今日から3日間だけ! 自分にぴったりの「ReFa」と美容習慣を探せるイベント【マーヴェラス原田の40代本気美容 #55】

Marisol ONLINE

表参道に突如現れた「ReFa」のポップアップショップ。さっそく中へ。

ショップに入るとまずこの「My Crystal Maker」がお出迎え。3つの簡単な質問に答えると、それぞれの肌悩みやライフスタイルを回答から読み取り、その人にふさわしい「輝き」が8種のクリスタルになぞらえて表示されます。

私の診断結果は「Noble Blue」。ノーブルさ、気品を欲するあまり(?)、顔に力が入って顔に“コリ”が出やすいらしい……。そんな私にぴったりの美容習慣は? 頂いたカードに記されたクリスタルの情報を元に会場を巡っていきます。

ReFaのポップアップイベント-5

1/4

ReFaのポップアップイベント-6

2/4

ReFaのポップアップイベント-7

3/4

ReFaのポップアップイベント-8

4/4

会場ではドリンクサービスも。高濃度にコラーゲンを配合したインナービューティドリンク「リファコラーゲン エンリッチ」入りです!
診断結果のクリスタルに基づいて、8種の中からオリジナルのコラーゲンカクテルを提供してくれます。
私が頂いたのは「グレープフルーツヴァージンモヒート」。このオリジナルクリアボトルも、お持ち帰りOK!
コラーゲンカクテルを提供してくれるBARカウンターの前には、こんなディスプレイも。

2階に上がると、それぞれのお悩みに応じたおすすめのビューティ機器×コスメの一覧が。

「Noble Blue」の方へのおすすめは“顔コリ”に着目した美容ローラー「リファリズム」と、うるおいを循環させる化粧水「リファ エクスプレッション ライジングローション」。顔のコリをほぐしながら、品のある上質な美しさへと導くコンビ。はい、品が欲しいです!! ということで、専門スタッフの丁寧な説明を受けつつ、化粧水だけではなく導入用美容液etc.も欲張って試す私。そしていざ「リファリズム」!

使い方はベーシックな「リファ カラット」シリーズと同じです。ただ、この突起(実に50個!)が、転がすたびにツボにストライク! い、イタ気持いい……。フェイスラインはもちろん、耳の下や眉間あたりのツボ押しもおすすめだそうです。ケアの後はこわばりが薄れ、ふっと顔が軽くなった気がしました。これを美容習慣にすれば私の顔にも、やわらかい気品が宿るかも……。

その他のクリスタルのブースにも、ReFaのスターアイテムが勢揃い! 顔立ちの“土台”を支える筋膜にアプローチ、“上向き”になりたいアラフォー愛用者が多い「リファ カッサ レイ」もありました。

さらに、ふきかけるだけで立体的な小顔印象を叶えてくれると話題の「リファ フィズ ファンデーション」を使った、メイクアップアーティスト直伝の“小顔整体メイクアップサービス”が受けられるコーナーもあるのでお見逃しなく!

ちなみに入口で頂いたカードの裏には、こんなQRコードが。これで楽しめるインスタレーション「Discover Brilliants」も、とても美しくって。出てくるメッセージもクリスタルによって異なるというので、ここではナイショにしておきますね。

今回試せる製品が一同にディスプレイされていました。ああ、全部欲しい……。
今回試せる製品が一同にディスプレイされていました。ああ、全部欲しい……。

場所は表参道の交差点すぐそば。今お出かけすれば、そう!イルミネーションも楽しめちゃうというお楽しみつき。会場での製品販売はありませんが、表参道ヒルズに「ReFa BOUTIQUE」があるので欲しくなっても安心です(笑)。今週末は、あなたらしい冬の美容習慣を探しに足を運んでみませんか?

「Discover Brilliants Maison by ReFa」

■開催期間:12月7日(金)~9日(日)

■開催時間:11:00-20:00 *12月5日(日)は15:00まで

■会場:表参道「SIDE」(東京都港区北青山3-6-19)

入場無料

  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。
イラスト/ユリコフ・カワヒロ
関連記事
  • 齋藤薫流「大人のための清潔感作り」は、忙しいマリソル世代も毎日の生活の中で気軽に簡単に取り入れられる習慣美容ジャーナリスト 齋藤薫美容ジャーナリスト 齋藤薫女性誌の編集を経てフリーに。表面的な美しさだけでなく、精神性にまで及ぶ切り口で美容分析する説得力のあるエッセイが幅広い女性たちの支持を集める歳をとること=清潔感を失うこと。だから今から始める「毎日3つ、清潔感を作って出かける」美習慣 →齋藤薫「40過ぎたら、“清潔感”がすべて。 その理由」 →【前編】毎日、清潔感を育てるための8のアイデアアイデア:5メイクから服まで、全身スキニーピンクで清潔感の魔法をかけるどんな色みであれ、ワントーンには清潔感がきちんと宿る。特に、肌色も含めてのワントーンを成立させる"ベージュトーン"は、究極の清潔仕立てとなるが、ここでちょっと注意しなければいけないのは、とても意外だけれど、年齢とともにベージュが肌をくすませ、似合わなくなる傾向があること。ここは血色を感じさせるスキニーピンクのワントーン。メイクも服も同系色でまとめると、全身に清潔感がほとばしる。ニット¥24,000/フローレント リング¥28,000/ヴァンドー ムヤマダ(ケンゴ クマ プラス マユ)(右)ブラウス¥24,000/フローレント (左)ニット¥9,000/ノーリーズソフィー品川店(ノーリーズソフィー)アイデア 6:ともかく毛穴と色ムラのない、均一な透明肌は清潔感の命歳をとることは、肌から清潔感を失うこと……でもだからこそ、肌にも清潔感を意識して宿すことが何より大事。決して諦めずに毎日毎日、"清潔肌"を 育てて欲しい。決め手は、毛穴が見えないこと。色ムラがないこと。そして透明感が目に見えること。そして、均一な肌色を作りながらも青み系の淡いピンクのチークをふんわり加えると、青みピンクが血色と血管の青みを両方イメージさせるから、メイクでもちゃんと清潔感が作れること、覚えておいて。タンクトップ¥9,800/アナディスアイデア 7:後れ毛まで神経が行き届いた、手間のかかったヘア では髪型はどうだろう。まず髪質について、驚くかもしれないけれど、じつは髪にも透明感が宿る。真に上質な髪にはツヤやハリとともに透明感が生まれることを知っておいて。そういう美しい髪なら、後れ毛も美しいけど、ちゃんと計算された手間のかかったナチュラルヘアであることが大切。つまりどんな髪型であっても、1本1本まで神経が行き届いている痕跡が清潔感の鍵なのだ。シャツ¥15,000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(ノーリーズ)アイデア 8:そして最後はやっぱりセンス。趣味が良く品がいい。それだけで清潔感趣味の良い服選びができる人は、結局のところいつ見ても清潔。何故なのだろう。センスがある人、野暮ったくない人は、いつも清潔。おしゃれのセンスとは、何を着ても"下品に見えない"、"汚く見えない"テクニックだと言っても良いくらい。またその年代年代の自分を一番素敵に見せるものは何なのかを、きちんとアップデートできることも含めて、全て解っているクレバーな女性ほど清潔、そうも言えるのかもしれない。ニット¥12,000/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) リング(人さし指)¥6,501/レイアロハアクセサリー リング(薬指)¥8,800/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(ソコ) メガネ/スタイリスト私物>>【前編】毎日、清潔感を育てるための8のアイデア【Marisol 5月号2019年掲載】撮影/菊地泰久(vale./人物) 山口恵史(物) ヘア&メイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃
  • 齋藤薫流「大人のための清潔感作り」は、忙しいマリソル世代も毎日の生活の中で気軽に簡単に取り入れられる習慣美容ジャーナリスト 齋藤薫美容ジャーナリスト 齋藤薫女性誌の編集を経てフリーに。表面的な美しさだけでなく、精神性にまで及ぶ切り口で美容分析する説得力のあるエッセイが幅広い女性たちの支持を集める歳をとること=清潔感を失うこと。だから今から始める「毎日3つ、清潔感を作って出かける」美習慣 →齋藤薫「40過ぎたら、“清潔感”がすべて。 その理由」アイデア:1とても単純に、清らかな色の服を着る。それだけで清潔感!まず言いたいのは「清潔感を難しく考えない」ということ。例えばウェディングドレスが純白というだけで"穢(けがれ)のなさ"を強烈にイメージさせるように、服の色が持つ清潔感はそのまま纏まと って出かけられることを知って欲しい。だから単純に、淡い水色やアイシーなグレーなど、それ自体が清らかさを宿す色は、清潔感を着るための色。不思議に、気持ちまでが清らかになると感じる人も少なくないのだ。ブラウス¥18,000/ストックマン(オットダム) ピアス¥100,000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山)ニット¥14,000/ドロワット・ロートレアモン ブラウス¥26,000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(ラヴィソン ラヴィエール)アイデア2:とりわけ大切なのが口元の清潔感。だからここは澄んだピンクの口紅を!「人間の品性は口元に表れる」そう言われるのを知っているだろうか? 口元はものを食べ、言葉をしゃべる。つまりは、その人の生き方に最も深く関わってくる場所だからこそ、上品下品の分かれ道。そこに清潔感がないと、全てが台なしになるほど。何よりも先に口紅の色を、見るからに清潔感あるきれいな色に塗り替えるべき。例えば、少女の唇を再現するような、澄み切ったピンク色を! あえて輪郭をとらず、唇の中央に置いた色をふんわり広げると、少女のような清潔な唇になるはず。ネックレス¥6,200/レイアロハアクセサリー リング¥28,000/ヴァンドームヤマダ(ケンゴ クマ プラス マユ)(右から)大人キュートな透け感ピンク。ルージュ ココ フラッシュ72¥4,000/シャネル ヌーディピンクで唇に上品な色香を。ルージュ ヴォリュプテ シャイン87¥4,100/イヴ・サンローラン・ボーテ ときめくようなシュガーピンク。クレ・ド・ポー ボーテ ルージュルミヌ6 ¥5,000/資生堂インターナショナルアイデア 3:声と発声、言葉の置き方もそこはかとない清潔感につながる 声の美しさはもちろん第一印象の清潔感につながるし、言葉づかいの美しさもまた、人となりの清潔感になってくる。でも何より大切なのは、声の発し方と言葉の置き方。声も言葉もできるだけ丁寧に、心を込めて相手の前に差し出すようにすると、清潔感が溢れ出る。お手本は、ハズキルーペCMの"武井咲さん扮するマダム"。あの優雅なトークは本当に見事だが、決め手はファルセット。裏声のような発声が清潔感を生むのを見逃さないで。ジャケット¥19,800/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(ノーリーズ) Tシャツ¥13,000/バイマイティアイデア 4:ピンと伸びた姿勢。くたびれていない上向きの表情年齢を重ねるほど「清潔感には命のきらめきが必要」という話をしたけど、だから大きな決め手になるのが姿勢の良さ。背中が丸いとそれだけで全身から清潔感が失われる。人としてフレッシュな印象が消えるからだ。ピンと伸びた背筋同様、顔の表情もバストもヒップも、上向きの印象に保つことが清潔感の鍵になる。というより、背筋を伸ばすと外のパーツ全てが上向きになるのは不思議なほど。トップス¥14,000/ノーリーズ&グッドマン銀座本店(ララージ) ピアス¥100,000/ヴァンドーム青山本店(ヴァンドーム青山)>>毎日、清潔感を育てるための8のアイデア【後編】【Marisol 5月号2019年掲載】撮影/菊地泰久(vale./人物) 山口恵史(物) ヘア&メイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃
  • BIOPLE FES(ビープルフェス)とは、Biople by CosmeKitchenで販売されるアイテムをいち早くチェックできる展示会。そこで出会ったたくさんの新製品から注目のアイテムをピックアップしてご紹介。すべて本日、4月24日(水)から限定・先行でお目見え。駅近なショップも多く、オーガニックをぐっと身近にしてくれる「Biople by CosmeKitchen」。ビューティはもとより、ヘルスケアからちょっとした食品まで並ぶ店内はついつい長居してしまう楽しさと驚きに満ちています。今回はそんなBiople by CosmeKitchen主催の「BIOPLE FES」で出会った注目コスメをご紹介。すべて本日4月24日(水)から限定または先行で店頭&サイトでゲットできます。まず今回目立ったのは、アサ由来の成分カンナビジオールを含むCBDを筆頭にしたヘンプ関連アイテム。もともと医療分野で痛みの軽減や抗炎症、睡眠障害の緩和などに用いられていた成分が美容面、とりわけアンチエイジングケアとして注目されている印象を受けました。上の写真はCBD会社のパイオニアと言われる「ENDOCA(エンドカ)」のヘンプボディバター(¥17000)とリップ&スキン(¥1600)。先行発売です。「アンダルーナチュラルズ」は、さまざまな植物やフルーツの幹細胞に着目してきたスキンケアブランド。その新作がアサ幹細胞エキスを採用したエイジングケアライン「Canna Cell(キャナセル)」。クレンジングフォーム(¥2800)、ビューティーオイル(¥4600)、ナイトクリーム(¥4600)など、気軽なプライスでアサ美容にトライできる5品がラインナップ。こちらも先行発売。ちなみに、こちらのジャーに入っているのがヘンプシード。 飲むCBDも続々。「エリクシノール」のリトリートオイルカプセル(写真右端の白い容器・¥8800)はタピオカ由来のカプセルに、CBDオイルとともに必須脂肪酸であるオメガ3&6脂肪酸を豊富に含むオーガニックヘンプシードオイルをIN。 フレーバーつきのオイルも発見! アメリカで医療大麻薬局を営んでいた夫妻が立ち上げた「grön」は、ココナツオイルをベースにCBDを500mgと高配合。ミント、レモンライムと2つのフレーバーが揃います。デザートや飲み物にブレンドして楽しんでもOK。各¥13500、先行販売。 ヘンプ関連以外ももちろんあれこれありました。なかでも、その愛らしさに惹きつけられたのがこの「BLUME edena(ブルーメエデナ)」のコンセントレートクリアシリーズ。 でも愛らしさだけではないんです。まずは、こちらの「コンセントレートクリアエッセンス」(¥6300)に注目。アロエ葉水をベースに、福寿草由来の希少な植物性アスタキサンチン、美白コスメでよく耳にするアルブチンやエラグ酸を豊富に含むクマコケモモエキス、さらにスーパーフルーツと言われるサジーの果実油などを配合。植物が紫外線などから身を守るために自らつくり出した成分が、日焼け肌や紫外線を浴びた肌を優しく整えてくれます。水も乳化剤も使わずに作り上げた濃縮美容液は、化粧水にブレンドしたり、気になる部分にはダイレクトに使ってもOKとフレキシブル。甘ずっぱい香りでサラッとみずみずしいテクスチャーですが、7種もブレンドされたボタニカルオイルのおかげか薄くピタッと肌に寄り添ってくれるうるおいのヴェールをつくり、べたつかず実に快適な使い心地。これは夏のケアにぴったり! 「ベリーベリーシュガースクラブパック」(¥3900)はラズベリー・いちご・ブルーベリーといったビタミン・ポリフェノールたっぷりの果実のエキスに、肌を整えてくれる紫根エキスをプラス。粒子の細かい甜菜糖で角質をオフしながら保湿できる、ナチュラル仕立てのスクラブパックです。たぶん紫根由来の色なのでしょう、この美しいピンクの色合いと甘ずっぱいベリー系の香りにノックアウト。さらになめらかしっとりの洗い上がりにうっとり。すべてに魅せられました! ラストはこちらの「Mastiha(マスティハ)」。マスティハとはギリシャ・ヒオス島の南部に生息するマスティハの木から採れる天然樹脂。抗菌・抗酸化・抗炎症作用が強く、古来からエイジングケアや肌トラブル改善の妙薬として人々に愛され、医療現場でも用いられているそう。 これがそのマスティハの樹脂。まるでジュエリーの原石のよう! マスティハの伝統的な収穫や生産方法は、ユネスコの無形文化遺産にも登録されているんですって。 聞くところによると、現地の人々はこの樹脂をガムがわりに噛むとか。それって最高のオーラルケアでは!?と私もトライさせてもらいました。かすかに松ヤニっぽい香りはあるもののほぼ無味、そしてなかなか減らないので、いつまでも噛んでいられます。顔のエクササイズ用にこれも販売してほしい(笑)。今回Biople by CosmeKitchenで先行発売されるのは写真右の100%ピュア マスティハウォーター(¥2600)。その名の通り、マスティハから蒸留によって採取される100%天然、混じりっけなしの樹脂水です。 こちらはブースターとして洗顔後のまっさら肌にどうぞ。“The樹木”といった香り、そしてシャバシャバの“水”テクスチャーに、思わず一瞬ひるみました。が、あら不思議。グイグイと肌に吸い込まれていき角質がしっかりうるおうのを実感。肌が柔らかくなり、次の化粧水を受け入れやすいようばっちり整えてくれます。顔色もワントーン明るく見えるような。お手ごろ価格だし、これは使い続けそうな予感。こうなると隣のソープも気になるところです。 と、私が目をつけたアイテムを紹介してきましたが、今回はこの辺で。次回はヘルスケア系をご紹介しようと思っています。 ●「Biople by CosmeKitchen」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 清潔感のある肌を作る “透明感の積み重ね”ケアのススメ。だからこそ、アラフォーは、毎日のスキンケアが大事に女性の美しさは清潔感なくしては語れない。なのに、哀しいかな、年齢を重ねれば重ねるほど清潔感は失われていく……。でも、あきらめないで。大人の清潔感を育む方法を美のプロが考察。簡単ひと工夫と日々のケアで肌も存在感も曇りなく!トータルビューティアドバイザー・美容家 水井真理子トータルビューティアドバイザー・美容家 水井真理子その人の肌を見ただけで、生活習慣から食の嗜好、スキンケアのクセまでピタリと当てる肌診断が評判。女性のキレイを総合的に応援一朝一夕には清潔感は宿らない。5つのケアで透明感を積み重ねて「肌はその人の清潔感を最も語るパーツと言えますね」と水井さん。その言葉に思わずドキッとなるアラフォー女子も少なくないはず。 「肌は内臓の鏡と言われているでしょう。例えばちょっと胃腸が荒れただけでも肌にブツブツができてしまう。清潔感はその人の内側の健康的な美しさの表れでも。それを反映しているのが肌なんです」  とはいえ、忙しいアラフォーにとって、ストレスや不規則はつきもの。 「もちろん、生活習慣から改善できればそれが一番。でも、アラフォーのかたにはそれがむずかしい。だからこそ、スキンケアなんです。不規則を強しいられて、肌にくたびれ感が宿ったら、それをお手入れで取り戻す。疲れたら、またお手入れして取り戻す。そうすることで、清潔感は育てられていくと思うし、アラフォーなら、それが可能な年代。やったらやった分だけ必ず戻ってきますから」  では、清潔感を感じる肌にするにはどんなスキンケアが有効? 「肌の奥からあふれ出ているような透明感があると、清潔感につながると思いますね。でも、この透明感はつけ焼き刃ではかなわないところがある。いろんなステップを積み重ねて、初めて清潔感につながる最上級の透明感が手に入るんです」  透明感を積み重ねるその最初のステップは“守る”ケア。 「シミやくすみなどの原因となるUVを徹底的に防ぐこと。透明感というプラスを増やしていくためにはマイナスを作らないことが大前提。日中の日焼け止めは絶対です」  続くステップは“浄化する”ケア。「定期的に古い角質をケアしてターンオーバーを整えることも大切」■透明感のある肌へ。美白ケアの5STEP美白STEP 1 守る「アラフォー世代は、紫外線によるシミ以外にも、肝斑などの大人ジミや、糖化による黄ぐすみまでどんどん出てきますよね。だから、もう、これ以上はシミを作らせないこと。それには徹底したUV対策を。日焼け止めはただなじませるだけでなく、肌に密着させるよう意識して。防御しつつ、最近はベースメイクで美白ケアができるものもありますから、濃いシミや頑固なシミは、そういうアイテムで日中もじわじわケアするのがいいですね」 ☆先端UVケアで透明感を死守!❶シミやシワなど光老化の要因となるUVB、UVA、ブルーライト、近赤外線をカット。透明感もコラーゲンも守り抜く。アベイユ ロイヤル UV スキンディフェンス SPF50・PA++++ 30㎖¥9,000/ゲラン ❷高い防御率のサンスクリーンパウダーに、美白美容液の効果も搭載。黄ぐすみを進める糖化にもアプローチ。ナチュラルホワイトングミネラルパウダーサンスクリーン SPF50+・PA++++ 全2 色各6 g¥6,300/MiMC ❸紫外線を強力にブロックしながら、エイジングケアもかなえる日焼け止め。シミはもちろんシワなどの要因からも守る。サンレイヤ G.E. SPF50+・PA++++ 50㎖¥27,000/シスレージャパン ❹汗をかいても落ちにくい酷暑の季節にうれしいUV。高い防御効果なのに、薄くフィットする使用感も◎。ビオレ UV アスリズム  スキンプロテクトエッセンス SPF50+・PA++++ 70g(オープン価格)/花王 ❺紫外線、ブルーライト、近赤外線に加えて、保湿コーティングミネラル配合で乾燥もブロック。ミネラルUVパウダー SPF50・PA++++ 5 g¥2,800/エトヴォス ☆ベースメイクで守って攻める❻今季一番の話題のファンデーションは、美しい仕上がりと本格美白ケア力のハイブリッド。シミをカバーしながらシワも改善。HAKU 薬用 美白美容液ファンデ SPF30・PA+++ 全4 色各30g¥4,800(編集部調べ・医薬部外品)/資生堂 ❼シミを予防する亜麻仁抽出エキスを新配合。ブラン エクスペール クッションコンパクト L n SPF36・PA+++ 全2 色各¥5,200・ケース¥1,300/ランコム ❽シミをカバーするコンシーラーに強力UVカット効果と美白効果の三位一体ケアが実現。トランシーノ 薬用 ホワイトニングUVコンシーラー SPF50+・PA++++ 2.5g¥2,600(医薬部外品)/第一三共ヘルスケアMARIKO'S【UVケアのPOINT】日焼け止めは最後のひと手間。肌に密着させると持続力UP日焼け止めはケチらず適量をたっぷりと。均一にのばしたら、手のひらで押さえながら肌にしっかり密着させて。美白STEP 2 浄化する「40歳でターンオーバーがくずれてくると、肌が薄くなって敏感がちになる人、角質がはがれ落ちないで厚くなってしまう人の2タイプに陥りがち。敏感な人は、夜はクレンジングのみ、朝もぬるま湯だけという人も多いかと思いますが、週に1回くらいは酵素洗顔を取り入れてよけいなタンパク質を落とすようにするといいですね。ゴワつきがちな角質がたまっている肌は週に1回ぐらいはクレイやスクラブを取り入れ新陳代謝を整えて」 ☆ゆらぎがちな肌は酵素洗顔で優しく❶洗浄成分タンパク質分解酵素と皮脂クリア成分配合。毛穴の黒ずみから、ざらつき、くすみまで優しく洗い上げてクリアに。フレッシュフローラルの香りも心地いい。ルシェリ酵素洗顔パウダー0.4g×32包¥1,400(編集部調べ)/コーセー ❷酵素や炭、吸着泥が毛穴汚れをすっきりオフしながら、ヒアルロン酸やアミノ酸系洗浄成分がうるおいを守る。ディープクリア洗顔パウダー30個¥1,800/ファンケル( 5 月16日発売) ☆ゴワつきが気になる肌にスクラブ習慣❸柔らかな果肉や葉肉で構成された大人の肌のためのスクラブはゴマージュ苦手派にもノンストレスな贅沢感触。肌の輝きが蘇る。エレメンタリー フェイシャルゴマージュ100g¥12,000/ITRIM ❹ボタニカルスクラブ、炭、クレイ配合の黒いマスク。ナチュラル由来成分は90%以上。抜け感のある肌を実感。アウェイク ギブクラリティ クレイマスク100g¥3,000/コーセーMARIKO'S【UVケアのPOINT】意外にくすみがちなおでこや頰の高い部分も優しく小鼻まわりだけでなく、大人は意外におでこなど広い面の部分が角質だまりでくすんでいる場合も。忘れずケアを。【Marisol 5月号2019年掲載】撮影/菊地泰久(vale./人物) 山口恵史(物) ヘア&メイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) イラストレーション/ユリコフ・カワヒロ 取材・文/山崎敦子 構成/原 千乃
  • Marisol ONLINEで配信されたビューティー記事の人気ランキングトップ5を発表!※集計期間:2019年4月8日(月)~4月21日(日)【5位】<ひっこめ!腹肉・腰肉>Step3【基本編】膣を締めて、骨盤底筋を引き上げる【3位】「薄眉が悩み。おしゃれな印象の眉にしたい」悩める美女組が運命の眉に出会った! 【3位】「左右非対称で不自然」悩める美女組が運命の眉に出会った! 他の画像を見る
  • 春だもの、メイクを変えたい! ならばまず今年らしいリップを一本ヘア&メイクアップ アーティスト AYAさんヘア&メイクアップ アーティスト AYAさんラ・ドンナ所属。トレンドを取り入れつつ、個性をきわだたせ、大人をキレイに見せるメイクが評判。著書に『AYAMAKE』(宝島社)がある「つけるだけで今年顔になれるのがリップのいいところ」とAYAさん。とはいえ、同じ色でも質感によって今風になったり、そうでなかったりするので、色×質感のバランスに気を配るのが、あかぬけるポイントだ。「例えばオレンジなら、元気に見えるツヤツヤ質感、ベージュなら、引き締まった印象を与えるハーフマット質感というように」。またアラフォーの口もとには、リップライナーが必須。「あいまいになった輪郭をカバーして、唇本来のフォルムを生かすことができますよ」。今回はAYAさんがオレンジ、ピンク、ベージュのリップをセレクト。■ピンク×ちょいツヤ ピンクを今風につけこなしたいなら、青みピンク。 「旬を感じさせる色ですし、黄ぐすんだ肌を冴えて見せる効果が。昔っぽくならないよう、ほどよくツヤがあって、軽やかにつくタイプを選択」(AYAさん)☆使ったのはこれ!一見、強い色だけど、透明感が高いバームだからつけこなしやすい。青みで肌をトーンアップ。SHISEIDO メーキャップ カラージェル リップバーム 113¥3,500(5/1発売)/資生堂【Point】肌を明るく見せるちょいツヤ青みピンク。「唇の輪郭どおりラインを引いたらじか塗り。シアーな質感なのでより美しく発色します」☆other items目もとも頰も青みでコーディネート「ピンクの青みとリンクさせるように、目もとにもブルーを使って、肌にも透明感を」。チークも青みピンク。目と頰で肌色の彩度を上げることで、唇が悪目立ちしない。【Items】A:夏らしいゴールド&ブロンズを目もとに。サンク クルール 696¥7,700(5/3限定発売)/パルファン・クリスチャン・ディオール B:チークも青み系でクリアな肌づくり。広く逆三角形に。キッカ フローレスグロウフラッシュブラッシュ 07¥5,000/カネボウ化粧品 C:どんなリップにも合わせやすいベージュ。ディグニファイド リップライナーペンシル  04¥2,800/セルヴォーク D:優しいマットブルーはまぶた全体に。ヴィセ アヴァン リキッドアイカラー  002¥1,200(編集部調べ)/コーセー【Marisol5月号2019年掲載】撮影/天日恵美子(人物) 西原秀岳(TENT/物) ヘア&メイク/AYA(ラ・ドンナ) スタイリスト/程野祐子 モデル/樹神 取材・文/入江信子 構成/原 千乃
  • 日中は軽く汗ばむ日も多くなってきましたね。こうなると、ちょっと悩ましいのが香りのセレクト。あまりドラマティックで重たい香りはつけたくないし、とはいえアラフォーとして、あまりキャピッとした香りも気がひけるし。そんな皆さまにお知らせしたいのが6月6日(木)に発売されるSABONの新作。 香りに惹かれてつい衝動買いしてしまうことが多いブランドといえばSABON。そのボディケアアイテムの中でも、とりわけ人気を集める5つの香りから、香水「オー ドゥ サボン」と「ボディジュレ」が登場します。気になるラインナップはこちら。神聖なパチュリと優しいラベンダー、バニラを合わせたちょっとセンシュアルな「パチュリ・ラベンダー・バニラ」。トップはシトラス系で、透明感と華やかさを併せ持つ「グリーン・ローズ」。肌になじむにつれ、優しい気分になれる香り。まるでジャスミンのブーケのようなすがすがしさ! 緊張をほぐし、気分をリフレッシュしてくれそうな「デリケート・ジャスミン」。弾けるように前向きな華やかさを持つシトラスで始まり、ミドルノートのジャスミン、ラストノートのバニラやムスクが女っぷりを盛り上げる「シトラス・ブロッサム」。穏やかでピュア。ローズやジャスミンに彩られ、まるで休日のひと時のように寛いだ気分を呼んでくれる「ムスク」。こちら、単品で使うのもいいですが、なんと香りのペアリングができる!というのも大きな特徴。例えば、シャワー後にこちらの「グリーン・ローズ」のボディジュレを。これ、本当にフレッシュな香りなんです! 優しいのに爽やか、だけどラストノートにフワンと香るホワイトムスクが実に女っぽい。夏にぴったりです。話が逸れちゃいますが、テクスチャーも最高! ヨーグルトみたいにふるふるとみずみずしくて、スーッと溶け込みます。仕上がりはスルスル&しっとり。それでいて、びっくりするほどべたつかずシルキーな美肌が持続。脚になじませたら自分でもほれぼれするくらい透明感が出ました。これは真夏のボディケアに大活躍の予感!で、ペアリングの話。5つのフレグランスと5つのボディジュレで25通りの組み合わせが成り立つわけですが、私が夏に向けて選んだのはこちらの「シトラス・ブロッサム」。「グリーン・ローズ」のボディジュレで整えた肌に重ねづけすると……ボディジュレのトップノートとフレグランスのシトラスが共鳴して、幸福感が急上昇! まさに自分だけの香りとなって、1日中ハッピーに過ごせました。オー ドゥ サボンはオー ドゥ トワレなのですが、上質な香料を選りすぐっているゆえかほのかで心地いい香りがとても長〜く続くんです。だから仕事中でも、ふとした瞬間に香りのオーラが感じられて瞬時に幸福スイッチが入ります。やっぱり香りって、心の支えになる!って感じました。 ぜひ、皆さまも自分だけの最高のペアリングを探してみてくださいね。 SABON オードゥサボン 80mL 全5種 各¥6800、同ボディジュレ 200mL 全5種 各¥4500/SABON Japan<6月6日(木)発売> ●「SABON」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 美容ジャーナリストの鵜飼香子さんが「幸福オーラが漂っている」と言われた訳はこのアイテムのおかげでしたランコム ラヴィエベル フラワーズ オブ ハピネス オードゥ パルファン気づけば私もアラフォーのいい大人。若作りではなく肩の力の抜けた素敵な大人でいたい。さらには自分だけではなく、ひとりよがりでもなく、人にも幸せを分け与えられる余裕をもちたい。まさにそんな私の人生観と重なったこの香りとコンセプトに、久しぶりに震えました。育児や仕事が思いどおりに進まない時も、ひと吹きで心が安らぎ「幸福そう」と言われるほどに! きっと自律神経にもいい作用があるはずと愛してやまない一本です。「ピオニー、ジャスミン、ローズ、スズラン。愛らしさも可憐さも、強さも華やかさも、すべてを秘めた花のブーケ。透明でどこかパウダリーな雰囲気も」(鵜飼さん)。30㎖¥7,000美容ジャーナリスト 鵜飼香子さん 【Marisol5月号2019年掲載】撮影/国府 泰 取材・文/田中あか音
関連キーワード

RECOMMEND