角層を整えてつるり柔肌に!「乳液」部門のトップは?【2018年下半期マリソル “うぬ惚れ”ベストコスメ大賞】

Marisol ONLINE
今季のスキンケア部門はアラフォーの素肌の格を倍々でランクアップする名品ぞろい。至福の時間と感動の手応えを約束するスキンケアでうぬ惚れ度もピークへ。

■スキンケア部門 Best「乳液」

1/3

2/3

3/3

★BEST 1
アルビオン エクサージュ モイスト アドバンス ミルク
「角層が整うと、ここまで肌はキレイになれるのか、と改めて納得。洗顔後の肌を瞬時に柔らかく。次に使う化粧水をぐんぐん引き込んで、しっとりすべすべに。3 種の中でお気に入りなのが、Ⅰ。さっぱりした感触でキメをふっくら立ち上げ、使うほどに毛穴が目立たなくなるんです。この美肌感は感動モノ!」(美容エディター寺田奈巳)。「肌質に合わせて選んだ3 種のオイルをそれぞれ水分との絶妙なバランスで配合するこだわりと繊細さはさすが乳液のスペシャリスト。だから、理想の柔肌が瞬時にかなう。もちもち感に思わずうっとり」(美容ライター山崎敦子)。全3 種各200g¥5,000

★BEST 2
ITRIM エレメンタリー スキン エマルジョン
「選びぬかれた精油の香りがとにかくクセになる! 生薬や植物の恵みがここまでスピーディに、かつ力強く働くことに驚かされる。くすみが抜け、ダレた毛穴やキメが立ち上がってくるよう」(美容コーディネーター弓気田みずほ)。今季の注目を集めた大型新高級ブランドから。精油をふんだんに配したテクスチャーと香り立ちの上質を極めた仕立ても話題。75㎖¥20,000。40㎖¥10,000

★BEST 3
コーセー ルシェリ リフトグロウ エマルジョン
「とろんとなめらかながら、肌にぐっと浸透。肌の内側がミルクで満たされている充実感があり、仕上がりはもっちりハリ肌に! スキンケアのフタとしての役割はもちろん、ホットタオルと組み合わせたりして、ヘビロテしています」(美容家、美ファイン研究所主宰小林ひろ美)。ハート形の頰と輪郭を引き出す新技術が話題の大型新ブランド。3種各120㎖¥3,000(編集部調べ)

【Marisol1月号2019年掲載】撮影/山口恵史 スタイリスト/郡山雅代 取材・文/山崎敦子 大木知佳 構成/原 千乃
関連記事
  • マリソル編集部からのお知らせみなさまこんにちは。ただいまマリソル9月号「知花くららとトライ!『アラフォーこころの短歌』」テーマにて、読者のみなさんからの短歌を募集しています。 お題:仕事、家庭、恋愛、子育て、おしゃれetc…シーンやジャンルは問いません。 気になったこと、はっとしたこと、ときめいたこと、腹が立ったこと。 あなたが感じたこころのままを、五七五七七に込めて送ってください。 応募締め切り:2019年6月24日(水)23時まで 詳しい応募方法はMarisol ONLINEから、もしくは「アラフォーこころの短歌」で検索を! みなさまのご応募をお待ちしております❤️ ※応募にはHAPPY PLUSの「プラス会員」登録が必要です ※未発表のものに限らせていただきます ※お一人様何首でも応募可 ※いただいた短歌やコメントは編集部と知花くららさんが読んだうえで、マリソル 2019年9月号本誌および電子版にペンネームとともに掲載される場合があります。 ※いただいたコメントは、掲載時に編集部が改変する可能性があります。 ※ご提供いただいた個人情報は本企画以外で使用することはございません。
  • スキンケアでもメイクでも、大人にうれしいコスメの進化はとどまるところを知らず、今年の上半期も優秀な新作が目白押し。美容ジャーナリスト・小田さんは、美白をスタンダードケアとして環境やストレスに負けない透明ツヤ肌をキープ! そんな彼女が美白の先進性を感じた“超私的ベストコスメ”をご紹介。小田ユイコの超私的ベストコスメ「ベースメイクで本格美白ができたり、新規美白有効成分が誕生したりと、特に美白でニュースが多かった今年上半期。シミをつくらないということは、若々しい美肌を持続させること。環境やストレスに負けずにいつまでも透明ツヤ肌でいたければ、美白をスタンダードケアにすべきだと再認識。そこに先進性を感じたコスメが私的定番に!」1.ディオール アディクト リップ グロウ マックス 212「染まるようにぴたりとフィット。表情まで明るく華やぐ」 「一日のうちに1回は『それどこのリップ?』と聞かれます。バームが唇をふっくらつややかにしつつ、パールリッチなカラーがしっかり発色。ベタつかず、しかも色が長持ち。いつのまにか素唇に!? ということもない」。唇を24時間保湿。¥3,800/パルファン・クリスチャン・ディオール2.富士フイルム アスタリフト ホワイト エッセンス インフィルト「黒いかたまりに見えたシミが、くずれるようにベージュ化!」 「頑固な居座りジミにまで届く、先端技術に拍手を!  濃いシミが薄くなるのを実感し、頰の色ムラも均一に。浸透しにくいシミ部分にもスッとなじむのは、さすが『ナノ化』の王者、富士フイルム!」。根深いシミに潜み、メラニンをため込む「シミの骨」を浄化。30㎖(医薬部外品)¥7,0003.ランコム UV エクスペール トーン アップ ローズ「ファンデーション不要と思うほど明るく、幸せそうな肌に」 「3本目をリピート中。肌がトーンアップして、女性らしい血色透明肌に。紫外線、空気中の汚染物質から肌を守ってくれて、ムズムズせずいつも快適。服に移らないので首、デコルテまで使用」。都市型生活のあらゆる悪影響から守る「ピンクの美人UV」。SPF50+・PA++++ 30㎖ ¥5,8004.ポーラ ホワイトショット MX「エネルギーに満たされ光がまわる肌に。すっぴんを自慢したくなる美白!」 「肌そのものが、息を吹き返したようになる乳液。ジェル状なのでスッとなじみ、なかなかなじまないストレスがありません。シミが明るくなっていくとともに、肌全体がサテンのようになめらかに」。表皮細胞を強化し、眠れる力を呼び覚ます新美白アプローチ。78g(医薬部外品)¥11,000これもLOVE賞 資生堂薬品 ザ・コラーゲン〈ドリンク〉W 「翌朝、内側からハリと透明感が高まる体感がうれしくて、夜寝る前に飲んでいます。コラーゲンを生み出す力を高めるから、肌だけでなく血管や骨、歯茎のことも考えて飲み続けたい。保存料無添加なのもうれしい」。50㎖ ¥250【Profile】 小田ユイコ 美容ジャーナリスト。美的好奇心をもち、最新コスメを科学的視点からも探究。むずかしい理論もわかりやすく伝える、その語り口にも定評あり。>>「エクラ大人のベストコスメ2019上半期」はこちらから撮影/大原敏政(aosora) 構成・文/巽 香
  • アラフォー以降に増えてくるトップがつぶれるのにうねる髪。その対処法をプロがレクチャー☆教えてくれたのは…美容師 CHIEさん 美容師 CHIEさん マリソル世代から人気のサロン・代官山『PearL』主宰。ヘアケアにも精通つぶれるうねり髪は芯を強くするのが必須 「ペタンとうねる髪は髪自体が弱くなり、まっすぐ立っていられなくなっている状態、と想像してください。髪は内部のコルテックスやメデュラ、表面のキューティクルでほぼ構成されています。もっている素材はどんな髪質もみな同じですが、その割合が違うんです。弱くなっている髪はその内部構造やキューティクルの厚みがもろくなり、湿気の影響を受けやすく、またダメージを受けてもうねりやすくなります。ですからこのタイプにおすすめしたいのは、髪自体を強くするケアとスタイリングなんです」(CHIEさん・以下同)テクニック①『インバスケア』で髪を補修して強くする「髪内部の栄養が少なくなっているので、しっかりと内部補修できるヘアケアを始めましょう。とはいえ、若いころに使っていたダメージケア系の重くなる仕上がりだとよけいに髪がつぶれてしまいます。大人の女性は内部補修をしながら、軽い仕上がりのシャンプーを選ぶのが大切です」1)『奇跡の一滴』と呼ばれるCHIEさんおすすめアイテム。オラプレックス No.4 ボンドメンテナンスシャンプー 250㎖¥2,800/プロジエ  2)髪内部の構造を補強。セグレタ シャンプー 430㎖(オープン価格)/花王 3)ノンシリコンながら補修力が高い。モイストシャンプー 230㎖¥2,800/エトヴォス 4)髪の立ち上がりをサポート。オージュア エクイアルシャンプー 250㎖¥3,500[美容室限定品]/ミルボンテクニック②『アウトバスケア』は、湿気をはじく軽めオイルを「白髪対策のためカラー頻度が多くなっているアラフォーの髪は、キューティクルが薄くなっています。そんな髪には浸透力の高い軽めオイルをアウトバスに。しっかり栄養を入れスカッとした髪を補修できるけれど、ベタッと重くならないライトなオイルがベストです。湿気をはじいて髪をガードし、うねりにくい髪にしてくれますよ」1.洗髪後タオルドライをしたら、適量を手に広げ、オールバックにしながらトップ→毛先へON02.手に残ったオイルは、もみあげ、前髪、生えぎわなど、うねりやすい部分に重ねづけをして☆Items❸美容成分配合の植物オイルを贅沢にIN。スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オ イル R 20㎖¥3,000/THREE❷顔にも髪にも使えるオイル。アスタキサンチンなど贅沢成分を 配合。スプリナージュ スパスージングオ イル 40㎖¥3,800/アリミノ ❶乾燥ダメージを補修し軽い仕上がりに。リクイール グローヘアオイル 60㎖¥2,500 /カネボウ化粧品 テクニック③『形作り』はブラシつきドライヤーで立ち上げドライ「うねり髪は寝ている間の汗でも形が 崩れるので、朝リセットするのがおすすめ。つぶれやすい髪質はテクニックいらずで根元を立ち上げやすい"ブラシつきドライヤー"でセットするのを推奨! 立ち上げブローやストレートのブローを簡単に、サロン仕上がりのようにつくることができます」01.うねり髪の元凶である、ハチ上の根元部分をミストスプレーなどでしっかりとぬらして02.いつもの分け目とは反対へ大胆に分け、風を横から当ててドライ。その後は反対側も同様に03.頭皮に対して毛束が90度になるように、根元から引っぱるようにまっすぐブローする04.最後に冷風モードに変え、毛束を落ち着かせるようにブロー。まっすぐの髪をFIXする☆Items5種のブラシつきで、立体感のある髪型がつくりやすい。くるくるドライヤー ナノケア EH-KN99(オープン価格)/パナソニックニット¥10,000/イトキン カスタマーサービス(MK ミッシェル クラン)【Marisol7月号2019年掲載】撮影/藤澤由加(人物) 岩谷優一(vale./CHIEさん、masatoさん) さとうしんすけ(物) ヘア&メイク/コンイルミ(ROI) スタイリスト/程野祐子 イラストレーション/佐藤由実(藤村雅史デザイン事務所) 取材・文/松井美千代
  • 本格的な夏セールももうぐですがプレセールでゲットしたスカートが優秀です^_^ マリソル7月号をみて ブラウンアイテムがほしくて ショッピングしていたら プチプラで人気の KOEでプレセールになっていたので スカートを購入しました前からみるとこんなかんじ。 ウエストマークされているのと ストンとしたシルエットが 大人な雰囲気です後ろはこんなかんじ。 トップスをいんしたときに ゴールドファスナーが ポイントになり スリットも深すぎず 気に入っています。 ちなみにポケットもついてます夏はZARAの白Tにあわせて レストランディナーでは黒ブラウスと。 秋を意識してグリーンのブラウンとあわせてもいいかなと 思っています^_^色々と着回せる優秀スカート プレセールとメルマガ登録割引で 2000円ほどでした^ - ^ 良い買い物ができました〜^_^ 美女組No.125 juriのブログ
  • ベーシックなスタイリングが見違える注目デザインをピックアップ。今すぐ着られて夏まで活躍間違いなし。【注目はおり①】 要注目の最旬はおりといえばこれ!■スポーティブルゾン きれいめボトムスと合わせることでアラフォー世代がぐっと取り入れやすく。フェミニンなディテールがしなやかなスカートと好相性襟もとやすそ、袖口がドローストリング仕様になっていて、ふんわりとしたシルエットに調整可能。微光沢なフレアスカートでつくる女性らしいスタイリングに、ひとさじのアクティブなムードを添えてくれる。ブルゾン¥43,000/ebure ニット¥29,000/スローン スカート¥25,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) バッグ¥48,000/アパルトモン  青山店(スタウド) サンダル¥44,000/エストネーション(ネブローニ) サングラス¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ブレスレット¥91,000/CHERRY BROWN(チェリーブラウン)正統派の端正なつくりが大人のボーイッシュには必須アイビーの流れをくむトラディショナルなムードのブルゾンが、きれいめパンツとロゴTをカジュアルにつなぐ役割を果たしてくれる。腰丈のコンパクトなサイズ感だから上半身が小さくまとまり、少しボリュームのあるパンツとグッドバランス。ブルゾン¥56,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) Tシャツ¥25,000/マディソンブルー パンツ¥26,000/ティッカ(ティッカ) バッグ¥33,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(へリュー) ピアス¥17,000・リング¥11,000/フラッパーズ(シンパシー  オブ ソウル スタイル)【注目はおり②】 トレンドの全身バランスが手に入る ロングライトコート 「長め×長め」「長め×ボリューム」の今年らしいシルエットが即・完成! ワンピースにはおれば印象がぐっとドラマティックにスタイリングいらずで、涼しく快適なワンピースは暑い夏の強い味方。小物だけでスタイルをアレンジするのには限界があるけれど、はおりものをプラスオンするだけで着こなしが一気に華やかで凝った印象に。白衣のようなドクターズコートは、注目のデザイン。ロングコート¥89,000/エイトン青山(エイトン) ワンピース¥32,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) バッグ¥110,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サンダル¥75,000/エストネーション(ネウス) ピアス¥78,000/ショールーム  セッション(ヒロタカ)盛夏まで重宝するのがゆるっとはおれるガウンタイプカットソー+デニムなど、夏に増えるワンツーコーデの救世主といえば軽やかなガウンタイプ。"布帛のロングカーディガン"感覚で使えるから、ヘビロテ必至。ロングコート¥42,000/カオス丸の内(カオス) カットソー¥8,500/ボウルズ(ハイク) デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) ハンドバッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) サンダル¥37,000(バルダン)・スカーフ¥36,000(ヴィンテージスカーフ)/カレンソロジー青山 ネックレス¥37,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ)【Marisol7月号2019年掲載】撮影/黒沼 諭(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/EIJI SATO メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/松村純子 モデル/牧野紗弥 取材・文/発田美穂
  • マリソル編集部のおすすめ情報をお届けマリソル7月号もう見ていただけましたか? カバーはSHIHO!「楽してきれい!」のタイトル通り、軽やかな動きがきれいなSHIHOの撮影中の1コマです。彼女はいつも海外含め忙しく飛び回っているけれど、会う時はいつもHAPPYオーラ全開。結果、まわりの私達にもエネルギーを注入してくれるすごい人なのです! もう一枚では、とーっても好評だった前回のカバー5月号を持ったSHIHOのもとにスタッフみんな集合!! 今月号もマリソルの中にはおしゃれ心をくすぐられる“おおっ”というコーディネートばかりがつまっています。是非手にとっていただければと思います!(編集長イシダ)
  • フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。パンツ派・SHIHOの「楽してきれい」なコーデ術をマスター! 旬のチェックパンツに、白スニーカーで安心感とこなれ感を投入 トレンドの目新しいチェックパンツが、定番の白コンバースでぐっと身近でこなれた印象に。仕上げに肩かけジャケットできちんと感、大ぶりピアスで女っぽさを足して。 スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) Tシャツ¥14,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム  クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥65,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥90,000/TOMORROWLAND(ワンドラー)靴そのものに「品格」がある上質なレースアップ靴でハーフパンツもきれい見え パンプスに匹敵するきちんと感がありつつ、歩きやすいレースアップ靴は休日カジュアルの格上げにも大活躍。少年ぽくなりすぎないよう、トップスはギャザーブラウスでやや甘めに。 靴¥159,000/ドゥロワー 丸の内店(エドワード・グリーン) ブラウス¥36,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(グリントマティ) パンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥75,000/ジャーナル スタンダード  レサージュ 青山店(バッグ イン プログレス)クロップドパンツには シルバーの輝きで女っぽさをプラス! クロップドパンツを旬のグリーンにすればさらに上級者感がアップ。はおりとバッグは黒を選んであくまでシックな印象にまとめて。靴¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ) ワンピース¥36,000(インディビジュアライズド シャツ)・バングル¥106,000(ソフィー ブハイ)/フレームワーク ルミネ新宿店 カットソー¥6,500/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス  ビームス) パンツ¥20,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) イヤリング¥5,800/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥40,000/ウィム ガゼット青山店(イアクッチ)シンプルなワントーンにレースパンプスでレディな女っぽさをひとさじ 甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) カットソー¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥21,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 涼しげなギャザーパンツを、スリッパサンダルでほんのりモードに ウエストがゴムになった薄手のギャザーパンツは涼しく快適。とろみ素材が女らしい一本を、ギャザー袖のシャツブラウスと合わせてふわっと女らしい印象に。一見ルーズになりそうな着こなしをローファー風の大人スリッパでかちっとモードに引き締めて。靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ブラウス¥16,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥19,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥8,000/レリタージュ マルティニーク(エイム) バッグ¥10,000/TOMORROWLAND【Marisol7月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 蛯原友里 
  • “肌が美しく見えること”を追求して数々の名品ベースメイクを生み出してきたカバーマーク。待望の新ファンデーションは、とっても使いやすく繊細な仕上がりのパウダリー。立ち向かうのは「毛穴」です。暑がりで汗っかきの私。真夏の身支度はそれこそ“戦い”です。朝シャワーで毛穴が開ききった肌を化粧水で引き締め、体温で溶け落ちそうなファンデーションを空調で冷やしながら手早く塗り固めて……って、ほとんどチョコレートのテンパリング。そこまで頑張っても一歩外に出れば汗が吹き出し、ファンデーションの毛穴落ちが頻発。疲れて見えるし老けて見えるし、お直しも大変! 夏の毛穴とファンデーション、この戦いは永遠に続くと思っていました。そこに現れたのがカバーマーク シルキー フィット。女性たちの肌悩みの上位に常に挙がる「毛穴」のカバーに特化したファンデーションです。毛穴カバーのカギは、パウダーの細かさと密着力。カバーマーク史上最少ミクロンの粉体が肌はもちろん毛穴の中までカバー。しかも独自の製法で塗布時に隙間なく均一に並ぶことで、粉体同士の結合力も強化。皮脂くずれを阻止する処方も施された、新時代のパウダリーです。レイシ・高麗人参・アロエ配合と大人肌の保湿対策万全なのも惹かれたポイント。そんな繊細なパウダリーの脇を固めるツールもすごいんです。まずこの専用スポンジ。細かい粉体の分散を高め均一な仕上がりをかなえる網状の目を持つスポンジで、密着力を高める“圧“を生み出す弾力あるスポンジをサンド。このミルフィーユ構造が粉っぽさを感じさせないなめらか肌を生み出します。で、実際に使ってみたら…すーっと肌をなでるだけでスポンジにとったパウダーがほどけるように広がり(なんか新鮮な感覚なんです!)、とってもきれいな仕上がり。ワンストロークで毛穴の目立たない、なめらかなシルキー肌に。毛穴が消えると、それだけで若見えするから不思議。そしてホントに粉が細かい! まるで霧のようにふんわりと肌を包み込み、ソフトフォーカスで柔らかそうな肌を演出してくれます。均一に粉が乗るから重ね塗りの必要もなく、ささっと仕上げられ時短にも貢献。こんなに簡単に美肌が手に入るとは! これで夏の朝の支度がずいぶんと楽になりそうです。ゴールドからピンクのグラデーションが美しいコンパクトケースも、実はこのファンデーションのための特別仕様。毛穴カバー効果を最大限に高めるため、独自のプレス技術で繊細に固められたファンデーションを優しく守るクッションつき(左)、そして中蓋式(右)なんです。これ、リフィルの交換も楽でいいかも。もちろんカバーマークですから、カラーラインアップも圧巻の9色展開。汗や皮脂で大人の肌の色が暗くくすんで見えないよう、肌に自然になじむカラーバリエーションが心強い!夏ファンデをお探しの皆さま、ぜひご自身の肌でこの毛穴レスパワーをお試しください。もう間もなく、7月5日(金)発売です。カバーマーク シルキー フィット (SPF32/PA+++)全9色 各¥5500、リフィル 各¥4000<7月5日(金)発売> ●「カバーマーク」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連キーワード

RECOMMEND