マニッシュ&女っぽアイテムでシンプルコーデをランクアップ

Marisol ONLINE
シンプルなブラックのリブニットにデニムを合わせ、チェスターコートを羽織ったマニッシュなスタイル。
これだけだと男性にも当てはまる着こなし。

変わらず好きなのはシンプルなデニムスタイルです
変わらず好きなのはシンプルなデニムスタイルです
女性らしさをプラスするために、チェスターコートはアイボリーを選んでやわらかな雰囲気に。
足元は7cmヒールのパンプスで。
こちらもベージュを選んでまろやかさを演出しました。


さらにシンプルスタイルに少し遊び心を効かせてファーバッグを持ちました。

毛足が長めのふわふわバッグはコーデのポイントになります
毛足が長めのふわふわバッグはコーデのポイントになります
ラベンダーのようなきれい色に一目惚れだったバッグです!
きちんとしたスタイルをふんわりさせてくれるのでコーデのバランスをとるのに重宝しています。
楽天で見つけたpretty priceなバッグです。

実はニットもデニムもプリプラ!
ニットはGUのワイドリブハイネックセーター、
デニムはUNIQLOのハイライズシガレットジーンズ。
このデニムは発売当初から穿いていますが、本当に穿き心地が良くて形もお気に入りです。
歴代のUNIQLOデニムの中でも今のところNo.1!

knit GU
denim UNIQLO
coat LAGUNAMOON
pumps PELLICO
bag rakuten
UNIQLOのハイライズシガレットジーンズはこちらの商品です↓
関連記事
  • ヴィンテージラバーの熱気あふれる会場でおしゃれスナップ! トレンドに左右されない“自分らしさ”あふれる着こなしが楽しい (右)いま最も旬なファッション・カルチャー誌『office』のエディター、ケイトランを会場でキャッチ。古着のスタジャンをメインに、チェックのトップス、アディダスのスウェットパンツをオレンジで揃え、ノスタルジックでスポーティな装いが可愛らしい。バッグは注目のテルファー。夢は自分の古着店を持つこと (中央)ア・カレント・アフェアにはリサーチのために訪れるファッション業界人が多い。今回はエキゾチックなテイストをフェミニンに昇華するデザインが人気のマラ・ホフマンに遭遇した。清潔感のある白シャツをインに、オレンジのスーツスタイルが素敵。意表をつく、大きな貝のチャームネックレスがキュート! (左)場内にはおしゃれな人がひしめき合っているが、ベンダーにファッショナブルな人が多いのも特徴。オンラインヴィンテージショップTyranny+Mutationのオーナー、ヴァレンティナはウェスタンハットとバンダナを巧みに取り入れ、ナチュラルなカウガール風。ガーリーな見た目だが、扱っているのはゴリゴリのロックTシャツコレクションだ 70年代にブレイクしたカントリー歌手、タニヤ・タッカーがスタイルアイコンなだけあり、インディゴデニムをクラフト感あふれるバッグとミックス。スポーツサンダルが旬なハズシに NYで人気の古着店「フロント・ジェネラル・ストア」のスタッフとして来場。オールヴィンテージのサファリルックが洒落ている ブラジル出身のアレクシアは、全身黒でまとめ、トップスのロゴで遊びを加えた。ヴィンテージでは60年代のアイテムが好きだそう タイトスカートにジャケットというコンサバスタイルをコスプレ感覚で楽しんでいる彼女。足もとにはバレンシアガのパンプスを投入 主張の強いジャケットにはジャージとアディダスのスニーカーを合わせてカジュアルダウン。ロングスカートにも細部にこだわりが! アフリカン・テイストのアイテムも揃うVan Hees Vintageで買った花柄ドレスをコートのように羽織り、サボで70年代の薫りをプラス インスピレーションを得るためにやってきたというブリンは、自身が手がけるヴァケラのオーバーサイズジャケットとロブスターTシャツで異彩を放つ 80年代と90年代のヴィンテージが好きだというヴィ。ニット×ロングスカートのシンプルな組み合わせに、ベレー帽でひねりを加えた 古着店Funkanovaのオーナーでもあるサラ。スタイリスト目線で選んだコスチュームライクなアイテムが揃う。アシンメトリーなピンクのドレスも自店のものだそう >>おしゃれなメンズも集ってる
  • メンズファッション界の勢いそのままに、ヴィンテージマーケットでも洋服好きな男性たちが大集合! (右)90年代のストリートテイストが好きだというアマンダはボーイフレンドのヴィンテージレザージャケットにMonseのダメージデニムを合わせた。足もとはダッドスニーカー (左)彼女につき合ってやってきた彼も90年代テイストのパンチある着こなしが目を引く。注目しているというメンズのデザイナー、Boris Bidjan Saberiに通じるモード感がクール ウエストポーチ使いが上手なアレックスは機能性重視で古着をハント。収集しているという60年代のチャンピオンのパーカと、ハーレー ダビッドソンのジャケットが戦利品だそう 仕事柄人脈づくりも兼ねて来場したという彼は、アブストラクトな柄アウターにピンクのジャンプスーツという配色がユニーク。好みの80年代テイストをスタイリングに生かした タイトなトップスとくるぶし丈のチェックパンツ。70年代ディスコ調のスタイリングが洒落ている。アート志向が強く、いま気になるデザイナーはアーティストでもあるPatrick Church (右)量感あるレオパードジャケットに、レギンスを合わせ、セレブ風のヘルシーなスタイリング。バレンシアガのバッグをきかせた (左)ヴィンテージTシャツコレクターでもあるタイラーは、アーティスティックなラインがポイントのロングスリーブTシャツをチョイス チェックのジャケットが主役のアメリカンカジュアルがよく似合う。ベージュのパンツにベルトとニットを巻きつけた技ありコーディネート クルーネックニットにストレートデニム。ミニマルでクラシックな着こなしは、首元からちら見えする、白Tシャツの清潔感がポイント >>買ったもの見せて!
  • 出口調査を敢行! 古着好きがゲットした、新たなヴィンテージアイテムをリサーチ! マリー・アントワネットをスタイルアイコンに掲げるルビー。ピーターパンカラーにレペットのシューズ、60年代のドレスを愛してやまないというが、ボリュームスリーブのニットとシャツのレイヤードにもそのセンスが光る。黒のロングドレスを見つけ、“ヴィクトリアンテイストのビッグベイビー”スタイルに挑戦したいそう ジェーン・バーキンのスタイルに傾倒しているというシャノンは、デニムとヴィンテージのかごバッグがマストアイテムだそう。ショッピングが大好きというだけあり、早速購入したアイテムを身につけてスナップ。タイガー刺しゅうのチャイニーズ・パジャマセットは状態のよさに惹かれて。ほかには赤がきいたセーラー服もゲット 星条旗モチーフのアウターに、ノットがポイントになったビスチェを合わせ、学生らしいヘルシーなファッションを楽しんでいるイザベル。60年代テイストと2008年頃のレディー・ガガをミックスしたそう。スタイリングのポイントになりそうなチェックのワイドパンツを購入 インスピレーションソースを求めてやってきたチャーリ。レトロなフラワープリントのミニドレスにベレー帽、アンクルストラップシューズと、ガーリーな着こなしがお似合い。エキゾチックなカラーと鳥の刺しゅうが気に入って、30年代のチャイナ風シルクブラウスをセレクト 赤、青、黄色。ボーダーをつなぎ役に、原色同士を掛け合わせたポップなスタイリングがひときわ目立っていたタイラー。スタイリストのシャーリー・クラタがファッションアイコン。オブセッションでもあるヴィンテージマーケットでは落書き風プリントドレスと出合った >>「“ア・カレント・アフェア”ってなんだ?」特集TOPへ戻る
  • 絶対になくてはならない存在で、いい距離感にいたい。辻さんにとって特別で、親密な存在であるデニムアイテムに宿る表情豊かなブルーは、「ほかのどの色とも違う特別な色」。知ってるようで実は奥深い、デニムブルーへのあふれる愛を語ってもらいました。自分に似合う色が必ずある! 淡~濃まで、デニムブルーのグラデーション10ウォッシュドブルーのハイウエストデニム。「淡いブルーは、デニムブルーのなかでもいちばん今っぽさのある色。冬なら、クリーム色やアイボリーのニットに合わせたワントーンで」。デニム¥24000/スタニングルアー 青山店センタープレスできれいめな雰囲気。デニム¥20800/ショールーム セッション(サージ)フェミニンなディテールを明るいブルーが軽やかに。ワンピース(ウエストリボンつき)¥60000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)ジージャンのデニムブルーも、辻さんにとっては永遠のスタンダードカラー。ジージャン¥34000/アストラット 新宿店 ガウンコートで大きい面積でデニムブルーを取り入れて。「シンプルなアイテムにバサッと羽織るだけで新しさが生まれます」。コート¥48000/ボウルズ(ハイク)「ほどよく濃いめで、淡すぎない、個人的にいちばん似合うのはこのあたりのトーンです」。デニム¥31000/サザビーリーグ(マザー)控えめな色落ちとハイウエスト&スリムなシルエットは、きれいめスタイルにもなじみやすい。デニム¥32000/マインド(マインデニム) ポケットなど、レトロなアクセントが効いた、インディゴブルーのAラインスカート。スカート¥24000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー)ボーイッシュなシルエットに濃いめのブルーがマッチ。デニム¥24000/ナゴンスタンスフェミニンなスタイルのバリエーションを広げてくれる、濃紺のデニム地のフレアスカート。スカート( 1 月下旬発売予定)¥21000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエンマトフ)カジュアルなハズしを加える、デニムブルーのシャツの空気感袖のリボンディテールにさりげない甘さを残したデニムブルーのビッグシャツに、チェック柄のツイードジャケットをなにげなく羽織った彼女。自分の本当に好きなものをシンプルに重ねた着こなしには、いつだって心地よい空気が流れている。「デニムブルーのシャツが、ジャケットとパンツのかっちりとしたムードをやわらげて、かしこまりすぎず、 カジュアルなハズしを加えてくれます。シャツの場合、濃いめより淡めのデニムブルーのほうが白シャツ感覚で簡単にトライできるはず」。 シャツ¥18000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス® メイド アンド クラフテッド®) ジャケット¥161000/サード マガジン(ソニア リキエル) パンツ¥29000/ロンハーマン リング¥214000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)セットアップでコンサバに整えたデニムブルーに、赤とネイビーを添えて今回、真っ先に思いついたのがこのコーディネート。デニムブルーと最高に相性のいいネイビーのタートルニットに、時計やスカーフで赤をちりばめたスタンダードな配色を久しぶりにやってみたくて。デニムをセットアップで着るのは、私自身も大好きな着こなし。上下をそろえることで、きちんとしたコンサバ感が出ます。ヘアには’70年代の女優ファラ・フォーセットのような強さをひとさじきかせて。デニムというアイテム自体に確固たる存在感があるからこそ、自由に遊びを加えられるんです。 スタンドカラーのデニムジャケットにストレートデニムを合わせて。「デニムをセットアップで着るとき、上下のデニムの色をそろえるのはもちろん、あえて濃淡でコントラストをつけてみるのも面白いですよ」。ジャケット¥39000・デニム¥28000/アー・ペー・セーカスタマーサービス(アー・ペー・セー) ニット¥21000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカーフ¥56000・時計¥322000(ともに1/12時点の価格)/エルメスジャポン(エルメス)濃紺のデニムはコントラストをつけて、レトロモダンな配色にすっきりとした濃紺のカットオフデニムは、発色のよさを生かしたかったので、明るいイエローのコートやオレンジのニットでコントラストをつけたきれいめなスタイリングに。色落ちの少ないダークな色みなのでシンプルなパンツのような感覚で合わせられます。思い切り鮮やかな色使いや上品な靴とバッグで’60年代っぽいレトロなムードを添えるのがポイント。デニムブルーはそれ自体がベーシックな色だから、着こなしにストーリー感があったほうが素敵に映えると思います。 リジッドデニムに代表されるような濃色のデニムも昨今のトレンドのひとつ。「デニムの色は濃色になればなるほど、カジュアル感が弱まり、シックな印象になります」。カットオフされた裾のあしらいやデニムならではの素材感で、かちっとしすぎず、今っぽい抜け感も加えてくれる。デニム¥18000・ピアス¥24000/ボウルズ(ハイク) コート¥56000・ニット¥33000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー) サングラス¥52000/ピエール アルディ 東京 リング(ゴールド)¥85000・(シルバー)¥68000/ショールーム セッション(ザ レタリング) バッグ¥190000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ザンケッティ) 靴¥103000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ・ヴィヴィエ)撮影/白川清史(人)、さとうしんすけ(物) ヘア/JUN GOTO メイク/Yuka Washizu〈beauty direction〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/ヨンア ※BAILA2019年2月号掲載
  • ユニクロは「ユニクロ ユー」の2019年春夏コレクションを2月1日(金)より、順次発売する。エルメスをはじめ、世界的ブランドのアーティスティックディレクターなどを歴任してきたクリストフ・ルメール率いる、ユニクロ パリR&Dセンターのデザイナーチームが手がける「ユニクロ ユー」。今シーズンは、深みのあるアースカラーや夏を彩るアクセントカラーなど、遊び心あふれる色彩からインスピレーションを受けたコレクションを展開する。 (左上から時計回りに)オープンカラーシャツ(5分袖)¥2,990、シャツワンピース(長袖)¥4,990、デニムイージーショーツ ¥2,990(※4月中旬発売予定)/ユニクロ(ユニクロ ユー)ウィメンズでは「ユニクロ ユー」のためだけに描き下ろされたダイナミックな柄が、オープンカラーシャツ、ショートパンツ、ワンピースの3型になって登場。また、毎シーズン人気のスイムウェアからも、グリーンやイエロー、淡いピンクのカラーブロックのデザインが登場する。立体的に編み上げ、縫い目を減らし、優しい着心地を実現。シンプルでカッティングの美しいスイムウェアは、ビーチはもちろんエクササイズにもお勧めだ。 ドローストリングプリントワンピース(ノースリーブ)¥3,990、ライトウェイトバッグ ¥2,990、サンダル ¥2,990(※4月中旬発売予定)/ユニクロ(ユニクロ ユー)さらに上質な素材と美しいシルエットが特徴のクルーネックTシャツは、コレクションを象徴する鮮やかなカラーバリエーションで14色をラインナップ。そのほか、フード付きのトレンチコートやサコッシュバッグなど、この春夏のカジュアルコーディネートに活躍してくれそうなアイテムが盛りだくさん。フルラインナップは、国内61店舗とオンラインストアにて販売予定(※一部商品は国内全店舗で展開)。 ブロックテックトレンチコート ¥12,900、デニムイージーアンクルパンツ ¥3,990、ウルトラライトダウンジャケット(※先行発売中)¥6,990/ユニクロ(ユニクロ ユー) コットンバルーンスリーブカーディガン(長袖)¥2,990、ハイウエストツータックパンツ ¥3,990、サコッシュバッグ ¥1,990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ユニクロwww.uniqlo.com/UniqloU0120-170-296 text: Fuyuko Tsuji ⇩「ユニクロ ユー」2019年春夏コレクションのラインナップをチェック!
  • DOWN : THE NORTH FACE SWEAT : Acne Studios DENIM : JOE'S SHOES : converse BAG : CELINE 今シーズン 購入したダウンは THE NOTH FACE の ビレイヤーパーカ ☆ BAILA 2 月号 TPPOページで 着まわしたダウンです♩ 昨シーズンいいなぁと思ったものの 時すでに遅く 買えなかったので 今シーズンは絶対 ! と思っていたもの 。 今シーズン 、無事 購入できました ♡ 今まで持っていたダウンは光沢のある コンパクトなタイプだったので 今の気分には ビレイヤーパーカが とってもしっくりきて合わせやすいです♩ わたしは S サイズを着てるんですけど この着丈と ちょっとタポッとした シルエットがすごくお気に入り ! スキニーのデニムとの 相性が ◎ です ♡♡ instagram もやってます☺︎instagram スーパーバイラーズ 長島沙耶のブログ
  • カジュアルベースでもどこか綺麗めスタイルで女っぷりコーデ☆先日、大好きな友人達との大人女子会。 場所は、GINZA SIX。 さて、何を着ていこうかしら? 大人な空間に合うスタイルって? と考えながらも… カジュアルベースの中に綺麗めスタイルをmixさせた大人かっこいいコーディネートに。 Knit・Leggings: UNIQLO/ Pants: GAP/ Belt: Natural Beauty (10年来のお付き合い)春を先取り… コットン100%のワイドレッグチノに黒のタートルネックニット。 首元には、さりげなくパールのブローチを付けて女っぷりをプラスしました。 そして、まだこの時季はコットン100%のパンツは寒く…なので、こういう時のお助けはヒートテックウォームレギンスを。友人達に撮っていただき、照れ笑(*^^*)そして… ライダースにもこもこストール。Stole: cocca Jacket: SHARE PARK Bag: CHARUER Shoes: ネット購入 今回、モノトーンでシンプルなのですが、小物で女っぷりコーデに仕上げたそんな大人女子会コーデのご紹介でした。 小物をアレンジするだけで、カジュアルにも綺麗めにもコーディネートできるので、ファッションって楽しいですね。 美女組No.156 Mayuのブログ
  • きれいめにはけるベージュのスニーカーがお仕事コーデのハズしに活躍♪黒より軽やかでどんな色のボトムや靴にも合わせやすくて、今っぽいおしゃれ感が出せるダークグレイのタイツが手放せない! 黒タートル×赤タイトスカートの美女っぽコーデをカジュアルな足もとでちょいハズす。そんな時も品よくつなげるタイツがあれば困らない。スニーカーの色とリンクするベージュのシャツやチェック柄コートで、こなれた雰囲気を後押しして。タイツ/本誌付録 コート(WEB限定カラー)¥27000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店 シャツ¥19000/ゲストリスト ニット¥1990/ユニクロ スカート¥5900/クリア インプレッション 靴¥6000/コンバース バッグ¥5000/コーエン イヤリング¥20000/ススプレス 時計¥17000/コモノ東京 リング¥4400/サンポ-クリエイト土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/田形千紘 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/高野麻子 
関連キーワード

RECOMMEND