皆さま、はじめまして。

Marisol ONLINE
初投稿☆何を書こうかなと思いながらも...
やはり、大好きなファッションを中心に皆さまへ発信していきたいと思います。
Tops:SHARE PARK/Outer・Bottoms:BANANA REPUBLIC
/Shoes:FABIO RUSCONI/Bag:UNITED TOKYO
Tops:SHARE PARK/Outer・Bottoms:BANANA REPUBLIC /Shoes:FABIO RUSCONI/Bag:UNITED TOKYO
今季、私が愛用しているバッグのご紹介からスタートさせていただきます。

【Fashionable formー小物編ー】
どんなstyleでもこの一つのバッグでお洒落度がUP。
それは、バッグの形にポイントあり☆
バケツ型ですが(子供達からはごみ箱と言われています...^^;)、深さも十分あり、荷物も最小限なら十分入ります。何よりもバッグの中身が見えないように巾着になっている点は嬉しいです。

形のあるバッグは、お洒落度をUPしてくれますね。
UNITED TOKYO
UNITED TOKYO
ところで、12月に入りましたね。
一年の中でも最も忙しい、世の中も慌ただしい月ではないかと。
Flower shopでは、いろいろな種類のポインセチアが並んでいます。
鮮やかな赤につい足が止まってしまいます。
そして、ファッションにおいても一番、赤を合わせたstyleが似合う月ですね。

私の大好きな事、いいなと思う事をこのように発信していきますので、これからどうぞよろしくお願い致します。
関連記事
  • 黒やグレー、ベージュなどのいつもの定番色をたちまち華やかに見せるきれい色。特にコーデが地味になりがちな秋冬はどこかにきれい色を取り入れて、大人の華やかさを演出したい。【1位】女っぷり高いカーキアイテムに華やかなカラーを合わせて ピンクスカートもカーキで甘辛バランスを調節。甘い色を、子供っぽく見えないよう、キレイに着こなすのもカーキは有効。バッグや靴は、カーキとピンクの中間のような赤みのあるブラウンカラーを選ぶと、全体が中和してまとまり感が。▶実は相性抜群!ときめきが倍増する「カーキ×きれい色」コーデ【2位】着こなしをまたひとつ新鮮に見せるグリーンの取り入れ方 「トレンドのアースカラーから派生したグリーンは、こっくりとした深い色を選ぶと、カーキの延長で使えて、取り入れやすいです。黒やネイビーとも相性がいいからふだん色を手に取らない人にもおすすめ。スタンダードな服をグリーンに変えるだけでいつもとちょっと違う自分を楽しめます」▶合わせる色の濃淡を選ばないから使える!大人にオススメの差し色「グリーン」【3位】いつもの地味色がイエローで動き出す 「明るさの度合いにかかわらず、大人はつい敬遠してしまいがちなイエロー。でも実は肌なじみがいいから、自分に近づけやすい色でもあるんです。暖色の中でも気負った印象にならず、さらっと自然に映えるのも魅力。今年はぜひトライしてみてください!」▶大人の差し色「イエロー」で、いつもの地味色が動き出す【4位】スモーキーなピンクが大人っぽいきれい色コーデ ラインのすらりとした立ち姿をつくるワイドリブのタイトスカートをフェミニンな雰囲気にするには、スモーキーなピンクが大人っぽいゆったりしたシフォンブラウスをまとって。かごやポインテッドのストラップシューズなど小物づかいにも気を配り、手抜きに見せないシックなコーデを。▶やっぱり秋でも手抜きに見えない大人フェミニンなワンツーコーデで【2018/9/3コーデ】【5位】華やかさがある褒められスカートコーデ トップスには、控えめなチョコブラウンのブラウスをチョイス。華やかなターコイズグリーンのラップスカートは座っているときには見えないけれど、立ち姿でその効力を発揮。▶仕事帰りの同期会にはさりげない華やかさがある褒められスカートで【2018/9/28コーデ】【6位】着こなしに華やぎと女らしさを添えてくれるきれい色スカート 濃い色を使わず、ターコイズグリーンのスカートでフレッシュさを加えたクリーンな配色コーディネート。メンズライクなジャケットがあれば、甘いスカートもキレよく仕上がる。▶気の流れがよくなる最強きれい色コーデで運命の出会いを引き寄せて【2018/9/19コーデ】【7位】さりげない淡×淡カラーで女性らしく奥ゆかしい印象に 知的なベージュトーンのグラデーションの中に淡いライラックカラーをさして、上品に仕上げて。ほのかな光沢感となめらかさのある素材感も大人の余裕を感じさせてくれる。▶さりげない淡×淡カラーコーデで涼し気な秋の気配を感じさせて【2018/9/4コーデ】【8位】華やかなエメラルドグリーンには旬のカーキで知的な華やかさを パッと目につく華やかなエメラルドグリーンのパンツ、いつもなら無難なネイビーを合わせていたけれど、ネイビーの代わりに秋色カーキを投入すれば、落ち着いたしゃれ感がかけ合わされて、一気にアクティブで都会的なイメージに。▶秋先取りカラーNo.1!“カーキ”投入でオフィスコーデのマンネリ打破【2018/8/22コーデ】【9位】カラーパンツを投入するだけで地味色コーデが見違える ベージュのパンツの代わりにイエローパンツを合わせれば、華やかでアクティブな印象に。ボトムスなら顔から離れているので鮮やかなカラーにも挑戦しやすい!▶いつもの地味色コーデにカラーパンツを投入するだけでぐっと見違える【2018/9/12コーデ】【10位】ラベンダー色のパワーで定番ボーダーを大人っぽく仕上げる ラベンダーカラーのスカートを、ボーダーカットソーでカジュアルダウン。サングラスやサイドゴアブーツなど、小物で辛さを足して。▶定番ボーダーを大人っぽく着こなすべくラベンダー色のパワーを借りて【2018/10/30コーデ】※2018年8月1日~2018年11月30日集計
  • MERCURYDUOの美人店員発私のとっておきアレンジ♡ MERCURYDUO ルミネエスト新宿店 鈴木茉由さん Instagram:mercuryduo_mayu 「ヘアアレンジが大好きで、普段から何かしらのアレンジはしています。シンプルで "BAEる"髪形が得意!」 女子会の時は顔回りを華やかに 「ハーフアップ風アレンジは派手すぎず、控えめすぎず、冬イベントにぴったり。花柄スカートを際立たせてくれたり、ハイネック服を重く見せないので、この冬はアレンジ回数が多くなりそうです!」(鈴木さん) ニット¥6500・スカート¥12000・ブーツ¥13000・ピアス¥3000・ヘアアクセ¥3000/MERCURYDUO\ How to /前髪の上の部分をセンターで分け、横に向かって「くるりんぱ」を。くるりんぱは毛束を引き出して、ふんわりさせておく。くるりんぱの下のサイドの髪はねじる→下の髪を混ぜる、を耳上まで繰り返して、仮留めする。他の画像を見る撮影/フルフォード海 冨樫実和 構成・原文/松井美千代 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス 
  • レオパード柄でピリッと、黒タートルニットと黒ショートブーツで全体をキュッと引き締めて重くなりがちな冬のレイヤードコーデに軽やかな女性らしさをもたらしてくれるのは、揺れる白フレアスカート。エレガントに仕上げるのはお手のものだけれど、ここにカジュアル要素を追加できれば、着こなしの幅がぐっと広がる。まずは上品なベージュカラーのワークブルゾンを投入してみる。靴とバッグは上質なものにして、大人の上品さをキープすることを忘れずに。スカート¥59,000/ヴァリアスショールーム(エイトン) ブルゾン¥95,000/アマン(アンスクリア) タートルニット¥23,000/八木通商(ルトロワ) バッグ¥187,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥100,000/ヒラオインク(クレジュリー)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼スカートコーデをもっと見る
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ5を発表!※集計期間:2018年11月26日(月)~12月9日(日)【5位】スタイリスト村山佳世子が愛用する「一生もののプチプラ名品」BEST4 【4位】「私たち本気で狙っています!」マリソルスタッフのお気に入りアイテム【3位】おしゃれプロが買っちゃいました! タートルネックとモヘア 他の画像を見る
  • 2018年秋冬に大ヒットした流行柄といえば、誰もがすぐ思い浮かぶのが「チェック柄」ではないでしょうか? 昨年から引き続き人気のモノトーンベースに加え、今年はブラウン系やタータンチェックも大豊作! ベーシック柄なので派手すぎず、落ち着いたムードで日々の着こなしのアクセントに役立ちます。今回は、大人気のコートやスカートをはじめとした30代のチェック柄コーデをおさらい!【画像スライドで簡単チェック】30代向けチェック柄コーデ20選※画像をクリックすると、詳細記事にジャンプします。 決しておじさんぽく見えないモダンなチェック柄コート。ボリューム感もたっぷりで、はおるだけで主役級の華やかさ。コート¥23000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店大人っぽくまとめたいなら、チェック柄コートもモノトーンではなく旬のブラウンを選んでカラーレスにまとめ、センスのよさをアピール。コート¥98000/オーラリー今年大流行中のブラウンメインの“カフェオレ”コーデ。コートがチェック柄なら、さらに旬のムードに。コート¥70000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー)まろやかなマロンカラーに、襟や袖口からのぞくチェック柄が、冬コーデを最高潮に盛り上げる今旬コートを手に入れて! コート¥38000/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店(ブラクトメント)端正なチェック柄コートの下からスウェットパーカのフードを出して着るスポーツミックスコーデが、30代に大流行中! スウェット¥26000・コート(ベルトつき)¥98000/オーラリー超人気スタイリスト“さとかな”こと佐藤佳菜子さんがこの冬ヘビロテ中なのが「SEE U SOON」のチェック柄コート。「チェックは確かに今年のトレンドではあるけれど、私の場合は一生持っておこうと思って買います」。コート/SEE U SOON(佐藤さん私物)「ビッグシャツのようなゆったりとしたフォルムがお気に入り」と、スタイリスト小川ゆう子さんが愛用しているのがアンスクリアのチェック柄コート。「女らしさをプラスするために襟を抜いて着たいです」。コート¥69000/アマン(アンスクリア)トレンチ型のウールコートは、折り返し部分からのぞくチェックがポイント。このくらいのチェック柄づかいなら、普段のワードローブにも相性◎。コート¥120000/アングローバル(イレーヴ)チェック柄ひとつで、定番黒リブニットのセットアップが今の空気で満たされる。ジャケット¥36000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクスビームス) ニット¥32000・スカート¥30000/ボウルズ(ハイク)マニッシュなチェック柄ジャケットをTシャツに羽織るだけで一気に旬カジュアルに。ジャケット¥28000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店チェック柄のダブルジャケット&ソックスを合わせたコーデュロイパンプスで、トレンド感を倍増! ジャケット¥26800/グランカスケードインク(グーコミューン) 靴¥11000/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)つや感のある生地とさりげなく効いたブルーのラインでレトロだけど重たくなりすぎず、華やかな女らしさの漂うチェックブラウス。ブラウス¥45000/ユナイテッドアローズ 新宿店(チノ)大柄チェックシャツなら、モノトーンでもじゅうぶん着こなしのアクセントに! モヘアガウンを重ねた上質レイヤードコーデで。ブラウス¥35000/サザビーリーグ(エキップモン) ニットガウン¥28000/ティアラ チェック柄スカート×パープルニットの意外な配色コーデが今、新鮮! ボリューム感のあるニットなら鮮やかパープルもほどよくラフに着こなせる。スカート¥24000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) ニット¥58000/スピック&スパン ルミネ有楽町店(ヴィドヴァンスター)ホワイトニットの清潔感や明るさをキープしながらトレンド感をプラスするモノトーンチェック柄スカートは最強! スカート¥31000/エフユーエヌ(アイロン) ニット¥32000/ebure暗くなりがちな冬コーデを簡単にあか抜けさせる明るいベージュのフーディコート。下からのぞくスカートがタータンチェック柄ならさらにしゃれ見え! スカート¥24000/アルアバイル コート¥32000/シュガー・マトリックス(ストロベリーフィールズ)無地感覚で履ける細かいチェック柄。タイトスカート&ショートブーツのIライン強調コーデで、フリルニットもすっきり着やせ! スカート¥11000/グランカスケードインク(グーコミューン)  ブーツ¥ 39000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ファビオ ルスコーニ) スニーカー通勤も、チェック柄パンツとの組み合わせなら、きちんときれいに女らしいスタイルがかなう。パンツ¥26000/ピルグリム サーフ+サプライ スニーカー¥8000/グラビスモノトーンのチェック柄ワイドパンツなら、甘くなりすぎない洗練された印象が手に入る。パンツ¥27000/ジャンポールノット 青山店日帰りドライブデートの日コーデ。車内は意外と温かいから、白ブラウス×大判チェック柄ストールでちょうどいい。ストール¥52000/ドレステリア 銀座店(ジョシュア エリス) ブラウス¥16000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエムクラス 丸の内店【合わせて読みたい】2018年の大ヒット! 30代向けチェック柄記事一覧
  • 【NoMad Grill Lounge】ステーキハウス&都内最大級のルーフトップバー空間♪ 新しいメンバーの方も増えて、華やかな方々に囲まれ、お腹も心も満たされた時間♪♪♡ 同期メンバーと一緒に♡他の画像を見る大好きな同期メンバー一同♡「〇っきー」繋がり(#^^#) 念願の3人集合♪ 笑顔が素敵な♡マリソル美女組の先輩 左 「No.117 みっきー」さん 真ん中 「No.93 ゆっきー」さんコート&ニット/Spick&span パンツ/Tomorrowland スカーフ/Manipuri シューズ/ZARA バッグ/Christian Villa とても華やかな席で、何を着ていこうか?? 迷いましたが(笑) 私らしく、素材&色使いで遊んでみるコーディネートに決定(#^^#) 淡いグレー色のモヘアニット、今年流行りのパープルカラーで華やかさをUPを意識して♪ 赤坂にある「東京ガーデンテラス紀尾井町」のクリスマスツリー(#^^#) お天気も良く、虹色に光輝いて綺麗。 虹色=全てのチャクラの色♡見ているだけで、心から癒されました♪気がつけば、マリソル美女組2年目♪ キラキラした新しいメンバーの方々も加わり、更にパワーアップしてくのを感じました(#^^#) 石田編集長さま 塩谷副編集長さま Marisol編集部のみなさまへ パワフルで素敵なメンバーの方との出会い 貴重なイベントやランチ会などを 体験をさせて下さり、心から感謝しています。 マリソル美女組メンバー、いつもブログを読んで下さっている方へ、いつもありがとうございます(#^^#) これからも楽しみながら、レポートをしてまいります♡ どうぞよろしくお願いいたします。 かっきー 【NoMad Grill Lounge】のHPはこちらをClick!美容など・かっきーInstagramはこちら♡美女組No.136 かっきーのブログ
  • 新人デザイナーさんのブランドが好きです。最近のお気に入りは”アカネウツノミヤ”です。今日の通勤服。 AKANE UTUNOMIYA(アカネウツノミヤ)のスカートが届いたので、 ざっくりニットとあわせてみました。 コートは黒のロングですが画像は割愛させていただきます。今日の通勤服ウエストまわりのデザインがひとひねり効いてて可愛い! バングルのデザイン性も高い。 ウエストまわりのデザインが秀逸スタートのスリット感もちょうどいい。 以前、Marisolを購入したときの付録のタイツです。 厚さ、色味共に使いやすくて重宝しています。 Marisolの付録のタイツは何にでもあうから優秀生地も厚くてあったかい♪アカネウツノミヤ暗めの服が多くなる季節だから、 明るい色のアイテムを着ると気分が上がります。 最近、お気に入りのアカネウツノミヤ、おすすめです。美女組No.153 エリス宏美のブログ
  • 実は意外と、“普通”や“地味”に陥りやすいスカートスタイル。それぞれのテイストに合った素材とシルエットを吟味して、着映え力の高い女っぷりスタイルを目ざして!■フェミニン派のための「着映えスカート」→とろみプリーツスカート フェミニン派が得意とするスカート スタイルでこそ、人と差をつけたいところ。どこかスマートさが備わった とろみ素材のプリーツが、フェミニン派の正解! 控えめな配色とアクセ使いで、ハンサムフェミニンを追求フェミニンさを強調するプリントスカートは、モノトーンを選ぶことが必須条件に。コーディネートもシックな色みを心がけて、ハンサムフェミニンなスカートスタイルを満喫したい。あえてアクセサリーを控えるのが、大人のフェミニンをさらに洗練させる秘けつ。スカート¥49,000/アングローバル(イレーヴ) コート¥120,000/ebure ニット¥18,000/プラージュ 代官山店(プラージュ) ストール¥40,000/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥38,000/ティーアンドエル(トフ アンド ロードストーン) 靴¥69,000/アマン(ペリーコ)■シンプル派のための「着映えスカート」→ウールフレアスカート 立体的なフォルムが特徴の、ウールのフレアスカート。シンプル派の要は、このひとさじの甘さにあり! 黒が多めのコーディネートで、シンプル派らしい仕上がりにフレアスカートがもつ甘さをバランスよく 取り入れるために、ハードなライダースジャケットをオン。全身のブラック率を上げて、シンプル派らしく仕上げて。スカート¥113,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ジャケット¥158,000/アー・ペー・セー・カスタマーサービス(アー・ペー・セー) ニット¥34,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) サングラス¥30,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バッグ¥320,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥99,000/シジェーム ギンザ(アクアズーラ)■カジュアル派のための「着映えスカート」→ニットタイトスカートニット素材のタイトスカートは、まさに女っぷりという言葉がふさわしい。ブルゾンを加えるのがカジュアル派らしいカジュアルに着こなしたい、とびきり女らしいニットスカート女らしいシルエットが手に入るニットタイトとヒール靴のコーディネートが、スタイルアップを保証して。リブ編みかつ厚みとハリ感のある素材を選べば、体のラインも気にならないはず。人気急上昇中のフードつきブルゾンをさらりとはおって、あくまでもカジュアルに着地させて。スカート¥19,000・ニット¥15,000/ユナイテッドアローズ 丸の内店(ユナイテッドアローズ) ジャケット¥72,000(レミ リーフ)・バッグ¥112,000(ザンケッティ)/アパルトモン  青山店 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini./ブレンダ分) 森ユキオ(ROI/蛯原友里分) ヘア/左右田実樹(SHIHO分) メイク/AIKO ONO(angle/SHIHO分) スタイリスト/村山佳世子(ブレンダ分)徳原文子(SHIHO・蛯原友里分) モデル/ブレンダ SHIHO 蛯原友里 取材・文/磯部安伽マリソル 本誌では、「ブレンダシンプル」「SHIHOカジュアル」「蛯原フェミニン」と分類してこの“女っぷり”3大スタイルを大検証!
関連キーワード

RECOMMEND