京都のオススメフレンチ『NAKATUKA』

Marisol ONLINE
久しぶりの京都。

ディナーの予定が決まり、速攻で行きたいお店をリストアップ。
エクラ10月号の京都特集で拝見し、以前から気になっていた烏丸御池の新星フレンチ『NAKATUKA 』さんで予約が取れたので初訪問しました!

シェフは東京の『NARISAWA』やヨーロッパで修業されたシェフと聞けば期待感もアップです。
ワインはプロセッコから始めてブルゴーニュ・ピノ・ノワールで最後まで。
  • まずはプロセッコ。
    まずはプロセッコ。
  • ブルゴーニュ・ピノ・ノワールをボトルで。コスパ抜群の一本でした。
    ブルゴーニュ・ピノ・ノワールをボトルで。コスパ抜群の一本でした。
お料理はアラカルトでも可能ですが、コースの方が断然お得!

6千円と8千円のコースがあります。
私達は前菜3種、サラダ、魚、肉、デザート、飲み物の8千円のコースを。

1/7

2/7

3/7

4/7

5/7

6/7

7/7

サツマイモとクルミの前菜。
ブリのカルパッチョ
泡の中に隠れていますが牡蠣がいます!ゴボウのソースとともに!
ゴボウのソースと牡蠣の旨味とピノ・ノワールの相性に震えた一品。
魚の出汁がしっかり効いた超濃厚ブイヤベース。うまし!
メインの和牛ステーキ。手前には玉ねぎパウダー!思った以上に玉ねぎの香りがしっかりと。
タレッジョ、ボーフォール、ブルー・ド・コースのチーズの盛り合わせ。
一皿一皿盛り付け、素材、お味ともに満足。
おまけに良心的なお値段設定にシェフもサービスの方も全員とても感じがよく、居心地の良い空間。

静かな場所にあるのでゆっくり食事を楽しみたい方にオススメ!

またゆっくり訪れたいお店でした!

関連記事
  • 真夏のような暑さの週末、高校時代の友人とドライブをしながら横須賀の佐島マリーナへ行ってきました♪♪江ノ島から国道134号線を通り、鎌倉、葉山を抜けたその先にある佐島マリーナ。車で50分程で透明度の高い海を一望出来るオーシャンビュースポットに辿り着きます♪ レストラン「MARINE &FARM」でランチ こちらのテラス席は広々としていて、大きなオーニングの下にいられるので直射日光に当たる事なく風が抜けて快適 友人達との久しぶりの再会でおしゃべりにも花が咲きました こちらのソフトクリームが濃厚で美味しい 地の食材をふんだんに使ったお料理はどれもボリューミーで美味しかったです。三浦野菜のサラダ モチモチピザも絶品シラスと桜海老と三浦野菜のトマトソースパスタ漁港直送鮮魚と三崎マグロのソテーMARINE&FARM ホームページこの日のコーデは、最近ZARAで購入したベージュピンクのトップスとパイソン柄のウェッジソールサンダル♪ストレッチデニム、インポートのクラッチバッグと合わせてみました。トップスは総レースなので、ボトムスによってカジュアルにもセミフォーマルにもいけそうです ランチの後は、JAが運営する農産物直売所「すかなごっそ」へ。ネーミングが面白い 地元の新鮮な野菜が沢山並び、切り花や鉢物も沢山 「すかなごっそ」ホームページこちらの紫陽花の花束はなんと¥550-♡ お得なお買い物ができると嬉しくなりますよね♪久しぶりに長距離運転!!心地良い緊張感もあって楽しかったです^ ^☆Instagramはこちらです☆華組 宮原江里子ブログ
  • あたりまえのことが面倒になってしまう「美容の五月病」。なんとなく美容液やクリームで保湿もしているけれど、肌の調子がイマイチ……。そんな今こそ毎日の"取り去るケア"=メイク落としと洗顔を見直してみませんか? モヤモヤした気分まで洗い流して、美肌ランクもぐっとアップできるはず! オイリードライ肌の人は、メイクや不要な油分をすっきり&穏やかに洗い流すメイク落としと、居座っている古くなった角層をほぐして洗い流す洗顔料を。小林ひろ美さん 美容家。美・ファイン研究所主宰。55歳にして圧倒的なツヤ玉肌をキープ。毎日の基本のスキンケアを見直し、美肌を育てる美容術が人気。1.メイク落としは摩擦をかけずに メイクがフッと浮くオイル&ジェル「オイリードライ肌」とは、肌の内側が乾燥しているため、油分を出してガードしようと肌ががんばってしまっている状態。摩擦をかけずにメイクや余分な皮脂をオフする習慣を!(右)透き通る肌に。シルキィ スムース クレンジング オイル 150㎖ ¥3,800/SUQQU (中)しなやかな洗い上がり。AQ クレンジング オイル 200㎖ ¥6,000/コスメデコルテ  (左)うっとりするような心地よいジェルの感触。ソワン ノワール メイクアップ リムーバー EX 175㎖ ¥10,000/パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ]2.洗顔料はくすみのもととなる 酸化皮脂や古い角質をオフするものを新陳代謝が滞り古い角質がはがれずにたまって、ゴワついている。一見オイリーなのに、内側はシュリンクした肌に。1万円の価値ある、大人肌向けの逸品が頼りに。(右)糸を引くようにねっとりとした濃密泡が、肌の潤いを守りながら、不要な汚れ、皮脂のみをオフ。B.A ウォッシュ 100g ¥10,000/ポーラ  (左)弾力のある泡で穏やかに落とし、クリアな肌に。エレメンタリー フェイスソープ 80g ¥10,000/イトリン3.しっかりメイクもきっちりオフ約82%が美容液成分の、大人仕様のクレンジングオイル。毛穴詰まりも取り去る。トリートメント クレンジング オイル 200㎖ ¥3,000/カバーマーク他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/天日恵美子(人物) 久々江満(静物) ヘア&メイク/広瀬あつこ スタイリスト/程野祐子 取材・文/小田ユイコ
  • 先日「運動会、遠足…LEE読者のリアルな「手づくり弁当」拝見!【17人分】」をアップしたばかりですが、先週末も各地で運動会が開かれ、100人隊もお弁当づくりにいそしんだ様子。 初夏の運動会……というより、もはや“真夏の運動会”と呼びたくなるような気候で、メニュー決めも難しかったはず……。 ということで、本日は、7人分の最新運動会弁当にフィーチャー! 持ち物や服装の工夫にも注目しました。 1・No.020 マッキーさん「今年は小学生最後の運動会。今年は特に盛大にするぞ!と決めていました。起床am4:55……眠たい……。ふと外を見ると明かりがチラホラ。きっと同じようにお弁当作りにせっせと励んでいるんだろな、と同志のように思えてエンジンがかかりました。今年はフルーツサンドに挑戦!」 1・No.020 マッキーさん「生食パンがフルーツサンドに相性ピッタリ。生クリームが苦手な夫と娘のためにマスカルポーネチーズクリームで作りました(生食パンは生クリーム入りなのに)。そして以前購入していたサンドイッチ用のかごもピッタリでした」 1・No.020 マッキーさん「副応援団長をやり遂げた娘。ハチマキや法被姿がとてもカッコ良くて。普段見られない一面が見られて、胸いっぱいになりました。お疲れさま! さあ、作りすぎたおかずを今夜もモリっと食べましょ」 2・No.096 ちーさんさん「土曜日の開催だったので、お弁当の仕込みは金曜日。習い事の送迎もあるのでなかなか時間が取れませんでした……トホホ。そんな時、やはり昨年購入してクリップもさせていただいたDEAN&DELUCAの重箱は当日の朝の仕事を楽にしてくれます」 2・No.096 ちーさんさん「お料理は黙々と作れるのですが、”詰める”作業が苦手で…。仕切りのない重箱の時は苦労させられました。当日の朝は、朝ごはんの準備や子供達の荷物の確認、飲み物の準備などなど やる事がいっぱい! なのでストレスなく詰めれるこちらの重箱のおかげでかなり時短で仕上げが出来ます。オススメですよ〜」 3・No.067 はなさん「暑すぎると食欲もなくなってしまうなぁ、暑くても食べる気になれるもの…どうしよう…と悩んでいたところ目に留まったのがLEEwebのまとめ記事『運動会、遠足…LEE読者のリアルな「手づくり弁当」拝見!【17人分】』。その中のTB なおじ さんが作られていた、そうめん弁当を見て『コレだ!!』と」 3・No.067 はなさん「長男も次男も錦糸卵があまり好きではないため、キュウリと大葉ばかりの素朴な見た目ですが、茹でてよく水気を切ったそうめんをパスタをフォークに巻き付ける要領でクルクルとカップ内にまとめておいて、食べる直前にめんつゆをかけます」 3・No.067 はなさん「幼稚園の時から数えたら、通算9回目の運動会弁当ですが、初めて出て来たそうめんに夫も『おっ!?』と珍しそうなリアクション」 3・No.067 はなさん「なんせ最高気温32度の予報なので……!!食中毒対策に(気休めかもですが)2色のブドウとイチゴは、予め冷凍庫で凍らせて保冷剤代わりに!お昼時でも冷蔵庫から出したばかりのような冷たさで潤いました!」 3・No.067 はなさん「長男に『なんでハンバーグ白っぽいの?』って聞かれました。肉ダネにパンを入れ過ぎました」 3・No.067 はなさん「ちょうどセリアでそうめんのお猪口代わりに良さそうな蓋付きカップを購入したところでした。ちなみに今回セリアで買ったもの。シリカゲルやウォールデコシート、収納ケース、レースペーパーなど」 3・No.067 はなさん「クッキングシートは、017マユミさんともお揃い買い(マユミさんのクリップ→「セリアで見つけた!モノトーンなキッチングッズ」)」 3・No.067 はなさん「めんつゆは500mLのペットボトルに3分の2以上残っていたのでこれもペットボトルのまま冷凍庫にIN!食べる頃には良い感じに凍っていためんつゆが融けて冷たいままチュルチュルっと食べられました」 3・No.067 はなさん「『そうめん……くっついてしまうのでは?』という心配もご無用!茹でた後に流水でよくよくヌメリを取って水気を切る工程さえしっかりしていれば、時間が経ってもめんつゆをかければこの通り麺がつゆの中でほどけます。いつも運動会弁当は少し作りすぎたかな?と思うくらいの量を詰めるので余ることのほうが多いのですが今年は完食!!長男も『美味しい!』と言いながらパクパク食べてくれたしお腹いっぱいになったようで良かった……。そして、そうめんは次男が特にいっぱい食べました!もっと茹でれば良かったなぁとそこが反省点」 4・No.079 エペさん「前日、職場の歓送迎会があって、22時帰宅。そこから重箱弁当の準備。以前から決まっていたことなので、揚げ物やチーズ、ゼリーもそのままいれることにしました。 【買ってそのまま入れたもの】唐揚げ・チーズ・ゼリー・トマト・フルーツ 【前日に作ったもの】コールスローサラダ・卵焼き 【当日に作ったもの】肉巻き・焼きウインナー・おにぎり2種類 その結果出発、いつもより1時間早めに起きて、十分間に合いました」 4・No.079 エペさん「こちらが完成したお弁当。運動会に持参したもの→お弁当・水筒(お茶、ジュース)・レジャーシート・簡易テント・扇子・日焼け止め・お菓子(我が子用、配布用)・一眼レフカメラ(動画も撮りました)・ウェットティッシュ・ティッシュ・ゴミ袋・ポシェットです。 我が家の定番→カメラの三脚は、設置する場所を確保すること自体が大変なので持っていきません。ビデオ・カメラ・携帯を使い分けて動画や写真を撮影するのはバタバタしてしまいます。なるべくシンプルに。・貴重品はポシェットにいれて管理万全に。・ゼリーは凍らして保冷材にする・おじいちゃんやおばあちゃんのためにクッションや簡易ベンチはおすすめ!・近くにコンビニがあったらそこで冷たいものを後から補充!合間に大人はアイスコーヒーを飲むとほっと一息!小さなお子さんがいる家族はアイスを買ってあげて気分を上げて! 準備万全にするがために荷物が多くなって大人が疲れてしまうので、適度にして、近隣のコンビニを大いに活用してよいと思います冷たいフルーツをお昼前に買うこともおススメ!」 5・No.029 tikiさん「きました、今年も。無駄に緊張するこの行事。運動会お弁当、簡単な物ばかりですが、早起きして頑張りました。おかずは、とうもろこし、スナップえんどう、うずらとミートボール、たこウインナー、ナゲット(生活クラブ)、ミニトマト、りんごとサツマイモ、新幹線のかまぼこ(小田原で買いました)、ちくわとチーズ、ちくわときゅうり、アスパラとチーズの春巻き、飾りに干支で型抜きした人参のピクルスとサツマイモチップス。おにぎりは子供の好きなもので、ゆかり 鮭 そして塩! お稲荷さんとかささっと作りたいと思いながらいつもやないのですが、やっぱり憧れます。 デザートは、炭酸を入れるフルーツポンチとアメリカンチェリー、凍らせたゼリー。炭酸フルーツポンチ、暑かったのでさっぱりして好評でした」 5・No.029 tikiさん「前日の夜に、夜なべ作業。鉄ピック(笑)を作る」 5・No.029 tikiさん「干支の抜き型は息子の出産祝いに頂いた有次の。あまりに可愛くて娘の干支も買い足した、宝物。タツノオトシゴと馬。先週あたりから無駄にドキドキして、でも結局前日スーパーに行って、無駄に買い足したり。ミートボール作成やら、ソーセージや野菜を切るやら、事前にできることはしたのに、おかずも定番な簡単な物ななのに、無駄にドキドキバタついたー。手の込んだ素敵なお弁当を作る人、尊敬します! 慣れる日は来るのかなー」 6・No.084 tokoaさん「息子2人の通う小学校の運動会でした。今年は最高気温32℃という予報で、学校からも熱中症対策の連絡がきたりと親もハラハラの運動会でした」 6・No.084 tokoaさん「前日からおにぎりはスタンバイして、冷蔵庫で冷やしておきました。唐揚げと卵焼きは朝にしましたが、出発前には冷まして詰められました。 『アミノバイタル』ゼリードリンクガッツギア、バナナ2本分強(200kcal)のエネルギー、カルシウム130mgとアミノ酸1500mg。スポーツにぴったりのゼリードリンク。暑くてご飯も食べられないというときに強い味方です。保冷剤としてペットボトルを6本とゼリーを凍らせて。お昼にはペットボトルもちょうど溶けて、水筒に補充できました。やっぱり喉かわくよね。1日で1.5L。ペットボトルはテントやシートの重しにも役立ちましたよ」 6・No.084 tokoaさん「暑さ、日焼け、紫外線対策。セリアのネッククーラー。水に濡らすとぽこぽこ膨らんでひんやり。学校より熱中症対策グッズの持参OKと連絡がきたので前日の開店にあわせて慌ててセリアで子ども用に調達。あとから来た友達はもうなかったよ~と」 6・No.084 tokoaさん「ユニクロのエアリズムUVカットメッシュパーカ。テニスのときに使っているものです。黄色い人になってしまうので迷いましたが、この暑さにはこれしかないと着ていきました。霧吹きと合わせて使うとこれまたとてもよい!涼しいしさらっとしてるので◎。アームホルダーで手の甲もガード。ビデオも撮りやすかったです。キッズもあるそうですが、こちらも近所のお店では売り切れていたようです。 バスタオル。夏のディズニーを思い浮かべて持参しました。お昼ごはんのときにお役立ちでした。ほてった子どもたちに濡らしたバスタオルをのせて。気持ちよかったようで、『これいいね!』と。どこのおうちにもありますし、急なときはバスタオル! その他、帽子、サングラス、日焼け止めはもちろんテント、シート、日傘、うちわなども。フル装備だとまずまずすごい人になり、えっ誰?状態となりましたが(笑)、疲労度少なく過ごせましたよ」 7・TB akariさん「今年も炎天下の中、小学校の運動会が開催されました。重箱は義母より譲ってもらった加賀塗のもの。3段の重箱にはおかず、おにぎりそれだけでは物足りないので、BRUNOの3段ランチボックスにサンドイッチとデザートを用意。今年は夫の場所取りの送迎をしないで済んだため、去年より遅く起床できました……。暑くなるのは分かっていたので、さっぱりと食べられるけれど、熱中症などにならないようにきちんと栄養分を摂取できそうなお弁当を念頭に入れて準備しました。もちろん、飲料水などでの対策も必要なのでしっかりとしました!」 7・TB akariさん「メニューは子供たちの好きな物を中心に唐揚げ、タラコのポテトサラダ、卵焼き、野菜の肉巻き、トマトのはちみつマリネ、ミートボール、枝豆、ローストビーフ、生春巻き。義両親と私の実家の両親もつまむことができるようにサンドイッチ。フルーツ(ピオーネ・マスカット・アメリカンチェリー・キウイ)、ローストビーフは2018年のLEE12月号のワタナベマキさんのレシピを参考に作りました。ソースはあっさりした玉ねぎベースのドレッシング。生春巻きは主に大人向けに。久しぶりに作ったので形が悪いですが(笑)。こちらもチリソースを持参して頂きました。サッパリした味わいで、でも食べ易いので持って来て正解でした!容器は野田琺瑯に入れて」 7・TB akariさん「運動会のお弁当の準備は主婦にとっては悩みの種ですよね…。仕事が終わってから前日に準備の買い出しもしんどいので、2日位前から買い出しできる物は可能な限りして、作り置きをしました(前日に買う物はなるべく最小限にするため)。ローストビーフも作り置き。金曜日の夜にも用意をしたので、当日は唐揚げとおにぎりを作るだけに終わりました。今年はデザートもフルーツだけにしてみました。熱中症などの心配もあり、駆け足での運動会でしたが、大きなケガ人も病人も出ることなく運動会も終わったのでホッとしています」
  • 東京はここ数日急に暑くなり、30度を超える日が続いています(週末に子供の運動会でしたが、親のほうが倒れそうに……)。夏はほぼ毎日ワンピースとフラットサンダルという格好で過ごしている自分ですが、5月だけどいいやもう、サンダルの季節だわ! と手に入れてしばらくおいていたサンダルをおろすことにしました。 ずっと憧れていたエルメスの「オラン」です! 普段は断然「ビルケンシュトック」派なんですが、もしかしてそろそろこういう靴も履いてもよいのかな……? という気持ちに少し前からなってまいりまして。アッパーをかたどる「H」モチーフがアクセントになっている「オラン」、もちろん昔からの定番で毎年新しい色が出ており、いつかは……! と心のウィッシュリストに入れておりました。海外出張のとき、合間に立ち寄った店舗でメゾンらしいブラウンカラーの一足を見て決断。履くと、すっとした細身のシェイプとレザーのなめらかな質感で、リラックス感はありながらも、いつものワンピースが何だか大人っぽい印象に。「靴でスタイリングのイメージが変わる」って、言うまでもないおしゃれの基本中の基本ですが、本当なんだなあと改めて感じました。 保存
  • 艸田正樹さんの硝子展へ。 西麻布にあるギャラリー「桃居」で開かれているガラス作家、艸田正樹さんの個展に。LEE1月号で、井川遥さんと訪ねた艸田さんのアトリエ。金沢でのありがたい出会いから半年ぶりに、東京で嬉しい再会となりました。 ガラスでありながら温もりを感じる、凛としながらも包容力のある器が並んでいて、井川さんが熱心に取材されていたアトリエの風景が思い出されました。 夕刻の柔らかな光がギャラリーに射し込み、ガラスが壁に落とす影が優しく揺らめいているようでした。訪ねる時間によって、また違う表情に出会えそうです! 艸田正樹 硝子展 2019年5月24日(金)〜5月28日(火) 11:00-19:00(最終日は17:00にて閉場)桃居 そして今発売中のLEE6月号の表紙も井川遥さん! インタビューでは、母になって10年の節目…。この10年のこと、そして今のことをおうかがいしました。こちらもどうぞお見逃しなく。(S子) #艸田正樹 さん #ガラス #硝子 #桃居 #magazinelee #LEEweb
  • 筋金入りの黒&ネイビー派なのですが、ebureの秋冬展示会のベージュ〜ブラウンの多彩なラインナップに 2枚目のダークブラウンとバーガンディの組み合わせは、ぜひトライしたいです✨ (編集SH) #ebure #エクラ展示会
  • フィジカルトレーナーさんもおススメ! GWで緩んだ体を無理せず引き締める家トレ。「なかなかジムに行く時間がないの」という話をよく聞きます。 私も子育て中は、家事や育児と時間に追われてなかなかそんな時間も取れませんでした。自分の為に時間を作るのは、なかなか難しいかもしれませんね。 でも、体を動かしたい!と思っている女性は沢山いらっしゃると思います。そこで、特別な器具や場所も要らない簡単な家トレ、スクワットはいかがでしょうか ️‍♂️先日、WOMANEXPOでフィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんのセミナーを聞いてきました。 中野さんもスクワット、しかも片足スクワットをオススメされていました。 足を前後に構え、自分の体重で負荷をかけると良いそうです。(普通にスクワットするよりも負荷をかけた方が格段に効果が上がるそうです)スクワットは下半身のトレーニングと思われがちですが、腹筋、背中、腕の筋肉も使う全身トレーニングです。 どこに効かせたいか意識を持つことが大事。 私は、年齢とともに弛んできたお尻とお腹に意識を置いています。 割れた腹筋、プリッと上がった美尻…✨には程遠いですが、継続は力なり‼️を信じて現在進行形で時間が空いた時にしています。今の季節だと朝ランもおススメ! 朝の気持ちいい空気を感じながら走るのが、私のストレス解消法 長く走ると疲れ過ぎてしまうので、30分が程よい時間。日焼け対策も忘れずに 通っているジムには母くらいの人生の大先輩方が、パーソナルトレーニングやZUMBA(ラテン系フィットネスダンス)を本当に楽しそうにされています。今はネット検索すれば、いろいろなトレーニングの方法などが簡単に知ることが出来ます。 自分に合ったトレーニングを見つけるのも、楽しい時間。 無理なく続けるのが一番効果的かもしれませんね InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみてください。Instagramはこちらからどうぞ。華組 豊田真由美ブログ
  • 毎日の生活習慣を変えるだけで、疲れが取れやすくなるならやらない手はありませんよね。なにげなくやっている生活習慣、疲れないのはどっち?QUESTION栄養ドリンク、飲む、飲まない、どっち?「疲れると栄養ドリンクを飲んでしのぐ人も多いと思いますが、栄養ドリンクで疲労回復効果が臨床試験で実証されているものはありません。栄養ドリンクには覚醒作用のあるカフェインが入っているので、眠気が解消したり、気分が高揚したりするので〝疲労感〟は感じにくくなりますが、自律神経を興奮させる作用もあり、逆に脳疲労を悪化させます。疲労感だけ消してますます頑張ってしまうと、脳疲労がたまっていくばかりなので要注意」ANSWER飲まないQUESTION階段を使う、エスカレーターを使う、疲れないのはどっち?「足腰を鍛えるためエスカレーターやエレベーターを使わない人もいますが、これは実は疲れのもとに。私が医者として考える適度な運動は、日常生活の中でしっかりと歩くことや、ウォーキング程度。それ以上の運動は活性酸素を発生させ疲れや老化を促します。体重コントロールができていて、ある程度の筋力、特に足腰の筋肉がしっかりしていればそれ以上に運動をする必要はなく、疲れを増やすだけ。階移動もエスカレーターを使えばいいのです」ANSWERエスカレーターを使うQUESTION散策するなら早朝、夕方、どっち?「健康のためにおすすめの運動は散歩やウォーキングですが、行う時間帯で絶対に避けたほうがいいのが早朝です。早朝は自律神経がまだ十分に目覚めておらず、交感神経と副交感神経がバランスよく働ける状況になっていません。自律神経には心拍を調整する働きもあるので、その機能がまだ目覚めていないときにいきなり運動をすると、心臓がバクバクして心筋梗塞を起こしかねません。ですから早朝の散歩は避け、夕方にしましょう」ANSWER夕方東京疲労・睡眠クリニック院長 梶本修身さんOsami Kajimoto1962年生まれ。大阪市立大学大学院 疲労医学講座特任教授。医学博士。 世界に先駆けて疲労の研究に着目。 『すべての疲労は脳が原因』(集英社) など疲労に関する著書も多数イラスト/いいあい 取材・原文/和田美穂
関連キーワード

RECOMMEND