はじめまして!Makiです。

Marisol ONLINE
初回の投稿は美女組メンバーの方々の投稿を参考に自己紹介をさせていただきます。

東京在住、小学生2人と幼稚園児の三兄弟のママです。

お洋服が大好きで、雑誌を読むのもショッピングするのも大好きです!

子供が生まれてここ数年はぺたんこ靴のおしゃれを楽しんでいたのですが、
末っ子の幼稚園入園と同時に主人のお仕事を手伝うようになり、週に何度かはヒールを履いて出かけるようになりました!
ぺたんこのラクチンに慣れてしまった足にヒールはまだまだ過酷ですが。。。やっぱり頑張ってヒールを履くと足が綺麗に見える。。。わかっているけどついついペタンコに手が伸びる。少しづつリハビリしていきたいと思います!

そしてアラフォーになり、今までなかった肌悩みを感じてからスキンケアにも気を配り、色々と試しながら現在模索中です。
とりあえず最近はノーファンデ+日焼け止め+日焼け止めサプリで肌に負担のないように
目指せ!ナチュラル美肌!!で日々格闘中です。

素敵な40代を送るべく新しいことにチャレンジしていきたいと思います!
皆さま、どうぞよろしくお願い致します。


三男(3歳)に撮ってもらった写真
三男(3歳)に撮ってもらった写真
関連記事
  • なんとお醤油屋さんが開発した美容液!敏感&乾燥で悩ましい私の肌が今、少し落ち着いております。洗顔後すぐにつけるものはMarisolで出会ったスキンケアがとても合っていて使い続けていますが、その後の保湿ケアは今もジプシーが続いています。 ・ アロマセラピストになる前はオイルにすごく抵抗があったんですけど、なった後は植物油とお肌(皮脂)の相性のよさを知って、秋~春先のこの季節にはスキンケアに手放せないアイテムとなりました。 ・ こちらの商品は、所属しているアロマスクールの校長であり現役トライアスロン選手でもある神崎先生から、しまなみ海道サイクリング旅の思い出話を伺っていたとき「小豆島って醤油のにおいがするの!」と仰っていて。 無類の調味料好きとして、取り寄せてみたい!と思いネットで探したのがはじまりです。 気になった「ヤマサン醤油」のサイトを見ていたらオリーブ商品もたくさんある!と一人盛り上がり。 オリーブは食用オイルもありますが化粧品(この美容液)もあって、食べられるものを作っていらっしゃる会社の美容液なら信頼できそう…と お醤油と一緒に買ってみることに。 ・ 結論、オリーブオイルはかなり重ためで独特な香りがあるので好き嫌いがあると思いますが私は好きでした。 ビタミンA,Eや抗酸化物質ポリフェノールも多く含まれているオリーブオイル。 こちらの美容液は加熱処理せず丁寧に絞られたもので、成分的にも安心です。これから暖かくなるので、こちらを使い切ったらまた保湿もののジプシーが続きます。 皆さまのおすすめスキンケアも教えてくださいー! (醤油はどうした。もちろんとっても美味しかったです)美女組No.102yuccoのブログ
  • スプレー型の化粧品。それが約束するものは私の場合、「お手軽」です。就寝前はもちろん、出勤前は1秒でも惜しいギリギリ人生なので、指ひとつでプシャッとできるミストプロダクトに目がありません。 この春は特にミストものが充実してますよ、ご多忙レディの皆さん! まずはアディクションのミスティ オンの進化版。ローズ&ジュニパーベリー一択だったのが、限定4種を含む全5種類になりました。100%天然精油。メイクアップの仕上げのグロウ感づけや、機内や旅先でのムードリセットにも。ジュニパーベリーとゼラニウムローズブレンドの馥郁とした香り設計に何度癒され、救われたか分かりません。こちらは「トラベルブレンド」という名前で殿堂入り! おすすめニューカマーは、マンダリン&オレンジ。数回プッシュすればいつもの職場が一瞬にして地中海の果実店になりますから。デスクにひとつ、常備させたいフェイシャルミストです。 アディクション フェイシャルミスト 各50ml・¥2,800(税別)/アディクションシチリア発のオーガニックブランド、アルジタルからもアロマミストが届きました。これから湿度も徐々に高まる季節。このローズマリーは精油に南イタリアの天然水がブレンドされていて、空気をカラっとリフレッシュします。入浴後の頭皮ケアにもおすすめ。 アロマ エッセンス ウォーター RM 125ml・¥3,200(税別)/アルジタルヘアケアといえば、紫外線へのプロテクションもぬかりなく。2層式のヘアオイルはライトなテクスチャー。荒ぶる頭頂のホヤ毛をおさえてくれます。しかも決してべたっとした質感にはならない軽やか仕上げ。紫外線によるキューティクルの乱れをプロテクトして、夏枯れ髪を予防。ちなみに、無視できないのが外箱なんですよ。オンザビーチという名前と、外箱を飾る海原の写真だけで、癒されちゃうのは私だけでしょうか。  uka hair oil mist On the Beach 50ml・\3,500(税別)/ウカUVつながりでもうひとつ。一歳以上の子どもとも一緒に使える透明のスプレーは、SPF50+・PA++++。忘れちゃならない首の後ろや耳の上、そしてうなじ!全身の忘れがちなスポットに玄関で手軽にヴェールのようにスプレーできる日焼け止めローションです。 紫外線予報 透明UVスプレー 150g \1,850(税別)/石澤研究所ヘリオトロープというという名前の花を知っていますか? 香水草、とも呼ばれる甘い芳香を放つ紫色の花のこと。バニラを思わせるロマンティックな香りに、アニスをトッピングしたイメージのミストがレ・メルヴェイユーズ ラデュレから限定発売中。 裏技としては甘いものを目の前に、歯を食いしばりぐっと我慢するときに助けられてます。ケーキを食べた錯覚を覚えるほどの、恍惚の香り。ちなみにヘリオトロープは18世紀に流行した香りだそうです。ヴェルサイユ宮殿はこんな匂いだったのかしらと妄想するだけでお腹いっぱい……には私はなりませんが、顔と全身、髪にヴェルサイユ式のみずみずしさを運びます。 ヘリオトロープ ミスト100ml・¥2,000(税抜)/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ以前、それはそれは美しい女優のかたを撮影したときのこと。なんでいつも肌ツヤツヤなんだろう…とお茶を運んだメイク室で目撃した必殺技。オイルを混ぜ込んだローションをエアブラシで吹きかけていたんです。考えればいたってシンプルなのですが、この技を絶妙なブレンドで自分最適化できるのがこちら。植物由来の保湿成分が配合されていて、潤い感がちょうどいい。週の中頃、しぼみ始めた肌への保湿ケアだって、インスタントでできちゃいます。ファンデーションの後のツヤ足しにもいいのですが、直前の下地作りにも大活躍。品のある元気なうるツヤ肌が、どんなシーンでもチャージできるオールマイティなオイルミスト。 ゴールデングロー オイルミスト110ml・¥3,200(税抜)/IOPEパリ出張で必ず立ち寄るアロマ専門店「アロマ ゾーン」の白檀水。店内はいつも大混雑なんですよ。コンビニのように冷蔵庫が並んでいて、フローラルウォーターやアロマ抽出ウォーターもずらっと冷蔵保存されています。必ず買い足すのが、白サンタルのアロマウォーター。白檀の香りがとにかく好きなので、ルームフレグランス代わりに愛用。シェービング後に肌をやわらかく沈静する働きも。 Eau Aromatique Pure SANTAL BLANC 200 ml ・5,50 €/AROMA ZONE 無数の一滴。肌に元気を運ぶだけではなく、気持ちを切り替える心のスイッチにもなる、頼もしい味方でもあるんです。 >>小ジワがピーン! 肌がパーン! まるでセルフプチ整形、的な!? まさに黄金のツヤを運びます海に行けなくたって、大丈夫!気分はビーチサイド18世紀のレディの香りをまとえるなんてあのミスティ オンが進化しました!パリ土産にも無双!お子さんにも使えます。ファミリーユースの日焼け止めほかにジャーマンカモミールと、ジャスミンもあります
  • 昨秋に続き、カリフォルニアに行ってきました!▼前回の記事はこちら【完全保存版】お土産にも♡美容通が選ぶ!アメリカで買える日本未上陸コスメ&カリフォルニアの美容情報 vol.1今回もショッピングや観光がメインではなかったので、コスメパトロールはゆるりと。購入した日本未発売コスメや、現地のコスメ情報をメモしておきます。アメリカ(特にカリフォルニア)へ旅行に行かれる際のご参考になれば幸いです!【購入したお土産コスメ】■Bath & Body Works(バス アンド ボディワークス)・ハンドソープ『Kitchen Lemon』料理のニオイが一番よくとれる!とのことで、友人から頼まれたもの。5個で$23だったので、ちゃっかり自分用にもキープ。液体タイプと泡タイプがありました!・ボディソープ前回買ったボディクリームの香りが気に入ったアロマセラピーシリーズ『sleep』。・ハンドジェルアロマセラピーシリーズの男女問わず使えるスッキリ系の香りを、サッカー仲間へのお土産用に。■fresh(フレッシュ)・『SOY FACE CLEANSER』今回買ったコスメの中で個人的ヒットアイテム!!店員さんにオススメしていただいた、ジェルクレンジング。大豆由来のナチュラル成分やアロエベラエキス配合で、しっとり洗いあがるのにW洗顔なしでアイメイクまですっきり綺麗に落ちる!しかも洗顔後の肌はもっちりふわふわに。ナチュラル系のクレンジングはメイク落ちがイマイチな場合も多いため、お試しサイズを買ってみたのですが……現地で使ってみて、通常サイズを買えば良かった。。日本では買えないので、アメリカ行く人いたら頼みたいレベル!■Whole foods(ホールフーズ)ホールフーズでは、お土産用にオリジナルブランドのリップバームと、自分用にいつも愛用しているジョンマスターオーガニックのリップクリームをget。続いては、ショッピングモールのコスメパトロールによる現地の美容情報をお届けします♪>>次のページへ【アメリカの美容情報リサーチ】今回も、南カリフォルニア最大級のショッピングモール『サウス コースト プラザ』でまとめ買い。ここに来れば、コスメの他、ハイブランドのショップからバナリパ、ユニクロやGAPなどまで何でも揃っています!■SEPHORA(セフォラ)いわずとしれた、コスメのデパート。こちらで気になった日本未上陸コスメたちがこちら。・昨年デビューしたリアーナのコスメブランド・『Fenty Beauty』(特にフェイスカラースティック)・『SUMMER FRIDAYS』のフェイスマスク・世界的メイクアップアーティスト、パット マグラスの『PAT McGRATH LABS』。・『Marc Jacobs』『Stila』『Benefit』『NAILS INC.』(ネイル以外のコスメ)など上記以外の日本未発売ブランド■Fresh(フレッシュ)前ページでご紹介したクレンジング他、フェイスマスク、フレグランス、シュガースクラブ入りのリップその他、SCPには「BeautyTap」という韓国コスメの専門店も。SEPHORAでも、韓国コスメコーナーは日本コスメコーナーの4倍はあるはず。どちらもメイクアップアイテムはほとんどなく、ほぼスキンケアブランドが中心でした。【その他要チェックスポット】■kitson(キットソン)現地に住んでいる友人に、ぜひアメリカのkitsonを知ってほしい!とビバリーヒルズのkitsonへ連れて行ってもらいました。kitsonって、ロゴ入りアパレルアイテムの印象が強かったのですが、全く違ってビックリ。お洒落でキュートなアイテムが揃う、女子のためのセレクトショップでした!雑貨エリアにはコスメや美容アイテムも。掘り出し物アイテムが見つかるかも!?■デザートヒルズ アウトレットロサンゼルスより南の方に滞在予定であれば、ぜひ行くべきなのが、カリフォルニア最大級のアウトレット『デザートヒルズ アウトレット』。ロサンゼルスから車で1時間半~2時間くらいの砂漠エリアにあり、山々の景色もとても綺麗!プラダやグッチ、ジミーチュウなどのハイブランドの他、ケイトスペードやフルラ、バレンシアガなども入っています。またコスメにおいては、エスティーローダーグループのショップは他のアウトレットでも見かけるのですが、何とクラランス、ベアミネラルのアウトレットショップも!なぜか、クラランスではリフトマンスールは売っておらず……。ベアミネラルは、NARSやローラメルシエ、資生堂系のアイテムが置いてあります♡現場からは以上です!アメリカ、特にカリフォルニア方面へ旅行に行かれる予定の方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!
  • 40代がキレイに見える秘けつは何はなくても幸せそうであること。周りから"幸せそう"と思われるメイクテクやファンデーション、チーク、リップ、アイライン、アイブロウなどのおすすめアイテムをお届け。 ■その他の美容情報もチェック
  • コンビニ(セブンイレブン)で手軽に買えるパラドゥから、今年新しく発売されたリップをご紹介します☆このリップ、思ってた以上に実力派だった!パラドゥ スキンケアルージュ 全2色 各900円(税別)2019/1/23発売【口紅/唇用美容液】というカテゴリになっているリップ。色を楽しむだけでなく、唇の潤い効果が高いのが嬉しい❤スペシャルブレンドのケアオイルを配合し、乾燥から守ってくれます。実はツイッターのキャンペーンで当選し、スキンケアルージュ2色と、その中に配合されているオイルだけを抽出したリップケアオイルを頂きました❤で、このリップケアオイルがすごくて!!もったり・べったりした独特のテクスチャーで、ピタッとフィット。しっかりとうるおいを守ってしっとりした唇をキープしてくれるんです。このオイルは限定非売品という事なのですが、是非ともリップケアオイル単品の販売を希望します!さて、スキンケアルージュは全2色展開ですが、スウォッチをご覧ください。左がPK01、右がRD01です。1度塗りと3度塗りで比べていますが、透明感があるのがわかりますね!PK01はナチュラルなベージュピンクといった印象。ナチュラルメイクをしたい時にぴったりです。イエベさん向けかな?と思う色ですが、シアー感があるので肌色を選ばず使えると思います。RD01は、ほんの少しローズっぽさを感じる赤。といっても、透明感のある発色なので、ド派手にならない赤リップです。どちらかというとブルベ向けかなと思いますが、こちらもシアーな発色なので肌色選ばず使えそうですね。スキンケア効果の高いオイルが配合されているおかげで、しっとりしたうるおい感と自然なツヤが続くのが本当にうれしい。まるでリップクリームのような使い心地です。わたしは唇がすぐ荒れたり乾燥しやすかったりするのですが、スキンケアルージュは荒れたりすることなく、うるおいをキープしてくれるので重宝してます❤特にRD01が肌が綺麗に見えてお気に入りなので、ポーチに入れて持ち歩いてます♪正直、少し前まではコンビニコスメ=間に合わせ・一時凌ぎのコスメ、という認識でしかなかったのですが、最近のコンビニコスメの進化はすごい!と感激したリップでした❤色展開増えたらいいなー!
  • 自宅で洗濯可能のツインニットなら、いつも清潔できれいに着られる♡※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます背中と二の腕のお肉が気になり急遽ジムの予約をとったので、明日は汗を大量にかいた後に着ても問題ない洗えるツインニットをチョイス。プルオーバーとしても着られるようボタンの大きさと位置にこだわったカーディガンと、気になる肩から二の腕をカバーするフレンチスリーブがキュートなインナーニット。どちらも単品使いできる万能で洗える優秀セットなのが嬉しい。ツインニット¥21,000(エムセブンデイズ)・マキシスカート¥16,000(マイカ&ディール)・パンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol バッグ・ピアス・バングル/スタイリスト私物撮影/酒井貴生(aosora) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/徳原文子 モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼スカートコーデをもっと見る
  • 今回は、かって海外ダイビング、リゾート旅なども共にしたことのある大先輩をお招きしての「ひとりっPの突撃ワンダートーク in The World」、略して、「突ワン」の第4回目。ゲストは人気スタイリストであり、ファッション関連の著書を多数持つ作家でもある、地曳いく子さんです。コレクションや撮影のための出張はもちろん、リゾートやグルメな旅だけでなく、かなり昔から、ロックアーティストの推し活動を精力的にこなし、日本各地から海外までパワフルにひとりっぷしています。そんな旅のエキスパートである地曳さんに、今を生きる大人のためのひとりっぷ、その楽しみ方の極意をたっぷりとお話しいただきます。「ロンドンでスーツケースがロストバゲージした時には、バックパッカー発想に切り替えて楽しんだの」、と地曳さん。ひとりっP(以下P):先日、地曳さんのインスタグラムを拝見していてびっくりしたんですが、1976年のクイーンの東京公演のお宝チケット写真が投稿されていましたね!海外まで追っかけているバンドはいくつくらいあるんですか。 地曳いく子さん(以下J):海外までは今はそんなにないですよ。国内は全通女、全国さんって呼ばれていたんだけれど、最近は全部は行ってません。と言いつつも、今週末、沖縄行きます(笑)。 P:さすがです! J:追いかけているメインのバンドはひとつです。東京生まれ東京育ちだから東京しか知らなかったけれど、推しバンドのライブを追いかけたり、本業スタイリストのトークショーに呼ばれるようになったことで、日本国内あちこちに旅して、みんなのいろんなおしゃれ事情が分かってよかったです。それに、ビジネスホテルを超え、ドミトリー(※1)も泊まれる体になりました!オヤジ臭いビジネスホテルだったら、最近のカプセルホテル「ナインアワーズ」の方がきれいだよね。  P:旅が多様化しているんですよね。LCC(※2)の誕生が大きく広げましたよ。「何なら、今日行く? 席が空いてれば行けるよ」っていう感じで旅ができる世の中に。選択肢が幾通りもあって、すばらしいです。それに、免許がなくても、ウーバー(※3)が助けてくれる!(※1)ドミトリー 他人と一緒のスペースで眠ったり過ごす相部屋スタイル。その分お値段はお手頃に。(※2)LCC ローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称。低価格の航空サービスを提供する会社。(※3) ウーバー 自動配車サービス。世界70カ国、地域の450都市以上で展開するアメリカの会社。プロと一般ドライバー、両方の配車をする。あなたが行きたいか、行きたくないか次第!どこにでもいける「年齢を重ねてまさかLCCに乗るとは思わなかったよね? 今ってそういう旅も楽しいよね」と地曳さん. J:20世紀と21世紀の旅って全然違うよね。あなたが行きたいか、行きたくないかの問題で、今は意思がある限りどこでも行けちゃうの。昔、免許がないのはハンデだったけれど、今は全く問題なし!だよね。私たちノードライバーライセンスだから、ありがたい。 P:だ・か・ら、ウーバーがない国は本当に困ります。カナダに行った時、バンクーバーにウーバーがなくて泣きました。リフト(※4)もなくて……。タクシーは流しで拾えないじゃないですか。でも、バスが発達していて、通りが碁盤の目状になっているから、割と移動はしやすかったんですけれど。 J:イギリスのヨークもウーバーはなかったな。バーミンガムはあったけれど。ついには、スコットランドまでいったんだ。楽しかったな~。そういえば、ひとりっPさん、ヨーロッパに久しぶりに行ってたみたいね。 P:そうなんです。弾丸でロンドンに行ってきました。 View this post on Instagram ひとりっPさん(@hi_trip)がシェアした投稿 - 2018年12月月15日午後11時18分PST J:電車、遅れなかった? 地下鉄、行先変わっちゃうとか、イギリスの交通事情、いろいろあるんだよね。 P:それはなかったです。よく地下鉄が途中で止まるって言われていたんだけれど、大丈夫でした。あとはバスとウーバーを駆使していましたけれど。でも、夜9時ごろバスに乗っていたら、急に停まったんですよ。車内の灯りも消えちゃって、あららどうしたの?って思っていたら、故障で「降りろ!」って言われたんです! 幸いバス停が近くにあったので後続のバスに乗れましたが。 J:私も一回やられた!全然知らないところで「降りて」って。しかも、スマートフォンの電池も切れていてピンチ!と思ったら、奇跡のようにタクシーが来てくれた。 (※4)リフト アメリカのサンフランシスコ発の新配車サービス。プロではなく自家用車を運転している一般ドライバー。日本未上陸(2019 年3月現在)ひとりっぷにスマホはマスト、バックアップは重要です!P:ひとりっぷだとスマホが使えないとピンチですね。この間、タイ・チェンマイで、アイフォーンを手に持ちながら自転車を押して横断歩道を渡っている時、段差のところで、ボトッて落っことしたら画面が真っ暗になって完全アウト。私はスマホ2台持ちなので、その後の旅もまあなんとかなったんですけれど。後から調べてわかったんですが、アップルストアに行けば、タイでも直してもらえたんだって。バンコクにアップルストアができたばかりだから、あそこに持っていけばよかったんだーって、気づきました。 J:そういうことを考えさせてくれるのも旅だよね。 P:日本にただいるだけでは分からないことが、旅では学べます。 J:家にいるのもいいけれど、ボケちゃうよ(笑)。でもね、われわれにGPSつけたら、相当おかしいかも。この人スパイ?みたいな。あちこち動きっぱなし! P:あとクラウドにスマホデータを保存しておけば、アイフォーンがダメになってもアンドロイドでなんとかなるなーとか考えました。 J:今はどこでスマホが壊れても新しいのを買えばデータが復活できるわけ。だからこそ、バックアップは大事ね。アンドロイドの安いやつを現地で買って復活させたことありますよ。いろんな事はありますが、今や旅はオンデマンド!「行ったことがある国は?と聞かれた時に、えっ全部言うんですかって。ほぼ忘れてますけれど(笑)」と地曳さん。P:ところで、片道チケットで旅したことはありますか? 私は去年それで台湾に行きました。なんでそうなったかというと、当然LCCだったんですが、帰りのチケットがめちゃ高かったんです。高すぎるっていっても買わないと帰ってこれないから、現地で毎日スカイスキャナー(※5)で検索してました。いつもは良いのを見つけたら、その後各社の公式オンラインで買うパターンなんですが……。 J:その方がチケットの受け取りとか安心だよね。 P:そうなんですよ。間違いないんです。探していたら、成田行きはLCCでも3万くらいで高いけれど、関空行きは1万そこそこ。関空から羽田をつけても2万前半!そっちの方が安いー!絶対こっちだー! 安く帰れるよね、ってなりました。  J:私も同じ感じで、名古屋経由で羽田に戻ってきたことがあるよ。 P:しかし、落とし穴がありました。「私、天才~!」って思って、桃園空港に行ったら、予約したジェットスターの出発が3時間遅れ。関空からの乗継便に乗れない……ガーン!!! J:その落とし穴あるよね。  (※5)スカイスキャナー 国内外の航空チケットの値段を比較検索できるサイトユニクロ×アレキサンダー・ワンのヒートテックがお気に入り。レギンス、下着も、旅先で購入してみたらよかったそう。P:バラバラにチケット買っているし、LCCだし、ダメだわーって、なりました。だったら、3万の成田行きにしたのにーって。そうこう考えながら見渡してみたら、すぐ隣のカウンターで成田行きのチェックインをやっていたんです。LCCだから無理かなと思いつつも、ダメ元でカウンターで相談してみました。「私、最終目的地が羽田で、関空で乗り継ぐことになっているんですが、このままだと乗り継げないんですよ。あの隣の成田便に振り替えてもらうことはできませんか」と、キーッとならずに落ちついて話してみたんです。けんもほろろに「ダメです!」と言われるかと思ったら、そうじゃなかった。後ろから偉い人がでてきて、端末をたたきだしたんです。「成田便は満席なんですよ。でも、もうすぐチェックインが締め切られるので、その時点で席が空いていれば振り替えます」と言ってくれたんです。「えー、LCC、意外に親切!」と祈って待ってました。30分後に「満席です。申し訳ありません」ってなり、ガクッ……、てなりましたけれどね。 J:親切だね。冷静に話したのもよかったね。 P:で、続きがまだあるんです。関空経由羽田のチケットは全日空のHPから買っていたんです。その分の1万円はパーになっちゃうと思っていたんですが、明細をよくよく見たら、3千円くらい返してくれることがわかったんで、急ぎキャンセル。おかげで3千円返ってきました。 旅はノイズを楽しむ!脳に刺激を!地曳さん愛用のアップルウォッチ。エアチケットやホテルのバウチャー、これですべて管理。J:『ダイ・ハード』的な旅しているね。お互いだけれど。トラブルは発生するものだと思うと、ムカつかないよね。 P:勉強になったな、旅の偏差値あがったなーって思うくらい。 J:難しい問題を解いちゃったよーって。 P:最後は何とかなるから、ふぅーって、感じ。 J:旅を重ねていると、そういう力はつくよね。 P:危機を乗り越えると、東大の赤本を1問解けたみたいな、妙な達成感ありますよね。 J:人生、刺激がないと!脳の神経回路がピピピってならない。 P:そういう時は脳のシナプスがのびているんですよ。「ダメ元でやると意外といける事がある!」これ、ひとりっP格言。現地のものを愛して、エレガントに食べる!ゴヤールのトートは旅に便利で、国内旅行はこれだけでもOK。機内ではハンドル部分をぎゅっとしばっておく。J:そういえば一緒にモルディブに行った時に、まかないカレー食べた時のこと、覚えている? みんなにはチキンとかラムが出されてたんだけれど、私たちにはスペシャルな美味しいカツオのカレーを出してくれたの。忘れていたでしょう?  P:そうでした! モルディブは1島1リゾートで、そのリゾートでは食事は全員ビュッフェ。滞在してるうちにみんな飽きてカレーを食べなくなるのだけれど、私は毎日のようにサグパニール(ほうれん草とチーズのカレー)食べていて。モルディブやインドにいれば、カレーを毎日食べるのは当たり前ですよね。 J:同じカレーでも味が違うんだよね。P:私たちはチーズの味が違う、カレーソースの味が違うって、毎日喜んで楽しんでたから、あの美味しい裏メニューのスタッフ用まかないカレーを食べさせてくれたんですよね。「旅ってびっくりの連続で、それが面白い。マジ?っていうのもあれば、ウソーキャハハハってのもあって、それが面白い」とひとりっP。J:現地のものを愛してエレガントに食べる。兼高かおる先生(※6)に学びました。すごいことだよね。 P:イヤとか言わないですもんね。兼高先生も多様性に対する許容力があるんですよね。当時は(1959年~1990年)兼高先生並みに世界を回るって難しかったけれど、今はどこでも行けますね。  J:われわれはファーストクラスじゃなくて、LCCだけれど(笑)!歯磨きセットとパンツさえ持っていれば、世界中どこでもいける。あっ、無印のシリコンカップも便利だから必携。うがいしたい時にコップがないと不便だから。歯磨きセット、コップ、パンツでOK。私、今日着てきた服と持ち物で、このまますぐ旅に出発できるよ。 P:あはは。そうですよね。日常が旅仕様になり、旅を見越した服やモノ選びになりますね。旅は回数重ねた分だけ知恵を授かれるので、みなさんも、ぜひ!どしどし! HAVE A NICE ひとりっぷ~!  (※6)兼高かおる 150か国以上を訪問した旅行ジャーナリスト。1959年から1990年まで放映された番組『兼高かおる世界の旅』の人気レポーターとして愛された。pnotography:Satoko Tsuyuki >>【突ワン第3回】雑貨天国!モロッコ旅90回のエキスパートが指南! こだわりの“変態旅”、だから面白い >>【突ワン第2回】旅は4度目から!モデル・はなちゃんと仏像&秘境絶景旅を語りあう~の巻 >>【新連載・突ワン】機能とおしゃれの両立が魅力!ヘビロテ「THE NORTH FACE 」の秘密に迫りたい! 地曳いく子さん愛用の旅グッズJOY HOUSE ノイズキャンセリングのワイヤレスイヤホンも必携アイテム。バッテリー内臓のケースで充電もできて、お手頃(¥7,000くらい)で便利。アマゾンで購入したそう。コンパクトになるエコバッグは常に持ち歩いているもののひとつ。底はわずか1cm、ぴたっとすれば上部は3mmの無印良品の携帯用シリコンカップ。¥350底があるので、ひとり立ちできるのも有りがたい。飲みやすく、使いやすい。もちろん、携帯便利。旅先ではかなり歩き回るので、足元はニューバランスのスニーカーで。主な著書 地曳いく子著/槇村さとる著『大人のおしゃれDo!&Don't ババア上等! 余計なルールの捨て方 』(集英社) 地曳いく子著/黒田知永子著『おしゃれ自由宣言!』(ダイヤモンド社)
  • 毎年、日差しが気になる季節になると、「あ、今年の日焼け止めはどうしよう」と思うの、私だけですか? 新しい技術や機能、成分が気になって、ついつい何種類も日焼け止めを試してしまうのです。そんな日焼け止め好き(?)の私が思わずうなった逸品がこちら。『DHC』の「サンカット Q10 パーフェクト ミルク」です。“パーフェクト”って、ずいぶん自信満々のネーミングじゃない、と思ったそこのあなた! そうなんです。自信満々なんです!!なぜって、「最強UVカット」と「スキンケア効果」と「肌にやさしいマイルド処方」を実現しつつ、「トリプルプルーフ」で崩れ知らずという……ね、まさに“パーフェクト”でしょ?SPF50+・PA++++だから「最強UVカット」。コエンザイムQ10をはじめ、ヒアルロン酸、オリーブバージンオイル、コラーゲンといった美容成分配合で「スキンケア効果」。無香料、無着色、パラベンフリー、アルコールフリーの「肌にやさしいマイルド処方」。じゃあ、「トリプルプルーフ」って……?❶汗や水に強い【スーパーウォータープルーフ】❷ベタつかずに砂の付着まで防ぐ【サンドプルーフ】❸タオルでぬぐうなどの摩擦に強い【こすれプルーフ】もうこれ以上“プルーフ”するものなんてない! パーフェクト!!さあ、肌トラブル知らずのカンペキな夏を、カンペキな日焼け止めとともに迎えましょ♪ (編集モチコ)DHC サンカット Q10 パーフェクト ミルク(顔・ボディ用) SPF50+・PA++++ 50ml¥1800/DHC編集モチコの脱ぽちゃ日記
関連キーワード