上品なダブルフェイスコートがあれば週末デニムコーデを一気に格上げ【2018/11/11コーデ】

Marisol ONLINE
この時期重宝するのはぱっと羽織れて温かい薄手のコート。ダブルフェイスのシンプルなコートならバランスがむずかしいロングワンピ×デニムのコーデに重ねてもすっきり。ベルトをしめずに前を開ければインのグレートーンが縦のラインを強調してくれてスタイルアップも。そしてスニーカーと合わせても上品に着こなせるのは品のあるキャメル×グレーのおかげ。
コート¥79,000/ミュラー オブ ヨシオクボ ワンピース¥36,000/インターリブ(サクラ) デニムパンツ¥23,000/ウィム ガゼット青山店(ウィム ガゼット) スニーカー¥24,000/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス) バッグ¥44,000/ショールーム セッション(OAD NEW YORK)
撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵

※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります
▼スニーカーコーデをもっとみる
関連記事
  • ワンピースはシワになりにくい素材なので、掘りごたつに座るときでもきれいをキープ※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますオフィスにふさわしい華やかさを演出してくれるのはジオメトリック柄のネイビーワンピース。大柄よりも小柄のものを選び相手の目をチカチカさせないという気遣いを見せるのも働く女性としてのたしなみ。ネイビーの柄は和食器ともリンクするから、私は相手をひきたてますよという気持ちを体現し、会食などの予定にふさわしい装い。と、そこまで気づく方はいらっしゃらないだろうけれど、すべては自己満。相手に敬意をはらう気持ちを自分のなかで忘れないために。ワンピース¥19,000・ウール混ノーカラーコート¥29,000(ともにエムセブンデイズ)・ショルダーバッグ¥35,000(トフ&ロードストーン)・ワンストラップシューズ¥24,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol撮影/谷田政史(CaNN) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/高垣麗子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ワンピースコーデをもっと見る
  • 週間の「明日なに着てく?」をまとめてお届け!【1月18日(金)〜1月24日(木)のコーデ】1月18日(金)のコーデ 冬の辛口トラッドは、きれいめパンツにライダースを加えて♪1月19日(土)のコーデ ラフなデニムは、ジャケット&ラベンダーニットできれいめにシフト!1月20日(日)のコーデ 冬らしさUP! 白とグレーでまとめた洗練リラックススタイル♡1月21日(月)のコーデ ライダース通勤するなら、インのコーデはきちんと感を意識!1月22日(火)のコーデ 定番ジャケットスタイルは、今っぽいチェックストールであか抜け♡1月23日(水)のコーデ 気負わない〝辛口デニムスタイル〟は、足もとをローテクスニーカー仕上げに。1月24日(木)のコーデ 旬カラーニットは、コートの上から肩掛けしてもおしゃれ!1ヶ月コーデのアイテムまとめはこちら!撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、SHINTARO(物)ヘア&メイク/犬木 愛〈AGEE〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/松島 花 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • 冬服あるあるお悩み駆け込み相談室買ってみたけど出番がない……流行ってるけれど似合わない……。大悩みも小悩みも、真冬のモヤモヤをズバッと解決!!ー 答えてくれたスタイリスト ートレンドを上手に取り入れた、"ちょうどいい"カジュアルを提案! 読者からの支持も厚く「好きなコーデ」上位常連!女っぽさと可愛げを両立するおしゃれコーデがお得意な、理論派スタイリスト。巻頭特集や着回しなど人気ページを担当するエース! 毎日同じアウターで、 もう飽き飽き! 真冬のあるある悩みNo.1。ついついマンネリになりがちだけど、インに着る服、小物使いで、脱出方法があるんです! ▽解決コーデはこちら▽「トップス男子Xボトム女子のバランスで」松尾さん カジュアルすぎになりがちなボアジャケットは、甘辛ミックスで一歩リード! 揺れスカと相性抜群。 .....ワンピ1枚だと寒々しい 冬のおしゃれはレイヤードしてこそ。モコっと重ね着したほうがかえって可愛い♡ ↓ ↓ ↓ 「揺れるワンピのレイヤードで女っぽMIX」立石さん ニット×デニムのやりがちコーデにワンピを挟んで。「インナーにGジャンを挟んでみて!」松尾さん アウターを重ねて、しゃれ感UP! 他の画像を見る ボアジャケット M ブルゾン¥4900/エムズエキサイト スウェット¥9500(チャンピオン)・シャツ¥1500/ヘインズブランズ ジャパン スカート¥11000/ココ ディール ニットキャップ¥2900/ライトオン(Champion) 靴下(3足で)¥1000/チュチュアンナ イヤリング¥7000/アビステ バッグ¥2490/アメリカンホリック プレスルーム ブーツ¥7315/ダブルエー(オリエンタルトラフィック)T ブルゾン¥4900/エムズエキサイト ワンピース¥3900/レトロガール ニット¥1590/WEGO デニム¥2490/神戸レタス バッグ¥2500/カシータ スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター チェスター M コート¥3900/レトロガール Gジャン¥8900/SPIRALGIRL トップス¥1800/ヘインズブランズ ジャパン ベルトつきスカート¥6900/MURUA イヤリング¥1600/お世話や(Osewaya) バッグ¥1842/神戸レタス ブーツ¥18000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)T コート¥3900/レトロガール パーカ¥3900/INGNI スカート¥2900/エムズエキサイト ストール¥1490/アメリカンホリック プレスルーム イヤリング¥390/WEGO バッグ(参考商品)/eimy istoire ソックス(3足で)¥1000/チュチュアンナ シューズ¥5550/ストラディバリウス・ジャパン カスタマーサービス ダッフル M コート¥4990/WEGO ニット¥6900/UNRELISH スカート¥3700/セシール(イマージュ) ティペット¥5900/ROYAL PARTY 靴下(3足で)¥1000/チュチュアンナ イヤリング¥1300/お世話や(Osewaya) バッグ¥8500/キャセリーニ 靴¥21200/モーダ・クレア(マーガレット・ハウエル アイデア)T コート¥4990/WEGO ニット¥2900/レトロガール パンツ¥21000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) イヤリング¥1900/ゴールディ バッグ¥6400/RANDA スニーカー¥8000/VANS JAPAN(VANS) キャップ¥1290/WEGO モデル/貴島明日香 金城茉奈 鈴木優華 撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE・モデル、物) 細谷悠美(物) ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/立石和代 松尾正美 取材・原文/久保田梓美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 配色編1 スキニー×ひとくせニットのこなれ配色 定番の組み合わせだからこそ、配色が重要。マスターすれば、ワンツーコーデも華麗に進化! 2 全身3色使いで"パッと見おしゃれ"に 合わせ方に迷った時は、3色コーデを試してみて。実は計算された色使いで、おしゃれ見え確実♡ 3 女っぽカラーでレディに レディな印象にしたいなら、スキニー以外を淡い暖色でまとめてみて。コーデにメリハリも生まれるよ。◀︎7パターンの配色をCHECK▶︎はっきりした赤と濃紺はきれいめの印象。裾ヘムと袖のボタンがアクセントに。 パンツ¥2990/イーハイフンワールドギャラリー ルミネエスト新宿 ニット¥8800/RD ルージュ ディアマン ピアス¥1900/UNRE LISH バッグ¥8900/キャセリーニ 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 淡いブルーには、トレンドのブラウンを合わせるのが今っぽい。ニットはフロントインして脚長効果も。 パンツ¥1490/GU ニット¥6980/EMODA ルミネエスト新宿店 イヤリング¥3400/CHIPPI&CUU バッグ¥11800/サマンサベガセレブリティ 新宿ミロード店 靴¥6900/REZOY シンプルな黒スキニーは、春トレンドのミントグリーンで鮮やかに。 パンツ¥7900/SPIRALGIRL ニット¥5990/titty&Co.ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1700/お世話や(Osewaya) バッグ¥4900/セシルマクビー ルミネエスト新宿店 靴¥7400/CAMILLE BIS RANDA 他の画像を見るモデル/鈴木友菜 高田里穂 松川菜々花 撮影/伊藤大作(The VOICE) ヘア&メイク/野口由佳(ROI) スタイリスト/松尾正美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • 今季のトレンドであるスカーフ。 BAILA2月号では様々なスカーフの巻き方をご紹介しています。 前回、通勤コーデにぴったりなスカーフコーデをご紹介しましたが、 今回は休日にぴったりなスカーフコーデをご紹介します。【スカーフコーデ】通勤にもOK!スカーフコーデアレンジ私は、休日でネイルサロンやマツエクなど個人的な用事がある時は、スキニージーンズにタートルネックというラフなコーディネートをする事が多いです。 スキニージーンズにタートルネックだけでは、何となく物足りないなという時に合わせているのが「スカーフ」。スカーフをウエストベルトのように使っています。 この結び方は、BAILA2月号でも紹介されているのですが、スカーフをベルト代わりにすることで、ウエスト部分におしゃれなアクセントをプラスしてくれます!いかがでしたでしょうか? とっても簡単なのに、いつものコーディネートに彩りをプラスしてくれるスカーフベルト。 ぜひトライしてみてください!▶︎ instagramはコチラスーパーバイラーズ 石本愛衣のブログ
  • 新クリエイティブディレクター ニコラ・グラスによるSpring 2019 コレクション発売記念イベントが東京、大阪、名古屋、神戸で開催される。ケイト・スペード ニューヨークの新クリエイティブディレクター、二コラ・グラスによる初コレクションが発売! それを記念して、東京、大阪、名古屋、神戸のストアでイベントが開催される。二コラ・グラスはブランドの核であるモダンな色使いとオーセンティックなデザインを尊重しつつ、70年代や40年代を感じさせるフェミニンなシルエットや、スペードを象った柄はじめとするユニークなプリント使いで彼女らしいコレクションに仕上げている。 Spring2019コレクションとともに発表されたキャンペーンビジュアルのヒロインは、ジュリア・ガーナ―、サディ・シンク、キキ・レーンの3人を女優達。撮影を担当したのは、ケイト&アンディ・スペード夫妻と幾多のコラボレーションを重ね、ブランドの世界観を知り尽くした写真家 ティム・ウォーカーだ。サラ・ムーンがスタイリングを担当したビジュアルは、二コラ・グラスがブランドコンセプトとして掲げる“optimistic femininity(楽観的な女性らしさ)”を体現するカラフルでフェミニンなもの。 1月25日(金)、26日(土)に銀座店で行われるイベントは、ニコラ ディレクションのストアデザインを体験できるほか、フォトブースやケータリングの提供も。 また、2月9日(土)、10日(日)には丸の内店、心斎橋店、六本木ヒルズ店、恵比寿アトレ店、名古屋ミッドランドスクエア店、神戸店にてドリンクサービスが実施される。 この機会にぜひ新作コレクションをチェックしてみては。 イベントの詳細については、公式サイトをチェック!1/25(金)&1/26(土) 銀座店1 階 2/9(土)&2/10(日) 丸の内店、心斎橋店、六本木ヒルズ店、恵比寿アトレ店、名古屋ミッドランドスクエア店、神戸店
  • 美脚に見せたい!ヒップをすっきりしたい!というお悩みに、BKI(バイラ着やせ委員会)メンバーイチオシの名品を紹介してもらいました。驚愕のコスパ優秀アイテムからデニムに定評のあるブランドの逸品まで、参考にしてみて。【可愛げヒップ賞】アイテム4選スタイリスト百々千晴さん(163㎝) Citizens of Humanityのバックセンターライン 「ストレッチ性があるため、ヒップをきゅっと上向きに女性らしくきれいに見せてくれます。ハイウエストなので脚長効果も。大好きなデニムのひとつです」。¥33000/シチズンズ・オブ・ヒューマニティ・ジャパンストレッチ性があり女らしいヒップに。後ろ姿に自信!ライター 榎本洋子さん(165㎝) AMERICAN HOLICのスキニーフィット 「生地が柔らかくてフィット感が抜群。バックポケットの位置が高いから、必然的にお尻の位置も上に見えます。驚きの補正力で¥3000以下だなんて、コスパも最高!」。¥2990/アメリカンホリック プレスルームポケット位置が優秀。驚愕プライスに思わずタグを二度見!スタイリスト石田 綾さん(160㎝) BLACK BY MOUSSYのスーパースキニー 「計算されたディテールは、さすがデニムに定評のあるブランドならでは。後ろのポケットが小さくセンター寄りなので、憧れの小尻がかないます」。¥15000/バロックジャパンリミテッド(ブラックバイマウジー)スタイルアップへのこだわりが感じられる究極の一本!スタイリスト吉村友希さん(158㎝) AGOLDEのブラックスキニー 「引き締め効果のある黒なら、後ろ姿もすっきり見せられます。ボリュームのあるお尻でも目立ちません。はいていると必ずといっていいほど『やせた?』と言われます!」。¥23000/エストネーション(エーゴールドイー)"キング・オブ・ザ締め色”の黒が美尻を約束!撮影/坂根綾子 スタイリスト/門馬ちひろ 取材・原文/道端舞子 ※2019年BAILA2月号掲載
  • 今が旬のスカーフを、大げさにならず、さらっと上手にアレンジできたら素敵。頑張りすぎないさじ加減が女子会で褒められる、7つのテクニックを中村アンさんとともにご紹介! 下の「スカーフの巻き方講座」で詳しい巻き方を説明しているので、気になるテクを試してみて。 女子会スカーフ7つのアレンジ術ヘアバンド巻き シンプル服が見違える、即効こなれテクニック。顔の近くで印象的にきかせるスカーフは、定番色ベースのグラデーションなど悪目立ちしない色と柄を選びたい。 スカーフ「アニマポリス」(90×90)¥52000・リング¥80000・ブレスレット(手首側から)¥175000・¥146000(すべて予価)/エルメスジャポン(エルメス) ニット¥29000/スローン コート¥65000/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク(エーピーストゥディオ) バッグ¥47000/イーストランド(マンサー・ガブリエル)90㎝のカレは、ヘアバンドとして巻くのにも最適なサイズ。モダンな柄、そしてブルー系メインの色使いが、ベーシックな着こなしをクリーンに洗練させて見せる。スカーフ「アニマポリス」(90×90)¥52000/エルメスジャポン(エルメス)パレオ巻き スカーフ柄を服で取り入れるスタイルも旬。そんな気分で、たっぷり大判のスカーフをシンプルなワンピースやパンツスタイルにオン。気負わず、腰巻き感覚で楽しもう。 スカーフ(140×140)¥79000・バッグ¥265000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ) ニット¥38000(カトリーヌ ハメル)・パンツ¥46000(コルタナ)/カオス丸の内ショールとしても使える140㎝四方の大判。大きく広げて使うパレオ巻きには、あまりうるさい柄よりも、こんなクラシカルさのある柄をあしらって、品よく仕上げるのがいい。上質なシルクスカーフのなめらかな風合いが、着こなしを格上げしてくれる。そして、実は腰まわりの体型カバーにも有効なアレンジ。スカーフ(140×140)¥79000/ロエベジャパン カスタマーサービス(ロエベ)ベルト巻き ベルト代わりにスカーフを通すだけでほんのりレトロなムードが香る。ボトムと反対色のスカーフをきかせるのが洒脱でキャッチーな着こなしのカギ。 スカーフ(88×88)¥16000/フラッパーズ(マニプリ) ニット(2月入荷予定)¥15000/リエス ジャケット¥79000/サード マガジン(AVN) スカート¥7800/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) イヤリング¥2000・バングル(上から)¥3400・¥2300・¥3600/ジューシーロック 靴下¥2600/真下商事(パンセレラ) 靴¥59000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) 深みのある赤×ネイビー配色、そして大きめの柄が、どこかヴィンテージライクな雰囲気。カジュアルなデニムスカートも、これ一枚でシックに見違える。スカーフ(88×88)¥16000/フラッパーズ(マニプリ)ヘア編み込み 思わずはっとする、後ろ姿美人なヘアアレンジ。まずは髪色となじむ、ダークトーンのスカーフでトライして。薄手で柔らかい素材が、編み込み向き。 スカーフ(70×70)¥15000/エッセンス オブ アナイ(マンテロ) プルオーバー¥64000/マディソンブルー パンツ¥25000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ピアス(1個)¥38000/ショールーム セッション(ヒロタカ)スカーフ外側のチェック部分がヘアの下からひらりとたれて、鮮度の高いバックスタイルが完成。パープル系カラーにパンツをリンクさせ、色の印象を楽しむコーディネートに。ほのかに透ける軽やかな素材は、編み込むときも扱いやすいはず。スカーフ(70×70)¥15000/エッセンス オブ アナイ(マンテロ)ハイネック巻き 首にきゅっと小さく結んで、シャツやタートルニットの中にしまう端正なスタイル。見える分量が少ないからスカーフは、サイズも柄も小さめを選ぶのがポイント。 スカーフ(53×53)¥7800/フラッパーズ(マニプリ) シャツ¥126000/マディソンブルー ピアス¥4040/ジューシーロック小さく結んで襟の中にしまうのが可愛いハイネック巻きは、50㎝前後の小ぶりスカーフがちょうどいい。そして、大柄だとほとんど見えないので、細かい柄のものを。服の色となじませてもいいし、こんなふうに反対色できかせても、少量なので悪目立ちすることなくチャーミング。ただし、顔に近い位置なので、自分の肌映りを考慮した色選びを意識したい。スカーフ(53×53)¥7800/フラッパーズ(マニプリ)ショルダー結び ストラップとしてスカーフを使うという新発想。バッグと同色をベースにしたスカーフを使えば合わせる服を選ばず、幅広くコーディネートしやすいはず。 スカーフ(88×88)¥16000/フラッパーズ(マニプリ) バッグ¥109000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) シャツ¥24000/チェルシーフィルムズ(シンメ) スカート¥36000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) ピアス¥25000・リング¥210000/ステディ スタディ(トムウッド)コロンと愛らしい赤いバッグに、赤ベースのスカーフをショルダー結び。バッグを主役にした着こなしも、一歩先の新鮮さ。ちょうどいちばん上の部分に結び目を作っておくのが、持ちやすさの秘訣。スカーフ(88×88)¥16000/フラッパーズ(マニプリ)シェフ巻き 古くさくなりがちな定番の襟元アレンジは、しゅっとハンサムなシェフ巻きなら失敗なし。大げさに広がらず、スマートに決まるほどよいサイズ選びも大事。 スカーフ(65×65)¥11000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(マニプリ) ニット¥68000・ジャケット¥80000・パンツ¥18000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) バッグ¥54000/マイケル・コース カスタマーサービス(マイケル マイケル・コース) ピアス(1個)¥19000/ショールーム セッション(マリア ブラック) 靴下¥2700/真下商事(パンセレラ) 靴¥40000/ザ・グランドインク(ロランス) 襟元は、エレガントになりすぎない巻き方が今のルール。縁取りのあるデザインが、シェフ巻きのキリリとした印象を引き立てて。スカーフ(65×65)¥11000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(マニプリ)よく分かる「スカーフの巻き方講座」はこちらをチェック!撮影/白川青史(人)、ケビン・チャン(物) ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/中村アン  取材・原文/東原妙子 ※( )内の数字は(縦×横)で単位は㎝です ※BAILA2019年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND