2018年10月の記事ランキングTOP20を発表!【2018年秋冬ファッション総まとめ】

Marisol ONLINE

ロープラブランドではベーシックなものを探すことが多いのですが、ユニクロでは、デザイナーズブランドとのコラボアイテムを毎シーズン欠かさずチェックします。写真右はトーマス・マイヤーのシャツ、左はJ.W.アンダーソンのボーダートップス。「次はどのデザイナーと組むのかな?」とワクワクします。

プチヒールパンプスの代表ともいえるのが、日本限定で発売されて以降またたく間に人気となったセルジオ ロッシの4.5㎝ヒール「sr YURI」。肌になじむカーキのスエードは真っ先に狙いたい。

レオパード柄も、顔から離れた足もとでなら取り入れやすい。

通勤にも休日にも、とにかく使える!ハイネックブラウス。少し横に広いハイネックが、クラシックな可愛さを演出。しっとりなめらかなスエードタッチが秋らしく、冬にはニットとのレイヤードもおすすめ。

「どうしてもダークカラーが多くなる秋冬、今年は柔らかで女性らしいきれい色に惹かれています。なかでも私のスタイルのカギとなりそうなのがピンク。グレイッシュだったりこっくり深みがあったり、大人が気負わず着られるトーンが豊富でムートンコートからリブニットまで幅広くキープずみ。デイリーに出番が多そうなダウンやパンプスはベーシックなモノトーンで手堅く」

これまでに何度くたくたになるまで履いて、何度同じものを買い足したかわからないのが、レペットのバレエシューズ。フラット靴のジジもマイケルも同じくそう。好きすぎて、まったく同じものをリピートする。これこそ名品のあるべき姿だと思うんです。バレエシューズって不思議な靴で、あるシーズンはやったかと思ったら、ぱったり履かなくなるシーズンもあったりして、でも絶対に戻ってくる。そう、それも名品!

色みの似たカーキとグリーンはもともと好相性。深みのあるグリーン小物が、カーキワンピースに映えつつ、全体を大人っぽく引き締めてくれる。

ツヤネイビーがあるからシンプルカジュアルも女らしく。ほんのりツヤを放つネイビーパンツは、女っぷりカジュアルの強い味方に。

レース×ボーダーという大好きアイテムの鉄板コーデ。オフの日には、レーススカートをあえてカジュアルにスタイリングするのもおすすめ。シックなネイビーだからあくまでも上品にまとまるのがいい。ボーダートップスやかごバッグ、フラットシューズでリラックスムードに。

思わず自慢したくなる高機能。ビジネスバッグのお手本。中にも外にも大小のポケット、キャリーにセットできる仕様など充実の機能性。ポーチ、ストラップつき。

「トレンドのアースカラーから派生したグリーンは、こっくりとした深い色を選ぶと、カーキの延長で使えて、取り入れやすいです。黒やネイビーとも相性がいいからふだん色を手に取らない人にもおすすめ。スタンダードな服をグリーンに変えるだけでいつもとちょっと違う自分を楽しめます。」

GLOVERALLのダッフルコートは、トグルの位置が横ぎみだったり、取りはずし可能なフードにスタッズがついていたり、王道と革新のバランス具合が絶妙!

全体は漆黒のスエード、爪先のみに黒パテントをあしらって輝きをプラス。こちらも流行のキトゥンヒール。

ライトグレーのベルテッドフルレングスワイドは、ハンサムな女らしさが持ち味。だからこそ、スモーキーピンクのギャザー入り透けブラウスを合わせても甘くなりすぎず、大人にちょうどいいフェミニンスタイルがかなう。流行のファーつきチェーンバッグや、女っぷりのいい黒ヒールサンダルなど、華やかな小物使いで気分を盛り上げて。

スニーカーを履く日こそ、パンツできれいめ感をプラス。撚(よ)りを強くかけた二重織素材で、シワになりにくくかつなめらかな肌ざわりに。ゴムパンには珍しい、豊富なサイズ展開も魅力。

もうずいぶん前から、マルジェラは大好きなブランド。エッジのきいたモードなデザインも素敵ですが、シンプル好きの私はもっぱらベーシックなお洋服を選んできました。ですから、つま先が割れた、文字通り「足袋」のようなTabiシリーズが出てきた時、「わ~すごい!」と思いながらも、すぐに飛びつくことはありませんでした。でもそこに、このバレエシューズタイプとの出会い。迷わず白を買いました。いつものバレエシューズと同じ感覚で、いろんなコーディネートに合わせられます。でもそこに必ず、ちょっとした「遊び」が生まれる。この唯一無二の抜け感、Tabiシューズは「新しい名品」と言えそうです。

これぞ秋冬ワードローブの影の主役! ジャケットのインに、一枚で、週末にはデニムと合わせて、とヘビロテ確実。ネック部分をゆるく編み上げてあるので、首が締めつけられず快適。

「これさえあれば」の鉄板バッグは、優しげなキルティングに人気集中!ごくカジュアルなコーデも、サンローランのショルダーでぐっとクールモードな印象に。

おしゃれを更新してくれる素敵なバッグが続々と登場!見ているだけで心躍る、ハイブランドから届いた新作アイコンバッグ。一点で持つ人の女性像そのものを決定づける、その存在感はやはり格別。

インディゴよりもきれいめに着こなせて、ほっそり見えると評判のブラックデニムが、この秋おすすめ!よく伸びてよく戻る、新開発のストレッチ素材を使用しているので細身シルエットもノンストレス。さらにももまわりの色落ち加工が脚を立体的に見せてくれる。すっきりとした横顔だからオーバーサイズのシャツと合わせてもスマート。

※2018年10月集計

※商品は販売終了している場合があります

関連記事
  • この冬欠かせないタイツ。おしゃれのプロである人気スタイリストたちに、お気に入りのタイツブランドを伺いました。Q ヘビロテ中のタイツは?A ウォルフォード スタイリスト 辻 直子さん 「ウォルフォードのタイツが好き。いろんなデニールのものを持っています」A ピエール マントゥのグレータイツ スタイリスト 室井由美子さん 「黒に比べて抜け感を演出しやすいグレーのタイツは冬に活躍。特に、COTTON70のラインの「メランジダークグレー」(左)は、合わせやすくて冬のカジュアルダウンにおすすめです」A ピエール マントゥのタイツ スタイリスト 吉村友希さん 「本当に優秀!!! 何度洗っても毛玉ができず、いつもベストコンディションの足もとに。キレのいい黒を愛用」ブルーフォレ、ナンバートゥエンティワン、17℃ブロンドールのタイツ! スタイリスト 滝沢真奈さん 「ブルーフォレのコットンタイツは肌当たりもやさしくてはき心地抜群。ナンバートゥエンティワンとブロンドールのものは、ニュアンスカラーの色合いがちょうどよく、価格が手頃なところも気に入っています」A ブルーフォレのタイツ スタイリスト 高橋美帆さん 「この冬はブラウンにはまっていて、このタイツもブラウン(笑)。ブルーフォレのコットンタイツは、質感もマットでコーディネートになじみます」A ウォルフォードのCotton velvet スタイリスト 石田 綾さん 「ウォルフォードのタイツはこのごろはなかなか日本で買えないので、海外通販で。女らしさのある足もとに」撮影/坂田幸一 ※2019年BAILA2月号掲載
  • 「メンズ使い」をマスターしたら、毎日はもっとシンプルできれい! 定価で買ったものが、そのあと半額まで値下げされてしまうとちょっと撃沈( இдஇ)。お正月、ユニクロのチラシを見て衝撃を受けました。「えっ!?カシミヤニット半額になっちゃったの??((( °ω° ;)))」*3日間限定  昨秋、ユニクロのカシミヤが出たその週にすぐ買っていたわたしはちょっぴり動揺。でも、いつもの撃沈まではいきませんでした。数ヶ月でもこのニットを先に長く楽しめたことの満足感のほうが大きかったのです。  ユニクロのニットはよくご紹介しておりますが、ほとんどメンズを買うことが多く、カシミヤもやっぱりメンズでした。クローゼットをよく見たら、昨年買ったユニクロメンズは、ニットだけで6枚も↓ 並べるとイケメン集団、メンズ「S」さんたち もちろん女性も素敵なのでよく見ます。でも一度メンズニットを着てしまうと、わたしの体型には女性の「S」でも「M」でもない微妙なフィット感が心地よく、やめられなくなりました(≖ᴗ≖ )  今月号のマリソルに「シンプルコーディネートの作り方」という特集がありますが、「シンプル」と聞くと思い浮かぶのはユニクロのニットです。デザインにムダがなく、色も形も究極にシンプルで美しく、今ではわたしの中で立派なニットブランドに。  かつ、価格がご存知の通りですから色違いで揃えやすいのも魅力的。肌触りの良いコットンニットはネイビー&グレーで揃え、これにホワイトデニムを合わせればシンプル&クールがテクニックいらずで完成します。  これ1枚でカッコいい。春と秋に大活躍のコットン そしてユニクロといえば「ファインメリノ」。このニットを着れないのは夏だけです。ニットの中では1年で一番使える通年素材。  これはクルーネックと「V」の両方買いました。メンズの利点のひとつは、女性にない素敵なカラーが見つかること。さんざん女性コーナーを見て欲しい色がなく、最後にメンズを見て「なんだこっちにあったのか(´тωт`)」と、うれし泣きすることもしばしば。  特にVネックのダークブラウンは、女性になかった濃すぎるほどのブラウンが本当に素敵でした↓ファインメリノはツヤが高見えのポイント 女性より「きれい色」が少ない分、ベーシックカラーに幅があるので手持ちの服に合わせて選びやすいのもいいですね(^^)。  同じ「グレー」でも商品によってニュアンスの違いが楽しめます。わたしの知る限りメンズの「グレー」は上品な色味が多く、ホワイトグレーや淡グレーなど、まさに大人女子が素敵に見える高見えグレーが見つかります。 好みのグレーが見つからない時はユニクロメンズへ(^^) そして冬用のウールとカシミヤ↓メンズのカシミヤは毎年買い替えている冬のマイ定番アイテムです。定価9,900円(+税)はユニクロ内では一番高いけれど、普通に考えたらやっぱりお得(。•̀ω-) いつかは半額になってしまうとしても、発売したらすぐに買わずはいられないマストアイテムです。  ユニクロのカシミヤは毛量のボリュームがほど良いところが好きです。「着ぶくれ」せず、また安っぽくもなくサラりと軽く1枚で着られる究極の冬のシンプルニット。今年はクルーネックのネイビーを選びました。 着ないで眺めているだけでも好きな、惚れホレのニット(☆∀☆) メンズは首回りが女性より狭いのが好きです。特にVネックは一回りは狭いので、かがんでも胸元が気にならず1枚でも着やすい。かつ腕の長さは女性の「M」とほとんど一緒なので(個人調べ)、ダラっとなることもありません。首の開き具合だけでもまったく違う印象 メンズはそのデザインゆえ、パンプスやスカートに合わせるとそのアンバランスさが逆に女性らしくなります。フェミニンをほどよく崩してくれるので、「甘すぎ防止」にもお役立ち。気づいたら「今週メンズしか着てないじゃん( ° ω ° ; )」ということもしばしば。Day1:カシミヤ素材は、艶のあるスカートでさらに高見えDay2:首回りの狭いクルーネックはスカートに合わせてフェミニンにDay3:チョコレート色のVはきれい色と。狭い「V」はワイドパンツとの相性も◎他の画像を見る 流行のチェックやレオパード、きれい色・・・。色々楽しんでは結局戻る「シンプル」。  ユニクロのメンズは、移り気なわたしをいつも変わらず待ち続けてくれる、とてもやさしい「男性」です( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ ) 今日もユニクロ、行こっかな~~♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ニットがメンズでもバッグの中身はキラキラの「女子」。ピンクが多めです(⑅•ᴗ•⑅)仕事で文房具を使うことが多いので、テープ・ホチキス・穴あけパンチはギラっギラのローズゴールド(すべて「TED BAKER」)、クリップやポーチなども気付けばピンク系に(^^;) 最近仲間入りのピンクは「KINOKUNIYA」のジップポーチ。色がかわいく大きさもほどよいので「おやつ入れ」に 持ち物くらいは永遠に女子でいたいものですˆᴗˆ ↓Clickで移動します(すべてメンズ)★UNIQLO スーピマコットンクルーネックセーター(長袖)公式サイト★UNIQLO エクストラファインメリノクルーネックセーター★UNIQLO カシミヤクルーネックセーター美女組No.127 Akaneのブログ
  • 次なる1足にチャレンジしたいなら「白以外」で選ぶ大人スニーカーの正解Q.流行りのカラーコンバース。 大人におすすめなのは?A.シックな"アースカラーかベリー系"からトライ赤や緑などの原色系も多いけれど、幼く見えたり変に若作りに見えたり、アラフォーには難易度高め。シックなアースカラーやベリー系を選べばほどよく今っぽく、等身大でカジュアルを楽しめそう。カラーコンバースはソックス合わせに迷いにくい、ハイカットが断然おすすめ。鮮やかさがきわだつ色みよりも、ニュアンスカラーのほうがなじませやすい。(右)シックで落ち着いた雰囲気のチャコールは、定番色の中でも人気が高い。靴¥5,800・(中)今っぽさを引き立てるややスモーキーなパープルは、レトロスポーツウエアからインスパイアされたカラーアレンジモデル。靴¥7,000・(左)まろやかな色みが絶妙のベージュ。いろいろなファッションに合わせやすく、オールシーズン活躍すること間違いなし。靴¥6,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)こちらは深みのあるベリー系"マルーン"のハイカット。スニーカー自体にインパクトがあるので、ネイビー×黒のシックなコーデですっきり品よくまとめて。ショートニットにレイヤードした白シャツで、クリーンさもプラス。→コーデアイテムの詳細はこちら【Marisol1月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 取材・文/塚田有紀子
  • シンプル&ダークトーンの着こなしにはさし色バッグで遊び心をひとつ♪仕事始めから慌ただしかった1月も後半になってようやくゆったりモード。内勤オンリー&残業ナシの水曜はラクチンコーデで自分を甘やかす日に♪ もこもこニュアンスが愛らしい黒のマキシ丈ニットワンピに茶色のロングブーツ。長×長の旬バランスと大人シックな配色なら、ただ着るだけ、ただはくだけなのに”わかってる感”が出せる。だからストールも黒が正解。その方がさし色小物もいっそう素敵に映えるから!ワンピース¥11000/ローリーズファーム 靴¥42000/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) ストール¥14700/UTS PR(インスタントファンク) ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/東 京祐 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/飯豊まりえ スタイリスト/高野麻子
  • 先月のブログで マノンフリップ×ビッグジョン オリジナルストレートデニムを ご紹介させていただきましたが(下記リンク) “manon fripes × BIG JOHN オリジナルストレートデニム”続いてコラボ第二段! 1月23日(水)にリジッドデニムが発売となります!! 少しばかりご紹介させてください〜! ロールアップして白ソックスバレエシューズでクラシカルに。リジッドデニムはいわゆる生デニムです! つまり糊付きのままで 洗い加工やダメージ加工が施されていない状態のデニムのことです。 岡山 児島という日本一のデニム生産地で 国内ジーンズ先駆けメーカーである BIG JOHNさんとコラボするからには 絶対リジッドデニムが作りたかった! 白Tシルプルスタイルもパキッとキマリます!シルエットは前回のウォッシュとほぼ同じで丈感を変えました。 ロールアップしても可愛いように丈を長めにしています。 洗うと生デニムなので 多少縮みます。 ハイウエストでおしりをキュッと見せ、 ストンとしたストレートで美脚効果! 161センチ25インチ着用生デニムならではの楽しみ、、 それは 生地の風合いと色味の変化です。 糊付きのパリッとした状態でしばらく穿き楽しみ、 その後洗濯したり、たくさん穿き続けることで シワや生地のクセを付ける事ができるので、 自分だけのオリジナルの 風合いの色落ちデニムに育てることが出来ます。 さらに愛着の湧く1本になります。 マノンフリップはずっとお気に入りで飽きのこない1着を提供したい。 皆様の大切なジーンズコレクションの一本になりますように。 そんな想いで このリジッドデニムも作りました。 22日(火)22時より(発売前日です) manonfripes WEB にて 商品公開いたします! 是非ご覧下さい♡manon fripes私は24インチにしました!ウエストかつかつInstagramで他コーデも♡スーパーバイラーズ 石上美鈴のブログ
  • UNIQLOのダウンコート着まわし3コーデ!一年で一番寒い時期。 着膨れ問題もあるけれど、やっぱり頼れるダウンコート。 特にロングだと分量が多いので、コーデが重く単調になりがちです。 そこで、ロングダウンでも明るく見えるコーデを3パターンご紹介します。1つ目のコーディネート。 上下ホワイト、バッグはピンクベージュの淡配色で優しげに。 ニットはツイード素材のミニスカートと合わせればあたたかみのあるコーディネートに仕上がります。 少し透け感のあるグレータイツでほっそり見せしたら、足元はショートブーツで引き締めて。knit Mila Owen skirt Banana Republic boots NUOVO bag ZAKKA-BOX2つ目のコーディネート。 トップスは華やかなライトブルーのニットを合わせました。 寒色系のライトブルーは、パステルの中でも甘くも辛くも振れる万能カラー。 トレンドデザインのバッグを持てば、着こなしを格上げ!細見えに効果的なボトムと言えば、やっぱりブラックのスキニーパンツ。 UNIQLOのEZYジーンズを穿いています。 スウェットパンツのようにラクなのに見た目はデニム! (着用サイズ XS・丈長め ※少し裾をカットしています) 丈標準と丈長めがあり、どちらも1月24日まで期間限定価格になっています。★ユニクロEZYジーンズ(丈標準74~76cm)★ユニクロEZYジーンズ(丈長め82cm)シルエットが先細りにならないよう、シューズは適度なボリュームがあるサイドゴアボアスニーカーで。knit Mila Owen pants UNIQLO shoes LANVIN en Bleu bag VASIC3つ目のコーディネート。 ラベンダーピンクのニットにグレーのデニムで甘すぎない組み合わせに。 くすんだ色合いは少し春らしさも感じさせてくれます。ソックスとショートブーツで淡いカラーを引き締めて、バランスよく仕上げます。上から下まで洋服に覆われる冬こそ、ちょっぴり素肌出しで抜け感メイク。 デニムの裾とソックスの間からほんの少し肌を見せる程度なら、トライしやすいはず。knit Whim Gazette denim upper hights boots NUOVO bag BALENCIAGA着用したダウンコートは全てUNIQLOのライトウェイトダウンフーデットコート(ブラウン)です。 ★ライトウェイトダウンフーデットコート 最後までご覧いただき、ありがとうございました。美女組No.161 愛のブログ
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ5を発表!※集計期間:2019年1月7日(月)~1月20日(日)【5位】冬の「黒」は“どこかに抜け感”で「強すぎない女」を目ざす 【4位】運気を上げるお財布が欲しい!ミニバッグに合わせて、財布も軽量化するならこれ! 【3位】ベーシックな財布が欲しい!スタイリッシュで実用的な「長財布」他の画像を見る
  • ‘17年春から募集を開始した“♯Jマダムのおしゃれ”がますますレベルアップ! “自分スタイル”を確立しているアラフィー世代(50代)のおしゃれは、かしこまり過ぎず、かといってカジュアルになり過ぎない絶妙のバランス。どこかで抜けを作ったり、手もとに遊び心をプラスしたり、お気に入りの小物を欠かさなかったり。良いものに触れて年齢を重ねてきた“今どき50代”のおしゃれに注目!ワントーンに上質小物でコーディネートに緩急を (右)藤野由華さん(主婦)、(左)宇都宮理香さん(メゾン ド アール デザイナー) 姉の藤野さん(右)は、ふんわりシルエットの黒コーデ。「エッジの効いた靴とバッグで甘さを抑えました」。妹の宇都宮さん(左)は、得意なベージュ系のワントーン。「軽い素材の白スカートとスニーカーで軽さを出しました」。(藤野さん)ケープコート・スカート/メゾン ド アール バッグ/ドルチェ&ガッバーナ 靴/トッズ (宇都宮さん)コート・ロングカーディガン・スカート・ストール/メゾン ド アール バッグ/エルメス 靴/コンバース髪をショートにした今年、人生初の黒に挑戦! 中道有香さん(サロン経営) 今まで黒を着なかった中道さん。「50代に入りグレーが似合わなくなったと感じて、去年はほぼネイビー。でも今年はどの色より黒がしっくりくるように。髪を切ったことでおしゃれの思い込みから解き放たれました」。今までなら選ばなかったオーバーサイズやアニマル柄の靴も新しさを吹き込んで。コート/エイトン ニット/オーラリー パンツ/ザラ バッグ/ボッテガ・ヴェネタ 靴/ダニエル レポリ時代を超えて敬愛するデザイナーの服をミックス 寺谷真由美さん(ビューティサロン代表取締役副社長) 「エルメスのデザイナーだったころからマルジェラの大ファン。モードが感じられながらもとんがりすぎない、女性らしい服を選んでいました。今日は昔のワンピースと今シーズンのビッグシルエットトレンチの組み合わせ。ヒールのロングブーツでバランスをとりました」。お気に入りを大切にする寺谷さんのおしゃれ観が伝わる。 コート/マルタンマルジェラ ワンピース・バッグ/フェンディ 靴/ジャコメッティ他の画像を見る
関連キーワード

RECOMMEND