出雲大社のすがすがしい空気に触れて。

Marisol ONLINE
行ったのは少し前のことですが、年初めに投稿したいなと温めておりました。
ずーっと関東暮らしの私にとって、写真の中の世界だった出雲大社。
「一度は行ってみたい」という思いがとうとう叶いました。

ガイドブックの案内通りに廻って、最後のほうに念願の大きな社に到着。
圧倒されながらも、神聖な空気に満ちたその場所は寒さを忘れるすがすがしさでした。
入り口パチリ。
早起きしたお陰で近くの駐車場に車を置くこともできました。
ゆっくりと敷地内を廻ってなんとなく清まった?後は、お楽しみの出雲そば屋さんへ。
周辺にはたくさんのお蕎麦屋さんがありますが、今回は少し離れたところにある老舗「かねや」さんに伺いました。
お味の違う3種類のお蕎麦を楽しめるのが嬉しい。しっかりした歯ごたえの田舎蕎麦で、とっても美味しかったです。最後はそば湯で体もポカポカになりました。
関連記事
  • ミーハー加減と詰め込み加減とお金のかけ方加減が我々世代にとにかくちょうど良い!旅に出たい、旅に出たいと気が付くと思っているような気がする。 成田空港の近くで生まれ育ったので、羽田空港に行こうもんならグアムに着いちゃうよ、という感覚で旅行はもっぱら海外であった。 社会人になりたての頃は羽田空港は国内線の飛行場(あえて空港とは書かず)というイメージもあり、出張を経験するまで国内線に乗ったことがなかったのである。 空港というものは出発時刻の2時間前に集合するところであるし、パスポートを持たないで行くわけにはいかないだろうといつもの手順で羽田空港発札幌行の飛行機に乗るために先輩を待っていて大笑いされた。 近年は羽田空港からもたくさん海外へのフライトが飛び交い、何なら成田より便利だなあと利用をしているのだが、この書籍の筆者であるひとりっPさんも羽田を利用して週末の深夜フライトから月曜朝着で出社するという修行以上の荒行を楽しんでいらっしゃる。 一連のひとりっぷ関連の書籍やインスタやブログが好きな理由として、 しっかりと働きながら、 おしゃれも好きだしおいしいものにも目がないし、 そこそこミーハーで、 貧乏くさいことは嫌だけど、 あんまりリッチぶったばかりのもちょっと違うんだよね、 という感覚のもちぬし(つまり私)にジャストフィットするためである。 読んでいて本当に楽しい。つい先日ひとりっぷ3が出たので早速買ったのだが、やっぱり楽しかった。 ちなみにひとりっぷ2は「秘境編」だそうで、買うのをためらっている。 秘境=我が家で十分 1冊目は「今日も世界のどこかでひとりっぷ」 2冊目(秘境編)は「明日も世界のどこかでひとりっぷ」 3冊目は「昨日も世界のどこかでひとりっぷ」 4冊目はどうなるんだろう。。「いつも?」または「とにかく?」かしら。海外旅行で使えるアプリや、便利グッズの紹介もすでに使っているものとかぶっているものも多くてものすごくうれしかった!自分はずれてないって! 両替の考え方も同じだし、効率的なパッキングも具体的ですごくためになる。 雑貨や現地のお菓子チョイスもとにかく真似したいものばかり。 本を読みながら夏の旅行が楽しみだとわくわくしているのであります。 女子会でおしゃべりしてるようなひとりっPさんの文章もとっても親しみやすくて楽しいガイドブック。 かな~りおススメです!KB インスタ美女組No.82KBのブログ
  • この渓谷はどこ?! と思ってしまう眺めは、箱根小涌園の通りを挟んだ奥にある、全室露天風呂付の旅館「箱根小涌園 天悠」の敷地内の景観。ここを運営する藤田観光は、ホテル椿山荘東京などでも有名ですが、実は明治から商社として栄えた藤田財閥がルーツ。ここは藤田家の別荘を譲り受け、旅館を開業したことから始まる、藤田観光創業の地なのです。通りの向かいにある蕎麦貴賓館は、100年前の1918年に勝てられた2代目総師の別邸だったところで、国登録有形文化財建造物に登録されているほどの希少な建物。庭園も見事で、展示してある美術品も見ることができます。そんな財閥が一般の人々が楽しめる温泉施設を、と作ったのが箱根小涌園だったのです。そして、藤田観光が箱根小涌園の敷地に全室露天風呂付の「箱根小涌園 天悠」を作ったのが、2017年のこと。中でも1階にある6つだけのこだわりの特別客室は、通常の2倍の広さで、「時代×文化」と「自然×四季」をテーマに、それぞれが違ったコンセプトで作られています。特別客室では着物を着た専属スタッフに、チェックインからチェックアウトまで対応していただけるので、快適に滞在を楽しむことができるのです。この「小涌谷」のお部屋は、大正時代のハイカラがコンセプト。箱根小涌園創業当時を味わえる造りで、専用庭ともつながっているので、露天風呂から出て、ちょっとお散歩気分で庭やせせらぎを眺めたり、とてもプライベートに楽しむことができます。「宮ノ下」は明治時代の西洋ロマンがコンセプト。そこはかとなく和を感じる洋風さが落ち着けます。どの部屋も専用露天風呂がゆったりサイズなので、庭や山の緑を見ながらお湯に浸かるのは、格別です。お部屋には、柄違いの浴衣と色帯、それに靴下が選べるように置いてあり、滞在中、汗をかいたり、しわになったら着替えられるのも嬉しい配慮です。特別客室では、夕食を鉄板焼、しゃぶしゃぶ、寿司、すき焼き、会席、または部屋食より選ぶことができ、朝食は、5階のダイニングで和洋ビュッフェの食事を楽しむことができます。同じフロアにはバーもあり、緑を眺めながら、また夜にはライトアップされた大人の雰囲気を味わいながら寛ぐこともできます。とはいえ、自慢の露天風呂も気になるところ。まずは、5階の車沢の湯。大きな内風呂を抜けると、なんと石の階段からお湯があふれて流れてきています。滝の音が涼やかなかけ流しの湯は、美人の湯と言われているのです。6階の浮雲の湯は、標高600mに位置し、箱根外輪山を180°見渡せる絶景で、インフィニティの温泉は、宙に浮いているようです! 朝日が昇る瞬間、夜の満天の星空。お月見をしながら、また11月下旬にはピークを迎える、紅葉の時期の入浴も魅力的です。そしてこの屋根は何かというと。スパの外観です。緑に囲まれた渓谷庭園内にある別棟として、「庵スパ箱根」があります。KAGAEの和漢テラピーや、ミキモトコスメティクスのプロダクツでのフェイシャル、資生堂Qiのエステラピーボディなど、ラインナップもさまざまなコースがあります。特別室のゲストは、セラピストはお部屋に赴く、インルームスパも可能です。ここは、明治時代に建てられた民家を移築した、梁や欄間も見事な「鉄板焼・しゃぶしゃぶ 迎賓館」。先の「蕎麦 貴賓館」の隣にあり、蕎麦「 貴賓館」では、ディナーやランチを楽しむこともできるのです。箱根の自然と一体化したような、くつろぎを感じることのできる「箱根小涌園 天悠」。こちらの、露天風呂付特別客室のご宿泊を、プレゼント!この3月、おかげさまでOurAgeは5周年を迎えました。大好評の、ビッグプレゼント 今年は豪華12連発にて実施します!第8弾は、「箱根小涌園 天悠」1泊2食付き (当選1名:1組2名様) 特別客室(部屋はお任せ)特典:「庵スパ箱根」フェイシャルもしくはボディのいずれか、50分です。※ご応募は、こちらのページからどうぞ!締め切り/7月1日(月)9時箱根小涌園 天悠〒250-0407 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1297℡0465-20-0260
  • 2015年に国連サミットで採択された、2030年までの国際目標である、持続可能な開発目標「SDGs(エスディージーズ)」。これは海や陸の豊かさを守る、ジェンダー平等の実現など、17の目標で構成されている。目標達成に向けてサステイナブルな動きが活発化するファッション界からハイブランドの活動にフォーカス。ラグジュアリーの価値観が変わりつつある今、どのブランドの服を買うのか、サステイナブルな一枚を選ぶのかは、私たち次第。その自由な選択に責任を持つことが、未来のラグジュアリーにつながっている。グッチ"ROBE D’HOMME POUR FEMME"のレタードが入ったスパングルのロングドレスは、ジェンダー平等をストレートに表現。手にしているのはZINEの『CHIME』。ドレス¥1,550,000・ティアラ¥236,000・靴¥105,000/グッチ ジャパン(グッチ) タイツ/スタイリスト私物ジェンダーの平等はブランドとしての新しい指針 ジェンダーの平等や自分らしさの自由な選択について精力的に発信しているグッチ。2013年に立ち上げた「CHIME FOR CHANGE」は、世界中の少女と女性のために上げられた声を集結するグローバルプロジェクト。この計画はサルマ・ハエックやビヨンセらが共同発起人となり、ジェンダー平等を実現目標にしたキャンペーンとして飛躍した。今年1月には『CHIME』というZINEを創刊。NYのアクティビストでライターのアダム・イーライが編集し、賛同するアーティストたちが寄稿。ジェンダーの平等を訴求している。またグループ内でもジェンダーの格差を正すよう努力を続け、シニアマネジャーの59%が女性に。グローバルなファッション企業の中で、ジェンダーにかかわらず人間が生きやすい社会や環境づくりの旗振り役として、これからも期待大だ。バーバリークラシックなインバネスコートも光沢感のあるエコナイロンでモダンに。なめらかな肌ざわりで、トレンチのようにベルトがついている。コート¥135,000・ドレス¥220,000・ブラトップ¥60,000・ショーツ¥50,000・靴¥135,000(すべて予定価格)/バーバリー・ジャパン(バーバリー)よりいっそう着る喜びが増すサステイナブル素材の服 バーバリーは昨秋、在庫を廃棄処分しないことをリリースし話題を集めた。それ以前から再利用や修理で生かしていく方針は固めていたが、昨年5月にはファッションのリサイクルプログラム「Make Fashion Circular Initiative」のコアパートナーになるなど、現在も取り組みは拡大中だ。さらにサステイナブル素材として、世界で64万トンといわれる廃棄された漁網や再生ナイロンで作られたエコナイロン「ECONYL®」をプレフォールコレクションに使用。これによって、ナイロン糸製造の過程で必要な原油使用量と二酸化炭素排出量を減らすことができるという。エコナイロンとトラッドスタイルを組み合わせてモダンに昇華したリカルド・ティッシのデザイン。このサステイナブル素材は新しいモードをつくり、まとう者の楽しみまでも広げていく。ショパール氷のキューブが着想源のアイスキューブ コレクション。フェアマインド認証のエシカルゴールド。(上から)シンプルな直線型。ネックレス〈K18WG〉¥210,000・グラフィックで動きのあるフォルム。〈K18RG、K18WG〉¥460,000/ショパール ジャパン プレス(ショパール)すべて追跡可能なエシカルゴールドにスイッチ 昨夏にジュエリーや時計に使うゴールドをすべてエシカルゴールドに切り替えたショパール。エシカルゴールドとは、流通経路が生産から消費・廃棄段階まで追跡可能(トレーサブル)なゴールドのこと。ゴールドの採掘の現状は、現場で働く採掘者が劣悪な環境で労働を強いられたり、不当に値切られたりと、複雑な問題が山積み。その状況を改善しようと、採掘者などルートが明確なエシカルゴールドを採用している。2013年には「公正な採掘のための連盟(ARM)」と提携。採掘者に資金や技術を提供することで、採掘者のフェアマインド認証(ARMが定める基準をクリアし公正に採掘された鉱物だけに認められるもの)取得に対する責任を担っている。これまでにもショパールの支援でコロンビアとボリビアの鉱山がフェアマインド認証を取得。ペルーの採掘者にも支援を行い、教育や福祉面でのサポートも実施予定だ。たくさんの人々の手を経て届く質のいいゴールドには、関わった人へのやさしさも光となって輝いている。クレージュポップなモチーフが浮遊感を誘う。アーカイブコレクションから着想しモダンにアップデートしたコットンケープとパンツ。スナップボタンつきで、自由なイメージを表現している。ケープ¥173,500(参考価格)・パンツ¥104,000・靴(参考商品)/エドストローム オフィス(クレージュ)メゾンの象徴的な素材、プラスチックからの脱却 2018年にクレージュは、アーティスティックディレクターにヨランダ・ゾーベルが就任。彼女が真っ先に取り組んだのは、メゾンの代名詞のようなプラスチックの使用をやめること。ブランドが創設された1960年代は、テクスチャー加工したビニールなどプラスチックは未来的な素材だったが、2019年ではサステイナブルな素材のほうがクレージュの未来を描くことができる、と考えた。今後はビニール素材に替わる新素材の開発を計画している。昨秋には"プラスチックの終わり"がテーマのカプセルコレクションを発表。明るいイメージはそのままに、耐久性のあるコットンやオーガニックリネンと、ポストプラスチックな素材で、新しいメゾンの歴史を刻み始めている。ステラ マッカートニー動くたびに裾がスウィングする可憐なドレス。100%のサステイナブルビスコースで、タイダイプリントが開放的。ドレス¥210,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)持続可能に管理された森から木を調達してビスコースに 2001年のブランドスタート時から地球環境に配慮した物作りを行い、その第一人者として語られてきたステラ・マッカートニー。ここ数年は特にスタートアップの開発者と組んで、エシカルな服作りを着実に実現している。そのひとつがサステイナブルなビスコース(レーヨン)だ。木材の繊維から作られるビスコースは、生産のために年間1億5000万本もの木が伐採されている。それを減らすため、持続可能に保護管理され、認証を受けた森林からのみ木を調達。そのパルプはドイツでビスコース繊維になり、イタリアで生地化。生産をヨーロッパで行うので、輸送の面でも二酸化炭素の排出量を抑え結果的に森林を守ることに。一枚のドレスでおしゃれをすることが、実はきれいな空気の維持につながっているのだ。 Special interview with Stella McCartney 「ステラ・マッカートニーさん、ファッションで地球は救えますか?」 photography: Mary McCartney 「救える」と信じる、モード界におけるこの分野の先駆者に、改めて取り組みについて聞いた。彼女が考える地球の未来を私たちも一緒に思い描けたなら、幸せな明日に少し近づくはず。 素材や染色、全方位的なサステイナビリティ化を  地球環境保護についての自身の哲学をブランドでも追究してきたステラ・マッカートニー。持続可能な開発目標「SDGs(エスディージーズ)」と照らし合わせても、彼女が行なっている活動と重なることが多く、積極的に関わっていることが見て取れる。しかし、本人はまだまだ道は遠いと語る。 「いつもサステイナブルにできないかと心を砕いていて、もっとモダンな展開方法を模索しているけれど、そう簡単なことではありません。EP&L(環境損益を数値化した計算書)レポートを毎年提出して改善に努めていますが、私たちも完璧じゃないんです」  サステイナビリティはすべての根幹で、それなしでは何を得ることも、生きることすらできない、と話すステラ。全方位的にサステイナブルな取り組みを進めているが、今最も注目を集めているのは素材の開発だ。たとえばサステイナブルビスコースについて、そのクォリティに自信を示している。 「私たちはキャノピーという非営利の森林保護団体と提携して、ビスコースになる木材をFSC(森林管理協議会)認証を受けている、スウェーデンの持続性を管理した森から産出されるように取り計らっています。納得のいく生地が完成するまでには2年かかりました。けれど今では、サステイナブルビスコースを使っている業界唯一のメゾンであることを誇りに思っています」  取り組みがパワーアップしたのは、2012年に社に参加し、現在は持続可能性・倫理的トレード部門のトップにいるクレア・バーグキャンプによるところも大きい。ステラとクレアはアメリカのバイオテック企業ボルトスレッド社と提携し、新素材を研究開発。マイセリウム(菌糸体)で作られたレザーの代用をするバイオ素材「マイロ」(アイコンバッグ“ファラベラ”での商品化を目指している)や、クモの糸から着想したエシカルなマイクロシルクなどを採用。ほかにも世界のテック系スタートアップを探し出して協力関係を築き、時間をかけて商品化してきた。 「いつも新素材やテクノロジーの開発、イノベーションに取り組んでいて、やりがいを感じています。これまでの素材の代わりになるものが生まれそうという情報が入るとわくわくしますね」  また、素材開発以上に地球環境にダメージを与える工程である染色については、どのように考えているのだろう。 「“カラリフィックス”という、染色工程の新しいあり方を編み出した会社と提携しました。それは有害性の低い化学染料や薬品を使い、従来の10分の1の水で染色できるプロセスなんです。このテクノロジーは、産業界をはじめ、世の中をもガラッと変えるものになるんじゃないかと考えています」一番サステイナブルなのはみんなが着たいものを作ること  再生カシミヤ、オーガニックコットン、再生ナイロン、ファーフリーファー。すでにこれらのサステイナブル素材はコレクションに定着。今は素材からデザインを着想することも少なくない。しかしあくまで服が先にあり、具現化するためにそれらが必要なのだ。 「私ができる最もサステイナブルなことは、デザイナーとして誰もが欲しいと感じ、捨てたくないものをデザインすること。美しいものを作りたいから、サステイナビリティのためにスタイルを妥協したくはありません」  持続可能な生活を営むことが当たり前の環境で育てられたから、細胞の中にまで刷り込まれている、というステラ。彼女が展開するビジネスにサステイナビリティを求めるのは自然なことだ。「SDGs」の目標達成が叫ばれるようになった昨今、グローバルなラグジュアリーブランドが積極的に関わるようになったことに対して、彼女は大歓迎の姿勢を見せる。 「素晴らしいこと。そういう企業が増えるほどうれしい。もうこの業界も真剣に、酷い悪循環が地球に及ぼす衝撃について考えるべきでしょう。今だってプラスチックはほんの少量、ファッション業界に絞ってもほとんどリサイクルされていません。やるべきことはたくさんあります。サステイナビリティの話題になると罪悪感や恐怖心を抱く人がいますが、率直な対話をしなくては。この“変化”は実現可能であると私は信じています。この業界に携わる人々がより努力して地球を汚さない方策が定められてこそ、ファッションの未来があるのではないでしょうか」 Profile1971年生まれ。イギリス出身。母の影響で幼い頃からベジタリアン、アニマルフレンドリーの信条を持つ。セント・マーチンズ卒業後、1997年に25歳でクロエのクリエイティブディレクターに就任。2001年に自らのブランドを設立。 >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年7月号「Fashion saves the earth」photography: Ayumu Yoshida styling: Tomoko Iijima hair: HORI 〈bNm〉 make-up: Masayo Tsuda 〈mod’s hair〉 model: Annie edit: Akane Watanuki 
  • 大好きな軽井沢。こちらはここ数年のお気に入りショップの一つです。こんにちは^^ 初めて軽井沢に行ったのは15年以上前ですが、真夏の暑さに疲れ切った体が、爽やかな空気に触れてとても休まって感動しました。 それからずっとリピーターです。雪国経験がない私が真冬を越せるほど甘くないと思うので暮らすことは難しいですが、とにかくあの空気が大好きです。 ・ 今年も5月に行きまして、インスタにはのせたのですが写真の加工(縮小)ができずこちらにレポートできず。 こちらでは、その時に買って「やっぱり美味しい!」お味噌のお話です。 ・ 酢重さんのお店は旧軽井沢の入口付近、ダイニングと商店、セレクトショップが軒並びにあります。 商店には、ダイニングでも使用している調味料などが販売されていて、私は毎回こちらのお味噌を頂いて帰ります。 ・ 今回は3つですが、信州こがね味噌は必ず! あとは気になったものをいくつか選ぶ感じです。 調味料好きなので、こちらだけじゃなくいろんなお店で買って自宅の料理で味比べを楽しんでいます。 ・ ちなみにダイニングはお魚の御膳が美味しいですよ! また軽井沢レポート、したいと思います^^美女組No.102yuccoのブログ
  • 中谷美紀さんが表紙を飾るLEE7月号。LEE愛読者代表である100人隊の感想をブログからピックアップ! 見どころの一部をご紹介します! 1・062 ミノリさん 「LEE最新号の発売日。早速、コンパクト版を購入しました」 1・062 ミノリさん 「はまじさん、かわいい♡ファッション特集の『最旬Tシャツ』の着こなし解説、夏に快適な『風通しのいいパンツ』の特集、レシピ特集は餃子と春巻きなど、夏を感じる記事が満載です。(餃子と春巻きはビールと一緒に食べたいので、私の中でやっぱり夏のイメージ。笑)」 1・062 ミノリさん 「付録のハワイガイドは、伊藤まさこさんおすすめのハワイの素敵な場所がたっぷり載っています。ハワイは新婚旅行で一度行ったことがあるのですが、オシャレで素敵なお店ばかりで、確実にまたハワイに行きたくなります(貯金しないと・汗)。今月も読み応えたっぷり。この週末、楽しく読み進めたいと思います♡」 2・006 あんはなさん 「そろそろ梅雨入りですね。くせ毛にはつらい季節……。お庭の紫陽花も綺麗に咲き始めました。さて、本日発売のLEE7月号、雨だけど早く読みたくて書店に走りました! 表紙は中谷美紀さんです」 2・006 あんはなさん 「今月はなんとこのガイドブックが付いてます! のんびりおしゃれなハワイ旅、読んでいるだけで幸せな気分になります♪ ハワイのお土産もおしゃれなものばかりでワクワクしちゃいますね。実は今年、ハワイに行く予定があるのでしっかり予習しようと思います」 3・TB 季絵さん 「【私の洗濯これで合ってる?】。6ヶ月の息子は小さいのに洗濯物がいっぱい出ます。娘は毎日いっぱい遊ぶので泥が……。縦型・ドラム型と分けて洗濯のポイントが書かれています。うちはドラム式。基本をしっかり見直します」 4・057 pepiさん 「LEEの最新号。今月号でいちばん目が♡になったのは、実は餃子ページでして(笑)。もともと大好きな餃子だけれど、夏は特に食べたくなる! そんなわけで、今日の夕ごはんは餃子に決定!」 4・057 pepiさん 「瀬尾幸子さんのレシピを見ていたら味噌が味付けに入っていたので、今日はそれを真似していつもの餃子のタネに味噌を加えてみました」 4・057 pepiさん 「ちょうど今日スーパーで見つけた食べるラー油。ジャケ買いだったけれど、味も美味しい♡」
  • じめっとした梅雨時期だからテンション上がることがしたい! ハワイアンカフェでたくさんしゃべって気持ちすっきり!マリソル美女組の小田急線添い交流会?笑 楽しい時間を過ごしたメンバーは No.69 かんちゃん No.66  risaさん No.117 みっきーさん (残念ながら体調不良で来られなかったmieさん。また次回乞うご期待!!) 注文したコーヒーにかわいいメッセージ付きおしぼりコーヒーを飲めば下にも隠れメッセージ!一人ひとり違う絵にキュン そしてここ『ゼロワンカフェ』はかんちゃんがチョイスしてくれたオシャレカフェ。 店内はアメリカンなインテリアで居心地のいい空間。 そして何よりおもてなし抜群のカフェ! おしぼりにはかわいいウエルカムメッセージ。 コーヒーを飲めば下にもかわいいメッセージ♡ キュンキュンしちゃうお店でした。 今回はランチをいただきましたが、 スイーツも有名なんだとか。 特にオーストラリアから上陸したシェイクで メイソンンジャーにたっぷり詰まったシェイクと、 その上にドーナツやクリームがもりもりの 「モンスターシェイク」がすごいらしい! この一食でカロリーオーバー間違いなしの恐ろしいスイーツ笑 でも気になるので 次回はteatimeに来てみよう♡ 気づけばみーんな男の子ママ! 子供のやんちゃ話で大盛り上がり! そして最後は撮影会!笑 こんなにかわいらしい壁画アートがあるんです。 写真はrisaさんと一緒に・・♡ 私はミントグリーンのカシュクールマキシワンピースを グリーンの花柄スカートと合わせてワントーンコーデに。 (写真で見るとミントグリーンはグレーに見えるー!汗) ワンピース GALLARDAGALANTE スカート  IENA バッグ   ebago risaさんのパイソン柄のスカートとてもかわいかった~! risaさんのアニマル柄ファッション結構好きです 笑 ブログアップが楽しみです~ かんちゃんとみっきーさんはホワイトを取り入れた旬の爽やかコーデ。 二人ともすらっとしていて素敵でした。 みなさんのコーディネートもブログをアップしています。 そちらもどうぞ~ 定期的に小田急線添いの交流会?笑 で集いたいな~ 次回がたのしみです♡ かんちゃんこちら→→みっきーこちら→→01cafe→→美女組No.91麻衣のブログ
  • 体を動かす事が大好きな2人、 ランニングスタイルがマストな台湾旅行✈️5月の終わりに、一年前から計画していた台湾旅行に行ってきました✈️体育会系な2人が選んだ観光スタイルは、ランニング観光 各地のフルマラソンやウルトラマラソンに参加している、友人の提案です。 最初に目指す場所は台北101。 ざっと7キロの道のり。早起きして、さぁ出発! まずは前日に館内を見学した国立台湾博物館。隣の二二八和平公園は自然豊かで、運が良ければ野生の動物に会うことが出来ます。途中で屋台で朝ごはんを食べたり、ランニングならではの発見があったり、何より活気ある台湾が身近に感じられました。朝市の果物はとても安くて新鮮なものばかり。朝の通勤風景。バイクの数が凄すぎる!公園には朝活する人が沢山。オブジェの前で太極拳。1つ目のポイント地点到着! 台北101にある、天空のスタバに行きたかったのですが、前日予約が必要だったらしく、入れず リサーチ不足でした 7キロもあっという間!途中寄り道しながら、楽しいラン ‍♀️次の目的地は松山文創園区。 元々煙草工場だったものをリノベーションして、展覧会や芸術活動を行う、今はオシャレスポット。 その中でも閲楽書店はノスタルジックな雰囲気で、一番のお気に入りスポットです。ノルタルジックな外観は素敵の一言。店内も雰囲気のある空間一通り走った後は、台湾シャンプーを体験。 美容院によっては、普通にシャンプーして終わりということもあります。 私たちはこの立ち上げをやってみたかったので、ここを選びました。ガイドブックにも掲載されている有名店台湾シャンプー、これをしたかった!綺麗さっぱりした後は着替えて、もう一つの文創園区、華山1914へ。こちらは元お酒工場。 今は、カフェ、レストラン、ショップ、そしてアートやイベントなど開催される台北一のエンターテイメントスポットになっています。 かわいい雑貨やインスタ映えしそうな写真スポットも沢山! 一日中いても飽きない素敵な場所です。華山牧場の濃厚タピオカミルクティーは絶品区内にある華山牧場カフェでホッとひと息。 今日一日で走った距離は25キロ。 達成感でいっぱい! 寄り道しながらのランニングはとても楽しく、ちょっと変わったこんな観光の仕方もいいな〜と思いました。 次回は、グルメな台湾をご紹介したいと思います。InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみてください。Instagramはこちらからどうぞ。華組 豊田真由美ブログ
  • カウンター席しかない、でもどの店舗もとっても便利な場所にある。暑さで食欲がないときも優しいお茶漬けランチ体験。だし茶漬け[えん]は色んなところにありますが、基本カフェ以外は一人で入れない(気が小さいから。たまにお腹が空きすぎて入ることもあるけど、食べたらすぐ出ます。気が小さいから(笑))ので、気になっていたけど素通りでした。 ・ いっつも忙しい相方さんとお昼にちょこっと時間が合いそうな日、30分くらいしかないけどお昼食べようみたいな日に急に思い立ち、初入店してみました。 はじめに食券を買うスタイルで、ちょっとわくわく。 写真の天ぷらがコロコロのった海鮮お茶漬けにしました。 ・ 待っている間にメニューを見直していると、これも美味しそうだね、と欲が出てくるのが食券の難しさです。 待っている間にお話…ほとんど私が話しているだけですけど、を済ませて、お食事。 今の時期って、暑いけど室内が寒くて、あたたかいおつゆが飲みたくなるんですよね。 そんなお腹を満たしてくれました。とっても美味しかったです! ・ カウンターだけだとママさんは難しいかもですが、お仕事の合間にお腹をほっこりさせたい時にはぴったりと思います。 冷やしのお茶漬けとかもあったので、いつか再来店したいお店でした。 美女組No.102yuccoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND