ダッフルコートを大人っぽく着るならやわらかい淡色を選ぶのが正解【2018/12/8コーデ】

Marisol ONLINE
正統派のスタンダードなデザインながらも今どきオーバーサイズのダッフルコートは上品な淡いベージュが着回ししやすそう。インはブラックで縦のラインを強調させてスタイルアップを狙って。
ダッフルコート¥82,000/ボウルズ(ハイク) タートルニット¥25,000/スローン デニムパンツ¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) イヤリング¥16,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(アントン ヒュニス) バッグ¥139,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブーツ¥69,000/アマン(ペリーコ)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼ダッフルコートのコーデをもっと見る
関連記事
  • シワにならず動きやすく、体型カバー◎  さっと羽織れて体温調整しやすい◎ 2パターンコーデが出来る◎とても暖かく過ごしやすかった週末、 春の恒例 社員旅行へ行ってきました♪ 今年はバスで群馬県の伊香保温泉街へ。 その行き帰りに パワースポットの神社や観光地散策などを巡り 食べる・歩く・バス・・・繰り返し ((´∀`)) 何を着ていこうか悩んだけれど すぐにロングニットカーデは候補に出てきました。 ロングニットカーデは2色持っていて・・・ ミラオーウェンの白(No.163tomomiyuちゃんとお揃でGet)と どちらを着ていくかでギリギリまで悩みましたが 食べ歩きや散策で汚しそうな私は 結局 MOUSSYの黒のロングニットカーデに決定!! 1日目コーデカーディガン:MOUSSY Tシャツ:DoCLASSE Gパン:OZOC スニーカー:オーダーメイドロングカーデに定番の組み合わせの白TとGパンコーデ2日目コーデワイドパンツ:COCA3日間の旅行なら 前のボタンを全部とめて、ワンピースコーデにしたかも。 白Tシャツは昨日のブログでも紹介したDoCLASSE 汚してもジャブジャブ洗えるので怖くない! OZOCのジーンズは何年も愛用している履きなれたもの。プチプラのCOCAのワイドパンツは くるくるとかなりコンパクトになるのに シワにならないので、旅行の着替えに重宝♡ ウエストゴムが食べ歩きや長時間のバス内でも苦しくならずに快適(^^♪ オーダーメイドのスニーカーは歩き回る旅行でも 足が痛くなることもなく、疲れにくいので必需品。 1足は持っておきたい。今年流行色のゴールドを ミニバックで斜め掛け♪ 両手もあくので歩きやすい。 バスから降りてトイレ休憩や散策、ちょっとした観光などは スマホと小銭入れが入れば十分!1泊2日 美味しいものをたっぷりいただき 疲れもなく 快適に楽しく過ごせました(*‘∀‘) いよいよ、もうすぐやってくるGW!! 皆さまにとっても すばらしい10日間になりますように☆MOUSSYカーディガンDoCLASSE TシャツオーダーメイドスニーカーのブログDoCLASSE白TシャツBlog美女組No.160 yukoのブログ
  • 親子で共有できる洋服、私のオススメする通販サイトのご紹介!前回doclasseさんを紹介しましたが、今回はもう一つのおススメサイトをご紹介したいと思います。 友人に教えてもらった通販サイト、STYLE DELI。 前回のdoclasseもそうですが、こちらも お店が表参道にあるので購入前に試着が出来ます。 明るい店内には洋服、靴、バッグ、アクセサリーなどサイトで見る商品が置いてあり、お店で商品を試着して納得できたら、ネットで申し込み。 リボンの付いたハンガーの商品はお店で購入可能で、店舗限定のカラーもあるのでお店に行ってみる価値あり!です 一番のお気に入りは、袖口斜めカットブラウス。ゆったりシルエットのドルマンタイプ。 STYLEDELIさんの大人気商品です。 軽い着心地でシワになりにくく、何より自宅でお洗濯が出来る!主婦には有難いポイントですよね 使い勝手の良さから、色違いで白、黒、ベージュの3枚購入。 今回お店に行って、限定カラーのモカを即買いしました。ライトグレーも気になるカラーです。 tops : STYLE DELI shose : kariAng bag : YSLSTYLE DELIさんのコンセプトは、良品質&低価格、No Target。 その通り、50代の私と20代の娘が共有できる洋服だと思います。50代の私はタイトなスカートに合わせて(ベージュ)20代の娘は通勤にも使えるよう、白いパンツに合わせて(モカ)今回、店舗で購入したノースリーブギャザーブラウスは、リボン付きパンツに合わせてワントーンコーデでシックに。パレスホテルでのカルティエイベントで着用しました。 デニムに合わせてワンランクUPしたカジュアルコーデもいいかも tops : STYLE DELI pants : ESTNATION shoes : KariAng bag : HERMES店舗は営業日が毎日ではありませんので、サイトでご確認してから行ってみて下さいね。 STYLE DELIさんのサイトはこちらから。InstagramもUPしましたので、お時間ありましたら覗いてみてください。Instagramはこちらから。華組 豊田真由美ブログ
  • まさにこの春が買い替え時!丸や三角のトゥにはない目新しさと、足指が縮こまらない快適さは、一度履いたらやみつきに!バレエ靴の本家というべきレペットからも、スクエアトゥが続々。爪先のパッドやゴムストラップなど、実用性もますます進化。(0.5)¥50,000/ルック ブティック事業部(レペット) 先端にスタッズをあしらったユニークなデザイン。トレンドの白なら、今っぽさも最強!( 0.5)¥31,000/FUN Inc.(チェンバー) ドットチュールから指先がさりげなく透けてセクシー。ひとクセあるので、色は王道の黒で。(0.5)¥30,000/ベイジュ(ピッピシック) スペルタ=甲深なラウンドトゥというイメージを一新する、これまでより浅めのスクエアトゥ。艶のあるブラウンも素敵。(0.5)¥27,000/フラッパーズ(スペルタ)※( )内の数値はヒールの高さで、単位は㎝です(編集部調べ)【Marisol4月号2019年】撮影/魚地武大(TENT/物) スタイリスト/田澤美香 取材・文/伊藤真知
  • 動きやすさはもちろん、きちんと感も、女っぽさも、こなれ感も目指せる「きれいめベイカーパンツ」をオン・オフ着回し! 着回したのはコレ!きれいめベイカーパンツデニムほどカジュアルな印象にならず、こなれ感が漂うワーク系パンツ。通勤でもはけるきれいめが選びの条件。¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) ON STYLE終日デスクワークの日はワークパンツが楽ちん!きれいに見える着こなしで 長時間座りっぱなしの日にも頼れる、タフでカジュアルなワーク系パンツ。すっきり美シルエットのきれいめデザインなので、オフィススタイルにもなじんでくれる。運転しない日、たまには白のヒールパンプスで足もとから女っぷりを引き上げて。ベージュ×カーキの配色もなんだか新鮮。 パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) カーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) バッグ¥31,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック) 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ON STYLE今日から配属の新人君と待ち合わせ。服装からまずはかっこいい先輩風に 帰国子女のイケメンハーフと話題の新人君! 第一印象でかっこいい先輩像を狙って、選んだのはベイカーパンツ。男の子っぽいアイテムをさらっと着こなして、大人の余裕をまといたい。パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) トレンチコート¥93,000/ebure ニット¥25,000/スローン バッグ¥31,000/マルティニーク丸ノ内(ヴァジック) スカーフ¥11,000/シップス 有楽町店(マニプリ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ) 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー)OFF STYLEトレンド意識のスタイルで女友達と週末ランチ。人気のパンを買えてゴキゲン! 通勤でもフル稼働しているワードローブを、カゴバッグ&頭巻きスカーフの遊び心で休日仕様にアレンジ。柔ブラウス×ワーク系パンツといった甘辛バランスは、簡単におしゃれに見える必勝技! パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ・シンゾーン) トレンチコート¥93,000/ebure ブラウス¥18,000/デ・プレ(デ・プレ) バッグ¥84,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(コーコー) バングル¥196,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) 靴¥45,000(ジルサンダー ネイビー)/ロンハーマン ブレスレット¥179,700/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) スカーフ¥15,000/フラッパーズ(マニプリ) 【Marisol 4月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/森 ユキオ(ROI) スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 構成・文/東原妙子 
  • ほどよく広がったフリルがアラフォーのさりげない甘さを演出して※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます明日4月23日は国際的な世界図書・著作権デー。スペインでは男性が女性に赤いバラを、女性が男性に本を贈る日のようなので、本屋さんへ足を運んで何冊か本を見繕ってみようかと。男性へ本を贈る場合は読み物系ではなく部屋のインテリアとしても使えそうなおしゃれ写真集をチョイス。このネイビートップスのようにでしゃばりすぎずシンプルに、でもフリルのようにさりげない甘さと洒落感のあるものを意識して。とろみブラウス¥12,000・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・牛革トートバッグ【福田亜矢子さん×マリソル×A.D.M.J.】トリプルコラボ¥42,000(エー・ディー・エム・ジェイ)・パンプス¥50,000(ペリーコ)/SHOP Marisol撮影/黒沼 諭(aosora)ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/五明祐子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • やーっと上着が要らなくなった月曜日。透け感のある軽やかなアイテムで出勤です!5日間乗り切ればゴールデンウィーク。だけどその前にやるべき事が...な今週は、好きなメイクやファッションでテンションを上げなければ!ウィークでもあります。最近投入したコスパ最強ブランドN.O.R.Cのプリーツスカートは、ホワイトに見えるぐらい薄ーいグレーが他のカラーと馴染み良くヘビロテ中。モデルさんは引きずるぐらい長ーい丈をカッコよく履いていましたが、私はサイズ1のスカート丈が短い方を着用しています。(身長168cm)トップスは昨年から愛用しているUNIQLO×tomas maier。今年も引き続きボリュームのある袖がマイブームです♡美女組No.93ゆっきーのブログ
  • シリーズ累計75万枚!人気のTシャツをまとめ買い!!「DoCLASSE(ドゥクラッセ)というブランドをご存知ですか? 40代からの大人が輝く服 まさに私たち世代なのですが 恥ずかしながら、私はなんとなくブランド名は聞いたことあっても よく行くショッピングビルに店舗があったにもかかわらず スルーしてました・・・ たまたま最近TVでそのブランドの存在を知り 気になって調べて WEBで購入してみようかと思いましたが さらに調べると 都内にも店舗がたくさんあったので 実際に足を運んで実物を手に取って、試着もいっぱいしてきましたよ。 私が気になったのは シリーズ累計75万枚!! 「ダブルフロントTシャツ」 DoCLASSEの中でも一番人気の商品なので 「ドゥクラッセTシャツ」に名前も変更したほどらしいです。 白Tシャツって毎年買い替えますよね。 きちんと洗っていても汚れや黄ばみが・・・ あまり安いものだと首元よれよれになったり。 今年はどこで買おうかちょうど悩んでいた時でした。 もともと「ダブルフロントTシャツ」という名前の通り 前部分だけ二重仕立てになっているので 白シャツでも下着が見えない。 これからの季節に嬉しいアイテムですね。 カジュアルはもちろん ジャケットの中に着ても負けない品格の女性らしいデザイン。 そして袖がすっきりデザインなので ジャケットを羽織ったときに もこもこしがちなお悩みもなく それなのに気になる二の腕周りも 一番細く見えるデザインなんだとか! おうちでジャブジャブ洗っても 丈夫で肌触りの良い最高級コットンがありがたい! そしてなによりもリーズナブル!! 1枚2990円+税 でもお求めやすいありがたいお値段ですが 今ならまとめ買いで1000円OFFの感謝祭をやっていますよ!!! 買えば買うほど安くなる? 3枚購入で2枚分のお値段になるということで 私はもちろん3枚ゲット♪ 6種類のネックデザインと豊富な袖丈から選べるのも楽しい。 これはヘビロテ確定! 追加でもっと他の色を揃えたくなりますね。 Tシャツ以外にも リーズナブルなお値段で上品なお洋服が揃っているので これからもチェックしたくなりました~! DoCLASSE公式HP美女組No.160 yukoのブログ
  • 気分が一新して、着回し力も抜群に高いから「ロングワンピース」こそシーズン頭に買う!■フェミニン無地ワンピース今季人気復活のラップワンピはナチュラルなリネン素材で抜け感を一枚で女っぽく決まる、ラップドレスがじわじわと復活の兆し。ただし今季は以前のように"強い女"なデザインではなく、もう少し柔らかな印象のものが多いのが特徴。少しゆったりとしたシルエットが心地いいこちらは、細い黒リボンがメリハリを生み、さらりとまとうだけでこなれたムードの着こなしに。ワンピース¥48,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥11,000/バーニーズ ニューヨーク(ソコ) バッグ¥110,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)ハリのあるコットンとギャザー使いのバランスが絶妙。応用力の高い一枚シックなブラックにギャザー使いが女らしい一枚。とろみ素材ではなくほどよくカジュアルなコットン素材なのでフォーマルになりすぎず、こんなジャケットを合わせたきれいめコーデでも、どこか抜け感のあるムードに決まる。フラットサンダルやバレエ靴と合わせ、一枚で着てももちろん素敵。→アイテム詳細はこちら■フラワープリントフェミニン気分を盛り上げる小花柄のワンピを、レザーでクールに着こなしてとびきり春らしいけど「可愛すぎるかも?」とアラフォーになると急に躊躇してしまう小花柄。ブラックベースでデコルテが見える、こんなさりげなく大人なデザインを選べば、そんな心配は無用。黒のライダースに小物も黒。ワンピース以外をとことん辛口にまとめるのも、大人っぽく着るための鉄板セオリー。 ワンピース¥15,000/ノーク ジャケット¥69,000/エディション 表参道ヒルズ店(エディション) バッグ¥58,000/エドストローム オフィス(サイモン ミラー) 靴( 3 月中旬展開予定)¥49,000/アマン(ペリーコ) ピアス/スタイリスト私物花柄のブルーとデニムのブルーをさりげなくリンクさせた技ありコーデクラシカルな花柄に、襟つきのデザインがどこかヴィンテージライクな一枚。こちらも小物はすべて黒を選択。さらに下に黒レギンスを重ね、甘い花柄ワンピースをシャープな印象に導いて。バッグはラウンド型のショルダーで、モダンなムードを添えたのもポイント。→アイテム詳細はこちら■シャツワンピース定番の白シャツワンピ×トレンチは、デニムレイヤードで旬度を上げてほんのり透け感のある薄手の生地で、真面目になりすぎず軽やかに着られる白シャツワンピ。サイドにスリットが入っていて、トレンドのパンツレイヤードがしやすいのもうれしい。ワンピース¥9,900/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) トレンチコート¥62,000/アパルトモン 青山店(リジエール) デニムパンツ¥28,000/ロンハーマン(RH ヴィンテージ) ピアス¥18,200/バーニーズ ニューヨーク(ヴィオリナ) バッグ¥486,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥85,000/セルジオ ロッシカスタマーサービス(セルジオ ロッシ)旬のブラウンと柔らかなリネン素材で上品なリラックス感を演出すとんと落ちる細身シルエットのロング丈で、自然と着やせがかなう一枚。足もとをスニーカーにしてカジュアルに、ヒールを合わせてきれいめに、前を開けて軽いアウター代わりに、といろいろな着こなしが楽しめるので、一枚あると重宝。→アイテム詳細はこちら【Marisol 4月号2019年掲載】撮影/酒井貴生(aosora/人物)ヘア/EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/五明祐子
関連キーワード

RECOMMEND