地味すぎなんてもう言わせない!ジャケットコーデ記事ランキングTOP15を発表【2018年秋冬ファッション総まとめ】

Marisol ONLINE

【1位】チェック柄ジャケット×デニムパンツコーデ

今季絶対欲しいチェックジャケット。ブラウンベースでさらに旬度高めを狙って。Tシャツ+デニムに合わせるだけでサマになる便利さは見逃せない。

【2位】ジャケット×艶ブラウスコーデ

秋の気分を先取りできるうえ、注目のチェック柄と相性のいいテラコッタブラウン。繊細なギャザーは華やかなうえ、肌に張りつかず快適。

【3位】ジャケット×薄手カラーニットコーデ

ハンサムな女性像へ導くくすみピンク×インディゴカラーのデニムパンツ。長め丈のジャケットをさらりと肩がけし、きれいめ仕上げに。

【4位】ネイビージャケット×ロングチノスカートコーデ

薄い色みのカーキと深みのあるネイビーの組み合わせは、上品さの香り立つ大人配色。ロングチノスカートで今っぽさを確保しつつ、小物で随所に白をさして、軽やかさも演出。

【5位】ジャケット×パイソン柄ブーツコーデ

パイソン柄はやや難易度の高いアイテムだけど、うまくはまるとそのおしゃれ効果は絶大! パイソン柄と同系色のワンピースでなじませて、ジャケットを羽織ればかっこいい大人のフェミニンスタイルが完成。

【6位】ジャケット×パンツコーデの旬度をUP

トラッド指数の高いチェックパンツも、なじみやすいグレーベースと足首がのぞく丈感なら、マニッシュすぎず着こなしやすい。足もとも、コンサバなフラットパンプスではなく男靴にシフトして、より旬度を上げて。

【7位】旬のダブルジャケット×ブラックデニムコーデ

締め色・黒とほっそりラインの強力タッグが、今年らしいジャケットをすっきりバランスよく仕上げて。

【8位】ブラウンジャケット×ワイドパンツコーデ

ジャケットはシックなブラウン地にブルーの繊細なヘリンボーン柄ストライプの配色。ネイビー×パープル配色に、ブルーストライプがネイビーになじむジャケットで、秋色コーデが完成。

【9位】キャメルのテーラードジャケット×タイトスカートコーデ

タイトスカートでコンサバにキャメルのテーラードジャケットを着こなす。スカート以外は同系色で品よくまとめ、優しげに。

【10位】ベージュのダブルジャケット×パンツコーデ

ジャケットのインにソフトな表情のグレータートルを配し、上品なキャメル小物を加えるニュアンスカラーの着こなし。

【11位】ジャケット×きれい色スカートコーデ

濃い色を使わず、ターコイズグリーンのスカートでフレッシュさを加えたクリーンな配色コーディネート。きちんと感も与えたいので端正なジャケットはマスト!メンズライクなジャケットがあれば、甘いスカートも配色もキレよく仕上がる。

【12位】紺ジャケット×デニムパンツコーデ

デニムと紺ブレのコーデ。夏は白のTシャツを合わせるけれど、季節的にもちょっと秋めいた雰囲気にしたくてインナーをボウタイブラウスにシフトしてみる。ウール、デニムとの異素材合わせでダークトーンに奥行きを与えて。

【13位】ジャケット×グレーパンツコーデ

ブラウン系ジャケットのインにはワントーン濃いめのブラウンのハイネックブラウスで引き締めて。グレーパンツにもブラウンにもなじみがいいグレージュの小物で、抜け感を出せば、粋な印象に仕上がる。

【14位】ブラックジャケット×タイトスカートコーデ

確実にきちんと見えるブラックのジャケットをチョイス。Vカラーはテーラードよりも柔らかくフェミニンな印象になるのがお気に入り。インはニットとスカートをベージュでつなげることで、全身がすっきりバランスよく見える。

【15位】ノーカラージャケット×ガウチョパンツコーデ

ノーカラージャケットとリブのボートネックの組み合わせは、顔まわりをすっきり見せるバランスがお気に入り。シンプルでも寂しく見えないよう、白パールのネックレスを襟もとになじませつつ、立体感をプラスしてみて。

※2018年8月7日~2018年11月30日集計

※商品は販売終了している場合があります

関連記事
  • 私のクローゼットで殿堂入りのセリーヌのTシャツで、オーガスト・ハーゲスハイマーさんの講座へ。わたしのクローゼットの中で殿堂入りしているセリーヌのTシャツ。ちょっとくすんだローズ系の色が珍しく、形がまるであつらえたようにピッタリなんです。 今年の春先、FRAMeWORKで見つけたアイルランドのO'NEILの麻のスカートが、このTシャツのセリーヌのロゴの刺繍糸と全く同じで、夏になったら、このコーディネートでお出掛けしたいなあ…と思っていました。 この日は、オーガスト・ハーゲスハイマーさんの女性の栄養学の講座に参加してきました。彼のアンチエイジングの理論は個人的に師事していて、もう5.6年以上になるでしょうか。 これまで、ブログや著書など拝見してきましたが、なかなか講座に参加できる機会がなく、ようやくお話を聞くことができました。 オーガスト流アンチエイジングについては、ここでは語りつくせませんが、 1.緑の濃い葉野菜を食べる 2.卵、肉、魚でタンパク質をしっかり摂る 3.ローフードか、生に近い状態で食べる 4.良質な油をたっぷり摂る 5.糖質を控える がベース。簡単でシンプル。だから続けやすいんです。オーガストさん、御歳57歳。お化粧をしていないのに、わたしよりお肌が綺麗(泣)。今はアンチエイジングの勉強に更に磨きをかけるべく、大学に通われているそうです。食事だけではなくポジティブな生き方も、アンチエイジングに一役買っているに違いありません。 左はお土産にいただいたココナッツオイル。アンチエイジングに最も良い油です。 オーガストさんご本人に会えて、とても良い刺激をいただきました。本を読み返し、心機一転、わたしも努力中です‼︎ この日、着用したアイルランドのO'NEILのスカートは他のセレクトショップでもたまに見かけますが、普通はもう少し丈が短いんです。こちらはFRAMeWORK別注で、ロング丈。以前FRAMeWORKで買った夏の綿のロングスカートが素晴らしくよくできていたので、春先にはロングスカートを探しに必ず覗くShopの1つです。 カゴバッグは Tsuru by Mariko Oikawa。 このカゴの編み方が素敵だったのと、中は黒地の巾着状になっていること、何より意外にも軽い点が気に入りました。そして最後にお値段がお手頃であったのもちょっとビックリでした(笑) 華組 成田千恵ブログ
  • 作業スペースでアイデアを練る日は、エフォートレスなレイヤードでデスクワークの日はトップをやさしい色でコーディネートするのが気分。着心地のいいグレーTに冷房対策のロングカーディガンを合わせ、きれいめボトムですっきりまとめて。小物にブラウンを取り入れれば、トレンド感もグッと上昇。アイディア出しのお供は、甘めのカフェラテ。カフェインと糖分を補給して、いい案が出るまで頑張るぞ!Tシャツ¥8000/ジェームス パース ロングカーディガン¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン) パンツ¥23000/サード マガジン メガネ¥31000/モスコット トウキョウ(モスコット) 靴¥43000/ドレステリア 銀座店(アンソロジー パリ) 時計¥23000/ピークス(ロゼモン) バッグ¥57000/アルアバイル(ア・バケーション)【今月のPROFILE】広告会社勤務の広告プランナー・花 コマーシャルプランナーとして、企画からディレクションを担当し、各所を飛び回る。スマートな辛口スタイルとは裏腹に、ちょっぴり天然で大の甘党。マイペースに彼氏募集中。 明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【着回しに効くTシャツ】グレーゆるUネックTシャツ デコルテを美しく見せる深いUネック、コンパクトな袖、落ち感のある薄手生地で、ラフに着るだけで女っぽさをアピールする要素が満載。¥8000/ジェームス パース【相棒ワードローブ】ロングカーディガン ハイゲージの薄手ロングカーディガンは、サイドスリット入りで足さばきよく着られる。¥15000/スピック&スパン ルミネ新宿店(スピック&スパン)【相棒ワードローブ】センタープレスパンツ Tシャツのカジュアル感を、きりりと引き締めてくれるクールな黒パンツ。¥23000/サード マガジン 「今月のおすすめ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画像をタップ♪【関連商品】M7days 【徳原文子さんコラボ】Tシャツ ¥7,900+税【関連商品】NATURAL BEAUTY BASIC [UVカット]フーデットロングカーディガン ¥7,800+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/中山友恵〈ThreePEACE〉 スタイリスト/大平典子 モデル/松島 花 取材/久保田梓美 WEB構成/衛藤理絵
  • マリソル編集部のおすすめ情報をお届けマリソル7月号もう見ていただけましたか? カバーはSHIHO!「楽してきれい!」のタイトル通り、軽やかな動きがきれいなSHIHOの撮影中の1コマです。彼女はいつも海外含め忙しく飛び回っているけれど、会う時はいつもHAPPYオーラ全開。結果、まわりの私達にもエネルギーを注入してくれるすごい人なのです! もう一枚では、とーっても好評だった前回のカバー5月号を持ったSHIHOのもとにスタッフみんな集合!! 今月号もマリソルの中にはおしゃれ心をくすぐられる“おおっ”というコーディネートばかりがつまっています。是非手にとっていただければと思います!(編集長イシダ)
  • フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。パンツ派・SHIHOの「楽してきれい」なコーデ術をマスター! 旬のチェックパンツに、白スニーカーで安心感とこなれ感を投入 トレンドの目新しいチェックパンツが、定番の白コンバースでぐっと身近でこなれた印象に。仕上げに肩かけジャケットできちんと感、大ぶりピアスで女っぽさを足して。 スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) Tシャツ¥14,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム  クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥65,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥90,000/TOMORROWLAND(ワンドラー)靴そのものに「品格」がある上質なレースアップ靴でハーフパンツもきれい見え パンプスに匹敵するきちんと感がありつつ、歩きやすいレースアップ靴は休日カジュアルの格上げにも大活躍。少年ぽくなりすぎないよう、トップスはギャザーブラウスでやや甘めに。 靴¥159,000/ドゥロワー 丸の内店(エドワード・グリーン) ブラウス¥36,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(グリントマティ) パンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥75,000/ジャーナル スタンダード  レサージュ 青山店(バッグ イン プログレス)クロップドパンツには シルバーの輝きで女っぽさをプラス! クロップドパンツを旬のグリーンにすればさらに上級者感がアップ。はおりとバッグは黒を選んであくまでシックな印象にまとめて。靴¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ) ワンピース¥36,000(インディビジュアライズド シャツ)・バングル¥106,000(ソフィー ブハイ)/フレームワーク ルミネ新宿店 カットソー¥6,500/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス  ビームス) パンツ¥20,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) イヤリング¥5,800/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥40,000/ウィム ガゼット青山店(イアクッチ)シンプルなワントーンにレースパンプスでレディな女っぽさをひとさじ 甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) カットソー¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥21,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 涼しげなギャザーパンツを、スリッパサンダルでほんのりモードに ウエストがゴムになった薄手のギャザーパンツは涼しく快適。とろみ素材が女らしい一本を、ギャザー袖のシャツブラウスと合わせてふわっと女らしい印象に。一見ルーズになりそうな着こなしをローファー風の大人スリッパでかちっとモードに引き締めて。靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ブラウス¥16,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥19,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥8,000/レリタージュ マルティニーク(エイム) バッグ¥10,000/TOMORROWLAND【Marisol7月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO 蛯原友里 
  • ヒールが苦手な人でも大丈夫。フラットシューズとフラットサンダルをご紹介!【1】 ジミーチュウ/アシュリー ウィリアムズのコラボレートシューズ「一見ミスマッチにも思える組み合わせがこんなに可愛いとは! 赤いペディキュアで履きたい心ときめく一足です」とスタイリスト室井由美子さんが絶賛するのは、ジミー チュウがアシュリー ウィリアムズとコラボレートした一足。夏にぴったりなPVC素材で、先端にレースとスクエア形のバックル、さらにクリスタルをちりばめ、カジュアル感とクラシックさを融合した。靴¥99,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ/アシュリー ウィリアムズ)【2】ファビアナ フィリッピのビジューサンダルスタイリスト大沼こずえさんが「昔から大好きなブランド。フラットなのに華やかで大人っぽいサンダルは旅先で活躍間違いなし!」とお気に入りなのが、ファビアナフィリッピのフラットサンダル。大振りビジューをあしらったリュクスなムードで、ドレスでもパンツでも夏のコーディネートを格上げしてくれる。サンダル¥168,000/アオイ(ファビアナフィリッピ)【3】ビルケンシュトックのサンダルビルケンシュトックの定番「アリゾナ」が、トスカーナの五つ星ホテル「ホテル イル ペリカーノ」とコラボレーション。ラフィアやスエード、シルクなどでクラスアップ。履き心地のよさはそのままにリゾートライクな大人のたたずまいが魅力。「スポーティ感が控えめなこの素材使いこそ、『待ってました!』と言いたいコレクション。夏のヘビロテは確実です」と副編集長S田。サンダル(左から)¥61,000・¥50,000・¥54,000/ビルケンシュトック・ジャパン(ビルケンシュトック)【4】アグのシープスキンファーサンダルアグ®から登場した、シープスキンファーを使った個性的なサンダル。ふかふかの履き心地のよさはもちろん、ほどよく厚底で脚長に見えるのもうれしい。写真のパープルのほかにチャコールやブラックなどベーシックカラーも選べる全5 色がラインナップ。「長く愛用しているブランドですが、今回のサンダルはカラーの展開も広く、カジュアルにはもちろんハズシとしても欲しいです」とスタイリスト辻 直子さん。サンダル¥15,000/デッカーズジャパン(アグ®)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・原文/坪田あさみ 【Marisol7月号2019年掲載】
  • ブルー系で統一させたきれいめコーデには、極細プリーツでほんのりエッジをきかせて※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます着座したときデスクの上から見えるのは知的で奥ゆかしいネイビーのツインニット。そして席から立ち上がるとサラサラと揺らめく鮮やかなサックスブルーの極細プリーツスカート。このエレガントな配色がアラフォーをより輝かせてくれる。ストールやパンプスの小物たちもブルー系で統一させて、すっきりと涼感美人を目指して。スカート¥42,000・靴¥27,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥11,000・カーディガン¥15,000/アルアバイル ピアス¥12,000/デ・プレ(ポーノ) ストール¥27,500/ウィム ガゼット青山店(アソースメレ) バッグ¥138,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/石毛のりえ 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • メゾンが自然への鋭い観察眼に根ざした伝統を軽やかに表現した、美しいジュエリーの世界。自然を愛するメゾンの伝統を受け継ぎ、ショーメはコレクションに新たな作品の数々を加えることで、植物と動物たちを祝福する。特別な機会を華やかに彩るブローチやカクテルリング。「ショーメの歓びの庭」は、ポエティックな作品の数々で、見る者をのどかな散歩道へと誘う。 豊穣なインスピレーションの源泉である自然界は、その懐の深さでショーメのクリエイティビティを絶えず育んできた。今回メゾンは、歓びの庭で露のしずくのように清々しく歓びに満ちた多様な色彩を紹介。プレシャスまたはファインストーンが、ミツバチや花、麦の穂、そしてローリエの葉に、命の輝きと繊細な色彩をもたらしている。ジャングルに住む動物たちのおどけた仕草からインスピレーションを受け、ショーメは遊び心に溢れる庭園をテーマにした作品を制作に取り掛かった。 「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクションは、メゾンが大切にする自然への鋭い観察眼に根ざした伝統を軽やかに表現している。アフリカの大自然から古典的フランス式庭園まで、あらゆる自然からインスピレーションを受け、日常的なオブジェがポエティックな題材へと変化を遂げる、美しいジュエリーの世界を作り上げたという。「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション左から、「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション ブローチ ソナート オートンヌ<秋のソナタ>(セパレートパーツ4点付き) ¥4,270,000、「レ エスピエグルリ ド ショーメ」コレクション ブローチ キュイエット<収穫> ¥5,130,000また、「ビー マイ ラブ」コレクションは、甘く滴るように鮮やかなカラーストーンの上をゴールドとダイヤモンドのミツバチが飛び回る、新作カクテルリングなどが並ぶ。シャンクに施されたハニカムシェイプとプロングのミツバチのモチーフが、オーバルカットが施されたセンターストーンを引き立てている。 ショーメを代表する「アトラップ モア」コレクションよりミツバチをモチーフとした新しいブローチ“アベイユ”シリーズは、ラペルやドレスを飾るために制作された。このアイコン的なハイジュエリーは、メゾンにとって大切な意味を持つナポレオンの紋章を再解釈したもの。羽が震える様を表現したパヴェダイヤモンドが、これまでに例のない手法で並べられたカラーストーンの周りに施され、ブラックスピネルまたはサファイアがストライプのコントラストを際立たせている。「ビー マイ ラブ」コレクション左から、「ビー マイ ラブ」コレクション エクスクイーズ リング アメシスト ¥1,920,000、「アトラップ モワ」コレクション ブローチ ブラックスピネル ¥2,210,000問い合わせ先:ショーメ TEL:03-5635-7057http://www.chaumet.com/jp
  • 梅雨コーデで活躍するプチプラアイテムの取り入れ方と、頼れる毛穴対策コスメ雨の日こそ、選ぶべきは「きれい色」。 どんよりした空気だと、全身がダークトーンになりがち。そんな日にとりいれたいきれい色パンツ。 ラベンダーピンクのパンツは裾にかけて細くなるテーパード。 くるぶし丈なので、雨でも気兼ねなく穿けそう。 合わせたのはGUのグラフィックTシャツ。Tシャツのロゴが白なので、バッグもサンダルも白にして爽やかさを。Tシャツ+パンツのワンツーコーデでも、グレーとピンクの組み合わせできれいめに。 このまま夏の終わりまで使えるコーディネートです。T-shirt GU pants Re:EDIT sandals PICHE ABAHOUSE bag L Leather最後におすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。 これからの時期は湿度や気温も高くなり、肌の汗腺が湿気によって覆われてしまうことで、汗が肌から蒸発しにくくなり、肌の表面に残りやすくなるそうです。 つまり、皮脂の過剰分泌が起こり、毛穴が開きやすくなるので、肌のべたつきやテカリの原因に・・・。 また、冷房の効いた室内にいても、肌が乾燥することで肌を修復しようと皮脂が過剰に分泌されてしまうそうです。 そこで、私は毎日の洗顔後にSUQQUの毛穴ケア用クレンジングエッセンスを使っています。 手に2~3プッシュ取り、洗顔後に毛穴の汚れが気になる部分(鼻・頬など)になじませてマッサージします。 水かぬるま湯ですすげば完了です。 無色透明、少しとろみのあるテクスチャーですが、ぬるぬるせず、すっきり洗い流せました。こちらの商品です→SUQQU ポア ピューリファイング エフェクター N美女組No.161 愛のブログ
関連キーワード

RECOMMEND