パンツコーデでも女らしさはかなうんです!2018年秋冬版「パンツコーデ」記事ランキングTOP20

Marisol ONLINE

ボリュームブラウス×細身パンツの「ふわ+ぴた」バランスは文句なく女らしく、スタイルよく見せてくれる最強のコンビネーション。

Tシャツやライダースジャケットなど全体をカジュアルにまとめたところに、細身パンツのきれいめ感を投入したMIXコーデ。スニーカーと合わせた時こそ、このパンツの細見え力を実感!

少し太めのストレートが新鮮なバランス。ヴィンテージのトラウザーズをイメージし、ワークパンツのディテールをプラス。適度に厚いコットン素材を使用することで、カリッとしたハリのあるシルエットに。

自信のもてるデニムがあればカジュアルは思いのまま。レッドカードらしい深みと奥行きのある加工感はそのままに、ぐっとはきやすく進化。太ももにも少しゆとりがあり、膝からすそにかけてはすっとのびやかに細くなるテーパードシルエット。デニムラバーも納得のはき心地で、ブラウスとのシンプルなスタイリングもおしゃれに決まる。

ライトグレーのベルテッドフルレングスワイドパンツは、ハンサムな女らしさが持ち味。だからこそ、スモーキーピンクのギャザー入り透けブラウスを合わせても甘くなりすぎず、大人にちょうどいいフェミニンスタイルがかなう。流行のファーつきチェーンバッグや、女っぷりのいい黒ヒールサンダルなど、華やかな小物使いで気分を盛り上げて。

白Tシャツとコンバースというカジュアルの王道を、サイドベルトつきハイウエストワイドの旬度が、一気に今どきな表情に仕上げてくれる。ライダースジャケットの辛さと、大粒のバロックパールネックレスとファーかごの甘さを足して。

正統派な黒タートルの袖から見せたのは、繊細な黒のレースブラウス。このさりげないレイヤードが、ほんのり光沢のあるパープルパンツとのエレガントな"つなぎ"としてきいてくる。黒のバレエ靴で甘さもひとさじ。

白のタートルニット、アラフォーには甘すぎる? と思うなかれ。こんな太めのタック入りチェックパンツにスニーカーを合わせた、ちょっぴりスポーティなスタイルも新鮮!

なんと全12サイズ(XXX0、6 ~14号は店舗限定)という豊富なサイズ展開で、誰もが自分の体に合った一本を見つけられるというセオリーの細身くるぶし丈パンツ。甘すぎない絶妙な発色は、ベーシックカラーの延長感覚で意外と合わせやすい。

スニーカーを履く日こそ、パンツできれいめ感をプラス。撚(よ)りを強くかけた二重織素材で、シワになりにくくかつなめらかな肌ざわりに。ゴムパンには珍しい、豊富なサイズ展開も魅力。

「パンツ=ベーシックカラー」の概念を打ち破る、デイリーにはける色出しのカラーパンツが続々登場! 細身のくるぶし丈なら、パンツそのものにクセがないからトライしやすい。黒のバレエシューズとタートル、そしてトレンチをはおれば、今年ならではのフレンチフェミニンが完成。

トラッド指数の高いチェックパンツも、なじみやすいグレーベースと足首がのぞく丈感なら、マニッシュすぎず着こなしやすい。足もとも、コンサバなフラットパンプスではなく男靴にシフトして、より旬度を上げて。

足もとをショートブーツにすれば、端正なイメージのネイビーパンツが、たちまちこなれた雰囲気に。今年らしい抜け感を演出して。

一枚で女らしい存在感抜群の、ベージュのケープコート。上半身は柔らかなトーンでまとめつつ、ネイビーパンツを投入すれば、ボリューム的にもトーン的にも引き締まり、洗練された仕上がりに。小物はブラウンで統一し、レディにまとめて。

ネイビーをベースにキャメルやボルドーをオン。全身ダークトーンでまとめた中で、七分袖から出た腕やくるぶし丈パンツからのぞく足の甲の素肌感がきわだち、さりげない女らしさが香る。

ポンチ素材のパンツは、合わせるトップスしだいできれいめにもカジュアルにもいける振り幅の広さも魅力。

ブラウンの旬パワーで、ニット+デニムの超定番コーデがこんなに新鮮に!毛足の長いふわふわのモヘアとブラウンの柔らかなムードが、シンプルなデニムコーデを女らしい印象に導いて。

お堅い印象のパンツ+ジャケットがブラウン効果で女性らしいソフトさに。老け見えしないよう大ぶりアクセやポインテッドトゥでシャープさを足して。

カーキが主流でカジュアルなイメージが強いカーゴパンツも、こんなこっくりとしたチョコレートブラウンならぐっと落ち着いたムードに。ゆるっと体が泳ぐオーバーサイズのネイビーニットで女らしい抜け感と華やかさを出しつつ、小物はレオパード柄のバッグやハイヒールでリッチ感たっぷりに仕上げて。足首が見えるパンツ丈も女らしさのポイント。

インを黒タートルではなくこげ茶のニットにすることでしっとりとした上品さがアップ。ボトムはあえてネイビーのデニム素材で、コンサバになりがちなトレンチスタイルにほんのり抜け感を出して。

歩くたびに背中のリボンが揺れる甘口なブラウスを、黒デニムで大人っぽくアレンジして。上下黒に、白のレザースニーカーで品よくクリーンな印象に仕上げて。

ノースリーブニットの上にワンピースをガウン感覚でレイヤードした着こなしで。ほんのりダメージデニムには上質素材と知的ベージュが大人っぽく仕上げてくれる。

腰高ワイドパンツ×薄手ニットコーデ。パンツに力があるから、シンプルニットが決まる。

腰高ワイドパンツ×厚手ニットコーデ。前だけインだって決まる。秋冬冬に大活躍!

とろみのあるボウタイ風ブラウスは、仕事服としてのきちんと感をキープしつつ女性らしさをきわだたせてくれるから、会食のようなちょっと改まった席におすすめ。パンツのフロントデザインを生かして、ブラウスはインしてすっきりと着こなして。

素材で、シルエットで。「女っぽいトップス」と合わせる。とろみ素材やぴったりシルエットなどチェックパンツのもつトラッドな雰囲気と"真逆"のフェミニンな要素をぶつけることで、女度急上昇。

すそスリット入りの千鳥格子柄パンツには、レースアップ靴よりもこんなきれい色パンプスを。首もとはトレンドの小粒パールでツヤ感をプラス。今の気分を映した小物が、チェックパンツの着こなしの洗練度を上げてくれる。

上下ネイビーでまとめた上品なワントーンコーデ。+黒ブーツならばシャープな印象になるけれど、ブラウンのピンヒールを合わせるとぐっとエレガントな仕上がりに。

一日内勤の日は、肌ざわりのいいハイゲージニットとゆったりガウチョパンツでストレスフリーな着こなしに。グレーやネイビーなど自分のワードローブと相性のいいトレンドカラーのアイテムは、ベーシックな配色コーディネートをブラッシュアップするさし色として効果大。

少し横に広いハイネックがクラシックな可愛さを演出してくれるブラウス。オフィスやオケージョンなど、改まった席でも使えるネイビーなら、母校の同窓会イベントにもぴったり。裾が切りっぱなしのホワイトデニムを合わせたとしても、甘めトップスならカジュアルな中にもクリーンで上品な印象をキープできる。

同系色のWジャケットをはおってスーツライクに。マニッシュな着こなしだからこそ、美脚ジョッパーズの女らしさが威力を発揮。

ワンピースにデニムやレギンスを重ねる着こなし。ボトムを細身パンツにシフトすれば、ワンピースのふんわり感を引き締める効果はそのままに、ぐっときれいめかつ大人っぽい印象に。きゅっと締めたウエストと、ボタンを多めに開けてパンツのシルエットを見せるのも美バランスのポイント。

秋っぽさを感じるファー小物で秋めいた雰囲気に。ハンドルで持つコンパクトなデザインで、ファーをモダンな印象に仕上げたバッグは上品な印象に。優しい風合い&色使いが、いつものデニムスタイルをフェミニンに傾けてくれるはず。

チェック柄ストールで体温を調整しつつ、見た目的にもダークトーンコーデにメリハリをだしてみる。デニムはブラックを選んで、黒パンツのように気軽に楽しんで。

※2018年8月1日~2018年11月30日集計

関連記事
  • メンズファッション界の勢いそのままに、ヴィンテージマーケットでも洋服好きな男性たちが大集合! (右)90年代のストリートテイストが好きだというアマンダはボーイフレンドのヴィンテージレザージャケットにMonseのダメージデニムを合わせた。足もとはダッドスニーカー (左)彼女につき合ってやってきた彼も90年代テイストのパンチある着こなしが目を引く。注目しているというメンズのデザイナー、Boris Bidjan Saberiに通じるモード感がクール ウエストポーチ使いが上手なアレックスは機能性重視で古着をハント。収集しているという60年代のチャンピオンのパーカと、ハーレー ダビッドソンのジャケットが戦利品だそう 仕事柄人脈づくりも兼ねて来場したという彼は、アブストラクトな柄アウターにピンクのジャンプスーツという配色がユニーク。好みの80年代テイストをスタイリングに生かした タイトなトップスとくるぶし丈のチェックパンツ。70年代ディスコ調のスタイリングが洒落ている。アート志向が強く、いま気になるデザイナーはアーティストでもあるPatrick Church (右)量感あるレオパードジャケットに、レギンスを合わせ、セレブ風のヘルシーなスタイリング。バレンシアガのバッグをきかせた (左)ヴィンテージTシャツコレクターでもあるタイラーは、アーティスティックなラインがポイントのロングスリーブTシャツをチョイス チェックのジャケットが主役のアメリカンカジュアルがよく似合う。ベージュのパンツにベルトとニットを巻きつけた技ありコーディネート クルーネックニットにストレートデニム。ミニマルでクラシックな着こなしは、首元からちら見えする、白Tシャツの清潔感がポイント >>買ったもの見せて!
  • 絶対になくてはならない存在で、いい距離感にいたい。辻さんにとって特別で、親密な存在であるデニムアイテムに宿る表情豊かなブルーは、「ほかのどの色とも違う特別な色」。知ってるようで実は奥深い、デニムブルーへのあふれる愛を語ってもらいました。自分に似合う色が必ずある! 淡~濃まで、デニムブルーのグラデーション10ウォッシュドブルーのハイウエストデニム。「淡いブルーは、デニムブルーのなかでもいちばん今っぽさのある色。冬なら、クリーム色やアイボリーのニットに合わせたワントーンで」。デニム¥24000/スタニングルアー 青山店センタープレスできれいめな雰囲気。デニム¥20800/ショールーム セッション(サージ)フェミニンなディテールを明るいブルーが軽やかに。ワンピース(ウエストリボンつき)¥60000/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ)ジージャンのデニムブルーも、辻さんにとっては永遠のスタンダードカラー。ジージャン¥34000/アストラット 新宿店 ガウンコートで大きい面積でデニムブルーを取り入れて。「シンプルなアイテムにバサッと羽織るだけで新しさが生まれます」。コート¥48000/ボウルズ(ハイク)「ほどよく濃いめで、淡すぎない、個人的にいちばん似合うのはこのあたりのトーンです」。デニム¥31000/サザビーリーグ(マザー)控えめな色落ちとハイウエスト&スリムなシルエットは、きれいめスタイルにもなじみやすい。デニム¥32000/マインド(マインデニム) ポケットなど、レトロなアクセントが効いた、インディゴブルーのAラインスカート。スカート¥24000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー)ボーイッシュなシルエットに濃いめのブルーがマッチ。デニム¥24000/ナゴンスタンスフェミニンなスタイルのバリエーションを広げてくれる、濃紺のデニム地のフレアスカート。スカート( 1 月下旬発売予定)¥21000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエンマトフ)カジュアルなハズしを加える、デニムブルーのシャツの空気感袖のリボンディテールにさりげない甘さを残したデニムブルーのビッグシャツに、チェック柄のツイードジャケットをなにげなく羽織った彼女。自分の本当に好きなものをシンプルに重ねた着こなしには、いつだって心地よい空気が流れている。「デニムブルーのシャツが、ジャケットとパンツのかっちりとしたムードをやわらげて、かしこまりすぎず、 カジュアルなハズしを加えてくれます。シャツの場合、濃いめより淡めのデニムブルーのほうが白シャツ感覚で簡単にトライできるはず」。 シャツ¥18000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス® メイド アンド クラフテッド®) ジャケット¥161000/サード マガジン(ソニア リキエル) パンツ¥29000/ロンハーマン リング¥214000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム)セットアップでコンサバに整えたデニムブルーに、赤とネイビーを添えて今回、真っ先に思いついたのがこのコーディネート。デニムブルーと最高に相性のいいネイビーのタートルニットに、時計やスカーフで赤をちりばめたスタンダードな配色を久しぶりにやってみたくて。デニムをセットアップで着るのは、私自身も大好きな着こなし。上下をそろえることで、きちんとしたコンサバ感が出ます。ヘアには’70年代の女優ファラ・フォーセットのような強さをひとさじきかせて。デニムというアイテム自体に確固たる存在感があるからこそ、自由に遊びを加えられるんです。 スタンドカラーのデニムジャケットにストレートデニムを合わせて。「デニムをセットアップで着るとき、上下のデニムの色をそろえるのはもちろん、あえて濃淡でコントラストをつけてみるのも面白いですよ」。ジャケット¥39000・デニム¥28000/アー・ペー・セーカスタマーサービス(アー・ペー・セー) ニット¥21000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカーフ¥56000・時計¥322000(ともに1/12時点の価格)/エルメスジャポン(エルメス)濃紺のデニムはコントラストをつけて、レトロモダンな配色にすっきりとした濃紺のカットオフデニムは、発色のよさを生かしたかったので、明るいイエローのコートやオレンジのニットでコントラストをつけたきれいめなスタイリングに。色落ちの少ないダークな色みなのでシンプルなパンツのような感覚で合わせられます。思い切り鮮やかな色使いや上品な靴とバッグで’60年代っぽいレトロなムードを添えるのがポイント。デニムブルーはそれ自体がベーシックな色だから、着こなしにストーリー感があったほうが素敵に映えると思います。 リジッドデニムに代表されるような濃色のデニムも昨今のトレンドのひとつ。「デニムの色は濃色になればなるほど、カジュアル感が弱まり、シックな印象になります」。カットオフされた裾のあしらいやデニムならではの素材感で、かちっとしすぎず、今っぽい抜け感も加えてくれる。デニム¥18000・ピアス¥24000/ボウルズ(ハイク) コート¥56000・ニット¥33000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー) サングラス¥52000/ピエール アルディ 東京 リング(ゴールド)¥85000・(シルバー)¥68000/ショールーム セッション(ザ レタリング) バッグ¥190000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ザンケッティ) 靴¥103000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ・ヴィヴィエ)撮影/白川清史(人)、さとうしんすけ(物) ヘア/JUN GOTO メイク/Yuka Washizu〈beauty direction〉 スタイリスト/辻 直子 モデル/ヨンア ※BAILA2019年2月号掲載
  • ユニクロは「ユニクロ ユー」の2019年春夏コレクションを2月1日(金)より、順次発売する。エルメスをはじめ、世界的ブランドのアーティスティックディレクターなどを歴任してきたクリストフ・ルメール率いる、ユニクロ パリR&Dセンターのデザイナーチームが手がける「ユニクロ ユー」。今シーズンは、深みのあるアースカラーや夏を彩るアクセントカラーなど、遊び心あふれる色彩からインスピレーションを受けたコレクションを展開する。 (左上から時計回りに)オープンカラーシャツ(5分袖)¥2,990、シャツワンピース(長袖)¥4,990、デニムイージーショーツ ¥2,990(※4月中旬発売予定)/ユニクロ(ユニクロ ユー)ウィメンズでは「ユニクロ ユー」のためだけに描き下ろされたダイナミックな柄が、オープンカラーシャツ、ショートパンツ、ワンピースの3型になって登場。また、毎シーズン人気のスイムウェアからも、グリーンやイエロー、淡いピンクのカラーブロックのデザインが登場する。立体的に編み上げ、縫い目を減らし、優しい着心地を実現。シンプルでカッティングの美しいスイムウェアは、ビーチはもちろんエクササイズにもお勧めだ。 ドローストリングプリントワンピース(ノースリーブ)¥3,990、ライトウェイトバッグ ¥2,990、サンダル ¥2,990(※4月中旬発売予定)/ユニクロ(ユニクロ ユー)さらに上質な素材と美しいシルエットが特徴のクルーネックTシャツは、コレクションを象徴する鮮やかなカラーバリエーションで14色をラインナップ。そのほか、フード付きのトレンチコートやサコッシュバッグなど、この春夏のカジュアルコーディネートに活躍してくれそうなアイテムが盛りだくさん。フルラインナップは、国内61店舗とオンラインストアにて販売予定(※一部商品は国内全店舗で展開)。 ブロックテックトレンチコート ¥12,900、デニムイージーアンクルパンツ ¥3,990、ウルトラライトダウンジャケット(※先行発売中)¥6,990/ユニクロ(ユニクロ ユー) コットンバルーンスリーブカーディガン(長袖)¥2,990、ハイウエストツータックパンツ ¥3,990、サコッシュバッグ ¥1,990/ユニクロ(ユニクロ ユー) ユニクロwww.uniqlo.com/UniqloU0120-170-296 text: Fuyuko Tsuji ⇩「ユニクロ ユー」2019年春夏コレクションのラインナップをチェック!
  • 気づけば最近毎週末にお着物を着ている気がします 今月は初生け、初釜、新年会とお着物を着る機会が多いのもそうですが、他の方のお着物を拝見してコーディネートの勉強にも✨ お着物を着ている方を一度にたくさん見ることがないので、有り難いことに最近は華やかな週末を過ごしています このバラの存在感にうっとり♡今回はアンティーク着物を取り扱っているお店「Wing」さんに、帝国ホテルで開催される新年会にご招待していただきました❤️ 帝国ホテルは日本を代表する「ホテルの御三家」と言われるほど、格式あるホテル✨ 内装はレトロで重厚感があり、高級さが伝わります。お着物コーデはこちら ‍♀️ お着物はWingさんで購入したアンティークもの❣️ アンティークなので、戦前に作られたものになります たくさんの四季のお花が描かれており、この豪華さに惹かれました 帯は現代もので、海や川の波を連想させる柄に 森の中に川が流れているストーリーのコーディネートにしてみました☺️ 全体的に白で統一した理由は、ヘアをアクセントにしたくて❣️ 古典的なヘアにしてみたくて、私の髪の長さできる日本髪ヘアにしてほしい とお願いしたところ、なんと美容師さんがそんなワガママを叶えてくれました 想像以上の仕上がりでした✨日本髪はちょっと間違えると、サザエさん?!みたいになってしまうので、かなりバランスが重要とのことです 笑トップの部分は余り毛がクルクルしており、ヘアアクセを付けなくても華やかになります 私は右耳の方にヘアアクセを❤️ パールが入ってより上品な感じを出してくれました 会場ではブッフェが✨ ブッフェスタイルのお食事は、帝国ホテルが日本で初めて取り入れたそう。 着物用のナプキンまで準備してくださったホテルは初めてだったので、さすが高級ホテルだなぁと感激してしまいました なんと、ビンゴ大会でチューリップの帯留めをいただきました 帯留めは1つも持っていなかったので、とっても嬉しかったです 早く合わせてみたい〜❤️ 他にも帯や羽織りなど、豪華な景品ばかり✨最後にWing店主の田中翼さんとパシャリ 80代とは思えないダンディーな着こなしでした❣️ たくさんのアンティーク着物コーデを見れて大満足❤️ 中にはお着物は8年前から持っていたけど、合う帯や草履が見つからなくて、やっとコーデが完成したという方も その完成したコーディネートを私も見れて運が良かったなぁと思うくらい、とっても素敵でした。 ファッション雑誌なのにお着物ブログになって恐縮ですが、私のブログをきっかけにお着物好きが増えたら嬉しいです また着物女子会したいなぁ✨▶︎▶︎instagramはこちらスーパーバイラーズ 田石ゆきのブログ
  • カジュアルベースでもどこか綺麗めスタイルで女っぷりコーデ☆先日、大好きな友人達との大人女子会。 場所は、GINZA SIX。 さて、何を着ていこうかしら? 大人な空間に合うスタイルって? と考えながらも… カジュアルベースの中に綺麗めスタイルをmixさせた大人かっこいいコーディネートに。 Knit・Leggings: UNIQLO/ Pants: GAP/ Belt: Natural Beauty (10年来のお付き合い)春を先取り… コットン100%のワイドレッグチノに黒のタートルネックニット。 首元には、さりげなくパールのブローチを付けて女っぷりをプラスしました。 そして、まだこの時季はコットン100%のパンツは寒く…なので、こういう時のお助けはヒートテックウォームレギンスを。友人達に撮っていただき、照れ笑(*^^*)そして… ライダースにもこもこストール。Stole: cocca Jacket: SHARE PARK Bag: CHARUER Shoes: ネット購入 今回、モノトーンでシンプルなのですが、小物で女っぷりコーデに仕上げたそんな大人女子会コーデのご紹介でした。 小物をアレンジするだけで、カジュアルにも綺麗めにもコーディネートできるので、ファッションって楽しいですね。 美女組No.156 Mayuのブログ
  • きれいめにはけるベージュのスニーカーがお仕事コーデのハズしに活躍♪黒より軽やかでどんな色のボトムや靴にも合わせやすくて、今っぽいおしゃれ感が出せるダークグレイのタイツが手放せない! 黒タートル×赤タイトスカートの美女っぽコーデをカジュアルな足もとでちょいハズす。そんな時も品よくつなげるタイツがあれば困らない。スニーカーの色とリンクするベージュのシャツやチェック柄コートで、こなれた雰囲気を後押しして。タイツ/本誌付録 コート(WEB限定カラー)¥27000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店 シャツ¥19000/ゲストリスト ニット¥1990/ユニクロ スカート¥5900/クリア インプレッション 靴¥6000/コンバース バッグ¥5000/コーエン イヤリング¥20000/ススプレス 時計¥17000/コモノ東京 リング¥4400/サンポ-クリエイト土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/田形千紘 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/高野麻子 
  • 仕事運、恋愛運、ひいては全体運……すべての運気を上げるためには、まずは「金運」を上げてこそ!コンパクトなミニ財布から機能的な長財布まで、2019年におすすめのお財布をまとめてチェック。人気エディター、青木良文さんにうかがった財布にまつわるエトセトラもご参考に。【目次】 ・スタイリッシュで実用的な長財布6選 ・機能的でベーシックな二つ折り財布6選 ・ミニバッグに合わせる!ミニサイズ財布6選 ・荷物をコンパクトにまとめたい人向けのお財布バッグ4選【 1 】スタイリッシュで実用的な長財布6選気分よりも機能重視でいきたい堅実派にこそ、試してほしいベーシック財布。各ブランドの"らしさ"が光る+αにも注目を カード入れの優秀デザインにも、女性から絶大な支持が■Valextraブランド名を象徴するVのデザインが、美しさと取り出しやすさを両立。ポケットひとつひとつに黒のパイピングを施すことで、差し込み口も一目瞭然! (11×20.5× 2)¥120,000 /ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)DATA ・札入れ.............2 ・カード入れ.......12 ・チケット入れ....2傷が目立ちにくいシボ革。汚れも目立たない黒なら完璧!■J&M DAVIDSONスタッズをあしらった辛口な表情からは一転、内側はエレガントなベージュ。小銭入れが外側にあるので、大きく開かなくても出し入れしやすい。(9×18.5×1.5)¥68,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)DATA ・札入れ.............1 ・カード入れ.......6 ・チケット入れ....3収納力はNo.1。仕事に遊びに忙しいジェットセッター向き■FURLAマチの広い札入れと6 つのカード入れが各2カ所ずつ、小銭入れの中も3つに仕切られた圧倒的な"部屋数"の多さで、頻繁に外貨を使う人からも大人気。背面にもポケットが。(10×19.5)¥34,000/フルラ ジャパン(フルラ)DATA ・札入れ.............2 ・カード入れ.......12 ・チケット入れ....3どこか癒され、実用的。ぷっくりタッチの軽量ネイビー■ANYA HINDMARCH仕切りの多さに加え、柔らかなナッパレザーを使い、軽さも自慢の長財布。ぷにぷにと弾力のあるジップは、長めで引きやすく開閉も楽。(10×19× 2 )¥45,000/アニヤ・ハインドマーチ ジャパン(アニヤ・ハインドマーチ)DATA ・札入れ.............2 ・カード入れ.......12 ・チケット入れ....2〝旅上手〞なブランドゆえの、使いやすさがつまった逸品■GLOBE-TROTTER中ボタン&外フラップつきで、レシートが増えても膨れ上がらずスマートに収納。驚くほど革がソフトで、カードがすっと引き出せる のもいい。(9.5×19.3× 2 )¥60,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター)DATA ・札入れ.............1 ・カード入れ.......12 ・チケット入れ....2カブらないが最優先なら、オシャレで使える半月型を■MANSUR GAVRIELペンケースのような小銭入れ+カード入れというシンプルなつくりは、リップや鍵などこまごましたものを入れるのにも最適。持ち手つきでクラッチ代わりにも。(13×23.5×3.5)¥54,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル)DATA ・札入れ.............1 ・カード入れ.......2 ・チケット入れ....1【 2 】機能的でベーシックな二つ折り財布6選オシャレと金運アップにきく、財布のラッキーモチーフにも注目を「“ 3 年以上使うと金運を生まない”ともいわれる財布。驚くかもしれませんが、長く愛せるデザインでも1年ごとに新調するのが理想です。あくまで使いやすい定番色にこだわるなら、ディテールでひと工夫を。お金をとどめるモチーフとして知られるスタッズやキルティング、パイピングなどがいいですね」(青木さん)人前で使うことも多いからこそ開けた時の可愛さも重視 ■OAD NEW YORK 気学的には、短いスパンで買い替えたほうがいいとされる財布。見た目は飽きの来ないグレーでも、中は流は行やりのブルーで鮮度高めに。(12×12× 2 )¥28,000/ショ ールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク)DATA ・札入れ...........1 ・カード入れ.....6 ・チケット入れ..0気分がアガる内側ピンクの財布。まずはバイカラーから挑戦しても■BARNEYS NEW YORKざらっとした質感のグレインレザーで、淡いピンクでも落ち着いた雰囲気。内側はスナップボタンつきで、厚みも出にくい。(9×10)¥23,000/バーニーズ ニューヨーク(バーニーズ ニューヨーク) DATA ・札入れ...........1 ・カード入れ.....4 ・チケット入れ..0愛され続けるのも納得!ひとつで3WAYの多機能ウォレット■Felisi薄型の札入れを、本体のスリットに差し込むユニークなデザイン。それぞれ単品でも使えるので、ふだんはセットで、旅先では札入れのみをビーチ用になど使い方も多彩。(10×11)¥44,000/フェリージ 青山店(フェリージ)DATA ・札入れ.............2 ・カード入れ.......7 ・チケット入れ....0パートナーとシェアしやすいスタイリッシュで上質なグレー■SMYTHSON薄マチの二つ折りには珍しく札入れが2つ、小銭入れの下にもカード入れがあるなど、収納力が高め。男性にも受けるシンプルなデザインは冠婚葬祭にも。(10×11×1.2)¥28,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(スマイソン)DATA ・札入れ.............2 ・カード入れ.......6 ・チケット入れ....0高級感たっぷりの型押しレザーにして、このプライスなら即決!■TOFF&LOADSTONE目が細かく、どこか控えめなリザード(トカゲ)の型押しが上品。透明なフィルム加工を施し、見た目にも使っていくうえでも劣化しにくく実用的。( 9 ×11× 2 )¥17,000/ティーアンドエル(トフ アンド ロードストーン)DATA ・札入れ.............1 ・カード入れ.......5 ・チケット入れ....0コインは横型、カードは縦型。使いやすさは右に出るものなし■kate spade NEW YORK小銭入れは大きく開くフルジップの横型、カード入れはスライドしやすい縦型という使い手に優しいデザイン。内布はストライプ柄。(9 ×14.5×2.5)¥18,000/ケイト・スペード ジャパン(ケイト・スペード ニューヨーク)DATA ・札入れ.............2 ・カード入れ.......13 ・チケット入れ....0【 3 】ミニバッグに合わせる!ミニサイズ財布6選年々小型化するバッグに合わせて、今や財布もミニサイズが主流。見た目をいい意味で裏切る驚きの収納力&使いやすさがセレクトの基準に。 印象だけでなく、キャパも表す財布。小さくても使い勝手のよさを重視して「財布の容量は入ってくるお金のキャパになるといわれるので、どちらかといえば長財布のほうがベター。ですが、ミニ財布だって悪いわけではありません。大事なのは使い勝手。どんなに可愛くても使いにくく、支払いの時にもたついているようではせっかくの運気も逃げてしまいます。コインと札では持っている"気"が違うので、部屋を分けるのもポイントです」(青木さん)封筒型のフラップは開けやすさにもひと役■PRADA指をかけ、開閉しやすい三角フラップのおかげで、小銭の出し入れもスムーズ。ピンクベージュはパートナーの金運も上げるという説も。(6.5×9.5)¥47,000(予価) /プラダ クライアントサービス(プラダ)DATA ・札入れ...........1 ・カード入れ.....3 ・チケット入れ..1カード入れ多めの小財布は電子マネー派にも好評■BOTTEGA VENETA一見シンプルなようで、背面にはブランドを象徴するイントレチャートが。電子マネー派には欠かせないカード入れも充実。(7.5×10× 3 )¥52,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) DATA ・札入れ...........1 ・カード入れ.....6 ・チケット入れ..1もはや定番の人気者。〝火つけ役〞の最新作■BALENCIAGAミニ財布ブームの先駆けとなったバレン シアガの中でも、新生ロゴのタイプは大人気。札入れの中にカード入れがあり、スマート。( 7 ×10× 3 )¥50,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)DATA ・札入れ.............1 ・カード入れ.......3 ・チケット入れ....1手の届きやすい価格でリピート買いも多数■SAINT LAURENT小銭、札、カードと基本のスペースを備えつつ、オールレザーの贅沢な仕様。リピーターなら目をひく色を。(7×9.5×3)¥42,000/サンローラン バイ  アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン)DATA ・札入れ.............1 ・カード入れ.......3 ・チケット入れ....1頻繁に手にするからレザーにもこだわりを■STELLA McCARTNEY製品にレザー風素材を使用しているステラ。やさしげなライトブルーと同様、手ざわりもソフトで心地いい。(7.4×11.5)¥48,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)DATA ・札入れ.............1 ・カード入れ.......3 ・チケット入れ....0コンパクトなボディに金運UPの要素が満載■JIMMY CHOO2019年、お金を活性化するといわれる薄いイエローに、お金をとどめるスタッズを施した最強の縁起財布。小銭入れがやや小さいのも、お札がたまる兆しかも。(7.5×10.5×3.5)¥55,000/ジミー チュウDATA ・札入れ.............1 ・カード入れ.......3 ・チケット入れ....0【 4 】荷物をコンパクトにまとめたい人向けのお財布バッグ4選なんなら、携帯もリップも入っちゃう⁉ オシャレで実用的なお財布バッグも続々。バッグにしては小ぶりゆえ、ハイブランドでも手が届きやすいのも魅力!張る"財布で幸先よく!いつから、何に使うかも意識してスタートを 「新しい財布を買った時は、使い始めが大事。おいしいゴハンを食べたり、楽しいお金から使うと、楽しみごとに使えるお財布になるといわれています。また、春財布は="張る"財布として縁起がいいので、立春の日に下ろすのもいいこと。お金が増えるといわれる水の時間は夜。2月4日の夜はぜひ、大好きな友達と飲みにいきましょう!」(青木さん)パーティや夜遊びにも使えるゴールドチェーン ■GUCCI メイク直しもできるミラーつき。荷物は最小限で行きたい人にウェブ ストライプやGGパターンに、ゴールドのチェーン使いがレディライクで華やか。スマホも入るマチ広の札入れや、中はミラーつきなど機能性も高くまさにバッグいらず。(10×19×3.5)¥96,000/グッチ ジャパン(グッチ)DATA ・札入れ...........2 ・カード入れ.....12 ・チケット入れ..3どんな色にも似合うシルバーはカジュアルからパーティまでOK■BALENCIAGAカジュアルの盛り上げ役にはもちろん、パーティにも似合うシルバー。ご祝儀袋も収まる小さすぎないサイズもGOOD。チェーンを取りはずせばクラッチにも。(13×19.5× 4 )¥134,000/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ) DATA ・札入れ...........1 ・カード入れ.....6 ・チケット入れ..22連チェーンの肩がけタイプは斜めがけはむずかしいオフィスにも■BOTTEGAVENETA手提げにもでき、きちんと見えする2連チェーンのお財布バッグ。フタがなく、チェーンを引けば簡単に口が閉まるという使いやすさも魅力。(16×17×9.5)¥146,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)DATA ・札入れ.............0 ・カード入れ.......4 ・チケット入れ....0気分が上がれば運気も上がる!大人にうれしい上質オレンジ■LOEWE良質なレザーを使い、ビビッドな色もエレガント。小銭入れはフラップ側。札入れから独立しているので、中を全開にしなくても出し入れしやすい。(10.5×21×2.7)¥119,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)DATA ・札入れ.............0 ・カード入れ.......4 ・チケット入れ....0【Mariso1月号2019年】撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/室井由美子 取材・文/伊藤真知▶お財布関連記事をもっと見る
  • アウターが主役になるこの季節。ライトカラーのショート丈ダウンコートを着回した、真冬のおしゃれコーデを披露着回したダウンコートはこれ!やっぱり頼れるダウンコート。通勤にも着やすいショート丈、色は明るめでエレガントに取り入れて。¥95,000/カナダグースDay1好みのペーパーを探して画材屋さんめぐり。あちこち歩き回る日はダウンで軽快に席次表や招待状に使うペーパーサンプルは、見ているだけで楽しい! 負けじと鮮やかなピンクスカートで。フェミニン服+ショートダウンの軽快なスポーティMIXが今季の気分。ダウンコート/上と同じ シャツ¥19,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥45,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ピアス¥68,000・バングル¥98,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) バッグ¥39,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) タイツ¥1,000/ブロンドール 新丸の内ビル店(ジュウナナドシー) 靴¥43,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(バルダン)Day2会場設営の立ち会いは力仕事も想定したアクティブな服装が基本!明日の結婚式に向けて会場のセッティングに。一生に一度の機会、ミスがないか隅々までチェックして。服装を気にせず動けるダウン&デニムも、白多めの明るいトーンでまとめれば女性らしく仕上がる。襟もとパールの存在感も、少量ながら、品のよさを演出するのにとても有効。ダウンコート/上と同じ ニット¥51,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) デニム¥26,000/サザビーリーグ(カレント エリオット) ネックレス¥295,000/CHERRY BROWN 靴¥38,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥39,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) バングル¥124,000/ストラスブルゴ(ソフィー ブハイ)Day3楽ちんなニットの上下が週末ドライブに最適。防寒対策も万全に運転は私の役目だから、車内はリラックスできる格好で。外でのダウンコートは防寒としてだけでなく、そのキレのいい質感で、ニットの上下を都会的に見せてくれる。ダウンコート/上と同じ ニット¥51,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) スカート¥33,000/ブルーバード ブルーバード 帽子¥7,000/カシラ ショールーム(カシラ) タイツ¥1,000/ブロンドール 新丸の内ビル店(ジュウナナドシー) ピアス¥76,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) 大バッグ¥39,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) 靴¥58,000/カオス丸の内(ウーマン バイ コモン プロジェクト) 小バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ストール¥25,000/グリニッジ ショールーム(プレディー)撮影/金谷章平(人物) 草間大輔(impress+/物) ヘア/左右田実樹 メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/五明祐子 構成・文/東原妙子
関連キーワード

RECOMMEND