大判ストールをロング&リーンなバランスで巻く【ストールの巻き方】

Marisol ONLINE
スタイリスト 福田麻琴さん

スタイリスト 福田麻琴さん

マリソルをはじめ、数多くの女性誌のファッション企画を手がける人気スタイリスト。一年中なにかしら巻いているというほどの巻きもの好き

「今、気分のロング&リーンなバランス。長さを生かして巻く時は折りたたんで細くしてから首にかけると、うまくいきます(福田さん)」

空気を含んだふかふかな肌ざわり。上質なウールストールはたっぷりと巻ける長さながら、驚くほど軽い。シャギーチェックのロングコートと旬を満喫。
ストール¥35,000/アイネックス(アソース メレ) コート¥160,000/ebure ニット¥30,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥23,000/カレンソロジー青山(アンドアールシー) リング¥40,000/アッシュ・ぺー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) バッグ¥138,000/J&M  デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥46,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ)

■簡単!How to

Size: 60×270㎝
Material : Wool

両側を折りたたんで細くしてから巻く。

1/2

2/2

【Mariso12月号2018年】撮影/金谷章平(人物)ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/福田麻琴 モデル/五明祐子 イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/陶山真知子
▼ストール関連記事をもっとチェック
ストールの巻き方がいつも同じでパターン化しがちな人は必見。今着るジャケットやコートに応用がきく、アレンジをスタイリスト福田麻琴さんがレッスン!
ストールの巻き方がいつも同じでパターン化しがちな人は必見。今着るジャケットやコートに応用がきく、アレンジをスタイリスト福田麻琴さんがレッスン!
毎日同じような服でもストールだけで格段にセンスUP。今年は何色合わせますか?
着こなしがボリューミー&マンネリ化してくる、真冬ならではのおしゃれ悩みに、若手スタイリストが全力でアンサー!
関連記事
  • ブーツやネックレス、指輪、バッグ、ストールや気分が上がるお財布や時計など、マンネリしがちな冬コーデを格上げするアラフォーのための冬小物を集めました。 ▶冬小物をもっと見る■その他の最新ファッションもチェック
  • 見た目もほっこり。あっかたゴージャスなエコファーコート。寒さが厳しくても気分のアガるご機嫌アイテムです。かれこれ24年通勤している京都は3月下旬まてみっちり底冷え。「寒い」ではなく「冷たい」という表現がピッタリです。例年気温の低い日はダウンコートやインナーダウンで寒さ対策をしていますが、今年はSALE戦利品エコファーコートのおかげで脱マンネリ。選択肢が増えたのも嬉しいですが、ファーのゴージャスさに気分アゲアゲです。(←死語ですね。笑)流行りのテディコートっぽいシルエットもお気に入り♡インナーのニットとパンツは随分前に購入したものですが、スカーフとブーツは今年のSALE戦利品。コートの色がネイビーなので、カジュアルなアイテムにも馴染みます。カラーで遊んでも纏まるのはネイビーマジック。コートの首元がゴロゴロするのが苦手なので、タートルネックかスカーフを巻く事が多いです。次なる課題は小物で変化を楽しむ事。簡単そうで難しいこの課題。毎年目標にしていますが2019年も目指せ小物上手!で行きたいと思います。美女組No.93ゆっきーのブログ
  • 少し“レトロなニュアンスカラー”のスニーカーを選べば、大人のカジュアルコーデがグンとこなれた雰囲気に Q.悪目立ちするのが苦手…よりなじみやすいのは?A.ちょっと"レトロなニュアンスカラー"がおすすめベーシックカラーの中でもコントラストを抑えられるニュアンスカラーは、格別のなじみやすさ。ハイテクよりはローテク、ややクラシックなタイプなら大人の余裕漂う、こなれた雰囲気に仕上がります。NUANCE COLOR (右から)きれいめな印象のチャコールは合わせやすさも抜群。靴¥12,000/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) さりげなく個性を発揮するカーキカラー。シャープなフォルムも洗練にひと役。靴¥9,990/アディダスグループお客様窓口(アディダスオリジナルス) 厚底で今どき感をプラス。スネークスキンをエンボスしたアッパーとベージュの色みが上品。靴¥12,000/エミ ニュウマン新宿店(アディダス オリジナルス) 旬のブラウン系。ともすると老けて見えてしまうから、どこかに白をきかせてクリーンさを足すのが正解。コーデアイテム詳細はこちら 関連記事:アラフォーが白スニーカーの次に買うべき、大人の鉄板スニーカーは?撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 取材・文/塚田有紀子
  • この冬、アラフォーが白スニーカーの次にチャレンジするなら? 「白以外」で選ぶ大人スニーカーの正解はこれ! Q.白の次に買うべき、鉄板は?A.ミニマルな"黒"がBEST!コーデの引き締め役として使える黒はやっぱり便利。カジュアルからモードまでいろいろなテイストに合う、シンプルで細身のレザータイプなら汎用性も申しぶんなし。MINIMAL BLACK (右から)レザーブランドから打ち出すスニーカーは、細身のフォルムでスタイリッシュさが光る。ホールド力とクッション性に優れ、履き心地もいい。靴¥15,000/シシ 大きめのワンストラップのベルクロが目をひく。靴¥27,000/ハイブリッジインターナショナル(Amb) ややごつめのフォルム、ソールまでオールブラックのデザインでメンズライクな雰囲気。あえて女らしい服に合わせたい。靴¥10,000/リーボック アディダスグループお客様窓口(リーボック クラシック) シンプルなボディに履き口の型押しデザインがアクセント。靴¥32,000/YOKO CHAN (左)華やかなカラースカートは黒スニーカーで甘さを微調整しつつ、メリハリのきいた配色でシックに決めて。コーデアイテム詳細はこちら(右)辛口パンツ×スニーカーのハンサムなコンビが、キャメルコートの女らしさを引き立てる。コーデアイテム詳細はこちら関連記事:悪目立ちするスニーカーは苦手……コーデになじむスニーカーのおすすめは?撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 取材・文/塚田有紀子
  • 【ユニクロ(UNIQLO)】の毎シーズン恒例人気コラボのひとつ、イネス・ド・ラ・フレサンジュさんとのコレクション「UNIQLO / INES DE LA FRESSANGE(ユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュ)」の2019年春夏ラインナップの発売が、2月22日(金)に決定しました♡ユニクロ(UNIQLO)が提案し続ける上質なベーシックと、モデルのキャリアを生かしながら実業家として幅広く活躍するフレンチシックのアイコンレディとの最強タッグから生まれる「ユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュ」のコレクション。2019年春夏のテーマは、イネスさんが生まれ育った南フランスの港町、サントロペ。昔から多くのアーティストや文化人に愛されてきた太陽と海の街が持つハッピーなムードにインスパイアされています。今回は、発表されたばかりの最新コレクションのなかから、働く30代女子におすすめのアイテムご紹介します。「ユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュ」2019春夏コレクションの注目株フレンチシックなワンピース 鮮烈な赤も、イネスの手にかかればこんなにリラックスムードに! ジョーゼットギャザーワンピース¥4990/ユニクロ重ね着もOK! キャミソールワンピース ジャケットの下に着たり、インナーにTシャツを重ねたりと着回し自在。ジョーゼットキャミワンピース¥3990/ユニクロ王道マリンアイテム (左)リネンコットンワンピース¥4990・(右)フィッシャーマンボートネックボーダーセーター¥2990・コットンチノパンツ¥2990/ユニクロ展示会でも大人気! フラワー柄ワンピース ピンク・グリーン・イエローの優しげな配色が大人の休日にぴったり。プリントワンピース¥4990ゆるっと羽織る春のコート 染めやステッチワークでほどよくラフなムードに仕上げたゆったりめシルエット。ダスターコート¥12900/ユニクロワークテイストのカジュアルセットアップ リネン素材も今シーズンのイチ推し! リネンコットンカバーオール¥7990・リネンコットンワイドパンツ¥3990やさしげグレーのセットアップ コットン&リネンのブレンド素材を使用し、さわやかな着心地に。コードレーンジャケット¥7990・コードレーンイージーパンツ¥3990/ユニクロワントーンで着るとおしゃれ感が加速! グレーアイテム (左)コットンチェックブレザー¥7990・フレンチテリーフーデットジャケット¥3990・リネンコットンパンツ¥3990 (右)プレミアムリネンボートネックセーター¥2990・コットンリネンパンツ¥3990/ユニクロ真夏まで着倒せる! 定番サマーニット 春先はジャケットのインナーに、暑くなったら一枚でもサマになる着心地のよい半袖ニット。ポインテールクルーネックセーター¥1990・コットンイージーパンツ¥3990/ユニクロ大人気のラウンジウェアコレクション リラックスを追求するイネスコラボの隠れた名品がパジャマ。コットンパジャマ(ストライプ・長袖)¥2990/ユニクロ夏まで着られるショートパンツタイプも! パジャマには、ロング丈トップス&ショートパンツのセットもあります。パジャマ(長袖・ショートパンツ)¥2990/ユニクロ右の超美人がイネスさん。すべての女性が快適に楽しめるコレクションです。いかがでしたか? ちなみに、イネス・ド・ラ・フレサンジュさんは、シャネルをはじめ、世界中の一流メゾンからミューズとして愛され、1990年代にブームになったスーパーモデルの先駆け的な存在なのです。さらに自身のブランドを手がけながら、ロジェ・ヴィヴィエなど世界中のセレブに愛されるブランドのアンバサダーをつとめるなど、ビジネスウーマンとしても世界中の女性が憧れる人。このUNIQLO/INES DE LA FRESSANGEのコレクションは、そんなイネスならではのパリシックなエッセンスが凝縮されたもの。しかも、それがユニクロ品質&プライスで手に入るんですから、絶対お見逃しなく! エディター沖島のイチ推しは、上質なやわらかさをもつフレンチリネンをふんだんに使ったセットアップやパンツ、そしてバカンスにもぴったりのワンピース、さらにリラックスタイムを快適にすごせるパジャマです。発売は2月22日(金)から、全国38店舗+公式オンラインストアでスタート。母娘で楽しめるキッズラインも揃いますので、ぜひお楽しみに!「ユニクロ / イネス・ド・ラ・フレサンジュ」公式サイトはこちら【こちらもおすすめ】そのほかのイネス・ド・ラ・フレサンジュの記事はこちら 【合わせて読みたい】ユニクロ(UNIQLO)2019春夏新作をチェック!取材・文/沖島麻美 ※2月下旬より発売。また、価格帯は2018年1月中旬時点の計画であり変更の可能性があります。
  • 部下が増えるにしたがって、ジャケットを着る機会も増えるアラフォー。おしゃれ感と地位相応のきちんと感のバランスがよいジャケットをご紹介!ベーシックなネイビーのノースリーブジャケットは、バスト下で少しシェイプされている。視線が上にくることでバランスアップして見える。 ジャケット¥42,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー)「腰骨オーバーの長め丈」「深めVのノーカラー」「くびれすぎず、ストレートすぎないライン」という3大条件を満たしたジャケット。キャメルに近いベージュはどんな色とも好相性。 ジャケット¥32,000/アルアバイルただのVではなく、カットワークを施したネックラインでやわらかさが加わったジャケット。ライトグレーのカラーにひとつボタンがポイントになっている。 ジャケット¥16,000/ザ・スーツ・カンパニー 銀座本店(ザ・スーツ・カンパニー)他の画像を見る撮影/坂根綾子 スタイリスト/池田メグミ 取材・文/発田美穂
  • ライナーつきで、真冬も大活躍!旬のチェックは細かい柄がコーディネートしやすい明日のイベント会場の下見は部下がメインに動いている案件。なので私のコーディネートは落ち着いた茶系のグラデーションでまとめてサポート役に徹して。とはいえチェック柄コートのスパイスで、ぼやけた印象にならないように気をつけて。トレンチコート¥86,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) シルクシャツ¥28,000/サザビーリーグ(エキップモン) ワイドパンツ¥38,000/クルーズ(ELIN) ピアス(片耳)¥13,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) バングル¥10,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) ストール¥52,000/グリニッジ ショールーム(ジョシュア・エリス) バッグ¥360,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/金谷章平 ヘア&メイク/平元敬一 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼パンツコーデをもっと見る
  • Nanase Nishino 西野七瀬 ワントーンコーデでこなれシンプルSituation1 ショッピング 「白黒の服だと、試着したい服、どれでも合うから便利」 「実は、ライダースは初挑戦! オトナっぽくて着たいけど、私には強めかな~って敬遠してたんです。でも、ボウタイブラウスとか甘めトップスに合わせると、全然女のコらしく着られて、いいなって。大好きなワイドパンツを合わせたら、一気に冬のメインコーデになった感じです」 ジャケット:COCO DEALブラウス:DOUBLE STANDARD CLOTHINGパンツ:MURUAイヤリング:ABISTEバッグ:cache cacheパンプス:MACKINTOSH PHILOSOPHY Bag&Accessories「モノトーンコーデのアクセントとして使うことが多いです。小さいサイズ感もお気に入り」「レトロなイヤリングは結構持ってます。何げない服装でも、おしゃれ見えするから好き」Situation2 ひとり映画館 「仕事帰り、見たい作品があればふらっと寄ります!」 「一番のお気に入りは、ビッグシルエットのボアブルゾン。防寒効果もバッチリ! ほっこりした雰囲気のスタイル好きなんで、ほぼ白コーデはよくしますね。真っ白よりは、オフホワイト、生成りを交ぜて白のグラデを作ると可愛くキマるかも。素材感をMIXするのも上手にワントーンを着こなすコツかもです」 ジャケット:titty&Co.ニット:STASTNY SUスカート:BLUE LABEL CRESTBRIDGEイヤリング:ABISTEバッグ:Samantha Vega Celebrityブーツ:SEVEN TWELVE THIRTY 撮影/千葉太一 ヘア&メイク/KITA(Nord) 原文/赤嶺美香 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND