自覚はないのに、心が摩耗していないだろうか?

Marisol ONLINE

本誌で好評連載中の、美容ジャーナリスト・齋藤 薫さんから悩める40歳へおくる、美と人生への処方箋。今回は、"心の過敏"について

心がヒリヒリする人は、肌もヒリヒリしてる。だから、身も心も穏やかに守る美容を急いでほしい!



 心が疲れている人が増えている。おそらくは、気遣いの時代だからだろう。バブルの頃のように、みんなが感情をむき出しにしてぶつかり合うようなことはなくなったけど、その分、人の気持ちに先回りし、気を遣って気を遣って、心をすり減らしている人が多い気がするのだ。もちろん相手の心を慮るのも、自分が傷付くのが怖いからという防衛策だったりもする。だから、〝自分自身には極めて神経質で、必要以上に自分を大切にするのに、他者には結構ハッキリ物を言ったりするようなタイプ〟の過敏も目立ち、その結果、防衛しても防衛しても傷ついてしまう人がいるのだ。さあ、あなたの場合はどうだろう。その自覚はないのに、知らず知らず心が摩耗してしまっている人もいるからこそ、そうなる前に、気づいてほしいのだ。心の過敏。


 主に上場企業で「自分が鬱になりそうな可能性を感じたことがあるか?」というアンケートをとると、8割近い人が、イエスと答えるそうである。ましてや日本は、「自分に自信があるか?」というアンケートでノーと答える人が先進諸国でダントツに多い国。みんな自信がなく、だから心が弱く、傷みやすい。そういう日本人の国民性は時代が進んでも変わらない、心の強度は改善しないのだ。そういう日本人に自信を持てと100回言っても、もっと前に前に自分を押し出しましょうと100回言っても無理なものは無理。そういう性分でない人が自分を押し出すと余計に辛くなる。だからこそ免疫力をつけたいのだ。心を強くする免疫を。
 今は美容も「免疫力をつけることが何より大切」と言う流れになっているけれど、人として、今大切なのはまさにその免疫力。心の免疫を強化することが、キレイになる上でも、幸せになる上でも優先すべきことに皆が気づき始めている。




(左)同じくみずみずしいテクスチャーの美容液。健康的な肌へ導く。P.C  スキンミュニティ セラム 30㎖¥15,300(中)過酷な環境を生きぬく植物の始原細胞を配合し、現代女性の肌を"保護"して"武装"するジェルクリーム。P.C スキンミュニティ クリーム 49.5g¥19,000/ヘレナ ルビンスタイン (右)「隠れ炎症肌」に向けて、バリア機能と免疫力を高めるバーム。ゆらいだ肌へのお守り的に。スキン バリア バーム¥5,400/ドクター津田コスメラボ 


撮影/John Chan スタイリスト/郡山雅代(SIGNO)


心のバリアはどうつくる?


 じゃあ心のバリアはどう作るの? ズバリ言うなら、それは意外にも筋肉をつけ、体力をつけること。特別な薬なんて要らない。体に活力が生まれると、心までが強くなるけれど、筋肉がつくと、心も元気になり、何も怖くなくなる。嘘みたいだけど本当。心にも筋肉があるのだろうか、疲れやすかった心が疲れにくくなる。ベッドからたちまち立ち上がる力が、心の免疫になると考えて良いくらい。
 肌でも同じことが言えるのだ。そもそも心がヒリつく時は、肌もヒリつく。心が弱っている人は肌も弱っている。つまり肌バリアをしっかりと持つだけで、心も晴れやかになるのだ。難しいことじゃない。潤いバリアをきちっと作るだけで、肌は強くなり、トラブルも起きなくなる。


 そういう意味で、心から信頼できるのが皮膚科医、津田節子先生が開発したバリアリペアバーム。年齢を重ねることによって弱くなったバリアまで補強して整えてくれる。最近は、PM2.5が体にも深刻な害をもたらし、肌荒れの原因になることも噂されているけれど、そういう大気汚染が特に年齢を重ねた肌には手痛いダメージとなると、津田先生は指摘する。さらにPM2.5のみならず汚染された大気には本当に信じられないような悪玉因子が含まれていることがわかりつつあり、もはやテクノロジーの力で肌を守らなきゃならない時代なのだ。さらに言えば、自分の肌の上にいる悪玉菌を排除するようなインナープロテクター機能を持った化粧品も現れている。先駆けとなったのがヘレナ。植物の始原細胞の働きで肌を冴え冴え新しくするP.Cセラムの新作は、皮脂に潜む菌を良いものに転換していくと言う先進的な防御作用で肌を内からも外からも強くする働きを持ったのだ。こんなふうに、今1番必要なのは守る力。肌自体を強く、どんな外敵もはねつける力を持つこと。それが心身ともに、美しく幸せな未来を自らの手で作る鍵なのである。
(Marisol 2017年6月号)


齋藤薫 Kaoru Saito
美容ジャーナリスト、エッセイスト。美容やファッションの潮流に社会的な視点を加え、美しくありたいと願うアラフォーの未来を照らす。新刊『されど“男”は愛おしい』(講談社)をはじめ、著者多数



関連記事
  • メイクが映えるツヤ肌を手に入れるには、化粧下地やファンデーションなどのベースメイクにこだわるだけでなく、肌の潤い補給も大切。RMKから発売される化粧水「ファーストセンス ハイドレーティングローション リファインド」は、肌を乾燥から守り、しなやかでハリのある肌へと導く、これからの季節にぴったりな一品。 RMK ファーストセンス ハイドレーティングローション リファインド 150ml ¥3,600(2019年9月20日発売)高保湿な“マイクロエマルジョン処方”の採用で、潤いを逃さず満たしてくれる。また、水分と油分のバランスが整えられるから、メイク前に適したベタつきのない肌に仕上がるのが嬉しいポイント。さらに、超微細化されたモイスチャー成分が柔らかな保湿膜となり、与えた潤いをキープしてくれる。 香りはフレッシュなセンチフォリアローズやナツメグ、クローブ、ピンクペッパーなどのスパイスをブレンド。奥行きのある爽やかな香りに包まれて、スキンケアをするたびに癒されて。 RMK Divisionwww.rmkrmk.com0120-988-271 text:Arisa Takeshima >>ビューティニュース
  • 今年の秋の本命カラー「ブラウン」。 ブラウンのこっくりとした色味を1点投入するだけで瞬時に秋っぽさもプラスしてくれるので、最近のコーディネートに欠かせないカラーです。 ですが、ブラウンは落ち着いた雰囲気のカラーでもあるので女性らしさが物足りたないと思われる方もいらっしゃるのでは?  そこで、今回は私が気に入っている、トレンド感と女性らしさを叶えてくれるブラウンカラーのアイテムついてご紹介します。 フェミニンコーデが大好きな私が気に入っているトップスがこちら。 "ブラウンカラーのバックシャントップス" バックシャンとは、写真の通り後ろが大胆に露出されているデザインのこと。 バック(後ろ姿)がシャン(美人)という意味で、露出以外にもさりげないワンポイントデザインやリボンが付いていたりなど、後ろ姿を美しく魅せてくれるデザインのことを指すようです。 実はこちらのトップスは正面から見ると・・ シンプルなクルーネックトップスなんです。袖が5部丈になっていて、季節の変わり目にぴったり。 また、リブ素材なので花柄スカートはもちろん、デニムなどのカジュアルスタイルとも相性抜群な着回し力の高い1枚です。 後ろが、カシュクールに仕立てた程よい肌魅せデザイン。落ち着いたブラウンカラーですが、バックシャンなデザインが女性らしい印象を与えてくれますよ。 SENSE OF PLACE(センスオブプレイス)のバックカシュクールトップという商品で、ブラウン以外にもグリーンとアイボリーのカラーがありました。 シンプルなトップスは何枚持っていても重宝しますよね。 今年のトレンドカラー「ブラウン」のトップスに女性らしさをプラスしたいなら、ぜひバックシャンな1枚にトライしてみては? そして、自分にぴったりなブラウンカラーが知りたい方は、ぜひBAILAのカラー診断をチェックしてみてください!イエローベース・ブルーベース、女顔・男顔など、自分のタイプからあなたにぴったりなブラウンカラーを診断してくれますよ。 【カラー診断で知ろう!】今季トレンドの「ブラウン」。自分に似合うのはどれ? 朝晩の肌寒さから秋の訪れを感じる今日この頃。 瞬時に秋感を叶えてくれるブラウンカラーを纏って、秋のおしゃれを楽しみましょう! ▶︎ instagramはコチラ
  • 〝ゆるみ始めた筋肉を鍛えなおす!〞鏡を見て、写真を見てふと感じる"アゴの四角化"現象。アラフォーは顔型に関係なく、アゴの形が変化するお年ごろ。実はこれこそ明らかなエイジングサイン。アゴがいかつくなる前に、早急に手を打つべしエステティシャン 村木宏衣さんエステティシャン 村木宏衣さんサロン「Amazing♡beauty」主宰。若返りをかなえる独自の「村木式 整筋」メソッドを確立し、多くの女性から支持を集めるこんな人はおとろえ顎!笑っているつもりなのに笑えていない、人と話す時に前歯が見えないようなら、アゴまわりの筋肉が衰えているサイン。特に近年は、SNSの発達での会話不足や嚙まない食事で、舌の筋肉の衰え、リンパの流れが滞り、むくみやたるみの原因にも。「アゴ下に付着する『舌骨筋群』という筋肉の集まりがあるのですが、これが衰えることで二重アゴに。また、日本語の発音は舌を使うことが少ないため舌が衰えやすい。『オトガイリンパ節』をはじめ、硬直した筋肉に圧をかけながら老廃物を流して引き上げて」(村木さん) 【リリースする筋肉はここ!】1)舌の裏側の筋肉を鍛える!1.アゴ下のくぼみに人さし指で圧をかけるアゴ先から2 ㎝くらい内側の骨のきわに、カギ形にした人さし指の第一関節~第二関節の平らな面で圧をかける。『オトガイリンパ節』にアプローチする。人さし指をカギ形に曲げ、第一関節~第二関節の平らな面を使う。2.英語の巻き舌のように「らりるれろ」と動かすアゴの下に指で圧をかけたまま、英語の「R」の発音をイメージしながら、巻き舌で「ら・り・る・れ・ろ」と大きく口を動かす。これを5セット繰り返す。■ゆるみがちな肌には、内側からプランプケアを1)"重力"脂肪"むくみ"の3 つの"捨てる"アプローチ。厳選された植物の力で肌の奥底からすっきりとしたVシェイプを作る。V コントア セラム 50g¥9,100/クラランス 2)筋膜へのアプローチと強靭なベール効果で顔立ちが変わるほどの引き締めを実感できる。アンフィネス アップサージ ソリューション F 40㎖¥10,000/アルビオン 3)肌の老化を加速される酸化から肌を守り、形状記憶したかのようなリフトアップ感をもたらす。ル リフト セラム 30㎖¥16,500/シャネル4)ストレスによって産生させる"老け細胞"に着目。ここにアプローチし、元気な細胞を生み出す力を高め、肌密度の高いハリ肌をかなえる。プランプコンセントレート 40㎖¥10,000/アユーラ【Marisol 9月号2019年掲載】撮影/向山裕信(vale./人物)国府 泰(物) 中澤真央(取材)ヘア&メイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/樋場早紀(マリソルビューティ専属) 取材・文/小田ユイコ 構成/原 千乃
  • ポール & ジョー アクセソワの大人気柄といえばやっぱり「猫」。猫好きでなくても、思わず女子心がくすぐられる猫柄グッズが続々と新登場! 着用したままスマホ操作ができる手袋や、女子でも履きたくなるようなボクサーパンツなど、見ても楽しいグッズがたくさん。 フラワーモチーフのなかに猫がひっそり。見て楽しいバッグでシンプルを盛り上げて フラワーと猫のプリントで存在感抜群のバッグ。ハンサムな着こなしに可愛げを足してくれる。バッグ¥6000(ポール & ジョー アクセソワ)・ニット・パンツ(ともに参考商品ポール & ジョー)/ワグ インク おなじみの猫をあしらった新作グッズが続々と! 【HANDKERCHIEF】 猫好きでなくても、思わず女子心がくすぐられてしまうポール & ジョーの猫。白くて長い毛のペルシャ猫「ジプシー」とつぶらな瞳の子猫「ヌネット」の2匹。どちらもクリエイティブディレクターであるソフィーの愛猫がモチーフに。1タペストリーのハンカチは、マイクロファイバー素材でスマホやメガネの皮脂汚れ取りにも活躍。¥800(ポール & ジョー アクセソワ)/ワグ インク 【LEATHER BELT】 刺しゅうで描かれたキャットが可愛げたっぷりなベルト。やわらかなピンクベージュならデニムとも相性がよさそう。¥6800(ポール & ジョー アクセソワ)/ワグ インク 【BACKPACK】 黒をベースにしながら、キルティングで大人っぽく仕上げたリュック。付属のエコバッグのカバーが猫形なのも胸キュン。¥9500(ポール & ジョー アクセソワ)/ワグ インク 【WALLET】 淡いピンクのトーンで甘いムードの財布。開け閉めしやすい口金に、札入れやカード入れなどコンパクトでも必要なものが収納できて実用性もバッチリ。¥8000(ポール & ジョー アクセソワ)/ワグ インク 【GLOVE】 何かを捕まえようとしている猫がポイント。導電刺しゅうが施されているので着用したままスマホ操作も可能なグローブ。¥3800(ポール & ジョー アクセソワ)/ワグ インク 【WATCH】 肌なじみがよく、手もとを女っぽく見せてくれるピンクゴールド。よく見るとお花の中にはジプシーとヌネットがこっそりと。¥20000(ポール & ジョー)/ワグ インク 【SOCKS】 (左)ちゃめっ気たっぷりの猫とメンズライクな配色の組み合わせがシック。¥1400・(右)ふんわり柔らかなルームソックスは、はき口の猫耳の形がポイント。足底にはちゃんと滑り止めが。¥2000(ポール & ジョーアクセソワ)/ワグ インク 【BOXER SHORTS】 コスメでもおなじみのキャット柄のボクサーパンツ。気分が上がるプリントなら女子でもはきたくなる! ¥3000(ポール & ジョー)/ワグ インク 【POUCH】ちょうどいいサイズ感でマルチに使えるポーチ。これひとつでバッグの中の女子力がアップ。¥3000(ポール & ジョー アクセソワ)/ワグ インク 【トリビア1】チェックしたいオンラインショップ ポール&ジョー アクセソワはオンラインサイトでも購入が可能。気になる新作やニュースもチェックできるのでぜひアクセスしてみて。◆www.paulandjoe.jp/pj/ 【トリビア2】ポール&ジョーは実はメンズから始まった! 今や大人女子に愛されるポール&ジョーだけど、意外にもデビューはメンズコレクションだったそう。レディスコレクションをスタートさせたのは翌年のこと。 撮影/須藤敬一(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini. 〉 スタイリスト/石田 綾 モデル/森絵梨佳 構成・原文/昼田祥子 企画/中田貴子〈BAILA〉 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です ※BAILA2019年10月号掲載
  • 少しだけ遊び心をプラスしてヘアチェンジ。私にしては頑張って頑張って頑張って伸ばしていた前髪ですが、切りました(意志弱)。 美女組のみなさまのブログを拝見すると、インナーカラーや新しいサロンでの挑戦など、 なんだかとてもポジティブ&カッコいい、そして楽しい‼ すっかり影響されて、イメチェンや!とサロンへ赴きました。 今回はいつもお願いしている山口さんがお休みだったこともあり、以前からサロンに来るたびに「オシャレすぎる」とガン見していた角谷(カクタニ)さんにお願いいたしました。 前髪はナチュラルに、毛先はパツッと切りっぱなしです。 ベージュのカラーリングで髪に動きが出て、秋ファッションにもマッチしそうな予感がっ! 前回のブログでも書いたのですが、この秋はレディ気分が高まっている…… ということで、たまに気分を変えたい時のヘアアレンジも。 …ヘアアレンジと言うにはあまりにも簡単でおこがましいですが… ユザワヤで買った80cm程度の黒ベロア素材のリボンを使用して一束に。リボンを首にひっかけ軽く後ろで持ち上げ空中で結び目を作り、そのまま左右に引っ張りつつ下ろしていく出来上がりリボンのハシを前にたらしても。やだ、結んでるだけ‼ 私の姉に教えてもらったアレンジなのですが、宝塚友達には「ロベスピエールみたい」 「ショーブランみたい」と好評です(要は「フランス革命風」ということです)。 でもどことなくレディな雰囲気、感じませんか? ギュッときつめに結んでも髪に結んだ跡がつきにくいので、髪をおろしたいと思っても安心。 マリソルレディの皆さま、秋、楽しみましょう!◇ヘアサロン◇■DaB omotesando【ダブ オモテサンドウ】美女組No.150 俵のブログ
  • おはようございます。 バイラーズの西田茉衣です。 9月に入ってあっという間に、ファッションやコスメは秋物の展開になっていますね! でも実際はまだまだ暑い日が続いていて、お洋服のシフトチェンジはなかなか難しい。。 ということで、私はネイルとイヤリングから、秋支度をはじめました。 まずはネイル。 こっくりしたテラコッタのお色味です。 秋はパーソナルカラーでもそうですが、明度・彩度ともに落ち着いたトーンの色が主役。 ブラウンやカーキ、マスタードももちろん取り入れたいのですが、まずはこっくりテラコッタを取り入れました。 とは言いつつも、少しクリアを混ぜてもらっているので、重すぎず。 秋支度に丁度いい、絶妙なカラーにしてもらいました♡ ネイルサロン filer さん、いつもありがとうございます^^♡ 以前の記事でも記載したのですが、 ネイルはパーソナルカラーに合わせるもよし、 あえて外すのもよし、だと思っていて。 もちろん、パーソナルカラーに合わせることで 肌なじみが良く、元々持っている魅力的な部分をより一層引き出してくれます。 手元からその人の持つ品がでたり。 でもその一方、パーソナルカラーをあえて外すことで、自分の肌から「目立ちます」。 「目立つ」ということは、1点、指し色にもなるということ。 メイクやお洋服と違って顔色を悪くすることもないので、 例えばパーソナルカラーオータム以外の方が、小物やネイルで秋色を取り入れると お洋服はご自身のパーソナルカラーでも、一気に季節感がでます。 お洋服やメイクにパーソナルカラーを使って、相手に好印象を与えつつも、 しっかり季節感をとりいれられるのはおいしいですよね♡ ぜひ、トータルの組み合わせを考慮して、ネイルカラーも遊んでみて下さい♡ そしてイヤリングはこちら。 KINARIYAのものを。 “Natural×Mode”をコンセプトに、 コットンやウッドなどのナチュラル素材と幾何学的なフォルムをメインとしたアクセサリーブランドなのですが、 コンセプト通り、ナチュラルなのに少しだけ攻めたデザインが今の気分にあっていて、一目惚れしました。 個性的なデザインですが、意外にもいろんなコーデに合わせやすいので、重宝しています。 つけるだけで秋らしくなるのも嬉しい。 イヤリングが遠くて申し訳ありません。。 今の季節はこんなコーデに合わせたりしています。 BAILA10月号、発売されましたね♡ 今月号もときめくページがたくさん。 特にブラウンのワントーンコーデの特集が可愛すぎる…♡ 今月号のBAILAを参考に、お洋服の方も、どんどん秋へシフトチェンジしようと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました!   ▶︎▶︎▶︎Instagram♡ ▶︎▶︎▶︎Twitter ▶︎▶︎▶︎パーソナルカラーサロン saison des fleurs ホームページ     パーソナルカラーについてや、私の日常など更新しているので、ぜひ遊びに来てください☺︎
  • 美人、現在進行形──。その秘密とこだわりに迫る! 安達祐実という奇跡今、あらためて多くの女性から支持を集めている、安達祐実さん。年齢を重ねるほどに美しく、愛らしく、そしてナチュラルに進化し続けている。そんな美の秘密をたっぷり教えてくれました!「ナチュラルなメイクにポイントカラーをきかせるのが好き」(安達さん)どんな時も気分を大切に。ポイントを絞ったメイクで“今の自分”を表現する!安達祐実さんの愛用コスメ❶美しく透き通った素肌のように仕上げてくれる。軽やかなつけ心地も魅力。ロングラスティング リキッドファンデーション SPF22・PA++(全10色)30㎖¥9000/アンプリチュード ❷気になる肌悩みに合わせて、色を使い分けられる。TV&MOVIE モイストミネラルコンシーラーUV SPF50+・PA++++¥4000/ナチュラピュリファイ研究所❸豊富なカラーバリエーションが魅力のシリーズ。確かな発色で、視線を引きつける印象的な目もとに仕上がる。スモール アイシャドウ ルール¥2500/M・A・C❹植物由来オイル高配合で、肌に溶け込むように密着。大人の遊び心を感じるカラーと絶妙な発色で、目もとメイクが楽しくなる。ヴォランタリー アイズ 28¥2000/セルヴォーク❺頬にほどよい血色感を演出。ノンパールでマットな仕上がり。ザ ブラッシュ 011¥2800/アディクション ビューティ❻上品なパール感とほんのり感じる青みが魅力のピンクチーク。単色使いはもちろん、ほかのカラーと組み合わせて使用すれば、イメージを自在に操れる。インジーニアス パウダーチークス N 01¥3000/RMK Division❼唇の水分によってピンクに色づき、ナチュラルな口もとを叶えてくれる。単体で使用するのはもちろん、手持ちのリップを重ねづけしても。ストールンキス エンハンサー 001¥2800/アディクション ビューティ❽べたつかず、しなやかでなめらかなつけ心地。潤い成分配合で、ふっくらとした口もとを演出。リップグロス N 1675¥3100/NARS JAPAN安達祐実さんのメイク方法20代のしっかりフルメイクから、素顔を生かしたシンプルメイクへとシフトした安達さんの今のメイクテーマは、“シアー”。「素肌っぽい肌を目指して、ファンデーションは、『アンプリチュード』(①)のリキッドを半年前くらいから使っています。美容成分が入っていて肌への負担も少ないそう。コンシーラーは、『TV&MOVIE』(②)。ニキビあとは隠すけど、くまは隠さないナチュラル派(笑)。厚塗りして見えたり、小ジワが際立つのが苦手なので、光で飛ばすことを狙って、色味は肌の色に近いトーンではなくて、あえて白めを選んでいます」チークの塗り方にもこだわりのワンテクニックがある。「自然な血色感を出すために、まず『アディクション』(⑤)のピンクチークを頰の中心に丸く入れます。次に、『RMK』(⑥)の青みがかったピンクを、はじめに入れたチークのまわりにふわっとぼかすように入れます。どちらも薄く入れるとキツく見えないんです」リップも、今は“シアー”が心地よいのだそう。「最近、お仕事で濃いカラーのリップをつける機会が多くなり、その反動か、プライベートは唇がほんのり色づく程度のリップにシフト。特にお気に入りなのが『アディクション』(⑦)のリップ。これだけの時もあれば、この上から『NARS』(⑧)のベージュ系グロスを塗り重ねることもあります。読書も、同時に何冊も読み進めるのが苦手なタイプで(笑)。今日もバッグに入っているのはリップ1本だけです」そんなシアーメイクを愛する一方で目もとにはカラーを仕込み、ポイントとしてきかせる。「リップやチークは存在感を控えめにして、目もとにポイントカラーを持ってくるのが好きなんです。ついつい使いがちなカラーは、オレンジ。色味が絶妙な『M・A・C』(③)や『セルヴォーク』(④)のアイシャドウを使うことが多いです。今後は、パープルや鮮やかなイエローのアイライナーで、目尻にちょこっとカラーラインを入れて、遊んでみたいと思っているところです」YUMI ADACHIあだち・ゆみ●1981年9月14日生まれ。東京都出身。2歳で芸能界デビュー。94年に主演したドラマ『家なき子』が社会現象になるほど話題を呼ぶ。その後も、ドラマ、映画、舞台などで幅広く活躍。ドラマ『警視庁ゼロ係 〜生活安全課なんでも相談室〜 SEASON4』に出演中。また、素顔が垣間見えるデビュー35周年アニバーサリーブック『YUMI ADACHI A to Z』(双葉社)も好評発売中!新著『肌がきれいになる石けんオフメイク』が、9月20日に発売予定。石けんでオフできる、肌にやさしいメイクテクを学べる。(文藝春秋 ¥1400) ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 取材・原文/海渡理恵 撮影/岩谷優一(vale.) ヘア&メイク/TORI. スタイリスト/船橋翔大(DRAGON FRUIT)
  • ひと足先に展示会をめぐって、今季のトレンドチェックに余念がないスタイリスト&エディターに徹底取材。「ずばり、この秋の注目アイテムは?」大アンケート調査の結果から見えてきた、マストトレンドをピックアップ!【SQUARE TOE & SHORT BOOTS】 足もとにちょっと重みをもたせるのにぴったりのショートブーツがバリエ豊富にそろう。 カジュアルにもきれいめにも合う、少しニュアンスが加わるスクエアトゥも人気。1)足もとにボリュームをもってくるスタイルも多いので、レースアップに白羽の矢が。すっきりとした細身のシルエットを選べば大人っぽい。ブーツ¥126,000/ロンハーマン(ロシャス) 2)足もとインパクトを狙うならパイソンブーツも。黒ほど重くならず、無地感覚で使えるのが人気の理由。ブーツ¥75,000/アマン(ペリーコ) 3)ベルテッドデザインはブーツでも人気。足もとにポイントをつけることで、足首がすっきり細く見える効果も。ショートブーツ¥126,000/ドゥロワー 丸の内店(ロシャス)4)甲深パンプスのトレンドは秋も継続中。緩やかなスクエアトゥとボルドーカラーで、ほんのりレトロな雰囲気もおしゃれ。パンプス¥15,000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) 5)スタッズつきのスクエアバレエは、スイート派の引き締め小物にぴったり。シューズ¥31,000/エストネーション(チェンバー) 6)シルバーのアンクルリングから火がついた人気のパンプスも、かっちりとしたスクエアトゥにアップデート。バイカラ ーデザインもモードな味つけに。アンクルストラップシューズ¥87,000/カオス丸の内(ジル サンダー)【Marisol9月号2019年掲載】撮影/魚地武大(TENT/物) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/塚田有紀子
関連キーワード

RECOMMEND