万人受けするネイビーコートを一瞬で華やかにするイエローマジック【2018/12/19コーデ】

Marisol ONLINE
ベーシックカラーのなかでも定番のネイビーコートの人気が復活! パッと目をひく華やかなイエローカラーのスカートを大人っぽく且つ上品に見せてくれるのはネイビーの為せる技。自分には少し派手かなと思う華やかカラーも、トップスではなくボトムスから取り入れてみれば意外にすんなりきれいに着こなせる。あとは黒スニーカーで甘さを微調整しつつ、メリハリのきいた配色でシックに決めてみて。
靴¥63,000/ゴールデン グース デラックス ブランド 青山(ゴールデン グース デラックス ブランド) コート¥175,000/アマン(アンスクリア) ニット¥23,000/バーニーズ ニューヨーク スカート¥58,000/エリオポール代官山(エリカ カヴァリーニ) メガネ¥43,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥16,000/ドレステリア 銀座店(メゾン ボワネ) バッグ¥148,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ザンケッティ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼イエローコーデをもっと見る
関連記事
  • 色もデザインもかわいくて、おまけに1日履いても疲れない。最強のコスパサンダル、ここにアリいよいよ連休直前。録画しまくりの韓国ドラマがわたしを待っている!「スーパーマリオ(Switch)」も完全制覇したいし、やりたいことがありすぎます。このお休みですべてこなせるかと思いきや、旅に出てしまうので実際テレビに張りつける時間が実はそんなにないことがわかりました。ちょっと残念。 連休は、そろそろサンダルに本格的なGOサインが出る気温ですね。足元が軽くなっておしゃれがさらに楽しくなります★今年は早めに欲しいストラップサンダル。プチプラでかわいいものをすでに3月に発見し、色違いで2足買ってしまいました↓「PICHE ABAHOUSE (ピシェ アバハウス)」でみつけたサンダルは、この価格で「やぎ革」が使用された本格的なレザーサンダル。履きやすくて素敵なサンダルなんですよ! シューズのプチプラはペタンコなら数千円でも見つかりますが、ヒールとなると「疲れ」に関係してくるのでなかなか難しいものです。大人が履けるデザインと品質の両方を兼ね揃えているのが見つかりやすいのは、これまでの経験から1万円前後かなと思っています。それくらいだと失敗も少なく長持ちし、選択肢もググっと広がります。 1足目はベージュを購入し、あまりに履きやすかったので追加でピンクをゲット。13,000円(税抜き)と、わりと手の出しやすい価格なのできれい色にも気軽に挑戦できるのがうれしいです。ヒールは6.5cm。個人的に、脚がきれいに見えて歩きやすいと思うヒールの高さは5~7cmで、ヒールを選ぶ際にはそれを基準にしています。この6.5cmは低いというほどでもなく、また高すぎてヒザがカクカクすることもないベストな高さです。 お気に入りは「かかと」部分↑。かかとがカバーされているデザインなので、サンダルでも露出控えめでとても上品な印象です。かかとのお手入れを忘れた時も安心ですしね♪(本当はいけませんが) また、ヒールのホールド面積が広めなので安定感がありフラつきにくい↓。細ヒールのサンダルと比べると留め具がひと回り大きく、滑り止めの線もちゃんとついています。足裏に当たる部分にはたっぷりのクッション入り。つま先に力が入るサンダルでは必ずチェックするポイントです。これがあるだけで、足の疲れはかなり軽減されます。 柔らかいやぎ革は皮膚に当たっても心地よく、スウェードも高級感満点の高見えです。やはり大人は足元が大事。サンダルはプチプラの中でもいいものを選びたいですね!そしてデザインも重視。わたしのサンダル選びの傾向は、太くて低いヒールでは「つま先ベルト」の幅が太いものも買うのですが(左)、高いヒールではわりと細い線のものを買っています(右)↓高いヒールや足首のストラップが付いていると足が華奢にみえるので、つま先のベルトも細いほうが相乗効果で女性らしくきれいな足元にみえるような気がするのです。 このベルト幅は2.5cmで、ヒールの高さや全体的な見ためとのバランスが取れた絶妙な幅。履くと足先がとてもきれいに見えます。このやらかい色味のベージュの販売名称は「ライトグレー」。グレーのようなベージュのような、いわゆる「グレージュ」ともいえる「あいまい」カラーです。そのため合わせる服の幅もググっと広がります。これはなかなか出会えなかった使える色! 他にも、クラシカルなブラックや鮮烈なきれいカラーもたくさん揃っていて、どれもいちいち可愛くて選ぶのはしんどいです(涙)。やはり決めポイントは「スウェード」ですね。これだけで高見え度は数倍UP!そして洋服との合わせ方。どちらのカラーもブラウンやネイビーなど、ダーク系の落ち着いた色合わせにすると大人の雰囲気になります。ピンクにホワイトを合わせるとたしかに映えますが、間違えると派手な印象に。ダーク系なら濃いピンクでも落ち着いた大人のかわいらしさが出せます。ベージュは相手を選ばない「八方美人」カラーなのでコーデ作りも簡単。そのためピンクのコーデを多めにご紹介させていただきます♪【土曜日】連休初日。旅行用の買い物をしながらテラスでランチ↑目立つピンクには濃いブラウンが好相性。かわいらしくなりすぎず、落ち着いた雰囲気の女性らしさが出せます。サンダル以外に目立つ色は入れず、すべてブラウン&ベージュ系で統一してピンクを引き立てます。買い物で歩いても、つま先のインクッションで足疲れは軽減。【日曜日】ブラックトーンに合わせた足元フェミニンスタイル↑全体がモノトーンでシックな中に1点だけ目立つピンクを投入して女性らしい雰囲気を。カッコいい雰囲気のブラックデニムとバランスよく合います。 ↓ネイビーとピンクも相性がいい組み合わせですね。スカートでも控えめカラーを選べば老けて見えません。↓薄ベージュのサンダルは、「主役」というよりは洋服の引き立て役。どんな服にもぴったりハマる良い子です♪同じ色のニットを合わせ、相性のよいピンクのスカートに合わせても上品な印象。足首ストラップはデザイン的にもトレンドですが、何より脱げにくいのが利点です。かかとのカバーがあると上品さがUPし、しっかりホールドされている安心感がありますね。露出控えめなので通勤にも使えそうです。さぁ、いよいよお休み!お仕事に家事、育児その他いろいろ…いつもがんばっている自分を「おつかれさま」とねぎらい、休ませてあげたいですよね。 わたしもこの連載が3月からスタートし、人知れず緊張感の日が続きました。「締め切りカレンダー」が夢に出てきたことも(泣っ)。 ちょっと休んで韓国ドラマを観て枯れ果てるまで泣いたり、旅に出て頭をからっぽにしてきたいと思います。お休み中もブログは日曜・木曜にちゃんと更新されますので、お時間がございましたらぜひお付き合い下さいね! それではみなさま、たのしいお休みになりますように♪♪♪▶PICHE ABAHOUSE(ピシェ アバハウス)「シンプルアンクルストラップサンダル(PIN)」の詳細はこちらをチェック▶PICHE ABAHOUSE(ピシェ アバハウス)「シンプルアンクルストラップサンダル(LGRY)」の詳細はこちらをチェック↑公式サイトには同じ名称のサンダルがたくさん存在し、デザインやカラーが同じように見えても「品番」が違うものがあります(ご紹介した2つのサンダルもデザインは似ていても品番が違います)。一覧はこちらでご確認下さい↓▶PICHE ABAHOUSE「シンプルアンクルストラップサンダル」一覧はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.16★ 「3COINS(スリーコインズ)のサンダル(324円)」 今日はサンダルをご紹介したので「オマケ」もサンダルで!300円でいろいろみつかる「スリーコインズ」でとても良いものを発見しました。 「ピンポーン」と誰かが来た時、すぐに履いて出られるシューズは玄関に1足必須ですが、どうせならおしゃれなほうがいいですね★夏にぴったりのクリアデザインで疲れにくいスポンジ素材の軽量サンダルです!まずおしゃれな見た目で寄りつきました。お出かけ用にはしなくとも、家で履く分には十分おしゃれ。コンビニまでならぜんぜんOKです。 しかもけっこう履きやすい!大抵のプチプラサンダルは足裏に当たる部分が真っ平らなので履いていると疲れます。でもこれはちゃんと足裏の形に合わせて隆起があり、つま先やかかと部分がくぼんでいて全体的にフィットするのです。 高さも2.3cmあり、スポンジのようなやわらか素材で足が疲れにくい!とても軽量なので、連休の旅先でも1足あると便利かもしれません。水に濡れても大丈夫な素材は、プールやビーチなどこれから大活躍しそうです。「ちょっとそこまで」にもじゅうぶんOK。ちなみに「ホワイト」もありますよ!玄関に置いてあるだけでもなかなかおしゃれな雰囲気になるので、家用サンダルをお探しの方はぜひ♪▶「3COINS(スリーコインズ)」全国店舗の詳細はこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • グラフィカルなデザインとゴールドやシルバーカラー、ブラックが目を惹く小物をご紹介。【1】ティファニーのブレスレットとリングTのモチーフが連結したグラフィカルで構築的なデザインが特徴の「ティファニー Tトゥルー」。力強く洗練されたデザインはパートナーとおそろいも素敵。「モダンでしゃれた洗練デザインはシーンを超えて活躍してくれそう。ブレスとリングのどちらも狙ってます!」と編集長イシダ。 ワイドリング(K18YG)¥178,000・ナローリング(K18WG)¥112,000・ナローブレスレット(K18RG)¥635,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) 【2】ジミー チュウのバッグ「スターモチーフ好きならずとも見逃せないこの可愛さ! クロスボディにもなるチェーンストラップもあり、機能性も抜群!」と副編集長S田が絶賛するのがジミー チュウの新作バッグ。ブランドのアイコンであるスターモチーフを、マトラッセキルティングで施した。一見派手に見えつつ、実はどんな服にも合わせやすいシルバーは、春夏に最も重宝するカラー。コンパクトなのに収納力もあり、軽量なのもうれしい。 バッグ(縦16×横23×マチ13㎝)¥238,000/ジミー チュウ【3】TASAKIのピアス  TASAKI COLLECTION LINEの「キネティック」は、デザイナーのタクーンによるモダンで繊細な魅力が光る逸品。フープの中にパールが揺れるシンプルながら印象的なデザインは、宇宙の神秘や星のめぐりなどロマンティックな物語も感じさせる。「立体的で動きを感じるモダンさにひと目惚れ。鮮やかなピンクのリップにヘアをタイトにまとめてつけたい!」とスタイリスト辻 直子さん。ピアス(K18YG×あこや真珠)¥330,000/TASAKI【4】カンフォラのサンダルイタリア・カプリ島で伝統的な技法を用い手作業で作られるカンフォラのサンダルは、ジャクリーン・ケネディが愛用していたことでも有名。昨年ロンハーマン限定で復刻したモデルを、今年はブラックで別注。「カジュアルな着こなしを格上げしてくれる頼れる存在。歩きやすくて、どんな服にも合わせやすいのが魅力です!」とスタイリスト室井由美子さん。サンダル¥79,000/ロンハーマン(カンフォラ)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ  【Marisol5月号2019年掲載】
  • 先日、ディズニーランドとシーへ 行ってきました ディズニー行く時は、たくさん歩くので できるだけスニーカーで行きたいのです! が!スニーカーコーデはなかなか 難しいので今回私が履いて行った スニーカーコーデを紹介していきたいと 思います この2日間で履いて行ったスニーカーが こちらです NIKE AIR MAX 95この靴はNIKEから発売されていて AIR MAX 95 通称 「グレープ」と 呼ばれています この靴は1995年に発売された ウィメンズのファーストカラーの 復刻版なのでとても大事にしています⭐️次に、1日目のディズニーランドに着て行った コーデがこちらです tops:supreme skirt:snidel スカートはレース素材のロングスカートで インナーのスカートは取り外し可能なので、 中にパンツやレギンスとレイヤードするのも 今年らしくて可愛いと思います❤️スカートのサイドにはスポーティーな 配色ラインで一枚でスポーツミックスが 楽しめてとてもオシャレです✨ スカートはアシンメトリーで 形も可愛いく後ろにはリボンがあります スポーティなラインがあるので topsをこのようにパーカーと合わせると カジュアル系に着こなすこともでき また素材が甘すぎないかぎ針編みレース になっているので、 topsをレース系などを持ってくると キレイ系に着こなすこともできる 万能なスカートです 2日目のディズニーシーコーデは こちらです one-piece:DHOLIC bag:MARC JACOBS sneaker:NIKE AIR MAX 95スウェットタイトミニワンピースは スウェット素材がラフな感じで とても着やすかったです☺️ 無地なのでシェリーメイのぬいぐるみを 合わせてみました!(笑) このシェリーメイのぬいぐるみは ただのぬいぐるみではなく お金やチケットや携帯までも入るので すごく優秀なぬいぐるみです (笑)GWディズニーへ行く方など よかったら参考までに 最後まで読んでいただきありがとうございます Instagramカワイイ選抜 No.81 宮原公子のブログ
  • カラーアクセントの効いたチェックパンツにミリタリーブルゾンの肩がけでこなれ感をアップしてボディにフィットする白ニットとハリのある素材でラインを拾いにくいチェック柄パンツで完成させる優等生ワンツーコーデ。ともすると真面目すぎる印象になりがちなので、カーキのブルゾンで切れ味を加えるというのも手。そう、まるで優等生のヒロインが、片想い中のちょいワルなヒーローに助けられて彼のブルゾンを肩にかけてもらった……そんな青春映画に出てきそうなワンシーンをちょっと妄想するのも楽しいかも。パンツ¥33,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(インコテックス) ニット¥38,000/マディソンブルー ブルゾン¥56,000/マスターピースショールーム(サイ ベーシックス) バッグ¥16,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) ローファー¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ルカ グロッシ) ピアス¥10,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 1週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【4月19日(金)〜4月25日(木)のコーデ】4月19日(金)のコーデ 白ベースのプリーツスカートコーデは、インを好感度ボーダーにして愛され感をアップ!4月20日(土)のコーデ 休日は今期らしい大人のカジュアルMIXが気分。スポーティなってブルゾン&スニーカーに、きれいめなニットとスカートを加えて♪4月21日(日)のコーデ デートの日は、彼ウケするワンピースをチョイス。ラベンダー色のニットと白スニーカーでリラックス感を演出して♡4月22日(月)のコーデ ブライトカラーのパンツスタイルで、さわやかに通勤! カラーバッグで遊び心をトッピングしつつ、ベルトでウエストマークして美脚見せも意識。4月23日(火)のコーデ 肩ひじ張らないカジュアルな白スカートスタイルは、差し色小物でリズムを。ベージュサンダルで、足もとに抜け感を作るのも忘れずに♡4月24日(水)のコーデ ベージュやオレンジなど、旬な色を加えたほんのりスパイシーな春コーデの秘訣は、ベースを白にしてすっきり仕上げること♪4月25日(木)のコーデ ジャケット&パンツの正統派通勤スタイルを今っぽく振りたいなら、フレッシュな淡色でまとめて。華やかさ足しには、甘すぎないメタリックバッグが◎。1ヶ月コーデのアイテムまとめはこちら!撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/川上さやか モデル/松島 花 取材/野崎久実子 WEB構成/衛藤理絵 
  • ミラノやパリのスナップでも、街でおしゃれな人が実践しているコーディネート。ミニショルダーとスニーカーなら、街スタイルがぐっと小粋にしゃれて見える。品よくかっこよく着こなすために選ぶべきは、見るからにパワーのあるブランド系。カジュアルに格をプラスしつつ、こなれて見えるから、初心者だって大丈夫!1.ダブルGやウェブ ストライプ。 アイコンをさりげなくブランドの威力を強調するなら、わかりやすいアイコンを選ぶのも賢いテク。モチーフやグリーンとレッドのウェブ ストライプで。(右から)3匹の子豚の刺繡で愛嬌たっぷり。スニーカー「エース」¥94,000・コンパクトながら3層式で収納上手。黒バッグ「GGマーモント」(縦10×横19×マチ8㎝)¥150,000・ラウンド型はそれだけで遊び心満点。白バッグ「GGマーモント」(縦18.5×横18.5×マチ6.5㎝)¥143,000/グッチ ジャパン(グッチ)2.バッグは小さく、足もとは大きく。 ギャップがあるほどおもしろい!休日に父親が履いているようなサイズ感の"DAD"スニーカー。大人がこなすなら、もはやパイオニアの風格さえ漂うものを。グレーとライラックにオレンジを少量効かせた配色が絶妙。バッグはとても小さなサイズがとにかく愛らしい。ステンシルペイントのロゴがきわだつデザインを、ストラップで斜めがけして。バッグ「ヴィル トップ ハンドル XXS」(縦15×横19×マチ6㎝)¥185,000・スニーカー「トラック」¥105,000(予定価格)/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)3.人気再燃。装いをスマートに 引き締めるクールな雰囲気華奢なチェーンストラップにフラップ式のミニサイズ。ドレスアップの場面に似合うバッグも、今なら断然カジュアルに合わせるのがいい。スニーカーはホワイトレザーで控えめにするか、ゴールド&シルバーのコンビネーションで攻めるか、お好みしだい。どちらも人気モデルの新作ゆえ、使いやすさはお墨付き。バッグ「GO LOGO ESCAPE」(縦12×横16×マチ5㎝)¥123,000・スニーカー(左)「BOUNCE」¥101,000・(右)「NET」¥81,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/村山佳世子 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • 薄着になるこの季節は、1+1で素敵に見える着映えアイテムが必須。LEE5月号に掲載の人気アイテムの中から、身につけるだけで自信が持てる、価値ある服をご紹介いたします!     しなやかでさらりとしたリネンの風合いが大人のカジュアルを格上げしてくれる O’Neil Of Dublin/リネンロングスカート/¥18,800+税 オニール オブ ダブリンの人気定番、ゴムウエストで気楽にはけるうれしいリネンスカートが到着しました。上質生地を惜しみなく使った贅沢なスウィングスカートは、ドレープたっぷりで歩くたびに美しく揺れて華やかさ120%。印象が重くならない絶妙なミモレ丈だから、フラットなサンダルやスニーカーとの相性も抜群です。       裾に向かって細くなるスティックラインで美脚&バランスUPは思いのまま RED CARD/マデリン/¥19,000+税 裾に向けてゆるやかにテーパードしたシルエットが、ももやひざ下を細くまっすぐ見せてくれる人気モデル「マデリン」。ぺたんこ靴でもバランス良好な短め丈と、明るいカラーリングで、夏までずっと活躍必至です。高めについたポケットで後ろ姿も脚長に。     ゆったりなのに華奢見えする着やせトップスの決定版 Traditional Weatherwear/ビッグ マリン ボートネック シャツ/¥11,000+税 ブランドを代表する「BMB」ことビッグマリンボートネックシャツは、大きくドロップしたショルダーと太めの袖、ほんのり広がったAラインの身頃が特長。二の腕やぽっこりおなかなど、上半身の気になる部分をカバーしてくれる名品です。加えてテクニックなしでこなれ感のある印象に仕上がるのもいいところ。薄手でサラッとした風通しのいい素材を使用。   合わせるボトムを選ばない白は、きちんとシーンにも最適。     カットソー地でもこんなに優雅!360度美しいパネルワンピース TICCA/Tシャツワンピース/¥17,000+税 適度にハリのある生地を縫い合わせることでドラマティックなフレアシルエットを実現したワンピースは、きれいめシーンにも自信を持って着て行けるドレッシーさが魅力。カットソー素材で、自宅洗いが可能なのもうれしい。   フォーマル感のあるブラックは、より幅広い場面で使えます。     ゴールデンウィークのお出かけにも取り入れやすいアイテムばかりなので、是非この機会にご覧ください!  
  • 手持ちのベーシックを活性化する、それぞれの「ちょっとの冒険」と着こなしにフォーカス!■フェミニン派のための「1点投入服」とは?軸となる〝甘めアイテム〞を投入しつつコーデは大人に!せっかく"可愛い"アイテムが増える春。年相応の上品さも大事だけど、おしゃれって楽しい! と思う気持ちも大切。蛯原フェミニン派は自分の欲求に素直に、わくわくする"甘めアイテム"から投入!コーデの軸となるアイテムが決まったら、そこからコーデで甘さを引き算して全体の印象を大人っぽく仕上げればOK。1:柄スカートフェミニン派の主役、スカートはより華やかな柄ものを選択!面積が大きいぶん、着こなしのイメチェン力も絶大なティアードスカート。トレンドカラーのグリーンにドットがさわやかな一枚を、透け感のあるブラックニットでクールに。さらにジャケットやおじ靴など、マニッシュなアイテムでシックなムードづくりを意識して。スカート¥25,000/TOMORROWLAND(マリハ) ニット¥13,000/アルアバイル ジャケット¥118,000/マディソンブルー ピアス¥39,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(クレッシオーニ) バッグ¥14,800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) インナー/スタイリスト私物 2:リネン素材のボリューム袖トップス大好きな甘めシルエットを、リネン素材で大人っぽく更新して一枚で女らしい華やかさが手に入るボリューム袖ブラウスはいつだってフェミニン派のマストアイテム。今季更新するなら、さわやかな抜け感のあるリネン素材がおすすめ。コーディネートはタック入りのチノパンでやや辛口に。仕上げはゴールドのピアスで、さりげなくリッチなツヤ感をプラスして。シャツ¥29,000/ビームス ハウス 丸の内(31チャペルレーン) パンツ¥32,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス(右)¥19,000・(左)¥21,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) 3大女っぷりスタイルって?マリソルが数年前から打ち出している、“女っぷり”というファッションコンセプト。その中には「シンプル」「カジュアル」「フェミニン」の3つテイストが。本誌では、「ブレンダシンプル」「SHIHOカジュアル」「蛯原フェミニン」と分類してこの“女っぷり”3大スタイルを大検証!【Mariso4月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/Dai Michishita  メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里
関連キーワード

RECOMMEND