揺れる白フレアスカートには大人ベージュのワークブルゾンで軽快に【2018/12/12コーデ】

Marisol ONLINE
重くなりがちな冬のレイヤードコーデに軽やかな女性らしさをもたらしてくれるのは、揺れる白フレアスカート。エレガントに仕上げるのはお手のものだけれど、ここにカジュアル要素を追加できれば、着こなしの幅がぐっと広がる。まずは上品なベージュカラーのワークブルゾンを投入してみる。靴とバッグは上質なものにして、大人の上品さをキープすることを忘れずに。
スカート¥59,000/ヴァリアスショールーム(エイトン) ブルゾン¥95,000/アマン(アンスクリア) タートルニット¥23,000/八木通商(ルトロワ) バッグ¥187,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥100,000/ヒラオインク(クレジュリー)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼スカートコーデをもっと見る
関連記事
  • 今季、大豊作の柄サンダルを取り入れて、足もとが主役のスタイルを楽しみたい。なかでも、夏らしいアニマル柄やエスニック柄が人気。パイソンのサンダル一足で洗練サファリムードが漂うこの夏、バリエーション豊富にそろ うアニマル柄のサンダル。なかでもパイソンは、さりげない存在感で柄初心者にも取り入れやすい。シンプル服に、一点パイソンサンダルを合わせるだけで、たちまちクールなサファリテイストの着こなしに。靴( 8 )¥51,000/アマン(ペリーコ) ニット¥25,000(ロンハーマン)・ショートパンツ¥50,000(セヤ)/ロンハーマン バッグ¥18,000/マルティニーク丸ノ内(サン アルシデ) サングラス¥28,000/アイヴァンPR(アイヴァン) イヤリング¥4,200/リエス(ラ ピエス)■Othersアフリカンなプリントが、カジュアル上手を印象づけて。靴(1.5)¥12,600/ナノ・ユニバース(レメ×ナノ・ユニバース)心躍るギンガムチェックを足もとに。黒×シルバーだから甘くなりすぎない。靴( 3 )¥27,500/アマン(ペリーコ サニー)辛口派好みな太ヒールのパイソン。靴(5)¥33,000/FUN Inc.(チェンバー)レオパードを夏仕様のウェッジで取り入れるのが新鮮。靴(7)¥16,000/TOMORROWLAND(トゥモローランド)シックなペイズリー柄のヒールサンダルで、都会派エスニックを堪能。靴(7.5)¥42,000/ザ・グランドインク(ロランス)※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol6月号2019年】撮影/酒井貴生(aosora/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/笹本恭平(ilumini.) スタイリスト/松村純子 モデル/浅見れいな 構成・文/東原妙子
  • さわやかで、女らしくて、おしゃれ感がある。40代のための夏コーデやこなれ感がアップする白アイテムをまとめてご紹介。【目次】 1)40代のための夏コーデ【オール白コーデ】 2)40代のための夏コーデ【白ジャケットコーデ】 3)40代のための夏コーデ【白パンツコーデ】 4)40代夏コーデにこなれ感をプラスしてくれる【白でとりいれるアスレジャーアイテム】 1)40代のための夏コーデ【オール白コーデ】■ミディ丈の極細プリーツスカート×同系色のノースリーブニット今年はオール白に挑戦。歩くたびにドラマティックに広がるミディ丈の極細プリーツを、ちょっと大胆に同系色のノースリーブニットで合わせて、まるで一枚のドレスのようにアレンジ。着こなしが十分エレガントだからアクセサリーはモダン系をチョイスして、辛口要素を加味して。スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥17,000/デ・プレ(デ・プレ) コート¥42,000/アストラット  新宿店(アストラット) ピアス¥18,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(レイチェル コーミー) バングル¥4,800/ティアラ(ランド シヌール) バッグ¥24,000/ANAYI 靴¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)▶ミディ丈の極細プリーツスカート×同系色のノースリーブニット 詳細はこちら■マキシ丈のプリーツスカート×ドルマンスリーブのリブニットほんのりモードなマキシ丈のプリーツスカートは、フレアほど甘くなく、合わせ方しだいではドレスアップもかなう便利な一枚。ゆったりとしたドルマンスリーブのリブニットとコンビスニーカーというリラクシーな着こなしも、白のもつきちんと感と華やかさのおかげで、ルーズさとは無縁の女っぷりのいいMIXスタイルに。ニット¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥59,000/ebure ピアス¥16,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュールズ) サングラス¥16,000/TOMORROWLAND バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ドゥロワー 六本木(ノヴェスタ)▶マキシ丈のプリーツスカート×ドルマンスリーブのリブニット 詳細はこちら■白のショートパンツ×オーソドックスな白Tシャツ「ベーシックなおしゃれ」を極められるオーソドックスな白Tシャツ。このベーシックさのおかげで、トレンドアイテムやアクセサリーをたっぷり盛った旬度の高い着こなしにもおのずと「軸」が通る。白のもつ正統性という力で、私たちのおしゃれの可能性はもっともっと広がっていく!Tシャツ¥7,800/スローン ジャケット¥42,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・バッグ¥141,000(ザンケッティ)/ヴェルメイユパー イエナ 日本橋店 パンツ¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) メガネ¥27,000/オプティカルテーラー クレイドル青山店(GLCO) ネックレス¥14,000/フレームワーク ルミネ新宿店(フレームワーク) ベルト¥16,000/サード マガジン(プントヴィータ) バングル¥45,000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) ストール¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)▶白のショートパンツ×オーソドックスな白Tシャツ 詳細はこちら2)40代のための夏コーデ【白ジャケットコーデ】■白のサファリジャケット×ブルーデニム大人のカジュアルスタイルを牽引するブランドの一着は、すっきりとしたシルエットとどこかクラシカルなディテールのバランスが絶妙。ともするとボーイッシュになりがちなブルー×白のボーダーやロールアップデニムも、白サファリの大人っぽさ、今っぽさがあれば、ぐっと洗練された仕上がりに。ジャケット¥76,000/マディソンブルー カットソー¥9,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(マルティニーク) デニムパンツ¥25,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン  7285) イヤリング¥31,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(グーセンス パリ) バッグ¥55,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ヘリュー) 靴¥21,000/ツル バイ マリコ オイカワ▶白のサファリジャケット×ブルーデニムコーデ 詳細はこちら■白のサファリジャケット×スカートサファリジャケットの辛さと、女らしい甘さのあるスカートの相性は折り紙つき。なかでもコンパクトな上半身を作るノーカラーのショート丈なら、夏の華やかボトムの代表格、マキシ丈のフレアスカートもバランスよく決まる。インナーも白でつなげて上半身にまとまりを。リネン×レーヨン混のシャリッとした素材感で、真夏のはおりものとしても重宝しそう。ジャケット¥34,000/デ・プレ(デ・プレ) ニット¥16,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥33,000(ハウント)・バングル¥22,000(アニー)/ゲストリスト(ハウント代官山) バッグ¥36,000/コード(ヴァジック) 靴¥22,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)▶白のサファリジャケット×スカート 詳細はこちら■白のサファリジャケット×ワイドパンツアイボリー寄りのニュアンスのある色みを出発点に、パンツからインナー、小物までベージュ系で統一。旬度満点のロング&ビッグながら、ウエストを絞って着るとぐっと女らしい雰囲気に。ジャケット¥34,000・タンクトップ¥6,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥34,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥46,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥34,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥18,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥8,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶白のサファリジャケット×ワイドパンツ 詳細はこちら3)40代のための夏コーデ【白パンツコーデ】■ATON(エイトン)の白パンツコーデ独特のハリのある生地で着映え効果満点。かなり太めのワイドだけど、ハの字形に入ったフロントタックで腰まわりすっきり。パンツ¥49,000/エイトン青山(エイトン) カットソー¥10,000/アングローバル(イレーヴ) ベルト¥8,000/コントワー・デ・コトニエ  ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥32,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥34,000/オルサ(オルセット) 靴¥45,000/オデット エ オディール 新宿店(ジョックス アンド アン)▶ATON(エイトン)の白パンツコーデ 詳細はこちら■THEORY LUXE(セオリーリュクス)の白パンツコーデ女っぷりを上げる足首の抜け感と、脚のラインを拾わない安心感。働く女性から絶大な支持を得るブランドならではの、一挙両得な一本。ほどよく肉厚なストレッチ素材で、下着の透けも気になりにくい。ベルトループのないミニマムなウエストデザインは、ボリュームトップスをゆるっとインする着こなしもきれいに決まる。パンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ブラウス¥17,000/エリオポール代官山(エリオポール) ピアス¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(アプレスキー) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥38,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット)▶THEORY LUXE(セオリーリュクス)の白パンツコーデ 詳細はこちら■AEWEN MATOPH(イウエン マトフ)の白パンツコーデ細身ではなくやや太めのテーパードシルエットで、今どきの女らしさを表現。ピシッときいたセンタープレスも、美脚見えに効果大!パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) ジャケット¥69,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥22,000/ マディソンブルー サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) 時計¥13,000/DKSHジャパン(タイメックス) バッグ¥120,000/グローブ・トロッター  銀座(グローブ・トロッター) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶AEWEN MATOPH(イウエン マトフ)の白パンツコーデ 詳細はこちら■VERMEIL PAR IENA(ヴェルメイユ パー イエナ)の白パンツコーデゴールドボタンがシンプルな着こなしにアクセントを生む、ストレッチデニム素材のマリンパンツ。脚につかず離れずの絶妙な太さと着映えデザインで、リッチ感漂う大人のカジュアルスタイルに。パンツ¥21,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ニット¥21,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ヘッドアクセ¥3,400/ティアラ(ラ ピエス) イヤリング¥13,000/デ・プレ(イリスフォーティーセブン) バッグ¥59,000/ANAYI スカーフ¥11,000/フラッパーズ(マニプリ) 靴¥32,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)▶VERMEIL PAR IENA(ヴェルメイユ パー イエナ)の白パンツコーデ 詳細はこちら4)40代夏コーデにこなれ感をプラスしてくれる【白でとりいれるアスレジャーアイテム】■ 白のマッキントッシュのコートモッズ風コートも白い色と前ボタンのデザインを選べばきれいめに着こなせる。オン&オフ活躍しそう。コート¥110,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)▶白のマッキントッシュのコート 詳細はこちら■白のルトロワのフーディようやく大人にも定着したビッグフーディ。ボーイズ感が和らぐ白を選んで。フーディ¥27,000/八木通商(ルトロワ) ▶白のルトロワのフーディ 詳細はこちら■白のジェイエムウエストンのスニーカー誰もが一足は持っている白いスニーカーはジェイエムウエストンの上質なレザーシューズを選んで。さすがの高級感で、大人のアスレジャースタイルに最適。靴¥75,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ▶白のジェイエムウエストンのスニーカー 詳細はこちら■白のマディソンブルーのカットソー深いVネックの開きとフレンチスリーブで女性らしく着こなせそうなカットソー。さらっとした肌ざわりの鹿の子素材。カットソー¥21,000/マディソンブルー ▶白のマディソンブルーのカットソー 詳細はこちら
  • なぜシンプルなのにおしゃれ?1枚買って損はしない、夏の「つぎ足し」最有力候補「暑い!!」いきなり夏日が続いていますね。「半袖半袖…」とクローゼットの中から涼しそうなものをピックアップ。わたしのクローゼットはコーデしやすいように、色鉛筆のように各色ごとにズラズラと並べてあるのですが、その中で最近ずいぶんと勢力を拡大し、幅をきかせている「集団」があります。それはネイビーの軍団!無意識のうちにどんどん増えていく不思議なカラーです。よく着るカットソーだけ取り出しても、なかなかの数になりました。Tシャツにワッフルに半袖や長袖…同じネイビーでも素材によって雰囲気がだいぶ変わるので、ついつい集まってしまうのです。特に好んで買うのがニット生地の「半袖」。ネイビーの半袖ニットは、去年の夏の記憶では個人的に一番着回した優秀賞の選手なんです。 ニット素材は、Tシャツのカジュアルさとはまた違う格上な雰囲気があるので、たとえデニムに合わせたとしても上品な印象になります。カジュアル過ぎないのでオンオフ両方使えて本当に重宝。ベーシックで素材が際立つアイテムだけに、このアイテムに関しては「超プチプラ」は求めていません。今シーズンは「ロンハーマン」の半袖ニットが仲間入りしました。 他の人から見ればぜんぶ一緒のようでも、自分だけにわかる「違い」があります!今回のロンハーマンは、袖や裾がちょいフリル。これだけでも印象が少しフェミニンになり、これまでにないネイビーの表情を見せてくれます。Tシャツをニット素材に変えるだけで、デニムでもなんとなく上品なニュアンスにランクUP。ごくシンプルな普段着がなぜかおしゃれに見えるコツは、さりげない素材の違いだったり、こんな裾のデザインが入っていたりという、本当に小さなところだったりするんですよね。ネイビーは、合わせる色によっても爽やかになったりフェミニンになったりと雰囲気が変わるので、着回し率は本当に高いです。「何着ればいいのよ(泣)!!」と合わせるものに困った時、必ず助けてくれるので1枚持っていると安心。 夏は1枚で、春先や秋口ではジャケットにインできるので、長期間着られることはもう何年も体験済み。買うものに迷ったら「半袖ネイビー」。推しアイテムです!【Day1】パープルに合わせたきれい色コーデ↑ネイビーはきれい色との相性も抜群で、合わせる色をさらに美しく映えさせてくれます。シンプルなトップスだけにフリルがアクセントをプラス。バッグは同じネイビーの「デヴィッドソン」カーニバルで。【Day2】同色パンツに合わせたワントーンコーデ↑プラステのネイビーパンツに合わせてワントーンに。トロミパンツとリブニットの異素材の組み合わせも合います。メンズっぽい雰囲気にニットのフリルでさりげなく女性らしい印象に。【Day3】花柄スカートに合わせたスニーカーコーデ↑ネイビーに黒いスカートは重くなりますが、花柄のサラサラ生地なので清涼感が出ます。スニーカーはコンバースのデニム生地。色がネイビーなのでトップスとのまとまり感がUP。【Day4】デニムに合わせたカジュアルコーデ↑デニムにもよく合うネイビー。カジュアルな中にもリブニットの品が加わります。アクセントには、ネイビーと相性のよいイエローのカーディガンをプラス。【Day5】カーキに合わせたアースカラーコーデ↑アースカラーのカーキとも相性がよく、落ち着いた夏らしい印象に。色が上下で重くなりがちなので、スカートにリネン素材を選んで清涼感を出します。サンダルもパンプスではなくスクエアトゥで抜け感を。バッグは…今日の「オマケのプチプラ」をご覧ください! ちなみにネイビーを着る時には時計もチェンジ。といってもベルトをネイビーのストラップに取り替えるだけですが、時計の色を合わせることによってより上品な印象になるんですよ!時計は「ルイヴィトン」のタンブール。いつまでも飽きないように、ストラップが替えられるシンプルなデザインを以前に買いました。現在は3種類をコーデによって取り替えています。夏はダミエの登場が多く、ネイビーの服にはやはりネイビーを合わせています。アリゲーターのツヤが、プチプラ服を高見えに♪ 高価な時計はいくつも買えませんが、ストラップを替えるだけで気分転換にもなるのでおすすめの選び方です。「時計替えた?」とも時々聞かれますし!ストラップは4~6万円くらいなので、時計を買うよりは勇気が要りませんね★ ニットのサイズ展開は「XS」と「S」なのでちょっと「入るだろうか」とドキっとしますが、着てみると余裕もあり、体感は通常の「M」のような感じです(Sを着用)。クローゼットを色ごとに並べた時から開くのがとても楽しくなり、組み合わせやすく時短にもなりました。自分の好みもはっきりわかるので、それを把握することでムダ使いも減りそうですね♪▶「ロンハーマン」店舗の詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.25★ 「Seria(セリア)のコットンバッグ(108円)」 今日のコーデ「Day5」に組み合わせたバッグは、100円ショップで見つけたものです♪セリアに行ったら、バッグコーナーの山積みの中に紛れていて、それを引っ張り出して掘り当てました。フランス語がかわいいナチュラルなリネン風(素材はコットン)の素材です。ロゴの字体やバッグの色合いがとてもおしゃれ♡見ためだけでなく使い勝手もなかなかです。マチがとても広いので、お弁当などを入れるサブバッグやエコバッグに最適な大きさ。この時期はスタイルに合わせてメインのバッグとしても堂々と使えそう! 涼しげなリネン風は、エスパドリーユやストローハットを合わせれば「大人フレンチ」の仲間入り♪100均でメインバッグに抜擢されるスター選手はかなりレアです!お近くにセリアが合ったらぜひ探してみて下さいね★▶「Seria」全国店舗情報はこちらをチェック 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 凛として、知的なムードが漂う"真っ白"なアイテムをご紹介。【1】 アーチ ザのワンピースネックラインのギャザーとリボンで甘さを出しつつ、ハリ感のある素材や広がりすぎないシルエットが大人向き。レギンスと合わせればよりスポーティなイメージに。ワンピース¥51,000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(アーチ ザ)  【2】スペルタのシューズメッシュ素材が涼しげなデザインのシューズは、指やネイルが透けて見えてちょっぴりセンシュアルなムードも。靴22,000/フラッパーズ(スペルタ)  【3】ロンハーマンのスカート「レースのスカートは甘すぎて苦手」という人も、こんなスクエアレースなら着てみたくなるはず。スカート¥36,000/ロンハーマン   【4】マリハのジュエリーファッショニスタにも人気のあるマリハ。マットな白の色石は小さくても存在感抜群。ピアス¥88,000・ブレスレット¥60,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・原文/伊藤真知 【Marisol6月号2019年掲載】
  • 短か過ぎず『ゆるっと大人かわいく♡ヘルシーに!』が今の気分ですヾ(*´▽`*)ノこんにちは。 急に暑くなりましたね。 ベリーショートから少しずつ伸ばし ようやくボブが落ち着いてきたところだったのですが ずーっとショートだったわたしからすると、ボブでも暑くて…。 5月でこんなに暑いのだから… やはり夏はショートかしら… ってことで、カットしてしまいました。 今回はハンサムショート♡ ゆるっとなショートが今の気分です。 パッツンの前髪が好きなのですが、今回は長め。 サイドも少し前下がりに長め。トップの方は長めですが襟足はスッキリこんなヘアースタイルが、ハンサムショートと言うらしいです。   ↑ 美容師さんに教えていただきました♡ カラーはアッシュ系の黒 夏に黒って、クールな雰囲気が出て好きです♡ ヘアースタイルが変わるとファッションも変えたくなりますね。 自分らしく…を大切にしながら 今年っぽいファッションを模索中です。 最近は白Tばかり着ています。 やっぱり白っていいですね。 シンプルで爽やか♡大好きな色です。Tシャツは、UNIQLO and JW ANDERSON。 アシメになっていてちょっと面白くて 襟の具合もいい感じでお気に入りです♡ 洗いざらしで、ちょっとシワになってますが そういうナチュラルさが好き。 みっきーでした何気ないアラフォーライフ綴っています▷▶︎▷インスタはこちらから美女組No.117みっきーのブログ
  • 日々暑い日がつづきますが、夜はやっぱり涼しい五月。気温変動が激しい日のファッションは風通しのいいシャツで。なんでもないデニムと白シャツ。シャツはプラージュで数年前に購入した物。そしてデニムは香港土産で友人からのプレゼント。この下にはヨガウェアをきていてレッスンに行く直前。バングルは鎌倉SLOWというかばん屋さんに置いてあったアフリカン彫刻ジュエリー。鎌倉駅から徒歩10分ぐらいの下馬交差点にあるカフェ併設のステキなお店でした。 そしてもう一つシンプルなものはネイル。最近はベージュ系ばかりで細いフレンチにしてもらってます。ご近所ネイリスト、元美女組のゆきのちゃんのセンスに任せてます。 ベージュって意外と肌色をくすんで見せてしまう色合いもあるのですが、カラーコーデをお勉強しているゆきのさんが調合してくれる色合いはさすがです。 ドカンと5月からパンチのある暑さ。皆さまもご自愛くださいね!美女組No.95はづきのブログ
  • 働く美女組の声を反映した、M7days for Officeのスペシャルアイテムを製作。おしゃれで働きやすく、ディテールにこだわりぬいた"確実に使える"仕事服が完成!美女組のリアルな声を形にしました!働く美女組さんに集まってもらい、座談会を実施。上司、同僚、後輩からの意見や、実際のお仕事シーンで必要な機能やデザイン、スタイリングのお悩みなどをもとに製作しました。つかず離れずの縦長タイト ■ラップ見えスカート お仕事スカートの基本はやっぱりタイトとの声多数。今年らしい少し長め丈&ポイントになるラップ見えデザイン、かつ適度にゆとりをもたせたシルエットに。 上品なオフホワイトで夏らしいさわやかなスタイルに落ち感のあるとろみ素材が、すっきりとしたシルエットを実現。シワになりにくいので、立ったり座ったりを繰り返しても夕方まできれいをキープできる。ボトムにはポケットが必要という声を反映し、ポケット口が開かずすっきり着られるファスナータイプに。長め丈だからトップスインしてもグッドバランス。ペタルスリーブブラウス¥17,000(サクラ) パンプス¥27,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol バッグ/スタイリスト私物夏スタイルをシックに仕上げる大人仕様のキャメル斜めに入ったラップ風切り替えが、気になるおなかを目立たせず着やせ効果を発揮。甘めブラウスも、タイトシルエットでシャープに着られる。エンブロイダリーブラウス¥26,000(ティッカ)・ショルダーバッグ【レヴューリザードミニ】¥18,000(トフ&ロードストーン)・ドットチュールサンダル¥22,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol■エムセブンデイズ【洗える】とろみラップ風スカートカラー:オフホワイト、キャメルサイズ:1、2¥13,000 自宅で洗えてお手入れ簡単 ■薄軽ジャケット ジャケットは確実にきちんと見せたいので、高見え素材を吟味。上質感がありながら、軽やかな着心地でストレスフリー。コンパクトデザインだから、合わせるボトムスを選ばない。 重要度の高い予定も端正なネイビーがあれば安心どんなインナーにも合うノーカラーの縦長Vあき。ポケットつきで実用面もクリア。ジオメトリックギャザースカート¥26,000(シンゾーン)・エンブロイダリーブラウス¥26,000(ティッカ)・【福田亜矢子さん×マリソル×A.D.M.J.トリプルコラボ】牛革トートバッグ¥42,000(エー・ディー・エム・ジェイ)・フラットポインテッドパンプス¥33,000(チェンバー)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物旬のジャケットカジュアルにも着回せるライトグレー麻のような風合いでありながらシワになりにくい、まさにいいとこどり素材! 取りはずし可能な脇パットつき。【福田亜矢子さん別注】MADEMOISELLE長袖トップス¥11,000(ルミノア)・デニム【Anniversary Highrise】¥19,000(レッドカード)・ビットスリッパサンダル¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol バッグ/スタイリスト私物■エムセブンデイズ【洗える】コンパクトジャケットカラー:ネイビー、グレーサイズ:0、1、2¥19,000 はくだけで脚長効果 ■すっきりワイドパンツ ジャケットと同素材を使用したパンツ。スーツでそろえておけば、これからの季節のお仕事スタイルは完璧。ワイドシルエットでほんのりトレンドも感じさせられる。 セットアップでそろえたいさわやかなライトグレー太すぎないワイドシルエットとソフトなハイウエストで、誰でも確実に脚が長く見える! Tシャツ【徳原文子さんコラボ】¥7,900・【洗える】コンパクトジャケット¥19,000(エムセブンデイズ)・バッグ【ジョリーリザード】M¥41,000(トフアンドロードストーン)・スニーカー【STAN SMITH】¥14,000(アディダス オリジナルス)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物■エムセブンデイズ【洗える】セミワイドパンツカラー:ネイビー、グレーサイズ:0、1、2¥15,000 【Marisol 6月号2019年掲載】魚地武大(TENT/物) スタイリスト/徳原文子 取材・文/発田美穂
  • はくだけで誰からも好印象のプリーツスカート。夏場も華やかに大人っぽくプリーツスカートコーデを着こなしましょう! 40代に捧ぐ最旬プリーツスカートコーデを一挙ご紹介。【目次】 ①40代のための最旬プリーツスカートコーデ ②美女組Akaneさんの着回し40代的プリーツスカートコーデ ③この夏に買うなら「透け感プリーツスカート」①40代のための最旬プリーツスカートコーデ■白のニット×白のプリーツスカートコーデドレスを選ばずともプリーツスカートでさらなる華やかを狙って。歩くたびにドラマティックに広がるミディ丈の極細プリーツを、ちょっと大胆に同系色のノースリーブニットで合わせて、まるで一枚のドレスのようにアレンジ。着こなしが十分エレガントだからアクセサリーはモダン系をチョイスして、辛口要素を加味して。スカート¥35,000/ツル バイ マリコ オイカワ ニット¥17,000/デ・プレ(デ・プレ) コート¥42,000/アストラット  新宿店(アストラット) ピアス¥18,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(レイチェル コーミー) バングル¥4,800/ティアラ(ランド シヌール) バッグ¥24,000/ANAYI 靴¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)▶ニットと白プリーツスカートの詳細はこちら■ネイビーのブラウス×白のプリーツスカートコーデ好感度たっぷりのネイビーとのコンビで、きれいめ白スカートの本領を発揮して。清潔感があって信頼感も増すネイビーブラウスと白スカートの王道通勤コーデも、今年は少し辛口を意識して。例えばシャツの延長線上で着やすいバンドカラーのブラウスと長め丈のプリーツスカートで2019年仕様にアップデート。腰まわりをすっきり見せるための切り替えプリーツやウエストインが決まるテープ使いなど、ひと手間考えられたディテールがたまらない。スカート¥24,000/アルアバイル ブラウス¥13,000/TOMORROWLAND(マカフィー) ピアス¥24,000/ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店(ブランイリス) バングル¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/アニー) バッグ¥79,000・ストラップ¥44,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶ブラウスと白のプリーツスカートの詳細はこちら■白のニット×白のプリーツスカートコーデ日常をドラマティックに変える、ピュアホワイトのロングプリーツ。ほんのりモードなマキシ丈のプリーツスカートは、フレアほど甘くなく、合わせ方しだいではドレスアップもかなう便利な一枚。ゆったりとしたドルマンスリーブのリブニットとコンビスニーカーというリラクシーな着こなしも、白のもつきちんと感と華やかさのおかげで、ルーズさとは無縁の女っぷりのいいMIXスタイルに。ニット¥18,000/エリオポール代官山(エリオポール) スカート¥59,000/ebure ピアス¥16,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュールズ) サングラス¥16,000/TOMORROWLAND バングル¥68,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マリア ルドマン) バッグ¥59,000/アマン(ペリーコ) 靴¥20,000/ドゥロワー 六本木(ノヴェスタ)▶ニットと白のプリーツスカートの詳細はこちら■黒のリブニット×白のプリーツスカートコーデ春のモノトーンコーデは、小さなドットと足もとの透け感で更新。リブニット×プリーツスカートの定番フェミニンスタイルも、スカートが透け素材&ドット柄になるだけでフレッシュに。パテントのワンハンドルバッグやスエードのヒールパンプスなどクラシカル小物で大人にまとめて。足もとの透け感に合わせ、靴の色も淡めトーンにするのがこなれて見える秘けつ。スカート¥25,000/インターリブ(サクラ) リブニット¥33,000/FUN Inc.(フォンデル) ストール¥53,000/ebur(e ファリエロ サルティ) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥74,000/ジミー チュウ▶リブニットと白のプリーツスカートの詳細はこちら■リネンジャケット×チョコレートブラウンのプリーツスカートコーデシルクのプリーツスカート×リネンジャケットの絶妙な甘辛バランス。チョコレートブラウンのロングプリーツスカートも、透け感で繊細なイメージに。リネン素材のロング丈ジャケットをはおり、マニッシュなスタイリングに落とし込むのが新鮮。スカート¥34,000/ANAYI ジャケット¥145,000/マディソンブルー Tシャツ¥7,500/オーラリー バッグ¥185,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥107,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) バングル¥16,600/シップス 有楽町店(フィリップ オーディベール) ピアス¥31,000/ショールーム セッション(マリハ)▶ジャケットとチョコレートブラウンのプリーツスカートの詳細はこちら■トレンチコート×白のプリーツスカートコーデイタリアのテキスタイルメーカー「Cangioli」社の生地を使用した、プリーツのようなシワ感が特徴的なロングトレンチ。たっぷりめの袖口をきゅっとたくし上げることで、女性らしい柔らかなシルエットに。プリーツスカートなど揺れる素材と合わせてもスタイリッシュにきまる。トレンチコート¥120,000・スカート¥59,000/ebure ニット¥28,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) バッグ¥24,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヴァジック) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) 靴¥27,000/ウィム ガゼット青山店(ルカ グロッシ)▶トレンチコートとプリーツスカートの詳細はこちら■トレンチコート×ネイビーのプリーツスカートコーデオレンジカラーをきかせた遊び心のある大人のカジュアルフェミニンスタイル。ハンサムトレンチのベージュにきかせるならこっくりしたオレンジがおすすめ。ネイビーのプリーツスカートと合わせれば誰からも好感度を持たれるコーデに。ボーダー×プリーツスカート×トレンチ×パンプスの定番コーディネートも、色合わせしだいでこんなに新鮮! トレンチコート(トゥモローランド別注)¥157,000/TOMORROWLAND(マッキントッシュ) ニット¥28,000/サザビーリーグ(デミリー) スカート¥38,000/ロンハーマン ネックレス¥23,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヘレナ ローナー) バッグ¥56,000/ドゥロワー 丸の内店(ドラゴン) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)▶トレンチコートとプリーツスカートの詳細はこちら■ベージュのブルゾン×ピンクのプリーツスカートコーデベージュ×ピーチピンクで完成!洗練のフェミニンコーデ。黄みを帯びたピーチ色、ひんやりとした光沢感。甘すぎないピンクのプリーツスカートを、スエードブルゾンなどカジュアル感のあるベージュでさらにこなれさせて。ブルゾン¥62,000/サード マガジン Vネックニット¥24,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュマルティニーク) スカート¥63,000/スーパー エー マーケット(マラホフマン) ピアス¥29,000/デ・プレ(アンコモンマターズ) 3 連バングル¥18,000/プラージュ 代官山店(ニナ&ジュール) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥80,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ミッシェル ヴィヴィアン)▶ブルゾンとプリーツスカートの詳細はこちら■レザージャケット×スウェットパーカ×シフォンのプリーツスカートコーデシフォン素材のプリーツスカートをデイリーに落とし込むには、思いきりカジュアルなスウェットがおすすめ。真逆の要素が加わることでかえってシフォンスカートの女らしさがきわだつ。スニーカーやレザーブルゾンなど、辛さをどんどんレイヤード。このMIXかげんが今っぽい。透け素材ならではの、ニュアンスのある発色も主役のシフォンプリーツ。白やライトグレー、シルバーなどほかのアイテムは色みをつなげ、スカートの存在感を引き立てて。パーカ¥11,000(マカフィー)・レザージャケット¥138,000(チンクワンタ)/TOMORROWLAND スカート¥23,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) ピアス¥29,000/デ・プレ(アンコモンマターズ) ブレスレット(上)¥11,000・(下)¥13,500/アルアバイル(フィリップ・オーディベール) バッグ¥128,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) 靴¥25,000/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス) ▶レザージャケットとシフォンのプリーツスカートの詳細はこちら■カーキのブルゾン×ピンクのプリーツスカートコーデほんのりトラッドな抜け感を楽しみたいならフードつきの大きめブルゾンをフェミニンなプリーツスカートコーデのハズシに投入。体が泳ぐゆったりシルエットが、逆に女らしいリラックス感を演出。ヒールにチェーンバッグ、とブルゾン以外はとことん女っぽくするのがフードつきを素敵に着こなすコツ。ブルゾン¥49,000(ウールリッチ)・ピアス¥9,000(ソコ)/TOMORROWLAND ニット¥19,000・スカート¥23,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) バッグ¥120,000/カオス丸の内(ザンケッティ) 靴¥77,000/セルジオ ロッシ  カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶ブルゾンとプリーツスカートの詳細はこちら②美女組Akaneさんの着回し40代的プリーツスカートコーデ\着回したピンクのプリーツスカート/DAY1■ゆるめのカットソー×ピンクのプリーツスカートコーデ「白シャツだと上品になり過ぎますが、ゆるめのカットソーなら抜けた感じで女性らしさもUP。ミラオーウェンのカットソーは、これが本当はバックスタイルなのですが、わたしは前側でも着ています。シューズはパンプスよりサンダルで老け防止。ご近所ならお財布とスマホだけ入る小さなバッグを持って」(Akaneさん)▶カットソーとピンクのプリーツスカートの詳細はこちらDAY2■ベージュのカットソー×ピンクのプリーツスカートコーデ「長時間座る時にもゴムのウエストは助かります。ベージュのカットソーならピンクが落ち着いて見え、若さをがんばっている印象にはなりにくいです。『ドゥーズィエム クラス』のカットソーはベージュでも色が絶妙で“おば見え”回避。上下で色が控えめになるので、シューズと小物はゴールドが入ったメタリックでアクセント。アメホリのプチプラトートはお弁当と水筒が入るので、春のスポーツ観戦にも最適です」(Akaneさん)▶カットソーとピンクのプリーツスカートの詳細はこちらDAY3■ネイビーのスウェット×ピンクのプリーツスカートコーデ「サイズはS・M展開です。いつも『VIS』ではSサイズが多いのですが、Mのほうが動いた時のフレアの揺れ幅が広く、スカートの表情がよく出たので今回はMサイズにしました。試着時にはサイズ確認も大切ですが、試着室から出て少し動いてみることもおススメです。ロングスカートでもふくらはぎなど中途半端な丈ではなく、足首だけ見えるくらいマキシ丈のほうが若見えします。そしてヒールパンプスよりはペタンコやサンダルのほうが、更に老け防止になりますね♪」(Akaneさん) ▶スウェットとプリーツスカートの詳細はこちら③この夏に買うなら「透け感プリーツスカート」透け感プリーツスカート 透け効果で足首すっきり。軽やかな素材感で動きもドラマティックに(右)細かなプリーツと端正なネイビーカラーがシックな印象。落ち感も美しく、はくとスラリとしたシルエットに。スカート¥26,000/ANAYI (中)やや太めのランダムなプリーツで、コーディネートに動きをもたらしてくれる。トレンド感がありながらどんなトップスにも合うブラウンの発色も魅力的。スカート¥28,000/エッセン.ロートレアモン(エッセン.ロートレアモン) (左)ラベンダーカラー×ギンガムチェックのとびきりフェミニンなスカートは、透け感のおかげで大人っぽくまとまって。ヒップ下まで細かく入ったプリーツでほどよいボリュームに。スカート¥28,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク)▶透け感プリーツスカートの詳細はこちら
関連キーワード

RECOMMEND