私の「楽してサマ見えワンピース」はオンにもオフにも大活躍!

Marisol ONLINE
発売日された1月号
読みごたえのある特集ばかりで
読み込んで勉強しています!

特に「忙しい私を救う!楽して
サマ見えワンピース」の特集は
働く女性のこの時期の悩みに
ぴったりではないですか!
と。1人大興奮してます。

仕事は年末にかけてバタバタ
出来れば楽チンな格好で
仕事に没頭したいのに
忘年会やら、接待、イベントなど
少し華やかさもないといけない。


BAYFLOW ×野沢和香コラボワンピース

1/5

2/5

3/5

MIKOMOTO パールネックレス

4/5

5/5

パールをプラスして少し華やかさをプラス。
ジャケットを脱ぐとこんなです。
たまたま覗いたBAYFLOWに飾ってあった
こちらのワンピース。
モデルの野沢和香さんとのコラボ商品で
いつも大人気のシリーズとのこと。
すぐ完売しますよ。と可愛い店員さんに
囁かれ試着をしてみると、ウエスト部分が
少し上に設定してあり、かなり絞ってあるので
足長効果抜群。
フレアーの分量も多くて好みでした。

はじめは、休日に着れれば良いか。と
お持ち帰りしたのですが、何かと
忙しいこの時期に、さっと着れるから便利で
着まわしをしてみたところ、手持ちの
黒いジャケットと合うではないですか!
華やかさプラスで、パールのネックレスを
足したらこれまた、良い。
(パールの小物が復活しているのが嬉しい!本誌でも特集されてますね!)

職業柄、かなり自由な服装ですが
レセプションパーティーやお呼ばれの時など
ジャケットを羽織ることが多いので
ワンピースにジャケットで女性らしさも
きっちり感も両方得られました。
dress: BAYFLOW
jacket:UA
necklace:MIKIMOTO
boots:FABIORUSCONI
  • オフはコンバースに合わせて
    オフはコンバースに合わせて
オフの日は、コンバースを合わせてみました。
これからの寒い時期には、今年復活の
黒のダウンジャケットを合わせても
良いなと考えています。

シワを気にしなくて良いので
旅行などにも活躍してくれそうです。
関連記事
  • 「カトパン」の愛称で親しまれ、最近は報道番組でも活躍する加藤さん。いつも笑顔で楽しそうに仕事をしているけれど、今の彼女があるのは、その裏で、たくさんの努力を重ねてきたから。そんな頑張り屋の加藤さんに仕事や対人関係の極意を聞きました!! 「自分からわき出てきた言葉しか言わない。ニュースを伝えるうえで、 いちばん大切にしていることです」 最初のころは、緊張の連続で、生送中の2時間、生きた心地がしなかった「バラエティ畑で育ってきた私が、今、報道番組をやっているなんて、自分でもびっくりしています」加藤さんがそう笑うのは、古巣のフジテレビで、4月から始まった夕方の報道番組「LiveNewsit!」のこと。彼女はこの番組でキャスターとして本格的なデヒューを果たすことになった。「お話をいただいたときは、正直、迷いました。これまでやってきた情報番組とは違って、報道番組は、扱うニュースの重さや深さが違うので、自分にできるだろうかって。でも、そうやって必要とされることはとてもありがたいことだし、ちょうど新しいことに挑戦したいと思っていたタイミングでもあったので、お引き受けすることにしました」思い切っての決断だったが、「最初のころは、本当に怖かったですね。生放送中の2時間、生きた心地がしなかった」と言う。「夕方はものごとが動く時間帯でもあるんですね。放送の10分前に事故や事件の一報が入ってくることもしばしばです。突然、現場の映像が映し出されることもあって、その映像に対して臨機応変に対応しなければならないし、進行も急に変更になるので、『ここは何分つないでください』とスタッフの指示が出るなかで、全体を調整していかなければならない。緊張の連続でした」頭の中はまさにフル回転!こんなタフな現場を仕切れたのは、とっさの機転が必要とされるバラエティで培った経験があったからだが、その一方、不慣れな仕事に萎縮してしまうことも。「バラエティは、ものごとをニュアンスで伝えることができればいいけれど、報道はそうはいきません。事件や事故をちゃんと理解して、自分なりの解釈をしっかり持っていないと伝わらない。でも、なかなかそこに自信が持てなくて。たとえば番組で専門家などに話を聞くときも、『この質問、変かな』『こんなこと聞いたら恥ずかしいかな』と不安で、それで語気が弱まってしまうことがあったんですね。そうしたら番組を統括している方がそんな私の気持ちを察知して、『心配することないよ』と。『加藤が感じていることは、間違ってないから、はっきり聞いて大丈夫だから』と励ましてくださったんですね。それですごく背中を押された気がしました。私が自分らしくいられる環境を皆さんがつくってくれたことに感謝しています」 「これ、どう思う?」と聞かれたとき、自分の考えを言える自分でいたいんです「今は自分を磨かなければいけない時期。大事なのは、周囲の評価を気にすることではなくて、自分のやるべきことをしっかりやること。頑張っていると、その気持ちが周りに伝わるので、少しずつ周囲との距離も縮まっている感じがします」毎日、新聞数紙に目を通すのは当たり前。疑問があれば、同番組の解説員・風間晋さんに聞いて勉強したり、ときには気になる現場には足を運んで取材するなど、積極的にニュースにアプローチしている。「たとえばプロデューサーに『このニュース、加藤、どう思う?』と聞かれたら、『私はこう思うから、こういう展開がいいと思う』と意見を言って、それを台本に反映してもらったり、自分で言葉を書き足したり。先輩たちと意見交換しながらバランスをとっていきます。だから『これ、どう思う?』と聞かれたとき、ちゃんと自分の考えを言える自分でいたいんですよね。オンエア前には会議があって、報道局の方々が、その日の出来事について解説してくれるんですね。そのやり取りを聞いて、『この事件は、もっとここをひもといていく必要がありそうだな』という道すじを自分なりに見いだしています」 「最近『顔つきが変わってきた』と人に言われるようになりました」 緊張感あふれる生活のせいか、「最近顔つきが変わってきたと人に言われる」ことも。以前のやわらかムードとは違う、シャープな新生カトパンへとステップアップしつつある。そんな加藤さんが、伝えるうえで最も大切にしていることは、「自分からわき出てきた言葉しか言わないこと」だ。「表向きのきれいな言葉とか、当たり障りのない言葉を並べるのではなくて、自分が本当に感じたことしか言わない――と決めています。人の目や周囲からの評価を気にして発言すると、どんどん軸がブレるので、そこは腹をくくらないと視聴者にも伝わらない気がするんですね。だからといって、バッサバッサと切っていくのも自分らしくないので、冷静に視聴者に投げかけるのが自分のスタイルなのかな。『it!』という番組名のとおり、『これ、気になってたよね』というところをガチガチに決めた言葉ではなくて、自然体でお伝えすることができたらいいなと思っています」いつも楽しそうに明るい笑顔で仕事をしている加藤さん。でもその下には、人に見せないたくさんの努力と強い決意が隠されている。人前が嫌だった中学生時代。今はつらくても苦労できる喜びのほうが大きいさまざまなプレッシャーがあってもそれを顔に出さず、周囲を盛り上げながら前進する加藤さん。それには、こんな思いがあった。「実は中学生のころ、アトピー性皮膚炎がひどくて、外に出るのも嫌だったんですね。それを考えると、今、人前で話す仕事ができていることは、心からありがたいと思うんです。だからつらくてもあまり苦にならない。苦労できる喜びのほうが大きいんです」彼女の笑顔にみんなが元気づけられるのは、こんなポジティブマインドゆえだろう。「ちょっと落ち込んで『ハア~ッ』となっても、ずっとそこにしばられたり、あとあとまで悔いを引きずることはないですね。気持ちの切り替えが早いのかもしれません」では仕事で怒ることは?「もちろんあります。『それはないでしょう!』『もう!』って(笑)。でも、急に感情的になったりすることはないですね。頭にきても何日か考えて、『言わなくてもいいかな』と思うことは言わないし、『やっぱりおかしい』と思えば、ハッキリ言うし。そのときは怒りをぶつけるのではなくて、相手に気づいてほしいこと、変えてほしいことを冷静に伝えるようにします。『こういうやり方は、こういう理由で納得できないから変えてほしい』って」怒りを人にぶつけるのではなく、それを分析して、改善策を探る。できそうで難しいことのようにも思える。テレビなどを見ていて感じる彼女のコミュニケーション上手は、「生まれ持った才能なのでは?」と思われがちだが、こうした努力や気づかいがあるからなのかもしれない。「どこの職場でも、何をやっていても、いい面、悪い面は必ずあります。たくさんの人とかかわっている以上、すべてがうまくいくなんてことはないですよね。だからこそ、ある程度、許し合って、よりよい関係をつくる道すじを探ることが大事なのかなと思います」 対人関係を磨くために私が努力している5つのこと コミュニケーション上手な加藤さんが、対人関係で気をつけていること、努力していることとは?「相手の気持ちを知る」に近道はない「相手の立場に立つ」のは簡単ではない。摩擦や葛藤から逃げず、相手の気持ちを考え続けることが大事人の話を聞くときは、ほっぺたキープ口角を上げるだけでなく、頰の肉を意識してキープすると、生き生きとした表情に。リフトアップ効果も!?初対面で人を判断しない初対面で判断するのは、人づきあいの幅を狭めることに。相手を観察して、少しずつ関係を築く好きになると好かれる相手への愛があれば、会話も弾んで温かい雰囲気に。「愛あるツッコミ」で、相手への愛情を表現してみるひと手間を惜しまない直筆の一筆箋、小さなお土産など、人とは違うちょっとした気づかいは、相手に必ず伝わるはず 撮影/熊木優〈io〉ヘア&メイク/野口由佳〈ROI〉スタイリスト/斉藤くみ取材・文/佐藤裕美構成/喜多佳子〈BAILA〉 ※BAILA2019年10月号掲載
  • だいぶ過ごしやすい季節になりました! 湿気もなく、気持ちいいお天気が続くとおしゃれも更新したくなりますね♪ 今回は、季節のはじまりに大活躍してくれる「旬トップス」をご紹介します! 大人の女性が程よくトレンド感を出せるブラウス、どんなボトムスにも合う万能トップスまで、今買ってすぐ使えるスグレモノ、集めてみました!       \今年らしさを出しつつきれいめにまとまる!/ M7days /とろみバンドカラーブラウス/¥13,000+税 今年らしく、クローゼットにないトップスならこれ! 衿もとにギャザーを入れたバンドカラーのパフスリーブブラウスです。 ドロップショルダーで身巾や袖にたっぷりとゆとりのあるシルエットですが、ソフトで落ち感の良いバックサテンジョーゼットの素材でフェミニンなドレープがきれいに表現されています。 肌触りもソフトで、ニットカーデやジャケットのインナーとしても着やすいブラウスです。 袖ボリュームはやりすぎると子供っぽくなりがちですが、きれいに落ち感のある素材だからこそ大人が着やすく仕上がっています。         \着心地最高!の極上万能ニット/ M7days/太リブクルーネックニット/¥13,000+税 ベーシックで使いやすい形のリブニット。 縦シルエットを強調してくれるリブ素材ですが、アラフォーが体型を気にせず着られるよう、ピタッとしないリブにこだわりました。 着ると身頃にも袖にも少しゆとりを感じるボックスシルエットなので、二の腕ピチピチ!になることもなく、すっきりきれいに着こなせます。 ネックのつまり具合も今年らしく、合わせるボトムスも選びません! シルク混のなめらか素材なので、着た瞬間しあわせな気持ちになる極上の1枚です。   使えるネイビーと秋らしいモカブラウン。 1枚あると毎日のコーディネートに重宝してくれます!         \大人が着られる上品スウェットできました!/ M7days/【編集部と考えました!】大人ゆるスウェット/¥9,500+税 大人も着られるゆるスウェットはニットの前の季節に活躍してくれます! カジュアルアイテムのスウェットをアラフォーが着やすいように、極限までシンプルにしつつ、着たときのゆるっと感とこなれ感を出すことにこだわりました! 袖と身頃にはオーバーサイズ感を出しつつも、丈はだらしなくならないように&ボリュームボトムとの相性を考え、着やすいちょっと短い丈にしています。 「あると便利!」と編集部もイチオシしているアイテムです!   使えるブラック、秋らしいカーキ、女性らしいオフホワイトの3色展開です♪           \大人が先買いするならニットパーカー/ M7days/きれいめニットパーカー/¥16,000+税 色々な世代で人気のパーカーを、アラフォーが着やすいニットで作りました! スウェット素材に比べカジュアル感が抜け、大人も上品に着こなせるのがポイントです。 チクチク感のないなめらかな上質ウール素材を使っているので、着心地はもちろん品の良いニットアイテムに仕上がりました。 縫い目のないホールガーメントで仕上げているので、体への馴染み感もよく大人が着やすい印象になっています。 きれいめな印象のネイビーと今年らしい温かみのあるマルーン(レッドとブラウンを混ぜたようなカラーです)の2色展開はどちらも使いやすくておすすめ!   お届けは、10月上旬を予定していますが、予約販売を実施中ですので、気になる方はお早めにチェックしてください♪       まだまだSHOP Marisolには『旬トップス』がたくさん! 是非チェックしてください♪
  • ブルゾン¥15000/SNIDEL ワンピース¥13000/エクラン ルミネエスト新宿店 ピアス¥2700/Phoede+(phoede) バッグ¥12000/アンビリオン(ベルケ) ブーツ¥16000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(リンス)スイートワンピにワークジャケットをゆるっと羽織った甘辛ミックス。ウエストキュッ&フレアシルエットのワンピだから、アウターを着ていても脱いでも可愛いコーデ。秋先取りできる濃色バッグやショートブーツはコーディネートの引き締め役としてもぴったり。モデル/江野沢愛美 撮影/新田君彦(えるマネージメント) ヘア&メイク/yumi(Three PEACE) スタイリスト/立石和代 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶花柄ワンピースコーデ記事一覧はコチラ
  • こんにちは!pippiです♡秋コスメが落ち着き、世間ではクリスマスコフレの情報が続々と解禁され始めている今日この頃。購入した秋コスメを振り返ると、私は結局これ一択でした!大好きなSUQQU…♡くすみカラーが大好物な私は、毎コレクションSUQQUの絶妙な色出しに惹かれてしまいます…!今年のSUQQUのテーマは、「美しい湿度。うるみ色」。日本の伝統的な工芸である漆の中でも、鮮烈な黒と赤の間にあるのが「うるみ色」だそう。今回のコレクションはまさにくすんだみずみずしいカラーのアイテムが豊作でした…♡私が購入したのは4点。まずは1つずつご紹介します!デザイニング カラー アイズ14 彩漆 -IROURUSHI¥6,800(税抜)大人気アイシャドウパレットの新色。今回のコレクションでは、新色2種、限定色1種が発売に。14 彩漆の下2色のラメの美しさと絶妙なカラーに惹かれてこちらをチョイス。まるで和菓子のような色合い。肌馴染みが良く、特にイエベオータムの私には得意カラー!上2色は繊細なパール入り、下2色は大粒ラメ入り。後ほど、こちらを使ったマンネリ解消メイクをご紹介します♪ピュア カラー ブラッシュ115 紅氷柱 -BENITSURARA¥5,500(税抜)新色2種、限定色1種が発売されましたが、こちらは限定色。ブラッディレッド×クリスタルブルー。この色はおてもやんになりやすいかなとも思ったのですが、右側ハイライトのブルーラメの美しさにやられて購入…。意外と薄付きで使いやすかったです!そして何よりハイライトにより透明感が出る…!この秋冬大活躍間違いなしのチークです。モイスチャー リッチ リップスティック111 燻色 -FUSUBEIRO¥5,000(税抜)個人的に全世界のリップの中でも保湿力に優れている思う、大好きな高級リップ。むっちりつやつやの唇になります。今回はなんと新色2色、限定色3色という計5色も登場…!迷いに迷って限定色を2色購入しましたが、その内の1つがこちら。ザ・チョコレートブラウンという感じの色味の中に、ブルーラメなど大粒の多色ラメがざっくざく!一番人気のカラーだそうです。モイスチャー リッチ リップスティック112 冬花火 -FUYUHANABI¥5,000(税抜)購入したもう1色がこちら。パープルよりの青みピンクに、ブルーやピンクなどの多色ラメがざっくざく。どちらもがっつり発色であれば私には全く似合わない色なのですが…ご覧のとおりの透け感!!燻色を付けると…冬花火を付けると…ニュアンスをチェンジしてくれる感じなので、カラーグロスなどと重ね付けもおすすめ。次のページでマンネリ解消メイクをご紹介!!→→→ここからは、「デザイニング カラー アイズ 14 彩漆」の私なりの使い方をご紹介!1つのパレットで色々な表情のアイメイクができるので、マンネリ解消メイクをしてみました♡★お仕事に!きりっとクールメイク①でまぶた全体を整え、②をアイホール、④を目の際に入れ太目アイライン。下まぶたは全体に②、④を目尻側1/3に重ねて。★デートに!色っぽレディメイク①でまぶた全体を整え、②をアイホール、③を目尻から重ねて縦割りに。下まぶたは全体に①、目尻側1/3に③を重ねて。アイライナーはバーガンディを使用。★女子会に!トレンドおしゃれメイク①でまぶた全体を整え、②をアイホール、③を二重幅、④を際に細く入れアイライン代わりに。下まぶたは①。1つのパレットでかなり違った印象になると思います!毎日ブラウンメイクばかり…という方も、こちらのパレットをゲットしてマンネリ解消してみては?今回ご紹介したアイテムが気になる方はこちらもチェック!→SUQQU公式オンライン※限定色はオンライン・店頭ともに完売の可能性がございます。★instagram: @pcpcpin ←follow me♡
  • (右から)幸哉さん(31歳・広告)信二さん(31歳・金融)智己さん(29歳・メーカー)結婚する前もした後もコミュニケーションが重要幸哉 ずばり。妻との結婚のいちばんの決め手は、何をされても許せるほど顔がタイプなのは否めない(笑)。信二 僕も、それはあるな〜(照)。幸哉 内面で言うと、僕の妻は今までの元カノたちと比べて、心の器が圧倒的に大きい! 夫婦といっても他人だから異なる価値観も持っているし、意見がぶつかる時もある。でも、感情的にならず僕の言い分もきちんと聞いたうえで、自分の主張もため込まずにきちんと伝えてくれる。もともと会社の後輩だから、仕事のことも理解があるし。智己 長い年月を一緒に過ごすことを考えたら、会話のキャッチボールができないとキツイね。主張が一方的だったり、感情的すぎる女の子は正直大変……。そんな豪速球は受け止めきれない。はい、見逃しますーみたいな(笑)。信二 わかる〜! 僕も妻とは有意義なコミュニケーションができているから結婚できた。たとえば、僕に対する不満点を、「察して」じゃなくて、きちんと言葉で伝えてくれるのは本当にありがたい。僕の遅刻癖とか(笑)。習慣づくまで辛抱強く、「直したほうがいいよ」って言ってくれたなー。智己 めっちゃ優しい奥さん! 男って、仕事とか自分の関心が高いことは能動的にできるけど、それ以外のことには、急に受動的になったりするよね。家事とかしてほしいことは、こと細かく指示してくれたらありがたい。信二 甘えるなよって思われそうだけど、そのほうがケンカ減るよね(笑)。智己 逆に、甘えてくれるのもうれしいけどね。人に言わないグチとか、全然聞くけど、返し方は難しい(笑)。信二 元カノに怒とうのアドバイスしたら怒られたことあるわー(笑)。今の妻のいいところは、「聞いてほしいだけだから」という前置きと、最後に「聞いてくれてありがとう。スッキリした!」と言ってくれる。だからまた聞くよ! って思えるんだよね。幸哉 親しき仲にも感謝の言葉だね。僕たちも伝えなきゃだけど……。夫婦円満の鍵は、価値観のすり合わせ幸哉 智己の結婚の決め手は?智己 オレが彼女と結婚を決めたのは、食の好みや趣味が近かったりと、ライフスタイルが似ていたから。だから正直、ドキドキよりも安心感がある、パートナーって感じが強いかも。幸哉 前に結婚相手は、休日の過ごし方とお金の使い方の価値観が一緒だといいって聞いたことがあるけど、智己はまさしくそうだよね。趣味が似ているから、お金の使い道も似ている。信二 金銭感覚って重要だよね。幸哉 元カノがまったく貯蓄できない人で、結婚はないなって思ったなー。信二 僕はタバコを吸う人が苦手で、妻もそう。そういった、自分にとって絶対に譲れないNGポイントがどこかってことを、結婚相手を見極める指針にしてもいいかもね!幸哉 それもアリだね。とにかく今日は結婚の素晴らしさを再確認できた!信二 僕らもいい夫でいたいよね! ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/海渡理恵 撮影/冨樫実和(人物) 岩城裕哉(プロップス) 調査協力/エコンテ
  • -Interview- ♥ 西野七瀬が語る「25歳の現在地」夢見るようなペールピンクの魔法を。 ドレス¥143000・ニット¥92000・靴¥45000/レッド ヴァレンティノ インフォメーションデスク新生活の中で気づいた「私はこの仕事が好き」 初めて足を止め自分と向き合った時間 「今日は緊張しました、すごく。卒業コンサート後の初めての表紙撮影だったからかな。今まで何度か経験してきたはずなのに、それとはまた違う感覚で。ノンノの表紙を初めて飾った、あの頃の気持ちと少し似ているかもしれない」  撮影後、インタビューの席に着くなりそう語った七瀬。昨年末に乃木坂46を卒業。今年2月に最後のステージを飾った彼女だが、新生活の中で静かな“変化”を感じているようだ。 「卒業を実感するのはおもしろい出来事に遭遇した時。今までは“ちょっと聞いてよ”と報告できる場所があり一緒に笑える仲間がいたけど、今は一人なので。また、以前はメンバーと一緒だった現場での挨拶も一人。ただでさえ人見知りなのに、いつどのタイミングで声をかけたらいいのか、グルグル考えてさらに緊張。最近はそんな寂しさや新生活にも慣れてきて、挨拶もちゃんとできるように。少しは成長できたかな」  新生活には今までなかなか持てなかった“自分の時間”も。さぞ充実した毎日を送っているのかと思いきや……。 「卒業する前は“自分の時間”が欲しくて仕方なかったんです。 でも、それをいざ手に入れた時に気づきました。私、仕事をしていないとダメな人なんだって。基本的にネガティブな性格なので、時間があればあるほど余計なことを考えてしまう。どんどん“このままで大丈夫なのかな?”と不安に。余計なことを考える時間を作らないように予定を詰め込んだこともあったのですが、もともとアグレッシブな性格ではないだけに、今度はそんな毎日にも疲れてしまって。今まで全力を注いでいた場所が消え、ポカンとあいたその穴をどう埋めたらいいのか分からなくて……」  デビューから約8年、前だけを向き必死に走り続けてきた。そんな七瀬が初めて足を止め経験した“自分と向き合う時間”。 「そこで強く感じたのは“私はこの仕事が好きなんだ”という思いでした。今まで自分の気持ちを確認する暇もなく走り続けてしまったけど、ああ、やっぱり私はそうなんだって。その思いを確認できたのはとても大きな出来事だったかな」 今、感じている「変わりたい」思い  自分の思いを再確認。新たなスタートを切った"第二ステージ"。今、彼女が抱いているのは「変わりたい」という思い。 「自分と向き合う時間の中で“これから”についても、もちろん考えました。私は若く見られがちなので、もう少し年齢に合ったというか、今は大人の女性に近づきたい思いが強くて。いつもとは少し違うクールな表情を引き出してくれた、今回の撮影はすごくうれしかった。あと、今の私はすごく心配性で。ドラマの撮影でも何度も“大丈夫ですか?”と聞いてしまい、そのたびに“自己評価低っ”と言われてしまうことも多々。実際、今の私が自信を持てるものは何一つなくて。あるといったら、好きな漫画について語れることくらい。常に不安の膜で覆われていて。たまにそれを破るんですけど……膜の再生がとても早いんです。そんな自分も変えたくて」  常に不安な気持ちを抱えているから彼女は誰よりも努力を重ねる。自信を持てないのも目標が高いから。ふんわりおっとり柔らかく見えて、実は負けず嫌い。西野七瀬の内側にはいつだってたぎる熱い思いがちゃんと存在している。 「そうなんです。でも、それがなかなか伝わらないみたいで、やる気がないと思われてしまいがち。アルバイトをしていた頃から、そう言われていて。それが悔しくて、現場で号泣してしまった過去も実はあったりして。自分の気持ちを表に出さないようにしているつもりはないんですけど……」  そう語りながら「普段から誰かに悩み相談をしないし、自己解決してしまいがちなので。もっと質問したらいいのかな。そうすれば意見交換もできるし、やる気があるように見えるかな」と真剣に考え込む。不器用な性格は相変わらず(笑)。 自分自身を「泣き虫で弱いところがたくさんある」と語る七瀬だが、嘘がつけない性格で、こだわることや大事なことは譲らない強さも。そんな七瀬に「今の自分は好きですか?」と尋ねると、まじめで真摯な彼女らしいこんな答えが返ってきた。 「デビュー当時のほうが好きだったかもしれない。あの頃は世間知らずで根拠のない自信があったから。そこから、いろんなことを経験して、自分の現実が見えて……今は根拠のある自信を身につけている最中。今の自分も好きだけど、まだ半分。 残りの半分をこれから頑張って埋めていきたいと思います!」 もっと知りたい今の七瀬のコト。Q&A 5年後までにクリアしたいことは? 家の中に物が多くて。雑貨とかため込んでしまう性格なので。5年後までには、減らしたい(笑)。 今、一番うれしい褒め言葉は? 今日、編集長さんから言われた「いい気が出ている」。本当に出ているかどうかは自分ではよく分からないけど……その言葉はうれしかった♡ 西野七瀬のテンションを上げるものとは? おみそ汁。特に朝に飲むおみそ汁は最高。具はなんでもいい、というか、具がなくてもいいくらい好き。 お気に入りのファッションアイテムは? 無地のシンプルなTシャツ。ポイントや柄がないと落ち着かなくて、実は昔は苦手だったんですけど。最近、やっと着られるようになりました。 必ず持ち歩いているものは? 私、荷物が少ない人なんですよ。今日のバッグもコレ(10cm×15cmほどの極小ショルダー)ですから(笑)。 財布、鍵、スマホ、常に荷物は最小限。 デビュー当時に比べると今の人見知り度は? デビュー当時を100%としたら、今は20%くらい。少しは話せるようになったというか、沈黙のほうが「しんどい」と感じるようになりました(笑)。 今、欲しいものは? フライパン。ずっと同じのを使っていたのですが、最近、汚れが取れなくなって。洗うたびに「もう、やだコレ!」って。新しいのが欲しいです。 最近、買ったものは? 私、青魚がすごく苦手なんですけど……青魚の成分が入ったサプリメントを買いました。普段、食べないからこそ補わないとなって(笑)。 今、行きたい場所は? アジアを旅するのが好きなのですが。台湾は久しく行っていないので。台湾に行って、小籠包やフルーツ、おいしいものをたくさん食べたい♡ 幸せを感じる瞬間はどんな時? 日差しが苦手で日中はあまり外に出ない私ですが、日がかげり始める頃になると動き出し外へ。その時間のお散歩が気持ちよくてすごく好き。 25歳の今、挑戦したいこと 私、洋服がシワシワでも気にせず着てしまう人で。スタイリストさんや衣装さんから「私服、アイロンかけておいたよ」って言われてしまうことが……。さすがに25歳になってそれは恥ずかしいかなって。アイロン、できる大人になりたいです。モデル/西野七瀬 撮影/熊木優(io) ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/笠原百合 原文/石井美輪 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ふんわりとやわらかな色合いに、ぼうっとくすんだ中間色。この秋、最もときめくのは、パウダリーな色同士をこれでもかと重ねるニュアンスカラーレイヤード。カラーコーディネートの達人スタイリストの吉田佳世さんが着こなしのポイントを指南!やわらかなトーンの重ねにはパンチのきいた小物で喝!ノースリーブコート¥275,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) コート¥231,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ニット¥36,000/オーラリー パンツ¥25,000/THE WALL SHOWROOM(ミジョン パーク)帽子¥88,000/エミリオ・プッチ ジャパン(エミリオ・プッチ) バングル 各¥26,000/エスケーパーズ(リジー フォルトゥナート) ブーツ¥163,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) オレンジ系でまとめたトップスにライラックのパンツを合わせ、丈の短いノースリーブコートを重ねたバランスコーディネート。極太のバングルとブリムハットがやさしい色の組み合わせにピリッとした緊張感を添えて。 スタンダードな着こなしにパステルアイテムをプラス・ワン!ドレス¥344,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) シャツ¥80,000/ブラミンク パンツ¥104,000/PARAGRAPH CO.LTD.(プラン C) バングル¥25,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ブーツ¥148,000/JIMMY CHOO ノースリーブドレスにボウタイブラウスを合わせた着こなしをブラッシュアップするのは、裾からチラリとのぞくパステルイエローのワイドパンツ。サンドベージュとパステルイエローの知的なマッチングが、コンサバになりやすいスタイリングをモダンに底上げしてくれる。足もとには黒のヒールブーツ、袖口からはシルバーのバングルと、シャープな小物をきかせればよりクールな印象に。 意外なほどに着映えするペールトーンのレイヤードコート¥204,000/ドリス ヴァン ノッテン ドレス¥52,000/チカ キサダ ボディスーツ¥21,000/ブランドニュース(カレンテージ)ブーツ¥30,000/DES PRÉS ピンクとブルーの大胆な色のマッチングも、トーンが同じならバランスよくしっくりとなじむもの。淡いブルーのテーラードコートとピンクのキルティングドレスのペールトーンコーディネートには、あえて丈の長いアイテムを選択。足もとのブーツの色合いをスモーキーなトーンにすることで、大人っぽさもプラスされる。スウィートなはずの組み合わせががぜんスタイリッシュに見えてくる。 グラデーション・レイヤードは、異なる素材感を存分に生かしてニット¥78,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ) 下に着たニット¥116,000/イーストランド(コー) パンツ¥46,000/ザ・リラクス 帽子¥36,000/キジマ タカユキ グローブ¥54,000/アクネ ストゥディオズ ブロ コンスト ブラウン、オリーブ、カーキ、シャンパンゴールドのグラデーションコーディネートは、異なる素材感がそれぞれの色の存在感をアピール。ざっくり感のあるニット・オン・ニット、上質でなめらかな艶のあるグローブ、そしてシャイニーなパンツの華やかな存在感。同系色による視覚的な効果でアイテムのボリューム感も抑えられ、上品でシックな秋色スタイリングのでき上がり。 目のつけどころはシャープなジャケットジャケット¥72,000/エストネーション(レジーナ ピョウ)ニット¥103,200/エドストローム オフィス(パコ ラバンヌ) スカート¥45,000・パンツ¥73,000/エムエム6 メゾン マルジェラ オモテサンドウ(エムエム6 メゾン マルジェラ) サングラス¥50,500/マーション ジャパン(クロエ) リング¥23,000/TOMORROWLAND(サマー) バングル¥26,000/エスケーパーズ(リジー フォルトゥナート)  パウダリーな色合いを重ねる場合、ほっこりしたムードになるのだけはどうしても避けたいもの。甘めの色でもシャープなシルエットのアイテムをチョイスすれば、その心配はすっきり解消。ピンクのニットにベージュのボトムスを合わせたルックにはかっちりしたコーラルピンクのジャケットを。凛々しさが光る! 少し物足りなさを感じたら、ネオンカラーでインパクトを加えてドレス¥69,000/ショールーム セッション(サヤカ デイヴィス) プルオーバー¥175,000・帽子¥138,000/イザ(ニナ リッチ) パンツ(サスペンダーつき)¥69,000/CLIFF co.ltd.(FUMIKA_UCHIDA) ネックレス¥118,000・ブレスレット¥138,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) ブーツ¥212,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) トーン・オン・トーンのコーディネートでやや物足りなさを感じたら、同系色のネオンカラーをアクセントに加えてみるのもおすすめ。穏やかな印象のスタイリングに洗練と鮮度が加味され、一気に今年らしくスタイリッシュな印象に。チラ見せでも効果は絶大! >商品のお問い合わせ先と電話番号はこちら SOURCE:SPUR 2019年10月号「秋のニュアンスカラー攻略法」photography: Mitsuo Okamoto styling: Kayo Yoshida hair: NORI TAKABAYASHI 〈YARD〉 make-up: Masayo Tsuda 〈mod’s hair〉 model: Nancy, Polina edit: Satoko Hatakeyama cooperation: PROPS NOW, TITLES
  • FLAGSHOPに人気ブランドの秋冬新作が続々到着。 どこか品があり、大人の女性も取り入れやすい商品が豊作です! その中から、特にオススメのアイテムをピックアップ。 旬らしい着こなし方や、やせ見えを叶えるテクニックも会わせてご紹介します。 縦感を強調するワンピースはすっきり印象を高めてくれる 今年の秋冬も、スポーツMIXなコーディネートが引き続きトレンド。 シンプルなカットソーワンピースはリラックス感が気持ちのいいアイテムですが、ともするとラフになりすぎてしまいがち。 こちらのワンピースは、リラックス感がありつつも、しっかり効いたリブのおかげで表情豊かに洒落見え。ボディラインを隠しながらすっきりと演出してくれます。 THE SHINZONE / MILITARY RIB DRESS / ¥17,800 + 税 RED CARD / Anniversary Highrise / ¥19,000+税 enchanted / 本革Vカットフラットシューズ / ¥10,000+税 デニムを合わせた休日カジュアル。膝下の絶妙な丈感でレイヤードも簡単に決まります。 アクセサリーや靴で女性らしいアクセントを足せば、上品な着こなしに。   THE SHINZONE / MILITARY RIB DRESS / ¥17,800 + 税 肌触り抜群のコットンで伸縮性があるので、つかず離れずのシルエットを実現。   ゆるシルエットのワンピースはメリハリチェックでスタイルUP! 秋冬もブーム継続中のオーバーサイズなシルエット。 中でもゆったりしたシャツワンピースは気になるところをカバーしてくれる優秀アイテムです。 リボンやベルトでウエストマークして、更に脚長効果を高めましょう! BLUEBIRD BOULEVARD / チェックネルシャツドレス / ¥44,000 + 税 PELLICO / バックジップショートブーツ / ¥72,000+税 ロング丈には、足首がちらりと見えるショートブーツと合わせてバランスよく。 シャツワンピースの優しい風合いを、ブラック小物で引き締めて。   BLUEBIRD BOULEVARD / チェックネルシャツドレス / ¥44,000 + 税 程よいAラインで、動くと揺れ感が出るシルエット。ふんわり懐かしい雰囲気です。   他にも今秋のトレンドスタイルをたっぷりご紹介中です!
関連キーワード

RECOMMEND