「ご飯の一生」を味わう

Marisol ONLINE
はじめまして。
これから、「食」と「ファッション」について少しづつ書いていきたいと思いますので、
お時間のあるときに、のぞきにきていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

さて、初投稿は「食」
京都店はミシュランのビブグルマンも獲得。今年の4月に鎌倉にオープンした「朝食 喜心」です。
その名の通り、朝8時から朝食を味わえます。
こちらのコンセプトは「ご飯の一生」
来店にあわせて土鍋(ご飯専用の「一志郎窯」)でご飯を炊いてくれます。
炊き立ての「煮えばな」から「おこげ」まで、時間の経過とともに、「ご飯の一生」を、楽しめます。汁物は3種類から、自家製の漬物に、お魚。
こちらが「煮えばな」ご飯を蒸らす前のもの。お米本来の甘さが感じられ絶品!食感も!!
こちらが「煮えばな」ご飯を蒸らす前のもの。お米本来の甘さが感じられ絶品!食感も!!
オプションで卵かけご飯も!今回はいただきませんでしたが、卵焼きもあるそうです!!
オプションで卵かけご飯も!今回はいただきませんでしたが、卵焼きもあるそうです!!
器、そしてお花にも拘りが感じられ、空間も楽しめます!
これだけのクオリティーで2,500円。

食べ終わるころには体がポカポカ。心も癒されていました。
なんだかとても贅沢な時間でした。
鎌倉店は年末年始も休みなし、とのこと。
お雑煮をいただきに、再訪予定です!
こちらもオプションで♪癒されましたー。
こちらもオプションで♪癒されましたー。
関連記事
  • こんばんは。 急に寒くなってきましたね。。。 まだダウンコートは出さないぞと戦っています。 バイラーズの西田茉衣です。 今日はまず、もうすぐ発売のBAILA1月号について ご紹介させていただきます♡表紙のヨンアさんが本当に美しい・・・。 今月号も内容盛りだくさんですが、 その中でも私が気になったのはこちらです!年末年始、”会う人合わせ”の着こなしプラン5年末年始って、クリスマス会、忘年会、新年会 親戚の集まりや地元のお友達と会う機会など、 とにかくイベントが多いですよね。 そして着ていくお洋服も悩みがち・・。 この企画ページはまさにそんな悩みを助けてくれます♡ 大政絢さんがお召しになっているニットが可愛い。 そもそもこんな可愛い方が横で、 ぐびぐびっとビールを飲んでくれたら なんだかもうたまりませんね!!!!(笑)美人への近道!ベストコスメコスメ好きの私にはもうたまらない特集でした♡ とにかく忙しい私たちアラサー世代の味方になってくれる 最高コスメの一覧になっています。 「わかる・・これ本当にいいよね・・」 「そんなに良いんだ!使ってみたい!」 と、思わず独り言をつぶやきながら 見てしまう特集です♡笑 そして今月号の付録は、 ちびまる子ちゃん forever book。 小さい頃から日曜当たり前のように アニメで見ていたちびまる子ちゃん! 実は初めて漫画を拝見したのですが ほっこり、心が温まりました。 忙しい師走の時期、就寝前 ホットミルクを飲みながらぜひ 読んでいただきたいです^^* BAILA1月号、ぜひ皆様お手に取ってみてくださいね♡最近のお気に入りスキンケア COMEITTO左から化粧水、洗顔パウダー、ナイトクリームそして、次は今お気に入りのスキンケアのご紹介。 先月下旬に発売になったばかりの スキンケアブランドで、京都の お米からできたオーガニックスキンケア。 COMEITTO(米一途)。 しばらく使ってみたのですが、 あまりの使い心地の良さに感動しまして、、 今回ご紹介させていただくことにしました☺︎ 化粧水はとろみのある重めテクスチャー。 もともと私はさっぱり目のテクスチャーが 好みだったのですがこれは浸透力が高く、 肌の上で余る感覚(わかりますかね…?)が ないため、気に入っています。 少量をとって、手のひらによく馴染ませ、 手のひらの体温でお肌に浸透するようつけていっています。 クリームもまたこっくりタイプなのですが、 少量でも保湿力が抜群…! 何より、クリームファンデと混ぜて、 (ファンデ2:クリーム1の割合です) スキンケアファンデとして使用することも可能で、 お休みの日のメイクによく使っています♡ 私はスキンケアやベースメイクが特に好きなので 良いものに出会えるとときめきます。 日々のスキンケアタイムがより楽しくなりました。またお気に入りのコスメやスキンケアについて ご紹介していきます♩ 最後までお読みいただきありがとうございました♡♡Instagram♡ ♡Twitter♡ ♡パーソナルカラーサロン saison des fleurs ホームページ♡ パーソナルカラーについてや、私の日常など 更新しているので、ぜひ遊びに来てください☺︎スーパーバイラーズ 西田茉衣のブログ
  • 京都でディナー。気になっていた新星フレンチへ! 久しぶりの京都。 ディナーの予定が決まり、速攻で行きたいお店をリストアップ。 エクラ10月号の京都特集で拝見し、以前から気になっていた烏丸御池の新星フレンチ『NAKATUKA 』さんで予約が取れたので初訪問しました! シェフは東京の『NARISAWA』やヨーロッパで修業されたシェフと聞けば期待感もアップです。ワインはプロセッコから始めてブルゴーニュ・ピノ・ノワールで最後まで。まずはプロセッコ。ブルゴーニュ・ピノ・ノワールをボトルで。コスパ抜群の一本でした。お料理はアラカルトでも可能ですが、コースの方が断然お得! 6千円と8千円のコースがあります。 私達は前菜3種、サラダ、魚、肉、デザート、飲み物の8千円のコースを。サツマイモとクルミの前菜。ブリのカルパッチョ泡の中に隠れていますが牡蠣がいます!ゴボウのソースとともに! ゴボウのソースと牡蠣の旨味とピノ・ノワールの相性に震えた一品。他の画像を見る一皿一皿盛り付け、素材、お味ともに満足。 おまけに良心的なお値段設定にシェフもサービスの方も全員とても感じがよく、居心地の良い空間。 静かな場所にあるのでゆっくり食事を楽しみたい方にオススメ! またゆっくり訪れたいお店でした! NAKATUKA **美女組No.105meguのブログ
  • 難しいと思っていたグレージュ。実はとても合わせやすいんですね。グレージュって今まで色としてあまり意識していなかったので、手持ちのアイテムがあった かなぁ?と考えるくらい。エクラ1月号を見ると、素敵なグレージュコーデとアイテムがたくさん。 また、グレージュという色の範囲が広くしかも合わせやすいと改めて認識。早速手持ちアイテムを探しました。今年購入したのは左上のエコファーコンバースはベージュではなく淡いグレー寄りで、ほかではあまり見ない色なので特にお気に入り☆グレージュでも青みが強いグレー寄り、特に濃い色は私の肌にはくすんでしまう色。 肌に近いベージュ寄りのグレージュを顔まわりに合わせるとパッと明るくなり顔写りが 良くなるので、中でも明るめで淡い色を選ぶようにしています。 フラのレッスン後の一枚。昨年のものですが、グレージュのフェイクムートンジャケット。 ドゥクラッセのものでしかもフェイクなのでリーズナブル。だけどとても暖かいんです。 フラダンスの半袖シャツの上に羽織っても寒くない。黒との相性がよいので、Tシャツ、 デニム、靴すべて黒にし、ポイントに赤とグレーのリバーシブルマフラーを差し色に。Photo by Kazumi Arimura♡ 別なこの日のポイントは首元なのでヘアはアップに。淡いライトグレーに近いファーですが、 毛足が長めで茶系がことろどころに入ってるので、顔に近い部分でも抵抗なく取り入れられて 品のあるまさに好きなグレージュアイテム。Luxe armoire capriceのエコファーです。 ネイビーのトップスにグレージュで明るさを足す! 私にとって新鮮な組み合わせで、グレージュの手軽で合わせやすく、かつエクラ世代に 嬉しい品の良さ。これはもっと意識すべき色になりそうです。 同期の一美ちゃんはグレージュの着こなしが特に素敵!もちろん何でも着こなしちゃうんですが、 私のイメージはグレージュ=一美!☆ブログを読んでLINEをしていたら、今銀座にいるけど 来ない?と!!!仕事が休みの日、こんな有難いお誘いを断るわけがない(笑) いつも品があってキレイ。そして相変わらず面白い一美ちゃんとお茶をしながら大爆笑。 またまた楽しい時間を過ごすことができ、いつものことながら美意識が高い一美ちゃんから 刺激をたくさんもらうことができました。嬉しいツーショット写真がまた増えた~♡華組 沢辺史ブログ
  • あやとりのように交錯する飛行機雲が素敵だったのは、京都の空。 所詮はただの航跡なので、花ほど儚く美しいものとも思われず、うすら寒い鴨川の橋の上で立ち止まって見上げていた閑人は、私ひとりきり。 とはいえ、運航ダイヤや撮影場所、太陽の位置まで考慮して待ちかまえる…なんて撮り鉄めいたことまではしていません。おもしろいのが撮れるときに頼りないスマホで撮っている程度。 2枚目は、大阪の東洋陶磁美術館に汝窯の水仙盆を見に行ったとき。高度差のある並行関係がレアです。3枚目は、逸翁美術館に呉春の『白梅図屏風』を見に行った帰り。これは魚眼レンズでやっと全体が収まるくらいに、とにかく長かった~(この写真で6割ほど)。 そういえば、1枚目も堂本印象美術館に徳岡神泉展を見に行った後で、手持ちのスッキリした写真は関西での撮影ばかり。西の方が空が広いんでしょうね。いいなあ。 (編集B)
  • 餃子のメニューはこだわりの2種類だけ! カリッと香ばしい「ぎょうざ」と「生姜ぎょうざ」を食べなくちゃ!!京都・祇園に店を構え、3年連続ミシュランガイド掲載の人気餃子専門店「ぎょうざ歩兵」が、銀座にオープンしました! “シンプルで飽きないぎょうざ”として人々に愛され、京都・祇園本店では最大4時間待ちとなるほどの人気。待望の新店舗をさっそくチェックしましょ♪「ぎょうざ」、「生姜ぎょうざ」(各¥480)ぎょうざのメニューは2つ。ニンニク、ニラの効いたスタンダードな「ぎょうざ」(¥480)と、シェフが一年半かけて開発した「生姜ぎょうざ」(¥480)。どちらも小さな羽がカリッと香ばしく、ふんわりと軽い餡とのバランスが絶妙なんです♡ 「生姜ぎょうざ」は、匂いが気にならないのがポイント。「ぎょうざ 食べ比べセット」(¥480)銀座店では、今日から5日間限定メニューの「ぎょうざ 食べ比べセット」が登場。1日50食限定で、「生姜ぎょうざ」と「ぎょうざ」の2種類を、一度に味わうことができます♡デートにもぴったり♡ 隠れ家のようなおしゃれなお店にも注目♡♡京情緒あふれる町家をモチーフにした、こなれ感のある店舗。路地裏にひっそりと佇み、まるで隠れ家のようなんです♡ 人に教えたくないスポットになりそうな予感!!木の温もりを感じる落ち着いた雰囲気の中、オープンキッチンならではのライブ感も味わえますよ。また、お店の奥にはテーブル席もあるので、料理と会話をゆったり楽しむことができます。デートに、女子会に、忘年会に。色んなシーンで活躍しそう♪■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■「餃子歩兵 銀座店」場所:東京都中央区銀座8-7-9-1F営業時間:平日 17:00~翌3:00、土曜 11:00~15:00/17:00~21:00定休日:日曜・祝日→公式サイトはこちら!
  • 7年目を迎えた、地元でも愛される島のリゾート。夏ではなく、冬にも旅する価値がある!アクティビティ「朝の静けさ 水牛車観光」では、まだ人の少ない朝の時間帯に、水牛車で島をひとめぐり。星のや竹富島の宿泊者限定。農業を営む人が減っている竹富島で、この島ならではの畑文化を継承すべく活動している長老、前本隆一さん。島に伝わる白、橙、紫の3種類の芋を、その場で割って見せてくれた。本当に色が違う!島の農作物について説明してくれる前本さん。星のや竹富島はその思いに共鳴して、施設内の畑で島特有の作物を継承するプロジェクトを2017年からスタートした。他の画像を見る *  *  *  *  *   時を経るごとに素敵になるリゾートホテルって、ありそうで、そうは多くないもの。 開業から6年がたち、ますます人気の「星のや竹富島」を取材したライター、ジャーナリストたちがそろって口にした言葉が印象的でした。「オープンの時より、さらに、ずっと魅力を増していますね」。 サンゴの石垣に、赤い瓦の低い屋根。それらの家々をつなぐ白い砂の道。ずっと竹富島に息づいてきた人々の暮らしをそのままに、「離島の集落に滞在する」をテーマとしてできた星のや竹富島。エクラ読者のみなさんにも、泊ったことがある方は多いかもしれません。2012年のオープン後、家々のまわりの植物はすくすくと育って生い茂り、石垣もいい感じに風合いを増して、まるで本当の集落のように、より島に根差したリゾートとなりました。 そんな星のや竹富島が、この冬、提案するのは「島テロワール」。 竹富島でうまれた、竹富島にしかない味わいを満喫しながら、島の食文化にも興味深く触れる。単なる「美食」とはまた違った食体験は、なんとも知的好奇心を刺激するもの。そして、島の食材たちが蓄えたパワーが身体のすみずみまで染みていくように、健やかな心地よさをも体感することができます。 外のテラスで食前酒をいただく「島風(しまかじ)アペロ」から始まるディナー。冬こそが一番おいしいといわれる芋や、島では冬に旬を迎えるハーブ、野菜。そして島の特産品でもある車海老などを、全10皿。沖縄というとどうしても夏のイメージが強いけれど、冬には冬の「旅に出る理由」があるな……とうならされるコースです。プールの向こうから昇る朝日に出会えたラッキーな1枚。プールはリゾートの中心部、少し低くなった場所にあり、ここからさえぎるもののない夜空を見上げるのも素敵。朝食も島テロワールの特別メニュー。ハンダマや長命草といった命草たっぷりのサラダ。5種類あるドレッシングも、長命草やタンカン、山羊チーズのシーザードレッシングなど選ぶのが楽しい。ラウンジで自由にいただけるお茶も、月桃やフーチバ、グァバ、センダン草など興味深い。他の画像を見る *  *  *  *  *   快適なベッドでぐっすり眠ったあと、夏よりも遅い冬の朝日に迎えられながらいただく朝食は、その澄み切った空気もごちそう。島の野菜をたっぷりといただきましょう。 そのあとは、まだ人の少ない朝の時間帯に水牛車で島をめぐるもよし。スパを楽しんだり、ミンサー織りや民具づくりを習ってさらに島の文化に触れるもよし。海風も心地よい季節なので、ハンモックでうたたねしたりも……。もう最高ですね。 日常の忙しさを忘れて、身も心も島時間にゆだねるなら、大人世代にとってはむしろ冬こそが、ベストシーズンかもしれません。「島テロワール」 期間/2018年12月10日~2019年3月3日 料金/12,000円(税・サ別) 要予約。予約は星のや竹富島公式ホームページにて、夕食付の宿泊プランを選択。 島の散歩中に見つけたかわいいシーサー!星のや竹富島 https://hoshinoya.com/taketomijima/沖縄県八重山郡竹富町竹富 ☎0570・073・066(星のや総合予約) アクセス/石垣港よりフェリーで約10分。竹富港より送迎あり。 料金/1室1泊51,600円から(税・サ別、食事別)※通常は2泊より「沖縄」の記事をもっと読む>>>取材・文/本誌編集部
  • 裏原に位置する「San Francisco Peaks」東京都渋谷区神宮前3-28-7 朝に撮影があって、ふら〜っと裏原宿辺りを散策してたんですよ。そうしたら引き寄せられちゃいましたよね。朝弱いので、私の中で朝食を食べる文化すら皆無に等しいんですけど、美味しそうなメニューでつい…。美味しそうなたまごと目があったので、クロックマダムを注文〜 なんて美味しそうなの!トロットロの目玉焼き、カリッカリのパン、香ばしいベーコン !裏原にこんなに優雅にアメリカンスタイルモーニングを楽しめる場所があるとは…! 早朝(←私にとっては)なのにも関わらず、お客さんもまぁまぁいました 外観オリジナルTシャツの販売も!可愛いソーセージも有名らしいです他の画像を見る店員さんの制服?も…朝起きたてな感じで、気取りすぎず、でも抜きすぎずでとても可愛かったです❤︎ たまには早起きしてお外でオシャレな朝食を食べるのもいいですね…❤︎ また読んでもらえると嬉しいです!TwitterInstagramカワイイ選抜 No.48 古野美優のブログ
  • 食事はオープンな場所で誰かと一緒にするのが楽しいけれど、甘いものは閉鎖的な空間でひとりこっそりと味わいたい。理由は単純で、食べ始めから最後のひと口まで誰にもじゃまされたくないから。子どもが寝静まったあと、隠しておいた「お夜つ」を取り出し、熱々のコーヒーかお茶とともに思いっきり頬張る。一日のいろんなことから解放されたその瞬間だけは、翼が生えたような気がするんです。背徳感なんて、どこへやら。  今晩のとっておきのお夜つは、京都の和菓子店、宝泉堂から。京都で買える美味しい小豆菓子といえば、真っ先に思い浮かぶのがここ。店名に「あずき処」とつくほどですから。 なかでも手土産におすすめなのが「賀茂葵」。京都三大祭りのひとつ、下鴨・上賀茂神社の葵祭にちなんで作られたものです。わずかに光沢を帯びた和紙袋に、素朴ながらも目を引く葵の紋。これだけでもずっしりと趣があります。中身にたどりつく前に舌が勝手に妄想を始めて、何も口にしていないのにすでに美味しい。 袋を開けると、丹波大納言小豆がぎっしり詰まった琥珀菓子がそっと顔を覗かせます。葵の葉をイメージした形は、思いがけずハート型に見えて愛らしい。ひと口目はシャリッとした涼しげな歯ごたえが、その先にはむっちりとなめらかな甘みが広がります。時折、豆の形がつぶれずに残っていて、その艶めく姿は長い時間をかけて育まれてきた原石のよう。噛むたびに、小豆のコクがぐいぐいとせまってきます。 原材料は丹波大納言小豆と砂糖、寒天、水飴。いたってシンプルだけど、どこまでも奥ゆかしい。それは一千有余年の時を経て、今なおいきづく伝統祭の歴史の厚みを彷彿させる味わいです。世田谷のごく平凡な家の狭い一室で、王朝絵巻さながらの壮大な行列に思いを馳せる、なんとも雅なひとときでした。 >>パンと相性抜群! 魅惑のドライフルーツ羊羹 #深夜のこっそり話 #1052 >>生活感が一気に吹き飛ぶウェットティッシュホルダー #深夜のこっそり話 #1050 ハート型のようにも見える中身は、上賀茂・下鴨神社の御神紋、双葉葵をかたどったもの。上質な丹波大納言小豆がぎっしり
関連キーワード

RECOMMEND