昔の恋人は、今の自分をどう見るだろう。 そのシミュレーションが、1つのアンチエイジング【齋藤 薫エッセイ】

Marisol ONLINE

昔の恋人との再会でわかること

 昔の恋人に街でばったり会った時、あなたはどうするのだろう? 自分から近づいていって、相手を呼び止めたりするのだろうか? 逆に、とっさに隠れてしまったりするのだろうか? もちろん、相手によると言うのだろう。どんな別れ方をしたかにもよる。
 ただ仮に再会を喜ぶような相手であっても、とっさに気づかないフリをしてしまうケースが少なくないはず。そこは1つのバロメーター。今の自分に自信があるのかないのか? 自分が女として下降線をたどっていないかどうか? 普段は気づかずにいる自分自身の評価が、そういう瞬間明らかになるのだ。
 自分という女に、何だか後ろめたさを感じるのは、今の自分に対して最善を尽くしていない人。むしろ積極的に相手に接触しようとする人は、やっぱり無意識に今の自分を見て欲しいという思いがあるはずで、自分自身に対して、充分な手間をかけている人に他ならない。それ以前に、いつも丁寧に自分を磨いている人は、心のどこかで偶然の再会を望んでいるのかもしれない。
 そしてもう一つ、昔の恋人との再会において測定できるものがある。それは自分自身が今、幸せかどうか?
 ズバリ言えば、まずストレートに〝相手の今の状況〟を聞くことができるのは、今の自分がとても幸せである証。
 例えば、「結婚しているの?」と、臆せずに聞けることが、1つの大きなチェックポイントになる。こちらが結婚していようがいまいが、昔の恋人の結婚には、多少の落胆を感じるもの。独身と聞くと、意味なく心が弾んだりする。つまり自分が手放しで幸せでないと、そういうことは聞きたくないものなのだ。
 言うまでもないことだけれど、相手に近況を聞けば、自分の近況も相手に伝えざるをえなくなる。自分の話をしたいか否か、それは自分自身にも、幸せかどうかを突きつけるはずなのだ。だから外見だけじゃない、昔の恋人との再会では、今の自分の生き方の是非をも不意に問われることになるのである。

人と自分を比較してはいけないけれど、過去の自分との比較は大切

(左)淡いピンクとホワイトのテクスチャーが、自然なツヤ肌を演出。ランタンポレル ブロッサム クリーム コンパクト SPF15¥8,800/パルファム・ジバンシイ〔LVMHフレグランスブランズ〕(右)スキンケアの構造をベースにした、美容液クッションファンデーション。マイ アルマーニ トゥ ゴー クッション トーンアップ SPF15¥8,500/ジョルジオ アルマーニ ビューティ 

撮影/John Chan スタイリスト/郡山雅代
 女は、1つの本能として、昔の恋人より1ミリでも多く幸せになっていたい。いや、なっていなければいけない、という強迫観念を知らず知らず持たされている。他者と幸せの量を比較しても意味がないことはわかっていても、唯一、昔付き合った人とは、幸せの量を競いたくなるのが女のサガ。仕方のないことなのだ。そういう意味でも、女はいつも心が満ち足りた暮らしをしていたいもの。
 そして時々は、身づくろいしている時にでも、昔の恋人の顔を思い浮かべて、今日もしもその人に会ったら? と、シミュレーションしてみて欲しい。自分は相手にどう思われるのか。昔よりキレイと言われるのか、がっかりされるのか。
 さらに自分は、今の身の上を話すのだろうか? 相手が幸せそうでも、心穏やかに話すことができるだろうか? 何となくイメージするだけでいい。それは過去の自分との比較という重要なシミュレーションに他ならないから。
 女は、人と自分を比較してはいけないけれど、過去の自分との比較は大切。最低でも、下降線をたどっていないか? それだけは、いつもチェックするべきなのだ。
 そこで、いつどこで再会がやってきても対処できるよう、いつでもどこでも眩しい存在でいられるよう、一瞬でオーラを作るマジックとして備えておく、即効で自分を輝かせる二大コスメをここにご紹介したい。
 どちらも一瞬で発光するようなまぶしい肌を作る一方で、日中のスキンケアを行うハイブリッドな美肌マジック。スキンケアもしてくれるのにコンパクトとして携帯できるのが鍵。〝再会のお守り〟としてぜひ日々持ち歩きたい。

(Marisol 2018年12月号)
齋藤薫 Kaoru Saito
美容ジャーナリスト、エッセイスト。美容やファッションの潮流に社会的な視点を加え、美しくありたいと願うアラフォーの未来を照らす。新刊『されど“男”は愛おしい』(講談社)をはじめ、著書多数
関連記事
  • 敏感肌に優しいクレンジングウォーターは、朝の洗顔にも重宝しています。チャコット フォー プロフェッショナルズ クレンジングウォーター昨年から(もっと以前から?)話題を集めている、韓国式10ステップスキンケア。 毎日10ステップきっちりやるかどうかはさておき、韓国人女性やK-popアイドルのピカピカお肌を見るたびにうらやましい~……とハンカチを噛む思い。 どんなもんかと調べたところ、なんとクレンジングは2回。1回目オイル、2回目ウォータークレンジング、とのこと。 そこで敏感肌のわたしが選んだのが、チャコット フォー プロフェッショナルズ クレンジングウォーターです。チャコットといえばバレリーナやダンサー、舞台に立つ俳優さんを支える、バレエ・ダンス用品の老舗ですよね。 そのチャコットから出ているこのクレンジングウォーター、「水場のない舞台の現場でも大活躍(商品説明部分より抜粋)」という優れもの。メイク落とし+洗顔+化粧水がこれ一本で完結できるオールインワンタイプとのことなんです。 加えてオイル・香料・合成色素・パラベン・アルコールすべてフリー(商品説明部分より抜粋)。 使い方としては、ティッシュまたはコットンにタップリ含ませて、顔を優しくふき取ります。 当たり前ですが人によって使用感に個人差があるので、このあと化粧水をプラスするも良し、美容液やクリームを足すも良し、なわけですが、なんといっても手早く汚れを落とし、潤いを保ってくれるのは嬉しい限り。特に忙しい現代女性には持ってこい……な気がしております。 私は夜のクレンジングと、朝の洗顔代わりに使用していますが、皮脂汚れをしっかりふき取れているなと実感中。肌が柔らかくなった気がして、スッキリ感もやみつきです。 もう疲労困憊で、すぐ寝たい日。なんらかの事情で水が使用できない状況の時。 チャコットクレンジングウォーター、いかがでしょうか。 (お肌に合わないときは、絶対に無理しないでくださいね) >>■チャコット フォー プロフェッショナルズ クレンジングウォーター【チャコットオンラインショップ】美女組No.150 俵のブログ
  • 「敏感肌は11歳老けて見える」という知見のもとに誕生した「アヤナス」は、敏感肌の積極的なエイジングケアを叶えるスキンケアシリーズ。以前から敏感肌特有のシワに対応する抗炎症ケアを採用していますが、今回、また新たなシワの存在を発見したそうなんです!それは、肌印象を左右する「面ジワ」と「線ジワ」という2層のシワ。面ジワとは、額や目の下などに発生しやすい表皮エリアの細かいシワのこと。広範囲に密集し、浅いシワではあるものの肌荒れリスクが高く、メークが崩れやすくなるのも特徴とか。線ジワは、目尻や口もとなどに発生しやすい真皮エリアのシワのこと。深いシワなのでくっきりと目立ち、老けた印象を与えがちに。年齢を重ねるごとに発生しやすくなるシワでもありますよね。さて、この2つのシワは発生する原因も違います。面ジワは乾燥のせい?と思いきや、表情をつくるときなどに微弱振動を繰り返すことで角層が折れて発生。敏感肌の場合、角層細胞が未成熟だったり乾燥しているために折れた状態のまま元に戻らず、シワとなってしまうと解明したのだそうです。そして線ジワは、バリア機能が低下している肌だと外部刺激によって起こる微弱炎症を慢性的に繰り返しがち。これがコラーゲンを破壊する酵素を増加させる原因となり、シワが発生しやすくなるのだそう。さらに年齢によるコラーゲン劣化もあるため、OurAge世代ともなればシワ悩みはますます深刻に…。10月1日(火)に発売した「アヤナス リンクルO/L コンセントレート」〈医薬部外品〉(税別¥6,500)は、この2つのシワにアプローチする美容液。角層に柔軟性をもたらすと同時に、真皮コラーゲンの産生をサポートする処方です。シワ対策というと部分用のアイテムが多い中、こちらは全顔用で100円玉1個分くらいが1回分。オイルリキッド状なので顔全体にスムーズに伸ばすことができます。「敏感肌は、どこまでも美しくなれる。」をコンセプトにしたディセンシアの新美容液、早速毎日のケアに取り入れてみては?「ディセンシア」公式サイト取材・文/佐藤素美
  • 「OurAge」の姉妹季刊誌「MyAge」で、医師を中心に健康にまつわる取材をしたり、ビューティーではたるみ大特集などを担当しているくみくみです。日々、美と健康のネタに目を光らせているのですが、たるみ関連で最近気になったのが、2019年9月に発売になった、こちら!!これ、ご存知ですか?独自波形のEMSという電流で筋肉を刺激して、目元の眼輪筋と、それを支える側頭筋にアプローチ、目まわりのたるみ、クマ、しわのお悩みをハンズフリーでケアしちゃうというシロモノ!去年発売になって大ヒットした、顔の下半身を覆うマスク型美顔器で、表情筋を鍛えてリフトアップする、ヤーマンの「メディリフト」。その目バージョン、「メディリフト アイ」なのです!!数々の家電美顔器を試してきた身としては、これは試さずにはいれらない~!  とちょっと前に発表会に行きました。左が「メディリフト」、右が今回発売になった、「メディリフト アイ」です!!ちなみに、メディリフトは、ピンクバージョンもありましたよ。下は「メディリフト アイ」発表会の2階の様子。1階に、今まで発売になったマシンなどが並ぶ中、2階はサロンのようになっていて、発売前のメディリフト アイを試す人で毎回満員御礼状態!! 注目度の高さが窺えます。スタッフさんが、丁寧につけ方を指導してくれます。これは、ゲットしてちゃんと試してみないと!!よく記事にも書いてることですが、顔の30以上ある筋肉には、たるみの要因になるものが2つ、長年の使い方の癖で、使えてなくて鍛えるべき筋肉と、使い過ぎで休ませないといけない筋肉が存在します。このマシンはつけるだけでその、鍛える筋肉と、休ませるべき筋肉、どちらにも一度にアプローチできてしまうというのだから期待大です!特に目の周りの眼輪筋は、アイホールの骨のない場所に薄い皮膚一枚でつながっているため、あまり触らない方がいい、というのは皮膚科の先生方がいつも言ってること。そこにEMSでアプローチできるのは、なかなかよさそう。上が「メディリフト」、下が「メディリフトアイ」。どちらも横にあるコントローラーのボタンを押して、EMSの強さ調整をします。これ取り外してシリコーンマスクを洗えるのも嬉しい。けっこう汗かくのです、つけてると。あと、枕の跡が朝、頬についてたりするお年頃になると笑、こういうのをつけてると、10分後に外すと跡がついてたりして。。。これ、すぐに直らないと困る~~~って心配になるんですよね。これ、裏側です。このコントローラー、頬骨に対してばっちりいい位置につけられたらいいけれど、下の少し出ているところがちょっと跡になりやすいです。先に発売になった顔の下半身用のも、外すと跡がついていたりするので、その対策に美容液たっぷりのフェイスマスクをしてから装着するといい、と巷で噂になっていました。ちょうどこのマシンのワンクール=10分って、フェイスマスクを貼っておく時間と同じくらい。なので、このメディリフト アイも美容液ひたひたのやつを貼ってからつければ、跡がつく心配なしですね。水分が充分あるほうが通電するし!その際は、アイの方が繊細な部位ゆえに、EMSがちょっと弱めに設定されているので、MAXのパワーにしてもいい感じです。(私は普段、MAX一つ手前の4にしてます)つけた感触は、紫のリフトモードにすると、ピクピクトントンと振動が伝わり、目のまわりの筋肉にアプローチ。青のストレッチモードだとギューッという刺激で側頭筋まで刺激します。で、実際試してどうなったかというと。目の下のクマがいなくなりました、私は!! ちょっと驚き。ヒーター機能もあってじんわり温めてくれるので、目も休まります。顔の下半身用も、やると咬筋のあたりが軽くなって、口をあけやすくなるのと、頬が上がって、ほうれい線もなんだか薄くなったような気がしていいなと思いましたが、アイのほうは、コンパクトな割に、このクマがすっと薄くなった即効感に、感動!顔下半身用は、時々頭の上で面テープをとめるのを失敗したりすることもあるから、ちょっと億劫になるかなと思いましたが、eye用のほうが軽くてつけやすい気がしました。なのでまず買うならこっちがいいかもしれません。もちろん、どこに一番効かせたいかで選ぶのがいちばん重要ですけれど。毎日できなくても、数日に一度でもやってると効果は持続している感じだし、ちょっと朝からクマがあるな~という時や、今日は大切な日、という時には、強い味方になってくれそうです。チェックしたい方はこちら。顔の下半身のたるみにアプローチする、「メディリフト」今回発売の、デリケートな目まわりのクマ、たるみにハリを取り戻す「メディリフト アイ」でもいきなり買うのは、勇気が要りますよね! そんな時は、ヤーマンのサイトに、ヤーマンの直営店リストがあるので、一度行って試してみては? 使い方も教えてくれます。お店は、キラリトギンザや新宿伊勢丹、東京ミッドタウン日比谷などの東京と、大阪にも。MyAge2019秋冬号の『ほうれい線と二重あご撃退』巻頭大特集(11月1日売)でも、お試し隊である美活部のメンバーが、顔の下半身用をじっくり1か月お試ししたリポートを載せてます。これもよかったらチェックしてみてくださいね!
  • マリソルオンラインで人気の月間ミディアムヘアランキングTOP10を発表!※集計期間:2019年9月17日(火)〜10月14日(月)<ミディアムヘア1位><ミディアムヘアスタイル1位>ストレート×ヴィンテージカラーで長めスタイルをちょっとクールに大人が直球のストレートヘアにすると髪悩みが露呈しやすいので、あえてくせ毛を生かした"ほのかな揺れ"を出して。全体はレイヤーなしのワンレンベース。顔まわりのみにレイヤーを入れて、下ろしてもかき上げても、両方決まるように微調整。フォルムが重めなぶん、髪色は抜け感のあるヴィンテージカーキを選び、根元6トーン→毛先9トーンのグラデーションに。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・細硬さ・柔クセ・強 担当サロン:DIFINO aoyama 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代 <ミディアムヘア2位> ひし形フォルムのミディアムはお悩みにきく万能スタイルペタンとつぶれやすいネコっ毛は、レングスが長くなるほどボリュームダウンしやすいのが悩み。そこで"ひし形フォルム"に近づくようにトップの髪をグラデーションカットで丸みをつけて、毛先とあえての段差を作る。ひし形フォルムのメリットは、くびれがあることで頭の上半分にボリュームが集まって見えること。小顔効果も絶大。さらに透け感のある前髪を深めに作ることで、ヘアスタイルに立体感をプラスしつつ華やかな印象の演出もサポート! 【SIDE】 【BACK】 DATA量・普 太さ・細 硬さ・柔 クセ・無 担当サロン「SINCERELY」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル3位>ツヤミディアムはトレンドのくびれを作りラフな印象を演出してオフィスでもプライベートでもシーンを選ばず好感度を上げてくれるツヤミディアムも、トレンドのくびれを作りラフな印象を演出して。トップの髪には丸みのあるフォルムになるようレイヤーを。耳下の髪は重さを残してカット。上下の髪をつなげないようにカットすることで、昔のような"ペラペラ"さは皆無の重めくびれが出現。毛先に1回転、トップは2回転で根元を立ち上げるように、メリハリフォルムを支えるパーマを仕込むのもポイント。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・普クセ・無 担当サロン「PearL」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル4位>ミディアムのひとつ結びはゆるませすぎないさじかげんで、こなれて見える【40代のヘアアレンジ】鎖骨下レングスのミディアムは、ゆるっとしたおしゃれ感のあるひとつ結びを。後れ毛を出しすぎないのが大人のポイント【SIDE】 →☆ヘアスタイルの作り方はこちらでチェック! 【Marisol9月号2019年掲載】撮影/岡部太郎(SIGNO/人物) 草間智博(TENT/物) ヘア&メイク/林 由香里(ROI) スタイリスト/池田メグミ モデル/今井りか 竹内友梨 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル5位>動きがあるのに品もある絶妙くびれミディアム きれいめファッションが好きな女性が、品よく動きのあるミディアムを堪能できるのがこのツヤ×くびれヘア。全体は重めにカットしているけれど、動きを出すために毛先のみに少しレイヤーをON。さらに全体へ大きめのスパイラルパーマをかけることで、外ハネの毛流れが生まれるように計算。華やかで今っぽい動きはあるけれど、全体はツヤを残した重めベースに。 【SIDE】【Marisol2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル6位> いろんな表情を生み出す長めニュアンス前髪をポイントに"蛯原ミディアム"はマリソル世代からも高い支持を得ているスタイル。「いろいろ失敗も経て、自分らしい髪型は柔らかくて空気感のある質感だなと気づきました。柔らかい雰囲気を左右するのはアレンジのきく前髪。以前、パッツン前髪にしていた時は、どう動かしても堅い印象になって洋服が似合わなくなってしまって。あとは内側やもみ上げにレイヤーを入れて、アップにした時の後れ毛ニュアンスも仕込んでいます(蛯原さん)」【SIDE】【BACK】 撮影/岡部太郎(SIGNO)ヘア/Dai Michishita メイク/水野未和子(3rd)スタイリスト/松村純子 モデル/蛯原友里 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル7位> パーマスタイルが教えてくれた、今の自分にしっくりくる髪と服ロング×パーマの五明さんを見たのは久しぶり。「昨夏にパーマをかけたんです。撮影でクルクルにアレンジされることが増えたので、こんな感じが今の私に合うのかも、と思って久しぶりの挑戦。そうしたらまとまりがよくなってセットも楽に! パーマ=古くさいというイメージを払しょくできたのも発見でした。不思議なのが、髪型が変わったら、プライベートで着る服が変わったんです。髪型って女性のイメージを左右すると実感(五明さん)」【SIDE】 【BACK】 【Marisol2月号2019年掲載】撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹  メイク/水野未和子(3rd)  スタイリスト/福田亜矢子 モデル/五明祐子 取材・文/松井美千代 <ミディアムヘアスタイル8位> ウルフの女っぷりを上げているのはアンニュイな前髪と柔らかな毛流れ自然に首もとに沿う、ウルフの長めの毛先が大人の色っぽさを表現しているSHIHO’sスタイル。「くせ毛を生かすためのレイヤーを入れています。昨年カットしたウルフが伸びただけなんだけど(笑)、イイ感じのニュアンスが出せるし、セットも楽なんですよ。ラフなスタイルは好きですが、マリソル世代ならきれいな質感も必要。私もヘアケアはとても意識していて、アウトバストリートメントや髪にいいサプリで美髪を育てています(SHIHO)」【SIDE】【BACK】 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/YUJI TAKEUCH(I BALLPARK) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/福田亜矢子 モデル/SHIHO 取材・文/松井美千代 <ミディアムヘアスタイル9位>おしゃれな空気感をまとえる切りっぱなし風ミディアム長めヘアでトレンド感を演出するなら、こんな切りっぱなし感のあるミディアムを。毛先はワンレングスにカットしているけれど、表面の髪にはふんわりとボリュームを出すためのレイヤーを入れて。大人のヘアはトレンドを取り入れるだけでなく、ちょっとした仕込みが大切。毛先1 カールのパーマをかけることで肩についた毛先がハネやすくなり、今どきの外ハネスタイリングがしやすく。ラベンダーアッシュの髪色でツヤとボリューム印象をプラス。【SIDE】【BACK】 DATA量・普太さ・普硬さ・柔クセ・弱 担当サロン「S. HAIR SALON」 【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代<ミディアムヘアスタイル10位> 切らなくても印象更新!ボディパーマであえての“外ハネ”髪を伸ばしている途中だから、印象は変えたいけれど、あまり切りたくない……。そんな願いを解決できる、パーマでデザインされた外ハネ×ミディアム。全体はワンレングスにカット。そこに大きくうねるボディパーマをプラスして柔らかい動きを演出。さらに長めの前髪にも、後ろに流しやすくするためのリバース巻きのパーマをかけて。全体は重めベースだが、流し前髪があることでエアリーな印象も与えることができ、女っぽさも表現できるスタイルに。【SIDE】【BACK】 DATA量・多太さ・太硬さ・硬クセ・無 担当サロン「broocH」【Marisol 2月号2019年掲載】撮影/青柳理都子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) メイク/イワタユイナ KOTO(A.K.A.) スタイリスト/田澤美香 取材・文/松井美千代
  • マリソル編集部のおすすめ情報をお届け!Marisol 11月号の表紙は、スタイル&フォトブック「Here I am」が好評発売中の蛯原友里さん。そして付録にマリソル×ストラスブルゴのニュアンスグレー美脚タイツがついています!  ファッション大特集は「この秋アラフォーは”フェミニンスイッチ”でおしゃれを更新」。また人気エディターの2人・「磯部安伽・三尋木奈保の この秋、何買う?どう着る?」、「ニットが主役のほめられコーデ全部!」など、秋のおしゃれ情報が満載です! ビューティは、『アラフォーからのツヤ盛り講座』『秋のエイジング美容液』や『アラフォーのシャンコン』などリアルな美容情報を発信。 またマリソル初登場・宮館涼太さんのインタビューや、「美味しい肉の焼き方」「田辺聖子さんのことば」など盛りだくさんでお届けします。書店で、コンビニで、ぜひお早めにチェックしてくださいね!
  • アラフォーでもチェックがはきたい。「オバ見え」しない、最愛チェック!このたびの台風で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早く元の生活に戻ることができるようお祈り申し上げます。 ………………………………………………………………………………………………… 前々回、「黒のチュールスカート」をご紹介させていただきました。「tiptop(ティップトップ)」のお店に出向いて商品を確認しに行った際、実はもうひとつ、すごいスカートをみつけてしまったのです。欲しい衝動を抑えられなかったほど、ものすごく素敵なデザインを!▶前回の「tiptop/チュールスカート」の記事はこちら「わたしはここにいるぞ!!」と、まるで訴えかけているかのように、チュールの隣で存在感をアピールしていたのは、この大きなチェック柄のスカート。思わず手に取りました。 普通のチェックのスカートだったら、置いてあることにさえ気づかなかったかもしれません。でも、わたしが惹かれたのは「ボリューム」です!店頭に並んでいる他のスカートより、これだけ棚からあきらかにはみ出している、ふんわりとしたボリューム感。それにチェックの組み合わせが、「かわいさ」を隠しきれていませんでした↓ 「マズイ、どう考えてもかわいいぞ。」…2点買う予定はないので、できればこのスカートのマイナス点を探し出し、買わない理由をみつけたい。「デザインは素敵だけれど、このボリュームだから、きっと重いだろう」…自分を納得させるために手に取って見ると、「軽っ!!」。こんなにふんわりしているのに、意外に軽いっ。生地がポリエルテルとコットンのミックスなので、見ための重厚感に反して軽いのです! 冬のスカートでいつも思うのは、「重いと次第に使わなくなる」ということ。上質な生地を贅沢に使っているスカートはもちろん素敵なのですが、やはりロングスカートは、冬のコートの下では軽いほうが動きやすい。見ためにはかなりの高級感があるので、これはうれしいです。マイナス点を探すどころか、むしろプラスじゃんっ(泣)!!では、最後に試着をして「似合わない」と少しでも思ったらやめよう。そう思って試しに着たら、40代なのにけっこう似合う(笑)…もういいや、買う! 秋色のチェックもかなり素敵。赤系チェックと、このオレンジ系チェックの2種類があり、その場でかなり悩みましたが、今年はブラウン系の服が多いので、相性の良いオレンジにしました。 チェックに入っている色をトップスに合わせると、全体がまとまりやすくなるので、ネイビー、グリーン、ダークレッド、オレンジなどを合わせると素敵です。フェミニンを抑えるならネイビーのニット、大人かわいく着るならブラウン系を合わせるのが、40代の素敵な組み合わせかな、と思っています。 タックになったウエストもポイントが高いです。「ゴム」なので、穿きやすいということもありますが、トップスをインした時に、この太いタックのおかげで「切り替えワンピース」のようにサマになります↓ 丈が「くるぶし」まであるマキシスカートにトップスをインする時には、タートルなどの首の詰まったデザインのほうがバランスがとれます。右のニットのように、首まわりが大きく開いたものは、インしないで上からかぶせるのがいいですね!憧れのチェックのスカート。プチプラで試せるならば、こんなにうれしいことはありません!お出かけに1枚あると華やかさが増すので、秋の女子会にも最適です♪ 【Holiday1】チェック×トレンチコートでフレンチテイストに↑マキシ丈のボリュームスカートは、ロングアウターから見える感じがとても素敵。オレンジ系チェックと、ベージュのトレンチの組み合わせが、フレンチレトロな秋を感じさせます。【Holiday2】チェック×メンズニットで控えめなフェミニン ↑ざっくり編みのメンズニットなら、チェックのスカートもフェミニンが抑えられます。大きめのニットを上からかぶせると、抜けた感じのスカートコーデが完成。マキシ丈が、さらに垢抜けて見せてくれます。【Holiday3】チェック×パーカーでカジュアルスタイル↑パーカーも、気負いなくボリュームスカートが穿けるアイテムです。少し大きめだと今っぽい雰囲気ですね!GUのネイビーのメンズパーカーを、チェックに配色されているネイビーにリンクさせ、コンバースもデニムカラーで色を合わせました。 ↓折り重なるヒダが、とても上品に膨らみます。大柄なチェックでも色が深いので、派手さはなく、ほどよいフェミニンなんです♪これで5,000円台は、まさに「買い」! 「どうしてそんなにいいプチプラを掘り出せるの??」…時々聞かれることがありますが、きっとみなさんのまわりにも、素敵なプチプラはたくさんあるのだと思います。いつどこで、どんなものに巡り会うかわからないので、先入観は取っ払い、守備範囲をいつも広くしておきたいですね! ▶tiptop公式ショップ(zozotown)「大柄チェックフレアロングスカート」詳細はこちらをチェック………………………………………………………………………………………………… ★オマケのプチプラVol.66★ 「ニトリのクッションカバー」 最近急に寒くなったので、洋服も本格的に衣替えの季節ですが、そろそろお部屋も、あたたかい秋冬仕様に替えたくなる頃ですね。大がかりなことはしなくても、クッションカバーを替えるだけで雰囲気が少し変わります。「ニトリ」には、プチプラでも高見えする、素敵なカバーがたくさんあるんですよ! 今シーズン、ファーとベルベットの2点を選びました♪どちらも1,000円未満ですが、高級感に溢れたデザインなんです。大型店には種類がたくさんあり、カジュアルからハイセンスまで選択肢がいっぱい!ダークピンクのファーは、この価格なのに見ための安っぽさがなく、とにかく毛並みがフワフワでとってもなめらか。即決です!グレーのベルベットは、厚手の質感が高見えでビックリ。スベスベの手触りです。ベルベット素材がインテリアにあると、あたたかい雰囲気が出るので取り入れてみました。ファーは、動物を抱っこしているかのような心地よさ♪離せません! 家族が寝静まった頃、夜な夜な起きて、これを抱えながらゲームをやったり、韓国ドラマを見て、秋の夜長を楽しんでいるというワケです↓ウフフ♪ 寒いのは苦手ですが、あたたかいお布団で寝る時、お風呂に入る時…冬は寒い分だけ、しみじみとありがたい幸せを感じることが多くなりますね♪「二度寝」注意の時期が、いよいよやってきます! 美女組 Akane 元国内線C/A。フランス留学中にアルバイト生活でプチプラファッションに目覚め、現地でリアルな着こなしを見て学ぶ。40代が最大限おしゃれに見えるプチプラアイテムを日々発掘中。小学生2児の母。
  • 今年も新作を出すごとに話題となっているイガリシノブさんプロデュースコスメ。 秋の新作コスメもとても可愛いのものばかりですが、普段から使うかどうかを基準に厳選しました。 miRaiが選んだ【WHOMEE(フーミー)】秋の新作コスメ ご紹介☆  ≫≫ここではその中から2商品をまとめてご紹介します! 「毎日絶対に一番よく使うアイテム」を思い浮かべると・・・ ベースアイテムですね。 平日・休日も日焼け止め、化粧下地、ファンデーションはマスト! ・・・なので 【WHOMEE(フーミー)】 トーンアップベースUVイガリメイクに欠かせないのがベース 透き通るような肌に、内側からにじみ出るうるおい・ツヤ感が綺麗だな~と思わせる。 その秘訣として、トーンアップ☆ 今回、UVカット(SPF30/PA+++)機能あるトーンアップベース乳液よりクリームに近いこっくりしたテクスチャーですが、 これから乾燥しやすいので潤い・保湿感を感じられます。 白ベースなのでしっかりのばして肌になじませて上げることが大事。 手元に試しで使ってみてもトーンアップ効果とツヤが出ていることがわかります。 全体につけるより明るく・ツヤがでてほしいところ額と鼻筋と頬だけに使っています。 それだけで立体感がでて、肌が活き活きとした印象に。 UVカットと化粧下地の両方ができて時短にも! WHOMEE(フーミー) リップスティックWHOMEEの既存リップは適度なツヤ感リップスティックでしたが、今回はソフトマットな質感。W.W 血色ピンク  1500円(+税)肌のツヤを生かすため、リップはマットにということでしょうか。。。 マットリップは乾燥しやすくて、唇のしわも目立つので個人的にあまり好みではないのですが WHOMEEリップスティックは、つけ心地がさらさらべたつかず乾燥もしてこない。自分の唇の色に近い、より唇の色をきれいに見せてくれるようなMLBBカラー。 くすみピンクでアラサーにも使いやすい。 最近は落ち着きあるベージュ・ブラウンカラーばかり使っていましたが、やっぱりピンクってかわいいなと思わせてくれたリップ! 【WHOMEE(フーミー)】秋の新作コスメ カラーマスカラが可愛すぎる♡  ≫≫ぜひマスカラもオススメなのでチェックしてみてください~ モアハピ部 No.396 miRaiのブログ
  • エクラ世代のためのとっておきのスキンケアを、美容ジャーナリスト・齋藤薫さんが厳選。年齢を重ねたからこそわかる、名品スキンケアが集結!ITRIM エレメンタリー フェイス トリートメントオイル、ボディ トリートメントオイルここだけのオイルマジックに身も心も酔わされ美肌覚醒「設立2年目、イトリンに今にわかに注目が集まっている。天然成分をここまで見事に処方できるブランドはなかったかもしれない。その実力を全身で読み取れる神秘的なオイルが生まれた。ともかく濃厚な潤いだけじゃない。顔用は巡らせて整えて輪郭まで引き締める。ボディー用は活力を与え、むくみがちの体も艶やかに引き締める。驚きのリフトオイル。」(齋藤さん)(右)ITRIM エレメンタリー ボディ トリートメントオイル ¥15,000+税>>(左)ITRIM エレメンタリー フェイストリートメントオイル ¥18,000+税>>GUERLAIN アベイユ ロイヤル ウォータリー オイル萎んだ肌がふっくらピンと。肌がいきなり輝きだす魔法? 「今これをファンデ前に塗るのが大流行。"下地美容液ブーム" を作りつつあるほど大きな衝撃をもたらした美容液は、ご存知ゲランの蜂蜜ウォータリーオイル。マイクロビーズ化されたオイルが肌に乗せた瞬間に弾けて奥まで浸透しつつ肌をふっくらピンとさせ、ファンデも見事にピタリ吸い付くよう。輝くハリ肌をもたらしてくれる。使わなければ損な逸品」(齋藤さん) GUERLAIN アベイユ ロイヤル ウォーターリー オイル ¥11,600+税>>episteme アイパーフェクトショット a上まぶたまで360度上向きのハリ、パッチリ目元革命「エピステームを擁するロート製薬は目薬のトップメーカー。だから半端ではない目元の研究が生んだアイケアはまさしく革命的。いわゆるカラスの足跡だけではない。上まぶたまで360度、目元をぐるりと囲む眼輪筋ケアで全方位から張り上げるハリにより、年齢とともに小さくなっていく目元がパッチリキュッと。まぶたが何か重たくなってきたと感じたら」(齋藤さん) episteme アイパーフェクトショットa ¥11,000+税>>Fullacera ステムセル メディ フェイスマスク リリースシートマスクの主役は今、「ヒト幹培養上清液」注入へ「再生医療研究の応用編として注目を浴びる"幹細胞の培養"による「ヒト幹培養上清液」は、美肌の素材その もの。今、シートマスクの主役が、そこへ大きくシフトしている。美容皮膚科わかばクリニック、工藤清加院長の開発したマスクは国産の「ヒト幹培養液」を閉じ込め、美肌菌の育菌成分など20種を配合した贅沢なものとなった。1回で肌はプルプルに」(齋藤さん)Fullacera ステムセル メディ フェイスマスク リリース ¥10,000+税>>撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/郡山雅代 文/齋藤薫 取材/中島 彩 
関連キーワード

RECOMMEND