秋冬も大活躍の黒パンツにはグレンチェック柄コートが相性ぴったり【2018/12/3コーデ】

Marisol ONLINE
大きめが旬のグレンチェック柄コートはバサッと羽織っていい女風に着こなして。トップスにほんの少し効かせるレッドとパンツは落ち感のある細身を選び女っぽく。仕事帰りのメイク直しでトップスのような発色のよい赤の口紅をさせば、相手にどきっとさせることができるかも。さぁ、明日の夜ごはんは誰と出かけようかな。
コート¥73,000・ニット¥27,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥16,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) パンツ¥29,000(セオリーリュクス)・ストール¥39,000(ファリエロ サルティ/セオリーリュクス)/リンク・セオリー・ジャパン ピアス¥23,000/デ・プレ 丸の内店(エレナローナー) ローファー¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) トートバッグ¥6,900/L.L.Bean
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼パンツコーデをもっと見る
関連記事
  • 清潔感が信頼度につながるお仕事シーンにおいて、夏の暑さに伴う諸問題は大敵!お悩み 02グレーパンツの時、ショーツのラインがひびくAnswer : シームレスまたはレース素材を 洋服の生地感が薄くなってくる夏、特にライトグレーなど淡カラーのボトムをはいていると、動きの中でショーツのラインがひびいてしまうことが。シームレスタイプのほか、レー ス使いのショーツで肌との段差を限りなく少なくして。縫い目がなく、洗濯表示まで転写というこだわりっぷり。接着仕様で肌へも食い込みにくく、はき心地も快適。ショーツ¥1,000/グンゼ(トゥシェ)VARIATION(左)柔らかな総レース。ショーツ¥7,000/カドリールインターナショナル(ランジェリーク) (右)ヒップハングで股下浅めパンツにもOK。ショーツ¥1,600/トリンプ・インターナショナル・ジャパン(スロギー)軽やかな薄グレーパンツには、ひびきにくいシームレスショーツが最適。パンツ¥39,000/ストラスブルゴ(ラルディーニ) ブラウス¥21,000/オンワード樫山(ベイジ,) ピアス¥8,000/CPRトウキョウ(アルス/ジェンマ アルス) バングル¥52,000/CASUCA表参道本店(CASUCA) バッグ/スタイリスト私物お悩み 03ムレないガードルありますか?Answer メッシュガードル なら感触サラサラ パンツや体のラインに沿うスカートをはく時に手放せない、という声の多いガードル。汗をかきやすい夏場はムレによる不快感が気がかりだけれど、メッシュ素材なら感触もサラサラで心地よく過ごせる。(左)パワーネット素材で肌あたり柔らか、かつ下半身をきれいに整えてくれる。ガードル¥8,000/カドリールインターナショナル(ランジェリーク)(右)吸汗速乾素材で、動くことで熱や湿気を逃がす機能もあり。ガードル¥3,900/ワコール(ウイング)【Marisol8月号2019年掲載】撮影/金谷章平(人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/吉村友希 モデル/竹内友梨 撮影協力/Zoff
  • コーデの配色パターンが単調になったり、手持ちの夏服に迷いが出てきたら、モノトーンに立ち返って。色数を減らすと、涼しげで上品に見える効果も期待できる。心地よさに正直に。凛と美しいミニマリストを気取って おなじみのブラックシャツをリネンのショートパンツでアップデート。ラフな夏素材を選択しつつ、あくまでキレのいい女らしさを目ざして、新しい印象を残す。シャツ¥32,000/マディソンブルー パンツ¥19,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) サングラス¥32,000/アイヴァンPR(アイヴァン) ピアス¥53,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) 時計¥1,590,000/ソーウインド ジャパン(ジラール・ペルゴ) バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(ヘリュー) 靴¥102,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)街でさりげなく着るパリシックなモノトーン。大人の解釈 7 割の黒と3 割のボーダーの黄金比で、涼感フレンチスタイル。ポイントになるのは、背中のVあきからのぞく素肌や着こなしの明度を上げる白の潔さ。テイストを後押しするハットで夏ならではの遊びを加えたら、品格のあるハンドバッグでバランスを取って。定番服の黒こそ、小物センスも磨く。トップス¥11,000/ゲストリスト(ルミノア) スカート¥25,000(コキュカ)・ハット¥36,000(クライド)/ザ ストア バイシー 代官山店 バングル¥99,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(アグメス) バッグ¥686,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)  プリントT解禁。素敵な黒上手はカジュアル上手 夏真っ盛りのカジュアル気分の日。ヴィンテージ風のTシャツにはきれい見えするタイトなニットスカートの巧みな受け入れ力を活用。腰に巻いたシャツのブルーがいっそうの清涼感を呼んでくる。Tシャツ¥13,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スカート¥26,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) シャツ¥39,000/マディソンブルー サングラス¥38,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥137,000/ザ ストア バイシー 代官山店(アリアナ) バッグ¥75,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) いつもの服で特別感を。ベーシックを極めるブラック×タン ソフトなビッグリネンシャツとタフなデニムの選択がどこか凛々しく、それでいて女っぽい表情をともに醸す。そこにタンカラーやパイソン柄の小物を合わせたミニマムな配色でさらにシックに。 シャツ¥28,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥22,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(エーピー ストゥディオ) ヴィンテージスカーフ¥36,000/カレンソロジー青山 バングル¥68,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥185,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥68,000/アパルトモン 青山店(マリアム ナシール ザティー)撮影/金谷章平 ヘア/Dai Michishita メイク/早坂香須子(W) スタイリスト/村山佳世子 モデル/SHIHO 取材・文/陶山真知子 
  • 手もとのおしゃれを楽しみやすい夏、アクセの主役はやはりバングル! 腕が華奢に見え、箔もつく。そんなボリューム系が大正解。【目次】 ①アラフォー世代を〝格上げ“してくれるご褒美バングル ②夏の手もとトレンドがわかる!おしゃれ達人のバングルコーデ①アラフォー世代を〝格上げ“してくれるご褒美バングル01 VALENTINOGARAVANI [ヴァレンティノ ガラヴァーニ]スタッズの大きさやカーフスキンの色によって、表情がまったく異なるのが魅力。長さが調節できるベルトタイプなので、男性とシェアしやすいのもうれしい。バングル(右から)¥24,000・¥24,000・¥33,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)▶VALENTINOGARAVANIのバングル 詳細はこちら02 TIFFANY& CO. [ティファニー]「ボーンカフ」と「ハードウェア」のラップブレスレット、主役同士のレイヤードもシルバーなら決して行きすぎない。バングル¥131,000・ブレスレット¥165,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ハット¥37,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ) ワンピース¥68,000/ebure▶TIFFANY& CO.のバングル 詳細はこちら03 HERMÈS [エルメス]エルメスの乗馬用の鞍についている鋲「クルー・ド・セル」をモチーフにしたブレスレット。レザー×メタルというちょっぴり無骨な組み合わせ、太幅のデザインがかえって腕を華奢に見せ、女らしさを引き立ててくれる。ブレスレット¥102,000・ピアス¥108,000/エルメスジャポン(エルメス) ブラウス¥34,000/オーラリー ▶ HERMÈSのバングル 詳細はこちら04 BOTTEGA VENETA [ボッテガ・ヴェネタ]上質なレザーグッズのイメージが強いボッテガ・ヴェネタで、ひときわ新鮮に映るゴールドプレートのバングル。究極にシンプルでありながら、ドアノッカーを思せるデザインでその存在感は圧倒的。バングル¥128,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ)▶BOTTEGA VENETAのバングル 詳細はこちら【Marisol7月号2019年】撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.)スタイリスト/福田亜矢子 モデル/RINA 取材・文/伊藤真知②夏の手もとトレンドがわかる!おしゃれ達人のバングルコーデ■地金系ジュエリーで手もとにメイクを☆フリーランスPR 栗原佐知子さん 「数多くをレイヤードするよりも、大ぶりなものをアシンメトリーに少量つけるのがマイブーム。クールな地金系を中心に、ステラハリウッドのカラーストーンリングで女らしさを底上げ」Ring:ディオール(右手人さし指) Bangle:フィリップオーディベール▶おしゃれ達人のバングルコーデ 詳細はこちら■立体的なデザインをカジュアルコーデに合わせて☆美女組No.90 miwakoさん 「ジュールクチュールのブレスレットはシンプルながら立体的なデザインがお気に入り。カジュアルコーデに合わせたらほっこり防止に。ドレスアップ時にも映える華やかさも魅力です」 Ring:ショパール(薬指ゴールド)、ティファニー(薬指プラチナ) Bangle:メゾンボワネ(右手首) Bracelet:ジュールクチュール(左手首)▶おしゃれ達人のバングルコーデ 詳細はこちら■メリハリを効かせるにはややアンバランスにするのが正解☆美女組No.164 kanaさん 「ベースはコンサバ派なのですが、手もとでアクセントをきかせるのが好きです。ちょっとデザインがきいたリングを、ややアンバランスにつけてメリハリを足しています」Ring:ヌエール(右手薬指、左手中指) Bracelet:プラージュ(右手首)▶おしゃれ達人のバングルコーデ 詳細はこちら■バングルとリングでバランスを調整☆エディター 野崎久実子さん 「以前は手首に盛りがちでしたが、そのバランスがリングに変化。エッジのきいたかなりゴツめデザインが好みです。シルバーのバングルのようにヴィンテージもチェックします」Ring:ララガン(右手人さし指)、エルナンエルデス(右手薬指、左手小指) Bracelet:フミカウチダ(左手首上)▶おしゃれ達人のバングルコーデ 詳細はこちら【Marisol8月号2019年掲載】撮影/有馬秀星(MOUSTACHE/人物) 取材・文/塚田有紀子
  • Marisol8月号 素敵な人は「黒」を着ている 夏の黒8月号のMarisol 素敵な人は「黒」を着ている モノトーン配色もいいし、素材で透ける黒も素敵♡ その中で私も買ったN.O.R.Cのワンピースが掲載されていました(^-^) 話題のウェブ限定ブランド ノークの人気型 裾にかけて広がるボリュームのあるシルエット この日は雨だったので、ハイカットのゴアテックスのコンバースを合わせました Marisol8月号に掲載かごやトングサンダルと合わせても可愛い ブラックワンピース ブラウンの存在感のあるネックレスも素敵水ぎわのイベントコーデMarisol美女組の私たちにちょうどいい 「イベントコーデ」の水ぎわコーデでは H&Mの黒のワンピースでちょこっと参加させて いただきました ブラックワンピース 小物の合わせ方で色んな表情を楽しめていいですね美女組No.69かんちゃんのブログ
  • おしゃれプロのリコメンド付き! 新調したくなる夏小物をご紹介。 サングラスはこのカタチ!夏の日射し対策&おしゃれに欠かせないサングラスは、丸みのあるフレームが今年っぽい。 (左)「肌になじむようなクリアフレームのサングラスなら優しい印象をキープ」(スタイリスト松村純子さん)。¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット)・(中)「セルのかっちり感とメタルのシャープさのいいとこどり。メタルだけだときつく見えることがありますが、その心配もなし」(スタイリスト田澤美香さん)。¥61,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)・(右)「全体的に丸みのある"パント"と呼ばれるフレームの、上の部分だけシャープなカッティングを施した"クラウンパント"。ほどよい個性をプラスしてくれます」(スタイリスト池田メグミさん)。¥29,000/コンティニュエ(YELLOWS PLUS)  大人色のビーチサンダル「ビターな大人の色のビーチサンダルをハワイで発見!マットな質感と華奢なストラップは大人が街中で履いても素敵です!」(スタイリスト徳原文子さん)足裏が触れる面は柔らかくてクッション性があり、アウトソールには地面をとらえて歩きやすい硬い素材を使用した二層構造で、疲れにくいとリピーター続出。サンダル(右)¥3,200・(左)¥2,800/ハイアン インフォメーション(ハイアン)デイリーカジュアルをハズシに使える、アースカラーの“スポサン”ラクチンで手放せないスポサンは、スポーティなビビッドカラーよりもダークカラーを選びたい。「黒だけでなく、チョコレートブラウンやキャメルなど、おしゃれなニュアンスカラーも増えています。また、足首をホールドするデザインだけでなく、つっかけタイプや厚底のものなどバリエーションも豊富。旬のマキシスカートとの相性も抜群です」(スタイリスト池田メグミさん)。サンダル(左から)¥8,800/ブルームーンカンパニー(シャカ)・¥13,000/アパルトモン 青山店(スイコック)・¥4,500/シップス 渋谷店(テバ)大人のかごバッグは、黒で決まり!「ナチュラルカラーのかごバッグは、どうしても可愛く素朴なムードになりがち。クールな黒ならきれいめのスタイリングにも合わせやすく、シャープに持てます。レザーの黒ほど重たくならないので、夏のスタイリングを軽やかに仕上げるのにぴったり。また、カッチリ固い籐のかごバッグよりも、ラフィアなど柔らかい素材のほうが実際に使いやすいのでおすすめです」(スタイリスト松村純子さん)。バッグ(左から)¥24,000/アパルトモン 青山店(ノロ)・¥33,000/カオス丸の内(メゾン エヌアッシュ パリ)・¥26,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ヘレンカミンスキー)撮影/佐藤 彩 魚地武大(TENT) スタイリスト/伊藤ゆみ 松村純子 池田メグミ 田澤美香 取材・原文/坪田あさみ 発田美穂【Marisol8月号 2019年掲載】
  • "ギャップ"がミックス感につながり、好感度の高いブルーという色の可能性を、ぐっと広げてくれる!南国の海のようにまぶしい色、ネイビーに近い深い色、甘やかな水色まで。ブルーは色幅が多く、そのイメージも色の数だけ。このパートでは、そのイメージをいい意味で"裏切る"意外性のある着こなしを提案。【コバルトブルー】リゾートに訪れた島の、遠浅の海の色。心が浮き立つような明るく鮮やかな青を、そのアクティブな魅力はそのままに、着こなしで女らしくアレンジ。ボーダーTの新解釈! 黒タイトでカッコいい女っぷりを目ざして夏の日射しに映える、コバルトブルー×ホワイトのボーダーT。同色のカーディガンをラフに肩がけし、ボトムはスリットが入ったミディ丈のタイトスカートをチョイス。子供っぽさとは無縁の、大人ならではのはつらつとしたミックスカジュアルが完成!Tシャツ¥12,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ルミノア) 肩がけしたカーディガン¥16,000・スカート¥18,000/アルアバイル ピアス¥31,000/TOMORROWLAND(ルッツ オーティズ) バングル¥27,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(フィリップ オーディベール) バッグ¥115,000/ジミー チュウ 靴¥43,000/フラッパーズ(ネブローニ)彩度の高い着映えワイドをゆるっと、リラックスムードで涼しげなシャリ感と美しい発色を楽しめる一本。どんなベーシックカラーとも相性はいいけれど、例えばこんなキャメルベージュのリネンニットとなら、こなれ感漂う大人のムードにシフト。フラットのレザーサンダルやジュートバッグで、都会的なリゾートスタイルを満喫して。パンツ¥33,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ニット¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ネックレス¥12,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(キャッツィ) バッグ¥30,000/TOMORROWLAND(アーロン) 靴¥18,000/ラヴァンチュール マルティニーク(マウロ デ バリ)×黒の小花柄ならきれい色もよりなじみ度がアップ小花柄のマーメイドフレアスカートが、色のもつ清涼感のおかげで甘くなりすぎないという効果も。スポーティなジップブルゾンと小物を黒でまとめれば、よりスッキリとした印象に。スカート¥20,000/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース) ブルゾン¥23,000/アルアバイル タンクトップ¥7,900(アンスクリア)・靴¥37,000(ロランス)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 メガネ¥43,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥13,000/TOMORROWLAND(ジェニーバード) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)鮮やか色だからこそ効果絶大!モノトーンコーデにメガバッグで投入着こなしを一気に今っぽくしてくれるメガバッグ。さし色効果も絶大だから、モノトーンコーデもぐっと華やかに。女っぷりを上げるヒール靴は、コバルトブルーと相性のいいシルバーをチョイス。バッグ¥39,000(ステート オブ エスケープ)・シャツ¥32,000(フランク&アイリーン)/サザビーリーグ Tシャツ¥15,000/ADORE パンツ¥24,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス/J BRAND for Theory luxe) 帽子¥5,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(メゾン ド  リリス) 時計¥22,000/DKSHジャパン(TIMEX) 靴¥31,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Marisol 7月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO(angle) スタイリスト/石毛のりえ モデル/SHIHO
  • フラット靴なのに、ちゃんときれいで女っぽく見える。そんなフラットシューズの活用術と、アラフォーにぴったりのフラットシューズを一挙にご紹介します!【目次】 ①スカート派・蛯原友里の「フラットシューズ」でもきれいで女っぽいコーデの作り方 ②パンツ派・SHIHOの「フラットシューズ」でもきれいで女っぽいコーデの作り方 ③「ミニマルなきれいめフラットシューズ」カタログ①スカート派・蛯原友里の「フラットシューズ」でもきれいで女っぽいコーデの作り方フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。スカート派・蛯原友里の「楽してきれい」なコーデ術をマスター!■パイソン柄フラットシューズ×シャツ×スカートコーデナチュラルなリネンスカートをパイソン柄でピリリと引き締め 着こなしが甘くなりがちなスカート派におすすめなのが、パイソン柄のポインテッドトゥパンプス。着こなしをピリリと引き締めつつ、シンプルコーデのアクセントに。ほっこりしがちなリネンスカートもどこかシャープに決まる。靴¥51,000/リエス(ペリーコ) シャツ¥20,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) カーディガン¥28,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥25,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥59,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マージ シェアウッド) ▶パイソン柄フラットシューズ×シャツ×スカートコーデ 詳細はこちら■ゴールドのフラットシューズ×カットソー×スカートコーデヌーディなゴールドのフラットサンダルで休日コーデもきれいめに ふわりと広がるフレアスカートとフラットサンダルのカジュアルコーデも、サンダルがシャイニーなゴールドレザーになるだけでルーズすぎない印象に。トップスをスカートにインして腰高に見せれば、フラットサンダルでもすっきりバランスよく。サンダル¥29,000/ウィム ガゼット青山店(カジャック) スカート¥27,000/マルティニーク  ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) カットソー¥19,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)▶ゴールドのフラットシューズ×カットソー×スカートコーデ 詳細はこちら■シルバーのフラットシューズ×ニット×スカートコーデブラック&カーキの辛口配色をシルバーのバレエ靴でフェミニンに導いて 歩きやすく、コーデにさりげない女らしさを足したい時に使えるのがバレエシューズ。涼しげな輝きを放つ甘すぎないシルバーで、シックなトーンのコーデに夏らしい軽やかさを出して。バレエシューズ¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) スカート¥26,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ニット¥37,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) レギンス¥9,000/ebure ストール¥28,000(参考価格)/アマン(アルテア) バングル¥47,000/CHERRY BROWN バッグ¥27,000/TOMORROWLAND(ヴァシック)▶シルバーのフラットシューズ×ニット×スカートコーデ 詳細はこちら■赤いフラットシューズ×ジャケット×スカートコーデひとさじでも女っぷりがググッと上昇。頼れる赤を足もとに 手っ取り早く女っぽさを取り入れるなら、赤の魔法に勝るものなし。今年らしいけど太って見えるのがちょっぴり心配な白スカート×ベージュの淡い色コーデを、足もとにさしたパキッとした朱赤で引き締めて。女らしいけど甘すぎず、今年らしさもあるフェミニンコーデが完成。サンダル¥44,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ネブロニ) ジャケット¥65,000・ニット¥21,000/ウィム ガゼット青山店(ゲミニー) スカート¥54,000/ebure ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バッグ¥26,000/フレームワーク ルミネ新宿店(ミロス) ▶赤いフラットシューズ×ジャケット×スカートコーデ 詳細はこちら■ドット柄フラットシューズ×ワンピースコーデドットパンプスとレースで作る、フレンチシックなバカンスコーデ フラット靴でもドラマティックに。そんな気分の時は一足でフレンチシックなムードが味わえるドットのパンプスを総レースのドレスに合わせて。全体の色のトーンを黒多めでシックに抑えれば、甘すぎず大人な着こなしに。靴¥119,000/ドゥロワー 丸の内店(マノロ ブラニク) ワンピース(ベルトつき)¥98,000/ebure ターバン¥5,800/マルティニーク ル コント ルミネ有楽町店(ラ メゾン ド リリス) ピアス¥30,000/TOMORROWLAND(イヴィ) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ ストール¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(ファリエロ サルティ) バッグ¥12,000/ウィム ガゼット青山店(バリ ワークステッド)▶ドット柄フラットシューズ×ワンピースコーデ 詳細はこちら②パンツ派・SHIHOの「フラットシューズ」でもきれいで女っぽいコーデの作り方フラット靴しか履いていないのに、ちゃんときれいで女っぽい。パンツ派・SHIHOの「楽してきれい」なコーデ術をマスター!■スニーカー×ジャケット×パンツコーデ旬のチェックパンツに、白スニーカーで安心感とこなれ感を投入 トレンドの目新しいチェックパンツが、定番の白コンバースでぐっと身近でこなれた印象に。仕上げに肩かけジャケットできちんと感、大ぶりピアスで女っぽさを足して。スニーカー¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) Tシャツ¥14,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム  クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥65,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ジャケット¥79,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) バッグ¥90,000/TOMORROWLAND(ワンドラー) ▶スニーカー×ジャケット×パンツコーデ 詳細はこちら■レースアップのフラットシュー×ブラウス×パンツコーデ靴そのものに「品格」がある上質なレースアップ靴でハーフパンツもきれい見え パンプスに匹敵するきちんと感がありつつ、歩きやすいレースアップ靴は休日カジュアルの格上げにも大活躍。少年ぽくなりすぎないよう、トップスはギャザーブラウスでやや甘めに。 靴¥159,000/ドゥロワー 丸の内店(エドワード・グリーン) ブラウス¥36,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(グリントマティ) パンツ¥17,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(BJ クラシック) バッグ¥75,000/ジャーナル スタンダード  レサージュ 青山店(バッグ イン プログレス)▶レースアップのフラットシュー×ブラウス×パンツコーデ 詳細はこちら■シルバーのフラットシューズ×ワンピース×クロップドパンツコーデクロップドパンツには シルバーの輝きで女っぽさをプラス! クロップドパンツを旬のグリーンにすればさらに上級者感がアップ。はおりとバッグは黒を選んであくまでシックな印象にまとめて。靴¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ) ワンピース¥36,000(インディビジュアライズド シャツ)・バングル¥106,000(ソフィー ブハイ)/フレームワーク ルミネ新宿店 カットソー¥6,500/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス  ビームス) パンツ¥20,000/ヴェルメイユ パー  イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) イヤリング¥5,800/ティアラ(ラ ピエス) バッグ¥40,000/ウィム ガゼット青山店(イアクッチ) ▶シルバーのフラットシューズ×ワンピース×クロップドパンツコーデ 詳細はこちら■レースのフラットシューズ×カットソー×パンツコーデシンプルなワントーンにレースパンプスでレディな女っぽさをひとさじ 甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) カットソー¥24,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) パンツ¥19,000/ジャーナル スタンダードレサージュ 青山店(ジャーナル スタンダード レサージュ) メガネ¥32,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ネックレス¥15,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ  オーディベール) バッグ¥21,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン)▶レースのフラットシューズ×カットソー×パンツコーデ 詳細はこちら■スリッパフラットシューズ×ブラウス×パンツコーデ涼しげなギャザーパンツを、スリッパサンダルでほんのりモードに ウエストがゴムになった薄手のギャザーパンツは涼しく快適。とろみ素材が女らしい一本を、ギャザー袖のシャツブラウスと合わせてふわっと女らしい印象に。一見ルーズになりそうな着こなしをローファー風の大人スリッパでかちっとモードに引き締めて。靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ブラウス¥16,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) パンツ¥19,000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ) サングラス¥28,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ヴィクター&ロルフ) ピアス¥8,000/レリタージュ マルティニーク(エイム) バッグ¥10,000/TOMORROWLAND ▶スリッパフラットシューズ×ブラウス×パンツコーデ 詳細はこちら③「ミニマルなきれいめフラットシューズ」カタログ■サルトルのフラットシューズウエストがゴムになった薄手のギャザーパンツは、ゆったりとして夏の快適アイテム。とろみ素材のパンツと合わせるなら、レザーのスリッパサンダルがおすすめ。一見ルーズになりそうな着こなしをローファー風の大人スリッパでモードに引き締めて。靴¥57,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル) ▶サルトルのフラットシューズ 詳細はこちら■ニナ リッチのフラットシューズネイビーのワントーンコーデをするなら、レースパンプスで女っぷりをプラス。甲が浅いポインテッドトゥのおかげで、バランスがむずかしいワイドパンツでもすらりとした印象に。靴¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店(ニナ リッチ) ▶ニナ リッチのフラットシューズ 詳細はこちら■カルツァイウオーリ・フィオレンティーニのフラットシューズカラーのクロップドパンツにはシルバーの輝きで女っぽさを加えて。はおりとバッグは黒を選べば、シックな印象になる。靴¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ)  ▶カルツァイウオーリ・フィオレンティーニのフラットシューズ 詳細はこちら■エドワード・グリーンのフラットシューズパンプスに匹敵するきちんと感がありつつ、歩きやすいレースアップ靴は休日カジュアルの格上げにも大活躍。少年ぽくなりすぎないよう、トップスはギャザーブラウスでやや甘めにしてもいい。靴¥159,000/ドゥロワー 丸の内店(エドワード・グリーン)▶エドワード・グリーンのフラットシューズ 詳細はこちら■ニコラス カークウッドのフラットシューズスリッパ感覚の履きやすさをかかとのパール&ブルーのスエードでリッチに。靴( 1 )¥73,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ニコラス カークウッド)▶ニコラス カークウッドのフラットシューズ 詳細はこちら■ラオコンテのフラットシューズエレガントな光沢サテンは夏のパーティにも。靴( 1 )¥15,000/アルアバイル(ラオコンテ) ▶ラオコンテのフラットシューズ 詳細はこちら■アルムナエのフラットシューズクリアな白に甲浅のバランスが新しい。靴(0.5)¥53,000/エイチ ビューティ&ユース(アルムナエ)▶アルムナエのフラットシューズ 詳細はこちら■ファビオ・ルスコーニのフラットシューズ定番の黒は、旬のPVC素材で更新。靴(1.5)¥25,000/essence of ANAYI(ファビオ・ルスコーニ)▶ファビオ・ルスコーニのフラットシューズ 詳細はこちら ■エーティーピーのフラットシューズなめらかなオフ白レザーが高級感あり。靴( 1 )¥32,000/スタニングルアー 青山店(エーティーピー) ▶エーティーピーのフラットシューズ 詳細はこちら■ネブローニのフラットシューズひとさじで女っぷりをアップさせるには、赤いシューズがおすすめ。パキッとした朱赤のサンダルなら、女らしいけど甘すぎず、今年らしいフェミニンコーデが完成。サンダル¥44,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ネブローニ▶ネブローニのフラットシューズ 詳細はこちら■ユナイテッドアローズのフラットシューズブラック&カーキといった辛口配色のコーディネートに女っぷりをプラスしたいときに重宝するのがバレエシューズ。涼しげな輝きを放つ甘すぎないシルバーで、夏らしい軽やかさを出して。バレエシューズ¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ▶ユナイテッドアローズのフラットシューズ 詳細はこちら■マノロ ブラニクのフラットシューズフラット靴でもドラマティックにしたいときは、フレンチシックなドットのパンプスをチョイス。黒メインのシックな配色にすれば、マキシ丈のワンピースを合わせても甘すぎず大人な着こなしに。靴¥119,000/ドゥロワー 丸の内店(マノロ ブラニク)  ▶マノロ ブラニクのフラットシューズ 詳細はこちら■ペリーコのフラットシューズ着こなしが甘くなりがちな時におすすめなのが、パイソン柄のポインテッドトゥパンプス。着こなしをピリリと引き締めつつ、シンプルコーデのアクセントになる。靴¥51,000/リエス(ペリーコ)  ▶ペリーコのフラットシューズ 詳細はこちら
  • 同じイベントでも、場所やメンバーなどによっていろいろなオシャレを楽しむ美女組さん。特に多いイベントごとにしたいコーデを大公開■Event:女子会 ほどよく女らしさと今っぽさを意識。今年はホワイト率の高さも目立つ結果に☆美女組No.125 juriさん「全身白スタイルにハマリ中。レストラン女子会にはZARAのブラウスにユニクロのとろみ パンツできれいめにシフト。赤いバッグをさし色に女っぷりを上げて」☆美女組No.120 eririさん「ビアガーデンでの女子会はリラックス感のあるスタイルで。ボリュームシルエットが今年らしいten for Ron Hermanのシャツワンピも"白"でクリーンに。韓国で買ったラベンダーのバッグがアクセント」 ☆美女組No.100 Macoさん「ウィム ガセットのシャツとニットスカートで、気負わず女らしく。バッグはJ&M DAVIDSON」 ☆美女組No.90 miwakoさん「アルアバイルのシャツワンピは、たっぷりとした長さとサイドスリットで一枚でもレイ ヤードしても着やすい。パールとヒールできれいめに着るのが気分です」【Marisol8月号2019年掲載】撮影/有馬秀星(MOUSTACHE/人物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク&着付け/ツバキチ 取材・文/塚田有紀子
関連キーワード

RECOMMEND