】萬年屋 03-3373-1114https://www.mannen-ya.co.jp >>「ショッピングの夢が広がる!アンダー5万円の『幸せモード』 PART2」TOPへ
  • 猛暑がキツイ日本の夏。腕を出したいけれど、二の腕が気になる…。そんな悩みを解決する、二の腕を上手にカバーしてくれるトップス&ワンピースをLEEマルシェで探しました!     タックアウトでおしゃれに決まる、ありそうでなかった大人のためのロゴT 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】ロゴプリントTシャツ/¥7,000+税 控えめなロゴはフランス語で"夏が好き"という意味。フィットしすぎず、ルーズすぎない身幅や、アウトでサマになるよう計算された着丈が、季節を通しての大活躍を予感させます。折り返した袖口はアクセント効果に加え、二の腕カバーにも有効。ブラックには白、ブラウンには黒、ブラック×ホワイトのボーダーには赤のロゴ入り。     風が通り抜ける涼やかなマキシ丈ワンピを、肌離れのいいシアサッカー素材で 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】タックフレアワンピース/¥17,000+税 ストライプ状の凹凸があるシアサッカー地は、肌に張り付かず、さらりとドライで夏に最適。前肩と背中に入ったタックが、ふわっと風通しのいいシルエットを演出します。顔周りをシャープに見せるスリットネックや、気になる肩から二の腕をカバーするフレンチスリーブなど、すっきり見えポイントが散りばめられているのも福田さんならではのこだわり。     着るだけで“ラクしてきれい”が叶う、異素材使いのフレンチスリーブ T 登場 12closet/【福田麻琴さんコラボ】【洗える】ギャザーフリルTシャツ/¥8,500+税 上に表面感の美しいカットソー、下にとろみ生地を配した異素材使いに注目。バスト下で切り替えたフリルギャザーが、女性らしい甘さを漂わせます。カットソーのラクさと、ブラウスのきちんと感を兼備した、まさにいいとこ取りな一枚。手持ちのパンツに合わせるだけで、日常にふさわしいフェミニンコーデが完成します。     着こなしを表情豊かに彩る、冴えた白×ブルーのボーダーT ORCIVAL/ボーダーフレンチスリーブカットソー/¥9,800+税 ブランドを象徴するラッセルシリーズの新作は、適度なゆとりがある、上品なフレンチスリーブ。大量の糸を使い、時間をかけて編まれるラッセル生地は、丈夫でくたびれにくく、ワークウエアに適した素材としても有名です。裾にスリットが入っているので、タックアウトで簡単に決まるのもうれしい。     上品な光沢と落ち感、美発色が目を引くサテンのブラウス 12closet/【優木まおみさんコラボ】【洗える】2wayサテンブラウス/¥9,500+税 上品な光沢と落ち感、美発色が目を引くサテンのブラウスとロングスカート(商品コード:348481)は、セットアップで着用するとドレスのような雰囲気。どちらを前で着ても絵になるブラウスは、肩のラインが隠れるフレンチスリーブで、わき下から下着が見えない設計。ジャケットをはおってきちんと感を高めて着ても◎。今年らしい深みのあるグリーンと、肌色がきれいに映り、大人でも照れずに着られるピーチの2色。     肩をおおう女性らしいフレンチ袖が今どき感の引き上げに貢献 GYMPHLEX/フレンチスリーブカットソー/¥5,000+税 ラインがひびかないほどよい厚みとしなやかさを兼備。フレンチスリーブの袖口は、ヨレにくいパイピング仕上げです。ごくシンプルだから、定番の無地T感覚で便利に使い回せるはず。     体の泳ぐサイズ感が今の気分。脱平凡なボーダーおしゃれが叶う! Le minor/PETIT COPAINボーダーカットソー/¥11,000 → ¥8,800+税(20%OFF) 程よくゆとりのあるシルエットと、軽やかで涼し気な素材感が、春のおしゃれにぴったり。白地多めのボーダーも大人っぽい抜け感を演出します。     一枚で、ボトムを重ねて、ベルトなしで。アレンジ次第で表情が変わる活躍ワンピ Lee/サーマルロングワンピース/¥7,500+税 凹凸のあるサーマル素材のIラインワンピは、両サイドに深めのスリット入り。さらっと一枚で着るほか、レギンスやデニム、ロングスカートとの重ね着も楽しめます。細い紐ベルトは後ろで結んでも◎ 右袖にロゴのワンポイント入り。左肩には着脱しやすいスナップボタンが。     その他にも二の腕を上手にカバーしてくれるトップス&ワンピースを取り揃えておりますので、是非この機会にご覧ください。  
  • 白いレースから透けるデニムって、この夏ならではのおしゃれワザ!「今夜は仕事が終わり次第ビアガーデン集合~!」って朝から仲間のグループメールが盛り上がってる♪ ボーダー×デニムの動けるカジュアルで行きたいトコだけど、何か変化をつけたい......そうだ、白レーススカートを重ねてみよう。レースからデニムを透かすってワザ自体が今っぽいし、上品な華やかさも盛れて言うことナシ! 可憐なレースに似合うかごバッグを持てばフレンチシックに仕上がって、ほめられること請け合い。さあ仕事をテキパキ片づけて、今夜はハジけちゃおー!カットソー¥10800/セント ジェームス代官山店 スカート¥24000/ヌキテパ AOYAMA パンツ¥25000/ゲストリスト(アッパーハイツ) 靴¥14500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥25000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店 イヤリング¥4000/ココシュニック オンキッチュ 新宿マルイ店(エネーダ) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/東 京祐  ヘア&メイク/河嶋 希  モデル/鈴木友菜 スタイリスト/石上美津江 原文/野崎久実子 撮影協力/アワビーズ UTUWA TITLES
関連キーワード

RECOMMEND