大人ピンクはハードにならない品の良いムートンライダーで着こなす【2019/1/11コーデ】

Marisol ONLINE
1月11日は鏡開き。ご近所カフェのオーナーから鏡開きイベントをするからと誘われて、会社帰りに寄ることに。ちょっとおめでたい席なので華やかなマキシスカートをチョイス。オフィスにふさわしい白シャツと合わせても着映えるビビッドな色がお気に入り。ちょっと辛口に転びそうなライダースもムートンで優しさと上品な雰囲気で、特別感のある装いに。
ライダース¥240,000/カレンソロジー青山(ガシュロウアンドコール) シャツ¥19,000(ドゥーズィエムクラス)・靴¥43,000(バルダン)/ミューズ ドゥ ドゥーズィエムクラス 丸の内店 スカート¥45,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン)ストール¥25,000/グリニッジ ショールーム(プレディー) バングル(太)¥77,000・(細)¥47,000/CHERRY BROWN  バッグ¥359,000/アパルトモン 青山店(マーク クロス) 
撮影/草間大輔(impress+) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼きれい色コーデをもっとみる
関連記事
  • 一点投入するだけで、春夏の薄手&シンプルコーデが一気に華やぐハイブランドのバッグから、セレクトショップがリコメンドするバッグ、マリソル編集長イシダがぐっときたバッグなど、アラフォーが選ぶべき最旬バッグを一気にお見せします!【目次】 1.アラフォーが狙うべきハイブランドの新作バッグ 2.人気セレクトショップの春夏リコメンドバッグ 3.編集長イシダがぐっときたラグジュアリーブランドの新作バッグ 4.アラフォーファッションのさし色にグリーン&ブルー系バッグが効く! 5.アラフォーが大好きなブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!※商品は販売を終了している場合があります1.アラフォーが狙うべきハイブランドの新作バッグアラフォーの心を動かす美しいバッグでデイリーコーデを格上げしましょう! アラフォーが狙うべきハイブランドの「ときめくバッグ」はこちら。 ■CHANELの軽やかなバケツ型バッグ2019春夏 プレコレクションより、パンチングでブランドロゴをかたどった、軽やかなバケツ型バッグが登場。内側のピンク、そして中にはツイードのポーチつきで心躍る。短めハンドルのほか、長めのチェーンストラップがついているので、アレンジも自在。バッグ(19×21×13)¥359,000・カーディガン¥401,000・スカート¥170,000・バングル¥178,000/シャネル インナー/スタイリスト私物▶CHANELのバケツ型バッグの詳細はこちら■FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」トートバッグを二つ折りすればクラッチに、斜めがけしてメッセンジャーバッグにと、まさに“フリップ”する新型バッグ「フェンディ フリップ」。レザーと、キャンバス地の「FF」ロゴ柄、2種類のショルダーストラップがついているから、オケージョンに応じて使い分けて。「フェンディ フリップ」バッグ(23.5×30×13)¥287,000・ジャケット¥390,000・ブラウス¥115,000・パンツ¥115,000・ピアス¥29,000/フェンディ ジャパン(フェンディ)▶FENDIの新型バッグ「フェンディ フリップ」の詳細はこちら■DIORの「サドル」バッグ2000年に初めて登場した伝説の「サドル」バッグが再解釈され、復活。乗馬の世界から着想を得たという馬鞍の形に、ゴールドの“D”を配したデザインは、時代を越えるエレガントさ。ヴィンテージ調のストラップで、今の遊び心を加えて。 「サドル」バッグ(20×5.5×6.5)¥360,000・太ストラッ¥180,000・コート¥460,000・シャツ¥140,000・パンツ¥145,000・ピアス(片耳)¥43,000・リング¥62,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶DIOR「サドル」バッグの詳細はこちら2.人気セレクトショップの春夏リコメンドバッグ人気セレクトショップだけで手に入れることのできるものや別注、カスタマイズなど、人気セレクトショップ発おすすめバッグをお届け。 ■BARNEYS NEWYORK/フォンタナ ミラノ 1915のバッグトップハンドルからの丸みのあるフォルムに縫製。隅々まで美しい職人技が光る。 バッグ(24× 28×11.5)¥320,000/バーニーズ ニューヨーク(フォンタナ ミラノ 1915)▶ォンタナ ミラノ 1915のバッグの詳細はこちら■Ron Herman/ラドローのかごバッグ上質感のあるレザーコンビのかごなら、大人でも持ちやすい。たっぷりとあしらったフリンジで、シンプル服も見違える! バッグ(34×22×22)¥62,000/ロンハーマン(ラドロー)▶ラドローのかごバッグの詳細はこちら■BEAMS/エレメのコラボバッグ通常の太ストラップ(写真)に加え、細ストラップも特別に別注。気分に合わせてつけ替え可能。 バッグ(20×27×15)¥64,000/デミルクス ビームス 新宿(エレメ×デミルクス ビームス)▶エレメのコラボバッグの詳細はこちら■Chaos/ア バケーションのトートバッグ先シーズンヒットした形の新作。大きいのに軽く、ハンドルが二重で持ちやすい点も人気の秘密。 バッグ(37×45×19)¥57,000/カオス丸の内(ア バケーション)▶ア バケーションのトートバッグの詳細はこちら■ESTNATION/バルダンのスクエアショルダーバッグ型押しにゴールドの持ち手がエレガント。形がくずれず、荷物を入れてもきれいな形がキ ープできるのも人気の秘密。 バッグ(19×24.5× 8 )¥55,000/エストネーション(バルダン)▶バルダンのスクエアショルダーバッグの詳細はこちら■TOMORROWLAND/J&M DAVIDSONのコラボバッグ「トゥモローランド」40周年を記念して別注した限定色。通常ゴールドのスタッズもシルバーに。 バッグ(26.5×17.5×17.5)¥154,000/TOMORROWLAND(J&M デヴィッドソン TOMORROWLAND別注) ▶J&M DAVIDSONのコラボバッグの詳細はこちら3.編集長イシダがぐっときたラグジュアリーブランドの新作バッグラグジュアリーブランドの2019年春夏バッグの新作から、編集長イシダがぐっときた逸品バッグをご紹介! ■SAINT LAURENT「キャンバスバッグがクラッチになったりシーンに応じて顔を変えて楽しめるのがなにかと忙しい大人向きですよね」(編集長イシダ) (右)カサンドラロゴがきいた正面のポケット部分は、取りはずすと薄型のクラッチバッグに早変わり。トートにはショルダーストラップつき。「アップタウン」バッグ(23×23×11) ¥239,000・(左)中の巾着を取りはずせば、シンプルなトートバッグとして。ラムレザーの上質な風合いが生きる巾着は、それだけでもバッグとして活躍する。「ショッピング・テ ディ」バッグ(33×25.5×19.5)¥199,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)▶「アップタウン」と「ショッピング・テ ディ」バッグの詳細はこちら■BOTTEGA VENETA「美しいキャメルカラーは、極上のレザーならでは。こんなビッグクラッチをラフに持ちたい!」(編集長イシダ) 若きダニエル・リーが手がけた初のバッグコレクション。柔らかなレザーで硬いフレームを包んだビッグクラッチは、丸みを帯びたフォルムが愛らしい。「THE POUCH」バッグ(20×39×19)¥260,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶「THE POUCH」バッグの詳細はこちら■BALENCIAGA「定番色のグレーなのに、しゃれ感がある!機能的な使い勝手も備えているのがいい」(編集長イシダ) 人気ラインの新作は、都会的で着こなしを選ばない絶妙なグレー。取りはずしのできるショルダーストラップは長さ調節が可能なので、肩がけも斜めがけもOK。「EVERYDAY LOGO」バッグ(22×19×9.5)¥128,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)▶「EVERYDAY LOGO」バッグの詳細はこちら■LOEWE「着こなしに抜け感を加えてくれるリネンのバッグ。でもそれだけじゃない、品格もあるのが大人好みです」(編集長イシダ) オープンバケット型の新作。アシンメトリーに配したハンドルは、カーブしたピンバックルで長さ調整が可能。カーフスキン&リネンは、軽さも耐久性も優秀。「BALLOON」バッグ(37.5×22×23)¥171,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)▶「BALLOON」バッグの詳細はこちら■STELLA McCARTNEY「荷物がたくさん入って、使いやすさ抜群のシリーズ。白×ネイビーは、新鮮かつ凛々しくて惹かれます」(編集長イシダ) サンドブラスティングしていないエコデニム素材を使用。間口が大きく、中のポーチは小分け収納にも便利。ショルダーストラップつき。「ステラ ロゴ」バッグ(21×32×12)¥121,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)▶「ステラ ロゴ」バッグの詳細はこちら■CHLOÉ「今季、シンプルな中に存在感のあるロゴ使いが新鮮に映ります。ノーブルなたたずまいが本当に素敵」(編集長イシダ) 新アイコン「Chloé C」は、大胆な"C"の金具とゴールドチェーンで華やぐデザイン。シャイニーレザーのボディに、フラップ部分はスエードを加えて表情豊かに。「Chloé C」バッグ(14.5×21.5× 5 )¥127,000/クロエ カスタマーリレーションズ(クロエ)▶「Chloé C」バッグの詳細はこちら4.アラフォーファッションのさし色にグリーン&ブルー系バッグが効く!おしゃれが映える「グリーン」、爽やかな印象を与える「ブルー」、華やかで元気な「 イエロー」。トレンドカラーのバッグを取り入れればいつものコーデぐっとが新鮮に!■GREEN/グリーンカラーのバッグアースカラーがトレンドのこの春。ベージュやブラウンといった旬色になじみつつ、上品なアクセントにもなるグリーンへの注目が急上昇。  (右)しっかりとしたレザーにノット(結び目)デザインが個性的な巾着型。こっくりした濃いめのトーンで合わせやすい。バッグ(18×16×10)¥32,000/コード(ヴァジック) (中)大人の遊び心を感じさせる上質なレザーのバスケット。若草のようなさわやかな色が素敵。バッグ(16×17×17)¥94,000/スタニングルアー 青山店(WAI WAI) (左)スエードならではの柔らかな質感で女っぽく持てるカーキグリーン。たっぷりあしらわれたフリンジも華やか。バッグ(18×25× 7 )¥96,000/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン)▶グリーンカラーのバッグ3点の詳細はこちら■YELLOW/イエローカラーのバッグ春らしい明るさがありつつ甘さ控えめなイエローは、アラフォーも取り入れやすいおすすめのトレンドカラー。 (右)さし色をきかせるのが苦手な人も、こんな小ぶりサイズならトライしやすいはず。まだ寒い時期のコートスタイルもこれひとつで一気に春らしく。バッグ(14×15×10)¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) (左)かっちりとした上品な形で、ポケットも充実。お仕事コーデに華やかさを添えたい時にもおすすめ。ショルダーストラップつき。バッグ(16×21×11)¥128,000/バーニーズ ニューヨーク(ミチノ) ▶イエローカラーのバッグ2点の詳細はこちらBLUE/ブルーカラーのバッグ海や空を思わせるきれいなブルーも今季は豊作。清潔感をアップさせ、着こなしを軽やかにする効果も。 (右)ミニチュア感のあるサイズが可愛いトート。ほんのり甘さのあるパステルカラーをきかせて。ショルダーストラップつき。バッグ(16×28×11)¥128,000/フォクシー 銀座本店(フォクシー) (中)羊革を使用したふかふかの手ざわりが気持ちいいキルティングバッグ。素材が上質なので、鮮やかなカラーでも大人っぽく。ショルダーストラップつき。バッグ(19×29×15)¥128,000/アマン(ザネラート) (左)今季も変わらず人気のバケツ型バッグは、色で遊んで新鮮味を。パープルがかった色みが上品。バッグ(18.5×17×17)¥70,000/アッシュ・ペー・フランス(MELI MELO) ▶ブルーカラーのバッグ3点の詳細はこちら5.アラフォーが大好きなブランドバッグを自分らしくカスタマイズ!チャームやストラップで、イニシャルで。アラフォーが大好きなブランドのバッグに自分らしい遊び心をトッピングしてみては? ■フェンディのストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶フェンディ「モン トレゾール」バッグの詳細はこちら■ディオールのキャンバス素材ストラップ伝統的なジャカード織にメダリオンをつけたボヘミアンムードなストラップや、ライン使いがスポーティなストラップで、バッグがモードな表情に! (ストラップ右)片面はブランドロゴで片面は絵柄、二面性が楽しい。ストラップ¥115,000・(ストラップ左)フリンジとアンティーク調のメダリオンがドラマティック。ストラップ¥220,000/クリスチャン ディオール(ディオール)(バッグにつけたストラップ)ライン使いがスポーティなジャカード織ストラップをオン。「LADY DIOR」バッグ(25×32×11、バッグと同素材のショルダーストラップつき)¥540,000・ストラップ¥115,000/クリスチャン ディオール(ディオール)▶ディオール「LADY DIOR」バッグとストラップの詳細はこちら■プラダのロボットチャーム「それどこの?」と聞かれること間違いなし! 電子部品で工作したような、おとぼけ顔のロボットがキュートなチャームをシンプルなトートにつけて。チャームの一部にバッグと同じ上質な「サフィアーノ」レザーを使用。 バッグ(19.5×28×12)¥255,000・ピンクロボットチャーム¥51,000・ピンクロゴチャーム ¥36,000・グリーンロボットチャーム¥51,000(すべて予定価格)/プラダ クライアントサービス(プラダ)▼プラダのバッグとロボットチャームの詳細はこちら■グッチのイニシャルカスタマイズ大きめなGGパターンのトートバッグの両面、または片面に、好きなアルファベットを入れられる。イニシャルは4 種類の素材・16パターンから選べる。オンラインで仕上がりイメージを見ながらカスタマイズできるのも嬉しい。こちらのイニシャルはクリスタルつきのフェルト素材。 「『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグ」(43×41×5.5)¥259,000〜393,000/グッチ ジャパン(グッチ)▼グッチの『ABCDEFGUCCI』 オフィディア トートバッグの詳細はこちら
  • 4/13(土)〜4/19(金)までの「明日のコーデ、どうする?」をまとめてお届け!4月13日(土)末はデコルテと足首見せで上品でカジュアルな犬とのお散歩コーデ 4月14日(日)野球観戦は甘めカジュアルに応援するチームカラーをほんのり意識して 4月15日(月)新入社員研修で指導係としてスピーチする日はセットアップで凛として他の画像を見る
  • マリソルや美女組さんたちが早い段階でオススメしていたので買ってはいたものの・・・ 寒すぎてなかなか着れずに溜め込んでいたシャツワンピたち♡ やっと出番です!!3月~4月は仕事もプライベートもバタバタしていましたが 少し仕事が落ち着いたので 久しぶりの投稿です♪ 桜の時期は寒かったけれど やっと、気持ちの良い過ごしやすい気候になりましたね(*'▽') 気づいたら今年もキモッコウバラが咲き始めていました。桜と同じくらい、咲いている時期が短い 我が家の黄モッコウバラ。 黄色・・・ そういえば・・・ 今年買ってまだ一度も着ていなかった シャツワンピースがあったことを思い出し 一緒に撮ってみました。 黄色好きな私は、また黄色系を買ってしまいました((´∀`)) この日の朝はGジャンを羽織って出かけたのですが 昼間はアウターが要らないくらいポカポカ陽気でした。今回はワンピースで着たけれど シャツのボタン全開でカーディガンのように着るのも有りですよね。 その時はやっぱり白Tにジーンズが無難かな?? もうさすがにレザージャケットは暑かったけれど ワンピの上から ジャケットできれい系も Gジャンやブルゾンでカジュアル系も 何パターンも着回しアレンジできるアイテムはありがたいです。それにしても お手入れされていないボコボコに荒れ果てた 庭がお恥ずかしい( ̄▽ ̄;) せめて雑草くらい抜いてから撮れば良かったかな 庭でバスケやサッカーをする息子たちのために とりあえず敷いた人工芝。 息子たちもしばらくいないので GWにお庭、整えようかな?笑 何度もボールが飛んできても ほったらかしでも 毎年この季節に咲いてくれるモッコウバラ(^^♪ しばらく癒されそうです♡ シャツワンピース:MOUSSY美女組No.160 yukoのブログ
  • スタイリスト・徳原文子が、春のトレンドキーワードとともに、今年のベージュを最高に素敵に見せるカラーコーディネートテクをお教えします!この春は今年らしい華やかなトレンドを楽しむための「ベース色」としてもベージュは大活躍の予感! 色のもつパワーと、着こなしで生まれる化学反応。マリソルは「ベージュ最強」をここに宣言します! ■ベージュ×ジューシーなきれい色「果物のように鮮やかな発色のアイテムが今季はたくさん出ています。なかでもおすすめなのが、きれい色のボトムをベージュでなじませる着こなし。テクニックいらずで新しいおしゃれを楽しめます(徳原さん)」ベージュ×ピーチピンクで完成!洗練のフェミニンコーデ「黄みを帯びたピーチ色、ひんやりとした光沢感。甘すぎないピンクスカートを、スエードブルゾンなどカジュアル感のあるベージュでさらにこなれさせて」。ブルゾン¥62,000/サード マガジン Vネックニット¥24,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュマルティニーク) スカート¥63,000/スーパー エー マーケット(マラホフマン) ピアス¥29,000/デ・プレ(アンコモンマターズ) 3 連バングル¥18,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュール) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥80,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ミッシェル ヴィヴィアン)ざっくりニットのドライな色と質感が、濃密カラーのパンツと好相性「ひときわ鮮やかな、パープルのくるぶし丈ワイドパンツ。赤みのないサンドベージュと合わせるのが簡単です」。 →アイテム詳細はこちらベージュの要素が入ったきれい色はグラデーション配色でなじみ度UPブラッドオレンジのような明るい発色。前後スリット入りで女っぷりも◎。 →アイテム詳細はこちらビビッドイエローのとろみパンツをキャメルベージュで大人シックに膝が隠れる長め丈のカーディガンはきれい色ボトムの分量調整に便利。 →アイテム詳細はこちら【Marisol4月号2019年】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO
  • ロングスカートで足長!ポチっと安心して買えるのは、この通販だからです最近自分が「ピンクのスカートマニア」なのではないかと思える今日このごろ。マリソル5月号の通販ページをパラパラめくっていたら、また見つけてしまいました。こんな小さなところに素敵なピンク♪↓「またピンクか!」…先日「VIS」のピンクスカートをご紹介させて頂きました。すでに「超お気に入り」を発掘済みなので、自分でも「もうピンクはいいかな」と思っているんです(泣)。でも気になる。 デニム好きな人が他人から「同じのたくさん持っているよね」と言われるのときっと同じ感覚です。自分としては色も素材も丈の長さも同じではなく「持ってない」! で、1日だけ悩んで次の日ポチリ。…やっぱり買っちゃった。 今シーズン2枚めの「ピンクスカート」は、こちらマリソルオリジナルブランド「M7days(エムセブンデイズ)」のリネンのロングスカート。スタイリスト徳原文子さんとのコラボ商品です↓大人っぽくてカッコいい、そして品がある徳原文子さんのスタイリングはとても勉強になります。特に印象に残っているのは、少し前になりますが、マリソル2018年1月号の「白」の特集。本当に素敵でした↓だからこの価格でコラボ商品は本当にビックリ。価格だけみると「VIS」の4ケタにはかないませんが、コラボでしかできない内容がギュッと詰まった価値あるスカート。それを知るとかなりのプチプラに思えるのですよ! ちなみに「ピンク」ではありますが、「VIS」のスカートと並べるとまったく違うのです(言い訳)。まずはこの価格で「日本製」というところがすごい。加えてリネン100%で大人が着られる「ピンク」は、わたしの中ではほとんど見たことがなかったのです。だから惹かれました。 ピンクでも深みのある大人色。「ピンク」なのか「レンガ」のような茶系レッドなのかを迷うような「あいまいカラー」です。「あいまい」だからこそ合わせる色幅が広がります。ベージュやネイビーなどのシックなカラーがよく合い、40代でもコーディネートしやすい。それにリネン100%がさらに大人の雰囲気を盛り上げてくれます。↑ウエスト回りも数センチ切り替えになっているので、インした時にはスッキリとしたきれいな印象に見えます。ポケットもついているのがうれしいです。 でも、何よりもまずは着用のシルエットが大事ですよね。「これ間違いないな」と思ったのは、一番上の写真でモデルの五明さんが着用されているシルエットを見た時です↑「足長っ!」。そして、ロングスカートなのにものすごくスッキリして見えます。そこにはやはりワケがありました。 ↓これはうしろ姿なのですが、スリットが大きく入っているのです。なのでロングでも重く見えずに歩きやすく、後ろ姿がきれいで女性っぽい。また、裾に向かって広がるように下方にボリュームのあるデザインなので、ウエストあたりがスッキリと細く見えるのです♪おなか回りスッキリ&下方にボリュームで、トップスをインすると足長に見えます。ロングでも軽やかにみえるバランスや、後ろ姿まで美しいシルエット。人気のスタイリストさんならではの計算された商品が16,000円(税抜き)ならこれはお得です。 深みのあるピンクにはダーク系やベージュなどの落ち着いた色がぴったり。1枚で色々な着方が楽しめます♪【土曜日】ネイビーを合わせ、旅行の下調べに本屋さんへ↑大人が安心してピンクを楽しめるカラー合わせのひとつ、ネイビー。「イレーヴ」のカットソーの美しさはご存知の方も多いのでは?リネン素材にはかごバッグやサンダルが雰囲気をUPしてくれます。「ネブロー二」の深いブラウン、これは本当に合わせるものを選ばないプチプラを輝かせる名品です!【日曜日】スニーカーを合わせたラフスタイルで、近所のカフェで読書↑レンガっぽいの赤系のスカートにブラウンは相性抜群。シャツをインしてもスッキリと着られます。「マディソンブルー」は胸の開き具合が絶妙に決まるので重宝なシャツ!くるぶし丈のマキシにはハイカットもよく合います。 ↓長めのトップスをかぶせるように着るのもおススメ。また違ったテイストが楽しめます。 一番上の写真で五明さんが持っているバッグは「GIANNI CHIARINI(ジャンニキアリー二)」なのですが、わたしも小さいサイズを持っています↓イタリアの人気ブランドですが、マリソル通販ではスカートと一緒に買えてしまうのもうれしいです。しかも、インポートにしてはかなりお手頃! マリソル通販が利用しやすい点は、アイテムを着用した動画が見られることですね(すべてではありませんが)。写真だけでは判断しにくい服の動きがみられるので、通販でもイメージと相違が少ないのが助かります。 (長めのスリットがお気に入り↓)「同じの持ってる」…そう言われてもめげないぞ! でも、この夏はもうピンクのスカートは買いません(笑)▶M7days(エムセブンデイズ)「【徳原文子さんコラボ】リネンスカート」の詳細はこちらをチェック▶GIANNI CHIARINI(ジャンニキャリー二)「ショルダー付2WAYバッグ」の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.14★ 「100円ショップの付箋&メモパッド(各108円)」 メモや付箋はすぐに捨てるものですが、かわいいデザインはもらってうれしいし書いても楽しめます。お仕事でも使いますが、子どもの学校で役員をやっていると、親同士の物の受け渡しも多く伝言メモが必須。どうせなら普通のものよりも見て楽しいほうがいいなと、普段から可愛いものを見つけると買ってしまいます。 最近のお気に入りはこちら↓「キャンドゥ」でみつけました。リップスティックはセロファン素材で強度があり、目立つ色もわかりやすくカワイイ★そしておじさんが何か叫んでいる付箋!これが楽しい。 これは立たせることができるのでとても便利です。叫んでいる絵がインパクトがあり印象に残るので、見てもらいたい伝言にはぴったり!大したことないメモでもちょっと楽しくなります。 リアルにおいしそうなフルーツはメモパッド。これも捨てたくないくらいかわいい♪LINEのスタンプと一緒で、メモってその人の雰囲気が出ますよね! 書いていても楽しくなるメモ、100円なら惜しみなく使えます♪ 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • ゆるっとしたロングシャツ×細身レギンスパンツで縦長ラインを作って※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます最近かかとをあげるだけダイエットのおかげか痩せたような気が。さらにスリムに見せるべく、トップスをロングシャツにして縦長ラインを強調してみる。ブラウン×黒のダーク配色なら視覚的な引き締め効果が期待できそう。老け見えを防ぐために、ヌーディサンダル、袖のロールアップといった上品肌見せのテクニックで軽やかさを出すのを忘れずに。パンツ¥26,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) シャツ¥29,000/アパルトモン 青山店(リジエール) 帽子¥27,000/アマン(アルテサーノ) バッグ¥32,000/コード(ヴァジック) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • シャツ一枚で出かけられる大好きな暖かい季節がやってきました。 まだ寒い季節のうちに、暖かくなったら真っ先に着たいと思い購入していた白シャツ。 今年はゆったりした長めの丈なものを選びました。 これはお得意のZARAのもの。 サイズ選びには時間を掛けました。試着室で各サイズを試着。ふんわり&ゆったり感を重視して、結局Mサイズにしました。 シンプルすぎるほどの白シャツなので、胸元や手元はシルバーでキラキラさせました 小物も今年の春先に購入した、ロエベの籠バッグ。 靴はエクラ別注のペリーコで、スタッズ付きの白。 最近買う靴はペタンコばかり笑 今年の春夏の私のテーマは大人リゾート 旅行、たくさんしたい気分です! Instagramもアップしています。 ⇩華組 近藤和子ブログ
  • 手持ちのベーシックを活性化する、それぞれの「ちょっとの冒険」と着こなしにフォーカス!■カジュアル派のための「1点投入服」とは?スポーティアイテムでお得意の〝抜け感のある女っぽさ〞を満喫カジュアル派にぴったりなのが、この春一気にトレンド最前線に躍り出たスポーティアイテム。ただしコーディネートは従来のアスレジャーよりもう一歩きれいめに。ヒールやスカートといった女っぽいアイテムと合わせ、上品で洗練された雰囲気に仕上げるのが気分!1:カジュアルブルゾン春らしいイエローをシックなモノトーンに合わせて大人っぽく今季は大人の上質なワードローブを提案するブランドからも、スポーティなアイテムが続々登場中。こちらのフードつきアノラックは「ブラミンク」のもの。ミモザのような明るいイエローが目をひく一枚を、黒ニットワンピでさらりとシンプルに。足もとは絶対ヒールで、女っぷり高く仕上げるのを忘れずに。ナイロンパーカ¥95,000・ワンピース¥90,000/ブラミンク イヤリング¥31,000(グーセンス)・靴¥75,000(ニナ リッチ)/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店 バッグ¥16,000/アルアバイル(ルル・ウィルビー)2:ダッドスニーカー旬の〝ダサ可愛い〞足もとで一気にコーデが今年顔に!"ダッド=休日に父親が履くような"野暮った さが、コーデのアクセントになる! とメンズから火がついたこのブーム。マリソル世代が取り入れるなら、女らしいスカートの足もとに、がおすすめ。スニーカーだから歩きやすいのはもちろん、厚底でスタイルアップがかなうのもひそかなメリット。スニーカー¥28,000/オーラリー(東京デザインスタジオニューバランス×オーラリー) Tシャツ¥19,000/スティーブン アラン トーキョー(サヤカ デイヴィス) ニット¥28,000/メイデン・カンパニー(アンデルセン-アンデルセン) スカート¥38,000/ブルーバード ブルバード ピアス¥11,000/アルアバイル(フィリップ・オーディベール) サングラス¥21,000/フレームワーク ルミネ新宿店(レイ バン) ネックカフ¥28,000(ロンハーマン ジュエリー)・バッグ¥30,000(ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア)/ロンハーマンマリソルが数年前から打ち出している、“女っぷり”というファッションコンセプト。その中には「シンプル」「カジュアル」「フェミニン」の3つテイストが。本誌では、「ブレンダシンプル」「SHIHOカジュアル」「蛯原フェミニン」と分類してこの“女っぷり”3大スタイルを大検証!【Mariso4月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/Dai Michishita  メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO
関連キーワード

RECOMMEND